国会議員白書トップ参議院議員長浜博行>委員会発言一覧(全期間)

長浜博行 参議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

長浜博行[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは長浜博行参議院議員の委員会・各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。長浜博行 参議院議員「委員会統計」(全期間)では委員会・各種会議の活動状況や役職経験をまとめています。

■委員会発言一覧  ■各種会議発言一覧

委員会発言一覧(参議院)

21期(2007/07/29〜)

第168回国会 国土交通委員会 第4号(2007/11/13、21期、民主党・新緑風会・日本)

○長浜博行君 長浜博行でございます。  今日は、気象業務法の改正というときに質問に立たせていただきまして、どうもありがとうございます。気象庁長官にも来ていただいているわけでございますが、私は千葉県柏市に在住をしておりまして、大変長官には多分なじみの深いところでもあるんではないかなというふうに思っております。十一月初頭には紫雲祭も開かれたところでありますので、気象大学校のことでありますが、そんなことも併せて後ほどこの問題を質疑させていただきたいと思っておりますが。  まず最初に、今国会最初の閣法審議というこの委員会での質疑になるわけでございます。そういった状況の中において今一番心配をしていること……

第169回国会 国土交通委員会 第2号(2008/03/27、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○長浜博行君 長浜博行でございます。  久しぶりに大江節を拝聴しまして、会長もおられましたけれども、大変民主党も幅広い政党で、本当にイデオロギーというよりは政策論争を闊達に行って、なかなか第一党になるためにはいろんな議論をしていかなければいけないんだなというのを横に座りながら考えていた次第でございます。  大臣所信について質疑をいたしますけれども、様々、予算委員会とか衆議院の質疑が行われておりましたので、当然道路が、あるいは特定財源と言ったらいいんでしょうか、あるいは暫定税率と言ったらいいのか分かりませんが、その問題が論じられることは、ここにいる国土交通、参議院の委員会のメンバーもそれを拝聴し……

第169回国会 国土交通委員会 第6号(2008/04/24、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○長浜博行君 私は、ただいま可決されました国土交通省設置法等の一部を改正する法律案に対し、民主党・新緑風会・国民新・日本、自由民主党・無所属の会、公明党及び社会民主党・護憲連合の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     国土交通省設置法等の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講じ、その運用に遺憾なきを期すべきである。  一、観光庁は、行政改革の趣旨を踏まえ効率的な施策の推進及び組織運営を行うこと。  二、観光庁は、観光立国の早期実現に向け、内外の観光ニーズを適確に把握するためのマーケティ……

第169回国会 国土交通委員会 第8号(2008/05/15、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○長浜博行君 私は、ただいま可決されました観光圏の整備による観光旅客の来訪及び滞在の促進に関する法律案に対し、民主党・新緑風会・国民新・日本、自由民主党・無所属の会、公明党及び社会民主党・護憲連合の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     観光圏の整備による観光旅客の来訪及び滞在の促進に関する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講じ、その運用に遺憾なきを期すべきである。  一、観光圏の整備に当たっては、地方公共団体、民間事業者等関係者の発意及び創意工夫が重要であることを十分に周知するとともに、自然環境……

第169回国会 国土交通委員会 第10号(2008/05/22、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○長浜博行君 私は、ただいま可決されました地域公共交通の活性化及び再生に関する法律の一部を改正する法律案に対し、民主党・新緑風会・国民新・日本、自由民主党・無所属の会、公明党及び社会民主党・護憲連合の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     地域公共交通の活性化及び再生に関する法律の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講じ、その運用に遺憾なきを期すべきである。  一、地域公共交通は地域の経済社会活動の基盤であり、また地球温暖化防止、まちづくり、観光振興の観点からもその重要性が増しているこ……

第169回国会 国土交通委員会 第12号(2008/05/29、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○長浜博行君 海上運送法及び船員法の一部を改正する法律案について質疑をさせていただきたいと思っております。今日、私の後に若手、優秀な平山さんが控えておりますので、時々寄り道をしながら、ざくっとした御質問をさせていただいて、その後、平山さんが細かく御審議をいただけるんだというふうに思っておりますが。  今朝、目が覚めてNHKのニュースを見たら、例のトラックのサーチャージのニュースが出ておりました。様々、ガソリンの問題といったらいいのか道路の問題といったらいいのか、議論を続けてまいりましたけれども、この辺はお立場の違いによって表現の仕方が難しいわけでありますが、一時は、私も前回申し上げたかもしれま……

第169回国会 国土交通委員会 第15号(2008/06/10、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○長浜博行君 私は、ただいま可決されました空港整備法及び航空法の一部を改正する法律案に対し、民主党・新緑風会・国民新・日本、自由民主党・無所属の会及び公明党の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     空港整備法及び航空法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講じ、その運用に遺憾なきを期すべきである。  一、空港の運営、管理については、効果的かつ効率的に、透明性を持って行われるよう所要の措置を講じること。その際、空港ごとの収支について明確にすること。また、高カテゴリー化による就航率の向上や……

第169回国会 政府開発援助等に関する特別委員会 第6号(2008/04/23、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○長浜博行君 民主党の長浜博行でございます。大林さん、石井さん、今日はお忙しい中どうもありがとうございます。  第一番目のバッターですが、もう委員部からも御説明があったかと思いますけれども、この委員会において、今日はNGOから見た国際援助の潮流と日本のODAということでございますが、前回は学者の方といったらいいんでしょうか、今日は大林先生も学者に分類されるのかもしれませんが、アカデミックな分野でのお話を拝聴しましたし、その前は国際機関から見た国際援助ということでUNDPとUNHCRからの意見も拝聴しています。その後、在京の大使からヒアリングをした後、対政府質疑というようなことも予定をされている……

第170回国会 国土交通委員会 第2号(2008/11/13、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○長浜博行君 民主党の長浜博行でございます。どうぞよろしくお願いをいたします。  今日、掲示板じゃなくてテレビですか、見ると、十時から花が咲くように様々な委員会で所信の質疑がスタートして、通常国会の予算委員会終わった後の光景かなというふうに久しぶりに思い出し、(発言する者あり)これから始まるという今話ありましたけど、もうすぐ会期末だなと思いながらこの質疑に当たらせていただくわけでございます。  金子大臣とは余り今まで質疑の経験がないように思います。予算委員会か何かで、BSEか何かで夜中断続的に二時間ぐらい質疑やったときに、たしか与党の筆頭理事か何かで、隣から温かくも厳しい御激励をいただいた記憶……

第170回国会 国土交通委員会 第5号(2008/11/27、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○長浜博行君 私は、ただいま可決されました長期優良住宅の普及の促進に関する法律案に対し、民主党・新緑風会・国民新・日本、自由民主党、公明党、社会民主党・護憲連合及び改革クラブの各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     長期優良住宅の普及の促進に関する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講じ、その運用に遺憾なきを期すべきである。  一、ストック重視の住宅政策への転換という住生活基本法の基本理念を踏まえ、改修、維持保全、流通の促進等により、既存住宅の長期使用化を図るとともに、既存住宅への長期優良住宅の認定……

第171回国会 国土交通委員会 第3号(2009/03/12、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○長浜博行君 委員派遣について御報告申し上げます。  去る二月十九日から二十一日の三日間、国土の整備、交通政策の推進等に関する実情を調査し、もって道路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律等の一部を改正する法律案、高齢者の居住の安定確保に関する法律の一部を改正する法律案及び都市再生特別措置法及び都市開発資金の貸付けに関する法律の一部を改正する法律案の審査に資するため、島根県及び鳥取県を訪問いたしました。  派遣委員は、田村委員長、広田理事、伊達理事、山本理事、鰐淵理事、吉田委員、渕上委員、大江委員、そして私、長浜の計九名であります。また、現地にて川上議員が参加されました。  以下、調査……

第171回国会 国土交通委員会 第4号(2009/03/17、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○長浜博行君 大臣も戻ってこられまして、広田理事も予算委員会の質問を終わられて戻ってこられまして、今日はいろんな委員会が花盛りといいますか、スタートしたなという感じが参議院の方でもしているわけでございます。  花盛りといえば、今日も随分暖かいですが、開花予想がそろそろ出て、同病相哀れむ方も多いわけでありますが、花粉がどのぐらい飛ぶか、黄砂がどうだ、こういうことをまた気象庁が発表したり、気象庁は国土交通大臣というか国交省担当でありますから、今話に出た海上保安庁もそうですし、それから道路の問題。いつも私から質問がスタートしますから、余りほかの方の質問を聞いてから質問をするというケースがないわけであ……

第171回国会 国土交通委員会 第7号(2009/03/30、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○長浜博行君 私は、ただいま可決されました奄美群島振興開発特別措置法及び小笠原諸島振興開発特別措置法の一部を改正する法律案に対し、民主党・新緑風会・国民新・日本、自由民主党、公明党、社会民主党・護憲連合及び改革クラブの各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     奄美群島振興開発特別措置法及び小笠原諸島振興開発特別措置法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講じ、その運用に遺憾なきを期すべきである。  一、奄美群島及び小笠原諸島の振興開発に当たっては、地元の創意や工夫が十分に発揮できるよう、……

第171回国会 国土交通委員会 第9号(2009/04/14、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○長浜博行君 おはようございます。  今朝、大体起きるとテレビをつけるんですが、テレビを見ていましたらフィリピン人の御家族の映像が出ておりまして、中学二年生のお嬢さんが日本に残られて、在留特別許可というんでしょうか、不法滞在をされた御両親はフィリピンへという状況に出くわしました。私の子供も中三なものですから、中学二年生の女の子が一人で日本に残ってというのも大変だなというふうに思うと同時に、やっぱり国家として守っていくべき法律と、不法滞在ということですからね、国家と法律の在り方というものをある意味では強く意識をさせていただいた次第でございます。  また、今日は午後、衆議院の方で海賊新法が審議に入……

第171回国会 国土交通委員会 第10号(2009/04/16、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○長浜博行君 今日は着席ということですので、失礼します。  参考人の皆様方におかれましては、大変貴重な御意見を拝聴させていただきまして、どうもありがとうございます。  松下参考人は、お話にありましたように、去年のガソリン国会と言ったらいいんでしょうか、後ほど時間があれば伺いますが、一体あの審議は何だったのかと、ある意味においては思わせるような今回のこの法案でありまして、逆に言えば、あれがあったからこういう法案が出てきたのかと、こういう言い方もあるかもしれませんけれども、随分御指導いただいたというふうに思っております。  特に、BバイCのイギリスとの御研究でも著名でありますので、そういう意味にお……

第171回国会 国土交通委員会 第11号(2009/04/21、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○長浜博行君 私は、ただいま可決されました道路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律等の一部を改正する法律案に対し、民主党・新緑風会・国民新・日本、自由民主党、公明党及び社会民主党・護憲連合の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     道路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律等の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講じ、その運用に遺憾なきを期すべきである。  一、道路特定財源の一般財源化に当たっては、真に必要な道路整備は引き続き推進する観点から、費用便益分析による評価結果……

第171回国会 国土交通委員会 第17号(2009/06/16、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○長浜博行君 おはようございます。いわゆるタクシー法案の質疑に入らせていただきます。  今日は、羽田さんと川崎さんの御配慮により私の質問時間を与えていただきまして、どうもありがとうございます。内輪の話で失礼をいたしました。  そしてまた、民主党のというよりは、衆議院で与野党共同して法案を修正をして参議院に御送付をいただいたということで、院は独立をしておりますが、各党は政調、政策調査会部門を持っておりますので、その部門の結論に基づいて衆議院の場で各党理事あるいは政策担当者中心に何か月もの努力を重ねて成果を見ていただいたことに敬意を表するわけでございます。  そういったことも含めまして今日は私は大……

第171回国会 国土交通委員会 第18号(2009/06/18、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○長浜博行君 広田さん、米長さんの特段の御配慮により、前回に引き続き質問に立たせていただくわけでございます。  今の与党の方の質疑を聞いていても、あるいは前回の質疑を聞いていても、まあ大体問題点は同じかなという気がします。だからこそ、衆議院の段階で各法案責任者によるところの調整がなされてより良いものという形で参議院に送られてきたんだと思いますが、タクシー事業のその構造的要因というものがよく質疑の中で出てくるわけでございます。利用者の選択可能性の低さという問題と、これは利用者側に立った、消費者側に立った問題ですね、それから今、西田さんがされた歩合制主体の賃金体系という、これは経営者とそれから労働……

第173回国会 議院運営委員会 第8号(2009/11/30、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(長浜博行君) 中央社会保険医療協議会公益委員の庄司洋子氏は十一月三十日に任期満了となりますが、同氏の後任として関原健夫氏を任命いたしたいので、社会保険医療協議会法第三条第六項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  次に、社会保険審査会委員の高原亮治氏は十二月一日に任期満了となりますが、同氏の後任として木村格氏を任命いたしたいので、社会保険審査官及び社会保険審査会法第二十二条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  何とぞ、御審議の上、速やかに同意されますようお願いいたします。  以上です。

第173回国会 厚生労働委員会 第1号(2009/11/12、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(長浜博行君) おはようございます。  副大臣を拝命しました長浜博行でございます。  委員長の御指示を守りながら、副大臣、政務官、力を合わせて長妻大臣を支えてまいりたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

第173回国会 厚生労働委員会 第3号(2009/11/19、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(長浜博行君) 先生から介護サービスの一連の流れについて丁寧に御説明をいただいたところでございます。ポイントは幾つかありましたが、今のお尋ねの点の、いわゆる医療事故としての情報はどういう状況になっているかということでございましたので、その点について御説明をさせていただきます。  先生御承知のように、介護利用施設等における事故については、事業者への、介護サービス提供により起きた事故については速やかに市町村に提供すると、連絡をするということが事業者に義務付けられているところでございます。直近の一番身近なサービスを提供する場所としての市町村という位置付けでありますが、逆を言えば、都道府県への……

第173回国会 厚生労働委員会 第4号(2009/11/27、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(長浜博行君) 大変本質的な御質問をちょうだいをしたというふうに思っております。  先生の御指摘のとおり、衆議院の審議を聞いていても、特に医師資格を持つ方々を含めて、今回緊急的なインフルエンザの対策ということで議論をしているけれども、今おっしゃられたような本質的な日本のワクチン行政をどういうふうに考えるか、こういうことの議論をしっかりフォローしていくべきではないかということが指摘をされたところでございます。  特に、先生がおっしゃられたワクチン政策を担当する部署の関係はどうなっているのか、それから産業政策的なことまで御発言を今いただいたわけでありますが、日本国の中で、この状況の中で、国……

第174回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号(2010/05/12、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(長浜博行君) 丁寧な御質問をいただきまして、ありがとうございます。本院にも在籍された遠山さんの質疑を、つい一昨日ですか、衆議院の方でもやらせていただいたところでございます。  御指摘のとおり、平成二十年度に医療制度改革が行われまして、その改革に伴って退職者医療制度が廃止をされて、新たな前期高齢者の医療給付費を対象とした保険者間での財政調整というシステムを導入したとおりです。  質問のお時間の関係もありますのでダブりは避けますが、そのシステムを使うことによって多くの市町村の中においては黒字転換をしたところがあるんですが、先生の御指摘のとおり、沖縄県の歴史的な事情等々の関係で、前期高齢者……

第174回国会 議院運営委員会 第12号(2010/03/26、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(長浜博行君) おはようございます。  中央社会保険医療協議会公益委員の牛丸聡氏は四月七日に任期満了となりますが、引き続き同氏を再任いたしたいので、社会保険医療協議会法第三条第六項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  何とぞ、御審議の上、速やかに同意されますようお願いいたします。

第174回国会 厚生労働委員会 第3号(2010/03/16、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(長浜博行君) 今先生からお話がありましたように、先生とともに表皮水疱症友の会の皆様方が副大臣室へお訪ねいただきまして、宮本様とも名刺交換をさせていただきました。そのときに、指の癒着の状況の中で名刺交換をされるときの大変な御様子もこの目で拝見をしたところでございます。  それに伴いまして、今回御指摘がありましたように、二十二年度の診療報酬改定の中において在宅難治性皮膚疾患処置指導管理料という新しい項目を入れさせていただいたわけでございます。表皮水疱症の患者様に対する薬剤とかガーゼの使用量が普通の状態とは違って大量に使われるということは、先ほど御説明のあったとおりでございます。  これま……

第174回国会 厚生労働委員会 第13号(2010/04/08、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(長浜博行君) 今大臣が細かく御説明をいただいた部分と、その前に、勧奨の問題を含めて、あるいは臨時接種と今回のインフルエンザの対策の違い等を足立政務官が御説明をされた部分と、まさにその理由がそこにあるような気がいたしているわけでありますが。  新たな臨時接種では接種を受ける努力義務を国民に課さないものの、国民に対して行政が接種の勧奨を行うと。この場合の公的関与の度合いは、努力義務も勧奨もある現行の臨時接種、一類疾病の定期接種と、どちらもない二類疾病の定期接種のまさに意味合いの中においての中間となるということから、今、家西委員も御指摘されたような救済の額も、その意味において両者の中間にあ……

第174回国会 厚生労働委員会 第14号(2010/04/13、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(長浜博行君) 今先生の御指摘のように、一類疾病の定期接種と現行の臨時接種については、より多くの国民の方に接種を受けていただき、疾病の蔓延を予防するため、その接種対象者の方々に接種を受けるように努める努力義務というのを課しています。  その一方で、国民の方々にこの義務を果たしていただくために、国政として努力義務を課した以上、当然のこととして、市町村から個別通知を行うなどの勧奨を行うべきものと解釈をして運用してきたということは先生の御指摘のとおりでございます。
【次の発言】 勧奨とはある一定の行為をよいこととして勧め奨励すること、有斐閣の法律用語辞典等にも書いてあるところでございます。努……

第174回国会 厚生労働委員会 第17号(2010/04/27、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(長浜博行君) 極めて端的な御質問をいただきました。  健康保険組合の財政状況ということで、平成十六年度以降、徐々に悪化しているわけでありますが、平成二十年度決算見込みでは、全体の七割が経常収支で赤字で、赤字額は約三千億と見込まれているわけでございます。  また、今お話にありましたように、あるいは午前中の参考人質疑でもありましたように、二十二年度予算早期集計の数字からすると、六千億ぐらいの数字が出ていたというふうに思っております。  これは、二十年度の時点でも六千億ぐらいの数字が出ていて、決算ベースのときには三千億になったということもありますので、今、私が正確に言い得る数字とすれば、二……

第174回国会 厚生労働委員会 第18号(2010/05/11、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(長浜博行君) 今御指摘の部分というのは、当委員会においても、また衆議院においても大変熱心に御議論をいただいたポイントだというふうに思っております。  総報酬制の導入をこの協会けんぽのスキームの中に入れたということでは、二十一年度後半の急速な協会けんぽの財政の悪化の下、と同時に、財政通の辻議員でありますからお分かりのように、大幅な歳入欠陥が生じるような国家財政と、こういう状況の中で、協会けんぽだけで見ても九・九%の保険料率にもなってしまうというこの緊急性、何とかしなければいけないという極めて時間的に限られた状況の中の決断であったということは事実でございます。  しかしまた、前回も御説明……

第174回国会 総務委員会 第4号(2010/03/18、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(長浜博行君) 御質問ありがとうございます。  子ども手当の事務的経費の段階といったらいいんでしょうか、今先生御質問のとおり、私どもも直接地方六団体の会合に行かせていただき、知事会でいえば麻生知事、市長会でいえば長岡、森市長、それから添田町の山本町長等々から直接おしかりとそして激励をいただいたのがこの子ども手当の事務手続でございました。  今御説明がありましたように百二十三億のシステムに関する経費を積ませていただいて、この二月、三月の地方議会の中において多分承認手続が進んでいるという形になっていると思います。その後、各地方自治体において、現在児童手当で使っているシステムの、増えた部分に……

第174回国会 内閣委員会 第3号(2010/03/19、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(長浜博行君) 内閣委員会で御答弁をさせていただく機会をいただきまして、ありがとうございます。  子ども手当の経済効果に関しましては、予算委員会等々でも議論がなされていたところだというふうに思います。私どもが内閣府の調査の方でいただいている数字からいいますと、二十二年度のGDPを〇・二%程度押し上げるということが見込まれているということを、数字をいただいているところでございます。
【次の発言】 今お尋ねの件に関しましては、今年度は支給をするという形になるわけでございます。  この背景につきましては、先生も厚労省の政務三役をなされた方でございますので、一九八一年の難民の地位に関する条約、……

第174回国会 文教科学委員会 第10号(2010/04/27、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(長浜博行君) 先生の今御指摘がありましたように、医療機関の医療放射性廃棄物については、その医療機関において自ら保管、廃棄をするか、あるいは厚生労働省令で指定するものに保管、廃棄を委託するということになっておりまして、しかし、こういう二つありますが、実態としては医療機関が自ら保管、廃棄しているという事例はないということでございます。したがって、医療放射性廃棄物を生じた医療機関については、厚生労働省令で指定したこの御指摘の社団法人日本アイソトープ協会に保管、廃棄を委託しているものということになっているわけでございます。  そして、社団法人日本アイソトープ協会については、もちろん文科省の所……

第174回国会 文教科学委員会 第11号(2010/05/25、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(長浜博行君) 先生御指摘のように、国会のみならず先生の所属されている党、あるいは国民の皆様から様々な御意見をいただいているところでございます。子ども手当の一部を、主な議論、あるいは今文部科学に関係がするというお話であれば、例えば給食費に充てるべきではないかというような議論や、上乗せ一万三千円の部分についても保育サービスなどの現物給付とのバランスを考えて、もっとダイレクトに言えば現物給付にも重点を置いたような形でのという御意見もあるところでございます。  御承知のように、現在議論を整理、集約する段階にある中でございますが、特に一月の末に定めた子ども・子育てビジョンにおいて、今申し上げた……


22期(2010/07/11〜)

第177回国会 厚生労働委員会 第5号(2011/04/12、22期、民主党・新緑風会)

○長浜博行君 私は、ただいま議題となっております独立行政法人雇用・能力開発機構法を廃止する法律案に対し、民主党・新緑風会、自由民主党、公明党を代表して、修正の動議を提出いたします。その内容は、お手元に配付されております案文のとおりであります。  これより、その趣旨について御説明申し上げます。  修正の要旨は、原案の施行期日について、「平成二十三年四月一日」から「平成二十三年十月一日」に改めるとともに、職業能力開発促進センター等の用に供されている資産について、都道府県が独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構から譲渡価額等の特例により譲渡を受けることができる期限を、「平成二十五年三月三十一日ま……

第177回国会 厚生労働委員会 第10号(2011/05/19、22期、民主党・新緑風会)

○長浜博行君 おはようございます。  質疑、今日は、皆様のお手元に参考資料で配らせていただいております社会保障制度改革の方向性と具体策ということが、ちょうど一週間前の今日、厚生労働省から発表をされたわけでございます。社会保障の全体観をどう見ていくのか、あるいは、この委員会で様々な法案の質疑をするわけでありますが、その背景にあるところの社会保障あるいは社会福祉、こういったふだんは余り概念規定とかそのものについてじっくり考える、そういう場が、当たり前ですが、法案質疑ですからないわけでありますが、今日は各党の理事の御配慮によって一般質疑を開くことができたわけでありますので、この機会にちょっとお尋ねを……

第177回国会 予算委員会 第19号(2011/06/10、22期、民主党・新緑風会)

○長浜博行君 おはようございます。長浜博行でございます。  三月十一日の大震災から、今日は六月十日でございますから、あしたでちょうど三月ということでございます。被災に遭われた皆様方に心からお見舞いを申し上げますと同時に、今日現在でも一万五千人を超える方がお亡くなりになり、そして八千百名を超える方がまだ行方が分からないという状況でもあります。そして、九万一千人を超える皆様方が大変厳しい避難生活に耐えておられることを考えれば、今日衆議院の方で復興基本法が通過をするやに伺ってもおりますが、そうしますと本院でも来週から質疑ということにもなります。今日この委員会に御出席の委員の皆様と力を合わせて国民の皆……

第179回国会 内閣委員会 第1号(2011/10/25、22期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○内閣官房副長官(長浜博行君) 内閣官房副長官の長浜博行でございます。  芝委員長を始め、理事、委員の先生方の御指導をいただきながら、藤村官房長官を補佐してまいる所存でございます。どうぞ御指導のほどよろしくお願いいたします。

第180回国会 外交防衛委員会 第4号(2012/04/17、22期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○内閣官房副長官(長浜博行君) 内閣官房と防衛省との間では、大変緊迫した状況の中での情報交換が今委員の御質問の中にありますように行われていたというふうにも承知をしております。  御質問の事案については、政府全体としては、一元的には御指摘のとおり官房長官が会見を行うという認識でございましたけれども、今大臣、防衛大臣の御答弁にもありますように、早く国民に何かを知らせなければいけないという思いだったと思いますが、防衛省の所掌の範囲の中で防衛大臣の記者会見が官房長官に先立って行われたというふうに認識をしているところでございます。
【次の発言】 資料というのは理事会に配付されたクロノロジーですか。ああ、……

第180回国会 外交防衛委員会 第9号(2012/08/28、22期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○内閣官房副長官(長浜博行君) 先生が従前よりNSCの問題に関しては大変造詣が深く、この問題について積極的な発言をいただいていることは官邸でも承知をしているところでございます。  官邸が司令塔として適切に機能するというこういう会議をつくるということは重要でありまして、先生の御指摘された観点から、官邸を中心とした我が国の安全保障体制の強化については、現在、防衛大綱を踏まえて、官房長官を長とする国家安全保障に関する内閣機能強化のための検討チーム会合を中心に検討を進めているところでございます。  御指摘いただいた問題点を重要として、政府としてこの問題に引き続き全力で取り組んでまいります。

第180回国会 議院運営委員会 第6号(2012/02/29、22期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○内閣官房副長官(長浜博行君) 国家公務員倫理審査会会長吉本徹也君並びに委員北城恪太郎君、草野忠義君及び羽入佐和子君は平成二十三年十二月二日に任期満了となりましたが、吉本徹也君の後任として池田修君を、北城恪太郎君の後任として前田新造君を任命いたしたく、また、草野忠義君及び羽入佐和子君を再任いたしたいので、国家公務員倫理法第十四条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  何とぞ、御審議の上、速やかに同意されますようお願いいたします。

第180回国会 議院運営委員会 第12号(2012/04/05、22期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○内閣官房副長官(長浜博行君) 人事官江利川毅君は四月七日に任期満了となりますが、江利川毅君の後任として吉田耕三君を任命いたしたいので、国家公務員法第五条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  次に、日本銀行政策委員会審議委員につきましては、中村清次君が四月四日に任期満了となりますが、中村清次君の後任として河野龍太郎君を任命いたしたいので、日本銀行法第二十三条第二項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  何とぞ、御審議の上、速やかに御同意されますようお願いいたします。

第180回国会 決算委員会 閉会後第1号(2012/10/18、22期、民主党・新緑風会)【政府役職】

○国務大臣(長浜博行君) 先生が先ほどおっしゃられましたとおり、先生が中心になって、原子力事故による子ども・被災者支援法ということで、医療費減免ということが言われました。その中で、私どもが平成二十五年度の予算編成過程において今おっしゃいました部分における予算要求については、東京電力原子力事故に被災した子どもをはじめとする住民等の生活を守り支えるための被災者の生活支援等に関する施策の推進に関する法律に基づいて、原子力被災者に対する支援を予算編成過程において検討することといたしております。  これは、先生御心配の予算要求には私どもからさせていただくつもりでございます。

第180回国会 決算委員会 第7号(2012/08/22、22期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○内閣官房副長官(長浜博行君) 先生から御質問があった点ですが、十三日に関係省庁会議を開いて、そしてその後に報告をしたと、事実でございます。
【次の発言】 今申し上げたとおり、関係省庁会議を開いた後に、十四日に尖閣諸島の領有権主張活動に関する情報連絡室等を設置をして、そしてその問題について適宜、総理、官房長官に御報告をしていたというところでございます。(発言する者あり)  委員長、済みません。  方針、今申し上げたとおりの形の中において現状の中の状況を適宜報告をし、そして情報連絡室をしいたということでございます。
【次の発言】 我が国の中の活動でございますので、先生御承知のとおり、関係省庁会議……

第180回国会 災害対策特別委員会 第5号(2012/03/23、22期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○内閣官房副長官(長浜博行君) 委員の御指摘のとおり、今日の昼の参議院本会議で決議がなされたところでございます。  委員は、この北朝鮮飛翔体発射事案が起きました平成二十一年四月五日でありますが、それに先立つ四日前に、本委員会において現在先生が指摘されたところの問題について質疑をされているところでございます。  今回の件に関しましては、官房長官の指示に従い、現在、情報収集に万全を期しているところでございます。  御指摘のように、エムネットを活用するというパターンと、それから地方公共団体に対する迅速な情報提供、そのためにはJアラートを使用するということが大変重要なポイントになってきていると思います……

第180回国会 総務委員会 第12号(2012/04/26、22期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○内閣官房副長官(長浜博行君) 今先生の御質問ございました点、一昨日の本委員会での先生の御質疑も議事録等で勉強をさせていただいたとおりでございます。  御指摘のとおり、現在御審議をいただいている法律案が成立、公布されれば、改正後の郵政民営化法に基づく執行体制を早急に構築することが必要という認識でございます。その際は、大変、先生の御指摘にもございましたとおり、郵政民営化担当大臣が法律の規定に従って内閣総理大臣を助けて、政府一体となって郵政民営化が円滑に推進していくとの政府の姿勢がより明確となるように所要の手続を行う方向で検討してまいりたいと思っております。

第180回国会 内閣委員会 第2号(2012/03/22、22期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○内閣官房副長官(長浜博行君) 先生が今お話をされましたように、追悼式における、この大震災の記憶を忘れることなく、子孫に伝え、防災に対する心掛けを育み、安全な国土を目指して進んでいくことが大切、天皇陛下のお言葉を賜ったわけでございます。また、野田総理からは、今般の教訓を踏まえた全国的な災害対策の強化を早急に進めていく、こういう発言があったところでございます。委員の皆様の中におかれましても、心の中に響いていることだというふうにも思います。  先生御承知のように、災害が大変発生しやすい我が国において、防災は国家の基本的かつ極めて重要な任務でございます。東日本大震災の対応等を徹底的に検証をし、それら……

第180回国会 内閣委員会 第4号(2012/03/29、22期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○内閣官房副長官(長浜博行君) 今日の法案審議の過程の中において、先生が持っておられる問題意識が今の御質問の中においても大変理解をできるところだというふうに思っております。  不正アクセス始めサイバー攻撃への対応というのが、国家の安全保障、危機管理上また国際競争力の発展の基盤として大変重要な課題であることは認識をしております。先ほど松原大臣の発言にもありましたように、映画の007の世界というよりは、もう現実の中における、サイバーの中における管理をどう考えるかというところに重点が移っているということもよく認識をしているところでございます。  先生、今アメリカの例を引かれました。大変この分野に造詣……

第180回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第3号(2012/04/16、22期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○内閣官房副長官(長浜博行君) 先生御指摘のように、四月十三日の金曜日の七時四十分ごろに北朝鮮から何らかの飛翔体が発射をしたという早期警戒情報、SEWの受信が確認をされたところでございます。その後、情報収集を行いまして、当該飛翔体が洋上に落下した模様だということで、我が国に対する影響はないと考えたところでございます。  時間が掛かったというところでございますが、八時三十分の時点では、発射に関しては確認中であるけれども我が国領域への影響はないものと考える旨の情報をエムネットを使って伝達をしたところでございます。その後、安全保障会議等々を開きながら、随時、官房長官記者会見等々で情報を発表していった……

第180回国会 予算委員会 第8号(2012/03/14、22期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○内閣官房副長官(長浜博行君) 先生の問題意識ということは、私も幾つかの委員会で理事をやらせていただいたことがありますもんですから、十分理解をできるところでございます。  ちょうど先生が場内配付された参考資料の中においても、日本国憲法第三章、国民の権利及び義務という中においての第十六条の請願権の使用がありますし、それに伴って国会法第九章の請願ということが、今おっしゃられたとおり、日本の民主主義を支える中においても大事な国民の権利として保障されているというふうに思っております。  御承知のように、常会と臨時会の中において内閣に御送付を各院からいただいたものについては、同条第二項、国会法の、今申し……

第180回国会 予算委員会 第22号(2012/07/10、22期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○内閣官房副長官(長浜博行君) 三代のという御質問がありましたが、第百七十四回国会、鳩山内閣でありますが、八〇%。第百七十七国会、これ菅内閣でありますが、七八%でございます。そして、衆議院先議の政府提出法案という御質問でありますので、現在国会が開会中でありまして、他の院のことでありますので、なかなか表現が難しいわけでありますが、現時点においては、衆議院先議の、この百八十国会では四六%となっておるところでございます。
【次の発言】 三代の平均は六八%でございます。
【次の発言】 自民党内閣時代の第百六十六回、安倍内閣でありますが九一%、第百六十九回、福田内閣でありますが八〇%、そして第百七十一回……

第183回国会 環境委員会 第5号(2013/05/16、22期、民主党・新緑風会)

○長浜博行君 質問の機会を与えていただきました同僚議員に感謝を申し上げます。  今朝ちょうどテレビを見ておりましたら、北極海の光景が出ておりました。別に温対法の質疑と直結するわけではないんですが、例のあの氷が解けてしまって海洋面積が広がったという状況の中で船舶の航行が可能になって、日本も北極の様々な資源開発の中に参加するということでありますけれども、韓国もそういう状況になってきた、そういう番組だったんですが、ニュースだったんですが、なるほどなと。北極海の中においてもこういう影響ができて、今日は温対法の質疑の中においても、これは環境問題だけではなくて、経済産業あるいは外交とも十分関係をしてくる分……


23期(2013/07/21〜)

第185回国会 環境委員会 第5号(2013/11/28、23期、民主党・新緑風会)

○長浜博行君 昨今の異常気象が続く中において、地球温暖化に対するこういう質疑が持てたことを大変いいタイミングだなと思うと同時に、単にCOPの帰国報告というよりは、大臣も先ほど冒頭述べられましたようにIPCC報告が九月に出て、そして大体毎年行われるこのCOPの時期に各種国際機関等々が様々な数字を発表するという状況の中で、地球温暖化をどう考えるかという本質論が一番重要なところではないかなというふうにも思います。スーパーセル、積乱雲の発達による竜巻等、あるいは台風というよりはスーパー台風、こういったものの発生等を含めて、スーパーコンピューターの存在がなくてはこの分析はできない。  前回の委員会におい……

第185回国会 国家基本政策委員会 第1号(2013/10/18、23期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(長浜博行君) ただいまから国家基本政策委員会を開会いたします。  議事に先立ち、一言御挨拶申し上げます。  去る十五日の本会議において国家基本政策委員長に選任されました長浜博行でございます。  本委員会は、衆議院の委員会と合同審査会を開会し、党首討論を行うことにより、国家の基本政策について審議をする委員会であり、その使命は重大であります。  委員長といたしましては、皆様方の御指導、御鞭撻を賜りまして、中立、公正な運営、そして活性化に努め、職責を全うしてまいりたいと存じますので、何とぞよろしくお願いいたします。
【次の発言】 ただいまから理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は四……

第186回国会 環境委員会 第2号(2014/03/13、23期、民主党・新緑風会)

○長浜博行君 一昨日、大臣所信を聴取させていただいて、その冒頭に委員長の御配慮で黙祷もさせていただき、そして追悼式に同僚議員とともに参加をするという、そういう一昨日スタートを切らせていただいて今日は質問に立たせていただきたいというふうに思っております。  三・一一以降、環境省の任務における特に災害復旧復興の部分が多かったということもありますので、私自身としてもあの三・一一のときは、内閣には入っておりませんでしたけれども、一議員として何をしなければいけないのかということを想起をした瞬間でもございました。  大臣所信に基づいて御質問をさせていただきます。  まず第一に、東日本大震災からの復旧復興で……

第186回国会 環境委員会 第8号(2014/05/22、23期、民主党・新緑風会)

○長浜博行君 今日は九名の質問者が立たれるその三番目でございまして、先日の視察は大変良かったなというふうに思っておりまして、委員長並びに理事の皆様方の御配慮に感謝を申し上げる次第でございます。  やっぱりこの種の法案は、現地を見たり、あるいは参考人の御意見を拝聴するということをやらないと、霞が関あるいは永田町で考えていてもなかなか実態が分からないなという部分があったのではないかな、それでもまだ認識としては不十分かもしれませんけれども。  あの視察に参加をされた皆様方もそうでありましょうし、私なんかも、あれは栃木県のお役所の方がいて、高橋先生にもいろいろ御苦労いただいたようでありますが、その地元……

第186回国会 国家基本政策委員会 第1号(2014/01/30、23期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(長浜博行君) ただいまから国家基本政策委員会を開会いたします。  理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと思っております。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 異議ないと認めます。  それでは、理事に井上義行君を指名いたします。
【次の発言】 国政調査に関する件についてお諮りいたします。  本委員会は、今期国会におきましても、国家の基本政策に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。

第186回国会 国家基本政策委員会 第2号(2014/06/11、23期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(長浜博行君) ただいまから国家基本政策委員会を開会いたします。  理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に井上義行君を指名いたします。  本日はこれにて散会いたします。    午後二時四十一分散会

第187回国会 環境委員会 第5号(2014/11/13、23期、民主党・新緑風会)

○長浜博行君 今日は技術的な部分とそれから環境政策的な部分、御両名の参考人からお話を拝聴できるという貴重な機会をいただきまして、どうもありがとうございます。  最初、参考人の皆様からも経歴についてお話がありましたように、今日は日本環境安全事業株式会社の根拠法であるところのこのJESCO法の一部改正案の参考人質疑でありますので、ちょっとその歴史をひもとけば、特に大迫参考人の国環研は昭和四十九年に国立公害研究所として発足をされて、この四十九年の前に実は四十六年に環境庁が発足をし、その環境庁が発足する前は例の公害国会という第六十四回の臨時国会で、四十五年のときに公害問題が厳しく問われた部分だったと思……

第189回国会 環境委員会 第2号(2015/03/26、23期、民主党・新緑風会)

○長浜博行君 私は、大臣所信の中にありました地球温暖化対策、先ほど中西さんがやられたのを引き続きと、それから中間貯蔵施設、福島のやつは中西さんがやられましたから、私は最終処分場、指定廃棄物の、こちらを伺って、時間があれば、大変この頃また同病相哀れむ方も多いんですが、花粉症とPM二・五について伺いたいと思いますが、これは時間なくなりましたら、あとは、今いませんが、ドクター櫻井にでも伺おうかなというふうにも思っております。  先日、たまたまつけたテレビでキリバス共和国が出ておりました。海抜二メートルぐらいのまさに太平洋に浮かぶ島嶼国です。太平洋戦争のときには、日本側が五千人ぐらい、そしてアメリカ側……

第189回国会 環境委員会 第6号(2015/06/09、23期、民主党・新緑風会)

○長浜博行君 貴重な御意見を頂戴をしまして、ありがとうございます。  大塚先生にまず伺いたいわけでありますけれども、この水俣条約、UNEP、国連の環境計画が主導して、今世紀初頭から作業が進んでいたというふうにも思います。ですから、十数年の月日がたち、前回、環境省に対する質疑も行われておりまして、そのときに、二十世紀型の公害の水俣病における金属水銀あるいは有機水銀、メチル水銀ですね、この水銀の中における区別なんかも前回の環境省への質疑の中には出ていたわけでありますけれども、水俣病をもし起源とするならば、もう半世紀以上の月日がたつ状況の中において、取りまとめられた水俣条約を条約自体の内容として先生……

第190回国会 経済産業委員会 第3号(2016/03/23、23期、民主党・新緑風会)

○長浜博行君 冒頭、ブリュッセルで起きた連続テロで犠牲に遭われた方々に心からお見舞いを申し上げる次第でございます。  ベルギー・ブリュッセルでは、日本から二百社を超える企業が進出をされて、そして在留邦人数も五千七百人ぐらいいらっしゃるということを聞いております。その約半数が、つまり二千人超がブリュッセルにおられるということで、欧州の株式市場も、航空会社、ホテル関係株、関連で下落をしているという状況で、このテロの影響が経済に及ぼす影響も大変大きいものになってきているというふうに思いますが、日本企業、EU本部等々含めてブリュッセルでの活動も大変盛んだというふうに思っておりますが、この影響について大……

第190回国会 経済産業委員会 第11号(2016/05/24、23期、民進党・新緑風会)

○長浜博行君 おはようございます。大臣、よろしくお願いします。  今日も三十度を超えるような暑さということだそうです。中にいると涼しいので感じませんが、北海道では五日連続三十度以上ということで、環境の世界ではよく緩和策、適応策の話をしますけれども、北海道でも作物の可能性が高まるのかどうか、こういう状況になってきているという中で、私自身も深く反省しなきゃいけない点が随分あると思っております。  五月の二十日、先週の金曜日の本会議で地球温暖化対策の推進に関する法律の一部改正案が出されました。これは、二〇一五年の七月に、日本は温室効果ガスを二〇三〇年度に二六%削減する約束草案を国連に提出済みでありま……

第190回国会 予算委員会 第2号(2016/01/15、23期、民主党・新緑風会)

○長浜博行君 民主党の長浜博行でございます。  外務大臣、昨年末、この参議院にはODA、政府開発援助が適正に実施をされているかどうかということをチェックする、そういう派遣のシステムがあるんですね。そのODAの調査団の一員として、第四班、パラオ共和国とミクロネシア連邦に派遣をしていただきました。帰ってきたのが十二月の二十一日ですから、まだ一か月たっていないというような状況でもあります。  何で遅れたのかと。普通はそのぐらいに派遣はないんですけれども、やっぱり臨時国会が開かれなかった、いつ開かれるんだろうということで、この日程調整に当たっては、パラオとそれからミクロネシア政府関係者にも御迷惑を掛け……

第190回国会 予算委員会 第8号(2016/03/03、23期、民主党・新緑風会)

○長浜博行君 予算委員会委員派遣の調査につきまして御報告いたします。  派遣団は、岸委員長を団長とする十六名で編成され、二月八日及び九日の二日間、三重県及び愛知県を訪れ、両県における重要施策の取組状況、東海地方の経済情勢等について概況説明を聴取するとともに、畜産業の現状、伊勢志摩サミットの準備状況等について調査を行ってまいりました。  まず、三重県においては、県内の産業の状況、伊勢志摩サミットに向けた取組等について説明を受けました。三重県の産業は、製造品出荷額に占める電機・電子、輸送用機械等の割合が高いため、日本全体の景気に左右されやすく、経済感応度が高いという特徴がある。伊勢志摩サミットの経……

第190回国会 予算委員会 第22号(2016/05/17、23期、民進党・新緑風会)

○長浜博行君 私は、民進党・新緑風会を代表して、平成二十八年度補正予算二案に対し、賛成の立場から討論を行います。  冒頭、今般の熊本地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。  民進党は、地震発生直後に災害対策本部を立ち上げたほか、岡田代表を始めとする党所属議員が被災地に赴き、実情把握に努めてまいりました。また、四月二十八日には政府・与党に対し熊本地震災害に関する補正予算に対する申入れを行い、補正予算の早期編成を促してまいりました。  このような経緯からも、私たち民進党は、被災者の生活再建及び被災地の復興を最優先する観点から本補正予算に賛成いたしますが、以下の点を指摘し、政府に更なる取……


24期(2016/07/10〜)

第192回国会 国土交通委員会 第2号(2016/10/20、24期、民進党・新緑風会)

○長浜博行君 異常気象の影響でしょうか、地球温暖化の影響でしょうか、各地の自然災害、異常気象で被災をされた方に心からお見舞いを申し上げたいというふうに思います。  久しぶりに国土交通委員会に入れていただきました。質問したのはいつだったか、吉田委員長の頃だったかもしれませんですね。本当に久しぶりでございますが、今日は鉢呂先生も御質問されますので、露払いということで私からまず質問をさせていただければというふうに思います。  大臣所信の中で、交通などの安全確保ということをおっしゃられておられました。軽井沢のスキーバス事故によるところの道路交通法の改正案がちょうど所信をされた一昨日に閣議決定をされて、……

第192回国会 国土交通委員会 第4号(2016/11/10、24期、民進党・新緑風会)

○長浜博行君 私は、ただいま可決されました独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構法の一部を改正する法律案に対し、自由民主党、民進党・新緑風会、公明党、日本維新の会及び無所属クラブの各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府及び関係者は、本法の施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講じ、その運用に万全を期すべきである。  一 政府は、中央新幹線が民間企業により推進されるプロジェクトであることを踏まえ、外部からの働きかけによってJR東海における「経営の自……

第192回国会 国土交通委員会 第6号(2016/12/01、24期、民進党・新緑風会)

○長浜博行君 私は、ただいま可決されました道路運送法の一部を改正する法律案に対し、自由民主党、民進党・新緑風会、公明党、日本共産党、日本維新の会、希望の会(自由・社民)、無所属クラブ及び日本のこころの各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     道路運送法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講じ、その運用に万全を期すべきである。  一 貸切バス業界の健全な発展を図り、利用者の安全・安心を確保するため、その規制の在り方について不断に検証を行うとともに、貸切バス運転者の労働条件の改善、旅行業者……

第192回国会 国土交通委員会 第7号(2016/12/06、24期、民進党・新緑風会)

○長浜博行君 私は、自由民主党、民進党・新緑風会、公明党、日本共産党、日本維新の会、希望の会(自由・社民)、無所属クラブ及び日本のこころの各派共同提案による建設工事従事者の安全及び健康の確保の推進に関する決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     建設工事従事者の安全及び健康の確保の推進に関する決議(案)   政府は、建設工事従事者の安全及び健康の確保の推進に関する法律の施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講じ、その運用に万全を期すべきである。  一 建設工事従事者の「安全及び健康の確保」が「処遇の改善及び地位の向上」の促進を旨として行われるよう、これらを総合的に結びつけ……

第193回国会 国土交通委員会 第3号(2017/03/22、24期、民進党・新緑風会)

○長浜博行君 長浜博行でございます。  酒井先生の御質問を拝聴していて、私もちょっと千葉県をやらなきゃいかぬなという、そういう気持ちはしましたんですが、今日は、大臣の概要説明の中にある成長と分配の好循環、そうは言っても、ひずみの問題と生産性向上による成長力の強化、豊かな暮らしの実現、こんなところの質問をしていきたいというふうに思っております。  政府の働き方改革実現会議というのがございますが、国交大臣はメンバーでいらっしゃいますでしょうか。
【次の発言】 これは全閣僚がメンバーになっておられますでしょうか。
【次の発言】 働き方改革の実現を目的とする実行計画の策定等に係る審議に資するため、働き……

第193回国会 国土交通委員会 第9号(2017/04/18、24期、民進党・新緑風会)

○長浜博行君 私は、ただいま可決されました住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律の一部を改正する法律案に対し、自由民主党・こころ、民進党・新緑風会、公明党、日本共産党、日本維新の会、希望の会(自由・社民)及び無所属クラブの各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講じ、その運用に万全を期すべきである。  一 本法による住宅セーフティネット機能の強化と併せ、公営住宅を始めとする公……

第193回国会 国土交通委員会 第15号(2017/05/18、24期、民進党・新緑風会)

○長浜博行君 長浜博行です。  まず、公有地、国有地の問題が様々話題になっておりますけれども、大阪の国有地の払下げの問題から入らせていただきたいと思っております。  私どもの小川会長も二回ほどこの国交委員会に来て、先般は政審会長まで来てこの問題に触れている状況の中においては、政府側というよりは、こちらに座っている人間が緊張感を持ってこの問題はやらなければいけないんではないかなというふうに思っております。  後ほどの法案のことにも関係をしますが、私は基本的に性善説で物を考えてしまう方なので、この問題というのは、大阪の騒音対策で空港が持っている土地があって、もうそれが必要なくなったから国交省から財……

第193回国会 国土交通委員会 第17号(2017/05/25、24期、民進党・新緑風会)

○長浜博行君 私は、ただいま可決されました通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律案に対し、自由民主党・こころ、民進党・新緑風会、公明党、日本維新の会、希望の会(自由・社民)及び無所属クラブの各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講じ、その運用に万全を期すべきである。  一 全国通訳案内士及び地域通訳案内士が本法により位置づけられた資格であることの意義を踏まえ、その信頼を保つために、新制度の周知に最善を尽くすこと。  ……

第193回国会 国土交通委員会 第19号(2017/06/01、24期、民進党・新緑風会)

○長浜博行君 私は、ただいま可決されました港湾法の一部を改正する法律案に対し、自由民主党・こころ、民進党・新緑風会、公明党、日本維新の会、希望の会(自由・社民)及び無所属クラブの各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     港湾法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講じ、その運用に万全を期すべきである。  一 創設される官民連携国際旅客船受入促進協定制度については、港湾施設の公共性にも配慮した運用がなされるよう努めるとともに、同制度の活用等を通じて、我が国のクルーズ業の一層の発展が図られる……

第193回国会 国土交通委員会 第21号(2017/06/08、24期、民進党・新緑風会)

○長浜博行君 私は、ただいま可決されました住宅宿泊事業法案に対し、自由民主党・こころ、民進党・新緑風会、公明党、日本維新の会、希望の会(自由・社民)及び無所属クラブの各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     住宅宿泊事業法案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講じ、その運用に万全を期すべきである。  一 これまで、いわゆる民泊については、その実態が十分把握されてこなかったことから、本法施行後、住宅宿泊事業者の家主居住型・家主不在型それぞれについて、住宅提供者・宿泊日数等の実態把握を行うこと。また、住宅宿泊管……

第193回国会 天皇の退位等に関する皇室典範特例法案特別委員会 第1号(2017/05/26、24期、民進党・新緑風会)

○長浜博行君 委員長の選任は、主宰者の指名に一任することの動議を提出いたします。

第193回国会 天皇の退位等に関する皇室典範特例法案特別委員会 第2号(2017/06/07、24期、民進党・新緑風会)

○長浜博行君 民進党の長浜博行です。  天皇の退位等に関する皇室典範特例法を審議する特別委員会において、諸先輩がおられる中、質問の機会をいただきましたことを光栄に存じております。また同時に、本法案が成立、施行されますと、江戸時代後期に退位された光格天皇以来、二百年ぶりに天皇の退位及び皇嗣の即位が実現されることに歴史的な意義を感じております。  先日の衆議院での質疑を通じて、民進党としての本法案の位置付けと今後の運用に関しまして、「「天皇の退位等についての立法府の対応」に関する衆参正副議長による議論のとりまとめ」との整合性を中心に確認がなされておりますので、私は別の観点から質問をさせていただけれ……

第195回国会 環境委員会 第2号(2017/12/07、24期、民進党・新緑風会)

○長浜博行君 民進党の長浜博行でございます。  大臣、御就任おめでとうございます。大臣の印象は、あれ安保特ですか、芝さんとの真摯でかつ激烈な議論の風景が強烈に脳裏にあるわけでございますけれども、私からしますと、今日は二回目の大臣との質疑ということでございます。一回目は、約十六年と六か月ほど前に環境委員会で大臣と、正確に言えば大臣ではありませんが、質疑をさせていただきましたので、今日が二回目ということになるわけであります。  森委員の質問とダブらないような形でやらせていただければというふうに思っておりますが、環境庁とかあるいは環境省で事務次官から大臣になられた方はおられますでしょうか。

第196回国会 環境委員会 第4号(2018/03/22、24期、民進党・新緑風会)

○長浜博行君 長浜博行でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。  今日は午前中、ODA特別委員会に出ておりまして、予算の委嘱が、特別委員会ですか、なされているということでありました。なかなか興味深い議論が展開をされていて、ODAで石炭火力発電所の輸出に絡む案件とか、あるいは原発の輸出はODAでどのように担保するかとか、それから河野大臣が、前は行革だったでしょうか、何か担当されておられたということで、行政監視とか行政改革の観点から、今話題になっている公文書管理等々のことに関しての議論とか、こういった議論がされていて、大変充実した質疑ではなかったかなというふうにも思っております。  前回、……

第196回国会 環境委員会 第5号(2018/03/23、24期、民進党・新緑風会)

○長浜博行君 長浜博行です。よろしくお願いします。  昨日は大臣の財務省理財局での華麗なる経歴を御紹介し過ぎたためか、大分御答弁が官僚的な答弁が多かったように思えて残念でございました。今日は私は外務省、経産省を呼んでおりませんので、政治的に強いリーダーシップの御答弁をいただければというふうに思っておる次第でございます。  昨年の十一月二十二日、特別国会のときに、本会議で私が安倍総理に代表質問を行いました。地球温暖化についてということで総理に問うたわけでありますが、トランプ大統領とゴルフをやっているときにもパリ協定離脱の問題について何かアドバイスをされましたか等々のあの地球温暖化の質問であります……

第196回国会 環境委員会 第7号(2018/03/29、24期、民進党・新緑風会)

○長浜博行君 長浜博行でございます。  今日は公健法の質疑をやらせていただけるということで、この法律は十年ぶりの質疑ということでよろしいんでしょうか。
【次の発言】 今、高度経済成長の話も出ましたけれども、光と影の、まあ誤解を恐れずに言えば、影の部分というところに関する質疑ということも言えるんではないかなというふうに思います。今日でもその後遺症で苦しんでおられる方がいらっしゃるということで、公害という問題を考えるということも大事なことではないかなというふうに思っております。  昭和四十二年に公害対策基本法第二十一条第二項に基づいてスタートしたこの議論の中において、いわゆる救済法ですね、公害に係……

第196回国会 国土交通委員会 第11号(2018/05/15、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(長浜博行君) ただいまから国土交通委員会を開会いたします。  議事に先立ち、一言御挨拶を申し上げます。  去る九日の本会議におきまして国土交通委員長に選任されました長浜博行でございます。  理事並びに委員の皆様方の御支援、御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいりたいと存じておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
【次の発言】 委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、松川るい君及び鉢呂吉雄君が委員を辞任され、その補欠として渡辺美知太郎君及び私、長浜博行が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします……

第196回国会 国土交通委員会 第12号(2018/05/17、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(長浜博行君) ただいまから国土交通委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、渡辺美知太郎君及び増子輝彦君が委員を辞任され、その補欠として吉田博美君及び伊藤孝恵君が選任されました。
【次の発言】 高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  本日は、中央大学研究開発機構教授秋山哲男君、高山市長國島芳明君及び一般社団法人全日本視覚障害者協議会代表理事田中章治君、以上三名の参考人に御出席いただき、御意見を聴取し、質疑を行います。  この際、参考人の皆様に一言御挨拶を申し上げます。  本日は、御多用のとこ……

第196回国会 国土交通委員会 第13号(2018/05/22、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(長浜博行君) ただいまから国土交通委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、伊藤孝恵君が委員を辞任され、その補欠として柳田稔君が選任されました。
【次の発言】 海外社会資本事業への我が国事業者の参入の促進に関する法律案を議題といたします。  政府から趣旨説明を聴取いたします。石井国土交通大臣。
【次の発言】 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。  本案に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。    午前十時二分散会

第196回国会 国土交通委員会 第14号(2018/05/24、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(長浜博行君) ただいまから国土交通委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、柳田稔君が委員を辞任され、その補欠として石上俊雄君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  海外社会資本事業への我が国事業者の参入の促進に関する法律案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、国土交通省国際統括官篠原康弘君外八名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第196回国会 国土交通委員会 第15号(2018/05/29、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(長浜博行君) ただいまから国土交通委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、石上俊雄君及び吉田博美君が委員を辞任され、その補欠として増子輝彦君及び赤池誠章君が選任されました。
【次の発言】 この際、石井国土交通大臣から発言を求められておりますので、これを許します。石井国土交通大臣。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  国土の整備、交通政策の推進等に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、法務大臣官房審議官筒井健夫君外十五名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか……

第196回国会 国土交通委員会 第16号(2018/05/31、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(長浜博行君) ただいまから国土交通委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る二十九日、赤池誠章君が委員を辞任され、その補欠として吉田博美君が選任されました。
【次の発言】 所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法案を議題といたします。  本日は、公益財団法人東京財団政策研究所研究員・政策オフィサー吉原祥子君及び水源開発問題全国連絡会共同代表嶋津暉之君の両参考人に御出席いただき、御意見を聴取し、質疑を行います。  この際、参考人の皆様に一言御挨拶を申し上げます。  本日は、御多用のところ本委員会に御出席いただきまして、誠にありがとうございます。  ……

第196回国会 国土交通委員会 第17号(2018/06/05、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(長浜博行君) ただいまから国土交通委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、吉田博美君が委員を辞任され、その補欠として羽生田俊君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、国土交通省土地・建設産業局長田村計君外七名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第196回国会 国土交通委員会 第18号(2018/06/07、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(長浜博行君) ただいまから国土交通委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、高木かおり君及び松下新平君が委員を辞任され、その補欠として室井邦彦君及び吉田博美君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  国土の整備、交通政策の推進等に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、警察庁長官官房審議官長谷川豊君外七名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第196回国会 国土交通委員会 第19号(2018/06/12、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(長浜博行君) ただいまから国土交通委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、吉田博美君が委員を辞任され、その補欠として青山繁晴君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  船舶の再資源化解体の適正な実施に関する法律案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、国土交通省海事局長蒲生篤実君外七名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 船舶の再資源化解体の適正な実施に関する法律案を議題といたしま……

第196回国会 国土交通委員会 第20号(2018/06/14、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(長浜博行君) ただいまから国土交通委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、青山繁晴君が委員を辞任され、その補欠として渡邉美樹君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  国土の整備、交通政策の推進等に関する調査のため、本日の委員会に国土交通省鉄道局長藤井直樹君を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 国土の整備、交通政策の推進等に関する調査を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御……

第196回国会 国土交通委員会 第21号(2018/07/20、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(長浜博行君) ただいまから国土交通委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、渡邉美樹君が委員を辞任され、その補欠として吉田博美君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に阿達雅志君を指名いたします。
【次の発言】 これより請願の審査を行います。  第一六八号建築……

第197回国会 財政金融委員会 第2号(2018/11/22、24期、各派に属しない議員)

○長浜博行君 一昨日の大臣発言に関しての御質問をさせていただきます。  財政政策等の基本的な考え方の中で、財政健全化について冒頭触れておられました。この三つの柱を述べておられる中の一つが歳出改革で、もう一つは歳入改革。二〇二五年度の国、地方を合わせたプライマリーバランス黒字化目標の達成に向けて、計画に沿った歳出改革を確実に実現というふうに歳出改革については述べられております。  二〇二五年度の国、地方を合わせたプライマリーバランスの黒字化目標の達成に向けて歳入改革はどのように行われるのか、お尋ねを申し上げます。
【次の発言】 後ほど、平成三十一年度予算の編成等に関する建議、これは一昨日ですか、……

第197回国会 財政金融委員会 第3号(2018/12/06、24期、各派に属しない議員)

○長浜博行君 今日は、委員長から、日銀法第五十四条第一項の規定に基づく通貨及び金融の調節に関する報告書に関する件ということで質疑が行われているというふうに思っております。総裁からは、通貨及び金融の調節に関する報告書の概要説明をいただいたところでございます。  最初に、毎年六月と十二月にこの報告書を国会に提出しているということでありますが、この概要説明のときにおっしゃられた通貨及び金融の調節に関する報告書ということに関してでありますが、私ども委員のテーブルの上には平成二十九年六月、日本銀行という書類が載っておりますんですが、特に、当然この質疑に入る前に二十九年の十二月とそれから三十年の六月も拝見……

第198回国会 財政金融委員会 第3号(2019/03/14、24期、立憲民主党・民友会・希望の会)

○長浜博行君 財務大臣、お疲れさまでございます。よろしければ始めさせていただきたいと思います。  まずは景気動向の方から入らせていただきますが、特に世界経済の影響と申しますか、ちょっと心配だなと思うことがいろいろ出てきております。もちろん、ブレグジットでメイ首相が御苦労されているのはテレビでもうしょっちゅう出てくるような状態でありますし、ちょうど先週ですか、ECBの会合といいますか、ドラギ総裁が年内の利上げも断念をされて、成長率と消費者物価上昇率も下方修正というような状況にもなってきている。  こんな状況の中において、今度はアメリカも利上げを見合わせている。多分、一時停止というような形だという……

第198回国会 財政金融委員会 第5号(2019/03/20、24期、立憲民主党・民友会・希望の会)

○長浜博行君 おはようございます。  今日は予算の委嘱ということで、税の基本的な問題について伺えればというふうに思っております。  新聞を見てみると、何か雑誌の広告でしょうか、血税乱費という四文字が出ていまして、何か日本で一番大きな地方自治体のことらしいので、この国家のことではないとは思いますけれども、百兆円を超す一般会計という初めての予算の中で、いただいた税を一円でも無駄にすることがなく使うということはとても大事なことではないかなというふうにも思っております。  いわゆる社会保障と税の一体改革の中で、軽減税率を考えるということは確かにあのときに項目の一つとしてあったというふうに思っております……

第198回国会 財政金融委員会 第7号(2019/03/28、24期、立憲民主党・民友会・希望の会)

○長浜博行君 まず最初に、本法の提案理由説明の中にありましたSDGsについて伺います。  SDGsは、持続可能な開発目標を設定をする、誰一人取り残さない、持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現、これを二〇三〇年までの期限として十七の国際目標を掲げているという、こういうテーマでございます。  SDGsに関して、財務大臣としてどのように認識しておられるのか、教えてください。
【次の発言】 今、最後の部分で言及がありましたけれども、SDGs達成に向けて、ここが提案理由の中に入っていた、本年のG20議長国として日本が国際社会で発揮すべきリーダーシップという言及があったわけでありますけれども、その部分……

第198回国会 予算委員会 第8号(2019/03/13、24期、立憲民主党・民友会・希望の会)

○長浜博行君 立憲民主党の長浜博行でございます。  地元の房総半島の方からは花の便りも伝わってきて、春が近づいているなということを感じますけれども、大量の花粉の飛散も伴っておりまして、私ひどい花粉症なものでございますので、お見苦しい点がありましたらお許しをいただければというふうに思っております。  本日は、内外の諸情勢ということで、今喫緊の課題について、今月中に政府にお伺いをしておかなければいけないと思った点についてお伺いをさせていただければというふうに思っております。  いよいよ天皇陛下が退位なされるときが近づいてまいりました。国民こぞってことほぎながら天皇陛下が退位をなされる、こういう日を……


25期(2019/07/21〜)

第200回国会 国土交通委員会 第2号(2019/11/05、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○長浜博行君 先ほど来いろいろ名前が出ております千葉県の長浜博行でございます。  赤羽大臣、大臣就任おめでとうございます。ラグビーで鍛えた強靱な肉体で頑張ってください。よろしくお願いします。  今日も国土交通行政と災害、これは本会議の総理への代表質問でもこの間やりましたけれども、やっぱり初動の遅れ、千葉県の場合はどうしても十五号なんですけれども、初動の遅れがあったのではないかという質問に対して、私は大変不十分な答えであったように思います。  これは、八日から九日、九月のですね、かけて十五号が房総半島の方にやってきて、そして大臣が組閣になったのが十一日ですから。ですから、まあ十日に内示があったの……

第201回国会 国土交通委員会 第3号(2020/03/10、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○長浜博行君 おはようございます。  大臣及び職員の皆様方におかれましては、日常の国土交通行政に加えましてコロナ対策で御尽力をされていることを心から敬意を表す次第でございます。  国交省の皆様方におかれましては、国内だけではなく、また国会周辺だけではなくて地方支分局、あるいはアタッシェということでイランやイタリアや韓国等々にも駐在をされているかもしれません。国交省の皆様方の中で新型コロナウイルスに感染された方はおられるんでしょうか。
【次の発言】 健康に御留意をされて職務に精励をしていただければというふうに思っております。  仄聞しますと、何か昨日の議運では、参議院の場合は、国会議員が罹患をし……

第201回国会 国土交通委員会 第8号(2020/04/02、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○長浜博行君 おはようございます。  大臣、連日御苦労さまでございます。昨日の決算委員会でも当初着席していただいていて、我が会派の野田議員の質問、国土交通省所管の、まあ観光といえば一番そういうところが多いわけでありますが、コロナ対策についての議論もなされて、あれは総理が答えられておりましたけれども、国交大臣もそれを拝聴されていたというふうに思っております。  年度末の三月五日に大臣所信がありまして、ちょうど一月ぐらいたったところでございます。大臣所信の積み残し部分をやらせていただくチャンスをいただきまして、ありがとうございます。  プラン・ドゥー・チェックといいますか、物事を何かやるときには、……

第201回国会 内閣委員会 第4号(2020/03/13、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○長浜博行君 長浜博行でございます。  丁寧に質問通告をいたしておりますので、大臣におかれましては的確に御答弁をいただければと思います。  せっかく与党質問が出ましたので、それに引き続いて、この特措法の対象について、現行法でも新型コロナウイルス感染症を読み込めるのではないか、具体的には新型コロナウイルス感染症が新感染症に該当するのではないかとの観点から、これまで本委員会、予算委員会、また先ほどの参考人質疑でも度々この議論というのは行われました。  これに対し、政府は、新感染症は病原体が分かっていない場合が対象になるのであって、新型コロナウイルスはウイルスが特定されていることから新感染症には該当……



各種会議発言一覧(参議院)

21期(2007/07/29〜)

第169回国会 財政金融委員会、国土交通委員会連合審査会 第2号(2008/04/24、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○長浜博行君 国交委員会所属の長浜博行でございます。  大臣にはこの間、国交省設置法の一部改正のところで本会議で質疑をさせていただきましたけれども、今の辻さんとのやり取りを拝見をしていて、ちょっとやっぱり残念だなという気持ちが正直言ってあります。評価すべきは、私は大臣のやられていることを評価するところはありますが、あのときも申し上げましたように、何を守るのかと。あるいは今、国交大臣あるいは国交省はどういうふうに国民から見られているのか。そういう観点を、大変御指導いただいた大先輩に恐縮でありますが、私はちょっとずれておられるんではないかなということすら感ぜざるを得ません。  質問通告を幾つかしま……

第171回国会 国際・地球温暖化問題に関する調査会 第1号(2009/02/10、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○長浜博行君 官から民へというような話がよくある中において、その中間、つまり公的サービスとか公益性のあることを税金を納めているんだから当然官がやるべきだという形から一気に民に飛ぶのではなくて、その中間に、民というのは株式会社とかそういう企業の意味ですけれども、そういう中間的な官でもなければ民でもないという存在をどう増やしていくかというのが、誤解を恐れずに言えば、成熟した民主主義国家の一つの大きな課題だなという認識はしているんですね。しかし、きれい事は別にして、何かをやろうとすればお金が常に要るわけで、今日の諸先生の議論を拝聴していても、NPOに対しては寄附かあるいは公的資金かというような議論が……


23期(2013/07/21〜)

第187回国会 国の統治機構に関する調査会 第2号(2014/11/05、23期、民主党・新緑風会)

○長浜博行君 本調査会がこれから二年目の調査を進めていくに当たり、国と地方の関係を取り巻く現状と課題につきまして意見を申し述べます。  委員各位も御高承のように、我が国は少子高齢化が進み、人口減少社会に突入しております。また、地域経済が疲弊する中で、地方が多様化し、増大する行政ニーズに対応していかなければなりません。このまま放置すれば、地域文化や地域そのものが危うくなるおそれがあります。  地域を活性化し、持続可能性を高めるためには、霞が関主導のままでは実効性のある改革は難しいと考えます。住民が主体となって地域の活力を高め、魅力にあふれた地域を将来世代に継承していくために、民主党政権においては……

第189回国会 国の統治機構に関する調査会 第1号(2015/03/04、23期、民主党・新緑風会)

○長浜博行君 民主党の長浜博行でございます。  お二人の参考人には、本当にどうもありがとうございました。本来は昨年末でありましたけど、日程の調整をしていただいて今日に至っているわけでございます。  ちょうど地方分権改革の二十年をどう見るかと、西尾先生のお話からスタートしたわけでありますけれども、ちょうどこの二十年を振り返ってみたときに、やはり、一九九三年というか平成五年の、これ宮沢内閣の最後の段階でありましたけれども、地方分権の推進に関する決議が六月の三日に衆議院で、翌日参議院という、この二つ国会決議がなされたところからスタートしたという意味は非常に大きかったんではないかなというふうに思ってお……

第189回国会 国の統治機構に関する調査会 第2号(2015/04/15、23期、民主党・新緑風会)

○長浜博行君 関西人とおっしゃられた秋月先生の、三〇%ぐらいで選ばれる政治家、これ、イギリスのロンドンの話、あるいは明治時代の、何というんですかね、日本の統治機構の偏向のお話を大変興味深く拝聴いたしました。関西人というか、私は関東人なので京都と大阪が仲がいいのか悪いのかもよく分かりませんけれども、そういう状況の中でのやっぱり問題というのは、過剰な単純化を克服できるかどうかというのが地方分権の一つのキーではないかなというふうには思っております。  そこで、湯崎知事に伺いたいわけでありますが、いただいた資料で、いわゆる三割自治どころの騒ぎではないですよと、一割自治を始めとする、これは知事の文章です……

第189回国会 国の統治機構に関する調査会 第3号(2015/04/22、23期、民主党・新緑風会)

○長浜博行君 どうもありがとうございました。  先週も関西とか関東とかいう視点からの議論もあったようでありまして、今日も井戸参考人から関西の広域連合についてのお話が出ましたので、大変、関東の人間からすると興味深く拝聴させていただきました。  佐々木先生が都庁の職員からアカデミズムに移られて二十五年目に書かれた、事前にいただいた資料の「新たな「日本のかたち」」ですか、パラダイム転換で「脱中央依存と道州制」というサブタイトル、さっき御紹介いただいたとおりのことだと思いますし、QアンドAがあの本の中にはありますね。そして、関西広域連合について触れられている部分があって、これはさっき井戸知事からも御説……

第189回国会 国の統治機構に関する調査会 第4号(2015/05/13、23期、民主党・新緑風会)

○長浜博行君 よろしくお願いします。  せっかくの議論でしたので、そのまま続けさせていただいて。  森田先生、いわゆる合併を推進をされたというようなお話と、それから各種の政府の審議会に参加をされて意見も述べられてきたという歩みの中において、今日いただいた資料の中にも、この十ページですか、高度に発展し、しかも人口減少、高齢化が進行しつつある現代社会において、伝統的、歴史的な自治の姿にとらわれるべきではないということと、それから先生の論文も二本読まさせていただきましたけれども、国も自治体も最終的には一人一人の国民の幸福のために存在しているのであり、その価値は地域の団体としての自治体の存続よりも優先……

第189回国会 国の統治機構に関する調査会 第5号(2015/05/20、23期、民主党・新緑風会)

○長浜博行君 民主党の長浜博行です。  本日は、中間報告を取りまとめるに際しての意見表明ということで、これまでの調査会の議論で幾つか印象に残っている点を中心に意見を述べたいと思います。  まず、国と地方の役割分担についてです。  これに関しましては、参考人の秋月先生から、例えば基地問題は外交、防衛の分野だから国の事務であるとするような過剰な単純化は適切ではないとの御示唆をいただきました。また、我が国は国と地方で権限等の重複は完全に排除できない融合の国であり、膝詰めの協議を積み重ねるプロセスが望ましいとも述べられました。  確かに、現実の行政は複雑多岐にわたっており、必ずしも国、地方の役割分担が……

第190回国会 国際経済・外交に関する調査会 第3号(2016/02/24、23期、民主党・新緑風会)

○長浜博行君 ありがとうございました。  平田参考人には、石炭か原子力かという大型集中ではなくて、もはや再生可能エネルギーによる地方分散型への方向性は理解をしました。  省エネについては、ちょっと御説明もありましたが、今の質疑を受けてじゃありませんが、熱利用の分野ですね、消費量における熱需要、大変大きく、それには、要するに冷暖房ですね、家庭と業務用、これもう電気やあるいは化石燃料を五割ぐらい使っているというふうに思いますけど、これはNEDOの調査、エネルギー白書にも出ているところでありますが、この日本での熱利用が効果的に行われていないという状況についての御意見を伺えればというふうに思っておりま……

第190回国会 予算委員会公聴会 第1号(2016/03/10、23期、民主党・新緑風会)

○長浜博行君 両公述人におかれましては、大変すばらしいお話をありがとうございました。  昨今の新聞を、表紙を見ると、アベノミクスの失敗によるところの消費増税見送りという観測記事が大分出るようになりました。景気弾力条項を削除して、もう消費税は上げるものという状況の中においてこういう判断をする場合には、もちろん法律を改正しなければならないので、かなりの政治的なリアクションを呼んでいくというふうにも思いますが、加藤公述人の十三ページの資料にあるように、元々かなり無理があった二年間でのインフレ目標設定ではなかったのかなというふうに思っております。二回総理大臣をされますので、その気合と迫力は委員会質疑で……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/03

長浜博行[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書