国会議員白書トップ参議院議員平山佐知子>委員会発言一覧(全期間)

平山佐知子 参議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

平山佐知子[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは平山佐知子参議院議員の委員会・各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。平山佐知子 参議院議員「委員会統計」(全期間)では委員会・各種会議の活動状況や役職経験をまとめています。

■委員会発言一覧  ■各種会議発言一覧

委員会発言一覧(参議院)

24期(2016/07/10〜)

第192回国会 経済産業委員会 第2号(2016/10/20、24期、民進党・新緑風会)

○平山佐知子君 民進党・新緑風会の平山佐知子でございます。  今年七月の参議院選挙で静岡選挙区から、岩井先生と同じですけれども、静岡選挙区から今回初当選をさせていただきました。静岡県の地域の地元の皆様の声もしっかりと届けてまいりたいと思いますので、世耕大臣始め政府の皆様、そして小林委員長、先輩議員の皆様方、どうぞよろしくお願いいたします。  さて、皆様御存じのとおり、資源に乏しい我が国にとって、エネルギー政策はこの国の存亡にも関わる大変重要な課題であることは歴史上にも証明されているところであります。とりわけ、原子力政策については、二〇一一年三月に起きた東日本大震災によって多くの変革を余儀なくさ……

第192回国会 経済産業委員会 第6号(2016/12/01、24期、民進党・新緑風会)

○平山佐知子君 民進党・新緑風会の平山佐知子でございます。  先ほど礒崎さんの方から、このカード取引の大変複雑な形態、それから調査義務などについて質問がありましたけれども、私は、クレジットカードを使う側、消費者の目線で、様々不安に思っていることなどをまた質問をさせていただきたいと思っております。  まず、カード発行会社に対する規制、特にカード発行会社から加盟店契約会社への苦情伝達、苦情処理について最初にお伺いしたいと思います。  消費者の苦情、私たちがもし何かあった場合は、まずはカードの発行会社に電話したり、そちらに届くことになると思います。オフアス取引におきましては、まずはそのカード発行会社……

第193回国会 経済産業委員会 第3号(2017/03/09、24期、民進党・新緑風会)

○平山佐知子君 民進党・新緑風会の平山佐知子でございます。  まずは、通告はしていないんですけれども、やはり本題に入る前に、今国民の皆様が最も関心の高いというか、思っているものがありますので、森友問題について、一つお尋ねをしたいと思います。  昨日、衆議院の経済産業委員会で、安倍首相の昭恵夫人が森友学園が運営する塚本幼稚園を訪れた際に、経済産業省から官邸に出向されている二人が公務として同行されたということでした。  昭恵夫人が私的に行動されていることに国民の血税で歳費を支払われている国家公務員が随行するというのはやっぱりおかしいんじゃないでしょうか。この出張費は昭恵夫人が私費で負担をされたとい……

第193回国会 経済産業委員会 第7号(2017/04/25、24期、民進党・新緑風会)

○平山佐知子君 よろしくお願いします。民進党・新緑風会の平山佐知子です。  先日は、委員の皆様方と福島第一原子力発電所を視察に行かせていただきました。改めて感謝を申し上げたいと思います。  そして、駅からバスで現地に向かったわけですが、先ほど青山委員のお話からもありましたように、最初は満開の桜を見ながら、いや、美しいなと車窓を楽しんでいたんですが、現地に近づくにつれ、やはり人がいない、全くいなくなった異様な雰囲気、あの美しい桜の風景を見た後だっただけに、その異様さが際立って、大変強く印象に残りました。改めて、この東日本大震災から六年がたった今もなお、生まれ育ったふるさとに帰ることができない人た……

第193回国会 経済産業委員会 第13号(2017/05/25、24期、民進党・新緑風会)

○平山佐知子君 よろしくお願いいたします。民進党・新緑風会の平山佐知子でございます。  まずは、先日は、おとといですね、委員長を始め理事の皆様、多くの皆様の御配慮で埼玉県への視察に行かせていただきましたこと、誠にありがとうございました。先ほど吉川委員からもありましたけれども、日本にいながら世界一を目指すという突破力とか行動力、驚きましたし、それからまた、地域を牽引していくんだというその力強さとかそういうものを感じて、大変頼もしく、興味深く現場をしっかりと見させていただきました。その視察も踏まえて、今日は地域未来投資促進法案について質問をさせていただきたいと思います。  今回の法案は、平成二十八……

第193回国会 経済産業委員会 第14号(2017/05/30、24期、民進党・新緑風会)

○平山佐知子君 おはようございます。民進党・新緑風会の平山佐知子です。  今日は、中小企業政策、それから地域産業政策を中心にお伺いをしてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。  まず、いつも地元の話で恐縮なんですけれども、私の地元の静岡県ですが、大手、中堅の輸送機器ですとか電機、楽器などのメーカーが本社を置いて、それを支える中小企業や小規模事業者が多数存在する産業集積地でございます。その静岡県は、二〇一五年四月に官民共同で地域企業を支援する産業戦略推進センターのオープンイノベーション静岡を立ち上げました。このセンターの特徴は、中堅企業に着目して集中的に支援をするという点でございます。……

第193回国会 決算委員会 第3号(2017/04/03、24期、民進党・新緑風会)

○平山佐知子君 民進党・新緑風会の平山佐知子です。  まずは、森友問題について経産大臣にお尋ねを申し上げます。  先日の経済産業委員会でお伺いをしたとき、大臣は、確かに安倍昭恵夫人には経済産業省から出向という形で職員が行っていますが、出向した後その二人がやっていることに関しては、内閣官房に聞いていただかないと、経産大臣としてはお答えしかねるとおっしゃっていました。  現在は、その方、経産省に戻ってきておられるということで間違いないでしょうか。
【次の発言】 私は、何も彼女を追い詰めるつもりも批判するつもりもありません。女性で、しかもノンキャリアでいらっしゃって、総理大臣夫人付きという大役を任せ……

第193回国会 決算委員会 第6号(2017/04/24、24期、民進党・新緑風会)

○平山佐知子君 民進党・新緑風会の平山佐知子です。よろしくお願いいたします。  まず初めに、今月十二日の衆議院の厚生労働委員会で、介護保険関連法改正案の審議中に、我が党の柚木議員が、冒頭、森友学園の問題について質問したところ、これ法案審議の内容とは違うということで、与党は介護保険法改正案を強行採決されました。私は、これは議員の質問権の侵害だと思います。  私は昨年当選したばかりの一期生議員でございますけれども、ここにいらっしゃる委員の皆様方は恐らく、国民の声を代弁するんだと、国政に届けるんだという思いでここにいらっしゃると思います。私はまだ総理に直接質問をさせてもらう機会はございませんけれども……

第193回国会 決算委員会 第10号(2017/06/05、24期、民進党・新緑風会)

○平山佐知子君 民進党・新緑風会の平山佐知子です。  冒頭、イギリス・ロンドンで起きたテロ事件に関して心よりお見舞いを申し上げるとともに、こうしたテロ行為は決して許してはならないということを強く抗議を申し上げます。  それでは、加計学園の問題について総理に伺います。  先週の金曜日、新たなメールが出てきました。文科省の専門教育課の担当者名で少なくとも十人以上にメールが送られたというものです。これまで、こうしたメールのほか、様々な文書、それから証言、次々と今出てきています。これ、総理が指示をした、関与したということがもう明らかになっているかと私は思うんですが、改めて、総理、今回の加計学園獣医学部……

第195回国会 国土交通委員会 第2号(2017/12/07、24期、国民の声)

○平山佐知子君 お願いいたします。国民の声の平山佐知子です。  早速質問に移らせていただきます。  大臣は所信の中で、既設ダムを徹底的に活用してダムの再生に取り組むとおっしゃっていましたので、今日はこのダムについて、そして海岸にスポットを当てて質問をさせていただきます。  まず、日本に数あるダムの中で、利水ダムを含めまして、現在国交省で堆砂を把握しているダムは幾つあり、またそのダムの平均的な経過年数と堆砂の割合、これはどのくらいであるのか、お答えをいただきます。
【次の発言】 ありがとうございます。平均で三八%というお答えをいただきました。  ダムの容量には、大体この百年の堆砂容量を見積もって……

第196回国会 決算委員会 第3号(2018/04/23、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。  今日は、再生可能エネルギー、太陽光発電、それからメガソーラーを特に中心に、経済産業省にお話を伺っていきたいというふうに思います。  まずは、皆さんにお配りしております資料一を御覧ください。これは、二〇一五年に発表された長期エネルギーの需給見通しに二〇一七年九月時点の実績を加えたものです。  二〇三〇年の電源構成は、再生エネルギーの比率が二二%から二四%で、このうち太陽光発電は七%程度とされておりまして、これを達成するために必要な設備容量は六千四百万キロワットとなっています。二〇一七年九月時点での太陽光発電の導入量は四千二百三十八万キロワット、エネル……

第196回国会 決算委員会 第5号(2018/05/21、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。  まずは、去年の決算委員会でも質問をさせていただいたんですけれども、トライアル雇用助成金についてお話を伺いたいと思います。  これは、母子家庭の母などに安定した職業に就いてもらおうということで、原則、三か月試行的に雇用する事業主に対して、対象者一人につき月額最大五万円を支給するというものです。  去年の決算委員会では、平成二十七年度の全国での実績が百十七人、全国で百十七人はちょっと少な過ぎるんじゃないかというふうに指摘をさせていただきまして、その際、当時の塩崎大臣からはこのような御答弁をいただきました。少ないという御評価はそれはそれで真摯に受け止めて……

第196回国会 決算委員会 第6号(2018/05/28、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。  今日は文科省に質問をさせていただきます。  平成二十八年の国民生活基礎調査によりますと、日本の子供全体の貧困率は一三・九%、実に七人に一人が貧困という状態にあります。この貧困が、今、地域で見えにくくなっているという問題も私はあるというふうに考えています。  例えば、私が子供の時代なんかは、町内にある子供会にはどの家庭も入っていて、例えばお祭りがあったりとかイベントがあったりすると、どこか公会堂とかに集まって、そこで地域の大人と子供がしっかりとつながっていたということがあったと思うんですが、今ではその子供会にも入らない家庭が増えているというふうに聞い……

第196回国会 決算委員会 第7号(2018/06/04、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。  今日は、去年十月から施行されています改正住宅セーフティーネット法について伺ってまいります。  これは、高齢者や低所得者など住宅確保要配慮者の増加に対応するために、例えば空き家ですとか民間の賃貸住宅を活用していこうと施行されたものです。  今朝、ホームページで確認してみたんですが、現在登録されている住宅ですが、全国で九十件八百十六戸、うち登録数が多いのが大阪府、山梨県、岡山県などです。私の地元の静岡県も調べてみたんですが、二十二戸にとどまっていまして、二十六県については登録数がいまだゼロと、施行から半年以上たってもゼロという数字が出ておりました。  ……

第196回国会 決算委員会 第8号(2018/06/11、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。よろしくお願いいたします。  憲法第二十五条に、全ての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有するとあります。しかし、今、国内を見渡してみますとどうでしょうか、健康で文化的な最低限度の生活が営めていないという人もいらっしゃるというのが現実だというふうに思います。今日は、そういった方々やそのような状況に至るおそれのある方々に対して、現在どのような対策、また支援をされているのかといったことについて伺ってまいりたいと思います。  まずは、ホームレスの問題について質問させていただきます。  ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法、この法において規……

第196回国会 決算委員会 第9号(2018/06/18、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。  私からも、冒頭、今朝大阪で発生した地震によって亡くなられた皆様に心より御冥福を申し上げるとともに、また被災された全ての皆様にお見舞いを申し上げたいと思います。政府には、速やかかつまた細やかな配慮、そして復旧対応、お願いを申し上げます。  それでは、子供の貧困対策について、今日は安倍総理に伺ってまいります。  子どもの貧困対策に関する法律が制定されて、内閣総理大臣を会長とする子どもの貧困対策会議の下で国を挙げてこの問題について進めていただいているということになっています。当然、安倍総理もこの子供の貧困対策に関してはかなり力を入れてくださっていると思い……

第196回国会 国土交通委員会 第2号(2018/03/22、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。よろしくお願いいたします。  まず冒頭、森友学園の決裁文書改ざんの問題について質問させていただきます。  国交省は、五日に、文書の一部が国交省に保存されており、書換え前のものの可能性があると官房副長官に報告されました。そして、財務省に対しては実物の写しを提供したということです。それにもかかわらず、八日には、財務省が参議院の予算委員会理事会に対して改ざん後の文書の写しを提出し、近畿財務局にあるコピーはこれで全てだと発言されています。  国交省から指摘したもう一種類の存在を伏せたという、言わばうそをついたということにもなると思います。もっと言えば、十二日に……

第196回国会 国土交通委員会 第3号(2018/03/23、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。お願いいたします。  まずは、南海トラフ地震の発生確率の上昇を踏まえた予算措置の必要性について伺ってまいります。  平成三十年二月九日、政府の地震調査委員会は、全国の長期評価による地震発生確率値の更新を行いました。皆さん、お手元の資料一を御覧いただきたいと思います。細かい数字が並んでいるんですけれども、活断層で発生する地震の発生確率値を更新前と後で比較して書かれているものです。関東から九州、沖縄地方までの広い範囲で被害が想定される南海トラフ巨大地震について、算定基準日を平成三十年一月一日として再計算が行われた結果、左上から三つ目の枠を御覧いただきたいん……

第196回国会 国土交通委員会 第5号(2018/03/29、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。よろしくお願いいたします。  先ほど来からも議論が進んでおりますけれども、私も、今回の法改正において、とりわけ三十七条関連として無電柱化の質問をさせていただきます。  今回の道路法等改正案では、道路占用制限の対象追加ということで、第三十七条において、幅員が著しく狭い歩道について歩行者の安全かつ円滑な通行の確保を図るために特に必要があると認める場合の文面が追加となりました。この幅員が著しく狭いという基準ですけれども、どのように設定するつもりなのか、また、そのような歩道は国交省として全国に何キロあると認識されているのか、まずは伺います。

第196回国会 国土交通委員会 第6号(2018/04/03、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。お願いいたします。  いつもながら最後の質問ですので、重なる部分があるかと思いますが、確認の意味を込めまして質問をさせていただきたいと思います。  平成二十九年十二月の観光立国推進閣僚会議におきまして、国際観光旅客税の使途に係る基本方針については、訪日外国人旅行者二〇二〇年四千万人などの目標達成に向けまして、ストレスフリーで快適に旅行できる環境の整備など三つの分野に充当することとされています。今回、新税を徴収してまでこの三分野を整備するということなんですが、そこまで緊急を要するものかどうかという点では疑問も少々湧いてきます。  そこで、大臣に伺います。……

第196回国会 国土交通委員会 第7号(2018/04/05、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。早速質問に移らせていただきます。  最近、特に大規模な太陽光発電であるメガソーラーの建設をめぐって様々な問題が起きているということで、今日はその幾つか事例を紹介しながら、国交省としての対応に特化して伺っていきたいというふうに思います。  日本の国土に対する森林面積の割合は六六%、また、日本は国土が狭いため、人が利用可能な土地というのはもう既にその多くが利用されているという状況であります。そうしますと、メガソーラーを建設するためには、今ある森林を伐採して土地を切り開くか、若しくは何とかしてその土地を見付けて利用するしかないということになります。  一方、……

第196回国会 国土交通委員会 第8号(2018/04/10、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。  質問の前に、まずはこの国内の住宅環境を振り返ってみたいと思います。  戦前の日本の住宅といいますと、良い住宅を造って、必要ならば手入れをしながら長く使うという考え方だったと思います。それが戦後になりますと、戦後の住宅不足、さらには、その後の高度経済成長の人口増加に対応するために持家を取得するということを推奨してきました。住宅金融公庫が低利融資を行い、住宅ローン減税の仕組みも設けられて、大量に新築住宅が供給される一方、その質は少し落ちてきてしまった、不十分になってきたように思います。  欧米では住宅環境はどうかというふうに見ますと、新築と中古を合わせ……

第196回国会 国土交通委員会 第10号(2018/04/17、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。質問に入らせていただきます。  本法律案では、まちづくりの担い手としての民間の活用ですとか、そこに暮らす人々、住民参加のまちづくりの公的な位置付けとして都市計画協力団体制度の創設などが盛り込まれるとともに、都市再生推進法人の業務も拡大されます。  一方、経済産業省では、中心市街地にもっと人を呼び込むなど、経済活性化を目指して行う事業計画を認定し支援をしていく特定民間中心市街地経済活力向上事業などの施策があります。この事業の対象者を見ていきますと、民間事業者、まちづくり会社、それから商店街振興組合、商工会議所、NPO法人などということですから、今回の法改……

第196回国会 国土交通委員会 第11号(2018/05/15、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。  まずは、先月、大分県で大規模な土砂災害が発生しました。改めて、お亡くなりになられた方の御冥福をお祈り申し上げるとともに、御遺族の皆様には心からお悔やみを申し上げます。  この災害が発生した場所もそうなんですが、全国には土砂災害警戒区域が指定されています。今、皆様のお手元に配らせていただきました資料一を御覧いただきたいと思います。全国にある土砂災害警戒区域等の指定状況の一覧でございます。実に五十一万か所以上が指定されていることが分かります。  国交省としても、土砂災害防止法に基づいて開発行為の制限など様々な手だてをされているとは思いますが、例えば、法……

第196回国会 国土交通委員会 第12号(2018/05/17、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。  三人の参考人の皆様、貴重な御意見ありがとうございます。  伺いたいことがたくさんありますので早速質問させていただきたいと思いますが、先ほど田中参考人のお話の中で、駅などでは駅員などプロなどによるサポートが必要であり、一般の人に頼るのは問題あるのではないかという御意見がありましたけれども、これは、理由としては何でしょうか、安全面とかそういったことでしょうか。
【次の発言】 ありがとうございます。  やっぱり我々は、いつ声を掛けていいのかなとか迷う人も多いというふうに周りには意見を聞いたりしますので、そんな場合どうしたらいいのかなと、やはりそれも教育な……

第196回国会 国土交通委員会 第14号(2018/05/24、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。  行田委員からも水ビジネスの話がありましたけれども、様々なインフラが現在も海外に輸出されている中で、私も水に特化してお話を伺ってまいりたいというふうに思います。  水道を、蛇口をひねると透明な水が出てきて、そのまま飲むことができるのは私たち日本人にとっては当たり前のことですけれども、一方、海外ではといいますと、なかなかこの水道施設、整っているかといいますと、その国や地域は限られますし、しかも、飲めるといいましても、その国内全域でひとしく安全な水道水を飲むことができるかといえば、そういうふうに言えないという状況の国もいまだ多くあるという現実があります。……

第196回国会 国土交通委員会 第15号(2018/05/29、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。  先週、森友学園との交渉記録が国会に提出されて、今日も午前中から様々な議論が行われたわけですけれども、今回の資料を見ても、例えば不動産鑑定士とのやり取りはなく、値引きの根拠となった撤去費用の算定経緯を示す内容も見当たらないということで、結局、なぜ八億円が値引きされたのか、八億円余りですね、が値引きをされたのか、結局さっぱり分からなかったというのが正直なところでございます。  ただし、ここでそのやり取りを質問してもまた堂々巡りとなってしまいますので、ここではその森友問題を受けて、地元に帰ったときに様々な建設業者の方々とこの話題になったとき御意見もいただ……

第196回国会 国土交通委員会 第16号(2018/05/31、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。  吉原参考人そして嶋津参考人、今日は本当にお忙しい中を、貴重な御意見、ありがとうございました。もう皆様の御質問の中で大体私もお伺いしたいこと出てきているんですけれども、事前に参考人の資料を読ませていただきまして、その中から吉原参考人にお伺いをしたいと思います。  国交省によると、全国四市町村から百地点ずつを選んで登記簿を調べた結果、そこにあったんですが、最後に所有権に関する登記がされた年が五十年以上前のものが全体の一九・八%、そして三十年から四十九年前のものは二六・三%に上っているというデータが記されていました。先ほど行田委員もおっしゃっていたように……

第196回国会 国土交通委員会 第17号(2018/06/05、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。  午前中から様々議論がありましたけれども、本法律案では、大まかに言いますと、所有者不明土地、これをもっと円滑に利用しようと、利用できるようにしようということですとか、また所有者を探索しやすくするということ、それから所有者不明土地の管理についてなどに対応したものだと理解をしております。  一方で、やはり午前中にもありましたけれども、やはり根本的な解決は、新たなこの所有者不明土地をつくらないというふうなことだと思います。登記をしないことが所有者不明土地問題の大きな原因となるということを、先日の参考人質疑の中でも参考人の方から様々御意見もいただきました。 ……

第196回国会 国土交通委員会 第18号(2018/06/07、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。  厚生労働委員会では働き方改革関連法案の審議が始まっていますが、今日、私は、まずはトラック運送事業における働き方改革について伺ってまいりたいと思います。  トラック運送事業ですが、国内貨物輸送の九割以上を担っておりまして、およそ十四兆円の市場規模というふうになっております。しかしながら、荷主に対して弱い立場であるということですとか、規制緩和の影響によって事業者数の増加それから零細化が進んで競争の激化が続くなど、そうしたことからも厳しい現状が見て取れます。  さらに、こうした事業者の競争は、トラック運転者の労働条件にもこれは深刻な影響をもたらしています……

第196回国会 国土交通委員会 第19号(2018/06/12、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。  ここまで来ますと本当に重なる部分が多いものですから、少々省きながら進めてまいりたいというふうに思います。  船舶は、解体された材料や部品のうち、およそ九五%以上がリサイクルされていまして、リサイクルの優等生と言われています。しかしながら、大型船のリサイクルが行われているのはといいますと、主に途上国ということになります。これらの国での労働問題や環境汚染が国際問題化して、労働問題を輸出しているのかといった指摘もされることから、本法律案の提出に至ったというふうに認識をしております。  先ほど来から皆さんの話にもありましたけれども、日本は海運業が盛んで、造……

第197回国会 国土交通委員会 第2号(2018/11/20、24期、各派に属しない議員)

○平山佐知子君 平山佐知子です。よろしくお願いいたします。  既に多くの委員の皆様の質問の中からも出てきましたけれども、今年に入って大阪北部地震、そして西日本を始めとする豪雨災害、そして北海道胆振東部地震、台風災害など、大規模な自然災害が次々と発生をしまして、各地に甚大な被害がありました。こうした自然災害を全てなくすというのは物理的には不可能ですけれども、災害から国民の生命そして財産を守るということは国に課せられた重要な使命であり、そのために必要な施策を速やかに実行していく必要があるというふうに私も考えています。  今回の災害のみならず、過去の災害も踏まえてここからは質問をさせていただきます。……

第197回国会 国土交通委員会 第3号(2018/11/27、24期、各派に属しない議員)

○平山佐知子君 平山佐知子です。よろしくお願いいたします。  前国会で審議がありました海外社会資本事業への我が国事業者の参入の促進に関する法律の審議の際にも若干触れさせていただきましたけれども、世界の水ビジネス市場、二〇二五年には百兆円規模に成長するということが予測されておりまして、世界トップレベルの上下水道技術を誇る日本にとっては大変魅力的な分野であると言えるかと思います。そこで、今日は、国内の下水道整備の現状について伺ってまいります。  東京などの大都市では当たり前となっています公共下水道も、実は、歴史は浅く、昭和四十年代から整備が進められてきました。確かに、私の周辺の同じ年代の方々に子供……

第197回国会 国土交通委員会 第4号(2018/11/29、24期、各派に属しない議員)

○平山佐知子君 平山佐知子です。よろしくお願いいたします。  やはり皆様、多くの委員の皆様もおっしゃっていましたけれども、地下資源に乏しく三百六十度海に囲まれている日本にとって、この洋上の風力発電というのは本当に有力で、大きな可能性を秘めていると私も期待をしています。その中でも幾つか懸念されるところがありますので、今日はその点を伺ってまいりたいと思います。  まずは、お手元の資料一を御覧ください。  先ほど来からもありますけれども、これは二〇一五年に発表された長期エネルギー需給見通しに二〇一八年三月時点の実績を加えたものでございますけれども、二〇三〇年の電源構成は、再生可能エネルギーの比率が二……

第197回国会 国土交通委員会 第5号(2018/12/06、24期、各派に属しない議員)

○平山佐知子君 平山佐知子です。よろしくお願いいたします。  まず初めに、最近頻発していますパイロットの飲酒問題について伺ってまいります。  今配られています資料一を御覧いただきたいんですけれども、これは、先月二十日に開催されました第一回航空従事者の飲酒基準に関する検討会の配付資料です。それを見てみますと、国内航空会社における操縦士の飲酒対策の実施状況としまして、左手上段に、枠内にありますけれども、アルコール検知器の使用の有無について、国内定期運送事業者二十五社中、検知器を使用していない会社が四社、そして飲酒の影響が疑われた場合に検知器を使用する会社が四社となっています。また、アルコール検知器……

第198回国会 議院運営委員会 第23号(2019/06/03、24期、無所属クラブ)

○委員以外の議員(平山佐知子君) 無所属クラブの平山佐知子です。  今日は委員外議員としてこうして時間をいただき、我が会派にもいただけましたことを感謝を申し上げます。  今日は、自、公、無所属クラブ案について伺ってまいりたいと思います。  本改正案は、参議院の定数が増加することに伴って発生する国庫負担を軽減するといった意味のものでありますので、その趣旨には賛同いたします。しかし、残念ながら、国民の中にはいまだこの定数が増えたことに対して、またその理由に対しても理解が深まっているとは言えない現状があるというふうに思います。  そこで伺います。今回、歳費の自主返納のための歳費法改正案を提出するまで……

第198回国会 国土交通委員会 第2号(2019/03/12、24期、無所属クラブ)

○平山佐知子君 無所属クラブの平山佐知子です。お願いいたします。  私からも、冒頭、昨日、東日本大震災から八年となりました。改めて、亡くなられた方々に対して哀悼の誠をささげるとともに、いまだ厳しい生活を強いられている皆様に対して心からお見舞いを申し上げます。  それでは、質問をさせていただきます。  まず、今年の大型連休の対応を伺ってまいります。  今年は皇位継承に伴って改元される節目の年となりまして、御存じのように、四月二十七日から五月六日まで実に十連休となるところも多いというふうに報道されています。これは祝日法が定められた一九四八年以降最長ということです。全ての国民がもちろんこれは幸せな気……

第198回国会 国土交通委員会 第3号(2019/03/20、24期、無所属クラブ)

○平山佐知子君 無所属クラブの平山佐知子です。  昨年は、日本各地で災害が発生して、改めてこの国土交通省の日頃の取組の真価が問われた、そんな一年でもあったかというふうに思います。そこで、今日は道の駅の防災機能について質問してまいります。  当初、道路を使われる方の休憩のスポットとして、道路のたまり機能の施設整備として行われてきた道の駅ですけれども、あわせて、それぞれの地域の魅力を発信する場などとしても利用されています。平成五年の制度発足時には全国で百三か所だったこの道の駅の登録数ですが、現在では十倍以上に上っているというふうにも伺っています。  これは、トイレや休憩、地域の情報発信を行ういわゆ……

第198回国会 国土交通委員会 第4号(2019/03/28、24期、無所属クラブ)

○平山佐知子君 無所属クラブの平山佐知子です。  先ほど来からありますように、去年は、戦後、米軍軍政下に置かれていた小笠原諸島が復帰をして五十年という節目の年でございました。これは、奄美群島それから小笠原諸島だけでなく沖縄も含めて言えることかもしれませんけれども、さきの大戦によって最も厳しい状況に置かれた地域には国の責任におきましてしっかりと手だてをしていくというのは当然のことだと思いますので、本法律案に関しては全面的に賛成をいたします。  それを申し上げた上で、本法律案の中身とは少し離れてしまうところもあるかと思いますけれども、先ほど申し上げたとおり、歴史上非常に厳しい状況に置かれたこれらの……

第198回国会 国土交通委員会 第5号(2019/04/09、24期、無所属クラブ)

○平山佐知子君 無所属クラブの平山佐知子です。  今日は、無電柱化について質問させていただきます。  無電柱化、御存じのように、安全で快適な通行空間の確保、それから都市景観の向上などを目的に進められているものです。  昨年は無電柱化推進計画が初めて大臣認可され、二〇一八年度から二〇二〇年度の三年間においておよそ千四百キロメートルの整備目標が示されました。これは、過去のピーク時と同程度の整備を推進すること、これを目標にしたもので、非常に高い目標になっています。  また、昨年の七月豪雨、台風二十一号、北海道胆振東部地震など自然災害が相次いだことを受けまして、内閣府の指示による重要インフラの緊急点検……

第198回国会 国土交通委員会 第6号(2019/04/11、24期、無所属クラブ)

○平山佐知子君 無所属クラブの平山佐知子です。  お手元に資料が届きましたら、資料一を御覧いただきたいと思います。そこにずらっと載せられていますけれども、去年から航空機の乗務員による飲酒問題が次々と発生して大きな問題となりました。本改正案にも、事案を受けてその対策が講じられているということです。  本改正案におきまして、航空機乗務員が飲酒等の影響で正常な運航ができないおそれがある間に航空機の操縦を行った場合の罰則が強化されていますけれども、この三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金という刑事罰は、これ、自動車の酒気帯び運転したときと同じなんですよね。航空機はもちろん多くの人を乗せて運航する場合が……

第198回国会 国土交通委員会 第8号(2019/04/18、24期、無所属クラブ)

○平山佐知子君 無所属クラブの平山佐知子です。  私も、先日、アイヌ文化交流センターにて関係者の皆様のお話を伺わせてもらいました。アイヌ民族であるがゆえに差別を受けて、そして教育を受ける機会さえも失ってしまうこともあったということで、そのことについて当事者の皆様は、周りもそうだったから特におかしいと真剣に訴えることなく、半ば仕方ないというふうに諦めてしまって、受け入れてしまっている事実があったということも伺いました。また、最近では、SNSなどを使った差別など、以前とはまた違った形での苦しみ、これがアイヌの人たち更に苦しめているという。これは大人の方はもちろんなんですけれども、子供たちは本当に怖……

第198回国会 国土交通委員会 第9号(2019/04/25、24期、無所属クラブ)

○平山佐知子君 無所属クラブの平山佐知子です。  今日はトラック業界について質問をさせていただきます。  ある民間シンクタンクの試算によりますと、二〇一七年には八十三万人だったトラック運転手が、二〇二七年には二十四万人不足するというふうに予測をされています。こうした中、人手不足に対応するために、政府は生産性革命プロジェクトの取組の一環として、通常の大型トラックの倍程度の全長二十五メートルのダブル連結トラックの実証実験などを行って、今年一月から本格導入されたというふうに伺っております。  これは非常に画期的な取組だというふうに思いますけれども、一方で駐車スペースの問題、高速道路のサービスエリアで……

第198回国会 国土交通委員会 第10号(2019/05/09、24期、無所属クラブ)

○平山佐知子君 無所属クラブの平山佐知子です。  まずは、本法律案に関する質問の前に、先ほど来からも話題になっていますけれども、レオパレス21の施工不良問題について、また昨日も新たな建築基準法違反の疑いがあることが一部報道されていますので、伺ってまいります。  去年から見付かった施工に不備がある物件は、今年三月末時点で一万四千五百九十九棟、調査を終えた二万二百八十五棟の実に七割を超えました。これだけの規模になりますと、このレオパレスですとか施工業者だけではなくて、施工不良を見抜けなかった行政にもやはり責任があるのではないかという声も聞こえてくるところでございます。  政府は外部有識者委員会を設……

第198回国会 国土交通委員会 第12号(2019/05/16、24期、無所属クラブ)

○平山佐知子君 無所属クラブの平山佐知子です。  私も先日視察に参加させていただきまして、道中助手席に座らせていただいて、まさに間近に自動運転のレベル2を見させていただいて、いよいよこの自動運転が現実化しているんだなというふうにわくわくした一方で、また、その車はカメラとレーダーと二つで、ダブルで周囲を確認をしているということでしたけれども、そのセンサー類によってどこまで周囲を確認できるかというふうに伺ったときに、三百六十度確認できるということでありました。まさに、人の目だけでは確認できないような範囲も認知できるということで、これによって事故も減らせるんじゃないかなというふうに改めて期待したとこ……

第198回国会 国土交通委員会 第13号(2019/05/21、24期、無所属クラブ)

○平山佐知子君 無所属クラブの平山佐知子です。  先ほど来からもありましたけれども、今日は激しい雨となって、これからの季節、より一層の災害対策強化が必要だなというふうに思っておりますし、国交省におかれましてはしっかりとした対策取るように、私からもお願いを申し上げます。  そして、もう一つ、夏の時期になると、海や山、川でのレジャーが増えて、心配されるのが水にまつわる事故でございます。警察庁の発表によりますと、平成三十年七月から八月の夏期における水難事故は五百二件発生しており、二百四十二人もの方が亡くなったり行方不明となっています。水難発生件数、都道府県別に見ますと、最も多いのが千葉県の四十三件、……

第198回国会 国土交通委員会 第14号(2019/05/23、24期、無所属クラブ)

○平山佐知子君 無所属クラブの平山佐知子です。  今回の改正案では、座礁船等の撤去費、燃料油による汚染被害を受けた側が保険会社に対して損害賠償の支払を直接請求できるという内容が含まれていますけれども、大事なことは、やはり被害を受けた側が満足のいく補償金額を受けることができるのかということですとか、請求をするまでの過程において分かりやすくスムーズに請求を行えるのか、こういった点にあるかというふうに考えています。特に、被害が広範囲にわたる事故の場合ですと、被害金額が膨大で、十分な補償がされないケースも多いということも聞いています。  そこで伺いたいんですが、過去に発生した燃料油による汚染損害で責任……

第198回国会 国土交通委員会 第16号(2019/06/04、24期、無所属クラブ)

○平山佐知子君 無所属クラブの平山佐知子です。  私も先日の新国立競技場の視察に行かせていただいたんですけれども、実際に現場に行ってみて、あのスタジアムの観客席に立ってみますと、すっと風が自然に通るような構造になっていたりですとか、また、周囲には木々、緑があふれて、木材もたくさん使った構造になる、視覚から見ても涼しげな印象があって、世界にも誇ることができるすばらしい競技場だなという印象を受けました。  また、現地では、先ほどもスポーツ庁からも説明ありましたけれども、健康相談室を設置して看護師を常駐させるなど、作業をする方々の健康管理を徹底しているというほか、時間外労働の短縮化を促進するなど、細……

第198回国会 国土交通委員会 第17号(2019/06/06、24期、無所属クラブ)

○平山佐知子君 無所属クラブの平山佐知子です。  今年の四月にも本委員会で無電柱化推進に当たっての基本的な考え方などについて質問させていただきましたけれども、今回は、前回の答弁を踏まえつつ、より具体的な内容についてお伺いしてまいりたいと思います。  平成三十年四月に策定された無電柱化推進計画と、同年十二月に閣議決定された防災・減災、国土強靱化三か年緊急対策に基づく追加目標とを合わせて、三年間で合計二千四百キロメートルという極めて高い目標に向けて、地元の方を含む関係者の合意形成が何より重要であること、そして地方自治体の体制整備等にも取り組んでいく旨の御答弁を前回いただきました。  地元の方にとっ……


25期(2019/07/21〜)

第200回国会 環境委員会 第2号(2019/11/14、25期、各派に属しない議員)

○平山佐知子君 無所属の平山佐知子と申します。どうぞよろしくお願いいたします。  早速質問に入らせていただきます。  東京オリンピック・パラリンピック二〇二〇を間近にもう控えまして、恐らく大会の成功に向けて各方面様々な努力をされているかと思います。今回の大会は、これまでと比べてSDGs、これに配慮した様々な取組が取り入れられているということで、私もこれはすばらしいというふうに思っております。  今回の大会の持続可能性コンセプト、これを改めて確認をしてみますと、「Be better,together より良い未来へ、ともに進もう。」ということです。環境省としましても、これまで「都市鉱山からつくる……

第200回国会 環境委員会 第3号(2019/12/05、25期、各派に属しない議員)

○平山佐知子君 無所属の平山佐知子です。  今日は、食品ロス、それから食品廃棄物について伺ってまいりたいというふうに思います。  平成三十年度の消費者意識基本調査では、日頃の消費生活で行っていることという質問の中で、食べられるのに廃棄される食品を減らすという回答が五九・六%ということで、これまで小売店や消費者に向けて啓発活動を続けてきたことが着実に広がっているなというふうに感じました。  一方、個々の意識は高まっているんですけれども、一人の消費者として、環境、資源といった全体の問題となりますと、なかなか想像しにくくなるようなんです。例えば、消費者問題に対しての関心では、商品やサービスの消費や廃……

第201回国会 環境委員会 第3号(2020/03/18、25期、各派に属しない議員)

○平山佐知子君 無所属の平山佐知子です。よろしくお願いいたします。  昨年、動物愛護管理法、七年ぶりに改正をされまして、動物取扱業の更なる適正化、それから動物の不適切な取扱いに対する対応の強化などをなされたことは、私も大変うれしく思っています。動物愛護管理推進費の予算案を見ましても、前年度比およそ一・五倍の五億一千八百万円とされておりまして、人と動物の共生する社会、この実現化に一歩前進したのかなというふうに思っております。  私も、犬猫の殺処分ゼロを目指す議員連盟に所属をし、日頃から地元の静岡県でもボランティアで犬、猫の保護活動をされている方々とも定期的に意見交換をするなど、この動物愛護の問題……

第201回国会 環境委員会 第4号(2020/03/24、25期、各派に属しない議員)

○平山佐知子君 無所属の平山佐知子です。  今日は、先ほどから議論になっています石炭火力について、私もその件などについて質問をさせていただきたいと思います。  まずは、昨年十二月に開催されましたCOP25について、このCOP25では、COP24からの宿題でもありましたこのパリ協定六条のいわゆる市場メカニズムについては、二日間会期を延長した今回も合意には至らなかったということです。  そうした中で、大臣は会期末にはブラジルとEUなど対立する国同士の橋渡し役を積極になされて、あと一歩のところまで行ったという報道もされていますけれども、なぜ今回合意できなかったのか、また、そのときの交渉の内容も含めて……



各種会議発言一覧(参議院)

24期(2016/07/10〜)

第193回国会 国民生活・経済に関する調査会 第2号(2017/02/15、24期、民進党・新緑風会)

○平山佐知子君 参議院議員の平山佐知子と申します。  今日は、本当に三人の先生方の貴重な現場に即したお話、また御提案等も藤田先生からもいただきました。本当に貴重なお話をありがとうございます。  中でも年金について様々お話がありましたけれども、まずは駒村先生に伺いたいと思います。  私は団塊ジュニア世代でございまして、以前の職は、いわゆる正社員ではなくてフリーランスで仕事をしておりました。大変長年不安定な状況が続いて、体力的にも精神的にも、僅かかもしれませんけれども、大変な状況を経験をいたしました。そんな中、国民年金を払い続けるというのは大変しんどくて、頑張って働いて、そして頑張って納付して、し……

第193回国会 国民生活・経済に関する調査会 第4号(2017/04/12、24期、民進党・新緑風会)

○平山佐知子君 ありがとうございます。民進党・新緑風会の平山佐知子と申します。  今日は、三人の参考人の皆様、地域磨き、それからよそ者の視点ですとか食の話も、私、地元が静岡県で、富士宮やきそば、先日も富士でB級グルメのイベントをやりましてたくさんの人がいらっしゃって、食は人を呼べるというのを実感しましたので大変共感いたしましたし、ピンチをチャンスに変えるという話題も興味深く聞かせていただきました。  その中で、先ほども先生の方から人口減少社会の話がありましたので、重なる部分もあるかもしれませんけれども、地域間格差、例えば人口とか所得とか財政力とか様々な格差がありますけれども、先生方も著書などで……

第196回国会 国民生活・経済に関する調査会 第2号(2018/02/07、24期、国民の声)

○平山佐知子君 今日は、三人の参考人の皆様、本当に現場の声を聞かせていただきまして、ありがとうございます。  私は、国民の声の平山佐知子と申します。  いろいろそれぞれ本当に参考になることばかりだったんですけれども、まずは小河参考人のその子供がど真ん中という考え方、皆さんももちろん子供の気持ちや声に寄り添った活動をというふうにおっしゃっていましたので、納得させられ、そしてまた、栗林参考人の子供が大事にされる経験、そしてお母さんも大事にされる経験が大変重要だというお話も共感をいたしました。  そんな中、皆さんの中で、地域全体でこの子供を支える重要性というものもお話の中にありましたけれども、私も地……

第196回国会 国民生活・経済に関する調査会 第3号(2018/02/14、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。よろしくお願いいたします。  三人の参考人の皆様のお話を伺いまして、まだまだ現実に見えていない様々な問題があって、若年層の方々がこれからやっぱり年齢を重ねて高齢になっていくわけですから、そうなったときに社会でどういうふうに支えていくのか、救済していくのかというのは本当に大きな深刻な問題だなと、政治的にもしっかり考えていかなくてはいけないということをまずは感じました。  それでは、稲葉参考人にまずお伺いをいたします。  先ほど若年層は二十代から三十代のイメージだと言っていたんですが、ちょっとイメージを広げて未成年の方々のお話も伺ってみたいんですが、例えば……

第196回国会 国民生活・経済に関する調査会 第4号(2018/02/21、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。  今日は、三人の参考人の皆様、貴重なお時間をありがとうございました。  まず、河合参考人に伺いたいと思います。  いただいた資料の中の十六ページに、高齢者の孤立問題発生の背景という表をいただいているんですけれども、前回の調査会がちょうど若年者をめぐる格差への取組ということで、そこでも話題になったんですが、若年者の住まいが、やはりぎりぎりまでというか、親と一緒に同居というのが増えているという話がちょうどありました。これを見ても、親と未婚の子のみの世帯というところで、これがなぜ貧困に直接つながっていっているのか、その背景とか、孤立以外でもこういう問題があ……

第196回国会 国民生活・経済に関する調査会 第5号(2018/04/11、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。  今日は、三人の参考人の皆様、本当に貴重な御意見をありがとうございます。  それぞれお伺いをしていきたいと思いますけれど、まずは大山参考人、事前にいただいた資料を読ませていただいたんですが、今でも毎年一人か二人の障害者の方雇用されているというふうに伺いました。また、毎年、養護学校の高校二年生の生徒さんを職場体験受け入れていらっしゃるというふうに伺ったんですけれども、具体的にどれぐらいの期間とか、どういうことをしていただいて、それをどういうふうに雇用につなげているのか、詳しく伺えたらと思います。

第196回国会 国民生活・経済に関する調査会 第6号(2018/04/18、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。  三人の参考人の皆様、貴重なお話をありがとうございました。  それぞれに伺っていきたいなと思うんですが、足立区のあだちプロジェクトを見させてもらいましたけれども、施策の二の学びの環境支援というところで、スクールソーシャルワーカーが様々な関係機関ですとか児童、生徒、保護者等、働きかけ、支援、そして連携、調整などを様々行っているというところがありました。  以前、この調査会でも私、問題提起をさせていただいたんですけれども、今、地域では貧困が見えにくい状況にある、また、本当に貧困のところに支援が行っているのかと心配な部分もあると。そういうときに、以前の調査……

第196回国会 国民生活・経済に関する調査会 第7号(2018/05/09、24期、国民の声)

○平山佐知子君 国民の声の平山佐知子です。  二年目となる今回の調査会でありましたけれども、様々な視点からの「あらゆる立場の人々が参画できる社会の構築」についての議論ということで、これはもう本当に大変興味深いテーマであり、本当に学びが多い調査会だったというふうに感じております。  私は、長年、地元の一人親の皆様が集まる静岡県母子寡婦福祉連合会の皆様始め、最近では障害者の親の会など、本当に幅広くふだんから意見交換をさせていただいているんですけれども、そうした地方での声を踏まえて、それでは全国的にはどうなのかとか、学識経験者の立場から見るとどうなのか、当事者始め現場を知る幅広い参考人の方に広く意見……

第198回国会 国民生活・経済に関する調査会 第2号(2019/02/27、24期、無所属クラブ)

○平山佐知子君 無所属クラブの平山佐知子です。  今日は本当に、それぞれの参考人の皆さんのお話、大変勉強になりました。特に、その中でも人と人が支え合う地域づくりということで、雄谷参考人の話にもありましたけれども、まずは支援を受けている人たちが今度は支える側にも回って、それが重度の方であってもということで、その方の居場所にもなるし、生きがいづくりにもなるんだなというふうに、それが、その本人はもちろんなんですけれども、家族の方のまた喜びにもなっているというのは、ああ、なるほどなというふうに感じました。私も、地元が静岡県で、地元の障害者関係の方ともお話しする機会が多いんですけれども、やっぱり人にずっ……

第198回国会 国民生活・経済に関する調査会 第3号(2019/04/03、24期、無所属クラブ)

○平山佐知子君 無所属クラブの平山佐知子です。  今日は、三人の参考人の皆様、本当にありがとうございました。  今の白波瀬参考人の話の中で、私も、事前の資料の中で、日本社会ではやっぱりこの性別役割負担の呪縛から逃れられない事実があると、現状があるという、そこもすごく気になって、今のことにも重なるのかもしれませんけれども、やっぱり日本の将来とか社会保障費のこれからを考えてみても、これまで十分に、おっしゃっている中で、活用されてこなかった人材である女性それから高齢者に対する育成も大事であると、労働環境の改善が必要であるというふうなこともおっしゃっていました。  確かに、やっぱりいきなり女性活躍して……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/03

平山佐知子[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書