千賀康治 衆議院議員
24期国会活動統計

千賀康治[衆]在籍期 : 23期-|24期|
千賀康治[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは千賀康治衆議院議員の24期(1949/01/23〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は24期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院24期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



(特別:1949/02/11-1949/05/31)
1回
1754文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第6回国会
(臨時:1949/10/25-1949/12/03)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:1949/12/04-1950/05/02)
1回
3215文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(臨時:1950/07/12-1950/07/31)
1回
1201文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(臨時:1950/11/21-1950/12/09)
2回
1268文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:1950/12/10-1951/06/05)
12回
21196文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第11回国会
(臨時:1951/08/16-1951/08/18)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第12回国会
(臨時:1951/10/10-1951/11/30)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:1951/12/10-1952/07/31)
1回
3029文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第14回国会
(通常:1952/08/26-1952/08/28)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



24期通算
(1949/01/23-1952/09/30)
18回
31663文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


千賀康治[衆]本会議発言(全期間)
23期-|24期|

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院24期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


38回
(11回)
27回
(0回
0回)
67810文字
(0文字
0文字)

21回
(0回)
9回
(0回
0回)
12106文字
(0文字
0文字)

35回
(0回)
12回
(0回
0回)
15486文字
(0文字
0文字)

18回
(18回)
18回
(18回
0回)
29747文字
(29747文字
0文字)

9回
(9回)
9回
(9回
0回)
12671文字
(12671文字
0文字)

50回
(50回)
49回
(49回
0回)
44904文字
(44904文字
0文字)

2回
(2回)
2回
(2回
0回)
1452文字
(1452文字
0文字)

13回
(13回)
13回
(13回
0回)
12129文字
(12129文字
0文字)

44回
(1回)
9回
(2回
0回)
20784文字
(3119文字
0文字)


24期通算
230回
(104回)
148回
(93回
0回)
217089文字
(104022文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

 期間中、各種会議での活動の記録なし。

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
136回
(93回)
100回
(93回
0回)
農林委員会

2位
58回
(11回)
23回
(0回
0回)
文部委員会

3位
16回
(0回)
10回
(0回
0回)
選挙法改正に関する特別委員会

4位
7回
(0回)
7回
(0回
0回)
図書館運営委員会

5位
6回
(0回)
4回
(0回
0回)
水産委員会

6位
3回
(0回)
2回
(0回
0回)
選挙法改正に関する調査特別委員会

7位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
労働委員会

7位
2回
(0回)
1回
(0回
0回)
地方行政委員会

9位
0回
(0回)
1回
(0回
0回)
郵政委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

 期間中、各種会議での活動の記録なし。

※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

農林委員会(第8回国会)
農林委員会(第9回国会)
農林委員会(第10回国会)
農林委員会(第11回国会)
農林委員会(第12回国会)
農林委員会(第13回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

文部委員会(第5回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

千賀康治[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-|24期|

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院24期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)0本
第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)0本
第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)2本
第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)0本
第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)0本
第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)0本
第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)0本
第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)0本
第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)0本
第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)0本


24期通算(1949/01/23-1952/09/30)2本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第7回国会(1949/12/04〜1950/05/02)

六・三制学校校舎建築費補助に関する質問主意書

第7回国会 衆議院 質問主意書 第96号(1950/03/24提出、24期、会派情報無し)
質問内容
六・三制教育の実施にあたつて、校舍の建築に要する費用が国民の私的負担にかかること実に過大である実状にかんがみ、政府は、いかなる対策を有するか、次の諸点について質問する。
一 建築済の坪数は、総て国庫補助の対象とする措置を講ずる意思があるか。
すなわち、愛知県における新制中学校校舍の建設状況をみれば
中学校数
二九〇校
建築済坪数
一四三、七八一坪
補助の対象として認められた坪数
昭…
答弁内容
一 教室不足の現状は、生徒一人当り〇、七坪の応急最低線の校舍さへ保有しない学校がまだはなはだ多いので、基本的にはまずもつてこれらの学校を〇、七坪の線まで引き上げることが先決とされ、現在の国庫補助予算案もその趣旨によつて計上されているので、今直ちにこの線を超過して建築済の総坪数をそのまま国庫補助の対象とすることは現在の国庫補助の趣旨からいつても又現在の国庫補助の枠からいつても不可能と考えている。

碧南市の公衆電話移転に関する質問主意書

第7回国会 衆議院 質問主意書 第97号(1950/03/24提出、24期、会派情報無し)
質問内容
愛知県碧南市の公衆電話は、要図(一)の如く極めて不便である。その原因は、碧南市は新川、大浜両部落の合併により形成された市であり、その回線数が極めて少数であるために市内電話がその用をなさない。
(印刷)
')
}
//-->
そこで市では、両部落の中間に候補地を寄附し、郵便、電話両局を建設し、その機会に積弊を解決しようと思つているが
一 新築問題を別にしても、電気通信省内部の機構の運用に…
答弁内容
一 碧南市には、現在碧南、三河新川の二電話交換局があり、同一行政区画内における電話通話に対して、政府においてはかねてより両局の交換区域を合併し、行政区と一致させる必要を認めているが、二十五年度計画においては、二及び三の理由により予算差し繰りができないので、二十六年度以降において実施するよう努めたいと思います。
二 現在施設のままで交換区域の合併を行えば、従局式を採用し、両局に市内中継台及び市内中…

千賀康治[衆]質問主意書(全期間)
23期-|24期|
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院24期 ※参考情報)

民主自由党 (第5回国会、初出日付:1949/04/02、会議録より)
民主自由党 (第6回国会、初出日付:1949/11/17、会議録より)
民主自由党 (第7回国会、初出日付:1949/12/15、会議録より)
自由党 (第7回国会、初出日付:1950/03/02、会議録より)
自由党 (第8回国会、初出日付:1950/07/15、会議録より)
自由党 (第9回国会、初出日付:1950/11/25、会議録より)
自由党 (第10回国会、初出日付:1950/12/13、会議録より)
自由党 (第11回国会、初出日付:1951/09/10、会議録より)
自由党 (第12回国会、初出日付:1951/10/17、会議録より)
自由党 (第13回国会、初出日付:1951/12/12、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院24期 ※参考情報)

第8回国会
農林委員長議会

第9回国会
農林委員長議会

第10回国会
農林委員長議会

第11回国会
農林委員長議会

第12回国会
農林委員長議会

第13回国会
農林委員長議会
農林委員長代理議会

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/09

千賀康治[衆]在籍期 : 23期-|24期|
千賀康治[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院議員(五十音順) 24期衆議院議員(選挙区順) 24期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊