国会議員白書トップ衆議院議員馳浩>委員会発言一覧(全期間)

馳浩 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

馳浩[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは馳浩衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 馳浩 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

42期(2000/06/25〜)

第148回国会 青少年問題に関する特別委員会 第1号(2000/07/05、42期、自由民主党)

○馳委員 動議を提出いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、青山二三君を委員長に推薦いたしたいと存じます。
【次の発言】 動議を提出いたします。  理事は、その数を八名とし、委員長において指名されることを望みます。

第149回国会 青少年問題に関する特別委員会 第1号(2000/07/28、42期、自由民主党)

○馳委員 動議を提出いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、青山二三君を委員長に推薦いたしたいと存じます。
【次の発言】 動議を提出いたします。  理事は、その数を八名とし、委員長において指名されることを望みます。

第150回国会 青少年問題に関する特別委員会 第1号(2000/09/21、42期、自由民主党)

○馳委員 動議を提出いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、青山二三君を委員長に推薦いたしたいと存じます。
【次の発言】 動議を提出いたします。  理事は、その数を八名とし、委員長において指名されることを望みます。

第150回国会 青少年問題に関する特別委員会 第2号(2000/11/09、42期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  きょう、私は、青少年を取り巻く有害環境の基準は何かという問題であるとか、それを国がいかに規制してよいものかどうか、そして個別には、青少年と放送、こういう観点から質問をさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。  まず、現在、参議院の自由民主党におきまして、私も参議院議員時代に関与いたしました青少年社会環境対策基本法なる法案が準備をされております。  詳細については検討いたしませんが、この法案の眼目は、青少年に有害な商品または役務を提供する事業者に自主規制をするように努力義務を課している点と、もう一つ、国または自治体によるこれ……

第150回国会 文教委員会 第2号(2000/11/10、42期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。  自由民主党の馳浩です。よろしくお願いします。  平成十四年度版の中学教科書検定をめぐり、元外交官の教科用図書検定調査審議会委員の歴史担当委員が特定の歴史教科書を不合格にするよう多数派工作を行っていた事件について、二、三質問いたします。  まず文部省に、事実関係と元外交官の一連の行動の動機について質問いたします。  次に、外務省に四点質問いたします。  外務省の組織的関与も指摘されておりますが、いかがですか。  二点目は、中国政府は、特定教科書に懸念を表明して旧日本軍の残虐行為の記述を減らさないよう再三外務省等に要求していたのでしょうか。  三点目。九月十九日に……

第151回国会 経済産業委員会 第7号(2001/04/04、42期、自由民主党)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  今回の法改正が成立すれば、我が国の石油政策の基本法でありました石油業法が廃止されます。この石油業法は、我が国の石油の安定供給に多大な貢献をしてまいりました。しかし一方、役所と業界の相互依存体質、国際競争力の欠如、欧米より高い、ガソリン等の価格高を生み出してきたと指摘されております。今回の石油業法の廃止に当たって、この法律の評価を明らかにしてください。さらに、どういう反省のもとに今回の法改正に臨んでいるのかを明確に説明していただきたい。  関連して、国民として関心があることは、例えば、石油業法という需給調整体制が廃止をされ、ガソリン等が安くなるかどうかでありま……

第151回国会 文部科学委員会 第11号(2001/05/23、42期、自由民主党)

○馳委員 自由民主党の馳です。よろしくお願いいたします。  まず、大臣にお伺いいたします。  小泉内閣となりまして、前森内閣と比べて教育改革に対する情熱が薄れているのではないかという意見もあるようでありますが、この教育改革に向ける御熱意についてお伺いいたします。
【次の発言】 まだこの国会で教育改革関連法案が積み残してあります。これは、与野党の理事の皆さん方に、十分な審議をされる日程取りとか審議内容等の詰めとか、御努力を御期待申し上げますので、よろしくお願いいたします。  教科書問題について質問させていただきます。  五月八日に、韓国政府が、検定に合格した中学校の歴史教科書について内容の修正要……

第153回国会 経済産業委員会 第2号(2001/11/06、42期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩と申します。  国会議員の中にもいろいろな議員がおりまして、私などは銀行に行って頭を下げてお金を借りたことのない人間ですから、いわゆる体一つで生きてきた人間ですので、そういう意味では、いわゆる中小企業、零細企業の皆さん方の厳しさや、金融機関の皆様方の地域にかける情熱というものにつきましてはまだまだ認識不足のところもありますので、きょうは、我々に御指導賜ると同時に、中小企業庁や経済産業省の方々も来ておりますので、まだまだ言い足りなかった部分などのお話を伺いたいと思います。  何よりも、けさの日経を初め各紙の社説にも出ておりましたペイオフの解禁、我が党……

第154回国会 財務金融委員会 第14号(2002/04/24、42期、自由民主党)

○馳委員 昨年十二月に破綻した石川銀行の受け皿銀行の選定が難航しております。そこで、私は、石川銀行の受け皿銀行の選定問題を中心に質問させていただきます。  石川銀行は、破綻後、預金全額保護のため、一たん国内初のブリッジバンクへの譲渡契約を余儀なくされました。しかし、実際の譲渡作業完了までには時間を要するので、実はその間に受け皿銀行探しも並行的に行っております。しかし、この受け皿探しが難航しております。  この段階に来て、富山県知事が受け皿問題で発言をなされ、一層受け皿探しが難航いたしております。これを受けて預金保険機構は、松田理事と金井審議役が富山、石川の両知事に事情説明と協力要請を四月十一日……

第154回国会 財務金融委員会 第22号(2002/06/28、42期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。自民党の馳です。  破綻した石川銀行の受け皿問題について、新たな展開がありましたので、四月に引き続き質問させていただきます。  今月二十四日に、アメリカの投資ファンド、メトロポリタン・モーゲージ証券が石川銀行の受け皿金融機関になりたいとの旨で正式に申し入れをし、その結果の記者会見を行いました。このメトロポリタンが申し入れをした会談の内容と参加メンバーをまずお聞かせいただきたいと思います。
【次の発言】 私が問題としたいのは、なぜこの時期に会談をセットしたかということであります。  受け皿探しの環境整備が、タイムリミットの迫る中ようやく整いつつあり、候補先の金融機関……

第154回国会 文部科学委員会 第17号(2002/08/07、42期、自由民主党)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  帝京大学の問題に入る前に、昨日、私は、国立スポーツ科学センターを視察してまいりまして、センター長の浅見さんからいろいろと御意見を承ってまいりました。また、視察中にJOCの強化本部長である松永さんと御意見を交換することがありまして、三点ほど申し上げたいことがありますので、答弁できる方はお願いしたいと思います。  まず、一点目ですが、国立スポーツ科学センターには契約研究員制度というのがあります。これはどういうふうな任期になっておるかと申しますと、年度ごとの契約で三年まで、そして延長は二年間までできる。つまり、センター長の覚えめでたければ、優秀な研究もあれば、五年……

第155回国会 青少年問題に関する特別委員会 第2号(2002/11/21、42期、自由民主党)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  官房長官、どうぞお帰りいただきたいと思います。お疲れさまです。  まず、「ラブ&ボディBOOK」の回収の指導問題について質問をいたします。  未成年者の人工妊娠中絶の実施率は、未成年者女子人口一千人当たり、一九八〇年が四・七%、二〇〇一年が一三・〇%、二十一年間で約二・八倍になっております。性行為の経験も、東京都の調査では、高三で男子は四割、女子は五割近くが経験済みであります。このような状況下に出されたのが、厚生労働省所管の財団法人が出版した「思春期のためのラブ&ボディBOOK」なる小冊子です。  国会内で論争が起きております。民主党の山谷えり子先生は、絶版……

第156回国会 青少年問題に関する特別委員会 第3号(2003/04/23、42期、自由民主党)

○馳委員 私は、きょうは、リプロダクティブライツについても質問しようと思っていたんですが、先ほどの水島委員と米田副大臣のやりとりを拝聴しておりまして、ほぼ言い尽くされたのかなと思っております。また、厚生労働省として国民に理解していただこうとするリプロダクティブライツということと、文部科学省として、子供たち、いわゆる未成年、青少年への教育における対応の仕方というものには一定の配慮があってしかるべきである、こういったところに集約されると思います。  先ほど、坂東局長は、いわゆる御自身のリプロダクティブライツについての見解のところで、答弁をしようかなと手を挙げておられましたので、水島さんが先ほど指名……

第156回国会 青少年問題に関する特別委員会 第4号(2003/05/07、42期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。自民党の馳浩です。  きょう、いわゆる出会い系サイト被害防止法案の質疑をさせていただくということで、朝、埼玉県のさる私立女子校の私の知り合いの先生に、どうかなと思って聞いてみましたら、朝七時にもかかわらずもう既に職員室におりまして、一体何事ですかと聞いたら、実は馳さん、聞いてくださいというので、こんな話がありました。  出会い系サイトを使って、うちの生徒が、実在の他人をかたって、また、メールアドレスを次から次へと変えて、親のメールアドレスも使って、これはいわゆる誘引行為ではないんですけれども、実在の他人の悪口を次々と書き込んで大混乱が起きた。それで、非常に人間関係……

第156回国会 青少年問題に関する特別委員会 第5号(2003/05/08、42期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。よろしくお願いいたします。  では、まず森参考人にお伺いいたします。  携帯電話の販売者であったりあるいはプロバイダーであったり、いわゆる事業者の方々は、こういう出会い系サイトを利用した犯罪とは、私たちは中立的な立場にあり関係なく、全く責任がないというふうな認識は持っておられますか。
【次の発言】 法律の第三条の、児童によるインターネット異性紹介事業の利用の防止に資する責務ということを考えれば、いわゆる事業者の方々に一定の責務があるという観点から、今後、ドコモさんもフィルタリングサービスについて積極的に取り組んでいかれると思っておりますし、期待いたします。  その……

第156回国会 青少年問題に関する特別委員会 第6号(2003/05/13、42期、自由民主党)【議会役職】

○馳委員長代理 大臣、既に質疑時間を大幅にオーバーしておりますので、簡潔に御答弁をお願いいたします。
【次の発言】 水島さん、質疑時間が終了いたしておりますので。

第156回国会 青少年問題に関する特別委員会 第10号(2003/07/17、42期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。大臣は結構ですから、一言申し上げておきますが、その心余りて言葉足らず。その心余りて言葉足らずというのは、別に鴻池大臣のことを言った話ではないんですね。古今和歌集の仮名序で、紀貫之が在原業平の和歌の歌風を評した一文でありまして、思いがあふれているんだけれども、それを的確に表現できないということを表現した評文であります。  大臣にはそういった観点をしっかりと踏まえて、今回、長崎の十二歳の少年の事件に関しましては、まだ事件の概要が、全貌、明らかになっておりません。その段階での発言はやはり控えるべきでありましょうし、また、親の責任、あるいは学校の責任、関係する方々の責任と……

第156回国会 文部科学委員会 第1号(2003/02/25、42期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。自民党の馳浩です。  大臣、お元気ですか。風邪がはやっておりますので、ぜひお気をつけていただきたいと思います。  きょうは、私立大学の生き残りと、そして不幸にも経営破綻した場合の後始末について質問させていただきます。  今ほど大臣の所信にもありましたように、大学の、いわゆる高等教育機関の競争力を高めて国際的に通用する人材を育成しよう、そういう文部科学省の方針がある一方、そうはいいながらも、現実問題として、地方であったりあるいは偏差値のちょっと低いと指摘されている大学は、実は経営の破綻に直面している大学もあります。今後、十八歳人口の減少ということを考えれば、これもま……

第156回国会 文部科学委員会 第15号(2003/05/30、42期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。  時間の関係上、独立行政法人日本学生支援機構法案についてのみお聞きいたします。  まず、今回の日本育英会等の独法化で最も重要なことを冒頭にお聞きします。それは、独法化によって、奨学金を受ける学生の人数や受け取る額が減ったりしないかという心配です。つまり、独法化で育英奨学事業等の事業費は拡充していくが、一方、人件費や管理費等は合理化していく、こんなイメージを描いてよいのでしょうか。副大臣にお聞きします。
【次の発言】 今、副大臣はこうおっしゃったんですね、これまでの事業規模を引き継いでいく。この答弁は大いに不満があります。いいですか、平成十五年度貸与人員が八十六万……


43期(2003/11/09〜)

第159回国会 青少年問題に関する特別委員会 第3号(2004/02/27、43期、自由民主党)【政府役職】

○馳大臣政務官 お答えいたします。  それぞれのケースにおいて、やはり学校においての対応、そして、学校内の十分な把握がされれば児相に連絡をするという判断が各小中学校においてとられているものというふうに認識をいたしております。
【次の発言】 おっしゃるとおりだと思います。  今、児童虐待防止法の法律においても、教職員とか病院の先生とか保健師さんなど、いわゆる関係者としてそういった問題に対応するとなっておりますが、今後は、法改正も視野に入れながら、学校であったり児童福祉施設関係機関であったり、組織としてしっかりと対応して、先生おっしゃったように、漏れのない対応ができるような、きめの細かい連携が求め……

第159回国会 武力攻撃事態等への対処に関する特別委員会 第6号(2004/04/21、43期、自由民主党)【政府役職】

○馳大臣政務官 お答えいたします。  国家社会の有為な形成者を育成する上で、領土、国民、主権などについて正しく理解させることは極めて重要なことと考えております。学習指導要領においては、学校段階に応じて我が国の領土や我が国の領域をめぐる問題について指導することとしているところであります。  なお、学習指導要領は大綱的な基準であり、北方領土の問題を代表的な例として示しているところであります。したがって、実際、教科書においては、竹島や尖閣諸島について記述しているものがあるところでございます。  地図においては、すべてにおいて、竹島、尖閣諸島が我が国の領土であることが明示されております。  今後とも、……

第159回国会 文部科学委員会 第1号(2004/02/18、43期、自由民主党)【政府役職】

○馳大臣政務官 政務官を拝命いたしました馳浩です。  大臣、副大臣を支え、田村政務官とともに、文部科学行政の推進に全力を傾注いたします。どうぞ委員の皆様方の御指導、よろしくお願いいたします。  終わります。(拍手)

第159回国会 文部科学委員会 第2号(2004/02/25、43期、自由民主党)【政府役職】

○馳大臣政務官 御指摘いただきましたとおり、高校の教員、予備校の講師、大学の講師を、また、ちなみにプロレスラーの方は現役でございますが、今は政務官に邁進しておりますので、開店休業中です。こういった経歴をもとにしながら、文部科学行政の推進に取り組んでまいりたいと思っております。  とりわけと言われれば、今、河村大臣も熱心に推進しておられます子供の居場所づくり、具体的には、総合型地域スポーツクラブの拡充であったり、また厚生労働省とともに取り組んでおります学童保育の拡充であったり、こういった子供の生きる力を伸ばすための政策について取り組みたいと思っております。  総合型地域スポーツクラブについては、……

第159回国会 文部科学委員会 第3号(2004/02/27、43期、自由民主党)【政府役職】

○馳大臣政務官 お答えいたします。  実際に全国でどのくらいの学校にそういったセンサーや非常通報装置が配置されているかといった具体的な数字は、今持ち合わせてございません。ただ、交付税措置であるとか、また平成十六年度の予算において、我が省の方においても安全管理対策上必要な予算は盛り込んでおるところでございます。
【次の発言】 まず、都道府県の市町村教育委員会等において、学校側と十分に話し合いながらそれぞれの学校の要望に基づいて対応しておりまして、お求めがあるならば、そういった実態というものも個別にまた報告させていただけるものと思っております。

第159回国会 文部科学委員会 第14号(2004/04/21、43期、自由民主党)【政府役職】

○馳大臣政務官 調査いたしましたところ、平成十四年十一月二十七日、はせ浩連合後援会に対しまして百万円の御寄附をいただいております。
【次の発言】 政治資金を集めるという目的でパーティーを開いたことはございません。

第159回国会 文部科学委員会 第18号(2004/05/14、43期、自由民主党)【政府役職】

○馳大臣政務官 まず、学校評議員制度の効果について、今いただいておる報告の中からお伝えさせていただきたいと思います。  まず、プラスの面に関して申し上げたいと思いますけれども、大きく四点ございます。  まず、保護者や地域住民の意向が反映されるようになった。具体的には、学校に誇りを持った人材を育成するべきとの指摘を受けて、校歌の指導や入学時宿泊研修を充実するようになった。  二点目は、教育活動への地域住民の協力が得られるようになった。具体的には、社会体験学習、ボランティア活動、総合的な学習の時間などについて、評議員の協力によって、地域住民に講師を依頼して実施したりして、協力を得られるようになった……

第159回国会 文部科学委員会 第21号(2004/05/21、43期、自由民主党)【政府役職】

○馳大臣政務官 原田副大臣が辞任に至るに当たって河村大臣とどういったやりとりがあったかということは、これはまた河村大臣にお聞きいただければいいと思います。  私も、昨日の夕方、政務官室におりましたら、原田先生がいらっしゃって事実をおっしゃいまして、大変申しわけなかった、こういうことが、確かに調査をしてきのうわかったことであるけれども、副大臣という立場である以上、私はやめますとおっしゃいました。そういう観点からいえば、原田先生が国民に対してできる限り事実に基づいて報告をなされて、そして人間としてのけじめをつけるということは必要だと思いますし、また、そういう観点からも、正直、事実がわかったというこ……

第161回国会 文部科学委員会 第4号(2004/11/10、43期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  法案審議に入ります前に、大臣に所感を伺います。  就任早々、義務教育費国庫補助負担金制度の問題に関しまして、いわゆる三者三様となっております。地方六団体は中学校分を要らないと。また、それに対し、文部科学省としてはゼロ回答。現在、自由民主党としては、与謝野政調会長のもとで小中学校の分についての補助率引き下げという案が出ておりまして、総理の指示いただいた取りまとめの十一月十八日に向けて膠着状態、今こういう現状でございます。  大変心配しておりますが、大臣の所見をまず伺います。
【次の発言】 私なりの所感を申し上げれば、最終的には恐らく官邸主導……

第162回国会 文部科学委員会 第2号(2005/02/23、43期、自由民主党)

○馳委員 ただいまの中野清委員の質問を承っておりまして、極めて構造的な課題もやはりあるのかなというふうに思います。  委員長に申し上げますが、ぜひ、当衆議院の文部科学委員会のもとに、山梨県の教職員組合の政治活動あるいは服務規程に反するような問題等に関しての真相究明のための小委員会を設置していただきたい。その上で、輿石東先生、また山梨県の教育長、県政連の会長など、関係者の意見をぜひ聞きたいので、参考人として招致されることを理事会で協議していただきたいと思いますし、その理事会で協議された結果を当委員会にも報告していただきたいと存じますが、いかがでしょうか。

第162回国会 文部科学委員会 第16号(2005/08/03、43期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。  最近、若者言葉にはいろいろございまして、きょうの大臣のファッションはやばいとか、いや、それは格好いいという意味ですからね、例えば先ほどの局長の答弁が微妙だとか、いわゆる本来の趣旨とは違った意味での言葉遣いもまた広がってきているということがございました。  この国会で、民主党の肥田美代子先生、また我が党の鈴木恒夫先生が大変努力されて活字文化振興法がなされて、今後施策がとられていくことは大変よかったと思います。やはり正確な日本語の利用、これは活字を通して子供たち、また私たちが理解をし、ふだん使っていくということから美しい日本語が子供たちに伝えられていくべきものと思……

第162回国会 郵政民営化に関する特別委員会 第4号(2005/05/30、43期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩と申します。一時間よろしくお願いします。  民主党の全面審議拒否はきょうで既に一週間を迎えております。国会運営にどのぐらいの経費が毎日かかっているか、竹中大臣、御存じですか。
【次の発言】 竹中大臣も参議院議員になられましたから、こういう数字は覚えておかれるといいと思いますが、大体、衆議院、参議院一億円ずつですね。一日二億円、我々の国会審議にたくさんの職員の皆さん、議員の皆さんが参加されて、それだけの経費が使われていると。今、民主党、社民党の方々の議席の割合を考慮いたしますと大体三割強なんですね。二億円の三割強ですから、一日六千万円ほどがむだ遣いを……

第162回国会 郵政民営化に関する特別委員会 第20号(2005/06/29、43期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳です。よろしくお願いいたします。  郵政民営化関連六法案の審議については、国会においても各党の皆さん方から深い見識のもとに大変大きな論争が巻き起こり、報道等を通じて、皆さん方には御心配とあるいは御意見がたくさんあるということも理解しております。そんな中で、きょう、陳述人の三名の方、また傍聴の皆さん、報道の皆さんが参加して、地方公聴会において法案の今後の審議により有効、有益な意見交換ができることを期待して、私はいろいろとお伺いをしたいと存じます。  私は、民営化に賛成する一人として、二点、やはり公的部門から民間の部門に資金の流れが行かなければならないな……

第162回国会 予算委員会 第8号(2005/02/08、43期、自由民主党)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  予算委員会の集中審議です。国政課題、数々ある中で、なぜ今、政治資金の問題を集中審議で冒頭にしなければいけないのか、もっとほかにやることがあるんじゃないのかと私は思っておりますが、質問時間をいただきましたのでさせていただきます。  まず最初に、我が党の松岡委員が、現在民主党の代表代行を務めている藤井裕久議員が自由党幹事長のとき、平成十四年に限っても、国民の税金である政党助成金より十五億二千万円の金が組織活動費として藤井議員個人に支出されていたと指摘しました。  ところが、その後、民主党は、政治資金収支報告書に基づく松岡委員の質問の大半を議事録から削除しろと要求……


44期(2005/09/11〜)

第163回国会 内閣委員会 第7号(2006/01/19、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 文部科学副大臣として、一言御説明を申し上げます。  昨年末、小学校の女子児童が殺害されるという大変痛ましく決してあってはならない事件が連続して発生したところであり、犠牲となられた被害者の方に対して心から御冥福をお祈り申し上げるとともに、御遺族に対し心から哀悼の意を表します。  児童生徒等が安心して教育を受けることができるよう、家庭や地域の関係団体、機関等と連携しつつ学校における安全管理の推進を図ることは、極めて重要なことであると考えております。  このため、文部科学省では、学校安全の充実に総合的に取り組む子ども安心プロジェクトを平成十四年度から推進し、防犯教室の開催の支援や地域ぐる……

第163回国会 文部科学委員会 第2号(2005/10/19、44期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。自民党の馳浩です。  義務教育費国庫補助負担制度に絡んで、そもそも義務教育のあり方についてどう考えるべきかということが国民を巻き込んで大きな議論になっているということは皆さん御承知のとおりであります。しかしながら、地方案と、それから中教審の答申、これは全体的な概要がきのう明らかになってまいりました。こんな中で、総理は、地方案に沿って改革案を提出すべきではないかというふうに、結城次官や中山大臣をわざわざお呼びになってそういうふうに御意見を申されたというふうにも報道されております。  そんな中で、中山大臣としては、一つの政治的な決断であったり、また大臣としての義務教育……

第164回国会 教育基本法に関する特別委員会 第4号(2006/05/26、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 愛するということは、まさしく私は心を表現するそのものだと思いますね。妻を愛する、心がこもっていないと、何を上辺だけで言っているのよ、こう言われることでありますし。  ただ、これは第二条の条文のところですね。ここは目標を五つ並べたところでありまして、伝統と文化をはぐくんできた我が国を愛するということと、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与するということ、この二つ、そういう態度を養う、こういうふうな文章の構成にしておるわけでありますから、そういうことで態度を養うというふうに持ってきたというふうな理解をしていただきたいんですけれども、愛するという言葉そのものが心を表現していると理解を……

第164回国会 教育基本法に関する特別委員会 第6号(2006/05/31、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 学問の自由とは、人が本来持っている真理探求の要求が自由に行われなければならないという教育全般に関する自由な理念であることから、現行法に引き続き規定いたしております。  一方、初等中等教育段階においては、児童生徒に教授内容を批判する能力がなく、また、教育の機会均等や水準の確保が要請されることなどから、教員に完全な教授の自由が認められるわけではありません。このため、学習指導要領を初めとする教育課程の基準等を国が定めているところであり、教員はそれらに基づいて教育を行うものであります。このような考え方は昭和五十一年の最高裁判所の判決でも示されているところでもあり、その趣旨の徹底に努めてきて……

第164回国会 教育基本法に関する特別委員会 第8号(2006/06/02、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 父親の育児への参加、当然、家事への参加が必要であるという問題意識を共有することは極めて重要であると思いますし、また、家庭にすべての責任があるのではなくて、働いている以上は、経営者やまた職場の皆さん方にも御理解をいただいて、育児休業をとったりとか、これは高齢者の場合ですけれども介護休業をとったりとか、また、有給休暇がある中で、学校行事があるときにともに休暇をとって参加することができるような、そういう支え合いというものが必要になってくると思います。  児童虐待の問題をお出しになられましたが、お母さんが働いていないで家にいる場合には、これは保育に欠けない場合になりますから、当然、保育のサ……

第164回国会 教育基本法に関する特別委員会 第9号(2006/06/05、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 現在、中教審でも審議をいただいておりまして、七月には報告をいただく予定になっておりますし、文部科学省としても議論を進めておりますけれども、養成の段階、採用の段階、そして現職となっての研修の段階というふうな段階において、よりよい教員の質の向上が図られるようにというふうな観点から、例えば教職大学院を設置して、より専門的な中核となる教職員の人材を採用するべきではないかとか、また、教員免許更新制度ということで、一定の期間免許を与えて、特定の講習等を受けていただいて、その時々で求められる技能を持った教員が、常に不断の勉強、努力をしていただくようにすべきではないかとか、また、当然、採用に当たっ……

第164回国会 教育基本法に関する特別委員会 第12号(2006/06/08、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 おはようございます。  私も教員として現場に立っておった経験からすれば、定められた法律に基づいて現場において上司の命令に従って指導を行うというのは当然でありますから、それに従わない場合には、地方公務員法に従って懲戒処分の対象になるというのは当然であります。しかしながら、任命権者である都道府県の教育委員会の裁量に従って処罰される、こういうことになりますが。  あと、この教育基本法改正案が成立しました暁には、当然、法律に基づきまして、振興基本計画また関連の学校教育法や学習指導要領などは見直しがされるということになりますから、速やかにそれに応じて、あらゆる会議、通達などを通じて現場の先生……

第164回国会 決算行政監視委員会 第5号(2006/05/30、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 学校施設は、子供たちが暮らす大事な場所でもありますし、一たん災害の場合には防災の拠点となるところでありますから、一刻も早く耐震診断をし、耐震の関連の工事をすべきであるというふうに考えております。  平成十七年度の補正予算では耐震関連において二百七十七億円、平成十八年度の当初予算においては一千九億円の予算措置をいただいておりまして、三位一体の改革もありまして、文部科学大臣が基本方針、基本計画を定めて、それに従って設置者である市町村が施設整備計画を定めて行っていくということになっております。  基本的には、平成十八年度の予算措置をいただいた中で、公立学校施設の耐震化が二・八%進捗し、耐……

第164回国会 厚生労働委員会 第16号(2006/04/21、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 三月一日の衆議院予算委員会分科会において岡本先生から御指摘をいただいて、実態を調査した上で、それを踏まえて適切に対応すべきという答弁をさせていただきました。  その後、三月二十日から二十八日まで、全国の対象となる七十九の国公私立の病院で調査をさせていただきました。来週早々にも報告をさせていただきたい、こういう最終段階に入っておるということをまずお伝えいたします。
【次の発言】 担当の高等教育局医学教育課長の方から、今のところは最終取りまとめしておる段階でありますけれども、月曜日ないしは火曜日には必ず報告をさせるということをお約束させていただきます。

第164回国会 厚生労働委員会 第21号(2006/05/12、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 平成十五年度までは国立大学、その後は国立大学法人となって、こういったことに関しては自主自律の精神で現場に任されておるわけでありますが、御指摘の点を踏まえて、改めて資料も含めて報告はさせていただきたいと思いますし、また検討もさせていただきます。

第164回国会 行政改革に関する特別委員会 第7号(2006/04/07、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 二回ほど繰り返しビデオで拝見いたしまして、いろいろな複雑な思いを持って拝見いたしました。  東京大学では寄附金の募集事業をやったり、とかいいながら、また国際的な大学の評価として下位にちょっと低迷してきているということとか、とりわけ寄附金を募集する事業についても、大都市部とか、大企業とか研究機関が身近にある国立大学法人ならば非常に有利な条件でしょうが、これは一つ複雑な思いで拝見したのが、地方の国立大学法人は大変厳しいんだろうなというふうな印象を持ちました。  また、先ほどから石井先生がおっしゃるように、定員という概念は、国立大学法人法においては、国が管理する定員という概念ではなくて、……

第164回国会 青少年問題に関する特別委員会 第5号(2006/06/01、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 平成十五年度からですか、放課後の児童生徒の居場所ということを考えて地域子ども教室推進事業を展開してまいりました。平成十八年度においては全国で一万カ所展開する予定として頑張っております。加えて、長年、学童保育ということで、これは一九九七年に児童福祉法によって法制化されましたけれども、放課後児童健全育成事業ということで関係者の方が大変頑張ってこられました。  こういった事業が現在併存してあるわけですけれども、今般、委員御指摘のように、猪口少子化担当大臣から、子育てという観点、また放課後児童の健全育成という観点から、何とか連携しながら両省の事業をやっていくことはできないだろうかという提案……

第164回国会 文部科学委員会 第2号(2006/02/24、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 松浪委員は私の生涯の恩師でありまして、こうして委員会で質問いただくことを本当に感謝申し上げます。  ナショナルトレーニングセンターは、我が国の競技力の向上と、また、昨今、企業スポーツ等が業績の悪化から廃部に追い込まれることが多いということから考えても、安定的にナショナルチームの運営をし、強化をしていくに当たっては、極めて重要な施設である、こういう認識を持っております。
【次の発言】 現在ございます国立スポーツ科学センター、この管理は、一義的にはNAASH、日本スポーツ振興センターが管理運営をしているということになっておりますが、ナショナルトレーニングセンターの求められる役割から考え……

第164回国会 文部科学委員会 第5号(2006/03/10、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 武道が我が国固有の身体文化であるということは論をまたないところでありまして、競技性ばかりではなく、礼節を重んじる、他者へ、とりわけ敗者に対する思いやり、また、武道には形というのがありますよね、そういった美しさを追求する、こういったところの精神的な文化論というのは、非常に有効な教育的な役割を果たすと認識しております。  中学、高校では、柔道、剣道、相撲と明示をいたしまして、授業や部活動で推進しておりますが、今後とも、より一層推進していくことをお誓い申し上げまして、答弁とさせていただきます。  御支援よろしくお願いします。
【次の発言】 子供の安全、安心を守るという観点から、学校施設の……

第164回国会 文部科学委員会 第7号(2006/03/15、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 二点御質問いただいたと思います。  まず、市町村等の耐震化の進め方になりますが、文部科学大臣が定める施設整備の基本方針に基づいて、各市町村等に、施設整備計画を作成し提出をしていただくということになります。市町村等が交付金を受ける場合には、その計画に基づいて予算が配分されるということになりますので、市町村等においては、計画的に耐震化の施設整備がなされることになるというふうに承知をいたしております。  もう一点ですが、では、予算化の問題が非常に問題で、どうするかということですが、まずは、小坂大臣と北側国土交通大臣の間で、耐震診断、これを実施することが重要という観点から、国土交通省所管の……

第164回国会 文部科学委員会 第8号(2006/03/17、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 平成十六年三月十二日に、内閣官房長官が記者会見でこういうふうに申しておられます。特殊法人及び独立行政法人の長の人事について、まず、そもそも論ですが、特殊法人及び独立行政法人は、公共性の高い業務を効率よく実施することが求められており、法人運営には行政の経験と民間の感覚をともに活用することが必要である。これを前提にして、人事に当たりまして、法人の長及び役員については、官民の出身者をいずれかに偏ることなくバランスよく適材適所で登用する。こうされておりまして、こういう政府の方針に従って、文部科学省所管の法人に対しても適材適所の人事を行っておるということが事実でございます。  ちなみに、我が……

第164回国会 文部科学委員会 第9号(2006/03/29、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 三位一体の改革の一通りの、第一期目の決着は見たところでありますけれども、我々文部科学省からすれば、地方六団体の御意見とはいえ、寝首をかかれたような思いを持っているのは事実であります。  しかしながら、今後の第二期改革もございますし、当然、総務省と文部科学省と背中合わせであっては内閣として不一致になるのも当然でありますから、担当の課長レベルあるいはそれ以下になるのか、それはまた局長の方で判断いたしますけれども、人事交流をすることによって、教育論を踏まえた上での財政論というものを展開しないと、この国の行く末にとって大変な禍根を残すことになるという懸念を持っておるということは表明をさせて……

第164回国会 文部科学委員会 第11号(2006/04/05、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 きのう小坂大臣も、まず事実関係を聞いてそれを把握した上で対応すべきという指示がありますので、できれば今月中にでもスケート連盟の理事を副大臣室に呼んで事実関係をしっかりと把握したいと思います。  この野辺山のスケートリンクに関しては、JOCの認定のトレーニング強化拠点施設となっておって、正直、我々としては随分感謝しているところもあるんですよ。ここで、十四、五年前からフィギュアスケートなどの人材発掘、また重点的な強化トレーニングもしていただいておりますし、極めて、強化という面に関していえば、高地トレーニング、それからトレーニング施設もある、宿泊所もある、こういったことで非常に有効な場所……

第164回国会 文部科学委員会 第13号(2006/04/14、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 家庭の教育を基盤としながらも、幼稚園や保育所などの施設の機能を活用して、保護者の子育てに対する喜びや理解の向上を図ることが極めて重要と考えております。その上で、認定こども園においても、子育て支援を必須の機能としているところであります。  具体的には、教育、保育相談事業、親子のつどいの広場事業、一時保育事業、地域の子育て支援に関する情報提供、紹介事業、子育てサークル等の育成支援事業などを考えているものであります。
【次の発言】 委員お示しいただいたとおり、私立幼稚園の数もそうですし、そこに入園しているお子さんの数もそうですが、それ以上に、私立幼稚園の場合には建学の精神がございますし、……

第164回国会 文部科学委員会 第15号(2006/04/21、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 認定こども園となることによっての施設にとってのメリットをお示しすることは大変重要なことと考えております。以下のようなメリットが六点あるということをまず申し上げさせていただきます。  一つ目は、認定こども園の名称は認定を受けた施設のみ使用できることとすることにより、教育、保育機能及び子育て支援機能が確保された施設である旨を地域住民に対して示すことができるということ。  二点目は、幼稚園と保育所とが一体的に設置されている施設について、学校法人が単独で運営する場合は、保育所部分については、保育所の運営費補助に加え、新たに施設整備費が補助され、社会福祉法人が単独で運営する場合は、幼稚園部分……

第164回国会 文部科学委員会 第16号(2006/04/28、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 三年前になりますが、野田聖子先生や小渕優子先生から御指導いただいて、当時、私は、改正児童虐待防止法を担当し、超党派で条文の詰めなどをしていた関係から、実は、児童虐待の原因の中には、対象として、発達障害児に対する保護者のいら立ちとか不安とか、そういったものもあるということの観点から支援法の成立に取り組ませていただいたのでありまして、二年前に法が成立し、昨年から支援が実行されているということは本当に喜ばしいことと思っております。この認定こども園においても、やはり発達障害児が通うことは当然想定をされているわけでありますし、基本的にそういったお子さんが排除されることのないように対応するのは……

第164回国会 文部科学委員会 第18号(2006/06/09、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 委員御指摘のように、設置者の判断によっては必要に応じて障害ごとの部門を設けることも考えられるところであります。
【次の発言】 私も十五歳でレスリングを始めたときに、最初に先輩や指導者から習ったのが、このトルコのアクバッシュ選手の事実であります。いわゆる細い足をむしろ見せ足にしながら、戦略を立てて勝ち抜く。当然そのために、過酷な減量も必要ですし、身体的な厳しいトレーニングも必要である。その困難にうちかって、そういう状況でありながらも世界チャンピオンに上り詰めたということは、レスラーを志す我々若い少年ばかりではなく、多くの人に感動とそれから勇気を与えたものである。  そういうことを考え……

第164回国会 文部科学委員会 第19号(2006/06/13、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 発達障害者支援法第三条においても、国や地方公共団体の責務として、早期発見また早期支援の重要性がうたわれ、責務としてとらえられているところでありまして、現状を報告いたします。  すべての都道府県に委嘱して実施している特別支援教育体制推進事業において、昨年度より幼稚園を、また本年度からは保育所も対象に含めて、発達障害児に対する乳幼児期からの支援体制の整備を図っております。また、校内委員会と専門家チーム、巡回相談員との連携による継続的な相談を行うとともに、早期発見、早期支援体制づくりを行っているところであります。  さらに、独立行政法人国立特殊教育総合研究所においては、小中学校や養護学校……

第164回国会 文部科学委員会 第20号(2006/06/14、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 定数改善については計画的に進めていかなければならない課題であるというふうに認識しております。  第七次定数改善についても、これは通級指導とか指導助言といった体制で計画的にやってまいりました。第八次についても、四百有余名計画しておったわけでありますが、昨年度は総人件費改革ということがありまして断念せざるを得なかった。  しかしながら、実態は、児童生徒数が減少しているにもかかわらず、こういった特別支援教育の対象となる障害を抱えた児童はふえているという現状を踏まえて、これこそ法律の趣旨にのっとって計画的な職員配置のもとで支援をしていくということが必要になってきますし、センター的な機能とい……

第165回国会 文部科学委員会 第4号(2006/11/08、44期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。自民党の馳浩です。  まず文部科学省に伺いますが、いじめの定義をどう位置づけておられますか。
【次の発言】 私も現場で教師をしておった立場から改めて申し上げるんですが、いじめと受け取る側、また、教師の目の届かないところで同級生や、部活動でいえば先輩や後輩がこういった事態に直面してどう対処するかということを考えると、教師は、何となく煩わしいことには余り触れたくないな、それから学校内の人事でいえば、校長は、力のある教員には問題行動の多い生徒をできるだけ担任させようとするわけですね。そうではない、ちょっとこの先生には任せられないなというと、担任から外すということでうまく……

第166回国会 教育再生に関する特別委員会 第11号(2007/05/15、44期、自由民主党)

○馳委員 きょうはよろしくお願いいたします。  今回、政府提案のいわゆる教育再生三法と民主党さん提案の法律に関しては、時代背景として二つの要因が考えられると思っております。  一つには、五十九年ぶりに教育基本法が全面的に改正をされたということを受けての改正。  二つ目が、昨年、いじめ、自殺問題等が発生した、それに対応する学校当局、地方教育委員会の対応の仕方がマスコミ報道を通じて、こういうことでよいのだろうかという疑念が国民の中に生まれ、やはり国としての責任をどこかで果たさなければならないのではないかという世論に後押しをされた部分があったと思います。  そしてもう一つは、私学を中心とした未履修問……

第168回国会 総務委員会 第2号(2007/10/18、44期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  きょうは、首長の多選禁止について、被災者生活再建支援法の改正について、それから改正建築基準法の運用問題、そして通信インフラの整備のあり方について、以上四点について全十問、質問をしたいと思います。  まず、神奈川県議会で十月十二日に知事多選禁止条例が成立をいたしましたが、総務省の評価はいかがでしょうか。
【次の発言】 違法であるならば、憲法第九十四条、法律の範囲において条例を制定するという憲法違反でもあり、これを今後放置するのかどうかという問題もあると思いますが、条例には根拠法の整備後に施行すると定めておりまして、ボールは国会に投げられたの……

第168回国会 総務委員会 第3号(2007/10/30、44期、自由民主党)【議会役職】

○馳委員長代理 次に、谷口和史君。
【次の発言】 次に、小川淳也君。

第168回国会 総務委員会 第7号(2007/12/04、44期、自由民主党)

○馳委員 ただいま議題となりました修正案につきまして、提出者を代表いたしまして、その提出の趣旨及び内容について御説明申し上げます。  この修正案は、委員会における審査等を通じて明らかになった政府原案の問題点を踏まえ、理事会等における各党間の協議により、取りまとめたものであります。  その内容は、第一に、日本放送協会の経営委員会に関する事項であります。  政府原案では、協会のガバナンスを強化するため、経営委員会について、監督権限の明確化、議決事項の見直しを行っております。  本修正案では、放送法第十四条第一項第一号の改正規定中「決定」を「議決」に修正するとともに、経営委員会の権限を定めた規定のう……

第169回国会 総務委員会 第13号(2008/04/10、44期、自由民主党)【議会役職】

○馳委員長代理 次に、塩川鉄也君。

第169回国会 総務委員会 第14号(2008/04/11、44期、自由民主党)【議会役職】

○馳委員長代理 塩川君、質疑時間が終了しておりますので、最後の質問でいいですか。

第169回国会 総務委員会 第20号(2008/05/20、44期、自由民主党)【議会役職】

○馳委員長代理 次に、塩川鉄也君。

第169回国会 総務委員会 第22号(2008/05/29、44期、自由民主党)【議会役職】

○馳委員長代理 次に、塩川鉄也君。
【次の発言】 次に、重野安正君。

第169回国会 総務委員会 第23号(2008/06/03、44期、自由民主党)【議会役職】

○馳委員長代理 次に、桝屋敬悟君。
【次の発言】 委員の皆さん、携帯電話はマナーモードにしておいてください。お願いいたします。  次に、福田昭夫君。

第169回国会 総務委員会 第25号(2008/06/10、44期、自由民主党)【議会役職】

○馳委員長代理 次に、田嶋要君。
【次の発言】 次に、重野安正君。

第170回国会 文部科学委員会 第2号(2008/11/19、44期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  まず最初に、君が代の話から大臣に見解をお伺いしたいと思います。  きのう、閣議の後の記者会見で、国歌君が代、このときに起立をする、しないということを学習指導要領に書くか書かないか、こういうことについての言及があったと思っております。大臣が答弁を考えておられる間に、私は、古文の元教員として、ちょっと文学的な話をしたいと思います。  この君が代、国歌と言われておりますが、そもそも最初に古今和歌集巻七、賀歌の部分に「我が君は千代に八千代に」云々、こう出てまいりまして、その後に、和漢朗詠集の中で「君が代は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむす……

第171回国会 文部科学委員会 第3号(2009/03/18、44期、自由民主党)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。よろしくお願いいたします。  冒頭に、大臣に一問お尋ねいたします。  実は、この独法改革法案に入ります前に、文科省としてのガバナンスの問題として、財団法人日本漢字能力検定協会の大久保昇理事長に対して、今般の数々報道されております事案に対して全く記者会見も行わず説明責任を果たしていないという現状の中で、大臣としてどのように考えておられるか。  私は、せめて説明責任を果たすために、指導はもう受けておりますが、まずは記者会見をして国民に対して明らかにすべきだと思っておりますし、強い姿勢で臨んでいただきたいと思っておりますが、まず大臣の見解をお伺いしたいと思います。

第171回国会 文部科学委員会 第6号(2009/04/08、44期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。  大臣、おはようございます。ちょっと、義務教育費国庫補助負担金が全額使われないで国庫に返納されているといううわさを小耳に挟みまして、実態はどうなのかなということで、昨年度、平成二十年度、もし万が一そういう実態があるのであるならば、調査をして資料をつくってほしいと文部科学省に要請をいたしました。それが、きょう委員の皆さんにもお示しをしております資料であります。  まず、この資料についての説明を局長の方にお願いしたいと思います。
【次の発言】 基本的に各都道府県とも財政が厳しい中で、公務員の給与を一律削減している。それに倣って教育公務員の給与も下がっている。したがっ……

第171回国会 文部科学委員会 第8号(2009/04/24、44期、自由民主党)

○馳委員 外国人学校への公的支援のあり方について、これをテーマに質問をいたします。  そもそも、認可校、無認可校も含めて、外国人学校への公的支援はどうなっているのでしょうか。
【次の発言】 かつて岐阜県が県内の外国人学校に支援をしようとしましたが、文部科学省の指導もあり、結局、学校自体ではなく保護者に支援をすることになりました。  なぜ学校に直接支援できなかったのでしょうか。
【次の発言】 岐阜県のような自治体が直接外国人学校を支援したいとする政策判断について、文部科学省はどう評価しているのでしょうか。これを容認する法的担保が必要だと考えてはいないのでしょうか。

第171回国会 文部科学委員会 第14号(2009/06/10、44期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳です。よろしくお願いします。  まず最初に、大臣にお伺いします。きょうのこの私のファッションを見て、どう思いますか。
【次の発言】 人は見た目も中身も大事だなということを言いたいのと、こういう格好でもし私がこれにサングラスでもしていたら、町で出会ったら、余りそばに近づいて友達になりたいなとは思わないかもしれませんが、ちょっと宣伝の意味もあって、きょう実は着てきたんですよ。  このワイシャツなんですけれども、実はこれは和服の生地なんです。石川県に伝統工芸品で能登上布という生地がございまして、能登半島の能登に上質の布というふうに書いて能登上布といいます。……


45期(2009/08/30〜)

第173回国会 青少年問題に関する特別委員会 第2号(2009/11/26、45期、自由民主党・改革クラブ)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  今の山井政務官の答弁を聞いていて思ったんですね。これだけ重要であるならば、事項要求ではなくて、具体的な数字をもって要求を出してほしかったなと。  これは、ある意味で言えば、私は、応援というか、皆さんも恐らく地元選挙区等で、学童保育、放課後児童クラブ、あるいは文科省がやっている放課後子どもプランですか、こういったことに対する要望は数多くあると思うのですよね。  子ども手当の金をもうちょっとそっちへ回せよと言いたいところではありますが、要は、放課後児童クラブの重要性を認識し、これを支援することが子育て支援にもつながるという明確な政策として打ち……

第173回国会 文部科学委員会 第2号(2009/11/18、45期、自由民主党・改革クラブ)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  今の下村委員の発言を聞いておって、大臣、やはり民主党がおつくりになった日本国教育基本法に変えたらいいんじゃないですか。大臣、改正教育基本法の議論のときに同時並行で議論もありましたが、あのときには大臣は我々が全面改正をした教育基本法に賛成されましたか、反対されましたか。
【次の発言】 鈴木副大臣、賛成されましたか、反対されましたか。
【次の発言】 後藤政務官は賛成されましたか、反対されましたか。
【次の発言】 高井政務官は賛成されましたか、反対されましたか。
【次の発言】 下村さんもおっしゃったように、改正教育基本法と日本国教育基本法の中身を比べていけば、似て……

第173回国会 法務委員会 第2号(2009/11/17、45期、自由民主党・改革クラブ)

○馳委員 おはようございます。  大臣、参議院時代には大変お世話になりましたが、また改めてこうして法務委員として大臣とおつき合いをさせていただけることに感謝申し上げます。またよろしくお願いいたします。  お手洗い、大丈夫ですか。三人とも、順次行っていただいて結構ですので。  私の方は、きょうはオウム真理教に関する団体規制法、この見直しという問題について、実はぜひ政府の考え方をお示しいただきたいと思って質問させていただきます。  ちなみに、あの忌まわしいサリン事件等が起こったのは平成七年三月のことでありまして、そのときの立場も含めて、大臣、副大臣、政務官に、オウム真理教に対する、当時また現在の印……

第173回国会 法務委員会 第4号(2009/11/25、45期、自由民主党・改革クラブ)

○馳委員 委員長、委員会運営が正常になってよかったですね。これからも、与野党理事、話を聞いてうまくやってください。質問の時間を与えていただいたことに感謝をし、早速質問に入らせていただきます。  現在、裁判官の報酬は国家公務員の俸給制度に準ずる形で決められております。そうであるならば、今後も国家公務員の俸給が下がれば裁判官の報酬も下がります。しかし、裁判官の報酬は減額されないという憲法七十九条、八十条の趣旨から考えて、裁判官の報酬を国家公務員の俸給制度に準ずる形にしていること自体、憲法の趣旨に反しているのではないでしょうか。大臣の見解を伺います。

第174回国会 決算行政監視委員会 第3号(2010/05/11、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳です。  大学入試センターの事業仕分けについてお伺いをします。  先月二十八日に行われました事業仕分けにおいて、大学入試センターはどのような評価結果となりましたか。
【次の発言】 四月十一日の報道にもありましたが、枝野大臣は、大学入試問題に国の関与は要らないのではと、民営化も検討するとおっしゃっておられました。今回のこの仕分けの結果を踏まえて、民営化は断念するというふうに受け取ってよろしいのでしょうか。  また、そもそも大臣は、民営化という表現を使われましたが、どういう形態の民営化を念頭に置いて発言をされたのか、教えていただきたいと思います。

第174回国会 厚生労働委員会 第20号(2010/05/14、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  私は、日ごろは文部科学委員会に所属しているのではありますが、きょうは、同僚委員の了解もいただいて、厚生労働委員会で初めて質問をさせていただきますので、藤村委員長、お手やわらかによろしくお願いいたします。  それで、児童扶養手当の法案の審議に入ります前に、最初に漢字のお勉強をちょっとさせていただきたいと思います。  資料として、きょう私はプラカードというか飛び道具を用意してまいりましたので、委員の皆さん方、ちょっとお疲れのようでありますが、頭の体操ということでおつき合いをいただきたいと思います。  まず大臣、政府に障がい者制度改革推進本部と……

第174回国会 青少年問題に関する特別委員会 第3号(2010/04/08、45期、自由民主党・改革クラブ)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。よろしくお願いいたします。  まず、「こうのとりのゆりかご」について質問をしたいと思います。  まず、この施設の法的位置づけはどうなっているでしょうか。児童福祉法上、刑法上、適法でしょうか、違法でしょうか。
【次の発言】 現地視察でも、熊本県、熊本市当局の説明では、命を救えるのであれば直ちに違法ではないという政府の見解と受けとめておられました。  違法ではないというだけであって、適法であると真っ正面から位置づけることはできないということなんですね。したがって、法的な位置づけが必要だと私は思いますが、大臣、そう思いませんか。

第174回国会 文部科学委員会 第4号(2010/03/05、45期、自由民主党・改革クラブ)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  下村委員に引き続きまして、高校無償化法案についての質問をさせていただきます。  三月一日、北教組の問題で、私も予算委員会で質問いたしましたが、残念ながらその後に逮捕者が出てしまいました。そのとき、教育公務員特例法の法改正、つまり罰則の適用について必要ではないかと私が指摘をしたことに対して、鳩山総理はこういうふうに答弁しておられました。  法令遵守というものを徹底させるというのが一つあると思います、その法令遵守で十分にそれが行き届いて改正されるのかどうかということがあろうかと思います、それが必ずしもそれだけでは十分でないというときに、法令の改正というものの必要……

第174回国会 文部科学委員会 第5号(2010/03/09、45期、自由民主党・改革クラブ)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  この高校無償化法案の審議に際して、法案の論点、また課題、こういったことを浮き彫りにするために参考人としてお呼びをしたところ、こうしてお出ましいただいたことに改めてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。  そこで、まず川崎参考人にお伺いしたいと思います。  先ほど、配付資料をもとにして御説明をいただきました。佐賀県の教育委員会教育長としてという資料だと思いますが、改めてお伺いいたします。  第三条第一項、このただし書きの部分について、「この適用については一律に適用する具体的な対象は見出し得ないところから、原則不徴収とし、」例外的に「徴収する場合は教……

第174回国会 文部科学委員会 第6号(2010/03/10、45期、自由民主党・改革クラブ)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。よろしくお願いします。  まず、この発言を紹介いたします。きのう、三月九日火曜日、民主党の山岡国対委員長が午前中、ぶら下がりにこのようにお答えになりました。  高校無償化法についても公明党で修正があるやに聞いている。私の立場としては、十分に協議して進めたいということだ。連立与党として協議して一致すればできるのではないか。修正云々にかかわらず、今週中には通したい。少なくとも委員会レベルは通したい。来週になってしまうと定例日がなくなってくる。本会議で緊急上程しなくてもいいが、今週中には委員会を終えたい。修正があるとしても、すぐに検討して対応したいと述べておられます。……

第174回国会 文部科学委員会 第7号(2010/03/12、45期、自由民主党・改革クラブ)

○馳委員 まずは、田中眞紀子委員長に強く抗議をいたします。  我々は、ずっと理事会で協議をし、お互いにこの法案の論点を明らかにしながら、政府の誠意ある答弁を求めてまいりました。そして、総理、中井大臣の出席、あるいは、政府答弁が十分でない場合に採決に応じる環境にないということを理事会でも求めてきました。  きのうの理事懇談会で、田中眞紀子委員長は、朝鮮学校についてはもっと情報公開も必要ですよね、この法案を通じて、世界の各国から日本の国が笑われるようなそういう状況になってはいけませんよね、したがって、あしたの審議も、十分に政府側も誠意を持って意を尽くすように、質問にちゃんと答えられるように督励をす……

第174回国会 文部科学委員会 第8号(2010/03/17、45期、自由民主党・改革クラブ)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  まず、お伺いいたします。  きょうは竹島の問題から入りたいと思いますが、鈴木副大臣、竹島は我が国固有の領土と理解をしておられますか。
【次の発言】 現在、韓国が独島と呼び、不法占拠をしており、実効支配しているという現状を理解しておられますか。
【次の発言】 韓国の教科書には、具体的に竹島についてどういう記述がありますか。
【次の発言】 今お示しいただいた資料は、中学校の教科書ですか、高校の教科書ですか。
【次の発言】 昨年十二月二十五日に高校の新学習指導要領の地理歴史解説書の竹島の記述について公表がなされました。  その公表された経緯等についてお伺いしますが……

第174回国会 文部科学委員会 第10号(2010/04/09、45期、自由民主党・改革クラブ)

○馳委員 おはようございます。自民党の馳浩です。  法案に入ります前に、最近報道で、また事業仕分けが始まるようでありますが、私は実は心配しているんですね。今回視察にも参りました日本原研機構、これも研究開発分野の独法ということで事業仕分けの対象には入っておりますが、実際に原研機構が対象になるかどうかはまだ定かではありませんよね。  この間視察に参りましたときも、理事長の岡崎さんという方は、元科技庁の事務次官として田中眞紀子大臣にもお仕えしたようでありまして、いわゆるガバナンスについても、組織運営について大変物事がわかっていらっしゃって、国内だけではなくて国際的にも大変評価の高い方であります。  ……

第174回国会 文部科学委員会 第13号(2010/04/21、45期、自由民主党・改革クラブ)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  まず最初に、障害という言葉の表記について質問をいたします。  まず、政府に伺います。政府の障がい者制度改革推進本部の表記は、障害者については害の字が平仮名で表記をされております。どうして仮名まじり文字になっているのか、お答えをいただきたいと思います。
【次の発言】 この仮名まじり表記のあり方について、文部科学省の見解をお伺いしたいと思います。
【次の発言】 文字には表意文字と表音文字とあるんですよね。漢字はどちらですか、大臣。
【次の発言】 そうなんですね。別に今から国語の授業をするわけではありませんが、ちょっと肩の力を抜いて、そうは言っ……

第174回国会 文部科学委員会 第14号(2010/05/14、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  きょうは、四十五分間、一般質疑という形でありますが、委員長提案のPTA共済法案の確認質疑をさせていただいた後、採決をすることになりまして、我々も、二年間かけてこの法案に取り組んできた一員として、まず田中委員長、また政府の皆さん、そして民主党の皆さんにお礼を申し上げたいと思います。  もとより、自民党、公明党、みんなの党ということで野党案として議員立法を提出しておりましたが、この確認質疑が始まったということの上で取り下げをさせていただくことにいたしますので、合意ができた委員会運営に改めてお礼を申し上げたいと思います。  そこで、きょうは、政府で法案の担当をして……

第174回国会 文部科学委員会 第15号(2010/05/28、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳です。  まず、北教組の違法献金事件その後についてお伺いをいたします。  公職選挙法違反、政治資金規正法違反の罪で逮捕され、起訴された小林千代美代議士の選対幹部の事件の公判で、この起訴された二名の幹部は罪を認めているのでしょうか、また、団体として起訴された北教組は認めているのでしょうか。
【次の発言】 文部科学大臣としての現段階での見解をお示しください。
【次の発言】 今後、どのように関係者の処分を文部科学省としてしますか。
【次の発言】 当の小林千代美代議士は、捜査当局の事情聴取に対しても知らぬ存ぜぬの一点張りでありまして、今でも民主党にとどまり、……

第174回国会 法務委員会 第3号(2010/03/09、45期、自由民主党・改革クラブ)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  きょうは、まず親権の問題の方から先に入りたいと思います。最近また報道が相次いで心を痛めております虐待という観点からの親権の問題と、それから、離婚をした場合、いわゆるハーグ条約に関する問題での親権の問題、まずこの二点から入りたいと思います。  私は、新聞記事を見て大変なるほどなと思って、参考に質問をさせていただきます。二〇一〇年二月二十八日日曜日の北陸中日新聞の「虐待めぐる親権制限の検討」この新聞記事を参考にいたします。  今現在、親権の一時・一部制限について研究会の報告がなされて、そして法制審議会の方に諮問をされる、検討の段階である、こう……

第174回国会 法務委員会 第5号(2010/03/26、45期、自由民主党・改革クラブ)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  ぎっくり腰も大分治りましたので、きょうはちゃんと質問させていただきます。  きょうは、永住外国人の地方参政権付与法案、それから選択制夫婦別姓法案について、その立法の背景について、政府の姿勢をお伺いしたいと思います。  まず、きょうは、渡辺副大臣もおいでですし、それから千葉大臣もおられますので、政府提出法案として、今私が申し上げた地方参政権、また夫婦別姓の法案を国会に提出する準備をしておられるかどうかをお聞きしたいと思います。
【次の発言】 渡辺さんは非常に正直にお答えいただいたと思うんです。  つまり、国会の内外で、世論を二分すると言うと言い過ぎかもしれませ……

第174回国会 法務委員会 第8号(2010/04/20、45期、自由民主党・改革クラブ)

○馳委員 長い本会議の後、お疲れさまでございます。  私は、一時間ほど与えていただきましたので、三つのテーマについて質問をさせていただきます。これまでの質問等と重なる点もありますが、よろしくお願いいたします。  まず、公訴時効制度の趣旨との関係からお伺いをいたします。  公訴時効を設けている理由として、一般に三つの理由がありますが、それについてまずお答えください。
【次の発言】 そこで、今回の法改正で、死刑がある刑法犯、特別法犯については時効が廃止されるわけですから、この限りにおいて事実状態の尊重という理由はなくなったと理解してよろしいでしょうか。

第174回国会 法務委員会 第10号(2010/04/27、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  きょうも、辻先生また山尾先生のお話を聞いていて、もっともだと私も思いました。ちょっとこの法改正は拙速過ぎたんじゃないのかなという印象を持ちながらも、そうはいいながらも、与野党理事で、きょう採決があると聞いておりますので、私なりに思うところもありますので、前回に引き続き質問を続けさせていただきます。  先般、参考人質疑がございまして、日弁連の江藤洋一さんから反対のビラが配付をされましたので、これに基づいてまず質問させていただきます。  このビラに、「被害者・遺族の方々の声は多様です」とあり、「公訴時効の廃止・延長をもって被害者救済とするなら、あまりに安易です」……

第174回国会 法務委員会 第13号(2010/05/21、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  朝から長い審議、お疲れさまです。大臣、本当に少し一服してきて結構です、質問をちょっと入れかえますので。外務省に聞こうと思ったんですけれども、まだ来ていないんですね。では、せっかくですから、さらに入れかえましょうか。  では、中川副大臣がお見えですから、日本語教育振興協会、この質問から入らせていただきます。  事業仕分けの第二弾、後半戦が昨日から始まっておりますが、法務省関係では三つの法人が対象となっておりまして、そのうちの日本語教育振興協会についてお伺いしたいと思います。私も仕分け対象の法人を拝見したときに、日本語教育振興協会がどうして法務省の所管で出てくる……

第174回国会 予算委員会 第18号(2010/03/01、45期、自由民主党・改革クラブ)

○馳委員 今ほど、衝撃的な、未確認情報ではありますが、入りまして、札幌地検が逮捕状を請求し、先般北教組の問題で事情聴取もされておりました北教組の最高幹部三名が出頭を求められるようであります。改めてこの情報については確認をいたしますが、きょうは急遽、この北教組の問題について、教育の正常化という観点から質問をさせていただきます。  まず最初に、資料一のファクシミリ送信票をごらんいただきたいと思います。  これは、我々、二月十八日に北海道を調査訪問した折に提供された資料です。この程度ならということで、現場の教員から寄せられました。  このファクシミリの送信時間は左上に記載されています。一〇年二月一日……

第175回国会 青少年問題に関する特別委員会 第3号(2010/08/18、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  先般、同僚の宮本岳志議員から、大阪の事件について自分も現地に行っていろいろ聞き取り調査などをしてきた、ぜひ、閉会中ではあるが、国会でやはり今後の対応をするためにも閉会中審査をしたいという申し入れをいただきまして、すぐに池坊委員長また園田、菅原両理事に御理解をいただいて、きょうの日を設定していただいたことに感謝申し上げたいと思います。  現地の状況などは同僚の宮本委員から後ほど話があると思いますので、私は、安全確認義務、この問題について集中してお伺いしたいと思います。  平成十九年にこの問題を改正するときに、当時は安全確認については努力義務規定だったんです。な……

第176回国会 文部科学委員会 第2号(2010/10/27、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  今の下村委員の質疑の内容をちょっとつないでお聞きしますが、まず、高木文部科学大臣は平成十八年度に成立をした教育基本法に賛成をいたしましたか。
【次の発言】 という歴史的な経緯がありますが、今、大臣として、現行の、平成十八年度に改正をされた教育基本法に従って、教育行政のリーダーとして進めていくという決意をお誓いください。
【次の発言】 そうするとおかしいんですね。改正された教育基本法第十四条、皆さんも御存じだと思いますが、政治的な中立性をうたっております。そして、あなたは今、これに基づいて、高校無償化法案、朝鮮学校に支援金を支給するということを決定した場合には……

第176回国会 文部科学委員会 第3号(2010/10/29、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 下村委員の質問を受けて、また、大臣の冒頭の、高校無償化法、朝鮮学校に対して支援金を拠出するかしないか、省令に基づく判断基準、これについてまず質問をさせていただきますが、改めて伺います。留意事項に法的権限はありますか、ありませんか。
【次の発言】 留意事項に法的権限があると明言をされました。  そこで、先ほど大臣は答弁の中で、改善を促す仕組みになっているとおっしゃいました。改善に従わなかった場合には、権限に基づいて支給をしますか、しませんか。それ以前の問題ですね。改善を守るように命令できますか。
【次の発言】 答弁になっていませんね。改善を促す。改善に従わなかった場合には命令をしますか……

第176回国会 文部科学委員会 第5号(2010/11/24、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 先ほどの下村委員の問いかけに対して、大臣が思いを述べたというふうにおっしゃいましたので、改めて、議事録を取り寄せていただきましたので、前回のやりとりを私はもう一回読ませていただきます。  まず、高木大臣、こういうふうに述べられたんですね。「委員御指摘のとおり、これからかなり明確にさらに書くべきではないかということの御意見でございますが、これはしっかり受けとめて、いわゆる教科書検定等について反映をできればしたいと思っております。」これに対して、下村委員がこう言いました。「一言余分なんですね。できればというのを削ってほしいんですよ。大臣ですから、それはそういうふうに言えばできるんですよ。……

第176回国会 法務委員会 第3号(2010/10/29、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  私と奥田委員長は同じ選挙区で、ライバルでありまして、いつも、まあ、今のところ四回戦って二勝二敗ということでありますので。きょうのところは委員長には質問できませんが、どうぞお手やわらかによろしくお願いいたします。  最初に、外務副大臣にお伺いいたしますが、ハーグ条約の問題です。  報道もよくされておりまして、関係者も心配しております。早く批准をし、国内法を整備すべきではないかというのが私の考えです。今、外務省としてどういう判断、行動をされているか、まずお伺いいたします。
【次の発言】 関係者から要請もいただいて、勉強会を開いておりまして、今から試案をちょっと申……

第176回国会 予算委員会 第9号(2010/11/15、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 私は、自由民主党・無所属の会を代表して、平成二十二年度一般会計補正予算、平成二十二年度特別会計補正予算及び平成二十二年度政府関係機関補正予算につき撤回のうえ編成替えを求めるの動議に関して、提案理由を申し述べます。  そもそも、今般の景気回復の息切れと株価の下落、急激な円高は、民主党政権の経済財政運営によって生じた政策不況という以外の何物でもありません。参議院選挙後も党内の権力争いに明け暮れ、いたずらに三カ月もの月日を空費したのであります。そして、内政のみならず、沖縄普天間基地問題の迷走に始まり、尖閣諸島における中国漁船衝突問題と動画流出事件、北方領土問題など、外交における危機管理の欠……

第177回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第5号(2011/05/20、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩と申します。  武田参考人には、先般、文部科学委員会でもお世話になりました。あのときちょっと話題になりましたね。プールは今後どうかということで、各市町村は、小中学校を抱えていて、迷っておりました。先生として、学校における今後のプールの使用について、見解をお願いします。  もう一つ、実は大変な課題は、放射性廃棄物の処理の問題ですね。  私は、これは二つの流れが必要かなと思うのは、一つには、環境省が所管をする法律に基づいて廃棄物の処理をしていくという流れと、当然、その前段階として、モニタリングと評価を適切に行う、評価の分野にはもちろん医療分野も入る、こ……

第177回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第6号(2011/05/25、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  まず、お配りをした資料をごらんいただきたいと存じます。「海溝型地震と原子力発電所の位置図」とありまして、提供は文部科学省であります。  そこでまず、地震や津波の予測、観測、今現在、日本でどの程度のレベルまで予測や観測ができるのか、そのデータをもとに私たちはどういう備えをすべきなのか、こういう観点で質問をさせていただきます。ちなみに、私が提供した文部科学省のこの資料というのは、出典は、地震調査研究推進本部地震調査委員会というところから提供いただいたものであります。  ちなみに、ちょっとこれをごらんください。右の下の方の三陸沖北部、宮城県沖地震、三陸沖から房総沖……

第177回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第7号(2011/07/22、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩と申します。  きょうはありがとうございました。  まず最初に、本庶先生にお伺いいたします。  私見として、科学技術は人類並びに国民の生存を守るための最大の武器であるというふうに表明しておられますが、よりよく死ぬための科学技術というのはないんでしょうか。というのは、ライフイノベーションのところでも出てまいりますが、自殺大国となった我が国において、どういう状況で死を迎えるかということは、やはり国民すべてにとっての大きな課題であると思います。  したがって、本庶先生とともに学術会議の廣渡先生にも、人文科学の分野からというアプローチもおっしゃいましたが、私は、実は国会で尊厳……

第177回国会 外務委員会 第11号(2011/05/13、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  きょうは、ハーグ条約の締結、そして国内担保法の問題に絞ってお聞きをしたいと思います。  大臣、最近の報道によると、また大臣の記者会見によると、いよいよハーグ条約の締結に向けて決断をされる時期に来た、こういうふうに表明をしておられますが、いかがでしょうか。
【次の発言】 今月下旬にはフランスでサミットがございます。そのサミットの場において、菅総理は、日本もハーグ条約を締結し、国際的なルールを守るということを表明するのではないかと報道されております。  私は、政権交代の後、岡田外務大臣、前原外務大臣、そして松本外務大臣も副大臣として、この問題は、恐らく、海外の国……

第177回国会 外務委員会 第12号(2011/05/20、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  きょう委員会に付されております条約四案件については、自由民主党は賛成という立場から、私は、関連質問ということで、ここ数日で報道されている中で外交案件が動いておりますので、その件についてお伺いをしたいと思います。  きょうは、ハーグ条約の問題と寺越武志さんの問題、二点について質問をさせていただきます。  まず、先般私も当委員会で質問をさせていただきましたが、ハーグ条約の締結に向けて、非常に報道も揺らいでおりました。  そこで、本日五月二十日、閣議了解をされたのでしょうか、まずお伺いしたいと思います。

第177回国会 青少年問題に関する特別委員会 第3号(2011/04/20、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  改めて、東日本大震災被災者にお見舞いを申し上げ、犠牲者に哀悼の意を表したいと思います。  震災孤児の支援ということについて質問させていただきます。  長期的な養育問題で全国里親会が受け入れ体制を表明していると思いますが、現在どういうような状況になっておりますでしょうか。
【次の発言】 里親には、養育里親、親族里親そして専門里親という三つの分類があると存じます。親族里親については、要件を緩和してほしいという要望がかねてからありました。今回も、やはり親族里親のもとで継続的に育った方がよりよいであろうという認識は厚生労働省にもあると思います。 ……

第177回国会 文部科学委員会 第2号(2011/03/09、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  まず、小学校一年生の三十五人以下学級について、教育論と財政論、両面から見解をお伺いしたいと思います。  平成二十三年度予算の概算要求で、一律一〇%削減のシーリングがかけられましたが、これは義務教育費国庫負担金についても適用されましたか。
【次の発言】 文部科学省の歴史上、今まで義務教育費国庫負担金について、一律シーリングがかけられたことはありますか。
【次の発言】 平成二十二年度予算における義務教育費国庫負担金の金額は幾らですか。その金額に一〇%シーリングをかけた金額は幾らになりますか。

第177回国会 文部科学委員会 第3号(2011/03/23、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳です。よろしくお願いいたします。  私も、大震災の被災者にお見舞いを申し上げますとともに、犠牲となられた方々に心から哀悼の意を表したいと思います。  早速、法案審議に入ります。  三十五人学級法案を前提とした平成二十三年度予算案は、既に衆議院で成立をしています。憲法の規定で、遅くとも三月三十一日には成立します。この法律が年度内に成立をしなくても、一年生の三十五人学級に必要な教職員定数の給与は確保できているのではありませんか。
【次の発言】 この法律が年度内に成立をしないで困ることについて、ちょっと詳しくお聞きをしておきたいと思います。  今、山中局長も、基礎定数が確保で……

第177回国会 文部科学委員会 第4号(2011/03/25、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自民党の馳浩です。よろしくお願いいたします。  教員の資質向上についての今のやりとりを拝聴しておりまして、多分こういうことだったと思うんですよ。大臣、こういうことなんですよ。要は、民主党を一生懸命応援してこられた日教組の皆さんが、これはやはり負担が多い、十年研修と重なるよ、廃止だ、ずっとこうおっしゃっておられたんです。そういう主張をされる民主党の候補者も二年前のときにはおられました。  政権交代の後、文部科学省としては、教員免許更新制度の抜本的な見直し、こういうふうに方針を示されたと思うんですね。ところが、それから半年ぐらいたった後、去年の六月に、教員の資質向上についての抜本的な見直……

第177回国会 文部科学委員会 第5号(2011/03/30、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 おはようございます。午前中、残り三十分、よろしくお願いいたします。  私は、きょうは九十分いただいております。私が準備しております質問が最後まで行くかどうかわかりませんので、まず、結論の方から先に言いたいと思います。  自由民主党は、当初、以下の三点で政府案に反対しておりました。  一つは、定数改善計画の見通しが立っていないという一点目。二点目は、少人数教育は加配定数を活用しながら現実的にやってきているではないかというのが二点目。三点目は、やはりシーリングをかけてはならない。こういう主張を展開してきたつもりであります。  これに対していろいろ質疑をさせていただく中で、まず、定数改善計……

第177回国会 文部科学委員会 第6号(2011/04/06、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。よろしくお願いいたします。  私もきのう被災地に行ってまいりまして、その声をきょうお伝えをし、また、できる限りの御答弁もいただきたいということで質問させていただきます。  私は朝七時に自由民主党本部を自分の車で運転して出発をしまして、帰ってきたのが夜十二時でありまして、それから資料を取りまとめての質問ということになりますので、まず被災地の声を聞いていただくということを中心に、皆さん方には、現行できる限りの答弁で結構ですから、お答えをいただきたいと思います。  実は南相馬市に入るのが目的でありまして、往復、車の運転が九時間かかりました。現地滞在が八時間でありまして……

第177回国会 文部科学委員会 第7号(2011/04/13、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 おはようございます。よろしくお願いいたします。自由民主党の馳浩です。  麻生内閣、塩谷立文部科学大臣のもとで平成二十一年六月十九日に改正をした日本学術振興会法と、平成二十一年五月二十九日に成立をした平成二十一年度第一次補正予算によって、先端研究助成基金補助金と研究者海外派遣基金補助金が予算化をされました。平成二十六年三月三十一日までの期限をつけた基金です。それぞれ、当時幾ら予算化をされましたか。
【次の発言】 これは、鳩山政権、川端文部科学大臣のもとで平成二十二年一月二十八日に成立をした平成二十一年度第二次補正予算で減額修正されました。それぞれ幾らになりましたか。

第177回国会 文部科学委員会 第8号(2011/04/27、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 おはようございます。自民党の馳です。  四月十五日に福島県、宮城県の現地視察に行ってまいりまして、そこでいただいてきたお声について質問をさせていただきます。  朝六時に東京を出まして、東北道二本松インターチェンジをおりて、川俣町から飯舘村に入りました。いきなりカーナビに、福島第一原発二十キロ圏内には入れませんという警告が画面に表示され、音声が出ました。村の様相は、桜満開の春にもかかわらず、生きて動いているものは何もいないという異様な静けさでありました。  そこで伺います。二十キロ圏内の家畜やペットなどの動物の扱いはどうなっていますか。家族にとっては家族同様の存在であり、救い出してあげ……

第177回国会 文部科学委員会 第10号(2011/05/18、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩と申します。  きょうはありがとうございます。私は、当然、原子力政策については一通り国会議員としての理解はしておりますが、こういった事故あるいは健康被害という問題については素人でありますので、失礼なことを聞くかもしれませんが、できれば、かんで含んで教えるような感じでいろいろ答弁いただきたいと思います。  まず、武田参考人に伺います。  私たちは、地震と津波という原因によるいわゆる天変地異、事故により今回の放射線の原子力施設以外への放出が始まったという認識でおりました。ところが、報道されているように、どうも初動の態勢で政府と経済産業省あるいは東電の対応が、的確に、法令ど……

第177回国会 文部科学委員会 第11号(2011/05/20、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  まず、委員長初め委員の皆さんにおわびを申し上げたいと思いますが、実はきょう、私、三つの委員会を午前中かけ持ちをしておりまして、今まで外務委員会で質問をしておりました。この後、科学技術・イノベーション特別委員会でまた質問に入るということなので、出たり入ったりすることを特に委員長にはおわびをし、お許しをいただきたいと思います。  さて、きょうは、公益法人に対するガバナンスのあり方としていかがかということで、日本相撲協会を取り上げようと思ったんですが、きょうのところは、財団法人日本漢字能力検定協会の内紛問題について追及したいと思います。  実は……

第177回国会 文部科学委員会 第12号(2011/05/25、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。よろしくお願いいたします。  一時間いただきましたので、きょうは、スポーツと学校体育、部活動、そしてスポーツの国際戦略、こういうテーマで質問をさせていただきます。  スポーツ、いろいろな定義を包含しておりますが、教育の要素を位置づけたものが体育である、こういうふうな仕切りが午前中の鈴木副大臣の答弁でも間々明確にされてきて、スポーツ基本法を制定した後も、今後のスポーツ政策を進めていくに当たって、私もそういう仕切りでいいと思っておりますが、そうすると、これは大臣にお聞きしましょうか。  体育の日という祝日は、そろそろスポーツの日というふうな国民的な祝日としての位置づ……

第177回国会 文部科学委員会 第14号(2011/06/01、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  さて、早速質問に入らせていただきます。福島県の小中高校のプールの使用基準の問題についてお伺いをしたいと思います。  放射能汚染ということで、運動場の使用について、学校生活における子供が許容される放射線量についての議論がかまびすしくありますが、夏に向けて、学校においてはプールの利用がございます。部活動でもございます。これについて、今、文部科学省として定まった基準というのはございますでしょうか。
【次の発言】 国交省の審議官、来ていただいておりますね。下水道へ流されるプールの排水の基準について、何らかの規制というのはあると考えてよろしいでしょ……

第177回国会 文部科学委員会 第15号(2011/07/27、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 大臣、お疲れですか、大丈夫ですか。よろしくお願いいたします。  朝からの議論を聞いていて、一点、放射性物質が原子力施設や管理区域の外にこれだけ大々的に漏れ出てしまったのは我が国始まって以来のことだと言われておりますし、その認識は大臣も変わりませんね。
【次の発言】 そうすると、それぞれの委員会でも指摘が多々あったんですが、したがって、漏れ出してしまった放射性物質をいかにして低減をさせていくか。そして、放射性物質のついた廃棄物など、きょう議論になっておりました土壌や、これは農用地の土壌にもかかわりますよね、こういったものを低減させていく措置が必要だと思いますけれども、それには一定のルー……

第177回国会 文部科学委員会 第16号(2011/08/03、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩と申します。  私は放射性物質については素人でありまして、さはさりながら、環境中に放出された放射性物質を規制するという法律が我が国にはありません。  まず、その点から第一点伺いますが、ジェー・シー・オー事故があったときは、あのときはどういうふうに処理をしたんでしょうか。もしおわかりだったら教えてくださいというのが一点目です。  実は、きょう午後四時から私は環境省で記者会見をして、自民党、公明党の案を説明してまいります。素人ながらもちょっと勉強して、こういうふうな処理法案が必要だろうということで取りまとめましたが、どう考えても、環境基準、そして生活基……

第177回国会 文部科学委員会 第17号(2011/08/10、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  下村委員の指摘を引き継いで、三党合意そして「政策効果の検証」というところをちょっと詳しく入りたいと思います。  あの去年の高校無償化法案の審議のときに積み残しということでもありましたことなんです。まず、高校無償化をする政策の目的が教育目的なのか経済対策なのか、経済対策といっても、学校の経営を支援するのか、高校生の通っている御家庭の家計を支援するのか、そこが審議をしていても十分明確ではなかったんです。  大臣、今回、政策効果を検証するとなっていますから、まずそこから検証すべきだと思っているんです。  けさ、決算行政委員会のテレビを見ておりましたら、御党の柚木さ……

第177回国会 文部科学委員会 第18号(2011/08/26、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  まず、私学の災害復旧助成法案についてお伺いをいたします。  参議院で成立をしましたこの法案で、衆議院でも成立をした場合に必要となる所要の予算は幾らなのかをまずお伺いしたいと思います。  法案が成立しない場合には二分の一補助、成立した場合には公立並みの三分の二補助、六七%に引き上げられるということで、この差額の部分、法案が成立した場合には三分の二とするということでありますから、その所要額についてまずお伺いをしたいと思います。
【次の発言】 財務省からわざわざ来ていただきました五十嵐先生にお伺いしたいと思います。二百十八億のやはり意味の大きさ……

第177回国会 法務委員会 第5号(2011/04/13、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 お疲れさまでございます。  江田大臣、よろしくお願いいたします。私も、参議院議員時代から江田大臣のことはよく存じ上げているつもりではありましたが、改めて、法務大臣として、法の番人としての冷徹な判断と、同時に、関係者に対する温かい、説得力を持って職務を遂行していただきますように激励を申し上げたいと思います。  私は、実は法務委員会は門外漢でございます。いつもは教育畑でやっておりますが、法務委員会に来るときには大体三つのテーマなんですよ。一つがきょうやりますハーグ条約に関係すること。もう一つが民法の親権問題、これは児童虐待に関係することですね。もう一つがオウム真理教に絡む団体規制法の問題……

第177回国会 法務委員会 第7号(2011/04/19、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳です。きょうもよろしくお願いいたします。  今ほど、あべさんが最後におっしゃった阪神大震災のときの児童虐待の案件というのは、詳しく言うとこういうことなんです。いわゆる避難所等においての性的虐待が随分あったんですよ。改めて、今般の東日本大震災、避難所における子供の監護についての対応というものを、やはりしっかりと目を光らせていただきたいということをまず最初に申し上げておきたいと思います。  では、質問に入ります。  まず最初に、現行の親権規定が定められたのはいつのことでしょうか。
【次の発言】 現行の、現在の親権内容をお示しいただきながら、それ以前の親権の内容との違いをお示……

第177回国会 法務委員会 第9号(2011/04/26、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。よろしくお願いいたします。  先週、四月二十日の連合審査会に引き続いて、子供の連れ去り問題から質問をさせていただきます。  子供の最善の利益を重視する姿勢を一段と今回の民法改正で出しました。ならば、未成年者の子供がいる夫婦間で起こった子供の連れ去り問題は、子供の最善の利益をしっかりと勘案して、慎重に裁判所の決定をすることが今回改正の立法趣旨の一つだと私は思いますが、大臣としての見解をお伺いしたいと思います。
【次の発言】 具体的には、DV防止法上の保護命令を出すときも、より慎重に適正手続を踏んで行うこと、不当な連れ去りは、場合によっては児童虐待となる場合もあるこ……

第177回国会 予算委員会 第28号(2011/08/08、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。よろしくお願いいたします。  男子のワールドカップサッカー、いよいよアジア三次予選が始まります。日本対北朝鮮、ホームアンドアウエーで行われます。九月二日には埼玉スタジアム、そして十一月十五日には、場所は確定ではありませんが、北朝鮮でこのホームアンドアウエーの試合が行われることになっておりますが、北朝鮮チームの日本への入国がちょっと心配をされております。  これは私は、この時点においても確約をちゃんとしておくべきだと思いますが、松本外務大臣にお願いをいたします。
【次の発言】 FIFAの規約第三条、そして第十三条、これは差別の禁止、こういうことがあった場合には制裁……

第179回国会 安全保障委員会 第2号(2011/10/25、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  一川大臣、まずは、同じ石川県民として、防衛大臣に就任なさいましたことに心からお祝いを申し上げたいと思います。(発言する者あり)本心ですよ。諸課題、多くあります。一生懸命務めていただきたいと思います。  まず最初に、もうキャッチフレーズとなりましたが、一川大臣のおっしゃる国民目線とはどういう目線ですか。
【次の発言】 国民目線で小松基地のF15タンク落下事故が対応されたのかということをきょうは質問したいと思います。  第一報として、一川大臣に、タンク落下事故について、どこに落ちたと報告が上がりましたか。

第179回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号(2011/10/25、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  この科学技術・イノベーション特別委員会は、大臣の失言を追及するような委員会ではございませんので、古川大臣には安心して、そして我が国の未来にとって有益となるような答弁をいただきたいと思います。  冒頭ではありますが、この二カ月間ほど、原発事故を受けての、過酷な事故があったときの運転操作マニュアル、これを国会に提出してください、どうだったんですか、この問題について理事会において議論がされて、きのう委員長のもとに、そして理事会のもとに提出されたところであり、けさの報道、ワイドショーなどでも大変関心を持って受けとめられております。  我々が政治的……

第179回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第5号(2011/11/24、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  二、三点、簡単にお伺いいたします。  政府の行政刷新会議から、提言型の政策仕分けというのが行われて、コメントが先般出されました。「ITER計画については、国際交渉を進めることにより、日本の負担を圧縮するなど、膨張する負担について、更なる削減、合理化の努力を図るべき。」極めて抽象的な表現ではありますが、何となく、本島機構長の後ろから鉄砲を撃つような表現かなと。  なかなか私も指摘しづらいんですが、別に法的根拠のない会議から出たコメントですと言えばそれまでではありますが、そうはいっても、国民としての関心事であることは間違いない。したがって、出身の国から、政府から……

第179回国会 青少年問題に関する特別委員会 第3号(2011/10/25、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 おはようございます。  十月十六日から三日間、超党派の議員で、沖縄県の青少年問題を調査するために視察をしてまいりました。メンバーは、馳浩、あべ俊子が自民党、民主党から瑞慶覧長敏さん、玉城デニーさん、田中美絵子さん、共産党から宮本岳志さん、無所属の糸数慶子さんです。  そこで、この視察の取りまとめをした結果をきょうは質問させていただきます。  まず最初に、結論から質問いたします。  内閣府の園田政務官に伺います。  二〇一二年度からの新沖縄振興計画の中に沖縄子ども振興計画を明示して作成し、国も県も市町村も一体となって、沖縄県を子育て先進県とするために継続的財政措置で支援すべきと考えてお……

第179回国会 文部科学委員会 第2号(2011/10/26、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 中川大臣、就任おめでとうございます。  大臣は、就任前の八月下旬に、中国の天津外国語大学に出張されていますね。自分のお金で出張したんですか。
【次の発言】 世界日本語教育研究大会での基調講演を我が国を代表してしていただいたということですが、この目的と、そして、大臣が出張をされた、まあ大臣前ですけれども、その成果についてお話をください。
【次の発言】 済みません。  今回、世界の何カ国から世界日本語教育研究大会に参加をしておりましたか。
【次の発言】 来年は名古屋で開催されると伺っておりますが、間違いありませんか。
【次の発言】 名古屋大会を成功させる必要があると思っています。日本語教……

第180回国会 社会保障と税の一体改革に関する特別委員会 第10号(2012/05/29、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 おはようございます。  午前の最後のバッターになりました、自由民主党の馳浩です。よろしくお願いします。  小渕さんから目の覚めるような提案もいただきながら、よりよい審議がなされるように私も努力をしたいと思います。  我が党の中でもいろいろ議論していて、ワーク・ライフ・バランスの話をすると、どうしても女性の働き方というところにターゲットが行ってしまって、それは違うんじゃないか、男性の働き方こそを変えていかなければいけないということで、やはり残業は徹底的にさせないようにしよう、家庭に帰そう。伊吹先生のように、ちゃんと家庭に帰って料理もつくる。  あるいは、有給休暇はちゃんと徹底的に消化さ……

第180回国会 社会保障と税の一体改革に関する特別委員会 第15号(2012/06/06、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  前回の質問で中途半端になりましたので、小渕報告の検証からまず入り、その後、修正協議に向けてや、また、生活保護の話もお伺いしたいと存じます。  資料をお分けしております。小渕報告、リポートの十四ページから、ざっとちょっと確認させていただきます。  ここには、「これまでの二重行政に関する指摘事項とその措置・検討状況」とありまして、三つに分けられております。「指摘事項」「対応方針」「実施時期」、これをまず確認させていただきます。  「補助手続き等」についての部分から入ります。  「幼稚園・保育所の枠組みを超えた財政支援」が必要ではないか。ここで……

第180回国会 社会保障と税の一体改革に関する特別委員会 第19号(2012/06/14、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 連日お疲れさまでございます。  私は、子ども・子育て新システム関連三法案について質問をさせていただきます。  小渕報告の検証、そして、できるだけ歩み寄るために、どこが一致できるのかな、ここはもしかして見解が違うのかな、こういうことを私なりにちょっとまとめてまいりました。一つずつ指摘をいたしますので、小宮山大臣の見解をお伺いしたいと思います。  まず、議論をしていて、ここはほぼ一致、あるいは似ている、ベクトルが合っているなという一点目。  幼児教育を拡充しよう、そのために、保育士や幼稚園教諭の処遇改善、研修の充実をして、現場のいわゆる質の改善をしていこう、この点については一緒だと思った……

第180回国会 社会保障と税の一体改革に関する特別委員会 第21号(2012/06/25、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳議員 今まで、代表質問を含めて五回、私は質疑をさせていただきまして、多分それを聞いておられて御理解いただけると思いますが、これはちょっと自由民主党としては容認できないなという点は四ポイントほどありました。逆に、これだったら歩み寄られるのではないかなということは一点ありました。申し上げます。  まず、これはちょっとなと思ったのが、小宮山大臣の盲腸発言です。  二点目は、児童福祉法第二十四条、市町村の実施義務、ここのところを改正されてはやはり公的責任を果たせないのではないかという点が二点目。  三点目は、こども園として支給を受ける施設の指定制であります。これで本当に保育の質を保つことができるの……

第180回国会 社会保障と税の一体改革に関する特別委員会 第22号(2012/06/26、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 私は、民主党・無所属クラブ、自由民主党・無所属の会及び公明党を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。  案文を朗読して説明にかえさせていただきます。     子ども・子育て支援法案、就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律案及び子ども・子育て支援法及び総合こども園法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たっては、次の諸点について適切な措置を講ずべきである。  一 制度施行までの間、安心こども基金の継続・充実を含め、子ども・子育て支援の充実のために必要な予算の確保に特段の配……

第180回国会 青少年問題に関する特別委員会 第5号(2012/08/06、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 きょうはありがとうございます。よろしくお願いいたします。  時間がオーバーしておりますので、私は二時十分までに終わります。  まず、教育委員会が機能しているのかどうかということについてお伺いしたいと思います。  亀田参考人、教育委員会は機能しているのでしょうか。
【次の発言】 そこで、やはり、こういう一つの事案があった場合に、教育委員会自体が機能していないんだから、どうかしろという議論も出てまいります。  したがって、私は、そういう議論をすることも大事ですが、基本的に教育委員会という制度が機能しているということを前提に議論しないと、全てがひっくり返されてしまうのではないかなと思ってい……

第180回国会 文部科学委員会 第2号(2012/03/16、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  今の下村委員の質問を引き継がせていただきます。  国会が開かれるたびに、大臣所信を拝見するのは楽しみにしております。いただきました資料四ページ、「平成二十五年度からの第二期教育振興基本計画の策定に向けて、しっかりと検討を行ってまいります。」こういう一文がございます。  大臣、今、下村さんの問いかけに答弁をされましたが、第一期の教育振興基本計画を検証した上で、この所信に書いてあります第二期教育振興基本計画の作成に入るというのが当然だと思いますが、まずそれでよろしいですか。
【次の発言】 先ほどのやりとりを聞いておりましたら、学力テストにして……

第180回国会 文部科学委員会 第3号(2012/04/18、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  きょうは四月十八日です。何の日か御存じですか。今質問をなさいました池坊保子さんの古希の誕生日です。今夜はお祝いをして、パーティーもあるようでございまして、心からお祝いを申し上げたいと思います。  そこで、高井美穂副大臣、最近政治資金パーティーを開催しましたか。
【次の発言】 会費は幾らでしたか。
【次の発言】 和服姿であでやかにお出迎えをされたようでありますが、これは大臣規範に抵触しないのでしょうか。
【次の発言】 総務省の選挙部長に伺います。  地元選挙区内の有権者に政治資金パーティーの無料招待券を送付したら、公職選挙法上、政治資金規正法上、どのような罰則……

第180回国会 文部科学委員会 第8号(2012/08/24、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 おはようございます。  宮本さん、内心の自由に踏み込んだり制約するという考えは全く持っておりません。むしろ、内心の自由をより深めるための教養や知識を身につけるためにも、より古典に親しんでいただき、理解をいただければありがたいと存じます。  以上です。
【次の発言】 我が国ゆかりのというふうな意味で御理解をいただければ結構であります。
【次の発言】 同感であります。大阪の事例は、それは大阪市長さんの最終的な判断ではありますが、私はやはり残念に思います。なかなか民間で整備できるものではありません。図書館や、そういった文化芸術等を披瀝する場所、またその人材の育成といったものは、この法案を契……

第180回国会 法務委員会 第3号(2012/03/16、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  きょうは、ハーグ条約に関して幾つか質問をさせていただきますが、最初に、私自身は、一刻も早くハーグ条約を締結すべきである、それに従って国内法の整備もすべきであると。同時に、国内における子供の連れ去り事案が多くございますので、この問題にも法的な対応が必要である。最終的には、私は共同親権の設置を求めております。こういう観点から、さはさりながら、いろいろな課題もあるようですので、きょうは質問をさせていただきます。  では、まず最初に大臣に。  三月九日にハーグ条約の承認案とその国内担保法案を閣議決定されたと伺っております。この国会で両案を成立させる大臣の意気込みを伺……

第180回国会 予算委員会 第16号(2012/02/27、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  駒村さん、西沢さん、森信さん、細野さん、それぞれに本当に貴重な御意見をありがとうございました。  まず、細野さんにお伺いします。  私も高校生のときに細野さんのような方に年金問題について教えてもらったら、私は未納が二カ月間ほどあるんですけれども、そんなことをしなくて済んだと思うんですよ。私が未納になったのは二回なんですね、二カ月分です。学校の教員からプロレスラーになったときの切りかえ忘れ、もう一つが、プロレスラーのときに海外に武者修行に行ったときの切りかえ忘れが一回。  働き方によって加入している制度が変わってしまう、申請主義である、そう……

第180回国会 予算委員会 第19号(2012/03/01、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  ただいまの下村委員の話に続けて、お伺いいたします。  朝鮮高校から申請が上がってから一年半が経過しております。これは行政手続上、異例のことだと思います。審査をし、どうするかという判断をする。もっと早く返事を朝鮮高校に出すべきではありませんか。行政手続法上の違反という訴えをされた場合に、もしかしたら、そうなるのではありませんか。お伺いします。
【次の発言】 今ほどおっしゃいました不測の事態に法的根拠はありましたか。
【次の発言】 超法規的措置でなさったんですよ。当時の文科大臣も、私の委員会質問にそのようにお答えになったんですよ。  改めて松原大臣にお聞きをしま……

第180回国会 予算委員会 第25号(2012/06/12、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  午前中は最後の質問者となりますので、よろしくお願いいたします。  実は、石破委員が本来この後質問する予定であった問題、会期延長の問題についてから入りたいと存じますが、総理、かねて修正協議を求めておられました社会保障と税の一体改革関連七法案でありますが、実は今、同じ時間帯に別館で中央公聴会が行われております。私は、その委員会のメンバーではありますが、予算委員会のメンバーでもあり、きょうは予算委員会でテレビ入りの集中審議ということで、こちらにやってまいりました。午後はまた別館の方に参りまして、子ども・子育て新システムについての中央公聴会の公述……

第181回国会 文部科学委員会 第2号(2012/11/07、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 委員長に私からもお願い申し上げます。  下村委員からの、立法府として、委員会として、法令に基づいたやはり認可をすべきという決議を出すことも大切ですが、そのプロセスについて立法府として理解をしておくことも必要ですので、三大学の設置準備室、三大学の代表、関係者をお招きしての参考人質疑と、加えて、この問題に限って集中質疑をしていただくように、これはお願いを申し上げます。  我が党自由民主党は、きょう二時間三十分ほどいただいておりますので、ちょっと丁寧にやらせていただきますけれども、ほかの党の皆さん方も、これはどう考えても、法律に基づいて大学設置審議会も設置をされていて、そこから諮問を受けて……

第181回国会 予算委員会 第1号(2012/11/12、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  きょうは、田中眞紀子大臣に、三大学新設不認可問題について、そして朝鮮高校に対する高校無償化、支援金の支給の問題について質問いたしますが、まずその前に、先ほどからお話ありました、十五、十六と、モンゴルのウランバートルで局長級協議が行われますので、少し確認したいことがありますので、三点ほど伺います。  まず、第一点です。  きょうは杉山局長は来ておられますか。今、平壌に寺越武志さんという日本人が在住されていると思いますが、その確認は外務省はしておられますか。
【次の発言】 この寺越武志さんは、当然、邦人保護の対象ですね。


46期(2012/12/16〜)

第182回国会 文部科学委員会 第2号(2013/01/24、46期、自由民主党)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  きょうは一月二十四日であります。大阪市立桜宮高校バスケットボール部の新キャプテンが、残念ながら若い命を絶った、みずから絶ったのが十二月二十三日でありました。あれからちょうど一カ月たちました。閉会中ではありますが、各党の皆さん方に、また委員長にも御理解をいただいて国会の場で審議をする機会を与えていただいたことに、改めて心からお礼を申し上げます。と同時に、犠牲になった生徒には、若い命をみずから絶つという本当に大変な事件であると思っており、心からお悔やみを申し上げ、遺族の皆さんに対しても心からお悔やみを申し上げたいと思っています。二度とこういうことが起こってはなら……

第183回国会 文部科学委員会 第4号(2013/04/19、46期、自由民主党)

○馳議員 FIFA、国際サッカー連盟などを想定しております。
【次の発言】 文部科学大臣による指定は、指定される者の申請に基づくものではありません。したがって、指定に当たって、指定される者の同意を求めることは想定しておりません。
【次の発言】 指定組織は日本の組織ではないことが想定されておりまして、また、その申請に基づいて文部科学大臣が指定するわけではないということから、Jリーグ機構に対するのと同様の監督規定を設けることはできないと考えております。  そこで、指定組織については、その指定の段階において、主催者の規約などにより試合の公正性を確保するための措置が講じられていることなどを確認すること……

第183回国会 予算委員会 第5号(2013/02/13、46期、自由民主党)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  麻生政権のときの補正予算に次いで過去二番目の大型の補正予算ではありますが、過去最長の質疑時間を確保することとなりました。御協力いただいた皆さんに改めて感謝を申し上げたいと思います。  さて、訪米前、こうして衆議院において質問をできる最後の機会でもありますので、訪米においての課題について少しお聞きしたいと思います。  まず、安倍総理、この大型の補正予算、あした衆議院で成立する段取りとなっておりますが、これはやはり、世界経済に与えるインパクト、重要性、今後の我が国の方向性を占うことになると思いますし、その説明も多分されるんだろうなと思いますが、どのようにオバマ大……

第186回国会 文部科学委員会 第9号(2014/04/02、46期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。  著作権法改正案、質問させていただきます。  法改正の趣旨は、健全な電子書籍市場の形成とインターネット上の海賊版対策がポイントです。出版関係者からは、単に配信を行っている事業者に出版権を設定され、そのような事業者に電子書籍の流通が独占されてしまうのではないかとの懸念が示されています。  単に配信のみを行っている事業者に出版権を設定することができるのかどうか、大臣に見解を伺いたいと思います。
【次の発言】 出版権制度の趣旨から、電子出版を引き受け、電子書籍の企画、編集等に関与した者が出版権者として念頭に置かれているとのことですが、立法趣旨を明確にするため、条文上も……

第186回国会 文部科学委員会 第22号(2014/06/06、46期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳ですが、修正案について大臣に確認答弁を求めたいと思います。  政府案についてまず読みます。第九十三条第二項第三号です。「学長が教授会の意見を聴くことが必要であると認めるもの」、ここでは主体が「学長が」と明確になっておりますので、学長の主体性が明確になっております。「教授会の意見を聴くことが必要である」と認めつつも、最終権限において教育研究に関する重要事項の最終決定権限を持つと非常にわかりやすく表現された政府案の文章であると思っておりますし、ここのところが実は今回の法案の肝だというふうに考えております。  ところが、修正案では、「教授会の意見を聴くこと……

第186回国会 予算委員会 第8号(2014/02/14、46期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  ただいま、自由民主党の二〇二〇年オリンピック・パラリンピック大会の実施本部長を拝命しておりまして、昨年は、招致本部長として世界を回らせていただきました。  先週、ソチ・オリンピックの開会式にも出張させていただきました。そのときにIOCの関係者から、非常に、期待とともに、約束はちゃんとやってくれるんだろうな、こういうふうな声をかけられました。  そこで、まず、麻生大臣に質問させていただきます。  招致の段階で、昨年七月だったと思いますが、ローザンヌでの会議のときに、我が国が東京オリンピックを開催した暁には、スポーツ・フォー・トゥモロー、この……

第187回国会 文部科学委員会 第6号(2014/11/07、46期、自由民主党)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  委員長に一言申し上げておきたいことがあります。  昼休み、十五分しかないじゃないですか。大臣はお昼御飯を食べていないんですよ。限られた時間でありますから、与野党ともに質問時間を守って、休むときはしっかり休む、お願いしたいと思います。
【次の発言】 招致はオールジャパンでやりました。準備もオールジャパンでやりましょう、そういう趣旨のもとで、きょうは、私ども自由民主党は賛成という観点から幾つか質問させていただきます。  さて、これは局長にお聞きしたいと思いますが、過去の三回のオリンピックやサッカーのワールドカップ、こういうふうな特別措置法案をつくりましたか。そし……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 文部科学委員会 第17号(2015/08/05、47期、自由民主党)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  我が党でも今は検証委員会を行っておりまして、こういうふうな内容で遠藤大臣にはオリンピックスタジアムの見直しをお願いしようと。  基本方針としては、新競技場は白紙から考える。新競技場をオリンピックに使用する場合は、二〇二〇年春までに完成させる。コスト意識を持ち、財源と積算根拠を明確に示すとともに、民間活力を生かした計画を実行する。東京都のスポーツクラスター構想と一体化した計画をつくる。そして、オリンピックのために新競技場に必要な要素は主に三つである。開会式、閉会式には六万人収容のスタンド。陸上競技には三万人収容のスタンド、サブトラック。サッカーには天然芝、五万……

第189回国会 文部科学委員会 第20号(2015/12/01、47期、自由民主党)【政府役職】

○馳国務大臣 まず最初に、衆議院の文部科学委員会が開催されるのは、私が大臣を拝命して初めてでありますので、改めて、職責をしっかりと果たしていく気持ちをお伝えし、また、誠意を持って答弁させていただくことをお誓い申し上げたいと思います。  教育の現場の話でありますけれども、確かに、少子化ということで、児童生徒の数は残念ながら減りつつある状況はよく承知をしております。同時に、とはいいながらも、障害児の割合はふえております。また、小学校の加配ということを考えると、専科教員を求めていたり、また、不登校や子供の暴力に関する事案、ふえております。さらに、この十年で非常にふえているのが、日本語教育を必要とする……

第189回国会 予算委員会 第22号(2015/11/10、47期、自由民主党)【政府役職】

○馳国務大臣 私は二つあると思っています。  一つは、ユネスコ加盟国が問題意識を共有し合うという一点であります。二つ目は、制度改善に向けての、どこをどういうふうに改善していけばよいのか、この具体的な実施に向けてのプロセスに働きかけていく、それを実現していく、この二つだと思っています。  そもそも、ユネスコの記憶遺産事業を通じて関係国の対立あるいは政治的な対立を生まない、むしろ相互理解を深めるという本来の事業の趣旨を加盟国の皆さんに理解をいただくということが一つ。そのための問題意識としては、申請された案件についてのプロセスがより透明化をされ、関係国が資料を閲覧することができて、その上でやはり透明……

第190回国会 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 第6号(2016/04/18、47期、自由民主党)【政府役職】

○馳国務大臣 大臣という立場で個別の事案についてお答えする立場にはないと申し上げた上で、一応、著作権法を申し上げますが、第二条第一項第一号にこういうふうに書いてございます。「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」こういうふうに定義をされております。これに該当するものであれば著作物になる、こういうことであります。

第190回国会 文部科学委員会 第1号(2016/03/04、47期、自由民主党)【政府役職】

○馳国務大臣 このたび文部科学大臣及び教育再生担当大臣を拝命いたしました馳浩です。  今後とも、委員長を初め委員の皆様方の御指導、御鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。  では、所信を申し上げます。  一、初めに。  第百九十回国会において各般の課題を御審議いただくに当たり、私の所信を申し上げます。  現在、安倍内閣においては、少子高齢化に真正面から挑み、希望を生み出す強い経済、夢を紡ぐ子育て支援、安心につながる社会保障の新三本の矢の実現を目的として、一億総活躍社会に向けた取り組みを進めています。  一億総活躍社会の実現に当たって、教育、科学技術・学術、スポーツ、文化芸術が担う役割……

第190回国会 文部科学委員会 第2号(2016/03/09、47期、自由民主党)【政府役職】

○馳国務大臣 おはようございます。よろしくお願いします。  二〇二〇年東京オリンピック・パラリンピック競技大会等における日本代表選手の活躍に向けて、今後、オリンピック・パラリンピック選手の選手強化活動に対する支援を充実していくことが重要であります。このため、スポーツ庁においては、各競技団体が行う選手強化活動に必要な経費を配分する競技力向上事業について、平成二十八年度予算案は、対前年度比十三億円増の八十七億円を計上したところであります。  この事業は、今年度から独立行政法人日本スポーツ振興センターに資金を一元化した上で、スポーツ庁において、JOC等関係団体の知見を活用しながら戦略性を持った配分方……

第190回国会 文部科学委員会 第3号(2016/04/01、47期、自由民主党)【政府役職】

○馳国務大臣 おはようございます。  このたび、政府から提出いたしました独立行政法人日本スポーツ振興センター法及びスポーツ振興投票の実施等に関する法律の一部を改正する法律案について、その提案理由及び内容の概要を御説明申し上げます。  国際的な規模のスポーツの競技会における日本人選手の活躍は、国民に誇りと喜び、夢と感動を与え、国民のスポーツへの関心を高めるものであります。また、これらを通じて、スポーツは、我が国社会に活力を生み出し、国民経済の発展に広く寄与するものであります。  この法律案は、こうした国際的な規模のスポーツの競技会の我が国への招致またはその開催が円滑になされるようにするために行う……

第190回国会 文部科学委員会 第4号(2016/04/06、47期、自由民主党)【政府役職】

○馳国務大臣 おはようございます。  スポーツ振興くじによる助成は、一、地方公共団体が行う地域のスポーツ施設の整備、二、スポーツ団体が行う各種事業、三、総合型地域スポーツクラブの活動など、スポーツの振興に重要な役割を果たしております。  このことを踏まえて、今回の改正案では、助成金の総額にできる限り影響が出ないよう、特定金額の上限割合を、売上金額の五%から一〇%に引き上げることとあわせて、くじの収益のうち国庫納付に充てる金額の割合を、現在の三分の一から四分の一に引き下げることとしております。また、今回の法律改正とあわせて省令改正を行い、くじの運営費を二十億円削減する予定であります。  これらの……

第190回国会 文部科学委員会 第5号(2016/04/20、47期、自由民主党)【政府役職】

○馳国務大臣 おはようございます。よろしくお願いします。  九州各県の教育委員会からは、国指定文化財等の被害について、四月十九日時点で、熊本県四十四件、大分県十五件、福岡県十一件、長崎県五件、宮崎県二件、佐賀県一件の計七十八件の被害が報告されております。  熊本城については、国指定文化財として特別史跡の熊本城跡、重要文化財の長塀、平やぐらなど、十四の建造物があるところ、石垣の崩落及び十三の建造物の被害が報告されております。また、阿蘇神社については、重要文化財として六棟の建造物が指定されているところ、楼門が全壊したほか、いずれの建造物にも被害が報告されております。  国指定文化財の修理事業につい……

第190回国会 文部科学委員会 第6号(2016/04/27、47期、自由民主党)【政府役職】

○馳国務大臣 改めて、犠牲になられた方また被災者に、お悔やみとお見舞いを申し上げたいと思います。  こういう緊急の事態でありますから、協力をして、私も大臣という立場で、被災地の実情をお聞きしながら、速やかな対応をしていきたいと思います。また、補正予算の編成等に当たっても、また御協力を賜りますようにお願い申し上げます。  以上です。
【次の発言】 熊本市が行った応急危険度判定において危険とされた百三十四棟の学校施設のうち、構造が原因で危険と判定されたものは六棟であります。残りの百二十八棟は、落下物の除去や一部通行どめ、一部教室等の使用禁止などの応急措置を講ずれば、学校施設全体は利用可能であると聞……

第190回国会 文部科学委員会 第7号(2016/05/11、47期、自由民主党)【政府役職】

○馳国務大臣 おはようございます。  出資に関しましては、国立大学法人の持つ公的性質を踏まえ、業務の膨張への歯どめに留意しなければならないこと、民間企業等への技術的支援や教育プログラムの提供を事業として実施していくためには大学内に質の高い研究成果が豊富に存在することが必要であることを受けて、指定国立大学法人のみを対象としております。  一方、委員御指摘のように、出資対象範囲の拡大については、大学の研究成果を事業化し、社会における普及、活用を促進するという意義を有するものでありまして、このことも踏まえ、法律をお認めいただいた場合に、文科省としては、指定国立大学法人による出資の実績を踏まえ、全ての……

第190回国会 文部科学委員会 第8号(2016/05/18、47期、自由民主党)【政府役職】

○馳国務大臣 おはようございます。  結論から最初に申し上げて、ちょっと解説をしますが、不断の見直し、改善という方向は、石田委員御指摘のとおりだと思いますので、それは改めて取り組むということはまず申し上げさせていただきたいと思います。  ただ、学習指導要領を見直して、そして教育振興基本計画に基づいて現場で展開していこうとすると、どうしても、教科書の執筆、検定、採択、そして現場に供給をしていく、この間はやはり法律に基づいてのプロセスがございます。その上で、例えば小学校一年生さえやればいいとか、中学校三年生さえやればいいというものではありません。やはり、学校教育法の第一条項というのは幼稚園から始ま……

第190回国会 予算委員会 第3号(2016/01/12、47期、自由民主党)【政府役職】

○馳国務大臣 私も、野党時代に、民主党政権の高校無償制度について議論をし、一定の役割はあるけれども全額はどうかというふうな議論をさせていただき、与党に復帰した後に、制度として所得制限をするという形でお互いに合意をしてというか、この方向性でということで行政として進めていこうとなったと思っています。あのときに与野党で議論が一致したことは、やはり経済的に負担をできるだけかけないように高校教育についても支援していこう、その公平性の観点から、広域通信制についてもしっかり支援していこう、こういう議論でお互いにまとまったと思っています。  にもかかわらず、今回、個別の事件ですので、また捜査中でありますから、……

第190回国会 予算委員会 第6号(2016/02/03、47期、自由民主党)【政府役職】

○馳国務大臣 お答えいたします。  最初の、チラシのもととなった昨年十二月一日の衆議院文部科学委員会のやりとりを少し説明いたします。  共産党の畑野君枝委員からこういう御質問をいただきました。財政審で財務省から示されておりますが、運営費交付金を毎年一%減少させ、自己収入を毎年一・六%増加させるという主張について、仮にこの自己収入の増の部分を全て授業料収入で賄うとしたら十五年間で幾らの値上げになると試算するのか、こういう仮定に基づいた試算を出せ、こういう指摘がございましたので、機械的に試算をすれば、平成四十三年の時点で授業料は約九十三万円であり、四十万円増となりますし、来年度から均等に引き上げる……

第190回国会 予算委員会 第8号(2016/02/05、47期、自由民主党)【政府役職】

○馳国務大臣 公明党には、一貫して奨学金制度についての提言をいただいていることに、改めて御礼申し上げます。  新たな制度は、平成二十九年度進学者から適用することを目指して、具体的な論点について現在検討を行っているところであります。  既に返還を開始している方に対して新たな制度を適用することについては、財源をどうするかという課題、最低返還月額をどうするか、所得に対する返還月額の割合をどうするか、返還期間をどうするかなどなど、さまざまな観点からの検討が必要であると考えております。  文部科学省としては、奨学金の返還に係る不安及び負担を軽減し、安心して進学できる制度となるよう検討を行ってまいりたいと……

第190回国会 予算委員会 第9号(2016/02/08、47期、自由民主党)【政府役職】

○馳国務大臣 私の方からも整理してお答えしたいと思います。  昨年十一月に定められた政府の総合的なTPP関連政策大綱においては、「著作権等侵害に対する民法の原則を踏まえた法定の損害賠償制度等に関し、所要の措置を講ずる。」こととまずされております。  そこで、TPP協定における法定の損害賠償への対応については、民法の填補賠償原則等、損害賠償制度に関する我が国の法体系に整合したものとなるように対処するとなっております。  TPP協定第十八・五条においては、先ほど石原大臣からもお示しをしましたが、こういうふうに書かれております。「各締約国は、自国の法制及び法律上の慣行の範囲内でこの章の規定を実施する……

第190回国会 予算委員会 第11号(2016/02/10、47期、自由民主党)【政府役職】

○馳国務大臣 昨年十二月一日の衆議院文部科学委員会において畑野委員よりそのように指摘を受け、我が省の高等教育局長がそのように答弁したことはその時点では事実でありますが、それ以降、今から申し上げる二点において状況は変わっているという認識を持っております。  一点目は寄附金収入に係る問題ですが、平成二十八年度税制改正大綱において、国立大学法人等が実施する学生等への修学支援事業に対する個人寄附に係る税額控除の導入が盛り込まれており、今後は個人からの寄附金の獲得のさらなる増加が期待されるところであります。これが一点目です。  二点目は、本年一月に第五期科学技術基本計画が策定され、オープンイノベーション……

第190回国会 予算委員会 第12号(2016/02/15、47期、自由民主党)【政府役職】

○馳国務大臣 二つお答えしたいと思います。  まず、文部科学省では、経済産業省と合同でスポーツ未来開拓会議を開催し、スポーツ施設の収益化やスポーツに関連する新事業の開拓、IT、食といった他分野との連携など、二〇二〇年以降も展望した戦略的な取り組みの展開に向けて、有識者を交えた議論を開始したところであります。  二点目、申し上げますが、ガバナンスの問題であります。  スポーツ庁が昨年十月に設置をされただけでは意味がないと思っております。そこで、まず第一回目として、昨年十一月二十五日に五者協議をスタートさせました。これは、スポーツ庁長官のもとで、JOCの竹田会長、JPCの鳥原会長、日体協の張会長、……

第190回国会 予算委員会 第14号(2016/02/18、47期、自由民主党)【政府役職】

○馳国務大臣 お答えいたします。  平成二十二年度から始まった高校無償化制度については、高等学校等における教育に係る経済的負担の軽減を図り、教育の機会均等に寄与することを目的として創設されたものであります。  創設後も、低所得世帯の生徒について高等学校教育に係る経済的負担が十分に軽減されておらず、特に、私立高校等に通う低所得世帯の生徒には、授業料を中心に依然として負担が大きい状況にございました。  こうしたことから、厳しい財政状況のもと、限られた財源を有効活用する観点から、平成二十六年度に高等学校等就学支援金に所得制限を導入いたしました。そこから捻出された財源を活用し、私立高校生等への就学支援……

第190回国会 予算委員会 第16号(2016/02/22、47期、自由民主党)【政府役職】

○馳国務大臣 大学への進学に関する費用と便益の関係については、国立教育政策研究所においても試算をいたしております。大学生等への公的教育投資によって、一、所得向上に伴う税収の増加、二、失業給付の抑制などによって、投資額の約二・四倍の便益をもたらす効果があるという結果も示されております。  日本学生支援機構の奨学金事業では、平成二十八年度予算案において、無利子、有利子合わせて一兆九百八億円の事業費を計上しております。これは、学生等の約三八%に当たる百三十一万八千人の学費等を支えることになっております。  このように、奨学金制度は、学生等の進学を支える重要な政策であり、社会にとっても大変意義が深いも……

第190回国会 予算委員会 第20号(2016/05/16、47期、自由民主党)【政府役職】

○馳国務大臣 災害復旧事業としては、被災施設を原形に復旧することが原則です。  これまでも、耐震性がなかった被災施設については、耐震改修促進法を踏まえて、原形復旧が著しく不適当な場合は、耐震性の確保を図るための経費も災害復旧費の対象としております。また、公立学校施設の備蓄倉庫の整備、トイレの洋式化など防災機能の強化については、現行の制度では実施できないことから、これとは別に、既存の国庫補助制度で対応してきておりますので、今後とも、これらによって引き続き支援してまいりたいと思います。  また、私立学校につきましても、復旧に要する工事費の二分の一を国庫補助となっておりますけれども、さらに日本私立学……

第192回国会 文部科学委員会 第7号(2016/11/18、47期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 おはようございます。  質問の機会をいただきました、また、この法案について取り扱いを決めていただきました永岡委員長、また与野党の上川、長島両筆頭に心からお礼を申し上げます。ありがとうございます。また、立法チームで大変な御指導をいただいた河村会長を初め笠委員、富田委員、また共産党の畑野さんにも、きょう、お礼を申し上げたいと思います。  まず最初に、我が国の教育に関する法律で、不登校児童生徒という文言を規定した法律はあるのかないのか、また、第十三条に規定されておりますけれども、休養の必要性を認めたというふうな文言で、いわゆる学校に出席をしないということを認めることになりますが、こういう規……


48期(2017/10/22〜)

第196回国会 文部科学委員会 第15号(2018/05/30、48期、自由民主党)

○馳委員 スポーツにおけるドーピングの防止活動の推進に関する法律案及び平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法及び平成三十一年ラグビーワールドカップ大会特別措置法の一部を改正する法律案の両起草案につきまして、提案者を代表して、趣旨及び内容について御説明申し上げます。  まず、スポーツにおけるドーピングの防止活動の推進に関する法律案の起草案について御説明申し上げます。  我が国においては、平成三十一年ラグビーワールドカップ大会及び平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会の開催を控え、ドーピングのないクリーンな大会を実現するべく、スポーツに……

第197回国会 文部科学委員会 第2号(2018/11/14、48期、自由民主党)

○馳委員 三年ぶりの委員会質問ということで、いきなり失礼いたしました。  まず、櫻田五輪担当大臣にお伺いしたいと思います。  東京オリンピックのいわゆる現状において、主要課題は何か、そしてそれにどのように取り組んでいくのか、大臣の決意を伺います。
【次の発言】 報道等で大変かまびすしいのですが、一体、大会の運営に当たりまして、総額幾らかかるのか。そして、大臣の役割というのは、要は、関係省庁また組織委員会、競技団体等と連携をして、いかにそれを圧縮するかということの調整役が問われます。  それに取り組む決意も含めて、一体、幾らかかって、どういう姿勢で圧縮に取り組んでいくのか、お伺いします。

第197回国会 文部科学委員会 第3号(2018/11/16、48期、自由民主党)【議会役職】

○馳委員長代理 不規則発言はやめてください。
【次の発言】 質疑時間が終了しておりますので、最後の発言にしてください。
【次の発言】 次に、中川正春君。

第197回国会 文部科学委員会 第5号(2018/11/21、48期、自由民主党)【議会役職】

○馳委員長代理 吉川さん、質疑時間が終了しましたので、簡潔にお願いします。
【次の発言】 次に、笠浩史君。

第198回国会 文部科学委員会 第2号(2019/03/13、48期、自由民主党)【議会役職】

○馳委員長代理 次に、畑野君枝さん。
【次の発言】 後刻、理事会で取り扱います。

第198回国会 文部科学委員会 第4号(2019/03/20、48期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。  参考人の方には、御礼申し上げたいと思います。  自己紹介から始めますが、この給付型奨学金制度、高等教育において絶対に必要だという確信的な考えのもとに、当時、大臣時代にいろいろ答弁をさせていただきました。あの当時を思うと、一歩、二歩先に進んだかなと思いますが、百歩進まなければいけないことを考えると、まだ二歩目だなというのが率直な私の感想であります。  したがいまして、お三方からいただいた御意見はもっともだなと思いながらも、また、そうはいっても、公的資金を使うわけでありますから、国民に対する説明責任を果たしながら、また、高校関係者、大学関係者にも理解を求める作業と……

第198回国会 文部科学委員会 第5号(2019/03/22、48期、自由民主党)【議会役職】

○馳委員長代理 次に、杉本和巳君。
【次の発言】 本日最後の質問をすることになりました、自由民主党の馳浩です。よろしくお願いいたします。  では早速、まず、大学修学支援法についてお伺いをいたします。  大臣はいないんですね。では、局長、大臣になったつもりで答弁をしてください。  まず、消費税の増税が財源となっております。社会保障政策と考えているんですか、それとも教育政策と考えているんですか、ほかに財源を考えているのですか。見解を問いたいと思います。
【次の発言】 財源があって政策を遂行するとするならば、文部科学省において必要とされる事業といいますか政策を遂行するには、それにふさわしい財源を確保……

第198回国会 文部科学委員会 第10号(2019/04/17、48期、自由民主党)【議会役職】

○馳委員長代理 次に、古田圭一君。

第198回国会 文部科学委員会 第11号(2019/04/23、48期、自由民主党)【議会役職】

○馳委員長代理 申合せの時間を超過しておりますので、御答弁、できるだけまとめていただくようにお願いいたします。

第198回国会 文部科学委員会 第16号(2019/05/22、48期、自由民主党)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。よろしくお願いいたします。  まず最初に、高校中退者の問題についてお伺いをいたします。  安倍政権となって以降、高校中退者は毎年平均して何万人でしょうか。その高校中退の理由を上位三つ教えてください。また、中退した後何をやっているかの調査をしているでしょうか。世の中、人手不足、外国人労働者の受入れ拡大という国策を推進する一方で、この高校中退者対策をきめ細かく行う必要があるのではないかと思います。  また、自由民主党教育再生実行本部の高校教育拡充部会におきまして、義家弘介主査のもと、不登校、中退者、外国人、発達障害者の生徒の受皿と実質なっている通信制、定時制課程の高……

第198回国会 文部科学委員会 第17号(2019/05/31、48期、自由民主党)

○馳委員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  まず、登戸の通学路通り魔事件について質問します。  全く罪のない犠牲者、被害者、御遺族に対し、心からお悔やみ、お見舞いを申し上げます。  通学路の安全確保は行政の大きな責任です。想定外とも言える今回のような事件が二度と起こらないように、文科省としての対策を伺います。
【次の発言】 自殺をした犯人は五十一歳。報道では、長らく引きこもりをしていたと言われております。若年者ばかりではなく、中高年の引きこもり対策についても、政府として実態把握やアウトリーチなどの支援の取組が必要と思われます。  もちろん、引きこもりをしていた人、皆がこういうような……

第200回国会 文部科学委員会 第2号(2019/10/30、48期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  萩生田大臣、就任おめでとうございます。  大臣の所信的挨拶を踏まえて質問をさせていただきます。  まず、大臣挨拶にはこうあります。高等学校教育、大学教育及び大学入学者選抜を一体的に改革する高大接続改革に取り組みます。二〇二〇年度からの導入を予定している大学入学共通テスト及び大学入試英語成績提供システムについては、受験生や高校関係者の不安の解消に向けて全力で取り組んでまいります。また、大学入学者選抜の公正な実施に向けた必要な対応を行っていきますという所信挨拶があった上での身の丈発言でありました。  改めて、何を言おうとしたのか、お伺いしたいと思います。

第200回国会 文部科学委員会 第7号(2019/11/15、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○馳委員長代理 理事会で協議いたします。
【次の発言】 不規則発言は謹んでください。

第201回国会 文部科学委員会 第5号(2020/03/24、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○馳委員長代理 次に、山本和嘉子君。


各種会議発言一覧(衆議院)

43期(2003/11/09〜)

第159回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2004/03/01、43期、自由民主党)【政府役職】

○馳大臣政務官 それぞれの団体においても奨学金制度を充実してやっておられるということも承知いたしておりますので、この財源の確保について、すべてがすべて国で面倒見るということもいいのかどうか、また、各団体がやっておられる奨学金を、税制等でバックアップしながらやって、さらに拡充していただくのがよいのか、そういったことも研究しながら、より一層充実できるようにはしていきたいと思っております。
【次の発言】 まず現状と、そしてそれを踏まえた今後のスケジュールについてお話し申し上げます。  総合的な学習の時間で、国際理解に関する学習の一環として、現在、過半数の学校で英会話活動が取り入れられております。また……

第159回国会 予算委員会第四分科会 第2号(2004/03/02、43期、自由民主党)【政府役職】

○馳大臣政務官 答弁させていただきます。  まず不登校に関してですが、国公私立の小中高校における不登校児童生徒数は、平成十四年度で十三万一千人です。これは平成三年度から調査開始しました中で初めて減少いたしました。七千五百名ほど減少しております。しかしながら、十三万一千人の不登校児童生徒がいる。その理由に関しましても、学校生活上の問題であったり家庭生活上の問題であったりするということで、さらに分析いたしますと、多様化してきている理由があるということでございますので、一つ大きな問題であるということの認識は持っております。  それから、児童虐待に関しましては、実はさきに予算委員会において河村文部大臣……


44期(2005/09/11〜)

第164回国会 決算行政監視委員会第二分科会 第2号(2006/06/06、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 数字だけで、平成十七年度で四千九百四十二体が司法解剖されている。数字を見た瞬間に、うわあ、こんなにたくさんと思いましたが、今ほど冨岡委員の御指摘、またイギリスとの比較からしますと、この程度でもよいのかなという印象を受けました。  基準ということを考えますと、一概には比べることはできないかもしれませんが、まさしく司法解剖が求められている社会的な役割を考えると、それに対応すべき大学病院、医科大の役割というものは当然あるのだろうな、こういう印象を持ちました。
【次の発言】 死体は雄弁に犯罪を物語るという言葉をどこかで聞いたことがあるんですが、今、冨岡委員の御指摘等々から、改めてそうだろう……

第164回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2006/02/28、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 四月から障害者自立支援法の施行にあわせまして、障害者に対する虐待の早期発見、早期対応ということ、厚生労働省の方でも取り組んでおられるということはもう存じております。  ただ、一昨年ですか、改正児童虐待防止法、これにおいて、各市町村においてネットワークをつくって、早期発見そして早期対応、また、保護者への対応、児童相談所との連絡をとる、折においては警察との連携をとりながらちゃんと対応していくということが進められる体制になったところでありまして、各現場の方にも通知もいたしておりますので、より一層取り組むようにしていきたいというふうに考えております。

第164回国会 予算委員会第四分科会 第2号(2006/03/01、44期、自由民主党)【政府役職】

○馳副大臣 子供たちの側からは、集団で宿泊するときはチームワークが必ず必要だとわかった、仲間のことを考えて自分勝手な行動が少なくなったといった感想が上がっております。  指定校の方からは、身の回りのことは自主的にやるようになるなど生活力に驚くほどの成長が見られた、寝食をともにすることで、お互いのよさを発見したり、相手の気持ちを考えて行動することができ、交友関係の改善、構築が見られたといった成果の報告をいただいております。  極めて効果的な事業として評価をいただいているものと考えております。
【次の発言】 実は、もともとは、動物の管理に関する法律、動管法と言われておりまして、それを、これはそもそ……

第166回国会 予算委員会第六分科会 第1号(2007/02/28、44期、自由民主党)【議会役職】

○馳主査代理 これにて重野安正君の質疑は終了いたしました。  次に、木原誠二君。
【次の発言】 これにて木原誠二君の質疑は終了いたしました。  午後一時から再開することとし、この際、休憩いたします。     午前十一時三十六分休憩
【次の発言】 これにて平口洋君の質疑は終了いたしました。
【次の発言】 環境省所管について、政府から説明を聴取いたします。若林環境大臣。
【次の発言】 この際、お諮りいたします。  ただいま若林環境大臣から申し出がありました環境省関係予算の重点事項の説明につきましては、これを省略して、本日の会議録に掲載いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

第166回国会 予算委員会第六分科会 第2号(2007/03/01、44期、自由民主党)【議会役職】

○馳主査代理 農林水産省所管について、昨日に引き続き質疑を行います。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。北村茂男君。
【次の発言】 川内君、委員長を無視しないでください。(川内分科員「済みません」と呼ぶ)
【次の発言】 松岡大臣、質疑時間が終了しておりますので、簡潔にお願いします。
【次の発言】 川内君、質疑時間が終了しておりますので、簡潔にお願いします。
【次の発言】 川内君、質疑が終了いたしましたので、簡潔にお願いします。
【次の発言】 質疑時間は終了いたしましたので……
【次の発言】 これにて川内博史君の質疑は終了いたしました。  次に、亀井善太郎君。


45期(2009/08/30〜)

第174回国会 決算行政監視委員会第四分科会 第2号(2010/05/18、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳分科員 おはようございます。  副大臣、よろしくお願いいたします。本当に活躍に期待を申し上げたいと思います。  今質問された近藤和也さんは、私、同じ石川県民として、今回当選をされてこうして活躍されていることに、党は違いますが、改めてエールを送りたいと思います。  実は、私が選挙区としている金沢市も似たような話が今ありまして、私も反対運動の先頭に立っているんですよ。これは、町の中心市街地にサテライト金沢と言われる競輪の場外車券売り場をつくろうかどうかということで、私は、一緒になって反対運動の先頭に立っている者として、近藤さんの話を聞きながら、住民の皆さんとの合意形成のために丁寧な努力をしなき……

第174回国会 決算行政監視委員会第二分科会 第2号(2010/05/18、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳分科員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  きょうは、宇宙開発について質問をさせていただきます。  GXロケットの開発が百億単位の事業費を支出しながら中止になったことは、これまでのJAXA等が行ってきた事業評価、さらには、独立行政法人の事業評価、宇宙開発戦略本部、総合科学技術会議等の中間評価が不十分だったと言わざるを得ません。この点、どのように認識をしておられるのでしょうか。あわせて、何かと話題になっております次世代スーパーコンピューターの開発も含めて、官民共同の大規模な研究開発における事業評価のあり方について、抜本的見直しが不可欠だと思います。今後、どのような方針を考えておられ……

第174回国会 予算委員会第三分科会 第3号(2010/03/01、45期、自由民主党・改革クラブ)

○馳分科員 委員長、最初におわびをし、お願いをしたいんですが、私はぎっくり腰をやりまして、椎間板ヘルニアでありまして、大変申しわけないんですが、着席のまま質疑をさせていただくことをお願い申し上げます。
【次の発言】 当然、大臣、副大臣等にも、着席のままで結構でありますから、御答弁をいただければと思います。  きょうは、親権の問題について中心に質問させていただきます。  一月二十二日に法務省から児童虐待防止のための親権制度研究会報告書が公表されまして、今後法制審に諮問をされていく。どんなタイムスケジュールで法改正が行われていく予定なのか。関係して、民法の親権規定の改正を念頭に置いたものなのかどう……

第174回国会 予算委員会第四分科会 第3号(2010/03/01、45期、自由民主党・改革クラブ)

○馳分科員 最初におわびをいたしますが、委員長、実はぎっくり腰をやりまして、椎間板ヘルニアでありまして、立ったり座ったりがちょっときついものでありますから、座ったまま質問をいたしますので、当然、大臣、副大臣、政務官にも、座ったまま心落ちついて答弁いただければ結構でありますので。
【次の発言】 お礼申し上げます。  きょうは、スポーツ政策についてお伺いいたします。  まず大相撲の話題であります。朝青龍問題でありますが、日本相撲協会からの報告書の経緯、引退に至るまでの経過報告、また元横綱朝青龍関の暴行の事実はあったのかどうか、今回の処分のあり方等について文部科学省としてそれでよしとするのかどうか、……

第177回国会 法務委員会青少年問題に関する特別委員会連合審査会 第1号(2011/04/20、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  きのうの法務委員会で積み残した質問がございますので、そちらの方から入りたいと思います。  親責任規定の言わんとするところは、親権は、親の権利というより親としての責任がその本質であり、その責任を遂行するのに必要な限りで親権の権利性が認められるという考え方であります。  その意味では、改正案はいまだに「権利を有し、義務を負う。」となっており、残念でありますが、親権の法的性質、概念について、今回の改正案で変化はあるのでしょうか。
【次の発言】 前回の児童虐待防止法の改正において、親責任という規定、これを議論し改正案に載せたという当事者として、立法趣旨としては、民法……

第177回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2011/02/25、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳分科員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。午前中の最後のバッターということで、よろしくお願いします。  我が党の竹本さんから大相撲の現状を大変憂慮したお話がありましたが、私の考え方は全く反対なんですよ。仏の顔も三度まで、今まで何度同じ答弁を相撲協会が繰り返してきたかということを考えると、徹底的にやってください。そして、そうすることが協会内を国民の信頼に足る組織につくり上げることになりますので、大臣のリーダーシップを期待いたします。  私は、きょう、質問通告をいたしました十番目から質問をいたしますので、申しわけございませんが、資料の方をめくり直してください。  かつては、日本語教育に……

第180回国会 社会保障と税の一体改革に関する特別委員会公聴会 第1号(2012/06/12、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  早速質問させていただきます。松居公述人、子ども・子育て新システムの会議に参加されましたか。
【次の発言】 子供の育ちをどうするかという議論があって初めて、子供の居場所と幼児教育の充実を考えていくべきであるというふうに私は思っております。親の働き方によって子供をどこに預けるかということの議論をしてはいけないと思っておりますが、私の考えに御感想があれば、松居公述人。  済みません、もう一度言います。親の働き方によって子供の育ちが、居場所とかシステムが議論されるのは間違っているんじゃないかなと私は思っているんです。いかがでしょうか。

第180回国会 予算委員会公聴会 第1号(2012/03/02、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳委員 自由民主党の馳浩です。  私は、十年前から国会に保育所をつくろう議員連盟の会長をしておりまして、新しい議員会館になって、第二議員会館に保育所ができました。石川知裕委員にもぜひお使いいただきたいな。ただ、ちょっと高いんですよね。月八万円なんですよ。さすがにここがポイントで、こういったところが、まさしくワーク・ライフ・バランスの、陰で支える行政の役割の部分だろうな、こういうふうに今のお話を承っていて思いました。  まず最初に、三木公述人。  最初のお話の最後におっしゃったところで、政権交代とマニフェスト、財源論ですね。控除から手当へ、その理念はわかります。ただ、その手当の部分の財源が十分……

第180回国会 予算委員会第一分科会 第1号(2012/03/05、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳分科員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。  きょうは、沖縄県を日本一の子育て先進県にしたい、こういう関係者の思い、また私の思いも含めて質問をさせていただきます。  まず最初に、策定された沖縄振興特別措置法の概要についてお伺いをいたします。
【次の発言】 そこで、今お示しをいただきました、確定をし予算措置されている国の一括交付金についての概要をお伺いしたいと思います。
【次の発言】 そこで、今は恐らく沖縄県議会でも来年度予算審議に入っていると思いますが、沖縄県が発表した一括交付金を含めた来年度予算の要求について、その概要をお伺いしたいと思います。

第180回国会 予算委員会第三分科会 第1号(2012/03/05、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳分科員 自由民主党の馳浩です。  一時に再開されて、二時間半が過ぎました。大臣、お手洗いへ行って、一服してきて結構ですよ。  きょうは、直接強制による子供の引き渡しの問題ということで、法務省の見解をいろいろとお伺いしたいと思います。  まず最初に、子供のいる夫婦の離婚はここ五年は約十五万件で横ばいですが、親権を主張し、子供の引き渡しを求める審判の申し立てはこの十年で四・五倍の千二百件にもなっていると伺っておりますが、これは事実でしょうか。
【次の発言】 どうして子供の引き渡しを求める審判が、この十年で四・五倍、こんなにふえてしまったのか、その原因をどのように分析しておられますか。

第180回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2012/03/05、45期、自由民主党・無所属の会)

○馳分科員 おはようございます。自由民主党の馳浩です。早速質問に入らせていただきます。  今からおよそ三百六十年前に誕生した我が国色絵磁器の王者古九谷の産地が石川県加賀の九谷なのか、それとも佐賀県の有田なのかという古九谷伊万里論争について、昨年、文部科学委員会で質問させていただきました。  一連の答弁の中で、九谷産説、有田産説の二つの説があるが、国としてはいずれかの説に圧力をかけたり、あるいは優位を持たせたりというようなことは一切考えていないと明言されました。それに間違いはありませんね。
【次の発言】 では、国立の博物館で古九谷を展示した場合、現在、その作品名称をどのように記載していますか。ま……


46期(2012/12/16〜)

第183回国会 憲法審査会 第2号(2013/03/14、46期、自由民主党)

○馳委員 自由民主党の馳浩と申します。  私も、国歌について一言申し上げたいと思います。  この歌は、古今和歌集、賀の巻に最初に採択された後、新撰和歌集に再掲された。そのときには、最初、古今和歌集では「我が君は」と歌ってありましたが、新撰和歌集において「君が代は」というふうに正されたわけでありまして、基本的にこの歌は、社会的背景をもとに解釈されるべきものではなく、本来の、平安時代における天皇家と国民、当時、国民という概念はございませんが、人々との関係性において文学的に解釈されるべきものであります。  この「君が代は」というものを古典文法に従って解釈すると、この格助詞の「が」と「の」を使い分ける……


47期(2014/12/14〜)

第190回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2016/02/25、47期、自由民主党)【政府役職】

○馳国務大臣 平成二十八年度文部科学省関係予算につきまして、その概要を御説明申し上げます。  平成二十八年度予算の編成に当たっては、教育、科学技術・学術、スポーツ、文化芸術の振興についての施策を総合的に展開するため、文部科学省関係予算の確保に努めてきたところであります。  文部科学省関係予算は、一般会計五兆三千二百十六億円、東日本大震災復興特別会計六百二十億円などとなっております。  よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。  なお、詳細の説明につきましては、お手元に配付しております資料のとおりでありますが、時間の関係もございますので、主査におかれましては、何とぞ会議録に掲載されます……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

馳浩[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書