国会議員白書トップ参議院議員大野泰正>委員会発言一覧(全期間)

大野泰正 参議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

大野泰正[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは大野泰正参議院議員の委員会・各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。大野泰正 参議院議員「委員会統計」(全期間)では委員会・各種会議の活動状況や役職経験をまとめています。

■委員会発言一覧  ■各種会議発言一覧

委員会発言一覧(参議院)

23期(2013/07/21〜)

第186回国会 国土交通委員会 第7号(2014/04/03、23期、自由民主党)

○大野泰正君 おはようございます。  私は、自由民主党の岐阜県から選出されました大野泰正でございます。本日、初めての国交委員会での質問でございます。本日はお時間いただいたこと、誠にありがとうございます。頑張らせていただきたいと思いますが。  まずは、昨日チリで大きな地震がありました。とても対岸の火事とは思えません。また、今朝ほど津波も到達しているという中、一層の防災、本当に日本の国土を守ることに取り組んでいかなきゃならないだろうという思いをしっかりとしたものでありますが、何よりチリの皆様にまずはお見舞いを申し上げたいと思います。  また、今日の質問に先立ち、まずは、先日の沖ノ鳥島の事故で亡くな……

第186回国会 予算委員会 第8号(2014/03/06、23期、自由民主党)

○大野泰正君 皆様、おはようございます。私は、岐阜県から選出されました自由民主党の大野泰正でございます。本日が国会での初質問でありますので、限られた時間ではありますが、よろしくお願いを申し上げ、早速始めさせていただきたいと思います。  間もなく、東日本の大震災から三度目の三月十一日を迎えます。改めて、お亡くなりになられた皆様の御冥福を心よりお祈りいたしますとともに、被災者の皆様にお見舞いを申し上げます。  私たちは、あの日のことを改めて心に刻み、一日も早い復旧と復興に全力で取り組んでいくとともに、東日本の教訓を今後に生かしていかなくてはなりません。昨年末に国土強靱化大綱が策定され、本年はまさに……

第187回国会 国土交通委員会 第4号(2014/11/11、23期、自由民主党)

○大野泰正君 おはようございます。自由民主党の大野泰正であります。  本日はまず質問のお時間をいただいたこと、委員長始め理事の皆様に感謝を申し上げたいと思います。  また、質問に先立ちまして、本年広島で起きた豪雨災害だけでなく、多くの地域で今年も自然災害が発生し、多くの命が奪われました。亡くなられた皆様の御冥福を心よりお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げ、質問を始めさせていただきたいと思います。  まず初めに、これまでの問題点と本改正案の狙いについて大臣に伺います。  まずは、先ほど申し上げました本年八月に発生した土砂災害を受け、今般、土砂災害防止法の改正案が迅速に提出……

第187回国会 災害対策特別委員会 第3号(2014/10/17、23期、自由民主党)

○大野泰正君 自由民主党の大野泰正であります。  今日はこの委員会におきまして質問の時間をいただいたこと、まずは委員長さん、理事さん、本当に皆さん、ありがとうございます。被災県として本当に有り難いことだと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。  まず初めに、本当に、亡くなられた皆様にまずは御冥福をお祈りするとともに、御家族の皆様にお悔やみを申し上げ、そして被災された皆様にお見舞いを申し上げたいと思います。  そういう中で、地元自治体を始め、自衛隊、警察、消防、本当に多くの皆さんがこの捜索に関わっていただき、昨日、知事が苦渋の決断をされましたけれども、本当に厳しい中で皆さんが大変や……

第189回国会 国土交通委員会 第10号(2015/05/14、23期、自由民主党)

○大野泰正君 おはようございます。自由民主党の大野泰正です。どうぞ本日はよろしくお願いいたします。  私は、先ほど森屋先生からも多少聞いていただきましたが、何より安全ということを基本にして今日の質問を進めさせていただきたいと思っています。  昨日も東北で地震がありました。また、ネパールでも余震で亡くなった方もいらっしゃいます。本当に改めてお悔やみを申し上げますとともに、私たちは、今を生きている中でほとんどの人たちが、東日本、また阪神大震災という大きな自然災害、目の当たりにしているはずです。そして、そういう防災、減災、これからみんなでやっていこうという意識の中で、今、東洋ゴムにおいてはこのような……

第189回国会 国土交通委員会 第11号(2015/05/19、23期、自由民主党)

○大野泰正君 おはようございます。今日は、質問のお時間をいただきまして、委員長を始め理事の皆様、誠にありがとうございます。また、大臣を始め皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。  それでは、時間もあれですので早速始めさせていただきます。  ただいま議題となりました地域公共交通の活性化及び再生に関する法律の一部改正ということでありますが、昨年、この地域公共交通の活性化及び再生に関する法律が改正されました。そして、地方公共団体が主体となって公共交通のネットワークを再構築する枠組みができたわけですが、これはコンパクト・プラス・ネットワークという国土のグランドデザインに沿って、地方が、人口減少、少子……

第189回国会 国土交通委員会 第20号(2015/09/03、23期、自由民主党)

○大野泰正君 おはようございます。自由民主党の大野でございます。  今日は、ドローンの法案、これから審議させていただきますが、この時間いただいたことをまず感謝申し上げますとともに、大変暑い夏でありましたが、いまだ口永良部島では全島避難など、本当にお見舞いを申し上げたいと思いますし、この夏、航空機の事故、鉄道のいろんなトラブルなどありました。また、非常に大気が不安定であったり、火山の活動もありますが、そういう自然の現象の中でも、このインフラの大切さ、そういうものを改めて思ったところでありますし、大臣始め、本当に国交省の皆様は枕を高くして眠れる時間がなかったのかなと心配しておりますが、どうか御自愛……

第190回国会 決算委員会 第7号(2016/04/20、23期、自由民主党)

○大野泰正君 まずもって、熊本の震災、本当に一日も早い終息を願っているところではありますが、亡くなられた皆様にまずは御冥福をお祈りするとともに、避難されたり被災されたり、本当に大変な思いをされていると思います。お見舞いを申し上げ、そして、ただ、今は一日も早い終息でありますが、今日の質問においては、特に復興庁の皆様も、本当に東日本はまだ避難されている方も多い中であります。しっかりと質問をさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  それでは、始めさせていただきます。  まず最初に、先日の新聞記事について伺いたいと思います。  四月の六日に会計検査院から本委員会の要請に基づく検査……

第190回国会 国土交通委員会 第3号(2016/03/23、23期、自由民主党)

○大野泰正君 おはようございます。自由民主党の大野泰正であります。  今日はお時間をいただきまして、誠に、理事さんを始め委員長さん、皆さんありがとうございます。また、大臣を始め、本当に皆さんありがとうございます。よろしくお願いしたいと思います。  まず初めに、昨日のベルギーのテロ、本当に許せない、憎むべき犯罪だと思います。五月にサミット、また観光がインバウンド二千万という時代において、本当にこの対策というのは私たちの将来にとって非常に大切なものになってくると思います。より一層気を引き締めていただいて、もう一度見直しをしていただいて、今回のサミットを始め、本当に安心、安全な日本の構築により一層御……

第190回国会 国土交通委員会 第11号(2016/05/12、23期、自由民主党)

○大野泰正君 おはようございます。自由民主党の大野泰正であります。  港湾法の質疑ということでありますが、まずは、本当に、国土交通省、また気象庁、観光庁、保安庁、皆さんが熊本地震に対して大変な御尽力をいただいていることに感謝を申し上げたいと思いますし、今回、初めて非常災害ということがあした公布されるということをお聞きしております。これについては、やっぱり国の関与という中で、特に国交省の関与というのは非常に大きなものがあると思います。どうか復興に向けて皆さん一層の御努力をお願いを申し上げて、質問に入らさせていただきたいと思います。  それでは、港湾法の一部を改正する法案でありますが、まず、旅客施……

第190回国会 政府開発援助等に関する特別委員会 第2号(2016/02/17、23期、自由民主党)

○大野泰正君 座ってやらせていただきます。  第二班の報告書ですが、ちょっと長く書き過ぎましたので途中はしょりますが、お許しいただきたいと思います。  それでは、始めさせていただきます。  ODA調査派遣第二班について御報告させていただきます。  当班は、昨年十二月六日から十二日間、ジブチ共和国、エチオピア連邦民主共和国及びマダガスカル共和国の調査に参りました。ジブチ及びマダガスカルは、ODA調査として初訪問国でありました。  派遣議員は、石田昌宏議員、小川敏夫議員、そして、団長を務めさせていただきました、私、大野泰正の三名であります。  派遣の概要につきましては、お手元に配付されております参……

第190回国会 予算委員会 第16号(2016/03/17、23期、自由民主党)

○大野泰正君 質問の機会をいただきまして、委員長を始め理事の皆様、大変ありがとうございます。また、本日は、広島県内で大きな事故が起こっているということであります。岸田大臣、いろいろ御心配だと思いますが、政府としてしっかりと御対応をいただきたいと思います。  それでは、早速質問に入らせていただきます。  私は、昨年十二月、ODAの調査でアフリカのジブチ、エチオピア、マダガスカルに行ってまいりました。ジブチでは、自衛隊、海上保安庁の大変な御努力で、アデン湾の海賊対策に大きな成果を上げています。また、各地域でJICAや青年海外協力隊、そして各国際機関の日本人職員さんが、日の丸を背負っているという誇り……


24期(2016/07/10〜)

第192回国会 国土交通委員会 第1号(2016/10/18、24期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(大野泰正君) 国土交通大臣政務官を拝命いたしました大野泰正でございます。  増子委員長を始め、理事の皆様そして委員の皆様、御指導のほどをいただきまして、しっかりと努力してまいります。よろしくお願いいたします。  ありがとうございました。

第192回国会 国土交通委員会 第4号(2016/11/10、24期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(大野泰正君) 福岡の陥没事件について御報告させていただきます。  福岡市交通局七隈線につきましては、博多駅前二丁目交差点付近の延伸工事現場において、御存じのとおり、十一月八日午前四時二十分頃、トンネル内の掘削面の一部が崩れ始め、五時頃にはトンネル内で出水が確認されました。そして、五時十五分頃には道路の陥没が発生いたしました。陥没箇所は、午前八時四十分頃には深さ十五メートル、幅約二十七メートル、長さ約三十メートルまで拡大し、陥没した土砂量は約七千立方メートルに達したと聞いております。その後、十四時半頃から陥没箇所の埋め戻し作業が二十四時間体制で行われ、翌九日の十九時四十分頃には地表……

第193回国会 外交防衛委員会 第16号(2017/05/09、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(大野泰正君) お答え申し上げます。  四月二十九日、Jアラート及びエムネットによる緊急情報発信はありませんでしたが、今御指摘のとおり、弾道ミサイルの発射の報道を確認して、東京メトロ、東武鉄道及びJR西日本は運行を抑止し、十分後に運転を再開した事象が発生いたしました。  Jアラート及びエムネットの緊急情報発信に関する仕組みにつきましては、当該事項の所管省庁において、鉄道事業者を含む指定公共機関に対し、これまでも説明会や情報伝達訓練を実施し、周知してきたところであります。今回の北朝鮮ミサイル発射事案を受けて、国土交通省としても、改めてJアラート及びエムネットの情報発信の仕組み等につい……

第193回国会 外交防衛委員会 第17号(2017/05/11、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(大野泰正君) お答え申し上げます。  大変大きな問題でございまして、今委員言われたとおり、日本企業の定期便ではとても対応できる状況にはありません。その上でしっかりとした対応をしていくためにも、現在政府の下で国交省も一緒になって検討させていただいております。当然国交省から各企業に対して要請をしていくわけではございますが、その点に当たりましては、チャーター便はもとより、機材の変更、そして船舶においては救命胴衣を多く積むことによって定員の変更ができますので、その点も含め今しっかり政府の下で検討し、対応できる状況をつくっているところであります。

第193回国会 国土交通委員会 第3号(2017/03/22、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(大野泰正君) お答えさせていただきます。  今委員から御指摘がございました一宮西港道路、この三月議会において両県議会でも非常に大きな関心を持って取り上げられたと伺っております。また、効果については、ほとんどお答えするまでもなく委員の方から御紹介がございましたけれども、とにかくこの道路につきまして、先ほど委員が言われました、陸海空を結ぶということがあります。本当に港と道路そして空港を結ぶということは、経済にとってもいろんな意味で非常に大きな力になることは皆さんも御存じのとおりだと思います。  御指摘のとおり、この道路は、名古屋港また中部国際空港を拠点とする中部広域圏を大変渋滞する名……

第193回国会 国土交通委員会 第7号(2017/04/11、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(大野泰正君) 船員の労働災害については、漁船や内航船を中心に、高波や強風による船体の揺れなどに起因した転倒事故が多く発生しております。これは陸上に比べ災害が確かに多いように思えますが、二〇一一年度で具体的数字を言いますと七百七人の方、そして二〇一五年度で六百六人の方であります。二〇一一年度に比べて二〇一五年度では一四・三%減少しているのが現状でございます。  このため、このようなことがなくなりますように、五年ごとに船員災害防止基本計画を策定するとともに、毎年その具体的な方針を定める実施計画を策定しております。  具体的には、毎年九月の船員労働安全衛生月間を中心に、各地方運輸局によ……

第193回国会 国土交通委員会 第18号(2017/05/30、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(大野泰正君) お答え申し上げます。  今先生御指摘のとおり、平成二十四年の笹子トンネル事故の教訓を生かしまして、橋梁やトンネルなどの道路構造物につきましては、平成二十五年度に必要な法令改正を行い、平成二十六年七月より、地方公共団体が管理する部分を含め、国が定める統一的な基準により、先ほど御紹介いただきましたが、五年に一度の頻度で近接目視の点検を行ってきているところであります。  現状、平成二十七年度末まで約二年間たったわけでありますが、橋梁、トンネル、それぞれ約三割について点検が完了しており、地方公共団体が管理する部分を含め、点検につきましては計画どおり進捗しております。  また……

第193回国会 国土交通委員会 第19号(2017/06/01、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(大野泰正君) お答え申し上げます。  今般の改正では、クルーズ船社と港湾管理者が協定を締結することにより係留施設の優先的な使用を認めることとしており、その中で既存の利用者等に悪影響が及ぶことがないよう、法律で所要の措置を規定しております。  先ほど来、局長からもお答えさせていただきましたが、具体的には、港湾管理者による関係者への協定の縦覧を義務化するとともに、関係者は意見を提出することができることとしており、恣意的な運用を排除できるものとなっております。さらに、クルーズ船社に対しては、旅客ターミナルビルを整備させる等、それを一般に供用する義務を負わせることとしております。  国土……

第196回国会 文教科学委員会 第10号(2018/05/22、24期、自由民主党・こころ)【議会役職】

○理事(大野泰正君) どなたを指名されますか。

第196回国会 文教科学委員会 第14号(2018/06/07、24期、自由民主党・こころ)【議会役職】

○理事(大野泰正君) 後刻理事会において協議いたします。

第196回国会 文教科学委員会 第15号(2018/06/12、24期、自由民主党・こころ)

○大野泰正君 私は、ただいま可決されましたスポーツ基本法の一部を改正する法律案に対し、自由民主党・こころ、公明党、国民民主党・新緑風会、立憲民主党・民友会、日本維新の会、希望の会(自由・社民)及び希望の党の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     スポーツ基本法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会を好機とし、スポーツを通じた共生社会の実現を図る観点からは、障害の有無にかかわらず、誰もが相互に人格と個性を尊重し支え合う「心のバリアフリー」を推進することが期待されている。   この……

第197回国会 文教科学委員会 第6号(2018/12/06、24期、自由民主党・国民の声)

○大野泰正君 自民党の大野泰正でございます。  今日は、委員長を始め理事の皆さんの御理解をいただきまして質問の時間いただいたことをまずは感謝を申し上げます。また、両大臣、ありがとうございます。  私は、今もお話がありましたが、まず、もう本当に年が明けますとラグビーワールドカップ、そして二〇二〇年のオリンピック、パラリンピックがもう目の前に迫ってまいります。成功に向けて一層の機運の醸成を図ることはもとより、今回のオリンピック、パラリンピックのレガシーとして次の世代への贈物ができるかが問われてきていると思います。  様々な分野でオリンピックレガシーを伝える努力が既にされていると思いますが、私は、こ……

第198回国会 国土交通委員会 第6号(2019/04/11、24期、自由民主党・国民の声)

○大野泰正君 皆さん、おはようございます。  また、委員長始め理事の皆様、本日、この時間をいただけたこと、本当に有り難く思います。どうぞよろしくお願いいたします。  それでは、早速質問に入らせていただきたいと思います。  皆様御存じのとおり、MRJに至る日本の戦後の航空産業、これに対して、本当は御存じだとは思いますが、ちょっと振り返らせていただきたいと思います。  戦後、日本は、GHQによって飛行機の製造、運用はもとより、研究、教育なども行うことが全て禁止されました。戦後の日本は飛行機に関する全てを禁じられた状況でありましたが、一九五二年に、この年、サンフランシスコ講和条約が発効され、日本は正……

第198回国会 文教科学委員会 第13号(2019/06/18、24期、自由民主党・国民の声)

○大野泰正君 委員の今御指摘のとおり、障害の有無にかかわらず、読書を通じて必要な情報や知識を得たり様々な考えに触れられるようにしていくことは極めて重要なことであると考えております。こうした認識の下、本法案では、今委員もおっしゃいましたが、第一条において、障害の有無にかかわらず全ての国民がひとしく読書を通じて文字・活字文化の恵沢を享受することができる社会の実現に寄与することを目的としています。  この目的を達成するために、法案には、国及び地方公共団体に対し、視覚障害者等の読書環境の整備の推進に関する施策の策定及び実施の責務を課すとともに、その講ずべき基本的施策を具体的に規定しております。例えば、……



各種会議発言一覧(参議院)

23期(2013/07/21〜)

第190回国会 国民生活のためのデフレ脱却及び財政再建に関する調査会 第1号(2016/01/04、23期、自由民主党)

○大野泰正君 私は、会長に鴻池祥肇君を推薦することの動議を提出いたします。


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/03

大野泰正[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書