国会議員白書トップ参議院議員中原八一>委員会発言一覧(全期間)

中原八一 参議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

中原八一[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書

このページでは中原八一参議院議員が委員会や各種会議で行った質問や答弁などの発言の冒頭部分と会議録本文へのリンクを一覧化しています。中原八一参議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。
 本会議での発言の統計と一覧については本会議発言のページを参照してください。

■委員会発言一覧  ■各種会議発言一覧

委員会発言一覧(参議院)

22期(2010/07/11〜)

第176回国会 国土交通委員会 第6号(2010/11/16、22期、自由民主党)

○中原八一君 おはようございます。自由民主党の、この七月の参議院選挙で初当選をさせていただきました中原八一でございます。  今日は、国会での初質問ということで、二十五分お時間をいただきました。初めての質問で大変緊張しておりまして、また、質問の方も不明瞭で要領を得ない点があるかもしれませんが、大臣並びに関係者の皆様方におかれましては、国民に分かりやすいような言葉で御答弁をいただければ大変有り難いと思います。  まず、私は、これまで民主党政権が選挙において、あるいはこれまでの政策転換、政権交代の中でずっと唱えてまいりましたコンクリートから人へと、このスローガンについてお伺いをしたいと思います。  ……

第177回国会 決算委員会 第8号(2011/05/27、22期、自由民主党)

○中原八一君 自由民主党の中原八一でございます。  昨年の初当選以来、初めてこの決算委員会で質問の機会をいただきましたので、新人らしくしっかりと大畠国土大臣始め環境省の皆さんに御質問をさせていただきたいと思います。  初めに、港湾の復旧復興について伺いたいと思います。  四月の二十九日に、私も、同僚の岩井参議院議員と一緒に被災地に行ってまいりました。仙台塩釜港の壊滅的な被害を見まして、大変大きな衝撃を受けて帰ってきたところでございます。まずは、これからの産業の復興、こうしたことを考える上でも港湾の早急な復興ということは大変大事なものであると思いますが、港湾の復旧の現状と今後の復旧の見通しについ……

第177回国会 国土交通委員会 第3号(2011/03/25、22期、自由民主党)

○中原八一君 自由民主党の中原八一でございます。  まず、三月十一日東北地方太平洋沖地震並びに翌日、長野県北部地震の発生以来、昼夜を分かたず人命救助、そして想像を絶する被害からの復旧復興に御尽力をいただいております国土交通大臣始め国土交通省の職員の皆様に敬意を表するとともに、感謝を申し上げます。  まだまだ被災地の方は大変寒く、苦しい生活を余儀なくされている皆様のことを考えますと大変胸が痛むわけでありますけれども、被災地の復旧復興に向けて国土交通省の役割というものはこれから非常に大きなものがあると考えますので、どうか全力でこれからも復旧復興に当たっていただきますよう、冒頭お願いを申し上げたいと……

第177回国会 国土交通委員会 第5号(2011/03/31、22期、自由民主党)

○中原八一君 おはようございます。自由民主党の中原八一でございます。  大臣並びに政務三役、国交省の皆さんにおかれましては、災害対策そして国会と、連日大変御苦労さまでございます。港湾法及び特定外貿埠頭の管理運営に関する法律の一部を改正する法律案について、そして関連しまして今回の大地震による港湾の被害について質問させていただきます。  まず、港湾法の改正についてでございますが、今回の法律改正の主な大きな柱は、現行の特定重要港湾二十三港を国際戦略港湾と国際拠点港湾に港格を見直しをいたしまして、我が国の大きな港湾を民営化して、そのことをもって我が国の港湾の国際競争力を強化しようということにあるわけで……

第177回国会 国土交通委員会 第9号(2011/04/26、22期、自由民主党)

○中原八一君 ただいま可決されました高齢者の居住の安定確保に関する法律等の一部を改正する法律案に対し、民主党・新緑風会、自由民主党、公明党、みんなの党、たちあがれ日本・新党改革及び社会民主党・護憲連合の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     高齢者の居住の安定確保に関する法律等の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講じ、その運用に遺憾なきを期すべきである。  一 東日本大震災の被災者に対し、応急仮設住宅を早急に整備するとともに、高齢者が多いなどの地域の実情を踏まえ、被災者の住まいの確保……

第179回国会 国土交通委員会 第2号(2011/10/27、22期、自由民主党・無所属の会)

○中原八一君 自由民主党の中原八一でございます。午前中の佐藤信秋委員に引き続きまして質問させていただきます。  今年は東日本大震災を始め全国各地で大規模な災害が発生し、多くの方々の住宅が流され、住民生活に甚大な被害を受けたほか、道路や河川、港湾、鉄道などのインフラが壊滅的な被害に遭いました。こうしたことから、インフラの早期整備と、被災した方々が一日も早く元の生活を取り戻すために国として全力を挙げて取り組んでいくことを切に願っております。  今年のこうした大災害を経験し、国民の皆様もまた災害に対する意識が高まり、災害に強い地域づくり、災害に強い国土づくりがより一層求められていると思っております。……

第179回国会 国土交通委員会 第4号(2011/12/06、22期、自由民主党・無所属の会)

○中原八一君 自由民主党の中原八一でございます。  この度の法案は、東日本大震災からの復旧復興に役立つことはもちろんでありますけれども、今後想定されます東海・東南海・南海地震等の大規模地震に伴う津波への備えとしても大変重要であり、ハード、ソフトの対策が早期に進むように期待をいたしております。  当面は、地域的にはこうした太平洋側の対策というものが最優先であると思いますが、これを全国に津波に強い地域をつくっていくということだというふうに思っております。  私の出身は新潟県でありますので、日本海側では、一八三三年に庄内地震、そして一九六四年に新潟地震で津波が観測されましたけれども、かなり前のことで……

第179回国会 政府開発援助等に関する特別委員会 第2号(2011/11/28、22期、自由民主党・無所属の会)

○中原八一君 自民党の中原と申します。  下村先生のエコノミストに書かれました中国の実像というところで、中国政府の援助額につきまして、利子補給の部分だけでなくて援助額として示されているので相対的には小さな数字になっているという御指摘があります。この手法については、世界共通なものなのかどうかということと、中国政府に何か狙いがあって援助額をあえて小さくしているのかどうか。素朴な疑問でございますが、その点一点と。  それから、中国が、お二人の先生共に、台頭してまいりまして大変国際社会からは批判めいた受け止めをされているようなんですけれども、援助国から見ますと、そうしたやり方について肯定的な意見も、声……

第180回国会 国土交通委員会 第3号(2012/03/22、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○中原八一君 自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会の中原八一でございます。  今ほどの佐藤信秋委員に引き続きまして、何点か質問をさせていただきます。  最初に、三月七日から発生しております新潟県上越市の板倉区における地すべりへの支援について、まずはお願いをさせていただきたいと思います。  三月七日から新潟県上越市板倉区、新潟県内の豪雪地域でございますが、大規模な地すべりが発生し、幅が百五十メートル、長さが五百メートルの雪の塊と土砂が二百五十メートルも移動し、住家四軒を含む十一軒の家屋が土砂にのみ込まれる災害が発生しております。周辺住民二十六世帯百人が現在避難勧告を受けて避難をしておりますけれ……

第180回国会 国土交通委員会 第7号(2012/06/19、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○中原八一君 自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会の中原八一でございます。  先ほど、提案者の方から、離島振興法案の概要について御説明をいただきました。そこで最初に、今回の法律改正案で特に重要事項として認識されております改正のポイントについて、まずお聞かせを願いたいと思います。
【次の発言】 ありがとうございました。  目的規定の充実を始め、今回の法律改正案は大変内容の濃い法律案だと私も評価をさせていただいております。今回の改正案では、離島振興の目的の拡大が盛り込まれ、無人島の増加防止などの規定が加えられました。離島の人口が減少して無人島になれば、竹島や尖閣諸島のように領土を脅かされる危険性……

第180回国会 政府開発援助等に関する特別委員会 第2号(2012/02/24、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○中原八一君 自由民主党の中原八一でございます。  今日は、参考人のお二人、大変ありがとうございました。  先ほど、タイド化、それからアンタイドというお話がございました。それで、日本も一九六一年のOECDの発足に伴ってできました開発援助委員会、DAC、このメンバーに参加をするようになりましてから、二〇〇一年には最貧国に向けてODAのアンタイド化を合意というようなことで、順次アンタイド化の援助原則を日本が受け入れてきて、だんだんとODAの姿が変わってきたと、こういうふうに理解をさせていただいたわけでありますけれども、このDACの規制によって日本のODAが国民の皆さんからの理解というものもやっぱり……

第183回国会 環境委員会 第5号(2013/05/16、22期、自由民主党・無所属の会)

○中原八一君 おはようございます。自由民主党の中原八一でございます。  この度、初めて環境委員会に所属させていただきました。率直に言って、目下環境問題を勉強し始めたばかりでございますので、委員長を始め委員の皆様、また大臣を始め政務三役、環境省の皆様の御指導をよろしくお願いしたいと思います。  さて、本日でありますけれども、地球温暖化推進法改正案に対する審議でありますけれども、その前に一言、石原大臣にお礼を申し上げさせていただきたいと思います。  私の地元でございます新潟県の佐渡市では御承知のようにトキの繁殖に取り組んでおりますが、環境省から大変な御支援と御協力をいただいてきております。日本では……

第183回国会 環境委員会 第11号(2013/06/13、22期、自由民主党)

○中原八一君 おはようございます。自由民主党の中原八一でございます。  さて、本日は、大気汚染防止法改正案と放射性物質環境汚染防止整備法案の一括質疑でございますが、昨日の代表質問、また今ほども御質問がございましたので、重複する部分もあろうかと思いますけれども、御容赦をいただきながら、順次質問をさせていただきたいと思います。  まず初めに、大気汚染防止法改正案についてお伺いしたいと思います。  今回の改正案の趣旨は、有害物質であるアスベストの規制強化であります。御承知のように、アスベストは熱や摩擦に強く丈夫で変化しにくいことから、ビルなどの断熱材や屋根用などのスレート材、防音材、保湿剤など、我が……


23期(2013/07/21〜)

第185回国会 国土交通委員会 第1号(2013/10/31、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(中原八一君) この度、国土交通大臣政務官を拝命いたしました中原八一でございます。  藤本委員長を始め、国土交通委員会の理事、委員の皆様の格段の御指導をよろしくお願い申し上げます。

第185回国会 国土交通委員会 第2号(2013/11/05、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(中原八一君) 我が国はエネルギー資源の約九六%を海外に依存しているわけでございますけれども、我が国にとって、日本船籍を含む日本商船による安全かつ安定した輸送は国民経済にとって極めて重要な役割を担っております。ところが、近年、ソマリア周辺海域におきまして、凶悪な海賊行為により各国商船の航行に危険が生じ、資源輸送等が脅かされている状況にございます。  それに対しまして、二〇〇九年からの自衛隊の護衛艦等による護衛活動、商船の自衛措置、民間武装警備員の乗船警備等によりソマリア沖やアデン湾の海賊等事案の発生件数は減少傾向にありますが、その脅威は依然として継続をいたしております。さらに、イン……

第185回国会 国土交通委員会 第4号(2013/11/12、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(中原八一君) 委員御質問のギリシャにおける民間武装警備員に関する取組について、外務省を通じまして同国政府に最新の状況を確認をいたしました。  それによりますと、現行のギリシャ国内法ではギリシャ国内での民間武装警備員の乗船は認められておりません。現在、ギリシャでは、この乗船を可能とする関連法案につきまして引き続き検討がなされているそうであります。他方、ギリシャの国内法では外国の港から出港するギリシャ船籍への民間武装警備員の乗船を認めており、実際、民間武装警備員がギリシャ船籍に乗船している事例があるそうでございます。  したがって、主要海運国では、公的武装警備員かあるいは民間武装警備……

第185回国会 災害対策特別委員会 第3号(2013/11/01、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(中原八一君) 現在、伊豆大島への航路につきましては、船舶運航事業者であります東海汽船が、島民に対し、高速ジェット船につきましては三〇%、大型旅客船につきましては三五%の運賃割引を実施しております。さらに、今回の伊豆大島の災害を受けまして、委員御指摘の復興活動を支援するボランティアの運賃割引につきまして、東海汽船は島民割引と同率の運賃割引を、本日でございますけれども、東京発の夜便より導入することを決定したところでございます。
【次の発言】 委員の御地元の埼玉県三郷市でありますけれども、御説明いただきましたように、江戸川と中川に囲まれた低平地に位置しておりまして、豪雨になりますと、三……

第185回国会 災害対策特別委員会 第4号(2013/11/13、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(中原八一君) 委員御指摘の点でございますけれども、国土交通省の社会資本整備計画におきましては、平成二十八年度末までに約四十六万区域を指定することを目指しまして、都道府県の区域指定が進むように今促しているところでございます。
【次の発言】 都道府県が土砂災害警戒区域を指定することで、市町村は区域ごとに情報伝達等の警戒避難体制を地域防災計画で定めております。また、ハザードマップを作成し、住民に対しまして周知を行っているところであります。  平成二十四年三月末時点で、土砂災害警戒区域を有する市町村におきまして地域防災計画に例えば情報の収集伝達体制を定めている市町村は七一%となっておりま……

第185回国会 東日本大震災復興特別委員会 第2号(2013/12/04、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(中原八一君) 東京湾内におきましては、民間事業者が所有する護岸が水際線延長の約半分を占めておりまして、委員御指摘のとおり、港湾やコンビナートの防災対策を進めるに当たりましては、公共の護岸を管理する港湾管理者と民間事業者との連携強化や民間事業者が所有する護岸の耐震化ということは極めて重要な課題であると認識いたしております。このため、港湾管理者、民間事業者、国土交通省及び経済産業省の関係者により意見交換を行うことが必要と考えておりまして、本年の十月には川崎港で既に会議を設置したところでございます。今後、他の地域の港湾においても順次立ち上げていくことといたしております。  また、支援策……

第186回国会 経済産業委員会 第8号(2014/04/15、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(中原八一君) 国土交通省でございますけれども、御指摘のとおり、地域活性化を推進する上で関係省庁が連携して取り組むことが大変重要だと考えております。  地域活性化に向けた取組といたしましては、ただいま内閣府から答弁がございましたけれども、国として横断的、重層的な支援を行うため、地域活性化プラットホームを構築することとしておりまして、国土交通省といたしましても、このスキームに基づき関係府省と積極的に連携して取り組んでまいります。  また、特に国土交通省といたしましては、今般、都市再生特別措置法と地域公共交通活性化・再生法案を提出しておりまして、医療、福祉、商業などの生活サービス機能の……

第186回国会 国土交通委員会 第2号(2014/03/13、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(中原八一君) お答えをさせていただきます。  海上保安庁では、領海に接近した外国公船に対しまして領海に侵入しないよう警告するとともに、領海に侵入した場合には退去要求や進路規制を行い、領海外へ退去をさせているところでございます。  いずれにいたしましても、尖閣周辺の領海警備、先生が御指摘していただきましたように、大変緊張感の中でございますけれども、関係各省と緊密に連携しながら万全を期してまいりたいと思います。
【次の発言】 ただいまお尋ねがありました尖閣諸島周辺海域における中国公船の領海侵入件数、それから一日当たりの最大侵入隻数、最長侵入時間及び最接近距離でございますけれども、平成……

第186回国会 国土交通委員会 第9号(2014/04/10、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(中原八一君) インフラシステムの海外展開の促進には、我が国の外交政策や対外経済政策が密接に関連する上に、複数の関係プロジェクト間の連携が必要となる場合がありますが、このため、関係省庁間が連携して取り組むことが重要でございます。  本法案におきましても、委員御指摘のように、支援決定等に関する関係大臣への協議や行政機関の長による相互連携、協力が規定されているところでありますが、既に関係府省庁間では様々な場を通じて情報共有と連携の確保が図られております。また、官房長官が主催する関係閣僚会議である経協インフラ戦略会議、インフラ分野ごとの海外展開を推進するための協議会、個別のプロジェクト、……

第186回国会 国土交通委員会 第11号(2014/04/22、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(中原八一君) お話しいただきましたように、国際戦略港湾の港湾運営会社への政府出資に係る予算といたしまして、平成二十六年度予算におきまして十億円の予算措置を講じております。この予算につきましては、京浜及び阪神の両港に出資した場合に必要と見込まれる総額として計上いたしております。  京浜及び阪神各港それぞれにおきまして現在経営統合の検討が進められておりますけれども、それぞれの港の出資額につきましては今後関係者と調整しながら決定をしていくことといたしております。
【次の発言】 京浜港及び阪神港における特例港湾運営会社の経営統合のスケジュールについてお尋ねがございました。各会社及び各港湾……

第186回国会 国土交通委員会 第15号(2014/05/22、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(中原八一君) 首都圏三環状道路につきましては、平成二十六年四月末現在で約六割が完成しており、平成三十二年度までには約九割の区間の開通を目指して整備を推進しているところであります。環状道路を整備することは、都心部の交通を外側の環状道路へ迂回することにより都心部の慢性的な渋滞の緩和に大きな効果があり、東京の機能強化に大きく寄与すると考えております。  また、圏央道が来年六月に東名高速から中央道、関越道の間がつながる予定でありまして、今後、環状道路の渋滞緩和の効果をフルに発揮するためには、委員から御指摘がございました、環状道路の整備に合わせましてシームレスな料金体系の導入等により、交通……

第186回国会 国土交通委員会 第18号(2014/06/03、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(中原八一君) 平成二十四年三月の参議院国土交通委員会での私の質問でありますが、私は、外国資本による土地取得に関しまして何らかの規制が必要ではないかとの立場で質問いたしました。  なお、当時、地方公共団体が、非常に全国各地から様々な意見が寄せられまして、対応に苦慮をしておりました。そうした中、総領事館の移転は外交上の問題であることから、国が外交上の観点からの対応を検討すべきとの考えを述べたものでございます。
【次の発言】 今ほど委員から御質問をいただきましたけれども、委員も、またマスコミの御指摘もそうでありますけれども、この部分だけ取り上げられておりますけれども、私が大臣に質問させ……

第186回国会 国土交通委員会 第20号(2014/06/10、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(中原八一君) 条約を締結していない国の船舶に対する取扱いにつきましては、条約締結国の船舶と同じように規制を適用することが条約で定められております。本法案におきましても、条約締結国の船舶であるか否かにかかわらず、バラスト水処理設備の設置等の規制を適用するとともに立入検査を実施することとしておりますので、条約を締結していない国の船舶が有利になるようなことはありません。  また、PSCの体制につきましては、現在、十二の条約に関連した立入検査を四十一の地方運輸局等に配置されております百四十名の外国船舶監督官により実施をいたしております。  今回のバラスト水規制の導入に伴い、PSCにおいて……

第186回国会 国土交通委員会 第23号(2014/06/19、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(中原八一君) 事例集に挙げられております各事例は、御指摘の事例一、二を含め、先般の安倍総理の記者会見におきまして示された、いかなる事態においても国民の命と暮らしを守る、現実に起こり得るあらゆる事態に対して切れ目ない対処を可能とするという問題意識を踏まえつつ提示をされたものであると認識いたしております。  事例一と二につきましては特定の地域を念頭に置いているものではありませんが、いずれの地域であれ、万一にも、警察機関が存在せず海上保安庁も近傍に所在しないという状況が生じたとしても、切れ目ない対応を可能とするという問題意識に基づいて提示されたものであると認識をいたしております。

第186回国会 総務委員会 第6号(2014/03/17、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(中原八一君) 平成二十六年度予算案におけます国土交通省関係の公共事業関係費でございますけれども、社会資本整備事業特別会計の一般会計化による影響を除きまして、約四・六兆円を計上いたしております。これは、ピークであります平成十一年度の七・三兆円から約二・七兆円、約四割減少した水準となっております。
【次の発言】 約九割が交付金になっておりまして、一割が補助金となっております。
【次の発言】 そちらの方は内閣府の交付金というふうに認識しております。

第189回国会 決算委員会 第7号(2015/05/11、23期、自由民主党)

○中原八一君 自由民主党の中原八一でございます。  本日は省庁別審査ということで、私の方からは、国土交通省並びに警察庁に対して質問をさせていただきたいと思います。  まず、国交省関係の決算検査報告についてお尋ねをいたしますので、太田大臣、よろしくお願いをいたします。  さて、国土交通省は掲記件数が七十一件と、厚生労働省に次いで二番目に多く、指摘金額が七十九億四千万円となっております。まず、この会計検査院の報告内容についてどのように受け止め、今後どう対応していこうとお考えなのか、大臣にお伺いいたします。
【次の発言】 今後の再発防止にしっかりと取り組んでいただきますようお願いしたいと思います。 ……

第189回国会 予算委員会 第10号(2015/03/20、23期、自由民主党)

○中原八一君 おはようございます。自由民主党の中原八一でございます。  本日は、拉致問題、TPP交渉、そして海上保安庁の体制についてお伺いをしたいと思います。  冒頭に、一昨日、チュニジアで発生いたしました博物館襲撃事件について一言申し上げたいと思います。  日本人も三人が死亡、三人が負傷とのことであり、大変ショッキングな事件でありました。亡くなられた方と御遺族並びに関係者の皆様方に謹んで哀悼の意を申し上げますとともに、けがをされた方々にお見舞いを申し上げます。  それでは、北朝鮮による日本人拉致問題について伺います。  私の地元新潟でありますが、拉致被害者の多い県であります。二〇〇二年十月に……

第190回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第1号(2016/01/04、23期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(中原八一君) 一言御挨拶を申し上げさせていただきます。  ただいま委員各位の御推挙をいただきまして、本委員会の委員長に選任されました中原八一でございます。  委員会の運営に当たりましては、公正かつ円満な運営に努めてまいりたいと存じますので、委員各位の御支援と御協力のほどよろしくお願い申し上げます。
【次の発言】 ただいまから理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は四名でございます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に猪口邦子君、塚田一郎君、白眞勲君及び……

第190回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2016/04/25、23期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(中原八一君) ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  議事に先立ち、一言申し上げます。  この度の熊本県熊本地方などを震源とする地震により甚大な被害がもたらされ、尊い人命を失いましたことは誠に痛ましい限りでございます。  犠牲者の御遺族に対し哀悼の意を表しますとともに、被災者の皆様にも心からお見舞いを申し上げます。  ここに、犠牲となられた方々の御冥福をお祈りし、黙祷をささげたいと存じます。  皆様、御起立をお願いいたします。黙祷。
【次の発言】 黙祷を終わります。御着席願います。
【次の発言】 委員の異動について御報告いたします。  去る二十二日ま……

第190回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第3号(2016/05/20、23期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(中原八一君) ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る四月二十五日、浜野喜史君、井原巧君、滝波宏文君及び大野泰正君が委員を辞任され、その補欠として西村まさみ君、宇都隆史君、山谷えり子君及び赤池誠章君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣官房内閣審議官岡本宰君外九名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。

第190回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第4号(2016/06/01、23期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(中原八一君) ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。



各種会議発言一覧(参議院)

22期(2010/07/11〜)

第177回国会 国民生活・経済・社会保障に関する調査会 第4号(2011/02/23、22期、自由民主党)

○中原八一君 自民党の中原でございます。阿部先生と大熊先生、お二人に一度に御質問をさせていただきたいと思います。  最初に、阿部先生にお願いいたします。  最近、親の経済力が子供の学力格差に結び付いているという著書、こういうものがたくさん世の中に出回っているように思います。昔から、私たちの世代も、親の収入と子供の学力関係は関係があるんだなと何となく感じてきたと思います。いい家の子供は勉強ができて、うちは貧乏だから頭が悪いんだと、まあこれは言い訳も含めてですけれども。親の年収と子供の学力格差の関連性の事実を否定するものではありませんけれども、こういうデータを社会全体が肯定することによる子供の教育……

第177回国会 国民生活・経済・社会保障に関する調査会 第8号(2011/05/18、22期、自由民主党)

○中原八一君 自由民主党の中原八一でございます。  私は、社会保障費の不足する財源を賄うのは、景気の変動を受けずに安定的に税収を確保できる消費税の引上げで行うべきだと考えています。  消費税の引上げに対する国民の考えは、皆さん御承知のように、世論調査においても明らかなように、消費税を引き上げて日本の社会保障制度を充実すべきであると考える人が約六割を超えていると認識しています。  しかしながら、東日本大震災が発生し、日本国内の状況は一変してしまいました。当面は、東日本大震災による被災地への復旧復興ということを日本の国の総力を傾注し果たしていかなければならず、国の最優先課題になると考えられます。 ……

第180回国会 国民生活・経済・社会保障に関する調査会 第2号(2012/02/22、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○中原八一君 自由民主党の中原でございます。  藤井参考人に一点だけお聞かせを願いたいと思います。  太平洋側の被災を受けまして、日本海側国土軸の形成ということがクローズアップされることになりました。そういう中で、分散型国土の形成ということで、新幹線整備ということで、北陸新幹線の延伸、それから関西までつながなければならない、あるいはまた、私は新潟なんですけれども、新潟と北陸新幹線の間もそういう妥当性があるというお話をいただきまして、日本海側にとって新しい目標といいますか励みをいただいたようで、大変うれしい話を聞かせていただきまして感謝を申し上げます。  それで、少し重なってしまうんですけれども……

第183回国会 国民生活・経済・社会保障に関する調査会 第2号(2013/02/27、22期、自由民主党・無所属の会)

○中原八一君 自由民主党の中原八一でございます。  本日は、後藤参考人、樋口参考人、貴重な御講演をいただきまして大変ありがとうございました。  私も、今お話がありました後藤参考人の十五ページ、ISFネットグループのところに大変関心を持ちました。就労困難者の雇用を成長につなげるということで、一、二、三とポイントがあるわけでありますけれども、「就労困難者を戦力に」、「新しい仕事を次々に作り出す」、「何があっても雇用を守る」ということで、就労困難者という方々は、いろいろな支援を差し伸べてもなかなか就労させることが困難であるからこそ就労困難者と言うわけですけれども、そうした今までの発想からこのお話を聞……

第183回国会 国民生活・経済・社会保障に関する調査会 第4号(2013/04/03、22期、自由民主党・無所属の会)

○中原八一君 自由民主党の中原八一です。  社会保障制度は、世代間、世代内の相互扶助によって国民生活の安心と安全を支え、経済社会の安定を果たす重要な社会基盤であります。また、社会保障制度を充実させることは家計収入の向上につながり、その結果、安定的な消費、国民生活の向上に寄与するものであり、同時に経済の活力の源泉になるものです。  しかしながら、過去二十年間、日本は経済の低迷が続き、リストラや失業の増加、非正規社員の増加、生活保護世帯の増加等に伴い、社会保障費が増加してきております。一例を挙げれば、昭和五十九年におよそ六百万人であった非正規社員は、平成二十四年にはおよそ一千八百万人にも増加してお……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/05/16

中原八一[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。