国会議員白書トップ衆議院議員宮本岳志>委員会発言一覧(全期間)

宮本岳志 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

宮本岳志[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは宮本岳志衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 宮本岳志 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

45期(2009/08/30〜)

第173回国会 青少年問題に関する特別委員会 第2号(2009/11/26、45期、日本共産党)

○宮本委員 大臣、大変お久しぶりでございます。日本共産党の宮本岳志です。  大臣は朝の所信的あいさつでも、心身ともに健康で社会的に自立した青少年を育成していくことは、我が国の将来を左右する、そして政府の最重要課題だというふうに位置づけられたと思います。ところが、我が国の現状は、高校卒業予定者の就職先も決まらない、自立どころか働く場所さえ保障できないという状況が今広がっております。  きょうは、私、福島大臣と政治家としての大きな議論をしたいと思っておるんです。  私は、この間、求人倍率が〇・二六と大変深刻な青森県、そして私の地元大阪で、高校の新卒者の就職の問題を、労働局や県当局、高等学校の教職員……

第173回国会 文部科学委員会 第2号(2009/11/18、45期、日本共産党)

○宮本委員 石井郁子前議員の後を受け継がせていただきました日本共産党の宮本岳志です。どうぞよろしくお願いをいたします。(発言する者あり)ありがとうございます。  本日は、高校の無償化の問題と大学の給付制奨学金について質問をさせていただきたいと思います。  川端大臣は、先日の大臣あいさつで、昨今の経済不況のもとで、子供が経済的理由で十分な教育が受けられなくなることが懸念されていると、先ほどもある委員が触れられましたが、こういうふうに述べられました。これはもう懸念どころか既に今の事態は極めて深刻だと言わなければならないと思います。  十月の三十日に全国私立学校教職員組合連合の方々が発表された学費の……

第174回国会 青少年問題に関する特別委員会 第3号(2010/04/08、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず冒頭、池坊委員長に一言申し上げたい。  私の反対を押し切って私の質問時間を五分間短くしたことは、断じて納得をしておりません。冒頭、抗議の意思をはっきり申し上げて、質問に入りたいと思います。  私も、この間の委員会視察に参加をいたしまして、改めて、日本の子どもたちと子育てをめぐる現状の深刻さ、立ちおくれを実感いたしました。  本来子どもにとって一番安全であり安心できる場所でなければならない家庭で起こる虐待、その背景には、貧困あるいは格差社会など、親も含む社会のありよう全体、これに大きな困難とゆがみがあると痛感をいたしました。  児童虐待防止法のもとで……

第174回国会 青少年問題に関する特別委員会 第4号(2010/04/22、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  本日は、四人の参考人の先生方、貴重な御意見を伺わせていただきまして、本当にありがとうございました。  まず、私どもの委員会は「こうのとりのゆりかご」の視察にも行かせていただいて、そして、御紹介のあった検証会議の最終報告についても私は読ませていただきました。結論のところで、「ゆりかご事例から見えるのは、社会のありようの一面であり、現代社会の子育てにおいて個人や個々の家庭だけでは背負いきれないものが形として噴出している状況である。」と指摘されていることを本当に重く受けとめましたし、その点では、きょうお話にあったように、やはり一人一人の親にとってもきめ細やか……

第174回国会 青少年問題に関する特別委員会 第5号(2010/05/20、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず、冒頭に一問聞いておきたいと思います。  去る五月の十八日に、衆議院でチャイルドライン支援議員連盟の総会がございました。私も出席をさせていただきました。民主党の小宮山先生が事務局長で、当委員会にもいらっしゃる自民党の馳先生が幹事長、当委員会の池坊委員長も幹事長代理、こういう議員連盟でございます。  ここに、当日配られましたポスターをお持ちいたしましたし、きょうは、皆様方のお手元にはパンフレットをお配りいたしました。〇一二〇―九九―七七七七、チャイルドラインの四つの約束、秘密は守る、どんなことも一緒に考える、名前は言わなくていい、切りたいときには切っ……

第174回国会 文部科学委員会 第2号(2010/02/24、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず、緊急を要する問題をお尋ねしたいと思います。  この間、中学・高校生を卒業クライシスから救えという集会が持たれるなど、経済的理由によって卒業ができないという事態を何としてもなくしたいという動きが広がってまいりました。  二月の十一日に、全日本教職員組合などによる授業料・教育費緊急ホットラインというものが行われました。受け付け開始時間を待たずに電話が鳴り続けて、相談件数は一日で百二十八件に上ったと聞いております。相談内容を見せていただきますと、切実かつ緊急を要するものばかりでありました。  例えば、母子家庭、長女の授業料六十万円を三月一日までに支払わ……

第174回国会 文部科学委員会 第4号(2010/03/05、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  高校無償化法案の内容を充実する立場から質問をいたします。本日は、この無償化法案の外国人学校への適用問題と、高校の公私間格差問題、私学の無償化問題をお伺いいたします。  まず、文部科学大臣に確認をいたします。  この無償化法案は、法案第二条のとおり、「高等学校の課程に類する課程を置く」、日本にある外国人学校のすべてに適用する、こういうことでございますか。
【次の発言】 そこが大問題に今なっているわけですね。  改めて聞きたいんですけれども、日本は、国際人権規約A規約、いわゆる経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約を一九七九年に批准をしております。子……

第174回国会 文部科学委員会 第5号(2010/03/09、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  参考人の皆様方、貴重な御意見を賜りまして、まことにありがとうございます。  世界の多くの国々で高校教育の無償化が既に広がる、常識となる中で、私ども日本共産党は一貫して高校無償化の実施を主張してまいりました。その実現に全力を挙げてまいりましたので、本法案で高校無償化の方向が出されたことは、国民の粘り強い運動、国民世論の成果であって、法案は当然のことだ、ぜひともこれは成立させていきたいというふうに考えております。一方で幾つかの問題点が残されておりまして、本日、皆さんの御意見も参考にして、今後の論戦、審議に役立てたいという立場で質問させていただきます。  ま……

第174回国会 文部科学委員会 第6号(2010/03/10、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  昨日の参考人質疑で出された現場の声、学識経験者の御意見も踏まえ、きょうは全般にわたって質問をいたしたいと思います。  まず、私学への就学支援金について。  前回、三月五日の質疑で、私が、概算要求時には年収五百万円未満の世帯について支給できるように要求していたものを、二百五十万円以下を二倍に、二百五十万から三百五十万は一・五倍にと切り下げた、これで予算は幾ら削減になったのか、こうお尋ねしたら、川端大臣は、二百六十億円という答弁だったと思います。これは間違いないですね。
【次の発言】 私は、この高校授業料の原則無償化の予算、概算要求で四千五百億円から本予算……

第174回国会 文部科学委員会 第7号(2010/03/12、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、私どもも総理の出席を求めてまいりましたけれども、総理にかわって松野官房副長官が御出席いただいて御答弁いただくということになっておりました。今、松野副長官は参議院の方で答弁があるということで席を外されておりますので、後からお見えになるということで、順序を入れかえて、その他の質問から始めていきたいと思っております。  まず、私は一貫して、国際人権規約のA規約十三条二項の留保撤回の問題をお尋ねしてまいりました。  去る二月十八日、衆議院の予算委員会で、私が岡田外務大臣にこのことについてお伺いしたところ、この国会中に予算が成立し、法案がきちんと成立を……

第174回国会 文部科学委員会 第8号(2010/03/17、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、学校給食の問題について質問したいと思います。  まず冒頭、私、新聞の記事で読んだんですけれども、北海道北部の北るもい漁協の皆さんが、スナガレイというカレイを東京の学校給食に使ってもらおうと努力をされて、それで東京の子供たちの人気メニューになったという記事を読んだんです。  このスナガレイというのは、最大で三十センチほどのカレイのようでありますけれども、小型のものは輸送コストが高いということで市場には余り出回らない。北るもい漁協の天塩支部というところで、昨年十トンの水揚げがあったんだけれども、二トン在庫を抱えたそうです。  そこで、漁協は、この……

第174回国会 文部科学委員会 第10号(2010/04/09、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  本法案にはさまざまな改正点がありますけれども、主要な改正は、クリアランス制度の導入であります。  クリアランスの基準とされる〇・〇一ミリシーベルト以下のものを放射性汚染物から除外することは、一定の合理性もあり、異論はございません。  ただ、放射線、原子力に対する国民の不信、不安が広く存在しておりますし、そもそも放射線防護の観点からは、できるだけ人体に放射線を受けないことが望ましいことは明瞭であります。  問題は、クリアランス制度を実施する場合、国民の安全の観点から、放射能濃度の高い放射性汚染物が産業廃棄物として処分、再利用されるようなことがないように制……

第174回国会 文部科学委員会 第13号(2010/04/21、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  質疑に先立って、先日の委員会の冒頭、文部科学省から「北海道教育委員会及び札幌市教育委員会における調査の状況について」とする報告がございました。  今回の問題の発端となった民主党小林千代美議員の陣営関係者が政治資金規正法違反で起訴されたことは極めて重大で、政治的道義的責任をはっきりさせる必要があります。証人喚問に応じ国民に説明すべきだし、企業・団体献金、やみ献金、さらには北教組による特定政党支持押しつけという民主主義に反する問題の真相と一連の事実を明らかにすることが求められていることは言うまでもありません。  しかし、先日の報告なるものは、北教組による政……

第174回国会 文部科学委員会 第14号(2010/05/14、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  PTA・青少年教育団体共済法案、これについて質問いたします。  行政庁の監督を受けない自主共済を禁じた改正保険業法、二〇〇六年四月の施行に伴って、県レベルで存在する高校のPTA共済などが廃業、縮小を余儀なくされる、こういう事態になっております。  PTA共済も、一昨年三月末までに法人化して組織を少額短期保険業者に移行するよう求められてまいりました。しかし、多くの団体は移行せず、四月以降、保護者から掛金を集めることが不可能になっておりました。愛知県の高校向けPTA共済では、十一億円の積立金を持っていましたけれども、積立金がなくなるまで見舞金の給付を続ける……

第174回国会 予算委員会 第14号(2010/02/18、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、教育の無償化と教育格差の問題をお聞きしたいと思っております。  総理は、施政方針演説で、すべての意志ある若者が教育を受けられるよう、高校の実質無償化を開始しますと述べ、国際人権規約における高等教育の段階的な無償化条項についても、その留保撤回を具体的な目標とし、教育の格差をなくすための検討を進めますと述べられました。これは当然のことだと思っております。  国際人権規約、すなわち、経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約、A規約を、我が国は一九七九年に批准いたしましたけれども、その十三条の2の(b)と(c)については批准を保留したまま今日に至……

第175回国会 青少年問題に関する特別委員会 第3号(2010/08/18、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  大阪市西区で発生した幼児虐待事件は、全国に大変大きな衝撃を与えております。私も、八月の七日に事件があったマンションに伺いまして、献花をさせていただくとともに、八月の十日に開催をされました、この問題での大阪市議会文教経済委員会の協議会質疑を傍聴させていただきました。また、児童福祉司など関係者からも現状をお聞きする調査を行ってまいりました。  私は、まず冒頭、今回の事件の犠牲となられた桜子ちゃん、楓ちゃんを初め、すべての犠牲となった子どもたちの御冥福を心からお祈り申し上げたいと思います。  このような事件は決してあってはならない、二度と繰り返されてはならな……

第175回国会 青少年問題に関する特別委員会 第4号(2010/09/08、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  前回に引き続き、児童虐待防止の対策についてお伺いをいたします。  さきの大阪市西区のあの事件がございまして、大阪府の橋下知事はみずから、虐待の疑い事例も含め、二十四時間体制での通報を呼びかけるとともに、八月の九日から三十一日まで大阪府作成の二種類のテレビコマーシャルを放送いたしました。テレビの効果は絶大でありまして、通報が劇的にふえたと聞いております。  コマーシャルの始まった八月九日から三十一日までの通報件数を把握しておられるでしょうか。
【次の発言】 二十二日間で二百八十三件ですから、一カ月に換算すると三百八十一件になると思います。昨年の八月が百十……

第175回国会 文部科学委員会 第2号(2010/09/08、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  我が党はことし六月に、「大学の危機打開へ、「学問の府」にふさわしい改革をすすめる日本共産党の提案」という文章、政策を発表いたしまして、この間、私も、東京大学を初め、東京学芸大学、琉球大学、大阪大学、弘前大学等と党としても懇談をしてまいりました。政府が閣議決定をした概算要求基準による運営費交付金の一割カットに対する不安、心配がこもごも語られました。  東京学芸大学では、大学財政の七八・二%を人件費が占めていて、交付金削減と人件費削減政策のもとで教員を減らさざるを得なくなった。第一期の六年間で三十人を減らした。定数削減、定員削減はもう限界だ。大学予算削減の……

第176回国会 文部科学委員会 第2号(2010/10/27、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。よろしくお願いをいたします。  きょうは文化について質問したいと思うんですが、まず冒頭、これはスポーツについて一問だけ聞いておきたいと思います。  私は超党派でつくるサッカー議連の一員でもあり、先日結成された二〇二二年FIFAワールドカップ招致議員連盟のメンバーでもございます。大臣が冒頭の所信的あいさつで二〇二二年のワールドカップサッカー大会の招致を積極的に支援すると述べられたのは、心強い限りだと思っております。  しかし私は、同時に、民主党の石森久嗣議員や本委員会の委員でもある遠藤利明先生とともに、国会議員ラグビークラブというものもやっております。ラグビ……

第176回国会 文部科学委員会 第3号(2010/10/29、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  大臣は、先日の所信的あいさつで、就職が決まらないまま卒業する者が約七万五千人に上るなど、新卒者の就職難が極めて深刻な状況にあること、また、就職採用活動の早期化、長期化についても触れられました。きょうは、この問題を取り上げてお尋ねしたいと思っています。  我が党は、十月七日の衆議院本会議代表質問で、志位和夫委員長が、過熱した就職活動を是正するルールをつくるために、大学、経済界、政府の三者による協議を直ちに開始するということを提案いたしました。十月の十三日、衆議院予算委員会で我が党の笠井亮議員が、総理が雇用問題に真剣に取り組んで、特に新卒者の就職に力を入れ……

第176回国会 文部科学委員会 第5号(2010/11/24、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  この法案で創設される美術品損害国家補償制度は、展覧会主催者の保険料負担が軽減され、展覧会の水準の向上、企画力の充実につながるほか、広く全国ですぐれた展覧会が開催されるなど、国民の美術品鑑賞機会の拡大につながり、賛成できるものと考えております。  問題は、保険料負担が軽減されれば多様な展覧会を全国各地で開催することができるのか、その主体となる美術館、博物館が今どうなっているのかを見る必要があると思うんです。美術館、博物館の現状は、財政難、指定管理者制度、独立行政法人化など、激変をしております。  日本経済新聞が出版した本でありますけれども、「日経 五つ星……

第177回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号(2011/04/26、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、貴重な御意見をお伺いいたしまして、ありがとうございました。  先ほど、参考人の方々のお話をお伺いいたしましても、委員長からは、申しわけなく存じ、深刻に受けとめているという言葉もございました。それから、委員長代理の方からは、このような深刻な事故が発生したことに関し、深く反省している、痛恨のきわみというお言葉もあったわけであります。  恐らく、原子力にかかわる者で、今回の事故を受けて、反省を口にしない者はいないと思うんですね。みんなが反省を口にはされるわけでありますけれども、ただ、さらにそこから進んで、一体この事故の何を反省しなければならないか、……

第177回国会 災害対策特別委員会 第16号(2011/09/09、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  九月三日から四日にかけて四国、中国を縦断した台風十二号は、西日本から北日本にかけて広い範囲で記録的な大雨をもたらしました。とりわけ、紀伊半島で甚大な被害をもたらして、死者五十四名、行方不明者五十四名と深刻な被害が広がっております。  私は、まず初めに、今回の災害でお亡くなりになった方々に心からの哀悼の意を表するとともに、被災されたすべての皆様方に心からお見舞いを申し上げたいと思います。  我が党は、地方議員を先頭に直ちに現場に入りまして、被災の状況をつぶさに調査してまいりました。医師、看護師、保健師の派遣など医療体制の確保、あるいは電気、水道、電話など……

第177回国会 青少年問題に関する特別委員会 第3号(2011/04/20、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  去る三月十一日に発生した東日本大震災で亡くなられた方々に哀悼の意を表します。また、被災されたすべての皆さんに心よりお見舞いを申し上げます。  私は、先週の土曜日、宮城県石巻市に入り、要望などもお聞きをしてまいりました。また、党として福島県にも入って、実情を聞いてまいりました。今、被災地と国会が連携をして、被災地の救援、そして被災地の復興に全力を挙げることが求められていると思います。  最初に、これは委員長に確認をさせていただきたいんです。  子ども・若者に関するあらゆる問題を所管する当委員会でありますけれども、さきの国会では、大臣所信の聴取も含め一度も……

第177回国会 青少年問題に関する特別委員会 第5号(2011/05/19、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、有益で大変貴重な御意見をお聞かせいただいた三人の参考人の皆さんに、私からもお礼を申し上げます。  四月の十九日に政府と文科省が「福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について」というものを発表いたしました。  ここでは、国際放射線防護委員会、ICRPが示す危機収束時の一般公衆の参考レベル、一年間に一ミリシーベルトから二十ミリシーベルトという基準を採用した上で、その最高値である年間二十ミリシーベルトを校庭の利用判断の暫定的な目安にした、このことが大きな議論を呼んでまいりました。  なぜ子どもたちに大人も含めた一般公衆の参考……

第177回国会 文部科学委員会 第2号(2011/03/09、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、臨時教員問題について質問いたします。  大臣は所信で、「子供一人一人の能力を最大限に伸ばす上で、教員の質と数の充実が最も重要であることは論をまちません。」こう述べられました。ところが、質や数以前の問題として、教員が確保できず、教育に穴があくという信じがたいことが学校の現場で起こっております。  一月の十日付朝日新聞は、「教員が産休・育休や病気・介護休暇に入った際、代わりの教員が間に合わないケースが、各地の公立小中学校に広がっている。」と報じました。朝日新聞が全都道府県、指定都市の教育委員会に取材したところによると、昨年度八百件に上り、手当ての……

第177回国会 文部科学委員会 第3号(2011/03/23、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  去る三月十一日に発生した東日本大震災で犠牲となられた方々に対し、謹んで私からも哀悼の意を表するとともに、被災者の皆さんに心からお見舞いを申し上げたいと思います。  被災地では、季節外れとも言われる寒さと雪に見舞われておりまして、食料や燃料などの不足の解消と同時に、行方不明者の捜索も急がれております。被災者に対し一刻も早い生活再建のための支援が急務だということは言うまでもありません。また、学校教育や子供たちに深刻な困難をもたらしているということも議論されてきたとおりです。我が党としても全力で支援に当たることをまず申し上げて、質問に入ります。  文部科学省……

第177回国会 文部科学委員会 第4号(2011/03/25、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  本日は、参考人の皆様から貴重で示唆に富んだ御意見をお伺いをいたしました。ありがとうございました。  まず、小川参考人にお伺いをしたいと思うんです。  先ほども、アメリカ・テネシー州のスター計画ということについても触れられました。私も前回のこの委員会の質疑でスター計画について取り上げたわけでありますけれども、この計画、十三人から十七人の少人数の学級と、二十二人から二十六人の普通学級で比較をしたということなんです。そういう点でいいますと、少人数に効果があるかどうかという比較にしても、このレベルでやっているわけです。今我々が議論しているのは、四十人を三十五人……

第177回国会 文部科学委員会 第5号(2011/03/30、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  法案質疑に先立って、東日本大震災に関して幾つか聞いておきたいと思います。  四月から使用予定の小中高校の教科書のうち六十七万冊が流失などで使用不能になった、こういう報道がございました。その後、五十万冊という報道も出ておりますけれども、まず、これは大丈夫なのか、御答弁をいただきたいと思います。
【次の発言】 ぜひ支障のないようにお願いをしたいと思います。  報道によると、文科省は、全国に教職員の短期派遣など被災地への協力要請を求めたということが報じられております。これは、各教育委員会における短期的な教職員等の派遣に対応することができるかどうか、念のために……

第177回国会 文部科学委員会 第6号(2011/04/06、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  本日は、東日本大震災で被災した私学への対応とともに、被災した学生及び被災地出身学生への学費免除などの支援措置について聞きたいと思います。  まず、今回の東日本大震災では、国公立の学校とともに、私学も大きな被害、打撃を受けました。物的被害を受けた私立学校施設は何校あるか、被害状況を報告していただけますか。
【次の発言】 甚大な被害が出ているわけですね。  全私学新聞によりますと、仙台育英学園高校では宮城野校舎が使用不可になり、多賀城校舎を使用している。聖ドミニコ学院高校は四階の壁に亀裂、コンクリートがむき出しで使えない状態。東北工業大学高校では武道館の天……

第177回国会 文部科学委員会 第7号(2011/04/13、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  独立行政法人日本学術振興会法改正案は、研究者らの声にこたえて科研費を複数年度にわたって使用できるよう基金を創設するもので、私どもも賛成であります。  まず、この基金の対象でありますけれども、若手研究者を対象としたものなど、今年度新規採択の約八割にもなります。今後は、基金の対象を広げることなども視野に入れて科研費の大幅な増額を図るべきだと私どもも考えますけれども、大臣の御決意をお伺いしたいと思います。
【次の発言】 今回の東日本大震災では、地震や津波によって未曾有の被害が発生をいたしました。地震防災対策特別措置法第十三条では、「国は、地震に関する観測、測……

第177回国会 文部科学委員会 第8号(2011/04/27、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  先ほど来も議論が続いておりますので、質問を少しはしょって、核心部分から始めたいと思うんです。  文科省がこの間、「福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方」、これで毎時三・八マイクロシーベルトという基準を示した。その背景にあるのが、国際放射線防護委員会、ICRPの三月二十一日の声明で、今回のような非常事態が収束した後の一般公衆における参考レベルの一から二十ミリシーベルト・パー・年の範囲で考えることも可能としたという、この国際基準を考慮して、原子力安全委員会の助言を得たものだ、こういう答弁を繰り返されております。  ここで私がまず指摘……

第177回国会 文部科学委員会 第9号(2011/05/13、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  前回に引き続き、「福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方」についてお聞きをいたします。  前回、私の質問に、大臣の答弁と原子力安全委員会の答弁が食い違って、審議がたびたび中断をいたしました。きょうはそういうことのないように、真摯な答弁を求めておきたいと思います。  まず、前回の宿題から始めたいと思うんです。  前回の委員会で、中学校は地上一メートル、小学校は五十センチメートルを基準に空間放射線量を測定し、たとえ中学校で五十センチの高さで放射線量が高い値を示していてもノーマークになっている問題を取り上げました。年間二十ミリシーベルト……

第177回国会 文部科学委員会 第10号(2011/05/18、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、四人の参考人の先生方には、貴重な御意見をまことにありがとうございます。私の方からも御質問を申し上げたいと思っております。  それで、当委員会で、私も繰り返し福島県における放射線の被害の問題を取り上げてきました。とりわけ校庭の基準値というものについても議論を重ねてまいりました。  おさらいになりますけれども、ICRPが定めた危機収束時の一から二十ミリシーベルト・パー・年というものを、子供が屋外に八時間、木造の屋内に十六時間いるということを想定し、割り戻して三・八マイクロシーベルト・パー・時間、一時間当たりというところを定めたわけですね。  これ……

第177回国会 文部科学委員会 第11号(2011/05/20、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  今、スポーツ基本法制定の超党派の議連によるプロジェクトチームが開催をされて、論議をされております。きょうはその基本問題について聞いていきたいと思います。  スポーツ基本法、こういう名前のつく法律をつくるのであれば、私どもは、一つは、スポーツに関する国際的な到達点、二つは、スポーツをめぐる我が国と世界の歴史の教訓、三つは、単なる口先の宣言にとどまらず、予算や施設整備あるいは財源の確保などを含めた実効あるものにする必要がある、こういうふうに考えます。  きょうは、そういう点を一つ一つ、大きな問題で大臣とやりとりをしたいと思うんです。  日本国憲法は、第十三……

第177回国会 文部科学委員会 第12号(2011/05/25、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  スポーツ基本法にかかわって、その中心的な柱の一つである高水準の競技スポーツの問題と、スポーツ振興のための財源措置、予算の増額等の問題できょうは質問をしたいと思います。  今回の東日本大震災の復興あるいは救援、こういう活動に、卓球の福原愛選手あるいはプロ野球楽天の田中将大選手ら、日本のトップ選手が被災者を激励するなど、こぞって大きな役割を発揮しております。  私は国会のラグビー議連のメンバーでありますけれども、震災で壊滅的な打撃を受けた岩手県釜石市では、北の鉄人の異名を持つ釜石シーウェイブスの屈強なラガーマンたちが、震災直後から被災者支援に奮闘していると……

第177回国会 文部科学委員会 第13号(2011/05/27、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、参考人の先生方から貴重な御意見を伺うことができました。まことにありがとうございます。  早速質問に入るんですけれども、まず私は、スポーツと地球環境保全との関係をお伺いしたいと思うんです。  オリンピックやワールドカップなどの国際競技大会は、世界を網羅する規模に達しておりまして、環境への影響、これも非常に大きいものがあります。オリンピック憲章にも、「環境問題に関心を持ち、啓発・実践を通してその責任を果たすとともに、スポーツ界において、特にオリンピック競技大会開催について持続可能な開発を促進すること。」と明記をされております。  それで、まずこれ……

第177回国会 文部科学委員会 第14号(2011/06/01、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  いよいよ大詰めを迎えたスポーツ基本法案にかかわって、前回やり残した、スポーツの担い手などの人権、安全問題をまず聞きたいと思います。  来年四月から中学校での武道必修化、これを目前にしながら、依然として、授業や部活あるいは民間の教室などで柔道の事故が後を絶ちません。独立行政法人日本スポーツ振興センター発行の「学校の管理下の死亡・障害事例と事故防止の留意点」二〇一〇年度版には、部活動で乱取りの練習中、ある生徒が顧問に大外刈りをかけ、返しわざをかけられた後、意識不明となり容体が急変、病院に運ばれ、手術を受け治療を受けたが後日死亡というような事例がたくさん紹介……

第177回国会 文部科学委員会 第15号(2011/07/27、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  文科省は五月二十七日に、今年度、学校において児童生徒等が受ける放射線量について、「当面、一ミリシーベルト以下を目指す。」こういう方針を打ち出しました。  私は、前回の質疑で、これは四月十四日の学校開始以降の、しかも学校内だけの目標であって、学校外も含めてトータルな子供たちの被曝線量の低減を図る目標を明らかにすべきだと指摘をいたしました。とはいえ、確かに、学校内の放射線量の低減が喫緊の課題であることは言うまでもありません。  文科省がその五月二十七日の「当面の対応について」の中で学校内における線量低減策として具体的に示しておられるのは、校庭の表土の除去、……

第177回国会 文部科学委員会 第16号(2011/08/03、45期、日本共産党)

○宮本委員 貴重な御意見、ありがとうございます。日本共産党の宮本岳志です。  まず、米倉参考人にお伺いするんですけれども、先ほど来、放射線授業あるいは放射線教育ということについても議論がされましたし、お話の中にもございました。  副読本という話も出たんですけれども、実は、副読本というものは別にこれまでもつくられてきたわけでありまして、私が当委員会で指摘をして、現在は使われておりませんけれども、全体としては原子力安全神話に固まったというような、例えば原発は五重の壁で守られていて大丈夫だ、あるいは、どんなに大きな津波が来ても大丈夫だ、こういうものがむしろこれまで使われてきたと思うんですね。  そう……

第177回国会 文部科学委員会 第17号(2011/08/10、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず冒頭、大事な問題を二つほど聞きたいと思います。  一つ目は、公立学校の施設整備の問題です。  市町村から、今年度に空調設備の設置、学校給食施設の工事を行う事業計画などが出されているにもかかわらず、八月の半ばになろうというのにいまだに採択がされていない事業があるとお聞きをいたしました。  いまだに採択がされていない事業はどういった事業で、幾つの市町村の幾つの事業なのか、国費で幾ら足りないのか。これは文部科学省の方から、事務方からお願いします。
【次の発言】 学校の工事は、ほとんど夏休みを利用して行われるわけです。東京都内のある市では、ことしと来年にか……

第177回国会 文部科学委員会 第18号(2011/08/26、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  私は、先日、東北大学青葉山キャンパスにお伺いをして、大学当局から東日本大震災による被害の状況を聞き取るとともに、大学内を御案内いただいて、現場を視察してまいりました。  東北大を視察して感銘を受けたのは、大学関係者がみずからも被災しながら、研究教育施設設備に甚大な被害を受けながら復旧もままならない中で、被災者のために、みずからの専門性を生かして復旧復興に大きな力を発揮してくださっているということであります。  例えば、東北大学総合学術博物館の皆さんは、その専門性を生かして、南三陸町歌津にある魚竜館の多くの魚竜標本の救援を初め、おしかホエールランド、マリ……

第177回国会 予算委員会 第6号(2011/02/04、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  首相は、施政方針演説で、雇用を最も重視すると述べました。  先日発表された、厚労、文科両省による調査では、大学生の就職内定率が昨年十二月一日時点で六八・八%と、三人に一人がまだ就職先も決まっていないという深刻な結果が公表されました。短大に至っては四五・三%と、半分も内定をしておりません。極めて深刻な現状です。  昨年十月十三日の本委員会で、我が党の笠井亮議員がこの深刻な就活の問題を取り上げて、就職活動の早期化、長期化、過熱化の是正を求めるとともに、生産も利益もV字回復した経済界に新卒者の採用増を強力に働きかけることを求めました。また、これらの問題を協議……

第179回国会 青少年問題に関する特別委員会 第3号(2011/10/25、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  東日本大震災から七カ月、震災による影響は、被災地を含め、多くの子どもたち、若者たちを取り巻く状況に今なお暗い影を落としております。復旧復興の希望である子どもと若者を社会全体で支えていくことが改めて求められていると思うんです。そのために、私たち日本共産党も、本委員会において全力で奮闘することをまず申し上げて、質問に入ります。  まず、学童保育の問題についてお伺いいたします。  被災地の学童保育の現在の状況について報告をしていただきたい。あわせて、学童の復旧に向けてどのような支援を行っているか、御答弁願えますか、厚生労働省。

第179回国会 文部科学委員会 第2号(2011/10/26、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  東日本大震災から七カ月がたちましたが、生活の再建は遅々として進んでおりません。教育の分野でも、余りに大きな規模の被害であり、現行の制度だけで済ませるのではなく、国が全面的に支援することが求められております。さまざまな課題がありますけれども、緊急の課題として、大学入試センター試験の問題についてお聞きしたいと思います。  震災の影響により、従来の試験会場では試験実施が困難な地域が現にあるのではないかと思うんですね。福島、宮城、岩手の三県で、試験会場の変更や新たな試験会場の設定は、現状、どうなっているか。これは高等教育局からお答えいただけますか。

第179回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第4号(2011/11/28、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  玄葉大臣、山岡大臣に初めて質問をさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。  先ほど来議論になっておりますように、この間、北朝鮮問題をめぐっては、南北間でことし七月、九月の二回、対話が行われております。年内に三回目と言われておりますし、米朝間でも、ことし七月と十月に二回対話が行われました。今月十九日に開催された日中韓の首脳会議では、こうした関係国間における対話の動きについて歓迎する一方、北朝鮮の具体的行動は依然として見えておらず、引き続き北朝鮮に対しウラン濃縮活動の即時停止等の対応を求めていく必要があることで一致した、こういう報告がされており……

第180回国会 厚生労働委員会 第17号(2012/08/01、45期、日本共産党)

○宮本委員 ただいま議題となりました高年齢者等の雇用の安定等に関する法律の一部を改正する法律案及び民主、自民、公明三党提出の修正案に対し、日本共産党を代表し、反対の立場から討論します。  法案は、少子高齢化が急速に進展する中で、高年齢者の就労促進と、公的年金の支給開始年齢の段階的引き上げに伴って生じる可能性がある無年金、無収入という事態を回避することがその趣旨とされています。  法第九条に定められた高年齢者雇用確保措置のうち、継続雇用制度は、労使協定によって定められた基準によって継続雇用制度の対象を限定できるものとなっていました。質疑の中で大臣も認めたように、この基準が使用者の恣意的な選別基準……

第180回国会 社会保障と税の一体改革に関する特別委員会 第9号(2012/05/28、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  子ども・子育て新システムについて質問をいたします。  まず、大臣に確認をいたしますけれども、この子ども・子育て新システム関連三法案は、全ての子どもに良質な生育環境を保障し、子ども・子育て家庭を社会全体で支援することを目的としている、これが政府の説明でありますね。  大臣、本当に良質の保育が実現する、こういうことでいいんですね。
【次の発言】 そうしますと、仮に、保育における良質な環境というようなものを二の次にして、そして投資の対象としてのみ保育を見て、金もうけのために保育に参入するというようなことがよろしくないことである、これは大臣、よろしいですね。そ……

第180回国会 社会保障と税の一体改革に関する特別委員会 第18号(2012/06/11、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  消費税の増税をめぐっては、この間、世論調査を見ましても、やはり反対の声の方が多いです。そこで、政府は、「明日の安心」対話集会というものを開いております。  これは総理にお伺いするんですけれども、こういう集会を開いて、国民の理解が得られたというふうにお考えになりますか。
【次の発言】 理解、やはりこれは国民にとっては理解しようのない増税だと思うんですね。  それで、岡田副総理は、去る六月の二日に中央大学で対話集会を開き、感想をブログにこう書いておられます。「いろいろな調査結果を見ると、若い世代は、必ずしもこの一体改革や消費税の引き上げに賛成しない、その声……

第180回国会 社会保障と税の一体改革に関する特別委員会 第22号(2012/06/26、45期、日本共産党)

○宮本委員 私は、日本共産党を代表して、政府提出六法案及びその三党修正案と、新たに提出された社会保障制度改革推進法案など二法案に反対の立場で討論いたします。  そもそも、政府提出法案は、国民に消費税の一〇%への増税を押しつけるものであります。我が党は、審議を通じて、消費増税が生活を破壊し、景気、経済を落ち込ませるばかりか、財政破綻をも一層深刻にするものであることを明らかにしてきました。  また、社会保障改革なるものも、年金の切り下げや保育の公的責任を投げ捨てる新システムなど、中身は改悪であり、一体改悪そのものであることを厳しく指摘してきました。このような一体改悪が国民の支持を得られないことは、……

第180回国会 青少年問題に関する特別委員会 第3号(2012/06/19、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  去る六月十一日、社会保障と税の一体改革特別委員会で、私、総理大臣に、ことしの自殺白書で、若者の就職失敗を理由とした二十代の自殺者の急増に注意が必要というふうに述べられていることを取り上げて、首相の認識を伺いました。総理は私の質問に、若者の雇用対策とあわせ、若年層の自殺対策を今後の自殺総合対策の最重要の課題の一つとして位置づけ、救える命を救っていくという努力に万全を期したいと答弁をされました。  自殺対策担当の大臣であり、若者支援対策担当であり、そしてかつては文部科学大臣であった中川大臣の御認識をお伺いしたいと思います。

第180回国会 青少年問題に関する特別委員会 第4号(2012/08/03、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  冒頭報告のありました大津市中学生いじめ自殺事件についてお伺いいたします。  私からも、とうとい命を落とされたこの生徒に対して、心からの哀悼の意を表明したいと思います。  今回の事件をめぐっては、国民の怒りは、学校と教育委員会の側に、いじめ問題に対する対応力がなく、隠蔽的な状況があること、これに向けられております。  そもそも、学校は、当初はいじめをいじめと把握してもいませんでした。生徒の自殺後に生徒へのアンケートを行ったけれども、そこには、お金をとられていた、自殺の練習などの記述があったにもかかわらず、教育委員会は、事実確認ができないことを理由に公表せ……

第180回国会 青少年問題に関する特別委員会 第5号(2012/08/06、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  三人の参考人の皆さん、本日は本当にありがとうございます。私からも心からお礼を申し上げたいと思います。  まず、小森美登里参考人にお伺いしたいんですけれども、いじめを苦にしたこういう自殺事件が起こるたびに、学校現場や教育委員会による隠蔽的な体質ということが問題にいつもなっております。  それで、子どもを失った御遺族の立場からいいますと、なぜこういうことがいつまでも変わらずに繰り返されるのか、隠蔽ということが繰り返されるのか、それについてどのようにごらんになっておられるか、少し御意見をお伺いしたいと思います。

第180回国会 文部科学委員会 第2号(2012/03/16、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  東日本大震災で、学校や子供たちが大きな被害を受けました。文部科学省が昨年十二月に公表した調査を見ても、震災に伴う休校や他校、施設の使用、仮設校舎を使用しているなど、子供たち、教職員が特別な困難を抱えていることは明らかだと思います。  とりわけ、東京電力福島第一原発事故により避難を余儀なくされ、福島にとどまる子供たちは、外で遊ぶことさえできない事態がいまだに続いています。ことし一月時点でさえ、屋外活動をしていない学校が七十校、屋外活動の一部制限をしている学校が三百九十九校に上ります。  まず、大臣の基本認識をお伺いしますけれども、被災地には特有の課題があ……

第180回国会 文部科学委員会 第3号(2012/04/18、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、授業、部活を含めて、学校教育活動下における柔道事故の問題についてお伺いをいたします。  四月から、中学一、二年生の保健体育の授業で、柔道など武道が必修化されました。そこで、柔道を選択する予定としている公立中学校はどのぐらいあるか、お答えいただけますか。
【次の発言】 多くの学校で、秋以降、武道の授業が始められるということであります。生徒が安心して授業を受けられるよう条件整備を急ぐ必要があります。  そこで、武道場の整備や体育館で行う場合の畳といった最低限の準備、それから、柔道経験のない体育教員への研修、外部指導者の導入状況、安全対策等々はどれ……

第180回国会 文部科学委員会 第6号(2012/06/15、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  政府提出法案は、いわゆる写り込み等に係る制限規定の改正、国会図書館や国立公文書館の利用に伴う権利制限、著作権等の技術的保護手段に係る規定の整備など、いずれも必要なものであり、我が党も基本的には賛成できるものだと考えております。  ただ、一点だけ確認をいたしたいと思うんです。  今回の政府案には写り込み等の権利制限規定が設けられておりますけれども、これらの法改正は、写り込み等、ある程度事例を限定した上で、現行では形式的には違法となる行為を容認しようとするものであり、現実の利用実態を踏まえたやむを得ないものであると考えます。しかし、これも当初は、日本型フェ……

第180回国会 文部科学委員会 第7号(2012/06/20、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  この法律は、文化芸術振興基本法の議論のときから、劇場、音楽堂、劇団、オーケストラなどの文化芸術団体が議論を重ねて、政府でも検討がされてきたものですね。先ほど議論がありました、超党派の音楽議員連盟がまとめ上げた結果として出されております。私もそのメンバーの一人でありますけれども、音議連幹事長としてその取りまとめの中心になって御苦労いただいた鈴木議員に、心から感謝を申し上げたいと思います。  この法律案は、文化庁の検討会では、一部に、劇場を、つくる劇場、見る劇場、交流施設など分類、階層化し、つくる劇場に集中投資するといったものにするとの報道もあり、小規模施……

第180回国会 文部科学委員会 第8号(2012/08/24、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  法案発議者にお伺いをいたします。  我が国の文化的所産である古典に親しみ、学ぶ機会が整備されることは大いに意義あることだと思います。しかし、古典も含めて、国民一人一人が何を学ぶか、何を心のよりどころとするかは、本来、個々人の思想、信条の自由に属する事柄であり、国が押しつけることは許されません。  本法案第一条には、国民の「心のよりどころとして古典を広く根づかせ、」という文言がありますが、これは国民の内心の自由に踏み込むといった趣旨ではないと考えますが、よろしいでしょうか。
【次の発言】 法案は、第二条で、古典の定義を与えています。ここには「我が国におい……

第180回国会 予算委員会 第4号(2012/02/02、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  震災から間もなく十一カ月が過ぎようとしております。また、東京電力福島原発事故は、国民と子供たちに大変な被害を与え続けております。  福島第一原発から放出されたセシウム137の総量は、広島型原爆百六十八個分にも相当すると言われております。福島県では、小学生の子供が母親に、お母さん、僕は長く生きられるのと聞いたとか、中学生の女の子が、お嫁に行けるかどうかと真剣に聞いてきたといった話が伝わっております。親たちはその言葉に絶句をして、どう答えていいのかわからなかった、こういう話ですね。何とも胸の張り裂けるような話であります。  放射能の被害から子供の健康を守る……

第180回国会 予算委員会 第13号(2012/02/21、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  先日来、当委員会でも、やっと実現した高校授業料無償化問題をめぐって議論が交わされました。高校無償化は、一層の前進が求められこそすれ、これをあたかもばらまきのように言って歳出を削減するような見直しをすることは絶対に許されない。そのことをはっきり申し上げた上で質問に入りたいと思います。  二月九日の当委員会で、我が国がいまだに留保している国際人権A規約第十三条の二項(b)(c)、つまり中等教育及び高等教育の漸進的無償化条項について、玄葉外務大臣は、その留保を撤回する方向で調整するように事務方に今般指示をしたと答弁されました。これは非常に大事な決断だと思うん……

第181回国会 文部科学委員会 第2号(2012/11/07、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  田中眞紀子文部科学大臣の所信に対して質問いたします。  まず、既に議論になっておりますけれども、秋田公立美術大、札幌保健医療大、岡崎女子大、この三大学の認可問題であります。  去る十一月一日に大学設置・学校法人審議会が可とする答申を出したにもかかわらず、田中大臣は、翌二日、閣議後の記者会見で、「残念ながら認可するわけにはいきません。」と発言をされました。この発言を機に大混乱となったわけであります。  本日の答弁をお聞きしておりますと、文科大臣は、不認可にしてはおりません、こう御発言、御答弁されました。つまり、認可はまだしていないが、不認可にしたわけでも……

第181回国会 文部科学委員会 第3号(2012/11/16、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず冒頭、このような委員会運営について、断固抗議したい。  本日の委員会日程が提案されたのは、昨日の本会議後の理事懇談会の場でありました。本来、法案審議は、政府から趣旨の説明を聴取した後、それをしっかりしんしゃくした後に、十分な時間をとって質疑するというのが当然の姿であります。そのことから、通常は、趣旨説明と質疑は続けて行わないことが当委員会でも慣例とされてきました。  本日、衆議院が解散されることは、もはや動かざる事実であります。いまだ法案の趣旨説明すら聴取していないものを、趣旨説明、即質疑し、即採決するなどという異常な委員会運営が到底認められないこ……


46期(2012/12/16〜)

第182回国会 文部科学委員会 第2号(2013/01/24、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  私からもまず、亡くなられた男子生徒の御冥福を心からお祈りし、御遺族に対しても心からのお悔やみを申し上げたいと思います。  子供たちの命を育むはずの教育現場で発生した今回の事件。子供の命を最優先にすべき学校には絶対にあってはならない事件だと思います。  大臣も十一日の記者会見で、いかなる場合にも体罰をしてはならない、こう述べられ、本日の答弁でも先ほど来繰り返しそう述べられております。  まず、確認いたしますが、この認識は万全なものだと理解してよろしいですね。
【次の発言】 言うまでもなく、児童生徒への指導に当たり、学校教育法十一条ただし書きに言う体罰はい……

第183回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第4号(2013/05/30、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  大臣は所信で、「科学技術・イノベーションは、この国の未来の形を決める鍵であり、我が国が直面する課題を乗り越えるための切り札です。」こう述べられました。  科学技術・イノベーションが鍵だ、切り札だと天まで持ち上げていただくことは結構でありますけれども、肝心の科学技術に携わる研究者、それを支える人たちの処遇が大切にされてこそ、科学技術・イノベーションの推進が図られると私は考えますけれども、大臣のお考えをお伺いしたいと思います。
【次の発言】 しかし、現実には、適切には処遇されていないという問題があると思うんです。  きょうは二つの問題を取り上げたいと思いま……

第183回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第6号(2013/06/21、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志でございます。  本日は、野依参考人そして白石参考人、両先生には大変ありがとうございます。  先ほどのお話をお伺いしておりまして、両先生とも、若手や女性研究者の活躍の場を広げることの大切さにお触れになりました。  私も若手研究者とお話をする機会がありますけれども、やはりなかなか、任期つきの職が多いとか、あるいは収入、将来への不安ということもたくさんの方々から出されます。  京大の山中先生が、iPS研究所の研究員でさえ九割が有期であるというふうにおっしゃっているということも有名な話でありますし、先日、当委員会で国立環境研究所の視察に参りまして、メダカやミジンコに対……

第183回国会 青少年問題に関する特別委員会 第3号(2013/04/25、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、子どもの貧困対策についてお伺いをしたいと思います。  去る三月二十九日、国会内で、子どもの貧困をなくそうと、超党派の議員がそろって院内集会が開催をされました。私も出席をさせていただきました。そこでも問題になっておったんですけれども、子どもの相対的貧困率が一五・七%、こういう数字が出ておりました。  ここで聞くんですけれども、二〇〇九年、政府は二〇〇七年調査に基づいて初めて子どもの貧困率を公表いたしました。厚生労働省、お答えいただきたいんですが、二〇〇七年調査と、平成二十二年国民生活基礎調査の概況に掲載された二〇〇九年時点の全体の相対的貧困率と……

第183回国会 青少年問題に関する特別委員会 第5号(2013/06/20、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、四人の参考人の先生方、まことに示唆に富んだ深いお話をありがとうございました。  私は、国会のラグビー議員連盟というのをやっておりまして、また、国会の中にあるスポーツ議員連盟の一員でもあります。スポーツ基本法というものをつくる中にも加わりました、法案提案者の一人でもあります。  この基本法は、私は非常に歴史的なものだと思っておりまして、冒頭に、「スポーツは、世界共通の人類の文化である」ということを高らかに宣言しておりますし、「基本理念」の冒頭には、「スポーツは、これを通じて幸福で豊かな生活を営むことが人々の権利である」、スポーツは権利であるとい……

第183回国会 文部科学委員会 第2号(2013/03/27、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  先日の下村文部科学大臣の所信を受けて、質問をいたします。  大臣は、所信の中で、「教師が子供一人一人と時間をかけて向き合える環境を整える」ことを強調されました。  我が党は、昨年十一月に、この間、深刻化してきたいじめ問題を解決するために、全国の現場の先生方や子供にかかわる関係者、あるいは被害者団体、学者、研究者の方々からの聞き取りをもとに、「「いじめ」のない学校と社会を」と題した政策提言を発表し、先日はこれを踏まえたいじめ問題のシンポジウムも開催をさせていただきました。  私たちは、この問題では、まず第一に、目の前のいじめから子供たちのかけがえのない命……

第183回国会 文部科学委員会 第4号(2013/04/19、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  法案について質問いたします。しっかり議論を深めたいと思いますので、答弁は短く端的にお願いしたいと思います。  本法案は、老朽化した国立競技場改築の費用を、本来国費により進めるべきところを、toto、サッカーくじの売り上げの一部で進め、さらにそのためにサッカーくじの対象範囲を拡大しようというものであります。  超党派のスポーツ議連での議員立法だとおっしゃいますけれども、私も紛れもなくスポーツ議連のメンバーであります。スポーツ議連の中でも、我が党は当初から一貫して反対してきたということをまずはっきりと申し上げておきたいと思います。  そこで、まず法案提案者……

第183回国会 文部科学委員会 第6号(2013/05/17、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  東京電力福島第一原発事故は、これまで経験したことのない大事故であり、いまだに汚染水の漏えいが続き、この間も停電事故が繰り返されるなど、収束などとはほど遠い状況であります。  被害は福島県にとどまらず、他県にも依然として放射能被害の影響が広がっております。今なお先の見えない避難を強いられている十五万人もの人々は、生活基盤を根こそぎ奪われ、地域から隔絶された中で、経済的にも精神的にも困難な状況に置かれております。  まず、大臣に基本認識をお伺いしますけれども、何の落ち度もない事故の被害者に対し、加害者である東京電力に一人残らず全面賠償させることが政府の責任……

第183回国会 文部科学委員会 第7号(2013/06/19、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  我が党は、昨年十一月に「「いじめ」のない学校と社会を」と題する提言を発表いたしまして、まず第一に、目の前のいじめから子供のかけがえのない命や心身を守り抜くこと、そして第二に、根本的な対策として、いじめの深刻化を教育や社会のあり方の問題と捉え、その改革に着手する取り組みを提唱いたしました。この提案には、いじめ防止に関する法的整備の検討も含まれておりました。その後、ことし四月には民主、生活、社民の三党案が、五月には自公案がそれぞれ国会に提出され、先日来、与野党の実務者協議が行われてまいりました。  私は、自公提出の与党案には、原則的な問題で見過ごせない問題……

第183回国会 予算委員会 第16号(2013/03/28、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  安倍総理のTPP交渉参加表明について、きょうは質問をさせていただきます。  十八日の当委員会で、我が党の笠井亮委員が、日米共同声明の第三パラグラフの「その他の非関税措置に対処し、」と書いてある内容を質問いたしました。このときの安倍総理の答弁ですけれども、これに対して、まさにこれは、さまざまな非関税分野について今現在交渉を行っていることでございまして、こう御答弁されたわけですね。  そこで、安倍総理に聞くわけですけれども、ここでさまざまな非関税分野とおっしゃったのは、アメリカ側が懸案事項として示した自動車、保険のほかに一体どのような分野があるのか、これに……

第183回国会 予算委員会 第17号(2013/04/01、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは教育予算についてお伺いをいたします。  まず、質疑冒頭に一つ確認をしておきたいことがございます。  私は、去る三月二十七日、文部科学委員会での質疑で、概算要求時には入っていた教職員の定数改善計画が、その後、財務省との折衝で削られてしまったことを文部科学大臣にただしました。  この問題をめぐって、ことしの予算折衝で財務、文科両省間で取り交わされたのが、資料一におつけをした確認の文書であります。この確認文書の三項目めには、「今後の少子化の進展や国・地方の財政状況等を勘案し、」とあるわけですけれども、先日の文科委員会の場で、下村文科大臣は、「項目とし……

第183回国会 予算委員会 第19号(2013/04/05、46期、日本共産党)

○宮本委員 きょうは、四人の公述人の皆様方、本当に貴重な御意見をありがとうございます。私、日本共産党の宮本岳志です。  予算委員会は、この地方公聴会を終えましたら、四月の五日に原発事故問題での集中審議ということも予定をしております。本日お伺いした御意見をしっかり受けとめて、原発事故あるいはエネルギー政策ということでの国会の議論を進めていきたいと思うんです。  まず、渡辺市長にお伺いしたいと思います。  県内で一番多くの二万四千人という避難者を受け入れていただいていること、それに伴うさまざまな困難があるという話もよくわかりました。みずから、九万棟という仙台市に次ぐ被害がそもそも地震でも津波でもあ……

第183回国会 予算委員会 第22号(2013/04/10、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  私ども日本共産党は、昨年十一月に、いじめ被害者の方々、現場の先生方、子供にかかわる関係者、研究者の方々からの聞き取りをもとにいたしまして、この「「いじめ」のない学校と社会を」と題した政策提言を発表いたしました。これは既に安倍総理にも事前にお渡しをいたしました。先日は、これを踏まえた、いじめ問題のシンポジウムも開催をさせていただきました。  私たちは、聞き取りを通じて、いじめがいかに子供を人間として追い詰め、その後の人生を変えてしまうような傷を与えるかを目の当たりにし、いじめはいかなる形をとろうと人権侵害であり、暴力だと強く思いました。  同時に、重要な……

第183回国会 予算委員会 第23号(2013/04/16、46期、日本共産党)

○宮本委員 私は、日本共産党を代表して、二〇一三年度予算三案につき政府がこれを撤回のうえ編成替えを求めるの動議について、提案理由及び概要について御説明申し上げます。  安倍内閣はデフレ不況からの脱却を掲げていますが、その内容は、消費税一〇%に向けて、来年四月から増税を開始し、社会保障負担増などと合わせて二十兆円という戦後最大の国民負担を前提にして、大企業減税など相変わらず大企業中心の成長戦略にしがみつく経済政策をとり、内需の六割を占める家計消費、可処分所得を落ち込ませたまま物価を引き上げる金融緩和を推進するものとなっています。これでは、景気低迷下の物価上昇を招くだけで、国民の暮らしも、経済も、……

第185回国会 文部科学委員会 第2号(2013/11/01、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  冒頭に、二〇二〇年東京オリンピックについて質問いたしたいと思います。  我が党は、二〇二〇年オリンピックの東京招致には一貫して反対をしてまいりました。二〇一一年十二月、さらにはことし三月と二度にわたって行われたオリンピック東京招致決議にも我が党は反対をしてまいりましたが、それは決してオリンピック大会そのものに反対してきたのではありません。オリンピックは、国際親善とスポーツの発展にとって大変意義深いものという認識を明らかにした上で、東京招致の目的がオリンピックを利用して大規模な東京開発を進めるものであること、今、国と都が力を注ぐべきは、大震災、原発事故か……

第185回国会 文部科学委員会 第3号(2013/11/06、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  二〇一〇年から民主党政権が実現した高等学校授業料の無償化法案は、二〇一〇年の通常国会に提出され、三月の五日から当委員会で審議入りをいたしました。三月十二日には、民主党・無所属クラブ、公明党及び日本共産党の三会派共同提案により三年後見直しを内容とする修正案を提出し、それも含めて本院で修正可決となったものであります。その点では、成立した法律には、私もいわば与党的立場で責任を負っております。  あれから三年たって、よもやこのような、授業料の不徴収を廃止して再び授業料を復活させるような改悪案が政府によって提出されるなどとは、夢にも思ってはおりませんでした。  ……

第185回国会 文部科学委員会 第4号(2013/11/08、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、四人の参考人の先生方、まことにありがとうございます。  まず、三年前も参考人質疑でお話をお伺いした吉田参考人にお伺いをいたします。  高等学校教育を担っている私学の役割は極めて重要でありまして、低所得家庭への支援の拡充や給付制奨学金の創設、公私間格差の是正、これは私どもも取り組むべき課題だと当然考えております。  先ほども参考人は、現行制度に上乗せする形で公私間格差の是正ができれば望ましかったがというふうにお話がありました。私どもは、現行の制度の中で予算を抜本的に拡充して、私学への支援を充実させることを求めてまいりました。  今回の改正は、公……

第185回国会 文部科学委員会 第5号(2013/11/13、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  前回に引き続き、公立高校無償制廃止法案の問題点についてただしていきたいと思うんです。  まず、この法案では、就学支援金を受給するためには保護者等の収入の状況に関する事項を届け出る必要がございます。これは文科省でいいんですけれども、具体的にはどういう届け出を行うことになりますか。
【次の発言】 市町村民税の所得割という、所得証明だけで不徴収か徴収か決めるということなんですね。  では、低所得者でも、課税証明書を提出しなかった場合、その生徒の授業料はどうなりますか。
【次の発言】 低所得者でも、その書類が提出されなければ支給されないという御答弁でした。  ……

第185回国会 文部科学委員会 第6号(2013/11/27、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  先日、当委員会で足立区第四中学校の夜間学級を視察いたしました。さまざまな事情から義務教育未終了の方々に学びを保障する場である夜間中学校は、今日かけがえのない役割を果たしていると思います。  ことしの八月の六日に、夜間中学校問題の全党派が参加する院内シンポジウムが開かれ、私も含む当委員会の理事会メンバーのほとんどが呼びかけ人になっております。シンポジウムで、まさに足立四中の卒業生の訴えもございました。  埼玉在住のその女性は、父親一人に育てられ、中学一年のときから近所に手伝いに行ったり仕事に追われ、結局中学校を卒業できなかった。しかし、就職をするに当たっ……

第185回国会 文部科学委員会 第7号(2013/11/29、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず冒頭、改正労働契約法の五年という無期転換期限を十年に延長するなどという、労働法制のルールに風穴をあけるこの改悪法案を一昨日突如として国会に提出し、けさの理事会で私の反対を押し切って趣旨説明、質疑そして採決まで決めるなどという極めて拙速で乱暴な委員会運営に対して、強く抗議をしておきたいと思います。  この改正案は労働契約法の特例を設けておりますけれども、そもそもこの法律は、大学研究開発法人を対象に研究開発力強化を進めるものであって、研究者、技術者個人について規定はしておりません。  研究開発システムの強化というこの目的に対して労働契約法の特例がなぜ必……

第185回国会 文部科学委員会 第8号(2013/12/04、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  私は、十一月一日の本委員会質問でも、我が党が、二〇二〇年オリンピック・パラリンピックの開催地を東京に決定したIOC、国際オリンピック委員会の決定を尊重するとともに、決して無条件の信任ではない、東京招致に反対した際に私たちが指摘してきた問題点については、変わることなく、引き続き厳しくチェックしていくことを明らかにいたしました。きょうもそういう立場から質問をしたいと思います。  あの質疑の際にも文部科学大臣からは、二〇二〇年のオリンピック・パラリンピックは、まさに日本からオリンピック憲章が始まったと言われるような歴史的なオリンピック・パラリンピックにしたい……

第186回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号(2014/04/08、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  科学技術政策を進める政府側の検討の場となっております総合科学技術会議について聞きます。  総合科学技術会議の運営を定める総合科学技術会議運営規則というものがありますけれども、まず、この運営規則の中で、議事要旨や配付資料等の審議内容の公表をどう定めてありますか。
【次の発言】 会議の終了後遅滞なく公表する、あるいは速やかにこれを公表する、こういう規定になっているわけですね。  遅滞なく、あるいは速やかに、こうあるわけですけれども、公開に至るまでの具体的な期間あるいは時間は、実際どうなっておりますか。

第186回国会 災害対策特別委員会 第8号(2014/08/28、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  ことし八月の台風被害を初めとする各地の豪雨と河川の氾濫、土砂災害は、日本列島に重大な被害をもたらしました。とりわけ広島県における八月十九日からの大雨と土砂災害では、既に死者七十二人、不明者十人という深刻な被害が出ております。  私は、犠牲になられた方々の御冥福をお祈り申し上げるとともに、不明者の一日も早い救出を心からお祈りをいたします。また、被災された全ての皆様に心からお見舞いを申し上げます。  私ども日本共産党は、八月の二十日、山下芳生書記局長を本部長とする二〇一四年夏・広島等豪雨災害対策本部を立ち上げて、国会議員団が、地元の地方議員とも連携をして、……

第186回国会 文部科学委員会 第1号(2014/02/04、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  本法案は、独立行政法人科学技術振興機構、JSTに、補正予算案に計上された革新的研究開発推進プログラム、ImPACTを実施するための基金を設立しようというものであります。  安倍首相は、昨年の九月十三日の第八回総合科学技術会議でも、このImPACTを、我が国の未来を開拓していく上で鍵となる国家重点プログラムだと位置づけて、強力に推進することを宣言いたしました。  そこで、文部科学委員会でありますから文科大臣にまずお伺いするわけですけれども、これはどんな研究にどれだけの支援をする予定なのか、お答えいただけますか。

第186回国会 文部科学委員会 第5号(2014/03/12、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず、本法案は、公教育の一端を担う私立学校、とりわけ我が国の高等教育においてその学生の七五%を担っている私立大学に大きな影響を及ぼす法案であります。我が党わずか十五分というような審議時間で質疑、採決を行うことに、強く抗議を申し上げたいと思います。  本法案の直接の契機となったのは、群馬県の学校法人堀越学園に対する昨年三月二十八日付の解散命令とそれに至る経緯だと思うんですね。  私立学校法は十年前に抜本改正をされ、理事会の明確化など一定の管理運営制度の改善がなされたはずであります。それにもかかわらず、堀越学園のような事態がいまだに後を絶たない。これは一体……

第186回国会 文部科学委員会 第6号(2014/03/19、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  私は、去る二月十七日の予算委員会の質問でも、大学生向けの給付制奨学金の実現を求めて、総理からも引き続き検討したいという答弁をいただきました。  長野県は全国で初めて、二〇一四年度から、入学一時金に相当する学生向けの給付型奨学金を創設いたします。上限額は三十万円で、三十人程度に給付し、他の奨学金との併給も可能と報じられております。  まず、学生向け給付制奨学金についての文部科学大臣の御所見をお伺いしたいと思います。
【次の発言】 今お話しになった学生への経済的支援の在り方に関する検討会でありますけれども、昨年の四月一日、私は、予算委員会でこの日本学生支援……

第186回国会 文部科学委員会 第7号(2014/03/26、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  沖縄県八重山地区の教科書採択問題で、文部科学省は十四日、竹富町教育委員会に対して教科書を選び直すよう、地方自治法に基づく是正要求を出しました。国が市町村に直接是正要求を出すのは初めてのことであり、厳しく抗議したいと思います。  八重山地区では、二〇一一年、採択地区協議会が、調査員による調査結果を踏まえない育鵬社版の採択を答申したことが混乱の出発点であります。石垣市、与那国町、そして竹富町の三市町教育委員長が協議し、二〇一一年九月八日に、沖縄県教委の助言、指導のもとで三市町教育委員全員による協議を行って、一致する選定が行われました。  ところが、文部科学……

第186回国会 文部科学委員会 第9号(2014/04/02、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは三人の参考人の皆様方、まことにありがとうございます。私の方からもお礼を申し上げます。  まず、出版者の代表である相賀参考人にお伺いをしたいんです。  今回の法改正が、一方で、違法な複製やファイル共有ソフトを利用しての違法配信という、つまり海賊版対策、これのために打ち出されてきたということを先ほどから聞いておるわけですけれども、まずは事実問題として、現状で海賊版による被害はどのようなものがあって、被害額がどれぐらいになっているか、わかる範囲でお答えいただけますでしょうか。
【次の発言】 ありがとうございます。  そういう海賊版に対する対処というこ……

第186回国会 文部科学委員会 第10号(2014/04/04、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうはまず、視聴覚的実演に関する北京条約にかかわって質問したいと思うんです。  実演家を保護する最初の国際条約は、一九六一年、ローマで作成されたローマ条約、実演家等保護条約であります。実演家の権利の国際秩序を見直す動きが、一九九三年から、レコード製作者の権利の見直しとともにWIPOで始まりました。視聴覚実演に関する保護と音の実演に関する保護が議論されてまいりましたが、音の実演については、一九九六年、WIPO実演・レコード条約、WPPTが作成されたものの、視聴覚実演は条約作成が取り残されてまいりました。  その後、二〇〇〇年にジュネーブで外交会議が開か……

第186回国会 文部科学委員会 第11号(2014/04/09、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  委員会の冒頭、下村大臣から、先日の私の質問に対する答弁に事実誤認があった旨発言がありました。  村山談話は、歴代の首相が認めるかどうか、注目をされてきました。政府の態度の中でも、国内外で最も知られたものだと思うんです。その核心がどこにあるか。   わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。私は、未来に過ち無からしめんとするが故に、疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて痛切な反省の意を表し……

第186回国会 文部科学委員会 第12号(2014/04/16、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。昨日に続いて質問させていただきます。  代表質問でも述べましたとおり、我が党は、本法案を断じて容認できません。それは、教育委員会を首長の支配のもとに置き、憲法が保障する教育の自由と自主性を侵害するものだと考えるからであります。  まず、教育委員会制度の原点をきょうは問いたいと思います。  教育委員会制度を最初に定めた法律、地教行法の改正、五十八年ぶりというふうに語られますけれども、最初に定めたのは教育委員会法でありまして、実に六十六年前のことであります。この教育委員会法の制定時、当時の森戸辰男文部大臣が、一九四八年六月十九日、衆議院文教委員会で法案趣旨説明……

第186回国会 文部科学委員会 第13号(2014/04/18、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。三人の参考人の皆さん、ありがとうございます。  早速質問に入りたいと思うんですけれども、貝ノ瀬参考人にお伺いしたいんです。  貝ノ瀬さんは、雑誌の対談の中で、首長会が、教育委員会そのものが要らない、今の時代、政治的中立性をわざわざうたう必要もないなどと強硬な意見も出しますから、こう言ってはなんですが、首長としての力量不足や対応のまずさを制度の問題と一緒にしてしまった、そういう印象も受けましたと述べておられます。  政治的な中立性というのは極めて大事なことだと私は思っておりまして、この間の世論調査を見ましても、七五%の方々が、政治家が学校の学習内容をゆがめる……

第186回国会 文部科学委員会 第14号(2014/04/25、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  政府の教育委員会制度を変える動きには、多くの国民、教育関係者が危惧を持っております。その中心は、教育の独立と民主主義が壊され、戦前のような暗い時代に向かわないかという強い懸念だと思うんです。  ところが、下村文科大臣は四月八日の大臣会見で、戦前、戦時下の教育の根本を定めた教育勅語を、そのものの中身は至極真っ当なことが書かれていると思う、こういう発言をいたしました。これは重大な発言だと私は思うんです。  これまで、教育勅語には悪い中身もあるがよいことも言っていると発言した大臣は何人もおりましたけれども、中身が至極真っ当だと発言したのはあなたが初めてだと私……

第186回国会 文部科学委員会 第15号(2014/05/07、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、三人の参考人の先生方、本当にありがとうございます。  三人の先生方のお話を聞かせていただいて、政治的中立性の重要さ、これはもう議論の余地なく、お三方とも冒頭にもお述べになりました。非常に大事なことだと思うんです。  まず梶田参考人にお伺いしたいんですけれども、先ほど少し触れられた京都の革新府政時代のものについては、これは私は事実も見解も若干異にいたしますけれども、おっしゃるとおり、やはり首長に権限を集中するというのがいかがなものか、こういう問題意識は共有したいと思っております。私たちも、首長、政治家による教育への政治介入はだめだというふうに思……

第186回国会 文部科学委員会 第16号(2014/05/09、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  今回の教育委員会制度の改変は、政治的多数の圧力で教育内容がゆがむのではないか、とりわけ、近現代史の侵略と植民地支配について基本的事実を知り、平和と民主主義を築く上でも大切な歴史教育の分野で深刻な問題がもたらされないか、多くの国民が心配をいたしております。この問題について引き続き質問をしたいと思うんです。  先般、村山談話が閣議決定されているにもかかわらず、事実誤認の答弁があり、大臣が訂正をされました。  村山談話では、「戦後五十周年の節目に当たり、われわれが銘記すべきことは、来し方を訪ねて歴史の教訓に学び、未来を望んで、人類社会の平和と繁栄への道を誤ら……

第186回国会 文部科学委員会 第17号(2014/05/14、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  私からも三人の参考人の皆様に心からお礼を申し上げたいと思います。  せっかくの、きょうは大津市長、越参考人がお見えでありますので、越市長に中心的にお尋ねをしたいと思います。  まず、二十三年十月のあの痛ましい事件、私たちはあそこから本当に教訓を学び取って、二度とあのような事件を繰り返してはならない、そういう決意は本当に政治に携わる者皆が固めなければならないと思っております。  そこで、まず、事実をお伺いするんですけれども、二十三年十月の事件当時でありますけれども、大津市の教育委員会においては、教育長に対する事務委任等に関する規則というものがもちろんござ……

第186回国会 文部科学委員会 第18号(2014/05/16、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  前回の質疑で私は、大臣は法の趣旨そのものを理解しておられないのではないかという指摘をいたしました。それは、本法案で新たに設置される新教育長が教育行政における人事や教科書採択についての最終決定者であるかのような答弁があったからであります。その後の理事会では、こんな答弁を放置したままでは審議が進められないという議論になりましたけれども、まず、この点について大臣の答弁を求めたいと思います。
【次の発言】 誤解を招く答弁であったということを今お認めになりました。しかし、この部分を訂正するだけでは済まないんですね。  十四日の質疑で、総務省の門山自治行政局長は、……

第186回国会 文部科学委員会 第19号(2014/05/21、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、国立霞ケ丘競技場の問題についてお伺いをいたします。  国立競技場の改築スケジュール、予定というものを見せていただくと、三月末までに基本設計を終えるという計画であったはずなんですけれども、ずれ込んでまいりました。  これは局長に確認しますが、なぜ基本設計がずれ込んでいるんですか。
【次の発言】 スタートもずれ込んだが、大雪を体験して、開閉式屋根の強度についての検討を行っているという御答弁でありました。  それで、大雪の影響はどういうふうにクリアすることになりましたか。
【次の発言】 こういうふうに、雪一つでも構造や設計を再検討せざるを得ない。そ……

第186回国会 文部科学委員会 第20号(2014/05/23、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  そもそも大学は、十三世紀に西ヨーロッパで生まれ、世界各国で高等教育機関として発展をしてまいりました。その歴史の中で、国家権力の干渉から学問研究と教育の自由を守るために大学の自治というものを形成してきた、これは世界共通の原則でもあります。  昨日の本会議で指摘いたしましたように、我が国の大学は、戦前、官吏養成機関として出発し、帝国大学令第一条では、「帝国大学ハ国家ノ須要に応スル学術技芸ヲ教授シ」、こう定められていたわけです。  しかし、敗戦を迎え、戦後の大学は、国家目的への奉仕機関から学術の中心の機関に転換をいたしました。憲法二十三条が定める学問の自由と……

第186回国会 文部科学委員会 第21号(2014/06/04、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、三人の参考人の先生方、まことにありがとうございます。  まず、平野総長にお伺いしたいと思うんです。  実は、ことしの二月にまとめられた中央教育審議会大学分科会の審議のまとめでは、九十三条にかかわって、教授会が審議すべき重要な事項の具体的な内容というのは、四つ挙げられておりました。学位の授与、学生の身分に関する審査、教育課程の編成、教員の教育研究業績の審査等について、これは、教授会の審議を十分に考慮した上で学長が最終決定をする。  今回の法案九十三条では、そのうち、「学生の入学、卒業及び課程の修了」というのと「学位の授与」というのを明示している……

第186回国会 文部科学委員会 第22号(2014/06/06、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  前回に引き続き、きょうは学長の選任について質問をいたします。  日本において大学の自治に関する最高裁判所判例をもたらした事件に、東大ポポロ事件がございます。東京大学の公認学生団体ポポロ劇団が演劇発表会を行った際に、学生が会場にいた私服警官に暴行を加えたという事件であります。一審も二審も、被告人学生の行為は大学の自治を守るためのものであるがゆえに正当であるとして学生を無罪といたしましたが、一九六三年五月二十二日、最高裁大法廷は、原審判決を破棄し、審理を東京地裁に差し戻しました。  ここにその最高裁の判決を持ってまいりましたけれども、判決はこう述べておりま……

第186回国会 文部科学委員会 第23号(2014/06/11、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  もちろん、私たちも、子供たちの読書、学習への支援を学校図書館を活用して行うためには、学校図書館法に基づき配置されている司書教諭のほかに、学校図書館の日常業務を専門的に行う学校司書の配置を進めることが必要だと考えております。そういう立場で、今回の議員立法の検討の場となった学校図書館議員連盟に加わり、議論にも参加をしてまいりました。  そこでまず、現状を確認するんですが、文科省、学校司書の配置状況をお答えいただけますか。
【次の発言】 そこで、法案提出者に聞くんですけれども、この法案は、学校司書の配置率を向上させ全校配置を目指す、このために学校司書を法的に……

第186回国会 文部科学委員会 第24号(2014/06/18、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、学生のアルバイトについて聞きたいと思います。  実は今、学生のアルバイトに異変が起きております。若者を使い潰すブラック企業のような違法、無法な働かせ方が学生アルバイトにも広がっているわけです。この間、メディアでも取り上げられまして、産経は、若者を標的にしたブラック企業が社会問題化する中、違法な働き方でバイト学生を使い捨てにするブラックアルバイトが新たな問題として浮上していると報じました。また、読売にも、違法行為が横行し、学業に影響するほどの長時間労働を強いられるケースもふえているなどと取り上げられております。  まず文部科学省に聞きますけれど……

第186回国会 予算委員会 第4号(2014/02/04、46期、日本共産党)

○宮本委員 私は、日本共産党を代表して、二〇一三年度補正予算三案に反対、みんなの党提出の予算組み替え動議に反対の討論を行います。  政府は、消費税増税に伴う景気後退を防ぐために補正を組んだといいますが、内容は国民の消費を冷やすものとなっています。  反対の理由の第一は、補正予算フレームで、大企業に対する復興特別法人税を一年前倒しで廃止し、復興財源八千億円を補填するとしていることであります。  被災地復興の財源スキームは、もともと、大企業が一切負担をしない仕掛けでした。大企業は、今後、年八千億円、二十三年間で約二十兆円もの恒久減税が実施され、他方では、国民には、二十五年間、八兆円の復興特別所得税……

第186回国会 予算委員会 第9号(2014/02/17、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず冒頭、この間の大雪により甚大な被害が伝えられ、亡くなられた方も出ております。私は、心からのお悔やみとお見舞いを申し上げますとともに、政府には、人命最優先で万全の対策をとるように求めておきたいと思います。  さて、私は、昨年の本委員会でも、大学学費、授業料の異常な高騰と奨学金の問題、日本学生支援機構の奨学金がまるで学生を借金地獄に追い込むような制度になってしまっている事実を指摘いたしました。  その三日後の昨年四月四日、文部科学省は、学生への経済的支援の在り方に関する検討会を設置して、四回の検討会を経て、昨年八月三十日、「学生への経済的支援の在り方に……

第186回国会 予算委員会 第13号(2014/02/24、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、四人の公述人の皆さん方、本当にありがとうございます。  早速、まず、伊藤知事にお伺いしたいと思います。  私が参議院議員時代に恐らく知事は総務省の大臣官房審議官で、私が御質問申し上げて御答弁いただいたこともあろうかと思っておりますけれども、先ほどの冒頭の予算の説明でも、知事は、地方交付税を御説明のときに、実質的な地方交付税ということで、臨時財政対策債、これは実質的に地方交付税であるという極めて正当な御説明をいただいたと思っております。  国会におりますと、今ごろになって、この臨財債というのはよろしくないんじゃないか、早くこれをなくせみたいな議……

第186回国会 予算委員会 第15号(2014/02/28、46期、日本共産党)

○宮本委員 私は、日本共産党を代表して、二〇一四年度予算三案につき政府がこれを撤回のうえ編成替えを求めるの動議について、提案理由及び概要について御説明申し上げます。  本予算案は、消費税率アップの大増税を国民に押しつけた上で、年金、医療、生活保護などの社会保障を削減し、教育、農業、地方財政など、国民生活に密着する予算を軒並み削減しております。その一方で、大企業向け減税と新規大型開発事業の大盤振る舞いを盛り込み、軍事費は二年連続で増額となっております。  円安によって大企業の利益は急増していますが、労働者の実質賃金低下を初め、家計消費の低迷、物価上昇により、暮らしはますます苦しくなっています。四……

第187回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第4号(2014/11/12、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  本日は、科学技術政策の公表、公開姿勢と若手研究者の卵の育成など、新大臣の見解をお伺いしたいと思うんです。  まず、大臣にお伺いしますけれども、国が進める科学技術政策について、政策の方向性や詳細な議論を積極的に公開して国民と対話を進めるのは非常に大事なことだと私は思います。この点について、大臣の御所見をお伺いします。
【次の発言】 適切に公表されてきたかどうかというのがきょうの第一のテーマなんです。  大臣に重ねて聞くんですけれども、納税者としての国民は、国の科学技術政策について何を具体的に知りたいのか、あるいは政府の政策形成にかかわる資料の公表姿勢につ……

第187回国会 地方創生に関する特別委員会 第5号(2014/10/29、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  四人の陳述人の方々のお話は本当に勉強になりました。  それで、今回この法案が出されてきた背景というのは、やはり、地方が疲弊している、あるいは人口減少が極めて深刻だ、その事実はお互いに共有できると思うんです。ただ、そういった問題は勝手に自然現象のように起こってきたのか、では、これまでの施策がどうだったのか、やはりそういうことをきちっと一つ一つ検証しないと、どこが間違って、さっき何もしない方がいいんじゃないかという話が出ていましたが、何もしなかったわけじゃなくて、いろいろしてきた結果がこうなっているわけですから。  飯泉知事は、平成十年ごろ郵政省におられた……

第187回国会 地方創生に関する特別委員会 第6号(2014/10/30、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、四人の参考人の皆さん、大変勉強になるお話をありがとうございました。私の方からもお礼を申し上げたいと思います。  まず、森参考人にお伺いするんですけれども、最初のお話でも、不公平感の漂う対策をやってきた、こういうお言葉もございました。  本年四月十一日の衆議院国土交通委員会にも森参考人は参考人として出席をされて、「駅から五百メートル圏域に質のいい居住空間をつくった方には補助金を出す。それはつまり、裏返して言いますと、六百メートルのところにつくった人には出さないという非常に不公平感漂う施策ですが、しかし、これぐらいをやらないと、誘導というのはなか……

第187回国会 地方創生に関する特別委員会 第8号(2014/11/05、46期、日本共産党)

○宮本委員 私は、日本共産党を代表して、地方創生関連法案に対する反対討論を行います。  今回の法案で、安倍内閣は一体何を行おうとしているのか。  安倍総理が復活させた経済財政諮問会議などでは、人口減少の現状への危機感と諦めをあおり、こうした現状では行政サービスの集約と経済活動の活性化が重要だとして、集約と活性化を合い言葉にした議論が繰り広げられてきたのであります。  本委員会に付託となった地方創生関連法案には、具体的な施策内容はほとんど入っておりません。しかし、基本方針や長期ビジョン、総合戦略に関する論点にはその一端が示されていることが、我が党の論戦によって明らかになりました。  すなわち、「……

第187回国会 内閣委員会 第11号(2014/11/13、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、三人の参考人の皆さん、まことにありがとうございます。私からもお礼を申し上げます。  我が党は、ことしの七月の二十二日に、「女性差別撤廃条約批准国としての責任を果たし、女性差別の改善へ、条約の全面実施を 女性差別撤廃委員会への政府報告にあたって」という政策提言を発表いたしました。同時にこれは、政府に申し入れもいたしました。  御承知のように、国連女性差別撤廃条約が一九七九年に国連で採択されてから、ことしで三十五年になります。日本が批准して、来年で三十年を迎えます。この間、世界各国は、条約に基づいて女性差別の改善と男女平等の前進へ努力を続けてまい……

第187回国会 文部科学委員会 第2号(2014/10/17、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  下村大臣は、先日の所信的な挨拶で二〇二〇年のビジョンというものに触れられました。家庭の経済状況や発達の状況などにかかわらず、学ぶ意欲と能力のある全ての子供、若者や社会人が質の高い教育を受けることができる社会の実現、こう語られましたし、その先のビジョンとして、誰もがいつでも希望する質の高い教育を受けられる生涯学習社会の実現、こう述べられました。  大臣がこの六月に出版された御本「九歳で突然父を亡くし新聞配達少年から文科大臣に 教育を変える挑戦」、この第八章に「教育立国のグランドデザインを描く」という章がありまして、全く同じ表現で二〇二〇年のビジョン、そし……

第187回国会 文部科学委員会 第3号(2014/10/29、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず冒頭、大臣にお伺いをいたします。  財務省は二十七日の財政審の財政制度分科会において、文教予算の削減を進めることを表明いたしました。午前中も議論がありましたけれども、とりわけ問題なのは、やっと三十五人学級が実現した小学校一年生の学級編制基準を、明確な効果が認められないなどと決めつけて、何と、四十人学級に戻して教員を減らし、八十六億円の金を浮かせと主張していることであります。  小学校一年生の三十五人学級は当委員会で全会一致で制度化されたものでありまして、一九八〇年以来、実に三十一年ぶりに学級編制基準を引き下げるものでございました。しかも、この法律の……

第187回国会 文部科学委員会 第5号(2014/11/05、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  原子力損害賠償関連二法案について質問をいたします。  本法案は、原子力損害の補完的な補償に関する条約、CSC加入に伴う国内法整備が目的でありますけれども、我が国はこれまで原子力賠償に関する国際条約には加入してきませんでした。  これはまず大臣に前提をお伺いするんですが、今回なぜこのCSCに加入することになったのか、お答えいただけますか。
【次の発言】 今お話しになった原子力損害賠償制度の在り方に関する検討会です。原子力賠償にかかわる条約には、今大臣の答弁にございましたように、改正パリ条約、改正ウィーン条約、そしてこのCSCと三つの条約がございます。二〇……

第187回国会 文部科学委員会 第6号(2014/11/07、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうはまず、前回の一般質問に続いて、十月二十七日の財政審の財政制度分科会における財務省の主張について取り上げたいと思います。  財務省主計局の主張で、まず何よりも学校現場や保護者から余りにもひどいと怒りの声が上がっているのは、やっと始まった小学校一年生への三十五人学級を四十人学級に戻せと主張していることであります。京都新聞は一昨日十一月五日付社説で、「教育現場の現状を無視した説得力を欠く方針であり、財務省は撤回すべきだ。」と厳しく指摘をしております。  きょうは宮下財務副大臣に来ていただいておりますのでまず確認をいたしますが、きょう配付した資料、財務……

第187回国会 文部科学委員会 第7号(2014/11/12、46期、日本共産党)

○宮本委員 私は、日本共産党を代表して、原子力損害の補完的な補償に関する条約の実施に伴う原子力損害賠償資金の補助等に関する法律案、原子力損害の賠償に関する法律及び原子力損害賠償補償契約に関する法律の一部を改正する法律案の両法律案に反対の討論を行います。  本二法案は、原子力損害の補完的な補償に関する条約、CSCの締結に当たり必要となる国内原子力事業者からの負担金の徴収、条約の規定との整合性をとるための国内法整備を行うものです。  CSCの締結は、日米共同で原発の新増設を計画、検討中のアジア地域に原発輸出を推進するための法的基盤整備がその目的です。アメリカは、日本が締結すれば条約の発効要件を満た……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 財務金融委員会 第3号(2015/03/10、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  私も、財務金融委員会ではきょうが初質問ということでありますので、ひとつよろしくお願いしたいと思っております。  まず、あすで東日本大震災の発生から四年となります。とりわけ原発事故による被害を受けた福島では、いまだに十二万人が避難し、避難指示区域からの避難者が約八万人となっているわけです。  安倍首相は、福島の復興なくして被災地の復興はない、そして被災地の復興なくして日本の復活もない、事あるたびにこうおっしゃるわけでありますけれども、本当にそのとおりやっていただけるのかということが現場の声だと思うんですね。  最初に、福島の業者の方々が今直面してい……

第189回国会 財務金融委員会 第5号(2015/03/13、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 私は、日本共産党を代表して、所得税法等一部改正案に対し、反対の討論を行います。  本法案に反対する理由の第一は、消費税一〇%への増税を延期した上で、二〇一七年四月には完全実施するものだからであります。  消費税は、応能負担、生計費非課税という税の原則に反する大衆課税であり、低所得者ほど重い負担となる逆進性を持ちます。消費税が逆進性を持ち、貧困と格差をさらに広げることは、予算委員会での私の質問に、総理も認めざるを得ませんでした。  三月二日に経済産業省が公表した消費税の転嫁状況に関するモニタリング調査でも、二割前後の業者が転嫁できていないと答えています。申告の時期を迎え、価格転……

第189回国会 財務金融委員会 第8号(2015/04/10、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず最初に、日本政策投資銀行の基本的性格について、歴史的経緯も踏まえて確認をしたいと思います。  政投銀の前身である日本開発銀行は、一九五一年に、戦後の日本経済の復興、そのための重化学工業などのいわゆる基幹産業の育成、その担い手である大企業へのてこ入れのために設立をされました。産業政策を担う政府系金融機関として、輸出入銀行とともに、産投会計からの出資を受けて、大企業向けに特別有利な条件で豊富な資金を提供してまいりました。  一九九九年の日本政策投資銀行法案の審議の際には、当時の宮沢喜一大蔵大臣が、「開銀そのものが昭和二十六年から果たしてまいりまし……

第189回国会 財務金融委員会 第9号(2015/04/24、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、日本銀行の異次元の金融緩和政策と、GPIF等、公的年金の資金運用問題について質問をいたします。  最初に、年金積立金の運用について聞きます。  GPIF運用委員長の米沢康博早稲田大学大学院ファイナンス研究科の教授は、昨年十二月に、不動産証券化協会のARES年金フォーラムの集会で、GPIFの運用方針の変更について基調講演を行いました。「今回のポートフォリオの変更にあたっては、まず、国内債券を可能な限り減らしたいというのが第一の命題でした。なぜ減らしたいかというと、デフレ経済を脱却し、政策としてもインフレを目標にしているためです。インフレが……

第189回国会 財務金融委員会 第11号(2015/05/15、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず、本改正案の目的についてお伺いいたします。  大臣は、趣旨説明において、適格機関投資家等特例業務に関する特例制度をめぐる昨今の状況を踏まえ、成長資金の円滑な供給を確保しつつ、投資者の保護を図るため、業務を行う者に対し、さまざまな規制強化を行う、こう説明をいたしました。  プロ向けファンドを利用した消費者被害が高齢者を中心に増加していることが本改正案の背景にあると思うんですけれども、このような被害を根絶することが本改正の目的と理解していいのか。具体的に、本改正の目的を大臣から御説明いただきたいと思います。

第189回国会 財務金融委員会 第12号(2015/06/10、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、日銀報告を受けて質問をいたします。  量的・質的金融緩和が始められてから二年が過ぎました。  この異次元の金融緩和策と言われる政策は、消費者物価の前年比上昇率二%の物価安定目標を二年程度の期間を念頭に置いてできるだけ早期に実現する、こういうことでとられた手段であります。当初は、マネタリーベース及び長期国債、ETF等の保有額を二年間で二倍に拡大する、こういう措置が導入されたわけでありますが、その後、さらなる緩和措置として年間八十兆円とする長期国債の買い入れ拡大を行いました。  そこで、まず日銀の黒田総裁にお伺いしますけれども、二年たった今……

第189回国会 地方創生に関する特別委員会 第3号(2015/03/27、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  大臣も先日の所信表明で、「地方創生の実現のためには、地方に、仕事が人を呼び、人が仕事を呼び込む好循環を確立していくことが必要」だと述べられました。まさに地方に好循環を確立する上で、やはり地域の雇用を支えている中小企業、地域密着企業への施策が欠かせないと私は思っております。  そこで、内閣府に聞くんですけれども、二十一日に発表したことし一月の社会意識に関する世論調査によると、悪い方向に向かっている分野で景気を挙げた人が昨年の一九・〇%からことしは三〇・三%に、何と一・五倍にはね上がっております。  これについて、報道では、内閣府政府広報室が増税で個……

第189回国会 地方創生に関する特別委員会 第5号(2015/05/15、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  いよいよきょうから、地方創生三法案、地方分権一括法案、地域再生法改正案及び国家戦略特区改正案の審議が始まりました。  きょうは、地方分権にかかわって、今最もホットな話題であります大阪市における住民投票について質問したいと思います。  石破大臣は、三月二十七日の当委員会で、自民党のとかしき議員が大阪都構想について、目的と手段を取り違えている、統治機構を変えれば全部がバラ色になる、そんなことは絶対あり得ない、こう指摘したのに対して、「手段さえ手に入れれば全部うまくいくんだというような、そういうような錯覚に陥ってはならない」と御答弁されました。  まず……

第189回国会 地方創生に関する特別委員会 第7号(2015/05/20、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  前回質問で取り上げた大阪における住民投票は、約七十万五千対六十九万五千と一万票余りの差で反対が勝利し、大阪市の廃止分割は辛うじて食いとめられました。  私は、この住民投票に示された大阪市民の皆さんの良識と、大阪市を守れという一点での党派や立場を超えた共同に、心から敬意を表したいと思います。  同時に、投票率は六六・八三%と、有権者の三人に二人が投票に参加をいたしました。この住民投票の実施に至る経緯については到底賛成できるものではありませんが、百四十万人を超える市民が、百二十六年の歴史と伝統がある豊かな文化を育んできた大阪市を本当になくしていいのか……

第189回国会 地方創生に関する特別委員会 第9号(2015/05/26、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  前回の質疑で、私は、静岡県浜松市の天竜区旧龍山村の事例を挙げて、歴史と文化を学習し伝承する場である龍山郷土文化保存伝習施設が打ち捨てられていたこと、そしてその背景には、村内にあった幼稚園、小学校、中学校の全てが廃園、廃校となったことがあるという事実を示して、子供がいなくなり学校をなくしたときに、もはやその町には未来がなくなると指摘をいたしました。  私は、地方創生にとって極めて重要なのは教育だと思っております。  きょうは文部科学省に来ていただいておりますけれども、文部科学省はことし一月二十七日、公立小学校・中学校の適正規模・適正配置等に関する手……

第189回国会 地方創生に関する特別委員会 第11号(2015/05/29、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、四人の参考人の先生方、まことにありがとうございます。私の方からもお礼を申し上げます。  早速質問に入るわけですけれども、きょうはお二人の市長様に来ていただいておりますが、どちらの町も合併を体験されておられます。それで、もちろん合併というのはそれぞれの町の判断でありますけれども、随分、やるときには事前に、合併すればこういうふうに支援するという枠組みをつくってやったわけでありますけれども、同時に、それと一体に三位一体改革ということもやられまして、逆に地方交付税の方は随分減らされるということもございました。  当委員会でも随分、やはりこれから……

第189回国会 文部科学委員会 第5号(2015/04/17、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  文部科学省設置法一部改正案、いわゆるスポーツ庁法案について質問いたします。  スポーツ庁の設置については、私も法案提案者の一人として国会に提出し、二〇一一年に可決、成立したスポーツ基本法の附則第二条に、政府は、スポーツに関する施策を推進するため、スポーツ庁及びスポーツに関する審議会等の設置等行政組織のあり方について検討を加え、その結果に基づいて必要な措置を講ずるものとすると定められました。  本法案はこれを受けて提出されたものでありますけれども、そもそもこのスポーツ基本法は、前文で「スポーツは、世界共通の人類の文化である。」と高らかに宣言するとと……

第189回国会 文部科学委員会 第14号(2015/06/03、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、新国立競技場整備をめぐるこの間の混迷について質問をしたいと思うんです。  言うまでもなく、この問題は、去る五月十八日、下村大臣が舛添都知事に対して、整備計画の見直しと東京都に五百億円を超える負担を要請したことが発端であります。都知事は、整備費の正確な見積もりを示すことを求めるとともに、当然のことながら、そのような負担を受け入れることを拒否いたしました。一方、ザハ・ハディド氏のデザインに固執し、開閉式遮音装置などにこだわる方面からは、見直しなどどこで決まったのかという反発が出され、議論が膠着をしております。  今、各方面からは、このままで……

第189回国会 文部科学委員会 第17号(2015/08/05、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず、遠藤利明大臣に質問いたします。  大臣が去る七月八日に当委員会で行った所信的挨拶、これを読ませていただきました。確かに大臣の所信には、私も大臣と一緒になって制定をしたスポーツ基本法、これは出てまいりますけれども、残念ながら、オリンピック憲章という言葉もオリンピックアジェンダ二〇二〇という言葉も、一言も出てきません。  まず遠藤大臣の基本認識を問いたいんですけれども、二〇一四年十二月にモナコで開催された第百二十七次IOC総会が決定したオリンピックアジェンダ二〇二〇を大臣はどのように認識しておられますか。

第189回国会 予算委員会 第3号(2015/01/30、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  麻生大臣は財政演説で、個人消費に弱さ、地域ごとに景気回復にばらつきがあるということをお認めになって、経済の脆弱な部分に的を絞り、かつスピード感を持って対応を行うことで、経済の好循環を確かなものとするとともに、その成果を地方に広く早く行き渡らせることを目指している、こう本補正予算案とその背景にある緊急経済対策の狙いについて述べられました。  きょうは総理いらっしゃいますから、改めて総理に今般の経済対策の目的について御答弁をいただきたいと思います。
【次の発言】 いろいろと答弁されたわけですけれども、少なくとも消費に弱さが見られると。  この内閣府が……

第189回国会 予算委員会 第8号(2015/02/23、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  今、このトマ・ピケティの著書「二十一世紀の資本」というのが話題になっておりますけれども、格差問題が一つ大きなテーマになっております。  そこで、きょうは、まず総理の基本認識を確認したいと思います。  総理は、二年前の二〇一三年四月二日の衆議院予算委員会で、「今我々が行っている経済財政金融政策において、格差を拡大しよう、つまり、今所得が低い層の皆さんがさらにこの所得が低くなるということは、これは絶対あってはならない、」こう答弁をされております。  まず、これは事実だと思うんですけれども、その考えに今もお変わりはないか、総理にお伺いをいたします。

第190回国会 財務金融委員会 第2号(2016/02/12、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  この間の衆議院、参議院の予算委員会の審議を聞いておりまして、私は大変驚きました。消費税率を一〇%に引き上げた場合、いわゆる軽減税率を導入したとしても消費税負担額がどれだけふえるのかとの質問に対して、衆議院での答弁と参議院予算委員会とでは大きく食い違ったからであります。  去る一月十三日の衆議院予算委員会で、我が党の宮本徹議員に対して麻生大臣は、国民一人当たり及び世帯当たりの増税額について、それぞれ一万四千円と三万五千円、こう答弁されました。それが、参議院予算委員会答弁では二万七千円と六万二千円に倍増したわけであります。  まず確認しますが、なぜ負……

第190回国会 財務金融委員会 第5号(2016/02/23、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  私は、先日の予算委員会でも、軽減税率というものはまやかしであって、痛税感は緩和されるかもしれないが逆進性は解消されないこと、それどころか、むしろ痛税感の緩和を利用して、さらなる税率アップをしやすくするものであることを指摘いたしました。  きょうは、この軽減税率に伴うインボイス方式の導入についてただしたいと思います。  まずは大臣に確認いたしますが、なぜ今回、インボイス方式を採用するんですか。
【次の発言】 このインボイス方式には、消費税導入時からさまざまな問題点が指摘をされてきました。  国税庁の税務大学校のウエブサイトには、研究活動として税大論……

第190回国会 財務金融委員会 第6号(2016/02/24、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、消費税増税に関連してまず質問をしたいと思うんです。  先週、各種の経済指標が公表されました。あらゆる指標が景気後退を示しております。  二月十五日公表の四半期別のGDP速報、二〇一五年十―十二月期の実質GDPの成長率はマイナス〇・四%、年率マイナス一・四%。また、名目GDP成長率はマイナス〇・三%、年率でマイナス一・二%。家計最終消費支出は実質マイナス〇・九%、名目マイナス〇・八%ということでありました。  二月十六日公表の家計調査、家計収支編を見ますと、二〇一五年平均速報結果、二人以上世帯の家計消費は、前年比名目一・三%の減少、実質二……

第190回国会 財務金融委員会 第8号(2016/02/26、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  本日は、税金の納付制度について質問いたします。  まずは国税庁に、徴収の基本姿勢について確認をしたい。  納税者から納税相談や徴収の現場の話を聞きますと、税金の納付が困難な納税者に対して、サラ金から金を借りてでも納税しろ、あるいは借金の金利より滞納税の利率は高いぞなどといった、まるで税金は借金をしてでも払うものだと言わんばかりの指導がなされた、こういう声も時々耳にいたします。  まさかとは思うんですけれども、国税庁は、税務職員に対して、サラ金から金を借りてでも納税させろというような指導や教育をしているかどうか、また、そのようなことは言ってもいいと……

第190回国会 財務金融委員会 第9号(2016/02/29、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、三人の参考人の先生方、まことにありがとうございます。私の方からもお礼を申し上げたいと思います。  今回の、先ほどから軽減税率という議論も交わされているわけですが、これはもちろん、来年四月から消費税を一〇%に引き上げる、こういうことを前提にした議論なわけですね。  それで、昨年十―十二月期のGDP、これは速報がこの前出ましたけれども、御承知のとおり、二期ぶりのマイナスということが明らかになりました。  先日、この委員会でも議論が交わされましたが、本田悦朗内閣官房参与も、来年の消費税増税は絶対にすべきではない、こういう御発言をされておられま……

第190回国会 財務金融委員会 第10号(2016/03/01、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、総理に質問いたします。  まず、消費税増税中止の政治判断について聞きたいと思うんです。  総理は、二月二十四日、当委員会で、リーマン・ショックや大震災のような重大な事態について、「世界経済の大幅な収縮といったことが実際に起こっているかどうかということについて、専門的な見地から行われる分析も踏まえて、そのときの政治判断において決められる」と答弁されました。  では、この世界経済の大幅な収縮とはどういう事態か。これには少なくとも、株価の変動、下落幅も考慮される基準の一つとして含まれるかどうか、お答えいただけますか。

第190回国会 財務金融委員会 第11号(2016/03/16、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  一部の報道で、総裁の不動産の購入が取り上げられております。きょうは最初に、これに関連して幾つか質問したいと思うんです。  三月四日の日刊ゲンダイデジタルによれば、総裁は、昨年十二月に、世田谷にマンションを購入したと報じられております。地元不動産業者は、「〇九年に分譲された九十一平方メートルの中古物件ですが、今でも軽く一億円は超えるでしょうね」と答えております。また、住宅ローンは借りずに支払った、こういうふうに報じられているんですね。  黒田総裁にまず確認しますけれども、総裁は、役員の金融取引等に関する特則という日銀の内規を御存じですか。

第190回国会 財務金融委員会 第12号(2016/04/05、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  財務大臣と給付型奨学金の創設について議論をしたいと思うんです。  我が党は、去る三月十七日、国立も私学も、十年間で大学学費を半減する、月額三万円の給付型奨学金を七十万人に支給する等々を内容とする学費・奨学金の抜本的な改革提案というものを発表させていただきました。今、学生とその家庭の経済的貧困の問題は、各党とも党派を超えた真剣に取り組むべき課題となっております。  そういう状況の中で安倍総理は、三月二十九日、予算の成立を受けた記者会見で、家庭の経済事情に関係なく、希望すれば誰もが大学にも専門学校にも進学できるようにしなければなりませんと言い、返済が……

第190回国会 財務金融委員会 第16号(2016/04/27、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず、仮想通貨についてお伺いいたします。  マウントゴックスのような詐欺事件が起こっていながら、仮想通貨について法的規制もなく、いわば野放しの状態であることを考えれば、本法案で通貨交換業者の登録制が導入されることは、適正な規制への第一歩として評価できると思っております。  しかし、既に始まっている仮想通貨の活用形態を調べると、商品先物やさまざまな金融商品を利用した過去の金融被害と同じ手口が見受けられ、過去の経験を反映した仮想通貨の規制ルールとは言いがたい面もあると思うんですね。  本日は、法案に従って、本法案の規制について質問したいと思います。 ……

第190回国会 財務金融委員会 第19号(2016/05/25、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  まずは、G7に関連して麻生大臣にお伺いをいたします。  先日のG7の議長国会見で、消費税増税についてアメリカの財務長官との会談で、私の方からは日本としては予定どおりという話を申し上げている、こう答えられましたけれども、どのような文脈で消費税増税の話となったのか。大臣から切り出して、来年の消費税増税の実施を約束した、こういうことでございますか。
【次の発言】 その財政出動との関係でも、私ちょっと疑問に思うんです。  ゴールデンウイーク中の安倍首相の外遊でも、日本政府は各国首脳に対して景気後退を懸念して財政出動を要請した、こう報じられております。今回……

第190回国会 地方創生に関する特別委員会 第3号(2016/03/09、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  先日の石破大臣の所信を受けて質問いたします。  大臣は所信の冒頭で、今のままなら日本人は二百年後に千四百万人、三百年後にはわずか四百万人になるという試算をお示しになって、国家そのものが持続可能性を失うと強烈な危機感を表明されました。  言うまでもなく、地方創生の取り組みは、人口減少社会の到来と地方消滅、こういう増田レポートというものも一つきっかけにして、二〇一四年秋の臨時国会に当委員会が設置をされ、そして地方創生関連法が制定されたところから始まっております。東京一極集中を是正し、疲弊が進む地方を活性化し、人口減少に歯どめをかける、こういう形で既に……

第190回国会 地方創生に関する特別委員会 第6号(2016/03/17、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  地域再生法改正案について質問いたします。  地域再生制度は、地域経済の活性化、地域における雇用機会の創出その他の地域の活力の再生を総合的かつ効果的に推進するため、地域が行う自主的かつ自立的な取り組みを国が支援するものと説明されております。ところが、現場ではどのような実態になっているのか。  きょうは、ことし一月二十日に第三十五回認定が行われた、私の地元阪南市における「阪南 こども子育て みらい計画」というものを取り上げて、大臣と議論したいと思います。  資料の一を見ていただきたい。これは、内閣府が認定したペーパーであります。  この計画は、現在市……

第190回国会 地方創生に関する特別委員会 第7号(2016/03/23、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 私は、日本共産党を代表して、地域再生法の一部を改正する法律案に対する反対討論を行います。  まず冒頭、三月十五日の法案の提案理由説明で大臣が誤った内容の原稿を読み上げるという失態を演じたことは前代未聞のことであり、ましてやそれを最後まで読み上げるに至っては、そもそも政府はみずから提案している法案の内容を理解しているのかとの疑念さえ抱かせるものです。これは決して事務方のミスなどで済まされない重大問題であることを指摘するものです。  法案に反対する理由の第一は、地方創生推進交付金の創設は、地方自治体の自主性、主体性が発揮され、十分に活用できるものではないからであります。  自治体……

第190回国会 地方創生に関する特別委員会 第8号(2016/04/15、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず冒頭、昨夜、熊本県を震源とする強い地震がありました。既に九人の方の死亡が確認をされております。心から哀悼の意を表するとともに、御遺族に心からのお悔やみを申し上げます。また、負傷者は七百七十八名、三万三千人が避難されているという状況であります。政府には被害者の救出や救援に全力を挙げることを求めるとともに、被害に遭われた皆様方に心からお見舞いを申し上げます。  こういう災害を前にいたしますと、改めて防災、とりわけ幼稚園や保育所の耐震化を一刻を争って進めることの重要性を痛感させられます。  私は去る三月十七日、当委員会で、私の地元阪南市の地域再生計……

第190回国会 地方創生に関する特別委員会 第10号(2016/04/20、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  地方分権一括法案について質問いたします。  私は、先日の一般質問で、地方分権推進委員会での議論を経ての二〇〇〇年の地方分権一括法成立と、その後の三位一体改革を初めとする政府の地方分権改革なるものの問題点を明らかにいたしました。しかし、そのようなやり方は第四次一括法をもってついに行き詰まり、第五次一括法以降は地方自治体や地方団体等からの提案募集方式というやり方で進められてまいりました。本法案は、これまでの自民党流地方分権政策の総括も反省もないまま、昨年の第五次一括法に引き続き、提案募集方式によって、真の地方分権とはほど遠い、あなた方の地方分権なるも……

第190回国会 地方創生に関する特別委員会 第13号(2016/04/26、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  私はこれまで、当委員会で、あなた方の地方創生なるものが結局失敗に終わるのは、地方を疲弊させてきたみずからの政治や政策に対する総括も反省もないところにその最大の原因がある、こういうふうに一貫して指摘をしてまいりました。  特区をめぐっても、この間、構造改革特区とか総合特区とか国家戦略特区とか名前はいろいろ変わるわけですけれども、その結果についての総括も反省もないままに進められております。今回も、相も変わらぬ繰り返しにすぎないと思うんですね。  この特別区域政策というものは、私はその最初から、つじつまの合わない、原理的におかしい政策だと思ってまいりま……

第190回国会 地方創生に関する特別委員会 第14号(2016/05/26、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょう、三人の参考人の方々の御意見は大変参考になって、私もしっかり勉強させていただきました。私からも心からお礼を申し上げたいと思っております。  今、宮崎委員とのやりとりを聞いておりまして、ちょっと順番を入れかえまして、僕は帆足参考人にお伺いしたいと思うんです。  ダークツーリズムというお話、僕も非常にうなずきながら聞かせていただいたわけでありますけれども、熊本城に関して言えば、なるほど、今お話があったような形でしっかり、被災の現状だとかあるいはこれから復興の道のりをみんなの共有財産にするというのは非常に大事なことだと思うんです。一方では、やはり……

第190回国会 予算委員会 第15号(2016/02/19、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、消費税を含む税制のあり方について質問いたします。  まず、このパネルを見ていただきたい。  財務省の試算に基づき作成したものでありますけれども、所得階級別に見た、消費税を八%から一〇%に引き上げた場合の収入に占める消費税の負担率であります。  消費税の逆進性というのは低所得者ほど負担が大きくなるということでありますから、与党は、軽減税率により逆進性は緩和される、こう繰り返しておられます。それはこの赤の点線部分ですね。軽減税率を導入すると、導入せずに消費税を引き上げた場合よりも、収入に占める消費税負担の引き下げ度合いは低所得者の方が高くな……

第192回国会 決算行政監視委員会 第3号(2016/12/12、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  先ほど私の名前も出ましたけれども、我が党はもともと東京招致に反対をしてきたんですね。ただ、IOCの総会で東京招致が決定してからは、IOCのオリンピック憲章のこの精神に立って東京大会を成功させる、こういう立場で私どもも超党派の成功議連に加わりました。これは超党派でつくっておりますから、各会派から顧問というものが選ばれるということになり、私も名前を連ねております。  ただ、今日に至るまで顧問料というものについては見たことも聞いたこともございませんで、それが一体、いかなるところへ、どのように支出されているのか、これはぜひ、組織委員会からきちっと回答を求……

第192回国会 財務金融委員会 第6号(2016/11/01、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  現在の個人消費が冷え込んだ経済状況で消費税の増税など、もちろんやめるべきであります。しかし、単なる延期では、やがて消費税増税を行うことに変わりはなく、その逆進性により国民の所得格差は拡大をする。結局、個人消費を停滞させることになると思います。  我が党は、消費税の増税は、延期ではなくきっぱり中止すべきだ、こう考えております。  本法案では、消費税一〇%の引き上げ時期を三十カ月延期して、二〇一九年十月一日といたしました。安倍首相は六月一日の記者会見で、二〇二〇年度の財政健全化目標を堅持する上でこれがぎりぎりのタイミングだと述べております。  そこで……

第192回国会 財務金融委員会 第7号(2016/11/02、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず最初に、昨日の金融政策決定会合に関して質問をいたします。  物価上昇率二%の目標達成時期の見通しを、二〇一七年度中から一八年度ごろに先送りをいたしました。これまで、原油価格の下落とか消費税増税の影響など外的要因に責任を求めてまいりましたけれども、これは、そもそも日本銀行が物価上昇率というものを目標にしたことに問題があったのではないかと私は思いますけれども、総裁はいかがでございましょうか。
【次の発言】 物価や金融の安定、それは大事なことでしょう。しかし、物価上昇率二%というものを掲げて異次元緩和方針を進める、私は、そのこと自身の失敗が明らかに……

第192回国会 財務金融委員会 第8号(2016/11/16、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  金融機能強化法改正案について質問いたします。  まず、本改正案提出の目的について確認をしたいんですけれども、本改正案は三度目の延長を行うものであります。一度目は〇八年、世界的な金融危機、二度目は一一年の東日本大震災の特殊要因があり、延長いたしました。  そこで大臣にお伺いするんですが、今回延長するのはどういった理由でございましょうか。
【次の発言】 大臣がお触れになったように、中小企業の景況感は、二〇一四年四月の消費税の増税以降、悪化を続けております。  日銀にお伺いしますけれども、日銀短観における業況判断の推移について、中小企業の製造業と非製造……

第193回国会 国土交通委員会 第11号(2017/04/21、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  森友学園に対する国有地売却問題について質問いたします。  まず、森友学園への国有地売却結果について、石井大臣の評価をお聞きしたいんですね。  これまで、政府は、私たちの質問に対して、財務省も国交省も国有地売却の手続には問題はないとの答弁を繰り返してまいりました。しかし、国民は全く納得しておりませんし、適正だったとは思っておりません。  時事通信の四月の世論調査でも、国有地売却問題をめぐる説明について、納得していないが六八・三%と七割近くに上っております。納得しているというのはわずか一二・三%にとどまっております。  大臣にお伺いしますけれども、国……

第193回国会 財務金融委員会 第2号(2017/02/15、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、この間、メディアでも報じられている近畿財務局による学校法人への国有地売却問題について質問をいたします。  資料一を見ていただきたい。昨日付の朝日新聞でありますけれども、財務省近畿財務局から大阪府豊中市の国有地を買った学校法人森友学園が、近隣国有地の約一割の価格で買い入れていたことが今大問題になっております。しかし、国有地の売却は近畿財務局の一存でやれるものではありません。  まず、財務大臣に確認をいたしますけれども、国有財産法は、第七条で財務大臣が国有財産の総括を行うことを定めるとともに、財務局ごとに国有財産地方審議会を置くことを定めて……

第193回国会 財務金融委員会 第4号(2017/02/21、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  先日に続いて質問いたします。  前回、二月十五日の当委員会で、私は、今問題になっている豊中市の国有地の森友学園への貸し付けや売却をめぐって、二〇一五年二月十日の第百二十三回国有財産近畿地方審議会の審議よりも三カ月以上も前の二〇一四年十月三十一日に、森友学園が大阪府に小学校設置の認可申請を行っているということを指摘いたしました。  文部科学省にまず確認をいたします。  大阪府の私立小中学校設置認可の審査基準、これによりますと、校地、校舎その他の施設は自己所有を原則としつつも、教育上支障がなく、次の基準を満たす場合に限り借地も可能とし、その基準として……

第193回国会 財務金融委員会 第5号(2017/02/22、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、税務行政等についても質問いたしますが、やはりまず、昨日来の森友学園問題について聞きたいと思います。  昨日の質疑で、私は、森友学園の籠池理事長がTBSラジオの単独インタビューに応じ、運動場の下は取り出さなくていいんですから、さわってないんだから、そこにお金がかかることはありませんとはっきりと語ったことを紹介いたしました。  こうも言っておられます。お国の方が、今おっしゃった、八億とか九億とかおっしゃったけれども、それは土地の運動場のところの生活ごみも全て除いたらというような算出をされたのではないかと思いますが、私はその辺のところは専門家……

第193回国会 財務金融委員会 第7号(2017/02/27、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党を代表して、所得税法等改正案への反対討論を行います。  本法案は、二〇一七年度予算案と一体となる歳入のための唯一の法案であります。本来であるならば、赤字国債の発行を承認する特例公債法案とともに審議されるべきですが、昨年の特例公債法の改悪でことしの承認は必要なくなり、国税法案のみとなりました。国会も財政法も軽視する手法であり、改めて見直しを要求します。  法案に反対する理由は、大企業優遇の法人課税制度を維持、拡充する点です。  昨年の法改正で、法人実効税率を二段階で三七・〇〇%から二九・七四%へ引き下げるなど、安倍政権下のたび重なる減税により法人課税は空洞化し、多くの……

第193回国会 財務金融委員会 第8号(2017/03/15、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  森友学園への国有地売却問題について聞きます。  私は、去る二月の十五日、当委員会を皮切りに、二月二十一日、二月二十二日、二月二十三日の予算分科会、二月二十四日の予算委員会の集中審議と、五回連続でこの問題を取り上げてまいりました。二月十五日に私が初めて取り上げたときには報道もほとんどありませんでしたけれども、その後、民進党の皆さんも調査チームをつくり、現地調査を行うなど、野党が共同してこの問題を追及し、今では国民的な大問題となりました。  去る三月十日、森友学園の籠池理事長は記者会見を行い、大阪府への小学校設置認可申請の取り下げと、理事長退任の意向……

第193回国会 財務金融委員会 第11号(2017/04/04、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  森友学園問題について質問いたします。  森友学園の新理事長は、理事長就任に当たっての言葉を塚本幼稚園のホームページに掲載をいたしました。資料一として配付しておりますので、見ていただきたい。  二〇〇六年改正の教育基本法に基づく前理事長の教育理念と方針及び指導法を抜本的に見直して、下線部、今後は、教育基本法が一九四七年に制定された際に示された、我らは個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成を期するとともに、普遍的にして、しかも個性豊かな文化の創造を目指す教育を徹底しなければならないとの指針を常に念頭に置きつつ、内容、カリキュラムを柔軟に見……

第193回国会 財務金融委員会 第13号(2017/04/12、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  佐川理財局長は、四月三日の決算行政監視委員会で、電子データは短期間で自動的に消去されて復元できないようなシステムになっている。だから、パソコン上のデータは残っていない、こう答弁されました。  この発言内容は事実ですか。
【次の発言】 再確認しますけれども、パソコンのデータは、期限が来れば何らかのプログラムによって自動的に消去されるということではなくて、今回の森友学園との面接記録のような公文書は、期限が来れば職員の手作業でパソコンのハードディスクから削除されるということですね。
【次の発言】 先日、四月十日の参議院決算委員会では、バックアップ機能に……

第193回国会 財務金融委員会 第15号(2017/04/25、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  財政法第九条は、「国の財産は、法律に基く場合を除く外、これを交換しその他支払手段として使用し、又は適正な対価なくしてこれを譲渡し若しくは貸し付けてはならない。」とありまして、国有地の売却、貸し付けに適正な対価を求めております。  当然、国民の財産を売り払うわけですから、公正公平な手続で行わなければならない。当然だと思いますけれども、財務省はこのような姿勢で国有地売却に当たっているのかどうか、まず冒頭に確認をしたいと思います。
【次の発言】 先週、二十一日金曜日の衆議院国土交通委員会の私の質疑で、佐川理財局長は、近畿財務局の職員が「今後の手続きにつ……

第193回国会 財務金融委員会 第18号(2017/05/10、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  総裁にお伺いをいたします。  冒頭、総裁は、物価の見通しについて、二%程度に達する時期は見通し期間の中盤になる可能性が高い、こう述べられました。しかし、政策委員の大勢見通しを見ますと、消費者物価指数、除く生鮮食品の中央値は、消費税率引き上げの影響を除くケースで、二〇一八年度でプラス一・七%、二〇一九年度でプラス一・九%でしかありません。これで、どうして二〇一八年度ごろということになるのか、お伺いしたいと思います。
【次の発言】 改めて確認しますけれども、この見通し、先ほどの二%の見通しというのは、黒田総裁就任後の金融政策が掲げる二%の物価安定目標……

第193回国会 地方創生に関する特別委員会 第3号(2017/03/30、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  山本大臣は、所信表明で、地域経営の視点に立った観光地域づくりの中心となる日本版DMOなどの新たな事業推進主体の形成について語られました。  しかし、今必要なのは、施策を横文字で表記するということではもちろんありません。その地域の住民が、自分たちの地域の歴史や文化に誇りや愛着を持ち、地域のコミュニティーをしっかりと形づくって、地域の魅力をつくり、発信する住民自身の取り組みの内容が大事だと思うんですね。  私は、先日、奈良県に行った際に、奈良県葛城地域五自治体による葛城地域観光振興シネマプロジェクトというものの紹介を受けました。これには二〇一六年度の……

第193回国会 地方創生に関する特別委員会 第4号(2017/04/06、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 私は、日本共産党を代表して、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律案に対する反対討論を行います。  本法案は、提案募集方式に基づき、都道府県の事務、権限の移譲、義務づけ、枠づけの見直しに関する法律を一括改正するものであります。  事務、権限の移譲では、認定こども園に関する認定、申請事項の変更の届け出などの対応を指定都市や中核市が一体的に行うための措置や地方自治体の事務手続の負担軽減などにつながる義務づけ、枠づけの見直しが含まれています。  しかし、特別支援学校への就学のための経費支弁の事務処理に際し、マイナンバー制度による生活保護……

第193回国会 地方創生に関する特別委員会 第5号(2017/04/12、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  私は、昨年四月二十六日、当委員会で、三重県伊賀市の伊賀市意育教育特区というものを取り上げて質問いたしました。  この伊賀市意育教育特区は、それまでは禁じられていた株式会社による学校経営を特区にのみ可能とする二〇〇二年施行の構造改革特区法に基づいて、内閣府及び文部科学省の認定を受けて設立をされました。ここに株式会社立広域通信制高校として二〇〇五年九月に開校したのが、ウィッツ青山学園高等学校であります。  昨年の質疑でも、この学校が高等学校就学支援金に関する詐欺容疑で東京地検特捜部の捜索を受けたことを紹介いたしましたけれども、ことし三月十日、東京地裁……

第193回国会 地方創生に関する特別委員会 第8号(2017/04/25、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、大臣の文化と文化財に対する認識を問いたいと思います。  大臣が、去る四月十六日、滋賀県大津市での地方創生セミナーにおいて、一番のガンは学芸員だ、この連中を一掃しなければならないなどと発言したことに、学芸員の皆さんはもちろん、博物館、美術館関係者や、広く国民からも大きな批判が寄せられております。  大臣は、当委員会でも、この国家戦略特区法等改正案の提案理由説明の冒頭、真意が伝わらない不適切なものであったと反省しているとして、謝罪と撤回を行いました。  だが、あなたが大津市で行った発言は、配付資料の一に赤線を引いておきましたけれども、この連……

第193回国会 地方創生に関する特別委員会 第10号(2017/05/16、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  国家戦略特区法案について質問をいたします。  本改正案は、附則第二条第一項で、コンセッション事業者の施設経営の自由度向上について、公共施設等の運営事業者がこれを利用させる第三者をみずから決定できるよう、具体策について一年以内に検討を加え、その結果に基づいて必要な措置を講ずることを定めております。  まず、大臣にお伺いしますけれども、このコンセッション事業者の施設経営の自由度向上とはどのようなことを言っているんですか。
【次の発言】 コンセッション方式というものは、PFI法が二〇一一年六月に改正されまして、公共施設等運営権という権利が新たに創設され……

第193回国会 予算委員会 第8号(2017/02/07、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず冒頭、法務大臣にお伺いをいたします。  昨日、法務省の記者クラブに「予算委員会における「テロ等準備罪」に関する質疑について」という文書が配られました。  この文書には、基本的な政策判断にかかわるものであれ、具体的な法律論にかかわるものであれ、成案を得た後に議論を行うことが審議の実を高める、成案を得て国会に提出した後、所管の法務委員会においてしっかりと議論を重ねていくべきものなどと書かれてございます。  予算委員会は、それこそ基本的な政策判断について政府の見解あるいは姿勢をただす場であり、具体的な法律論であっても、国民の生活と権利に重大なかかわ……

第193回国会 予算委員会 第15号(2017/02/24、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  大阪府豊中市の国有地売却問題、これは実に不可解な事件であります。  パネル一を見ていただきたいと思うんですね。  青い線で囲まれたところは、豊中市が二〇一〇年三月に防災公園として十四億二千三百万円で購入した土地であります。右側の赤い線で囲まれた土地が、今回、学校法人森友学園が小学校用地としてわずか一億三千四百万円で購入した土地であります。  今回の赤い土地は、二〇一一年七月、森友学園よりも先に別の学校法人が購入を希望していた事実がありまして、この学校法人は朝日の取材に対して、当時五億八千万円を提示したが、国側はその価格では低過ぎるとして折り合わな……

第193回国会 予算委員会 第18号(2017/03/23、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  時間が短いですので、短く端的にお答えをいただきたいと思います。  午前中の参議院の質疑であなたは、役所と会ったときに安倍昭恵さんが名誉校長であるという旨を伝えた、こういうふうにお話しになりました。伝えたときの相手方の表情といいますか、受けとめといいますか、変化がございましたか。
【次の発言】 午前中、小池晃との質疑の中で、役所とのやりとりの中で安倍昭恵さんが名誉校長であるということを伝えた、そういうことがございますとお答えになりました。伝えたときの相手方の表情というものは変化がございましたか。

第193回国会 予算委員会 第19号(2017/05/08、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず、安倍内閣の災害からの復興に対する基本姿勢について伺いたいと思います。  総理は、今村前復興大臣の、大震災が東北で、あっちの方でよかったなどという暴言について、任命責任があるとお認めになりました。そこで、まず端的に総理にお伺いするんですが、今村発言の何が問題だと総理はお考えですか。
【次の発言】 今村前大臣の暴言は今回が初めてじゃないんです。四月の四日にも、原発事故で避難を余儀なくされている被災者が故郷に帰れないのは本人の責任、判断だ、こういう発言をいたしました。しかし、総理はそのときはかばったんですね。  ことし三月の十一日、政府主催の東日……


48期(2017/10/22〜)

第195回国会 国土交通委員会 第2号(2017/12/06、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  先日の予算委員会でも取り上げた森友問題は、国民の疑念は一向に払拭されておりません。直近のJNNの世論調査でも、政府の説明に「納得できない」とする国民が八割を超え、「納得できる」はわずか一割であります。  この間発表された会計検査院の報告書については、総理も各大臣も重く受けとめると述べておりますが、当然のことであります。  ところが、石井大臣は、十一月二十四日の閣議後会見で記者に問われて、資料配付しておきましたけれども、資料の三枚目、赤線のところでありますが、「細かい事柄については私ども会計検査院の指摘を一〇〇%受け入れているわけではありません。 ……

第195回国会 予算委員会 第3号(2017/11/28、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず、相次ぐ米軍機事故をめぐる政府の対応についてお伺いいたします。  米軍普天間基地所属のオスプレイが、昨年十二月、沖縄県名護市の浅瀬で墜落事故を起こし、ことし八月にはオーストラリアでも墜落事故を起こしました。総選挙さなかの十月十一日には、沖縄県東村高江で米軍CH53Eヘリの炎上事故がありまして、先週、十一月二十二日には、沖ノ鳥島、大東島沖でも米空母艦載機が墜落事故を起こすなど、米軍機事故が続発をしております。  総理は、先週の本会議、我が党の志位委員長が、米軍ヘリ炎上事故について、日本の警察は立入調査すらできず、十分な調査ができなかったと指摘し……

第196回国会 国土交通委員会 第2号(2018/03/06、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  国土交通大臣の所信に対する質疑を行います。  私は、この間、大臣といわゆる森友問題をめぐって議論をしてまいりました。  森友問題をめぐっては、今、財務省が決裁文書を改ざんしたのではないかとの報道があり、大問題になっております。今、役所の文書管理のあり方に国民の厳しい批判の目が注がれていることは大臣もよく御存じのとおりだと思います。  大臣の所信表明ではこの問題に一言もお触れにならなかったというふうに思いますけれども、大臣、これは、森友問題は近畿財務局、財務省の問題で、国土交通省には関係がないというようにお考えになっているということでしょうか。

第196回国会 国土交通委員会 第4号(2018/03/16、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず冒頭、昨日午後四時十六分ごろ、私の地元である大阪府枚方市の新名神高速道路の工事現場で、作業員の男性が約五メートル下の河川に鋼材とともに転落し、死亡するという痛ましい事故が発生いたしました。亡くなられた方の御冥福を心からお祈りいたします。  新名神高速道路の工事現場では、二〇一六年四月以降も、四件の事故で五名が亡くなっております。なぜ事故がなくならないのか。事故原因の究明、責任の所在、再発防止策など、国土交通省としても全力を挙げていただきたいと思います。このことを申し上げて質問に入ります。  特殊車両の通行に許可を義務づけている。これには理由が……

第196回国会 国土交通委員会 第5号(2018/03/20、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず、前回の質問の最後にお伺いした財務省の改ざん問題で、国土交通省には改ざん前のものがあったという二つの債権発生通知を国土交通省はいつ受け取ったか、その後調べていただいて、おわかりになりましたか、大臣。
【次の発言】 お調べをいただきまして、ありがとうございました。  これらの問題は引き続きお伺いをしていきたいと思っておりますが、きょうは法案について質疑を行いたいと思います。  我が党は、日本の文化や歴史などの魅力が広がり、訪日外国人がふえることは歓迎すべきであり、訪日客が何度でも訪れてみたいと思うような日本の魅力を広げる取組を進めることは、もち……

第196回国会 国土交通委員会 第6号(2018/04/04、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  私は、三月六日の大臣の所信に対する質疑で、森友学園事件は近畿財務局と大阪航空局が協議し、お互いに了承し合いながら進めてきたものだ、専ら財務省の問題で国土交通省は関係がないなどというものでは断じてないと指摘をいたしました。きょうはその続きを聞きたいと思います。  まず、本件土地が森友学園に売り払われることに至る出発点、一番最初の時点を確認したい。  財務省理財局がことし二月に公表した、森友学園事案についての法律相談文書二百七十ページに添付されている経緯というものを見ますと、森友学園籠池理事長が二〇一三年六月二十八日に近畿財務局へ来所し、小学校用地と……

第196回国会 国土交通委員会 第7号(2018/04/06、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  都市再生特別措置法は二〇〇二年に制定されましたが、特別措置法という名前がついておりますように、時限立法であります。  第一条にある、「近年における急速な情報化、国際化、少子高齢化等の社会経済情勢の変化に我が国の都市が十分対応できたものとなっていない」という現状をどうにかしようというものであります。  都市局長に聞きますけれども、その目的は達成しましたか。
【次の発言】 達すれば特別措置は必要なくなるんですから、達していないから今回も改正するわけです。  法律ができて十六年たつんです。今回の改正で何回目の改正になりますか。

第196回国会 国土交通委員会 第9号(2018/04/13、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、四人の参考人の皆様方、本当にありがとうございます。私からもお礼を申し上げます。  私は、実は二〇〇〇年のバリアフリー法制定のときに、大阪から出していただいて参議院議員をやっておりまして、交通・情報通信委員会で私が実は修正案を提案をした経験がございます。このとき、六点ほど修正を提案をさせていただきました。  一つは、目的や理念に移動の自由と安全は基本的権利と明記すること。二つは、国の基本方針で全ての施設等を対象に整備計画と目標を明確にすること。第三に、地方公共団体もバリアフリー化対策の計画を策定することにすること。第四に、交通事業者が講ず……

第196回国会 国土交通委員会 第11号(2018/04/18、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  バリアフリー法は、二〇〇〇年五月九日、参議院交通・情報通信委員会で、全会一致、可決、成立いたしました。私は当時参議院議員で、このとき、日本共産党を代表して修正案を提案いたしました。修正案の内容は次の六点でございました。  第一に、目的、理念に移動の自由と安全は基本的人権と明記すること、第二に、国の基本方針で全ての施設等を対象に整備計画と目標を明確にすること、第三に、地方公共団体もバリアフリー化対策の計画を策定することにすること、第四に、交通事業者が講ずべき責務を明確にすること、第五に、利用者、障害者等の積極的参加を保障するための制度化を図ること、……

第196回国会 国土交通委員会 第13号(2018/05/11、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  海外社会資本事業への我が国事業者の参入の促進に関する法律案について質問いたします。  この法律案は、独立行政法人の行う事業内容として、新たに海外インフラ事業を書き込むものでございます。トップセールスに始まる民間企業のインフラ輸出事業に独立行政法人が関与できるようにするというものです。  石井大臣は、四月十九日の衆議院本会議での本法案の質疑で、「日本は質の高いインフラシステムの海外展開を進めております」と答弁されました。  では、政府の言う質の高いインフラというのはどういうものか。  二〇一五年五月二十一日に政府が発表した質の高いインフラパートナー……

第196回国会 国土交通委員会 第14号(2018/05/16、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  たび重なるNEXCO西日本、新名神高速道路の建設現場の事故について伺いたいと思います。  去る四月二十二日、二〇一六年の有馬川橋桁落下事故から二年たったとして、二度と繰り返さないと刻まれた工事安全誓いの碑が設置されました。  まず、この間、建設工事現場において労働災害に遭われた皆様に、私は心からお悔やみとお見舞いを申し上げたいと思います。  この式典後、NEXCO西日本関西支社長は、この事故の後も死亡事故が相次ぎ、断腸の思いだと語っておりますけれども、まさに、二度と繰り返さないどころか、重大事故が繰り返されてまいりました。  三月十八日には高槻ジ……

第196回国会 国土交通委員会 第16号(2018/05/22、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  お二人の参考人には、私からも心からお礼を申し上げます。  まず、山野目参考人にお伺いしたいんです。  土地収用法が定める収用手続は、言うまでもなく、憲法二十九条が保障する土地所有権そのものを公共のために権利者の意に反してでも奪うという、最も財産権の侵害度が高い場合の手続だと思うんです。権利者に対する十分な手続保障があってこそ、公共目的で権利を奪うことが正当化されております。  現行法でも実は、不明裁決、土地収用法四十八条四項ただし書きの制度というのがありまして、収用委員会の手続を残したままで所有者不明土地の収用は可能であると思います。  また、国……

第196回国会 国土交通委員会 第17号(2018/05/23、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  本法案は、相続の機会に相続登記がされないなどのさまざまな事情により、不動産登記簿では所有者の所在が確認できない土地が全国でふえているために対策が必要だという背景をもって出されてきた法案であります。  まず大臣に基本的な確認をしておきたいと思うんですけれども、今回の法案は、所有者不明土地が今後も生まれ、増加し続けることを国交省として容認し、それは仕方がないことだという立場でつくられた法案でございますでしょうか。
【次の発言】 容認するものではないという御答弁でありましたけれども、では政府参考人にお伺いいたしますけれども、所有者不明土地を円滑に利用す……

第196回国会 国土交通委員会 第18号(2018/05/25、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず法案について聞きます。  本法案は、二千九年の船舶の安全かつ環境上適正な再資源化のための香港国際条約、略称シップリサイクル条約の国内法整備の法案であります。船舶をリサイクルのために解体する際に海洋汚濁などから環境を保護し、労働者の安全確保を図ることは当然であり、我が党は条約承認にも賛成をいたしました。  しかし、船舶の売買、解体、資源のリサイクル市場への売買、再資源化というサイクルの中で、利潤のみを追求すれば、おのずとコストが安く、再資源化市場の活発な開発途上国へ売船することにならざるを得ないと思うんです。  そこで大臣にお伺いいたしますけれ……

第196回国会 国土交通委員会 第19号(2018/05/30、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  私は、昨年十二月二十、二十一日、豪雨災害に見舞われたJR九州の日田彦山線の現場を調査し、JR九州、地方自治体や住民の皆さんからもお話を伺ってまいりました。その上で、今提案されました鉄道軌道整備法改正案について質問したいと思うんです。  まず国交省に聞きますけれども、この改正法が出されたきっかけとして、豪雨災害で不通になった只見線の復旧問題があると思うんです。只見線を鉄路で復旧させることについてJR東日本は当初どういう考えだったか。そして、長年の沿線住民の声を受けて現在は復旧に向けどういう状態か。簡潔に御説明いただけますか。

第196回国会 国土交通委員会 第20号(2018/06/12、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  去る六月四日に発表された財務省報告書並びに国土交通省の報告について質問いたします。  まず財務省に聞きたい。  このいわゆる森友問題は、あなた方の報告書十ページにあるように、昨年二月十五日の衆議院財務金融委員会における私の質問が最初であり、あれ以来一年四カ月にわたって争われてまいりました。あなた方のこの報告書には、決裁文書の改ざんも応接記録の廃棄も、その目的は、国会で新たな材料を与えたくなかった、国会が紛糾するのを恐れたからだとされております。  これはつまり、私の追及から言い逃れるためだった、こういうことですか。

第196回国会 国土交通委員会 第21号(2018/06/19、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  冒頭、大臣からも報告がありましたけれども、昨日午前七時五十八分ごろ、大阪府北部を震源とする、最大震度六弱の地震が発生いたしました。昨夜、高槻市で二人目の犠牲者が報告され、とうとい命を落とされた方が四人となりました。負傷者も、二府四県で計三百七十六人と発表されております。  私は、犠牲になられた皆様の御冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心からのお見舞いを申し上げたいと思います。  我が党は、地震発災を受けて、直ちに山下芳生参議院議員を本部長とする対策本部を立ち上げ、私が本部長代理を仰せつかりました。昨日、二人で直ちに大阪に入り、大阪府庁、大……

第196回国会 災害対策特別委員会 第8号(2018/07/05、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず冒頭、一昨日の台風七号並びに北海道豪雨災害、そして、六月二十九日に発生した滋賀県米原市における竜巻被害について、被災された皆様方に心からのお見舞いを申し上げたいと思います。  きょう、私は、地元大阪で発災した大阪北部地震についてお伺いをいたします。  我が党は、地震発災の六月十八日、直ちに地震対策本部を立ち上げ、私は本部長代理として、その日のうちに被災地に入りました。翌十九日には衆議院国土交通委員会で寿栄小学校のブロック塀についてただすとともに、その週末には、当委員会の委員でもある田村貴昭対策本部事務局長とともに高槻の被災地に再び足を運んでま……

第196回国会 地方創生に関する特別委員会 第3号(2018/03/16、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  大臣の所信表明に対して質問をさせていただきます。  大臣は、先日の所信表明で、地方分権改革については、地方からの提案を踏まえ、地方創生や子ども・子育て支援に資するよう、地方への権限移譲、地方に係る規制の見直し等を内容とする第八次地方分権一括法案を提出すると述べられました。  我が党は、地方分権を語るのであれば、憲法の地方自治の本旨に立ち返って、地方自治体の役割を拡充し、地域の活性化に取り組む財源を保障することこそ大事だと考えております。  ところが、先日、公的責任における放課後児童クラブの抜本的拡充を目指す議員連盟、これは超党派の議員連盟でありま……

第196回国会 地方創生に関する特別委員会 第5号(2018/03/20、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、地方大学振興、若者雇用促進法案について質問をいたします。  大臣は、趣旨説明で、まち・ひと・しごと創生総合戦略の中間年に当たり、掲げられた基本目標や施策の重要業績評価指標の進捗状況を点検したところ、依然として東京圏一極集中が是正されていない、そのため、ライフステージに応じた政策メニューの充実強化に取り組むために本法案を提案した、こう述べられました。  この大臣の説明では、財政的に深刻な地方大学の現状を解決するために提案されているということではなくて、あたかも、まさに政府の地方創生の施策がうまくいっていないから、地方大学を地方創生に貢献さ……

第196回国会 地方創生に関する特別委員会 第6号(2018/03/22、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず、前回に引き続き、地方大学振興、若者雇用促進法案について、今度は東京二十三区の大学の定員抑制について聞きたいと思います。  本法案では、一部例外を除き、東京二十三区内の大学の定員抑制を定めております。先日の当委員会でも自民党の委員に対して答弁があったと思うんですが、改めてその必要性について御答弁いただけますか、大臣。
【次の発言】 要するに、若年層の東京圏への流出に歯どめがかからないために、法律で東京二十三区内の大学の定員増を禁止しようということであります。  地方大学の振興のために東京の大学を痛めつけるかのような政策に、東京都から、東京対地……

第196回国会 地方創生に関する特別委員会 第8号(2018/06/15、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  この第八次地方分権一括法案は、提案募集方式に基づいて義務づけ、枠づけの見直しを行うというものでありますけれども、この間の提案募集方式は、地方の創意を生かすというようなものではなく、それを錦の御旗に国が責任を持つべきナショナルミニマムを突き崩し、地方自治体を国策に誘導する手段に使われていると言わなければなりません。  その典型例が、三月十六日、当委員会で大臣と議論した学童保育指導員の配置基準や資格基準を従うべき基準から参酌基準に引き下げる基準緩和の検討であります。  三月にも申し上げましたけれども、就学児童に対する保育ニーズが高まり、学童保育が足り……

第196回国会 予算委員会 第10号(2018/02/13、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  私からも、豪雪被害に遭われた皆様方に、お見舞いを申し上げたいと思います。  さて、総理、総理は、去る二月一日の参議院予算委員会で、我が党の辰巳孝太郎参議院議員が、二〇一六年三月十六日の音声データの中に、前日の三月十五日、財務省から出た途端に安倍夫人から電話があり、どうなりました、頑張ってくださいと言っていたという籠池氏の発言が録音されていたことについて、翌日、妻に確認したところ、そのような電話はしていないと否定をされました。  私たちは、決して籠池氏の発言をうのみにして事実だと断定しているわけではありません。辰巳議員は、十五日に電話をかけたのかと……

第196回国会 予算委員会 第12号(2018/02/15、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  私は、昨年十一月二十八日の当委員会で、二〇一六年三月下旬に録音された、近畿財務局と大阪航空局が森友学園側と協議した内容の音声データを明らかにいたしました。そのときの太田理財局長の答弁は、さまざまな資料の提出をお願いしたなどというものでありました。また、理財局長が一部が切り取られているなどと言うので、昨日、私は、この音声データの全体を財務省にお渡しし、きょうまでに聞いてくるようにお願いをしております。  財務省、聞いてきましたね。
【次の発言】 この音声データは全体が二時間に及ぶものでありますけれども、前半の一時間半は、近畿財務局の池田靖国有財産統……

第196回国会 予算委員会 第20号(2018/03/27、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  この森友問題、これは昨年二月十五日の私の当院財務金融委員会の質問から始まりました。いわば、この問題は、この質問を端緒にして、私とあなたの間で争われてきたと言っても過言ではありません。  そこで聞くんですが、あなたは昨年二月二十四日の衆議院予算委員会で、面会等の記録は平成二十八年六月二十日の売買契約締結をもって破棄している、こういう答弁を私に初めてなさいました。この答弁は虚偽答弁でありましたか。
【次の発言】 そういう問題ではないんですね。  あなたは、午前中の証言で、個別の事案についてもきちんと確認をして答弁をしなかったという点で丁寧さを欠いた、……

第196回国会 予算委員会 第21号(2018/04/11、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず、メディアで大問題になっている、獣医師養成系大学の設置に係る内閣府藤原次長、柳瀬首相秘書官との面談結果についてという文書についてお伺いをいたします。  我が党は、独自にこの面会メモを入手いたしました。これがその現物であります。このメモは、学校法人加計学園の愛媛県今治市への獣医学部新設計画について、二〇一五年四月二日に当時の内閣府地方創生推進室の藤原豊次長や柳瀬唯夫首相秘書官と面談したときのメモであります。  この面談メモで、藤原次長は、県、市、学園と国が知恵を出し合って進めていきたい、そのため、これまでの事務的な構造改革特区とは異なり、国家戦……

第196回国会 予算委員会 第24号(2018/05/10、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  先ほどあなたは、加計学園と会った記憶はあるけれども、愛媛県や今治市が同席していたということは記憶になかった、こう述べられました。  ところが、あなたは、昨年八月十日に、十日付の朝日新聞なんですけれども、朝日の取材に答えて、加計学園事務局長の同席についても記憶にないと、これははっきり答えておられるんですが、これは、この朝日に対してうそをおっしゃったということですか。
【次の発言】 この記事を見たときに、これは事実じゃないなというふうに思ったけれども、放置したということですか。
【次の発言】 気にしていなかった、知らなかったということですか。

第196回国会 予算委員会 第26号(2018/05/28、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  昨年二月十五日、私の森友初質問から、いよいよ一年三カ月がたちました。ついに、あなた方のうそと隠蔽が全て明らかになったと言わなければなりません。  佐川前理財局長が、国会で初めて交渉記録が残っていないという虚偽答弁を行ったのは、昨年二月二十四日、この衆議院予算委員会の私の質問に対してでありました。  そして、まだあなた方は全てを語っておりません。  午前中の参議院予算委員会で、我が党の小池晃議員が、昨年九月七日に、国土交通省航空局長と財務省理財局長が、臨時国会を前にして、いかに会計検査院や国会に対応するかを協議していた事実を明らかにいたしました。総……

第197回国会 国土交通委員会 第2号(2018/11/16、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  大臣の所信的挨拶を受けて質問をいたします。  まず、中部横断自動車道、長坂―八千穂間の建設事業について聞きたいと思います。  大臣は、先日の所信的挨拶でも、ストック効果を高める社会資本整備に関して、高速道路や整備新幹線、洋上風力発電、首都圏空港の機能強化等々を並べた上で、地元の理解を得ながら進める姿勢を示されました。  公共事業を進める際に地域住民の理解と納得を得る努力、これは当然のことだと思いますけれども、大臣のまず御所見をお伺いしたいと思います。
【次の発言】 住民の理解と納得が大事だからこそ、この中部横断自動車道、長坂―八千穂間についても、……

第197回国会 国土交通委員会 第3号(2018/11/21、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  前回の質疑で、台風二十一号が関西国際空港を襲ってきたことし九月四日に、フランス資本から乗り込んできた関西エアポートの副社長はどこにいたのかという私の問いに、蝦名航空局長は答えられませんでした。  その後、調べて、この方の出張の行き先はわかりましたか。
【次の発言】 フランスです。前回指摘したとおり、紛れもなく海外におられました。  前日には気象庁が警鐘を乱打し、同日午前十一時八分には警報が出て、空港機能が麻痺する強烈な台風が関空を襲っていたときに、空港管理を第一義的に担っている関西エアポートのトップ二人が、ともに現場で陣頭指揮をとらないばかりか、……

第197回国会 国土交通委員会 第4号(2018/11/30、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず、先日の与党による入管法の衆議院強行通過に強く抗議いたします。  配付資料一を見ていただきたい。  事前に理事の皆さんにはお見せをいたしましたけれども、この間、法務省が発表し、野党が聴取票の公表を求めてきた、失踪した技能実習生からの聴取結果の職業別集計表を私の事務所でグラフにしたものであります。  二〇一六年九月に統計をとり始めてから、ことし六月まで、総数一万三千百七十七名中、建設が四千九百十三名、実に全体の三七%を占めております。  法務省、間違いありませんね。
【次の発言】 建設業は紛れもなく国交省の所管事業であります。だからこそ、野党は……

第197回国会 国土交通委員会 第5号(2018/12/04、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  確認的な質疑的発言をさせていただきます。  建築物の安全、安心のために、建築士、とりわけ一級建築士の役割は大きいと思います。ところが、建築士の高齢化が進んでいるということを聞きます。  国土交通省の資料によれば、設計事務所に所属している一級建築士のうち、五十代以上が六五%に上るのに対し、二十代は一%のみ。一級建築士の高齢化は顕著だと言わなければなりません。  この一級建築士の高齢化は、一級建築士試験の受験者の急減と高齢化が影響しております。一級建築士試験の受験者数は、二〇〇七年から二〇一七年までの十年間で四万六千二百四人から三万一千六十一人へと三……

第197回国会 国土交通委員会 第6号(2018/12/05、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  前回に引き続き、森友問題の核心部分について聞きたい。  前回の質疑で私は、二〇一六年六月二十日、森友学園にわずか一・三億円で売り払われた国有地は、そのわずか五十日後の八月十日付で、株式会社財産プランニング研究所の熊沢一郎という不動産鑑定士の不動産鑑定評価によって十三億円という値段がついたこと、さらに、森友学園は、その二カ月後の十月十二日には、都市銀行であるR銀行との間で建物建設資金を使途とする十億円限度額の金銭消費貸借契約を結んだこと、さらに、それに伴い、本件土地につき、売買契約の解除や買戻し権行使がなされた場合には、森友学園に返還されるべき払戻……

第198回国会 国土交通委員会 第2号(2019/03/08、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、私の地元大阪で、国土交通省が地下高速鉄道整備事業の補助金まで出して進めようとしているなにわ筋線整備計画について議論したいと思うんです。  大臣は、先日の所信表明で、「社会資本整備については、厳しい財政制約のもと、安全、安心の確保を前提に、生産性の向上、経済活性化に資するストック効果の高いものに重点的に取り組みます。」と述べられました。  まず大臣に確認いたしますが、なにわ筋線の整備は、大臣のおっしゃるストック効果の高い社会資本整備と考えてよろしいですか。
【次の発言】 では、そういう事業なのかを検証してみたいと思います。  資料一を見て……

第198回国会 国土交通委員会 第3号(2019/03/13、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  今法案は奄美群島及び小笠原諸島の特殊事情による不利益を解消するためのものであり、我が党も賛成の立場であります。  今回は奄美特措法について質問したいと思います。  前回の改正で、ソフト事業に使える交付金が創設されました。  昨年一月、奄美市議会が議決した要望書によると、航路・航空路運賃低減事業、農水産物輸送コスト支援事業などの条件不利性改善事業は一定の成果を上げていると述べた上で、さらなる拡充を求めております。  二〇一九年度からどのようなメニューが拡充されるのか、国土政策局にお答えいただきたい。

第198回国会 地方創生に関する特別委員会 第3号(2019/03/19、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  大臣は、所信で、東京圏への転入超過は十三万六千人程度と述べられました。資料一は、二〇一三年以降の転入超過数の推移のグラフであります。  まち・ひと・しごと創生総合戦略では、二〇二〇年に転出、転入を均衡させる、こういう目標であったはずでありますが、この目標は達成できますか、大臣。
【次の発言】 資料一を見ていただければ、目標達成が絶望的なのは誰の目にも明らかだと思います。  そこで、問題は、政府は東京一極集中の是正にまともに取り組んできたのかどうか、このことが問われると思うんです。具体的に聞きたいと思います。  総合戦略では、「年間四十七万人の地方……

第198回国会 予算委員会 第11号(2019/02/21、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  この間追及してきた森友問題も決して終わったわけではありませんけれども、これも私が二〇一三年以来続けて追及してきた、サブリース大手、レオパレス21をめぐる問題が大きな社会問題となっております。きょうはその問題を取り上げたいと思います。  レオパレス21社は、二月七日、違法建築をめぐって記者会見をし、プレスリリースを出しました。そこでは、新たに三十三都道府県の千三百二十四棟で天井や外壁が防火性能などを満たしていない施工不良があったと公表いたしました。その後、更に問題が広がっております。  これは大臣にお答えいただきたいんですけれども、一月末時点で何自……


各種会議発言一覧(衆議院)

45期(2009/08/30〜)

第174回国会 予算委員会第五分科会 第2号(2010/02/26、45期、日本共産党)

○宮本分科員 大臣、政務官、おはようございます。日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、放課後児童健全育成事業、いわゆる学童保育についてお伺いしたいと思います。  学童保育は、親の就業を保障するというだけでなく、子供たちにとって、かけがえのない遊びと生活の場でありまして、育ちの場となっております。かく言う私の二人の子供たちも、かつて学童保育にお世話になって育ってまいりました。  私はこの間大阪で、学童保育の指導員さんたちや子供たちから、直接、学童保育のすばらしさ、値打ちについて、いろいろと話を聞かせていただいてまいりました。  日本で最初の学童保育所は大阪市東住吉区の今川学童保育所で、一九四八……

第177回国会 法務委員会青少年問題に関する特別委員会連合審査会 第1号(2011/04/20、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  本改正案が、虐待する親の親権を二年以内に限って停止する制度を創設することや、子供みずからが親権喪失等の申し立てを行える点、児童養護施設等も未成年後見人となることができるようにする点、離婚協議に当たって養育費や面会交流を明文化することなど、いずれも必要なことであり、我が党も賛成であります。  きょうは、時間もございませんので、民法第八百二十二条、懲戒権に絞って質問をいたします。  昨年十月の法制審議会児童虐待防止関連親権制度部会第八回会議の議事録を読みますと、ほとんどすべての委員が八百二十二条の懲戒権を削除すべきだという意見であります。  ところが、十二……

第177回国会 予算委員会公聴会 第1号(2011/02/22、45期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  本日は、貴重な御意見、まことにありがとうございます。  まず、岡本行夫公述人にお伺いいたします。  先ほども少し議論になりました、鳩山前首相が沖縄タイムスのインタビューに対して、在沖海兵隊の抑止力について、辺野古に戻らざるを得ない中で理屈づけしなければならず、考えあぐねて抑止力という言葉を使った、方便と言われれば方便だった、こう述べたことがこの間話題になってまいりました。その理由として、海兵隊に抑止力があるわけではない、四軍がそろって抑止力を持つ、そういう広い意味では使えるなと思ったとも語ったと言われております。  二〇一〇年五月五日の琉球新報によれば……

第177回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2011/02/25、45期、日本共産党)

○宮本分科員 日本共産党の宮本岳志です。  大臣は、先日の衆議院文部科学委員会における所信表明で、厳しい経済状況が続く中、子供が家計の状況によって学業を断念せざるを得なくなることが懸念されますと述べ、すべての意志ある人が希望する教育を受け、みずからの能力を高める機会を確保することは社会全体の責務です、本人や家庭だけが経済的負担を負うのではなく、社会全体として支え合うことが必要ですと述べられました。これは間違いないですね。
【次の発言】 この言葉自体は本当に大事なことでありまして、私も賛成であります。問題は、現在審議されている予算案がそういうものになっているかどうかということだと思います。  こ……

第180回国会 予算委員会公聴会 第1号(2012/03/02、45期、日本共産党)

○宮本委員 四人の公述人の皆さん、御苦労さまです。私、日本共産党の宮本岳志です。  まず、奈良市長の仲川げん公述人にお伺いをしたいと思うんです。  市長は先ほど、臨時財政対策債は、本来、交付税で入るべきものを地方の借金に押しつけているんじゃないかという御指摘もありました。  本来、交付税特会で国が借り入れて地方に保障していたものを、地方に臨財債という形で借りさせる。こういう議論をやったときに、私、ちょうど参議院の総務委員会で、本当にきのうのことのように思い出すんですけれども、そういうことをやると地方の財政がもうやっていけないじゃないかというふうに申し上げたら、当時の総務大臣が、いや、国もやって……

第180回国会 予算委員会第一分科会 第1号(2012/03/05、45期、日本共産党)

○宮本分科員 日本共産党の宮本岳志です。  昨年九月に紀伊半島を襲った台風十二号災害の復旧復興の問題で質問いたします。  まず、このパネルを見ていただきたいんです。これは、昨年の九月九日、衆議院災害対策特別委員会の閉会中審査で私が取り上げた、奈良県、大滝ダムのある川上村迫地区で発生した深層崩壊現場の、昨年九月七日、災害直後の写真なんですね。  あのとき、私の質問に対し、国土交通省の関水管理・国土保全局長は、この土砂の崩落箇所について、「深層崩壊に起因する土砂の崩壊である」、こういう答弁をいたしました。私が、そうであるならば、「徹底的に国土交通省と奈良県で調査を行って、改めて万全の対策を国の責任……


46期(2012/12/16〜)

第183回国会 予算委員会公聴会 第1号(2013/04/11、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、四人の公述人の方々からの御意見、まことにありがとうございます。私も十分でありますので、時間に限りがあるかと思いますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。  まず、山口二郎公述人にお伺いするんですけれども、今、アベノミクスと言われる経済政策、これがずっと進められているわけですけれども、先ほどのお話の中でも、トリクルダウン、つまり、大企業がもうかれば、やがて国民のところにも滴り落ちてくる、こういう状況にならないんだというお話がございました。  私どもも、やはり、内需をしっかり拡大するという点で、今のままではいかないんじゃないかというふうに思ってお……

第183回国会 予算委員会第一分科会 第2号(2013/04/15、46期、日本共産党)

○宮本分科員 日本共産党の宮本岳志です。  今お話があったように、最後の質問者ですので、大臣、どうぞよろしくお願いをいたします。  不動産賃貸でのいわゆるサブリース契約について、きょうは質問したいと思うんです。  サブリース契約とは、主には、アパート建設会社やその関連会社であるサブリース業者が、アパートオーナーから物件を一括して借り上げる契約を結び、それを第三者に転貸する契約形態のことで、入居者の募集から賃料の回収、アパートの管理、メンテナンスを一括してサブリース業者が請け負うというものであります。アパートの空室状況にかかわらず、サブリース業者の管理報酬を差し引いた固定賃料を安定的、固定的に長……

第186回国会 予算委員会公聴会 第1号(2014/02/25、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  私の方からも、四人の公述人の皆様方に、心からお礼を申し上げたいと思っております。  まず、増田さんにお伺いしたいんですが、増田さんの資料、二十一というページを打った資料ですけれども、「消費増税分を考慮すると、実質賃金の伸び率はマイナス」という表題がついております。消費増税分を含めたインフレ率を考慮すると、実質の賃金の伸び率がマイナスとなる見込みだと。  こうなりますと、これから先、働く人の賃金が実質的にどうなるのかということが非常に不安なわけでありますけれども、少しこのことについてお話しいただきたいと思います。

第186回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2014/02/26、46期、日本共産党)

○宮本分科員 日本共産党の宮本岳志です。  奈良県において、ランドマークというべき若草山にモノレールを設置するという計画が大きな問題となっております。きょうはそれについて質問をいたします。  奈良公園も若草山も、大変貴重な文化遺産としての価値を持つ日本の宝だと思うんですね。それを維持するために、先人たちもさまざまな努力を行い、政府も格別の配慮を払うように取り組んでまいりました。  若草山を含む奈良公園は国指定の名勝であり、若草山の奥に広がる春日山原始林は、一九九八年に日本で九件目の世界文化遺産として登録をされました。  まず、このことを確認したいと思います。文化庁。

第187回国会 文部科学委員会内閣委員会連合審査会 第1号(2014/11/11、46期、日本共産党)

○宮本委員 日本共産党の宮本岳志です。  そもそも二〇二〇年の夏季五輪については、我が党は東京招致について反対をしてまいりました。しかし、昨年九月七日にIOC総会で東京開催が決定した後は、そのIOC総会の決定を尊重し、スポーツを通じて国際平和と友好を促進するというオリンピック精神の実現に努めると同時に、開催に当たっては内外からさまざまな不安と疑問の声が出されておりまして、無条件の信任ではない、こういう立場を明確にしてまいりました。  国会では、昨年十月の衆参両院本会議での東京五輪成功決議に際しては、決議の提案者には加わらず、あえて反対しないという態度をとり、昨年十二月の衆議院文部科学委員会での……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2015/03/10、47期、日本共産党)

○宮本(岳)分科員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、公設民営学校の解禁問題について質問をいたします。  解散・総選挙で廃案になりましたけれども、昨年の臨時国会には、国家戦略特区法一部改正案が提出されました。そこで初めて公設民営学校の規定が盛り込まれたわけであります。しかし、公立学校の民間開放ということをめぐっては、歴史的な経緯があります。  二〇〇四年に構造改革特区法に定める特例措置として株式会社立学校が導入されたときにも、公設民営学校の導入が検討されました。  二〇〇三年五月三十日付で、総合規制改革会議は文部科学省宛てに、公設民営において、地方公共団体自身が最終的責任を負うと希望した……

第190回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2016/02/25、47期、日本共産党)

○宮本(岳)分科員 日本共産党の宮本岳志です。  所得連動返還型奨学金制度について質問いたします。  私は、文部科学委員の時代から、日本の奨学金制度は返済の必要のない給付型奨学金が一つもなく、異常な高学費のもとで、学生たちが卒業後、数百万円から一千万円にも及ぶ大きな借金を背負う、学生ローンと言うほかない制度となっていることを繰り返し指摘し、その抜本的な改善を求めてまいりました。  二〇一三年四月一日、予算委員会での私の質問に、当時の下村文部科学大臣が、「真に困窮されている方に対して適切な対応を学生支援機構としても考える時期に来ているのではないか」、検討したいと答弁をされ、その三日後の四月四日、……

第193回国会 文部科学委員会内閣委員会連合審査会 第1号(2017/07/10、47期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 日本共産党の宮本岳志です。  まず冒頭、今般の九州豪雨によりとうとい命を落とされた方々に心から哀悼の意を表します。また、被災された皆様方に心からお見舞いを申し上げます。また、政府には、復旧復興に全力を挙げることを強く求めておきたいと思います。  さて、きょうは、いわゆる加計学園問題について、この当時の事務方トップであった前川喜平前文部科学事務次官に参考人としておいでいただいております。  早速、前川参考人に確認するんですけれども、あなたは六月二十三日の会見でも、獣医学部新設をめぐって行政がゆがめられたという意識を持っており、これについてはやはり国民に知る権利があると思った、そ……

第193回国会 予算委員会第四分科会 第2号(2017/02/23、47期、日本共産党)

○宮本(岳)分科員 日本共産党の宮本岳志です。大臣、おはようございます。  まず初めに、百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録についてお伺いをいたします。  私の地元、堺市、羽曳野市、藤井寺市と大阪府は、既に世界遺産暫定一覧表に記載されている百舌鳥・古市古墳群が大阪初の世界文化遺産に登録されることを目指して努力をしてまいりました。  まず、文化庁に確認いたしますが、現状はどういう状態でございますか。
【次の発言】 今、何としても国内候補にということで、随分地元でも皆さん頑張っておられます。  去る一月の六日、私もその一員でありますけれども、超党派の国会議員でつくる「百舌鳥・古市古墳群」の世界文化遺産……


48期(2017/10/22〜)

第196回国会 予算委員会第二分科会 第1号(2018/02/23、48期、日本共産党)

○宮本(岳)分科員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、障害を持つ方々への参政権保障の問題について聞きたいと思います。  まず、外務省に確認をしたいと思うんです。  二〇〇六年十二月十三日に国連総会において採択され、二〇〇八年五月に発効した障害者権利条約は、既に我が国も批准をしておりますけれども、この条約第二十九条において、障害者の参政権、とりわけ投票の手続や設備及び資料についてどう定められておりますか。
【次の発言】 我が国は、二〇〇七年九月二十八日、高村正彦外務大臣がこの条約に署名し、二〇一四年一月二十日に批准書を寄託、二〇一四年二月十九日には我が国でも効力を発しております。  条約が……

第198回国会 予算委員会公聴会 第1号(2019/02/26、48期、日本共産党)

○宮本(岳)委員 四人の公述人の方々、本当に本日はありがとうございます。  日本共産党の宮本岳志です。  まず、鈴木先生にお伺いしたいんです。  鈴木先生は、日経新聞の十字路というのを事前に資料で読ませていただいていますが、「政策が効果をもつためには、人々が政府を信用する必要があるが、国の統計に対する信頼はその基盤である。」こうお書きになっています。きょうも、先ほど、統計の信頼性の回復は極めて重要だとおっしゃられました。私どもももちろん、ここが土台だと思うんですね。  それで、御承知のとおり、本委員会で議論している予算でありますけれども、予算は、当然、基幹統計の上に立って、政府の経済認識、景気……

第198回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2019/02/27、48期、日本共産党)

○宮本(岳)分科員 日本共産党の宮本岳志です。  きょうは、まず、高等教育の無償化について柴山大臣と議論してみたいと思います。  国際人権A規約、社会権規約の十三条二項(c)には、「高等教育は、すべての適当な方法により、特に、無償教育の漸進的な導入により、能力に応じ、すべての者に対して均等に機会が与えられるものとすること。」が定められております。  日本政府は、一九七八年五月にこれに署名し、国会の承認を経た後の一九七九年六月に国際人権規約を批准いたしましたけれども、この規定の適用に当たり、「特に、無償教育の漸進的な導入により、」に拘束されない権利を留保するという態度をとってまいりました。この留……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

宮本岳志[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書