国会議員白書トップ衆議院議員菊田真紀子>委員会発言一覧(全期間)

菊田真紀子 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

菊田真紀子[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは菊田真紀子衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 菊田真紀子 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

43期(2003/11/09〜)

第159回国会 経済産業委員会 第5号(2004/03/19、43期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 よろしくお願いいたします。民主党の菊田まきこと申します。  私は、昨年の衆議院選挙で初めて当選をさせていただきました。私の選挙区は新潟四区でございまして、昔からのかじ屋の町といいますか、刃物を中心とした金物で栄えてきました三条市を中心とする十三カ市町村、これが私の選挙区でございます。  冒頭、まず大臣にお願いさせていただきたいと思いますが、先般、三月十二日の本会議の際に、我が党の吉田先輩議員が質問の中で述べられましたけれども、現在、鉄鉱石そしてまたステンレスなどの原材料の価格が非常に高くなっている、あるいはまた、ほとんど原材料が入ってこない、大変に不足しているということで、中小企業……

第159回国会 経済産業委員会 第6号(2004/03/31、43期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田まきこです。どうぞよろしくお願いいたします。  今ほど、同僚議員の高山議員の方から繊維産業対策についての御質問がありましたが、私も引き続き、私の選挙区でありますが、新潟県の見附市というのは、これはもう昔から繊維の町、ニットの見附ということで栄えてまいりましたので、ぜひ引き続き御質問させていただきたいと思っております。  先ほどからお話がありましたけれども、まさに繊維産業というのは、川上から川下までという言葉どおり、多くの市民が何らかの形で繊維産業にかかわっております。染色や織物、あるいは編み立て、縫製などの職場で大勢の方が働いているわけです。  先ほどもお話がありました……

第159回国会 経済産業委員会 第9号(2004/04/09、43期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田まきこでございます。どうぞよろしくお願いいたします。  私は、特定商取引に関する法律について御質問させていただきたいと思います。  この法律は、昭和五十一年、訪問販売等に関する法律として制定をされました。その後、昭和五十九年の第一次改正から一昨年の第六次改正まで、ほとんど一年か二年おきに法改正が行われ、そして規制の強化を図ってこられたということです。  しかし、それでも消費者被害はふえ続けているという実態でございます。消費者取引に関する苦情相談件数の推移を見ますと、国民生活センターのデータによれば、平成十四年度は八十七万件、うち特定商取引にかかわるものは五十七万件となっ……

第159回国会 災害対策特別委員会 第8号(2004/07/29、43期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田まきこでございます。  このたびの集中豪雨で大変な被害を受けました新潟県の三条市、見附市、中之島町、栃尾市などは私の選挙区でございます。  冒頭、この災害でお亡くなりになられた方々の御冥福を心からお祈りを申し上げます。  災害発生以来今日まで、昼夜を問わず、政府、関係省庁の皆様方には御支援、御協力をいただいてまいりました。特に、井上防災担当大臣を団長とする政府現地調査団からは、いち早く視察を行っていただきました。七月十九日には、小泉内閣総理大臣からも現地視察を行っていただいております。この場をおかりし、心から感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。  また、住……

第161回国会 経済産業委員会 第6号(2004/11/12、43期、民主党・無所属クラブ)

○菊田議員 私は、提出者を代表して、ただいま議題となりました私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由及び趣旨を御説明申し上げます。  経済社会における公正かつ自由な競争の実現に向けて、経済憲法とも言われる独占禁止法の機能を高めていくことの重要性は言うまでもないところでありまして、これまでも、民主党は、政府・与党に先駆け、公正取引委員会の内閣府移管法案、官製談合防止法案、下請代金支払遅延等防止法改正案などの独禁法に関連する多くの法案を提出し、多くの成果を実現してきました。  今回の独占禁止法改正の問題が提起された後も、私たちは、独占禁止法を抜本……

第161回国会 経済産業委員会 第11号(2004/12/01、43期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田まきこでございます。  きょうは、まず最初に、先般十月二十三日に発生をいたしました新潟県中越地震に関しまして質問させていただきたいと思います。  新潟県中越地震発生後、柏崎刈羽原発の安全確保はどうであったか、地方自治体との初動連絡はどうであったか、まず最初に大臣にお伺いをします。
【次の発言】 それではお伺いしますけれども、これは地元、新潟日報という新聞の記事に、大変気になる記事が載っておりました。読ませていただきます。   中越地震で東京電力・柏崎刈羽原発の初動連絡態勢に不備があったとして、地元で批判の声が上がっている。   十月二十三日の本震直後、柏崎市と東電はお互……

第161回国会 災害対策特別委員会 第5号(2004/11/29、43期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田まきこでございます。  このたびの中越地震対策に関して質問をさせていただく前に、私は、新潟県選出の衆議院議員として、冒頭、村田防災大臣を初め、関係省庁挙げての本日までのお取り組みに対し、心から感謝を申し上げたいと思います。  私は、一昨日、昨日、また小千谷市、川口町に入りまして、改めて被害状況と復旧状況を視察してまいったところでございます。地震発生から早いもので一カ月が過ぎましたが、迫りくる冬を目前としまして、今なお余震が続いております。一日一日が時間との闘い、焦る気持ちを抑えながらも懸命の作業が続けられておりました。  そんな中で、二十六日に激甚災害の指定が閣議で決定……

第161回国会 農林水産委員会 第3号(2004/11/10、43期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田まきこでございます。  きょうは、私の地元で発生をいたしております新潟県中越地震の被害に対する農林水産省の取り組みについてお伺いをさせていただきたいと思います。きょうここで発言の場を与えていただきました皆様に、心から感謝を申し上げます。  まず、質問に先立ちまして、被災された多くの国民の皆様に対し、心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。と同時に、政府、関係省庁、被災者救出のために全力でお取り組みをいただいている自衛隊や消防、警察、全国からのボランティアの皆様に、この場をおかりし、心から感謝を申し上げます。  御案内のとおり、今回の地震により農林水産……

第162回国会 経済産業委員会 第6号(2005/03/16、43期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田まきこでございます。  本日は、大臣、お忙しいところを御出席いただいておりますので、まず最初に、現在の日本の景気について、大臣の御認識を伺いたいと思います。
【次の発言】 踊り場という表現なんですけれども、私も、これはよくわかるようなわからないような表現だなと。非常に、この先どうなるかやってみなければわからないというような、そんな感じがしてならない言葉です。  今ほど大臣からお話がございましたとおり、私も毎週地元と東京と行ったり来たりしておりますけれども、本当にまだまだ地方は大変厳しい状況でございます。まず仕事がない、そして給料は下がる、昨年末はボー……

第162回国会 経済産業委員会 第14号(2005/05/11、43期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田まきこでございます。どうぞよろしくお願いいたします。  私の地元、新潟県でございますけれども、この春、市町村合併が行われておりまして、平成十一年の段階では百十二の市町村があったんですけれども、これが来年の三月には三十五の市町村になるということで、まさに今大変革、大変化のときを迎えております。  合併といいますのは非常にバラ色のようなことも最初は言われておりましたけれども、しかし、実際合併をしてみますと、まず町の皆さんが非常に戸惑うことは、町の長く親しんできた名前がなくなってしまうという、これに対する抵抗感、あるいは寂しさというものは実際本当に大きいも……

第162回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第4号(2005/07/28、43期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田まきこでございます。  本日は、西岡先生、そしてはるばる韓国からお越しをいただきました安明進さん、御両人から意見陳述をいただきまして、まことにありがとうございます。  私の出身は新潟県であります。新潟は、拉致被害の現場となり、万景峰号が入港するところであります。横田めぐみさん、曽我ひとみさんのお母さんの曽我ミヨシさんは、拉致されたまま、いまだ帰国できずにおります。特定失踪者として認定をされました藤田進さん、大沢孝司さん、後藤久二さんも新潟県民です。  今、新潟県庁の敷地には、拉致問題の解決を求める大きな横断幕が掲げられました。そして、来月十日には、北朝鮮への経済制裁を求……


44期(2005/09/11〜)

第163回国会 厚生労働委員会 第7号(2005/10/26、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田真紀子でございます。  障害者自立支援法案につきましては、今日まで大変長時間にわたり審議が重ねられてまいりました。尾辻大臣におかれましても、連日、大変御苦労さまでございます。  しかし、率直に申し上げまして、幾ら議論しても、むしろ議論が深まるほどに、この法案の細かいところはどうなるのか、全容が明確になっていません。また、今後政省令事項として決められるということが余りにも多く、全国の障害者団体から、連日たくさんの不安や疑問の声が国会に届けられております。私の会館の部屋にも本当に多くの方々が要請、要望に来られておりますし、たくさんのメールやファクスが届け……

第164回国会 厚生労働委員会 第11号(2006/03/22、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党・無所属クラブの菊田真紀子でございます。  私は、ただいま議題となりました、内閣提出の国の補助金等の整理及び合理化等に伴う児童手当法等の一部を改正する法律案に対し反対、そして、民主党提出の児童手当法の一部を改正する法律案に賛成の立場から討論を行います。  まず、政府案に反対の理由を申し述べます。  第一に、国と地方の役割分担について明確な理念が欠如していることであります。今回の法改正で児童手当及び児童扶養手当について国の負担割合が引き下げられますが、政府は国の負担割合の引き下げ幅の根拠を説明していません。三位一体改革において、二〇〇四年度から三年間で四兆円以上の補助金を削減し……

第164回国会 厚生労働委員会 第15号(2006/04/14、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田真紀子でございます。  きょうは、一時間の質問時間をいただいておりますが、限られた時間の中で、非常に多岐にわたるテーマがございますけれども、私は、主に地元の医師不足の問題について取り上げさせていただきたいと思っております。  まず、一昨日、私は、本来であればこの厚生労働委員会で質問をさせていただく予定でございました。それが、あのような形で、私たち民主党、そしてまた社民党、国民新党が欠席の中で、与党の強行という形で委員会がスタートを切ってしまったことを大変遺憾に思っております。  私たち民主党は、今回、三つの法律案を提出させていただきました。がん対策基本法案、小児医療緊急……

第164回国会 厚生労働委員会 第29号(2006/06/09、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田真紀子でございます。  きょうは限られた時間の中ですので、幾つかポイントを絞って御質問をさせていただきたいと思っております。  まず最初に、日本版デュアルシステムはどのような成果を上げたのか、お答えをいただきたいと思います。
【次の発言】 今ほどお話がございましたけれども、それでは、受講者、就職率、当初の目標設定と比べて、これはもうほぼそこに到達したというふうにお感じでしょうか。
【次の発言】 この事業は私の地元の新潟でも進めているところでございますけれども、地元の方を調査いたしました。新潟版のデュアルシステムでは修了生の七割が就職をすることができました。主にNC加工の……

第164回国会 内閣委員会 第3号(2006/04/14、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田議員 民主党提出の消費者契約法の一部を改正する法律案につきまして、提出者を代表し、その趣旨及び概要を御説明いたします。  近年、企業の不当な契約や勧誘など消費者契約にかかわるトラブルが増加し、内容も多様化、複雑化しているため、事態が深刻化しています。こうした状況を受け、消費者団体が消費者の利益のために訴えを提起する制度、いわゆる消費者団体訴訟制度の必要性が唱えられてきました。消費者契約に係る被害は、同様の被害が多数の方々に及ぶケースが多いため、被害が広がる前に、事業者による不当な勧誘行為や契約条項の使用を差しとめることが必要です。  また、これまでは、被害額が少額なこともあり、被害救済を……

第165回国会 厚生労働委員会 第3号(2006/10/27、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田真紀子でございます。  もうお昼を過ぎてしまいましたけれども、私の質疑も全力で取り組ませていただきますので、ぜひ明快なる御答弁を大臣初め皆様にお願いを申し上げたいと思います。  今ほど田名部議員の方から、医師の不足の問題について大臣はどのように考えておられるかというお話がございました。大変深刻であると受けとめているというお話がございまして、私も同じ思いで、以下、新医師確保総合対策についての御質問をさせていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。  さきの国会の医療制度改革関連法案の議論の中で、地域の医療の現状、とりわけ医師の不足、偏在の問題が大変大きくクロ……

第165回国会 厚生労働委員会 第6号(2006/11/10、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田真紀子でございます。  きょうは、大臣、参議院の本会議の出席もあるということで、そのような中、四十分間大臣にも直接御質問させていただける貴重なお時間をいただきまして、まことにありがとうございます。この審議を通しまして、国民の皆さんに対するさまざまな問題提起あるいは感染症に対する意識、認識が高まっていくことを心から望みたいと思っております。  質疑の前に、大変恐縮でありますが、通告はいたしておりませんけれども、今大変大きな議論になっています赤ちゃんポストについて、冒頭お聞きをしたいと思っております。  このたび熊本の病院が日本で初めて赤ちゃんポストの設……

第165回国会 厚生労働委員会 第8号(2006/12/06、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田真紀子です。  きょうは、大臣に質問をさせていただく機会をいただきまして、まことにありがとうございます。限られた時間でありますので、障害者自立支援法の細かいことよりも、むしろ大臣の認識、基本的な考え方をお尋ねしたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。  私たち民主党は、当初から、これは障害者の自立を促す法律ではなく、障害者の自立を阻害する法律ではないかと訴えてまいりました。私自身も、昨年十月十八日の本会議で質問に立たせていただき、障害者自立支援法は、障害が重い人ほど負担が大きくなる制度であり、障害者に対して十分な所得保障もないままに一割負担を押しつけるべきでは……

第166回国会 厚生労働委員会 第6号(2007/03/20、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田真紀子でございます。  きょうは、児童手当法の一部を改正する法律案につきまして、トップバッターということで五十分間質問させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。  先日の人口動態統計によりますと、去年一年間の赤ちゃんの数が三万人ふえて、出生率が一・三を上回る見通しだということが発表されました。  まず冒頭、大臣に御感想をお伺いしたいと思いますけれども、その前に、実は、中央公論三月号で、前の少子化・男女共同参画担当大臣の猪口邦子氏が感想を述べられておりますので、少し披露させていただきたいと思います。  これは出生率が一・三を上回るという分……

第166回国会 厚生労働委員会 第8号(2007/03/28、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田真紀子でございます。  柳澤大臣そして武見副大臣、朝早くから大変お疲れさまでございますが、きょう、私にいただいた時間は二十分でありますけれども、どうぞよろしくお願いしたいと思います。  まずもって、先般の能登半島地震につきまして、お亡くなりになった方の御冥福を心からお祈り申し上げますとともに、被災地の皆さんが一日も早く安心してまたもとの暮らしに戻れるように、政府を挙げての強力な御支援を冒頭お願い申し上げたいと思います。  いまだ千七百人の方が避難所に暮らさなければならないという状況でありまして、余震も二百回以上続いているということでございますし、また……

第166回国会 厚生労働委員会 第15号(2007/04/20、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田真紀子です。おはようございます。  時間が余りありませんので、しょっぱなからすぐ質問に移らせていただきたいと思いますけれども、まず最初に、募集、採用時の年齢制限について、今回の法改正ではなぜ公務員を適用除外にしているのか、お伺いいたします。
【次の発言】 実際、国家公務員の採用は、競争試験による場合、一定の年齢制限が設けられているわけでありまして、ある年齢を過ぎれば、面接はおろか、筆記受験すらできないということであります。  今回の法改正によりまして、民間企業には年齢差別をしないように厳しく義務づけますということを言っておきながら、国家公務員そしてまた地方公務員だけは別……

第168回国会 厚生労働委員会 第12号(2007/12/12、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田真紀子です。  まず冒頭、私からも、宙に浮いた年金記録五千万件についてどうしても申し上げなければなりません。  最後の一人、最後の一円まで年金を支払うと国民の皆さんにお約束をされてきていながら、この四割が名寄せ困難だということがわかりました。舛添大臣が一生懸命に取り組んでおられることはわかります。しかし、政治家の発言、大臣の発言は重いのであります。それなのに大臣は、ほかの人が大臣になっても結果は同じと開き直っているではありませんか。さらに、福田総理に至っては、解決するなどと言ったかなととぼけております。一体、福田内閣は、総理も大臣も何をお考えなのでしょうか。まさに国民へ……

第168回国会 青少年問題に関する特別委員会 第3号(2007/11/06、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田真紀子でございます。  きょうは、四名の参考人の皆様から御出席をいただきまして、それぞれの立場で大変具体的なお話をいただきまして、まことにありがとうございました。  限られた時間でありますので、言葉足らずの面もあるかと思いますけれども、質問に入らせていただきたいと思います。  まず、本当に今、子供たちをめぐる問題、インターネットによるいじめや犯罪がいかに深刻であるかということ、私も、きょうお話を聞きまして、正直、これほどまでにひどいということを、大変ショッキングに、深刻に受けとめたわけであります。  その中で、まず桝谷参考人にお伺いしたいと思いますが、“ののいちっ子を育……

第169回国会 厚生労働委員会 第6号(2008/04/11、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田議員 井上委員の御質問にお答えをさせていただきます。  御指摘のとおり、ただ単に介護報酬を上乗せしただけでは労働者の賃金に直接結びつかないおそれがあると思います。  そこで、本法案では、加算介護報酬を受け取った事業者は、毎事業年度終了後、当該事業年度に介護労働者に対して支払った賃金の認定事業所における平均額を算出し、都道府県知事または市区町村長に報告をしなければならないこととしております。そして、都道府県知事または市区町村長は、その平均額が認定基準額を下回っていると認める場合には、当該事業者に対してその理由の説明を求め、正当な理由がないと認めるときには、必要な措置をとるべき旨を勧告いたし……

第169回国会 厚生労働委員会 第7号(2008/04/16、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田真紀子でございます。  きょうは、参考人の皆様、大変お忙しい中を御出席いただき、大変貴重な御意見を賜りました。まことにありがとうございます。  二〇〇〇年に、日本は、世界の中でドイツに次いで二番目にこの介護保険制度を発足させました。以来、ことしで九年目を迎えます。  私たち民主党は、今、医療崩壊に続いて介護崩壊が起きているのではないかとの強い危機感を持っております。果たして来年の制度見直しまで待てるのかという思いでございます。最近は、テレビや新聞報道などでも介護崩壊が特集されるようになり、高齢者の皆さんだけでなく、すべての国民生活に深くかかわる社会問……

第169回国会 厚生労働委員会 第8号(2008/04/18、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田議員 御質問ありがとうございます。  岡本委員おっしゃるとおり、介護労働者の人材確保のためには、当然、介護保険制度の見直しも必要だと考えております。今、民主党といたしましても、党内でさまざまな議論を積み重ねているところでございます。  今回提出させていただいた法律は、とにかく一刻も早く介護労働者の賃金引き上げを行わなければ、来年の見直しまで現場はもう待てない、そのような危機的な思いから出させていただいておりまして、あくまで、介護保険制度の見直しが行われて、介護人材確保に支障がなくなるまでの緊急措置であると考えております。  きょうの委員会にもこうして大勢の傍聴者の皆様がおいでをいただいて……

第169回国会 厚生労働委員会 第16号(2008/05/23、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田真紀子でございます。午後の質疑、トップバッターでやらせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。  児童福祉法等の一部を改正する法律案について御質問をさせていただきますが、まず、次世代育成支援対策推進法の一部改正についてでございます。  今回、一般事業主の行動計画の策定、届け出義務の対象を百人を超える企業まで拡大する理由について、お伺いいたします。
【次の発言】 これまで、計画策定そして届け出した三百一人以上の対象企業は何社でしたか。
【次の発言】 それでは、策定した行動計画を実施し、目標を達成した企業は厚生労働大臣による認定を受けることができるとありますけれ……

第169回国会 厚生労働委員会 第17号(2008/05/28、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 私は、自由民主党、民主党・無所属クラブ、公明党及び日本共産党を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。  案文を朗読して説明にかえさせていただきます。     児童福祉法等の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の事項について適切な措置を講ずるべきである。  一 安心して子どもを生み育てられる社会を実現するため、次世代育成支援策の抜本的拡充のために国・地方を通じた必要な財源の確保を踏まえつつ、新たな次世代育成支援の枠組について、政府を挙げて速やかに検討を行うこと。  二 就労の有無に関わらず、地域とのつながりと支え合いの中で子育て……

第169回国会 青少年問題に関する特別委員会 第3号(2008/04/10、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田真紀子でございます。  きょうは、限られた時間でありますけれども、主に二つのことについてお伺いをしたいと思っております。  まず、一つ目でありますけれども、今ほど松本委員もお話しされておられましたけれども、青少年の凶悪事件が大変ふえているということで質問させていただきます。  子供が親に殺意を向けて、そして残虐な親殺しが頻発しているということでありますけれども、昨年、福島県の会津若松市で、県立高校三年生、十七歳の男の子が母親を殺害しました。この少年は、県内屈指の伝統校に通っておられて、親御さんも大変教育に熱心だったというふうに伺っておりますけれども、……

第170回国会 厚生労働委員会 第9号(2008/12/10、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田真紀子でございます。  きょうは、限られた時間でありますので、早速質問に入らせていただきたいと思いますが、若干通告の順番が変わる可能性がありますことを冒頭申し上げたいと思います。  さきの通常国会にこの法案が提出をされまして、衆議院の厚生労働委員会で質疑が行われたのが六月でございました。しかし、現在とは経済状況が大変大きく変わっております。百年に一度の危機と麻生総理が言われる経済状況の中で、中小零細企業からは、もうあすあす倒産か廃業かという悲鳴が上がっております。  急激に経済状況が悪化している中で、企業の負担軽減策をどう考えているのか、まずお伺いい……

第171回国会 厚生労働委員会 第3号(2009/03/13、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田真紀子でございます。  きょうは、大変重要な雇用の問題について、この委員会で議論がなされているわけでありますけれども、大変貴重なお時間ではありますが、私は、地方の自治体病院の問題、公立病院の問題につきまして、ぜひこの機会をいただきまして幾つか御質問させていただきたいと思っております。  そこで、きょうは総務省さんからも来ていただいておりまして、ありがとうございます。不採算地区病院への特別交付税措置の要件改正についてでございます。  昨年十二月の二十六日、総務省は、公立病院に関する財政措置の改正要綱を公表いたしました。二十一年度以降の地方交付税措置額を、過疎地、産科、小児……

第171回国会 厚生労働委員会 第9号(2009/04/10、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田真紀子でございます。  午後のトップバッターということで、質問を四十分間させていただくことになりました。舛添大臣、そしてこの法案の提出者の与野党の皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。  まず、質問に先立ちまして、雇用調整助成金について一つ、地元で起こっている現状について大臣にお伝えをし、また見解を求めたいと思います。  今、大変な経済情勢の中で、雇用調整助成金、この制度のおかげで、大変多くの中小零細企業が何とか従業員を解雇せずに頑張っておられるということで、大変助かっているところでございます。  先日、私の地元の社会保険労務士から相談がありました。先般、受給要件が見……

第171回国会 厚生労働委員会 第15号(2009/05/27、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田真紀子でございます。  きょうは、一日四時間の質疑時間ということでありますけれども、何と十六人が質疑に立たれるということで、それだけ多くの議員の意見が反映され、また議論を重ねていかなければならない大変重要な法案ということだろうというふうに思っております。  もう既に午前中の質疑の中で、私が予定をしていた質問をかなり質問されたということもございまして、重複もあるかもしれませんが、御了解をいただきたいということと、そして、限られた時間でありますので、すべて通告したとおりにできないこともあるかもしれませんが、お許しをいただきたいと思います。  改めて、本当に難しい問題でありま……

第171回国会 青少年問題に関する特別委員会 第5号(2009/04/24、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田真紀子です。  きょうは、四名の参考人の皆様から、それぞれの立場で、大変具体的で貴重な御意見を賜りまして、まことにありがとうございました。  まず最初に、川越参考人にお伺いしたいと思います。  お聞きいたしましたら、四十二年間、家庭教育に携わってこられたということで、本当に大ベテランでいらっしゃいまして、情熱もさまざま拝見させていただいたところであります。  家庭教育の重要性というのはもとより痛感しているところでありますし、多くの問題のときに、学校教育と家庭教育、これが車の両輪となって進めていかなければならないということがこの間ずっと言われてきたわけであります。でありま……

第171回国会 青少年問題に関する特別委員会 第7号(2009/06/18、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田真紀子でございます。きょうは、どうぞよろしくお願い申し上げます。  まず最初に、小渕大臣に質問させていただきたいと思いますけれども、フリーター、ニート、不登校、そしてひきこもり、摂食障害など、さまざまな困難を抱える若者と小渕大臣は直接かかわった経験がおありでしょうか。もしそういう御経験があれば、どのようなことを感じられたか、お話をいただきたいと思います。
【次の発言】 ありがとうございました。  大臣がみずから現場に行かれて、関係者の皆さんやそこで悩んでおられる多くの若者の声を直接聞かれたということは、私は、大変すばらしく、また有意義なことだったとい……


45期(2009/08/30〜)

第174回国会 厚生労働委員会 第6号(2010/03/09、45期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田真紀子でございます。  きょうは、大変お忙しい中、参考人の皆様には、この委員会に御出席を賜りまして、それぞれの立場でこの子ども手当法案に対する御意見、また、昨今の社会情勢の中でお考えになっておられる国政への御提言を賜りまして、まことにありがとうございました。  中には大変激しい御意見もございましたけれども、私は、重要なことは、この国の未来を担っていく、次代を担っていく子供たちを本当にどうやって社会全体ではぐくんでいくか、そのことに対して、それぞれの立場で議論をしていく、国民的な議論を深めていくことが何より大切だと考えておりますので、きょうは大変貴重な……

第176回国会 安全保障委員会 第1号(2010/10/19、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○菊田大臣政務官 おはようございます。外務大臣政務官の菊田でございます。  平野委員長初め委員各位の皆様に謹んでごあいさつを申し上げます。  外務大臣政務官としての職責を全うするため、前原外務大臣の指導のもと、我が国の外交、安全保障上の諸問題に全力を尽くして取り組む決意でございます。  平野委員長初め本委員会の皆様の御指導と御協力を心よりよろしくお願い申し上げます。  ありがとうございました。(拍手)

第176回国会 外務委員会 第1号(2010/10/22、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○菊田大臣政務官 皆様、おはようございます。外務大臣政務官の菊田真紀子でございます。  国民の期待にこたえる外交を実現するために、政務三役が一体となってさまざまな外交課題に誠意を持って対応してまいります。  特に、担当でありますアジア大洋州や南部アジア、アフリカ諸国との関係を強化してまいります。また、経済外交に力を注いでいきます。  小平委員長を初め委員各位の御支援と御協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。(拍手)

第176回国会 経済産業委員会 第4号(2010/11/12、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○菊田大臣政務官 おはようございます。  西村委員におかれましては、北朝鮮問題、そしてまた拉致問題に大変粘り強く取り組んでいただいていることに心から感謝を申し上げたいと思います。  まず、冒頭の御質問でありますけれども、委員御指摘のとおり、専門家パネルの最終報告書によりますと、北朝鮮の主要相手国との貿易額というのは著しく減少していると報告をされております。また、韓国統一部の統計によりますと、北朝鮮全体の対外貿易は二〇〇八年から二〇〇九年にかけて減少しているというふうに見られております。  国連安保理決議第一八七四号は、北朝鮮からのすべての武器、関連物資の輸出入の禁止を決定しております。この決議……

第176回国会 農林水産委員会 第3号(2010/11/05、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○菊田大臣政務官 お答えをさせていただきます。  TPP協定は現在交渉中でありまして、我が国は交渉当事国でないことから、TPPが、どのような原則のもとに交渉が行われ、そして最終的に合意されるか、この子細については不明でありますが、原則として十年以内の関税撤廃が必要と考えられております。また、交渉参加国からの説明によりますと、交渉参加に当たっては、あらかじめ特定分野の自由化を除外した形での参加は認められない可能性が高いと考えられています。
【次の発言】 原則としてはそういうことになります。

第176回国会 農林水産委員会 第6号(2010/12/08、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○菊田大臣政務官 御質問ありがとうございます。  これまでの御指摘のような各国の動き、経緯についてお話をさせていただきたいんですけれども、お時間よろしいですか。(今村委員「ええ、どうぞ。簡単に言ってください」と呼ぶ)はい。  昨年の十一月に開催されましたAPECのシンガポール首脳会談におきまして、地域統合のあり方についての議論の中で、TPPへの関心が表明をされたわけであります。その後、APECの枠組みの中で、米国を初めとする各国との間でTPPについての議論が行われてまいりました。そして、先般の横浜APECの首脳宣言におきまして、TPPは、ASEANプラス3やASEANプラス6とともに、アジア太……

第177回国会 経済産業委員会 第14号(2011/07/15、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○菊田大臣政務官 お答えをいたします。  OCA憲章の第十三条におきましては、根本原則に従わない場合、理事会の決定によりまして、勧告、譴責、罰金、または一定期間の資格停止等の懲罰を受けるとされております。今回、OCA総会に北朝鮮籍関係者の出席を認めない場合には、今申し上げましたOCA憲章による制裁の対象となる可能性が高いというのがスポーツ界の一般的な受けとめ方であると承知をいたしております。  なお、近年、OCA憲章に抵触して制裁を受けた国はないと承知をいたしておりますが、オリンピック憲章に抵触した最近の例としましては、クウェートが、同国の国内法で政府がスポーツ組織の選挙に干渉できるとしている……

第177回国会 農林水産委員会 第3号(2011/03/09、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○菊田大臣政務官 谷議員の御質問にお答えさせていただきたいと思います。  先生の御地元にも大変影響が出ており、また、漁業関係者の皆さんに御心配、そしてまた影響が出ているということを、外務省としても大変重く受けとめさせていただいているところでございます。  先月、日韓外相会談がございまして、当時の前原大臣から、暫定水域の資源管理や、我が国EEZにおける違法操業、あるいは放置漁具への対応につきまして、金星煥外交通商部長官にも直接協力と申し入れをさせていただいたところでございまして、事あるごとに、政府要人ともこうした懸念事項については協議をし、日本側の主張もしっかりとさせていただいているところでござ……

第177回国会 農林水産委員会 第12号(2011/05/26、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○菊田大臣政務官 お答えいたします。  我が国の研修・技能実習生は、平成二十一年度末現在で約十七万五千人でございます。受け入れ国で多いのは、今御指摘がございましたとおり、やはり一番多いのが中国で約十三万五千人、続いてベトナム、一万三千人、そしてフィリピン、九千九百人でございます。  法務省の調べによりますと、今回の震災の影響で技能実習半ばで途中帰国した技能実習生は、三月末現在で約一万三千人になりました。その後も出国が相次いでいたことから、最終的に途中帰国した技能実習生は約二万人にも上るのではないかというふうに推定されているわけでございます。また、JITCOによりますと、東北六県に千葉と茨城そし……

第177回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第4号(2011/04/22、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○菊田大臣政務官 竹内委員にお答えをさせていただきます。  各種の報道等によりますと、北朝鮮には相当数のキリスト教信者が存在すると推定をされておりまして、一部にはその数が数十万人に上るとする情報もございます。  政府としましては、北朝鮮の内部情勢につきまして、平素より情報の収集、分析に努めておりますが、さまざまな情報に接しながら、今後とも、意を用いまして情報の収集、分析に努めてまいりたいと思っております。
【次の発言】 北朝鮮の軍事情報がさまざまな形で海外に流出をし、北朝鮮当局が容疑者の逮捕や監視体制の強化といった措置をとっているといった、さまざまな報道があることを承知いたしております。  政……

第177回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第5号(2011/05/27、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○菊田大臣政務官 我が国といたしましては、脱北者の問題については、関係国の意向も踏まえつつ、人道的観点から引き続き適切に対処をしていく考えでございますが、大変恐縮でございますけれども、御質問の点につきましては、関係者の安全、そしてまたプライバシー、関係国との関係などの観点から、この場で詳しくお答えできないことをぜひ御理解願いたいと思います。  ただ、一般論といたしまして、北朝鮮をめぐる情勢につきまして、また、こうした脱北者の状況につきましても、政府として高い関心を有しておりまして、今後も引き続き、関係省庁、関係国とも連携し、情報収集そして対策を講じてまいりたいと考えております。

第179回国会 外務委員会 第2号(2011/10/26、45期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田真紀子でございます。  大臣、朝から大変厳しい質問が続きましたけれども、私からはまず、玄葉大臣、御就任をおめでとうございますと申し上げたいと思います。先般、力強い所信の表明をいただきました。野田政権のもとで安定した外交を樹立して、そして国際社会の期待におこたえをいただけますように御期待をしたいと思います。  私は、昨年の九月からちょうど一年間、外務大臣政務官として、前原元大臣、そして松本前大臣、微力ではありましたけれども、お支えをさせていただいてまいりました。残念ながら、前原元大臣、そして松本前大臣ともに、在任期間が半年ということで退任をされたわけでありますが、米国の国……

第179回国会 外務委員会 第4号(2011/12/02、45期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田真紀子でございます。  総理、きょうはお忙しいところ御出席をいただきまして、ありがとうございました。原子力協定について御質問させていただきます。  残念ながら、福島の原発事故により、我が国は、国際社会に対し大きな懸念と心配を与えてしまいました。にもかかわらず、今回議題に上がっております原子力協定の相手国であるヨルダン、ベトナム、韓国、ロシアは、我が国との協定締結に関して見直しや変更を求めることはなく、その締結に向け期待を持ち続けています。  私は、外交上の観点から、このまま協定をたなざらしにすることは、我が国と相手国との信頼関係に影響を与えてしまうのではないかと懸念いた……

第180回国会 予算委員会 第24号(2012/04/18、45期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田真紀子でございます。  野田総理を初め各大臣におかれましては、連日の国会審議、大変御苦労さまでございます。  実は私、予算委員会で質問させていただくのはこれが初めてでありまして、少々緊張いたしておりますが、大切な日本の外交、そして安全保障に関してきょうは質問させていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。  北朝鮮のミサイル発射について、まずは総理に御質問いたします。  御案内のように、北朝鮮は、十三日金曜日、我が国を初め国際社会の再三にわたる自制の求めを無視してミサイルを発射させました。国民を飢餓で苦しませ、膨大な資源を投入してミ……


46期(2012/12/16〜)

第183回国会 外務委員会 第3号(2013/03/22、46期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田真紀子でございます。どうぞよろしくお願いいたします。  私も、約一年間でありましたけれども、外務大臣政務官を務めさせていただきまして、西アフリカのマリ、モーリタニア、セネガルというような国、あるいは南スーダンの独立記念式典にも出席をさせていただきました。  本当にアフリカは気候的にも、またさまざまな条件が厳しくて、私も、マラリアの予防ですとか、たくさん注射を打って行ったことを今でも覚えておりますし、また、パキスタンとかあるいはパプアニューギニアという国も訪問させていただきまして、本当に厳しい環境の中で外務省の職員が奮闘されておられる、その姿を間近に見……

第183回国会 外務委員会 第6号(2013/04/26、46期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田真紀子でございます。  きょうは二十分という大変短い時間ですが、どうぞよろしくお願いいたします。  まず、昨日、北朝鮮の軍創建八十一周年記念日だったということで、けさの報道にもいろいろございましたけれども、直近の北朝鮮動向についてお伺いいたします。
【次の発言】 依然として核兵器保有を強調し、そしてまた日本に対しても言及をしているということでございましたし、また、現在、戦略ロケット軍の将兵の手は発射ボタンの上に置かれているというような威嚇も繰り返しているわけでありますので、我が国としては、万全の態勢、そして情報をしっかりと入手し、対応していかなければ……

第183回国会 外務委員会 第10号(2013/06/14、46期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田真紀子でございます。  岸田外務大臣におかれましては、日本外交の最高責任者として日夜御奮闘いただいております。外務大臣に就任をされて約半年が過ぎましたが、この間を振り返っての感想をまず伺いたいと思います。
【次の発言】 今大臣からお話がありましたけれども、我が国外交の基軸は日米安保体制を中核とする日米同盟ですが、同盟国である米国は、日本の首脳が中国や韓国の首脳と直接対話ができない状態が続いていることについてどう見ているとお考えでしょうか、見解を伺います。
【次の発言】 日本が韓国や中国とハイレベルの政治対話ができない状態が続けば、日本がアジアの中でだんだん孤立していくと……

第183回国会 青少年問題に関する特別委員会 第5号(2013/06/20、46期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田真紀子でございます。  きょうは、四人の参考人の方々から、それぞれの立場そしてまた御経験を踏まえて、大変貴重な御意見を伺うことができました。心より感謝を申し上げます。  まず、女性の柔道選手十五人による暴力告発というのは、本当に多くの日本の国民に不信感、そしてまた残念な思いを与えたわけでありますし、今柔道を一生懸命頑張っている子どもたちのためにも、これは早く浄化をしていかなければならない、問題を解決していかなければならないというふうに思っております。  それと、先日、女子選手へのセクハラが明らかになりまして、福田二朗さん、七十六歳という御年齢の方であ……

第185回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2013/12/04、46期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田真紀子でございます。  きょうは、長谷川参考人、木村参考人、そして萬屋参考人、大変お忙しい中、貴重なるお話をお聞かせいただく機会をいただきましたこと、まず心から感謝を申し上げます。ありがとうございます。  十九世紀ドイツの法学者イエーリングは、わずかなりとも隣国から領土を奪われた国がそれを取り返す行動に出ないとき、その国は国家として存立できなくなると述べています。言うまでもなく、領土は国家の根幹をなすからであります。  もちろん、北方領土を武力で取り返すことはできません。外交交渉によるほかないわけでありますが、交渉事である以上、日本の主張が一〇〇%全……

第185回国会 文部科学委員会 第3号(2013/11/06、46期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田真紀子でございます。  大臣、大変御苦労さまでございます。午前中の質疑に続きまして私も質問をさせていただきますけれども、幾つか同僚の議員からも指摘させていただいた問題点等々ございました。質問の中身が重複するかもしれませんけれども、お許しをいただきたいというふうに思います。  まず、我々民主党政権で導入しました高校授業料の無償化制度は実施から三年たったわけでありまして、この制度が果たしてきた社会的、教育的、そして経済的効果がどのようなものであったか、まずはその検証がしっかりとなされた上で、必要ならば見直しが行われるべきというふうに私は考えますが、政府としてこのような検証を……

第185回国会 文部科学委員会 第5号(2013/11/13、46期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 私は、民主党・無所属クラブを代表し、政府提出の公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校就学支援金の支給に関する法律の一部を改正する法律案に反対の立場から討論を行います。  二〇一〇年度にスタートした高校無償化制度の理念は、保護者等の所得にできる限り影響されることなく子供たちの学習権を保障していくことにあります。本法律案に盛り込まれた所得制限の導入によって多くの子供たちが支援金を受けられないことになれば、そもそも法制定の理念を大きく後退させるものとなり、到底受け入れられるものではありません。  世界的に見ても、ほとんどの主要先進国で、いわゆる高校は無償です。さらに言えば、無償とさ……

第186回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号(2014/03/12、46期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田真紀子でございます。  山本大臣、連日、激務、御苦労さまでございます。また、三ッ矢外務副大臣、きょうは御答弁をよろしくお願いいたします。  まず、法案審議に先立ちまして、冒頭、普天間飛行場の辺野古移設に関して質問させていただきたいと思います。  昨年の十二月二十七日、沖縄県の仲井真知事が辺野古の埋立申請を承認いたしました。これに先立ちまして、二十五日、仲井真知事は安倍総理と会談をしまして、普天間基地の五年以内の運用停止と早期返還、米軍基地内の汚染確認のための立入調査などを可能とする日米地位協定の改定などを求めました。これに対する安倍総理の回答について……

第186回国会 青少年問題に関する特別委員会 第3号(2014/04/03、46期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田真紀子でございます。  大臣は、さまざまな分野を所管されておられまして、大変お忙しいと思いますけれども、きょうはこの委員会に御出席をいただきました。  先ほど来、政府参考人からの御答弁が多いように感じますけれども、私は、安倍総理が女性の活躍、女性の活用をうたわれて、そして今、安倍内閣の女性閣僚として活躍をされているわけですから、大臣にはぜひ政治家としてさまざまな所見をお示しいただきたい、こういうふうに期待をいたしております。  まず、最初でありますけれども、この委員会が審議すべき課題、すなわち女性と若者をめぐる問題でありますが、これは世界共通の課題で……

第186回国会 青少年問題に関する特別委員会 第6号(2014/06/10、46期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田真紀子でございます。どうぞよろしくお願いいたします。  私の地元に、新潟県の三条市というところがございまして、最近よく新聞とかテレビで報道されているんですけれども、三条市の教育委員会が、ことしの十二月から四カ月間、試行的に全ての小中学校で牛乳の提供を中止することを決めたということでございます。ちょっとその背景について御紹介させていただきたいと思うんです。  大臣も御承知のとおり、新潟県は、福島県と並んで、全国有数の米の産地であります。本当においしいコシヒカリが食べられる地域でありまして、給食の地産地消を進め、和食文化のすばらしさや、そしてまた、地元の農家の皆さんがどんな……

第186回国会 文部科学委員会 第3号(2014/02/21、46期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田真紀子でございます。  きょうは短い時間でありますけれども、ぜひ前向きな御答弁をいただければというふうに思います。  まず、これは通告はいたしておりませんが、今、ソチ・オリンピックで日本国じゅうが選手たちの活躍を見守って、そしてまた、たくさんの感動を与えていただいているわけであります。私もきょう浅田真央選手のスケートを見まして、前日、十六位に終わってしまったということでありましたけれども、フリーでは非常に頑張って六位に入ったということで、相当なプレッシャーと戦ったんだろうなというふうに思って見ておりました。メダルはとれませんでしたけれども、彼女の健闘に本当に心から感動を……

第186回国会 文部科学委員会 第7号(2014/03/26、46期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田真紀子でございます。  義務教育において使用する教科書というのは、全ての児童生徒が使用する最も重要な教育文書であります。また、義務教育における教科書無償化制度は、憲法の第二十六条に掲げる義務教育の無償の精神にかかわる重大な問題であります。  本件改正法案はこうした教育行政の根幹にかかわる重要法案と認識をさせていただきながら、質問をしてまいります。  教科書を採択する権限を有するのは教育委員会です。これは地方教育行政法第二十三条六号に示すとおりであります。ところが、教科書無償措置法上の共同採択地区においては、地区内の教育委員会は、協議をして同一の教科書……

第186回国会 文部科学委員会 第13号(2014/04/18、46期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田真紀子でございます。  もうかなりほかの委員からいろいろ御質問がありまして、重複するようなところもあると思いますけれども、質疑を深めるという意味で質問させていただきたいと思います。  今回の政府の改正案では、教育委員長とそして教育長を一本化して新教育長の権限が従前よりもかなり強化されることになるという御説明をいただきました。まず、この新教育長と教育委員の関係について伺います。  先ほど、午前中、貝ノ瀬参考人からもお話がありましたけれども、教育長というのは常勤です。したがって、さまざまな情報が毎日集積される、収集されるわけでありまして、決裁もさまざま毎日こなしている、どこ……

第186回国会 文部科学委員会 第15号(2014/05/07、46期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田真紀子でございます。  きょうは、三人の参考人の方々には、それぞれのお立場、また経験、知見からさまざまな貴重な御意見をお聞かせいただきまして、まことにありがとうございました。  まず、政府案について、御三方に御質問させていただきたいと思っております。  今回の教育委員会制度改革は、教育委員の公募制を廃止したときからおよそ六十年ぶりの改革であります。私は、この教育改革が目指すべきは、一つは責任の所在を明確にすること、そして、直面するさまざまな課題や問題にすぐ対応できる執行、そして有効なチェックができる体制をつくること、そのために抜本的な改革が必要であるというふうに思ってお……

第186回国会 文部科学委員会 第17号(2014/05/14、46期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田真紀子でございます。どうぞよろしくお願いいたします。  冒頭、地教行法の改正についての前に、教科書検定について質問させていただきたいと思います。  五月の二十六日から申請の受け付けが始まる中学社会科の教科書検定で、文部科学省が今回異例の通知を出したということで報道がございました。それは、教科書会社が文科省に検定を申請した後でも記述の追加や変更を認める、こういう報道であります。  まず確認しておきたいんですけれども、平成十七年四月五日付、当時の中山成彬文部科学大臣談話の二におきまして、「歴史教科書の検定は、国が特定の歴史認識や歴史事実等を確定するという立場に立って行うもの……

第186回国会 文部科学委員会 第21号(2014/06/04、46期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田真紀子と申します。  きょうは、朝早くから三人の参考人の皆様にお運びをいただきまして、大変貴重なお話をお聞かせいただきまして、ありがとうございました。  まず平野参考人は、多様性が非常に大切だというお話のもとで、権限と責任の一体化が重要ということをおっしゃいました。また、トップダウンとボトムアップのバランスが重要なんだというお話が大変印象に残っております。  続きまして田中参考人でありますけれども、実際に欧米のトップ大学に足を運ばれて、教員の人事がどのように行われているのか、そうしたことを具体的に事例を挙げて御説明をいただきました。大変ありがとうござ……

第187回国会 文部科学委員会 第7号(2014/11/12、46期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田真紀子でございます。  法案に関して質疑をさせていただく前に、大臣に、通告しておりませんけれども、ちょっとお聞かせをいただきたいと思いますが、けさの朝刊各紙一面に、衆議院解散が報じられております。中には、十四日あるいは二十一日投開票ではないかと具体的な日程まで報じられているところもございます。今、この永田町には強烈な解散風が吹いているわけでございまして、私は非常に唐突だなというふうに思っております。  この法案も、大臣を一名増員するということで規定をしているわけでありますが、オリンピック成功のために強化をしていくこと、これは重要だと思いますけれども、……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 文部科学委員会 第5号(2015/04/17、47期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田真紀子でございます。  早速、法案に関しまして質問させていただきたいと思います。  本法案は、当初、ことし四月一日の施行を目指し、昨年の臨時国会での法案提出が検討されていたというふうに理解をしておりますが、結局、今国会での提出になりました。十月一日施行に延期された理由について、まずお伺いいたします。
【次の発言】 下村大臣は、昨年九月の記者会見において、他省庁のスポーツ関係の部門を、このスポーツ庁が設置されることによって人とそれから財源がそこに集約していかないと、文部科学省の中だけを整理するということではスポーツ庁の意味がないと思いますので、これは相……

第189回国会 文部科学委員会 第8号(2015/05/13、47期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 民主党の菊田真紀子です。  本日はまず、大学の自治と政府との関係について質問いたします。  今から六十五年前の一九五〇年、我が国の国内では講和論議が沸騰していました。吉田茂総理は西側諸国との単独講和を決意していましたが、学者、知識人や革新陣営の間では全面講和論が強まり、国論が二分をしておりました。  そうした中、吉田総理は、自由党の両院議員総会において、全面講和などというのは言うべくして到底行われないことだ。それを南原繁東大総長などが政治家の領域に立ち入ってかれこれ言うことは、曲学阿世の徒で、学者の空論にすぎないと発言しました。三日後、南原総長は記者会見をしました。学問の冒涜、学者……

第189回国会 文部科学委員会 第13号(2015/05/29、47期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田真紀子でございます。  きょうは最初に、大変お忙しいところ、内閣府の大臣政務官、小泉政務官に御出席をいただきました。  経済財政諮問会議という会議がありますけれども、この会議はいかなる会議であるか。安倍政権における経済財政諮問会議の位置づけについて、お聞かせをいただきたいと思います。
【次の発言】 政務官、ありがとうございました。議論を聞いていただきたいんですけれども、もしもうお時間がおありでしたら、どうぞ御退席ください。ありがとうございました。  今、政務官から御説明がありましたとおり、非常にこれは内閣において重要な会議であるわけでございます。教育……

第189回国会 文部科学委員会 第18号(2015/09/02、47期、民主党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民主党の菊田真紀子です。  両大臣におかれましては、連日の御公務、大変御苦労さまでございます。  まず最初に、三十五人以下学級について質問させていただきたいと思います。  先月の二十七日、私たち民主党は、議員立法、公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律の一部を改正する法律案、いわゆる三十五人以下学級法案を衆議院に提出をいたしました。  この議員立法は、公立小中学校の一学級の編制の標準を四十人から三十五人に引き下げるものですが、民主党政権時の平成二十三年に三十年ぶりの見直しを行いまして、小学校一年生の学級編制標準を三十五人に引き下げ、小学校二……

第190回国会 文部科学委員会 第5号(2016/04/20、47期、民進党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民進党の菊田真紀子でございます。  まず、冒頭、熊本地震の影響についてお伺いしたいと思います。  今回の地震で、東海大学農学部の学生さん二人を含む死者四十七人、負傷者は一千百人を超え、今なお九万人以上の被災者が避難生活を送っています。また、土砂災害で崩落した阿蘇大橋付近で足取りが途絶えたと報道のある熊本学園大学の学生さんの安否も大変心配です。  お亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りし、被災された皆様に対して心よりお見舞いを申し上げます。  一連の地震で、学校施設等文部科学省関係の被害状況について、人的被害、物的被害、どのような状況であるのか、お聞かせをいただ……

第190回国会 文部科学委員会 第6号(2016/04/27、47期、民進党・無所属クラブ)

○菊田委員 おはようございます。民進党の菊田真紀子でございます。  きょうは朝八時半からということで、委員長を初め両大臣、そして委員の皆様、大変御苦労さまでございます。  まず最初に、平成二十八年熊本地震災害に関して質問いたします。  震災対応、被災者支援に与党も野党もありません。主義主張を超えて、全党一丸となって迅速に対応していかなければならないと考えます。我が党は、先週、現地に視察団を派遣するとともに、二十三日の土曜日には岡田代表が現地を視察し、被災地の現状をつぶさに把握するとともに、被災された多くの方々から切実な要望をお聞きしました。我々は、政権与党としてあの過酷な東日本大震災を体験し、……

第190回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第3号(2016/05/12、47期、民進党・無所属クラブ)

○菊田委員 民進党の菊田真紀子でございます。  北朝鮮は、ことし一月に四度目となる核実験を実施し、その後も弾道ミサイル発射を実施するなど、我が国と東アジアの平和と安全にとって重大な脅威を繰り返しています。  このため、我が国は独自の対北朝鮮措置を決定しましたが、北朝鮮は、日本がストックホルム合意の破棄を公言したことになると一方的に主張し、二月十二日、拉致被害者を含む日本人行方不明者の調査の全面中止と特別調査委員会の解体を発表しました。  外務大臣に確認をいたします。ストックホルム合意は今でも有効なのでしょうか。  政府は、拉致問題の解決に向け全力を尽くすと繰り返し述べ、対話と圧力、行動対行動の……

第192回国会 文部科学委員会 第4号(2016/10/28、47期、民進党・無所属クラブ)

○菊田委員 民進党の菊田真紀子でございます。  まず冒頭、三笠宮崇仁親王殿下の御冥福を心よりお祈り申し上げます。  質問に入らせていただきます。  人口減少、少子化、IT化など社会の変化がますます加速する中にありまして、我が国のさらなる発展と繁栄のためには、一にも二にも教育、人材育成が何より重要であり、我が党は、一貫して人への投資を最重点政策の一つとして取り組んでまいりました。  学校教育の最前線に立つ教職員が、生きがいとやりがい、自信と誇りを持って職責を全うできるように、我々国会議員も、この国政の場においてしっかりと支援をしていかなければならないと考えます。  しかし、残念なことに、諸外国と……

第192回国会 文部科学委員会 第5号(2016/11/02、47期、民進党・無所属クラブ)

○菊田委員 私は、提出者を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。  案文を朗読して説明にかえさせていただきます。     教育公務員特例法等の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府及び関係者は、本法の施行に当たっては、次の事項について特段の配慮をすべきである。  一 文部科学大臣が策定する指針については、教育委員会等が地域の実情に合わせた指標を自主的・自律的に定めるための大綱的な内容のものとし、地域や学校現場に対する押し付けにならないようにすること。  二 教育委員会等が策定する指標については、画一的な教員像を求めるものではなく、全教員に求められる基礎的、基本的な資……

第193回国会 文部科学委員会 第7号(2017/03/22、47期、民進党・無所属クラブ)

○菊田委員 私は、提出者を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。  案文を朗読して説明にかえさせていただきます。     独立行政法人日本学生支援機構法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府及び関係者は、本法の施行に当たっては、次の事項について特段の配慮をすべきである。  一 政府は、給付型奨学金制度を継続的かつ安定的に運用できるよう、必要な財源の確保に努めるとともに、基金に対し個人及び企業等からの寄附が促進されるよう、教育資金に係る寄附文化の醸成に向けた広報活動や税制改正の検討に努めること。  二 高等教育機関へ進学を希望する者に対し、教育を受ける機会が均等に確……

第193回国会 文部科学委員会 第12号(2017/04/21、47期、民進党・無所属クラブ)

○菊田委員 民進党の菊田真紀子でございます。  きょうは、お三方の参考人におかれましては、大変お忙しい中、こうやって御出席をいただきまして、それぞれの立場で御意見をお述べいただきましたことを心から感謝を申し上げたいと思います。  それでは、私の方から質問をさせていただきたいというふうに思いますけれども、まず、永田参考人と本田参考人に御意見を伺いたいと思います。  先ほど小出参考人の方から御発言がございまして、現在の大学、短期大学、それから実学を標榜する学部、学科においては、既に実務家教員を採用して専門職業人の育成を行っている、あるいはまた、社会人の学び直しにも対応できるように、多くの大学で教学……


48期(2017/10/22〜)

第195回国会 経済産業委員会 第2号(2017/12/01、48期、無所属の会)

○菊田委員 御苦労さまでございます。無所属の会の菊田真紀子でございます。  改めまして、先日、大臣の所信的挨拶を聞いておりまして、経済産業大臣という大変重い責任を担うと同時に、産業競争力担当大臣、そしてまたロシア経済分野の協力担当大臣、原子力経済被害担当大臣、あるいは内閣府の特命担当大臣ということで、本当に喫緊のたくさんの課題を抱えておられるということで、その精力的な活動に心から敬意を表したいと思います。  その上で、私も、このたびの選挙におきまして新潟四区の地元のただ一人の代議士とならせていただきましたので、地元の皆さんの声を精いっぱい届けるために全力で頑張ることをお誓いいたしまして、質問に……

第196回国会 経済産業委員会 第3号(2018/03/30、48期、無所属の会)

○菊田委員 無所属の会の菊田真紀子です。  世耕大臣、どうぞよろしくお願いいたします。  早速、質問に入りたいと思います。  まず、国民の大切な年金の情報に関して重大な問題が生じております。  きょうは厚生労働省にもお越しをいただいております。  日本年金機構が個人データの入力を委託した情報処理会社による入力ミスや中国の業者への作業の再委託が判明をいたしました。国民の大切な年金に対する信頼を著しく損なう事態であり、消えた年金問題に続き、国民に年金に対する大きな不安を与えることとなりました。  厚労省に伺います。今回の事案の概要と発覚したきっかけ、対応策についてお答えください。

第196回国会 経済産業委員会 第6号(2018/04/10、48期、無所属の会)

○菊田委員 御苦労さまでございます。無所属の会の菊田真紀子です。  きょうは、参考人の皆様、お忙しいところお越しをいただきまして、それぞれの立場での貴重なるお話をお聞きすることができました。まことにありがとうございます。  それでは、質問に入らせていただきます。  日本では、創業を希望する者が創業に至る割合がアメリカやイギリス並みである一方、そもそも創業に関心を持つ者が少ないということが一つ課題にあるということでございます。  市町村を中心に行う創業支援について、現状の創業を行おうとする者への直接的な創業支援に加えて、今回の法改正で更に創業に関する普及啓発を行うということでありますけれども、そ……

第196回国会 経済産業委員会 第7号(2018/04/11、48期、無所属の会)

○菊田委員 無所属の会の菊田真紀子です。  大臣、長時間、御苦労さまでございます。  早速質問に入ります。  情報処理認証制度について伺いたいと思います。  各企業が認証を受ける際には認証に係る料金が必要になりますが、この料金はどの程度の水準になると想定していますか。数万円程度で済むものなのか、あるいは百万円単位の費用が必要になるのか。イメージだけでも教えていただきたいと思います。
【次の発言】 国として定めることは考えていないのでそれぞれのケース・バイ・ケースになってくる、こういうことでありますが、しかし、場合によっては、厳しい経営環境に苦しんでいる中小零細企業に費用面でかなりの負担がかかっ……

第196回国会 経済産業委員会 第8号(2018/04/13、48期、無所属の会)

○菊田委員 おはようございます。無所属の会の菊田真紀子です。  この法案に関しては、今週の火曜日、そして水曜日、そしてきょうの金曜日ということで、三日間にわたって審議が続けられてまいりました。私たち野党は、政府が提出された法案、しっかりと議論をして、審議をして、どこか欠点がないか、あるいは残っている疑問点、しっかりと追及していくことが大事だというふうに思っております。  まず、前回の質問の際に確認できなかったことを改めて伺いたいと思います。  創業時の無担保、無保証での融資制度において、どれだけの融資が行われ、返済されなかった融資はどの程度あるのか、御答弁をお願いします。

第196回国会 経済産業委員会 第9号(2018/04/18、48期、無所属の会)

○菊田委員 無所属の会の菊田真紀子でございます。  ここのところ各省庁による不祥事が相次いでおりますので、どうしても取り上げざるを得ません。  まず資料の一枚目をごらんください。経産省でも四月の十一日に係長が詐欺の疑いで逮捕されたと聞いておりますが、現在把握している事案の概要について、経産省、お答えいただきたいと思います。
【次の発言】 財務省の文書改ざんから、防衛省・自衛隊の日報の隠蔽、そして文科省と経産省の講演への介入、さらには財務省の福田事務次官セクハラ問題、厚生労働省でも、これもまた福田という同じ名前ですけれども、健康局長によるセクハラ問題と、まさに行政への信頼が大きく揺るいでおります……

第196回国会 経済産業委員会 第10号(2018/05/11、48期、無所属)

○菊田委員 菊田真紀子です。  質問のお時間をいただきまして、ありがとうございます。  不正競争防止法は、平成に入ってから十五回の改正が行われてまいりました。今回の改正によりまして十六回目となります。ほぼ二年に一回の改正が行われているということでありますが、かなり頻度の高いペースではないかと思います。なぜこう頻繁に改正が行われているんでしょうか。法律を提出する責任者であります世耕経産大臣にまず伺いたいと思います。
【次の発言】 時代に即して適宜対応することはもちろん重要でありますけれども、どうも直面する事態への対応が後追いになっているのではないか。しかも、法改正をしても、十分な手当てができたと……

第196回国会 災害対策特別委員会 第2号(2018/02/16、48期、無所属の会)

○菊田委員 無所属の会の菊田真紀子でございます。新潟県四区選出でございます。  大臣におかれましては、日ごろ大変御苦労さまでございます。  もう時間がありませんので、早速質問に入らせていただきます。  消防庁に確認をいたしましたところ、昨日の段階の速報値として、今冬の大雪で七十二名の方がお亡くなりになっています。私も、改めて、お亡くなりになった方々に心より御冥福をお祈り申し上げます。  私の地元、新潟県でも、死者十七名、重軽傷百八十一人という大変な災害になっております。雪による雪害は、こうした人的被害にとどまらず、農業や日々の中小企業の活動、地域経済への影響も大変に大きく、個人資産の損失もあり……

第197回国会 文部科学委員会 第2号(2018/11/14、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○菊田委員 おはようございます。立憲民主党・市民クラブの菊田真紀子でございます。  柴山大臣、このたびの大臣御就任おめでとうございます。  柴山大臣はこれまで、政府においては、内閣総理大臣補佐官を務められ、また総務副大臣、外務大臣政務官など、経験を積み重ねてこられました。しかし、国会、衆議院におきましては、主に予算委員会とか財務金融委員会とか内閣委員会に所属をされていたということで、文部科学委員会においては、大臣自身、当時委員として所属されたことはありましたけれども一度も質疑に立たれたことがございませんでしたので、どのような考え方をお持ちの大臣なのかということで、きょうはいろいろ質問させていた……

第198回国会 文部科学委員会 第3号(2019/03/15、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○菊田委員 おはようございます。立憲民主党・無所属フォーラムの菊田真紀子です。どうぞよろしくお願いいたします。  早速質問に入ります。  昨日、文科省から著作権法改正案の今国会への提出を断念したと説明を受けましたが、改めて、その経緯や理由について、大臣に説明を求めます。
【次の発言】 関係者の理解すら得られていない法案を拙速に提出しようとしたが、参院選を控えて、悪影響を懸念する自民党の了承を得ることができずに、異例の差戻しになったということでしょう。  それによって、出版業界だけでも被害額が四千億円以上に上ると推計される海賊版への対策が先送りとなってしまいます。このような結果を招いたことは大臣……

第198回国会 文部科学委員会 第4号(2019/03/20、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○菊田委員 おはようございます。立憲民主党・無所属フォーラムの菊田真紀子です。  まず、三名の参考人の皆様には、本日、御多用の中、こうして本委員会にお越しをいただきまして、貴重な御意見を賜りました。まずもって御礼を申し上げます。本当にありがとうございます。  それでは、質問に入らせていただきたいと思います。  私は、今の安倍政権の大学改革の方針というのは、一貫して産業界のニーズに応えることではないかというふうに感じています。本法案でも、実践的教育が行われるよう実務家教員を配置することが大学等に求められています。  国は、大学が、教育や自由な学術研究、学問追求の場ではなく、企業が求める即戦力の人……

第198回国会 文部科学委員会 第8号(2019/04/10、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○菊田委員 おはようございます。立憲民主党・無所属フォーラムの菊田真紀子です。  早速質問に入らせていただきます。  まず、私立学校法改正案についてでございます。  学校法人の公共性を確保する上で、理事会に対する監事の牽制機能が強化されることについては一定の改善というふうに考えますが、問題は、その実効性が本当に担保されるかどうかということであります。  このことに関し、三日の委員会で、我が会派の初鹿委員が、監事は評議員会の選任にすべきとただしたのに対し、柴山大臣は、監事の選任は評議員会の同意が要件になっていることで、理事長が自分の息のかかった者を選べる仕組みになっていないと答弁をされましたが、……

第198回国会 文部科学委員会 第11号(2019/04/23、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○菊田委員 おはようございます。立憲民主党・無所属フォーラムの菊田真紀子です。  まず、四名の参考人の先生方には、大変お忙しい中、きょうは貴重な御意見を聞くことができました。心から御礼を申し上げます。ありがとうございます。  それでは、質問に入らせていただきます。  司法試験合格率の低迷や法曹志願者の激減、法科大学院の規模の縮小など、法科大学院を中心とした法曹養成制度が危機的な状況にあることは論をまちません。本法律案は、法学部三年、法科大学院二年に加え、在学中の受験を認めることで時間的、経済的負担の軽減を図り、法曹志願者を回復させることを目的としていますが、この改正により本当に志願者は回復に転……

第200回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(2019/10/04、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)【議会役職】

○菊田委員長 この際、一言御挨拶を申し上げます。  このたび、委員各位の御推挙によりまして、委員長の重責を担うこととなりました。  沖縄問題に関しましては、沖縄が本土に復帰して以来四十七年を経過し、この間、各般の施策が実行されてまいりましたが、依然として、米軍基地問題等、多くの課題が残されております。  また、北方問題に関しましては、長年にわたる全国民の悲願である北方領土返還の実現に向けて、これまで以上に国民世論を結集していくことが重要であると存じます。  このような状況のもと、当委員会に課せられた使命はまことに重大であります。  委員各位の御支援と御協力を賜りまして、円満な委員会運営に努めて……

第200回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(2019/11/20、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)【議会役職】

○菊田委員長 これより会議を開きます。  議事に入るに先立ちまして、委員会を代表して一言申し上げます。  このたびの令和元年台風第十九号及び十月二十五日からの大雨による被害でお亡くなりになられた方々とその御遺族に対しまして、深く哀悼の意を表しますとともに、被災者の皆様に心からお見舞いを申し上げます。  これより、お亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りし、黙祷をささげたいと存じます。  全員の御起立をお願いいたします。――黙祷。
【次の発言】 黙祷を終わります。御着席願います。
【次の発言】 この際、衛藤沖縄及び北方対策担当大臣及び茂木外務大臣から、それぞれ発言を求められておりますので、順次こ……

第200回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2019/11/27、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)【議会役職】

○菊田委員長 これより会議を開きます。  この際、中谷外務大臣政務官から発言を求められておりますので、これを許します。中谷外務大臣政務官。
【次の発言】 沖縄及び北方問題に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として内閣官房内閣審議官中嶋浩一郎君、内閣府政策統括官宮地毅君、内閣府沖縄振興局長原宏彰君、内閣府北方対策本部審議官松林博己君、外務省大臣官房審議官松浦博司君、外務省大臣官房参事官有馬裕君、外務省大臣官房参事官河津邦彦君、農林水産省生産局畜産部長渡邊毅君、防衛省大臣官房政策立案総括審議官辰己昌良君、防衛省防衛政策局次長石川武君及……

第200回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号(2019/12/09、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)【議会役職】

○菊田委員長 これより会議を開きます。  沖縄及び北方問題に関する件について調査を進めます。  去る二日、首里城火災による被害状況等に関する実情調査のため、沖縄県に委員八名を派遣いたしましたので、派遣委員を代表して、私からその概要を御報告申し上げます。  まず沖縄県庁において、玉城知事、県議会の新里議長及び赤嶺副議長から、沖縄県における首里城の復旧復興に向けた取組の概要等について説明を聴取した後、国と県との役割分担や連携のあり方について意見交換を行いました。  次いで、国営沖縄記念公園首里城地区において、同公園の鈴木事務所長から火災の発生状況や建築物の被害状況等について説明を聴取するとともに、……

第200回国会 文部科学委員会 第3号(2019/11/05、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○菊田委員 おはようございます。野党共同会派、立国社を代表して質問させていただきます菊田真紀子です。  本日は、参考人の皆様の貴重なる意見陳述を聞く機会を得ることができまして、心から感謝を申し上げます。  英語民間試験について、我々野党は早くから、余りにも課題、問題が大き過ぎるということを、当委員会の質疑やそれぞれ党の部門会議などにおいて厳しく指摘してまいりました。時間がどんどん過ぎていくのに、いつまでたってもずさんな制度設計や不備は改善されず、全国の受験生や高校関係者の不安は高まっていきました。  私たちは、経済的、地理的格差を容認するような制度を子供たちに押しつけてはならない、このような思……

第200回国会 文部科学委員会 第6号(2019/11/13、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○菊田委員 おはようございます。立憲民主・国民・社保・無所属フォーラムの菊田真紀子でございます。大臣、どうぞよろしくお願いいたします。  まず、法案審議に入る前に、いわゆる高等教育無償化について伺います。  先日、私のもとに国立大学の一年生から悲痛な訴えがメールで届きました。この学生は、家が貧しく、学費や生活費に大変苦労されながら大学に通っています。そのような中、文科省のホームページで高等教育無償化のことを知って、これは大変ありがたい制度だということで大学に相談に行ったそうです。しかし、窓口で、十一月五日で申請書の配付を締め切ったので応募できませんと担当者から言われました。申請期間は十一月一日……

第201回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(2020/01/20、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)【議会役職】

○菊田委員長 この際、一言御挨拶を申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして、今国会も引き続き委員長の重責を担わせていただくこととなりました。  委員各位の御支援と御協力を賜りまして、円満な委員会運営に努めてまいる所存でございますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
【次の発言】 これより理事の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの鈴木貴子さんの御動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に       國場幸之助君   鈴木 貴子さん       武井 俊輔君 とかしきなおみさん       宮腰 光寛君    佐々木隆……

第201回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(2020/04/14、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)【議会役職】

○菊田委員長 これより会議を開きます。  沖縄及び北方問題に関する件について調査を進めます。  沖縄及び北方問題に関する政府の施策について、衛藤沖縄及び北方対策担当大臣及び茂木外務大臣から順次説明を求めます。衛藤沖縄及び北方対策担当大臣。
【次の発言】 次に、茂木外務大臣。
【次の発言】 次に、令和二年度沖縄及び北方関係予算について説明を求めます。大塚内閣府副大臣。
【次の発言】 以上で説明の聴取は終わりました。  次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。     午前九時四十八分散会

第201回国会 文部科学委員会 第3号(2020/03/11、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○菊田委員 立憲民主・国民・社保・無所属フォーラムの菊田真紀子です。  東日本大震災から九年を迎え、私からも改めて、多くのとうとい命が失われたことを、心から哀悼の意をささげます。今なお避難生活を強いられている皆様、全ての被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。  それでは、質問に入ります。  通告していた質問の順番を変えて、最初に、週刊誌報道のあった加計学園について質問いたします。  先ほど村上委員がこの件について質問されましたが、文科省は、社会から疑念を抱かれるような問題が生じた場合、必要な調査、指導のほか、速やかに再発防止などの検討等に取り組む立場にあります。もともと岡山理科大学の獣……

第201回国会 文部科学委員会 第5号(2020/03/24、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○菊田委員 おはようございます。立憲民主・国民・社保・無所属フォーラムの菊田真紀子です。  それでは、質問に入らせていただきます。  法案質疑に入ります前に、前回、質問通告をいたしましたが時間不足のために質問できなかったこと、聖マリアンナ医科大学医学部不正入試事案について質問をしたいと考えます。  ことし一月、聖マリアンナ医科大学医学部不正入試について調査を続けていた第三者委員会は、医学部入試において女性や浪人生を一律に差別をしていたとする調査報告書を公表いたしました。しかし、大学は、差別は意図的ではないとし、一昨年の文科省の調査結果に対する回答と同様に、またしても第三者委員会の結論を受け入れ……


各種会議発言一覧(衆議院)

43期(2003/11/09〜)

第159回国会 予算委員会第三分科会 第2号(2004/03/02、43期、民主党・無所属クラブ)

○菊田分科員 おはようございます。  今回、私、初めて質問させていただきます、新潟四区、民主党の菊田まきこでございます。  きょうは、私の選挙区であります新潟県三条市で起きました少女長期監禁事件についてお伺いさせていただきたいと思いますので、何とぞよろしくお願いを申し上げます。  この事件は、例を見ない犯罪の悪質さで皆様の記憶にも深く残っていることと思いますが、私にとりましても、すぐ身近に起こった事件として大変なショックを受けた事件でございました。  今から十四年前になりますが、一九九〇年十一月十三日、当時九歳だった小学校四年生の少女が、新潟県三条市で下校途中に行方不明になりました。そして、約……


44期(2005/09/11〜)

第166回国会 予算委員会第一分科会 第1号(2007/02/28、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田分科員 民主党の菊田真紀子でございます。  きょうは、公正取引委員会の竹島委員長に御出席をいただきまして、この分科会では、地元の細かな問題について質問させていただけるということで、大変ありがたく思っております。  私、平成十五年に初めて当選をさせていただいたときに、一期生のとき、経済産業委員会に所属をさせていただいておりましたので、何度か竹島委員長にも御質問させていただいたことがございます。  私の地元は新潟県でございまして、新潟県第四区でありますが、ことしはだれも予想していなかった大変な異常気候ということで、現在もほとんど雪のない状況になっております。生活するには大変暮らしやすく、便利……

第166回国会 予算委員会第七分科会 第2号(2007/03/01、44期、民主党・無所属クラブ)

○菊田分科員 おはようございます。民主党の菊田真紀子と申します。私は新潟県第四区選出でございます。  大臣におかれましては連日の予算委員会審議、大変お疲れさまでございます。また、分科会もきのう、きょうと二日間連続ということで大変お疲れのところ恐縮でありますが、分科会では地元の問題について取り上げてもいいということでございますので、ことしのだれも予想できなかった暖冬について少し取り上げさせていただいて、地域経済の問題について提起をさせていただきたいと思います。  ことしは東京都心でもまだ初雪がないという状況でありますけれども、全国的に暖冬となりました。その中でも日本一平年より気温が暖かかったのが……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 予算委員会第六分科会 第1号(2015/03/10、47期、民主党・無所属クラブ)

○菊田分科員 民主党の菊田真紀子でございます。  きょうは、大臣、副大臣、朝から大変御苦労さまでございます。  きょうは、被災地における除染について質問させていただきたいと存じます。  もちろん、この除染作業というのは本当に大変な作業でございまして、現場の作業員はもちろんでありますけれども、環境省、そしてまた市町村、自治体挙げてのお取り組みということで、本当に敬意を申し上げたいというふうに思います。  私は新潟県でありますけれども、被災地から新潟県内に避難をされている方々、そして、本年四月以降も新潟県内に住むとおっしゃっている方々が約三千人おられます。まだ帰還のめどもなかなか立たないという現状……


48期(2017/10/22〜)

第196回国会 予算委員会第一分科会 第1号(2018/02/23、48期、無所属の会)

○菊田分科員 無所属の会の菊田真紀子でございます。  午後のトップバッターということで、大臣、よろしくお願いいたします。  二月二十日の午前八時四十分ごろ、米軍三沢基地所属F16戦闘機が離陸直後にエンジン火災を起こし、燃料タンク二個を青森県東北町の小川原湖に投棄をしました。二十一日に、青森県知事が海上自衛隊に災害派遣を要請し、海上自衛隊が作業を始めたと伺っています。  米軍側からも自衛隊に依頼があったと小野寺防衛大臣が発言していますが、まず、この事案の経緯と現在の対応状況について、防衛省、お答えください。
【次の発言】 当時、この湖ではシジミをとる漁船が十そうぐらい操業していたというような報道……

第196回国会 予算委員会第五分科会 第1号(2018/02/23、48期、無所属の会)

○菊田分科員 大臣、一日お疲れさまでございます。きょう最後のバッターでありますが、無所属の会の菊田真紀子でございます。どうぞよろしくお願いいたします。  私の選挙区、地元は新潟四区でありまして、燕三条というところは、非常に、物づくりの町ということで、歴史と伝統を積み重ね、そしてまた新たな挑戦をしているところであります。非常に、中小企業、小さな町工場もたくさんございます。そういう地元の中小企業の経営者の方から御指摘がありました特定自主検査ということに関しまして、これから質問をさせていただきます。  フォークリフトなどの運搬機械や、ブルドーザー、ショベルカーなどの建設機械には、一年に一回の特定自主……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

菊田真紀子[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書