国会議員白書トップ参議院議員堀井巌>委員会発言一覧(全期間)

堀井巌 参議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

堀井巌[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは堀井巌参議院議員の委員会・各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。堀井巌 参議院議員「委員会統計」(全期間)では委員会・各種会議の活動状況や役職経験をまとめています。

■委員会発言一覧  ■各種会議発言一覧

委員会発言一覧(参議院)

23期(2013/07/21〜)

第185回国会 農林水産委員会 第4号(2013/11/14、23期、自由民主党)

○堀井巌君 自由民主党奈良県選挙区選出の初当選の堀井巌でございます。  本日が初めての質問になります。その質問の中で、この再生可能エネルギー法案質疑、参画をさせていただくということで、この法案、非常に思いの深い法案ということで、よろしくお願いをしたいと存じます。  今、農政の方は、TPP交渉、あるいは米の生産調整の見直し、それから農地集積の促進、いろいろこういう節目を迎えている状況でありますが、こういった大事な時期にこの農政に関して議論に参画をさせていただけるのは大変光栄であると同時に、特に地域の声をしっかりと届ける、その役目の責任も痛感をしているところでございます。  質問に入ります前に、一……

第185回国会 農林水産委員会 第6号(2013/12/05、23期、自由民主党)

○堀井巌君 自由民主党、堀井巌でございます。  参考人の皆様には、本当に貴重なお話を賜りまして、誠にありがとうございます。  今回の農地中間管理機構の創設、これは、これまでずっと農政の重要課題だった農地の集積、あるいは担い手への集積ということをこれからしっかりと進めていく上でまさに切り札ともなる法案であると、このような期待を持って、私自身、この質疑に参画をしているわけであります。  同時に、今三人の参考人の皆さんから様々な示唆を伺う中で、改めて、仮にこの法案が成立したとしても、やはりこの運用上の様々な点についてしっかりと工夫をしながら、あるいは考えを持ちながらやっていくことが重要であると、この……

第186回国会 内閣委員会 第8号(2014/04/08、23期、自由民主党)

○堀井巌君 自由民主党の堀井巌でございます。  本日は、内閣委員会にて質問の機会を得られましたことを大変光栄に存じ、感謝を申し上げます。  国家公務員制度改革についてこれまで何度も議論がなされましたが、頓挫をしてまいりました。しかしながら、今般成案がまとめられ、衆議院で可決をされ、今参議院で審議が行われるに至っております。これまでの稲田大臣のリーダーシップ、そして政務三役の皆さん、関係職員の方々の尽力に心から敬意を表したいと思います。非常に重要な問題ですから、これは様々な意見、与野党内、あるいは与党の中、あるいは政府部内でもあったろうと思います。その中での御尽力に心から敬意を表します。  中で……

第186回国会 農林水産委員会 第6号(2014/04/03、23期、自由民主党)

○堀井巌君 おはようございます。自由民主党の堀井巌でございます。  本日は、攻めの農林水産業と言われておりますが、その中にあります林、すなわち森林・林業に絞って質問をさせていただきたいと存じます。  言うまでもなく、我が国は、国土に占める森林面積の割合が三分の二という、まさに森林国であります。地元の話で恐縮でありますが、私の地元、奈良県の森林面積は県土面積の七七%ということでございます。全国的にも有名な吉野杉の産地でもございます。もちろん戦後造林された木も多いわけですけれども、吉野の場合は九十五年生以上の森林も一万三千ヘクタールほど存在をしております。江戸時代から続く樹齢二百年を超えるような立……

第186回国会 農林水産委員会 第11号(2014/05/15、23期、自由民主党)

○堀井巌君 自由民主党の堀井巌でございます。  本日は、この経営安定対策そして多面的機能の促進の法案について、極めて重要な法案についての質疑をさせていただけることを光栄に思いますとともに、また責任を感じているところでございます。  先ほど、舞立委員の方から最後に指摘もありましたけれども、今、日本の将来を考えたときに、特に地域の将来を考えたときに、人口減少、大変厳しい予測が出ているわけであります。そういった中で、地域を支える、そして地域のコミュニティーを支える最も重要なものが農業ではないかというふうに私は考えるところでございます。  そういった中で、総理の方も四十年ぶりの生産調整の見直しだという……

第186回国会 農林水産委員会 第17号(2014/06/17、23期、自由民主党)

○堀井巌君 自由民主党の堀井巌でございます。  時間が二十分と限られておりますので、早速質問に入らせていただきます。私は、今回のこの特定農林水産物等の名称の保護に関する法律案について、改めて基本的な事柄をまずお伺いしてみたいというふうに思います。  今の質疑にもありましたですけれども、今回のこの法律案、地域の一定の品質を保持する農林水産物・食品をブランド化する、更にその価値を高めていくということで、これは地域の、特に生産者の方の期待は大変大きいと私もひしひしと感じております。また、それは消費者利益にもつながるものというふうに期待をいたしております。  いま一度、今回のこの制度を導入することによ……

第187回国会 予算委員会 第2号(2014/10/08、23期、自由民主党)

○堀井巌君 おはようございます。自由民主党の堀井巌でございます。  本日、予算委員会での御質問、機会をいただきまして、諸先輩、そして同僚の方々に感謝を申し上げます。  まず冒頭、先日発生いたしました御嶽山の噴火によりまして尊い命を失われた方々に心から哀悼の意を表しますとともに、被害に遭われた方々に心からお見舞いを申し上げます。また、救助活動、そして捜索活動に厳しい環境の下で日夜尽力しておられます消防、警察、自衛隊の方々に心から敬意を表したいと存じます。  それでは、早速質問に入らせていただきます。  まず、昨晩、大変うれしいニュースが飛び込んでまいりました。日本人三名の方がノーベル物理学賞を受……

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第17号(2015/09/08、23期、自由民主党)

○堀井巌君 自由民主党の堀井巌でございます。  本日は、質問の機会をいただきまして、同僚、先輩諸氏の皆様に感謝を申し上げます。  私は、特に、今我が国が置かれている国際環境、安全保障環境の変化についての関心を有しておりまして、その観点から、まずは宮家参考人に幾つかお伺いをいたしたいと思います。  その前に、まず、今日は、四人の参考人の皆様には本当に貴重な意見を御陳述いただきましたことを、まずもって私からも感謝と敬意を表させていただきたいと思います。  それでは、質問に入らせていただきます。  まず、宮家参考人に中国について伺いたいと思います。  先週の三日にも、さっき話にも出ておりましたが、中……

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第21号(2015/09/17、23期、自由民主党)

○堀井巌君 自由民主党の堀井巌でございます。  まずは、本日は四人の公述人の皆様におかれましては、御多忙のところ貴重な御意見を賜りましたことを、心から敬意と感謝を申し上げます。  時間が限られておりますので、本日は、私の方は主に伊藤公述人に対し質問をさせていただきたいと思います。  まず一点目でございますが、安全保障環境がどのように我が国は変化してきたのかということでございます。  これまでの国会での質疑におきましても、これは政府の方の説明の中でも、例えば北朝鮮において弾道ミサイルが開発されて、日本を射程に収める弾道ミサイルが数百発もう今配備されている、また、その先端部に載せられる核の小型化に……

第189回国会 農林水産委員会 閉会後第1号(2015/12/09、23期、自由民主党)

○堀井巌君 おはようございます。自由民主党の堀井巌でございます。  まず、改めまして、森山大臣そして伊東副大臣、御就任誠におめでとうございます。また、佐藤政務官におかれましては、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。  大臣、副大臣、御就任後初めての参議院での質疑、トップバッターを務めさせていただくことを大変光栄に存じます。  TPP協定に関する質問に入る前に一言お礼と質問を申し上げたいと思います。  森山大臣におかれましては、去る十二月の六日と七日、御多忙のところ、二日間にわたりまして私の地元奈良県にお入りいただきまして、農林業の現場を御視察されました。農林業従事者、それからまた地元自治……

第189回国会 農林水産委員会 第5号(2015/04/14、23期、自由民主党)

○堀井巌君 おはようございます。自由民主党の堀井巌でございます。  本日は、食料・農業・農村基本計画に関する件につきまして主に質疑をさせていただきたいというふうに存じます。  自由民主党の方からは、私と、また同僚議員でございます古賀委員、そして舞立委員、三名とも総務省の出身でございます。みんな、これまで公務員時代は、地方の発展のために、特に農山村の発展のためにという思いで共通して仕事をしてきた者でございます。同期の委員でございますが、総務省ではたまたま先輩、後輩の間柄でございましたので、時間配分につきましては後輩のお二人に御配慮いただきまして、私、持ち時間五十分ということでさせていただきます。……

第189回国会 農林水産委員会 第8号(2015/05/19、23期、自由民主党)

○堀井巌君 自由民主党の堀井巌でございます。  本日、このような貴重な質問の機会をいただきましたことを、同僚の議員、先輩諸氏に深く感謝を申し上げます。  それでは早速質問に入らせていただきます。  まず、TPPについてお伺いをいたします。西村副大臣、今日はお見えいただいておりますが、五月上旬、ワシントン、米国に出張されまして、その折に、特にTPPの交渉の状況について、アメリカの連邦議会への開示等々の状況も踏まえながら、日本でもどのようにすればいいかというようなことについて御発言をされまして、最終的な政府としての方針をお決めになられたと、このように承知をしておりますが、ちょっとその辺の事実関係に……

第189回国会 農林水産委員会 第15号(2015/08/18、23期、自由民主党)

○堀井巌君 ありがとうございます。自由民主党の堀井巌と申します。  四人の公述人の皆様には、貴重なお話、誠にありがとうございました。  私も、それぞれの方からの貴重なお話に思いを共有しながら、お話を聞かせていただきました。  また、本日午前中、JA福光さんの方にお邪魔をいたしましていろいろとお話をお伺いをいたしました。道中、非常に果てしなくというんでしょうか、広がる水田風景、本当に息をのむような風景が広がっておりました。私の地元は奈良県でございますが、あれだけ広々とした水田風景なかなかありませんので、今日は本当にその点でも感銘を受けました。  また、それにも増して、JA福光におかれては、地域の……

第190回国会 外交防衛委員会 第7号(2016/03/23、23期、自由民主党)

○堀井巌君 自由民主党の堀井巌でございます。  参議院のこの外交防衛委員会で初めて質問をさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。  まず冒頭、通告しておりませんが、外務大臣にお伺いしたいと思います。  昨日、日本時間の午後、ベルギー・ブリュッセルで連続テロが発生いたしました。報道によりますと三十人超の方が亡くなられたということで、大変懸念をしております。邦人の安否も大変心配をいたします。現在把握されている状況、そして邦人の状況等について教えていただければと存じます。
【次の発言】 ありがとうございました。  本当にこういう卑劣なテロは絶対に許されるものではありません。国際社会とと……

第190回国会 外交防衛委員会 第18号(2016/05/19、23期、自由民主党)

○堀井巌君 自由民主党の堀井巌でございます。  早速質問に入らせていただきます。まず初めに、外務大臣に今回の米国オバマ大統領の広島訪問についてお伺いをしたいと思います。  戦後、現職のアメリカの大統領が被爆地を訪問される、初めてのことであります。本当にまさに歴史的な訪問だと受け止めております。この報道に接しましたときに、今回、改めて被爆地広島、長崎の原爆犠牲者のことを、その痛みを思い起こしたところであります。また、今回の訪問が核兵器廃絶に向けた大きな一歩となることを心から期待するものであります。また同時に、私は、この今回の訪問、日米の両国民が受け入れていることに感慨を覚えます。日米の関係が深く……


24期(2016/07/10〜)

第193回国会 外交防衛委員会 閉会後第1号(2017/08/10、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(堀井巌君) この度、外務大臣政務官を拝命いたしました堀井巌でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。  日米地位協定についてでございます。今、小野寺大臣からも答弁ございましたように、様々な意見があることは承知をいたしておりますが、この日米地位協定は合意議事録などを含んだ大きな法的な枠組みでございます。このため、政府といたしましては、先ほど小野寺大臣からの御答弁にもありましたように、手当てすべき事項の性格に応じて効果的にかつ機敏に対応できる最も適切な取組を通じ、一つ一つの具体的な問題に対応してきているところであり、引き続きそのような取組を積み上げることにより、日米協定のあるべ……

第193回国会 外交防衛委員会 第4号(2017/03/09、24期、自由民主党・こころ)

○堀井巌君 自由民主党の堀井巌でございます。  本日は、発言の機会をいただきました同僚議員の皆様に心より感謝を申し上げます。  時間がありませんので、早速質問に入らせていただきます。まずは防衛大臣にお伺いをしたいと思います。  御案内のとおり、去る三月六日午前に北朝鮮が四発の弾道ミサイルを発射いたしました。うち三発は日本の排他的経済水域内に落下したと推定をされています。また、本日の午前の菅官房長官の記者会見では、このうち一発は能登半島沖二百キロに落下したものと。まさに我が国の領土、本土に最も近づいた地点に今回初めて落下したということで、これ本当に重大な脅威であるというふうに考えています。  ま……

第193回国会 外交防衛委員会 第18号(2017/05/16、24期、自由民主党・こころ)

○堀井巌君 おはようございます。自由民主党の堀井巌でございます。  早速質問に入らせていただきます。  まず、北朝鮮情勢であります。  一昨日の早朝、北朝鮮が新型の弾道ミサイルを発射いたしました。高高度に達するいわゆるロフテッド軌道と言われるミサイルの発射であります。断じて容認できないものであります。我が国の安全保障にとって深刻な脅威だというふうに感じております。今こそアメリカを始めとする同盟国と更に連携を強化しながら、しっかりとした体制を取っていく必要があると改めて感じているところでございます。  そのような中で、ゴールデンウイーク中に、ここにおられます藤田幸久委員と御一緒させていただきまし……

第193回国会 外交防衛委員会 第20号(2017/05/23、24期、自由民主党・こころ)【議会役職】

○理事(堀井巌君) お願いします。お続けください。

第193回国会 外交防衛委員会 第25号(2017/06/08、24期、自由民主党・こころ)

○堀井巌君 おはようございます。自由民主党の堀井巌でございます。  今朝、北朝鮮が複数の飛翔体を発射したというニュースに接しました。北朝鮮の行動というのは、我が国の平和と安全に重大な影響を及ぼすものであります。岸田大臣ほか政府関係の皆様におかれては、引き続きしっかりと注視していただくよう要望を申し上げます。  また、最近、英国などにおいてテロ事件が頻発をしております。大変卑劣な行為であり、強く非難をするものであります。そのような中にあって、やはり在外に居住あるいは滞在をする邦人の方々の安全確保、この点にも是非とも万全を期していただきますよう要望を申し上げます。  それでは、質問に入らせていただ……

第193回国会 政府開発援助等に関する特別委員会 第2号(2017/03/21、24期、自由民主党・こころ)

○堀井巌君 おはようございます。自由民主党の堀井巌でございます。  私は、去る一月に本ODAの特別委員会の調査として、ここにもおられますが佐藤正久委員を団長に、民進党、杉尾秀哉議員とともに三名でアンゴラ、南アフリカ、マラウイ、モーリシャスの四か国を訪問いたしました。野村委員長を始め委員各位の御理解に心より感謝を申し上げます。また、調査実施に当たりましては、現地のJICAの皆さん、それから在外公館の方々、多くの民間企業の方々、そして参議院の事務局の皆さんに多大なる御助力をいただきました。ここに厚く感謝を申し上げます。  私は、今回、ODAの現場をアフリカ諸国で見て強く思ったことが二点ございます。……

第193回国会 政府開発援助等に関する特別委員会 第3号(2017/05/10、24期、自由民主党・こころ)

○堀井巌君 自由民主党の堀井巌です。発言の機会をありがとうございます。  二点質問をさせていただきます。  私は、佐藤団長と一緒にアフリカ諸国を訪問いたしました。  一点目は、量的充実の必要性ということでございます。これは前回の特別委員会でも外務大臣にもお尋ねさせていただきました。  確かに、日本のODAは本当にすばらしい形で現地の方々に信頼をされ、受け入れられていました。まさに、質の高いインフラ、質の高いODA、そのような供与が行われていることを私は誇らしく感じましたし、実施に当たっておられるJICAの皆さん、現地の様々な関係の日系企業の皆さん、大使館の皆さんに心から敬意を表したいというふう……

第195回国会 外交防衛委員会 第1号(2017/11/30、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(堀井巌君) 外務大臣政務官を拝命いたしました堀井巌でございます。  担当地域であるアジア大洋州、南部アジア諸国については、懸案を適切に処理しつつ、関係強化に努めます。また、戦略的対外発信や文化外交を積極的に推進するとともに、ODAの戦略的活用、地球規模の課題の解決にも真摯に取り組みます。  特に、北朝鮮の核・ミサイル開発は国際社会全体に対するこれまでにない重大かつ差し迫った脅威です。河野外務大臣、佐藤副大臣、中根副大臣を補佐し、与えられた職務を地道に全力で取り組みます。  なお、三人の政務官の中で、私が特に本委員会を担当することとなっております。  三宅委員長を始め、理事、委員各……

第195回国会 外交防衛委員会 第2号(2017/12/05、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(堀井巌君) 杉委員にお答え申し上げます。  委員も今御紹介いただきましたように、対日理解促進交流プログラムでございますJENESYS二〇一七の枠組みにおいて、本年十月十日から十七日までASEAN十か国及び東ティモールから青少年及び引率者など百五十名を超える皆さんに訪日いただき、日・ASEAN青少年スポーツ交流、ラグビーによる交流を行ったところでございます。  本交流においては、日本の高校生と各国の青少年が友好を深めるとともに、ラグビーワールドカップ二〇一九に向けた日本国内での機運などについても理解を深めていただくことができたと存じております。私自身も青少年、関係者に直接お会いをし……

第196回国会 外交防衛委員会 第15号(2018/05/17、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(堀井巌君) お答えいたします。  我が国は、相手国との経済関係、我が国経済界からの要望、条約の締結、改正から生じ得る効果などの観点を踏まえ、各経済関連条約を締結してきております。  例えば、経済関係が緊密な国との間において早い段階で租税条約を締結しておりまして、そのネットワークは我が国からの対外直接投資先の約九九%を既にカバーいたしております。また、投資協定でいいますと、我が国は現在二十四本の投資関連協定の交渉を進めておりますが、これらの協定も仮に発効いたしますと、九十二の国・地域、日本の対外直接投資の約九三%をカバーすることになります。  したがいまして、実質面に鑑みますと、我……

第196回国会 内閣委員会 第22号(2018/06/28、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(堀井巌君) お答え申し上げます。  委員御案内のとおり、先般、米国商務省が自動車及び自動車部品の輸入に関し、通商拡大法第二百三十二条に基づく調査を開始したところでございます。具体的な措置が決定されるか否かについての見通しを含めて、現時点において予断を持ってコメントすることは差し控えたいと存じます。  いずれにせよ、ルールに基づく多角的貿易体制を重視する我が国としては、いかなる貿易上の措置もWTO協定と整合的であるべきと考えておりまして、今後も日本に悪影響が生じることのないよう動向を注視し、適切に対処してまいりたいと存じます。

第196回国会 農林水産委員会 第3号(2018/03/20、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(堀井巌君) 国家管轄権外区域、すなわち国連海洋法条約上の公海及び深海底でありますが、こちらの区域の海洋生物多様性、これ英語で、今委員が御指摘どおりBBNJと一般的に略称されておりますが、その保全及び持続可能な利用に関する新協定の作成について本年九月から政府間会議、これもIGCと呼ばれておりますが、が第一回会合が本年九月に開催されて本格的な交渉が行われるという今予定になっております。  我が国は海洋先進国として、これまで海における法の支配の維持及び発展、我が国の利益の適切な反映などの観点から、このBBNJの準備委員会における議論などにおいて新協定作成の議論に積極的に参加をしてまいり……

第198回国会 外交防衛委員会 第4号(2019/03/19、24期、自由民主党・国民の声)

○堀井巌君 自由民主党の堀井巌でございます。  本日は質疑の機会をいただきましたことを、先輩、同僚諸氏に感謝を申し上げます。  法案審査の前に、まず今日は、MFOへの派遣について伺いたいと思います。  一九八二年より、エジプト・シナイ半島で国連PKOに代わるものとして平和維持活動を実施する機関、国際機関であります多国籍部隊・監視団、いわゆるMFOと呼ばれているものへの司令部の要員派遣につきまして、岩屋大臣は、先月二十八日に派遣準備の指示をされたというふうに伺っております。また、先般、鈴木政務官も、実際に現地に足を運んで実情、現状を確認をされたというふうに承知をいたしております。  このMFOへ……

第198回国会 議院運営委員会 第23号(2019/06/03、24期、自由民主党・国民の声)

○委員以外の議員(堀井巌君) 今回の法案におきましては、定数増による経費増大分も含めた参議院の経費の節減効果が継続的に確保されることとなるよう、附則第十六項におきまして、自主返納の金額について月額七万七千円を目安とするものとすると規定するとともに、改正法附則第三項においても、自主返納について参議院全体として取り組むよう努める旨を規定したところでございます。  このような規定の趣旨を踏まえて、法案提出会派を中心に会派として自主返納に取り組むことなども想定をされ、多くの参議院議員の方々が自主返納を行うことで定数増による経費増大分の相当部分がカバーされるのではないかというふうに考えております。  さ……

第198回国会 予算委員会 第3号(2019/03/04、24期、自由民主党・国民の声)

○堀井巌君 自由民主党の堀井巌です。  本日は貴重な質問の機会をいただきまして、先輩諸氏、また同僚諸氏に感謝を申し上げます。  まず冒頭、児童虐待問題について一言申し上げます。  今日は、ちょっとラジオでお聞きの方には大変恐縮なんですけれども、私の今右胸にオレンジリボンのバッジを付けております。これは、今から十五年前の二〇〇四年、栃木県小山市で三歳と四歳になる二人の兄弟が父親の友人から再三にわたって暴行を受け、橋の上から川に投げ込まれて幼い命を奪われるという痛ましい事件をきっかけに児童虐待を防止していこうという運動が始まりました。その運動に使われているものでございます。  昨年三月にも、東京都……


25期(2019/07/21〜)

第201回国会 総務委員会 第10号(2020/03/31、25期、自由民主党・国民の声)

○堀井巌君 自由民主党の堀井巌でございます。  本日は、貴重な質問の機会をいただきました。先輩、同僚諸氏に心より感謝を申し上げます。時間が限られておりますので、早速質問に入らせていただきます。  まず、中国武漢で発生をしました新型コロナウイルスの世界的な拡大に伴いまして、東京二〇二〇年オリンピック・パラリンピックが延期となりました。昨日、また本日も出ておりますけど、報道によりますと、オリンピックについては来年の七月二十三日、そしてパラリンピックについては八月二十四日に開会されるというふうな報道も出ておるところでございます。  令和二年度のNHK予算案には、オリンピック、パラリンピック対応の経費……



各種会議発言一覧(参議院)

23期(2013/07/21〜)

第185回国会 国の統治機構に関する調査会 第2号(2013/11/27、23期、自由民主党)

○堀井巌君 自由民主党の堀井巌でございます。よろしくお願い申し上げます。  私は、役所の出身者ということで、少し視点が違うかもしれませんが、これまで役所勤めをしていた中での感想と、そして質問についてお二方にお願いをしたいと思います。  私は、ちょっとこれは逆説的であるかもしれませんが、これまで例えば政と官の関係で官僚主導、これは問題だ、確かに官僚主導だったという側面でそれを語ればそうだろうという側面も多々ありますけれども、そういう前提で物を考える、そのことに疑問を持たずに物事を考えることから一旦離れることが必要ではないかというふうに思っております。  自分自身がずっと官僚の世界で仕事をしてまい……

第186回国会 国の統治機構に関する調査会 第1号(2014/02/19、23期、自由民主党)

○堀井巌君 自由民主党、堀井巌でございます。  本日は、本当に貴重な機会をありがとうございます。  私自身も旧自治省で勤務をいたしておりました。また、生まれ年が一九六五年、昭和四十年ということで、野中先生の四十年後に生まれた者でございます。是非とも、今日いろいろ御示唆いただきましたけれども、また質問にお答えいただく形で、この若い駆け出しの議員に対しまして貴重な御示唆を賜りたいと、このように存じております。  まず、先ほどお話ございましたが、とにかく日本という国を戦争に、再び惨禍に陥らせない、平和を希求していく、このことが私自身も議会人の一人として最大の責務であるということを改めて痛感をいたしま……

第186回国会 国の統治機構に関する調査会 第2号(2014/04/02、23期、自由民主党)

○堀井巌君 自由民主党の堀井巌でございます。  質問の貴重な機会をいただきましてありがとうございます。  私は昭和六十三年に参考人と同じく自治省という役所に入省いたしましたが、もうその当時、参考人におかれては、官僚組織のトップであるとも言える内閣官房副長官を務めておられました。私にとっては非常に雲の上の存在の石原参考人にこのような国会の場で御質問をさせていただきまして、そして、けいがいに接することができることを大変光栄に存じます。よろしくお願いいたします。  私の方からは内閣人事局の件について御質問させていただきたいと思います。  参議院に本日付託されて、趣旨説明、質疑が本会議でも行われており……

第186回国会 国の統治機構に関する調査会 第4号(2014/05/14、23期、自由民主党)

○堀井巌君 恐れ入ります。自由民主党の堀井巌でございます。  三人の参考人の方々には、それぞれ貴重な御所見を賜りまして誠にありがとうございました。時間が限られておりますので、早速質問をさせていただきたいと思います。  まず初めに、牧原参考人に質問をさせていただきたいと存じます。  これからの行政改革の方向性として、全面的な改革ではなく、課題に合わせて公共部門の諸機関が緩やかに連携していくべきという御指摘でございましたが、私も、拙い経験ではありますが、公務員の世界に身を置いていた者として、また、僅かな期間ですが内閣官房で仕事をしていた者として、率直に共感をしながら伺ったところでございます。  御……

第186回国会 国の統治機構に関する調査会 第5号(2014/05/21、23期、自由民主党)

○堀井巌君 御発言の機会をいただきましてありがとうございます。  今回、「議院内閣制における内閣の在り方」ということで様々な知見を得ることができましたが、特にその中で感じましたのは、今お話もありましたように、参議院というものの役割ということについて特に深く考えることがございました。  やはり議院内閣制の下では、衆議院の場合はどうしても、これは多数派を構成した党がやはり内閣を支えるという、そのような役割をどうしても担いますので、やはりこの参議院というものが改めて、これは二院制ということで、衆議院で審議したものをもう一度参議院で第二院として審議をするという役割も、もちろんその重要性は変わるところは……

第186回国会 予算委員会公聴会 第1号(2014/03/13、23期、自由民主党)

○堀井巌君 自由民主党の堀井巌でございます。  公述人のお二方には貴重な御所見を賜りまして、誠にありがとうございます。  今お二方からの御所見をお伺いをしておりまして、まず、我が国をめぐる、特にこの東アジア情勢を鑑みたときの安全保障環境の厳しさということをまずもって痛感をしたわけでございます。そして、それらの中で我が国が戦後培ってきましたこの平和主義というもの、これを更に国内外において信頼と理解を高める中で、いかに国民の生命そして安全を守っていくのかということが今政府として大変問われているというふうに感じたところでございます。  そういった中で、先ほど来出ております集団的自衛権というものの在り……

第189回国会 国の統治機構に関する調査会 第3号(2015/04/22、23期、自由民主党)

○堀井巌君 発言の機会をいただきましてありがとうございます。自由民主党の堀井巌でございます。  お二人の参考人の方々には貴重な御示唆、御所見を賜りまして誠にありがとうございます。  まず、井戸参考人にお伺いをしたいと存じます。  これまで、私も総務省の、自治省の後輩でもございまして、井戸参考人が私の大先輩でございまして、これまでの地方分権、ずっと取り組んでこられて、また、関西広域連合の長として今は御活躍されておられる、心から敬意を表したいと存じます。  私の質問は、地方分権の今後、どういうテーマが中心になっていくかということでございますが、これまでは例えば機関委任事務の廃止等々、大きな成果が上……

第190回国会 国の統治機構に関する調査会 第2号(2016/02/17、23期、自由民主党)

○堀井巌君 質問の機会をありがとうございます。自由民主党の堀井巌でございます。  岩崎参考人、日野参考人におかれましては、貴重な御所見を賜りましてありがとうございます。  まず、岩崎参考人にお伺いをしたいと存じます。  参議院の第二院の在り方を考える上でこの地域代表原則というものについて触れておられましたが、私も、全く今の日本における参議院の在り方を考える上でこの地域代表原則というのは極めて重要ではないかというふうな思いで聞いておりました。  また、地域代表原則というのは、実は今、現行憲法の下でも、戦後、参議院ができてから長きにわたって、国民の中でも、特に地方区、選挙区の選挙制度を通じて、一定……

第190回国会 予算委員会公聴会 第1号(2016/03/10、23期、自由民主党)

○堀井巌君 おはようございます。自由民主党の堀井巌でございます。  本日は、林公述人そして加藤公述人におかれましては、貴重な御所見を賜りまして本当にありがとうございます。  それでは、質問をさせていただきますその前にお話の感想を申し上げて、質問をさせていただきたいと存じます。  まず、林公述人のお話の中で、いわゆる今の日本経済を取り巻く世界経済の現状についての御所見がありました。この資料でいえば、四ページにありますような米国の景気減速、そしてまた中国経済の失速、また原油安と、様々なこの日本経済を取り巻く大きな世界の課題があるということも改めて認識をしたところでございます。そういった中で、こうい……


24期(2016/07/10〜)

第198回国会 国際経済・外交に関する調査会 第3号(2019/04/17、24期、自由民主党・国民の声)【議会役職】

○理事(堀井巌君) それでは、まず、北岡参考人。
【次の発言】 「アジア太平洋における平和の実現、地域協力及び日本外交の在り方」ということで、三年間にわたり調査が行われました。五つの課題が取り上げられております。本年度は二つでありますが、この五つの課題について、これまでの質疑の成果も踏まえながら意見を述べさせていただきます。  まず、「外交能力及び戦略を向上させるための取組の課題」でございますが、まず一点目として、政府の外交実施体制の強化が重要と考えます。在外公館の数については、G7主要国や中国と比べればまだまだ日本は低い水準にあります。増設強化に取り組むべきであると考えます。  二点目に、O……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/03

堀井巌[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書