太田正孝 衆議院議員
25期国会発言一覧

太田正孝[衆]在籍期 : |25期|-27期
太田正孝[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは太田正孝衆議院議員の25期(1952/10/01〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は25期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院25期)

太田正孝[衆]本会議発言(全期間)
|25期|-27期
第15回国会(1952/10/24〜1953/03/14)

第15回国会 衆議院本会議 第14号(1952/12/16、25期、自由党)

○太田正孝君 ただいま議長から報告を求められました昭和二十七年度追加予算補正外二件について申し述べます。第一に、編成方針を申し上げます。第二に、予算の骨組みと、歳出の中に見積られました項目の大要及び減税について申し述べます。第三に、歳入の財源はどうなつているかという順序によつて述べることにいたします。  今回の補正予算は、当初予算に対する追加にすぎないものであります。追加予算であります。これまで行われました、いわゆる十五箇月予算というごとき、次の年度の予算へのつながりを持つたものではありません。従つて、自由党の公約というごときものは、減税のほかには目ぼしいものはないのであります。その減税は、本……

第15回国会 衆議院本会議 第35号(1953/03/02、25期、自由党)

○太田正孝君 ただいま議長から報告を求められました昭和二十八年度の予算案は、一般会計の分と特別会計の分と政府関係機関の三つからなつているものであります。この予算の持つ重大性につきましては、委員各位の質問にあたつて強調された通りであります。すなわち、独立後最初の予算である。連合国司令部の糸を引かざる、政府の立案し、われら立法府の独立の立場において審議するものであります。また、この予算は国際関係上も重大なる意味を持つているのであり、アメリカにおいて新政府の出現した直後であります。ヨーロッパにおいて欧州軍をつくるなどの緊切な問題が起つているときであります。アジアにおきましては朝鮮における戦火なお治ま……

太田正孝[衆]本会議発言(全期間)
|25期|-27期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院25期)

太田正孝[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|25期|-27期
第15回国会(1952/10/24〜1953/03/14)

第15回国会 予算委員会 第1号(1952/11/08、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  この際一言ごあいさつ申し上げます。私、はからずも予算委員長に選ばれまして、この重責をお受けすることになりました。まことに不行届きのものでございまして、皆様方の御指導と御鞭撻を仰ぐことが多々あることと存じますが、常に公平を旨とし、ひたすら円満なる委員会の運営をいたさんことを念願しております。何とぞ皆様方の心からなる御協力をお願いいたす次第であります。  これより理事の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの塚田君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なきものと認めまして御指名いたします。    尾崎 末吉君  小坂善太郎君    塚田十一郎……

第15回国会 予算委員会 第2号(1952/11/22、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  この際御報告いたしたいと思います。先刻理事会におきまして委員会の運営につき協議いたしました結果、一応次のように申合せをしたのでございます。御了承を願います。来る二十五日午前十時から大蔵大臣及び関係事務当局から予算の提案理由の説明及びその補充説明を聞くことといたしまして、質疑は本会議における質疑終了後に始めることとし、一応二十八日より開始することにいたしました。なお各派の第二陣の総括質疑が終了したあとで参考人の意見を一日間聞くことにいたしたのであります。その人員は六人と一応決定いたしました。なお質疑期間等につきましては、さらに理事会を開きまして協議するこ……

第15回国会 予算委員会 第3号(1952/11/25、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  この際お諮りいたしたいことがございます。前会の理事会の申合せによりまして、昨日付託になりました昭和二十七年度一般会計予算補正(第1号)外二案につきまして、一日間の日程をもつて参考人六名より意見を聴取することとし、その日時は十二月三日午前十時よりとし、人選につきましては委員長及び理事に御一任を願いたいと思いますが、御異議はありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よつてそのように取運ぶことにいたします。
【次の発言】 それでは日程によりまして昭和二十七年度一般会計予算補正(第1号)、昭和二十七年度特別会計予算補正(特第1号)及び昭和二十七年度政……

第15回国会 予算委員会 第4号(1952/12/01、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  御報告いたします。去る十一月二十五日の委員会におきまして、今月の三日に参考人の意見を聞くことにし、その人選は私及び理事に御一任を願つておりましたが、協議の結果次の六名を選定いたしましたから、御報告いたします。東京大学名誉教授神川彦松君、早稲田大学教授、社会保障制度審議会委員末高信君、農林中央金庫理事長湯河元威君、早稲田大学教授阿部賢一君、日本鉄鋼産業労働組合連合会副委員長清水慎三君、八幡製鉄株式会社常務取締役藤井丙午君、以上であります。御了承を願います。  それでは補正予算各案を議題といたします。  この際委員長より申し上げておきたいことがあります。実……

第15回国会 予算委員会 第5号(1952/12/02、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これから会議を開きます。  この際お諮りいたしたいことがあります。さきに委員会におきまして、明三日午前十時から参考人の意見を聞くことに決定していましたが、その後における議事を進めて行く都合によりまして、さらにその日取りにつき、理事会で協議いたしました結果、その申合せによりまして、来る六日午前十時より参考人の意見を聴くことに、日取りを変更いたしたいと思います。御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よつてそのように決定をいたしました。  なお事情によりまして参考人の人選を少し変更いたしました。それは前会御報告いたしました八幡製鉄株式会社常務藤井丙午君のかわりに、東……

第15回国会 予算委員会 第6号(1952/12/03、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  昭和二十七年度一般会計予算補正外二件を一括議題といたし、質疑を継続いたします。  この際、昨日当委員会において行われた、北村委員及び関連質問に立たれた中曽根委員の炭鉱融資問題についての質疑に関し、政府より発言を求められております。これを許します。
【次の発言】 中曽根君に念のために申し上げますが、関連質問は従来の慣例もございますので、私から申し上げるまでもなく、しかるべく御発言を願いたいと思います。
【次の発言】 静かに。
【次の発言】 中曽根さんに申し上げますが、炭住問題についての関連質問でございますので、米に関する問題は……(「答弁の方が間違つてい……

第15回国会 予算委員会 第7号(1952/12/04、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  昭和二十七年度一般会計予算補正外二案を一括議題として質疑を継続いたします。稻村順三君。
【次の発言】 稻村順三君の質問は終りました。植原悦二郎君。
【次の発言】 一言植原君に申し上げますが、岡崎外務大臣は外国使節との会談のために、零時三十分退席したいとの申出がありますが、御質問の関係がありましたら、さうお含みの上でやつていただきたいと思います。
【次の発言】 植原君の質問は終了いたしました。たいへん時刻も過ぎておりますが、総理大臣が午後公務のため御退席になりますので、その関係上次の中曽根さんに一時ごろまでひとつ進めていただきたいと思います。中曽根康弘君……

第15回国会 予算委員会 第8号(1952/12/05、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  昭和二十七年度補正予算三案を議題として質疑を続けます。昨日も申し上げました通り、午前中の質疑は、おもに電産、炭労の労働争議の問題について行うことにいたします。川島金次君。
【次の発言】 川島君に申し上げますが、例のお約束の時間の関係がございますので、皆さん、理事の方もお約束した通りだというのですから、そのお含みをしていただきたいと思います。なお郵政大臣が他の委員会に参りたいので、あなたの質疑が終了後退席いたしたいと申しております。しかるべくそこらの切上げをやつていただきたいと思います。
【次の発言】 川島君、もう時間が来たのでございます。

第15回国会 予算委員会 第9号(1952/12/06、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 会議を開きます。  これから、昭和二十七年度一般会計予算補正案外二件に関しまして、参考人のお方々より御意見をお聞きすることにいたします。  開会にあたりまして、出席の参考人の皆様方に対し一応ごあいさつ申し上げます。本日は何かと御多忙中のところお繰合せの上、貴重な時間をさかれまして御出席を願いましたことは、厚くお礼を申し上げる次第でございます。申すまでもなく、目下本委員会におきまして審査中の補正予算は、今国会における重要なる案件でございますので、当委員会におきましては、広く各界の学識経験者の御意見をお聞きして、その審査を一層権威あらしめ、遺憾なからしめようという考えであります。この……

第15回国会 予算委員会 第10号(1952/12/08、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  昭和二十七年一般会計予算補正ほか二件を一括して議題に供します。質疑を継続いたします。平野力三君。
【次の発言】 平野君に申し上げますが、申合せの時間がもう過ぎましたので、しかるべきところで切り上げていただきたいと思います。あまり長くとりますと、やつぱりお約束の関係が困りますので……。
【次の発言】 どのくらいかかりますか。
【次の発言】 去る四日中曽根君から御質問がありまして、政府が答弁を留保されている問題があります。この点につきまして発言を求められております。これを許します。木村国務大臣。
【次の発言】 中曽根君に申します。実はお聞き及びの通り、理事……

第15回国会 予算委員会 第11号(1952/12/09、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  この際お諮りいたします。昨八日理事井出一太郎君が委員を辞任され、本日さらに委員に選任されました。理事一名が欠員になりましたので、先例によりまして、その補欠は委員長において指名いたしたいと思いますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よつて委員長は井出一太郎君を理事に指名いたします。
【次の発言】 なおこの際御報告いたします。当委員会の運営につきまして、先刻理事会を開き、質疑期間等について協議をいたしまして、次のように申合せをいたしましたから御了承を願います。質疑は本日及び明日の二日間を保留質疑及びもつぱら予算案の数字的内容にわ……

第15回国会 予算委員会 第12号(1952/12/10、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  昭和二十七年度一般会計予算補正外二件を一括議題として質疑を継続いたします。
【次の発言】 この際お諮りいたします。本日の予算審議に関し、国鉄、専売その他の賃金改訂問題についての委員の質疑に対し、公共企業体等仲裁委員会委員長今井一男君より、参考人としてその意見を求めることにいたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よつてそのように決しました。
【次の発言】 それでは質疑に入ります。小島徹三君。
【次の発言】 川島金次君。
【次の発言】 川島君に申し上げますが、運輸大臣は間もなく来られるそうであります。

第15回国会 予算委員会 第13号(1952/12/12、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  昭和二十七年度一般会計予算補正外二件を一括議題として、質疑を継続いたします。河野密君。
【次の発言】 静かに聞いてください。
【次の発言】 静粛に。
【次の発言】 中曽根君。
【次の発言】 総理大臣、御答弁なさいますか。
【次の発言】 中曽根君に申し上げますが、先ほど申し上げました通り、紳士協約と申しますか、残されたる問題について……。
【次の発言】 責任問題にしても、それは信義の問題であります。われわれの約束がそこにある限り、この点は一つだけということですから許しますけれども、(「反対」と呼ぶ者あり)もうこれであなたの問題は残されたる問題はない、この……

第15回国会 予算委員会 第14号(1952/12/16、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  この際お諮りいたします。理事井出一太郎君が委員を辞任されました。理事の補欠選挙を行いたいと存じますが、これは先例によつて委員長において御指名をすることに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なければ櫻内義雄君を理事に指名いたします。
【次の発言】 昭和二十七年度一般会計予算補正外二案を一括議題といたします。  この際改進党及び両社会党の共同提案といたしまして北村徳太郎君外二十二名より一般会計予算補正に対する修正案並びに特別会計予算補正及び政府関係機関予算補正に対する組みかえ要求の動議が提出されております。順次その趣旨説明を許します。  まず修正案……

第15回国会 予算委員会 第15号(1952/12/24、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  この際お諮りいたします。去る十六日理事小坂善太郎君が委員を辞任され、また去る十九日理事塚田十一郎君が委員を辞任されて、その後両君はさらに委員に選任されましたが、その委員異動によりまして、理事二名欠員となりましたので、その補欠は先例によつて委員長において指名いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よつて、委員長は理事に小坂善太郎君及び塚田十一郎君を指名いたします。  さらに本日理事勝間田清一君より理事辞任の申出がありましたが、これを許可することにし、その補欠は先例によつて委員長において指名するに御異議ありませんか……

第15回国会 予算委員会 第16号(1953/02/04、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  この際お諮りいたします。理事櫻内義雄君及び上林與市郎君よりそれぞれ理事辞任の申出があります。これを許可することとし、その補欠は、先例によつて委員長が指名することに御異議はございませんか。
【次の発言】 異議なしと認めます。よつてそのように決しました。それでは委員長は、中曽根康弘君及び成田知巳君を理事に指名いたします。
【次の発言】 次に公聴会の開会についてお諮りいたします。去る一月二十九日当委員会に付託されました昭和二十八年度総予算につきましては、国会法第五十一条によりまして、必ず公聴会を開くことになつております。つきましてはその開会に関する手続等につ……

第15回国会 予算委員会 第17号(1953/02/06、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  昭和二十八年度一般会計予算外二案を一括議題として質疑に入ります。井出一太郎君。
【次の発言】 ちよつと井出さんにお諮りいたしますが、どうせ午後にまだ引続くことでございますし、御都合のいいところであるいは休憩にしたらどうかと思いますが……。
【次の発言】 政府に一言申しますが、山崎委員から、昭和二十八年度の地方財政計画の資料を出していただきたいということです。予算審議の上に重要なことと思いますから、なるべく早くお出しを願いたいと思います。  なお西村さんから要求のありました書類はできておりますか。きよう午前中に出すというお言葉でしたが、できておりませんか……

第15回国会 予算委員会 第18号(1953/02/07、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  昭和二十八年度一般会計予算外二案を一括議題として質問を継続いたします。  松岡駒吉君。
【次の発言】 松岡君、外務大臣が出られました。
【次の発言】 松岡君、労働大臣ですか。
【次の発言】 ちよつと松岡さんに申しますが、総理は十二時から宮中の儀式がありますのでまことに恐縮ですが、もし何ならば午後になお続けることができるようにいたしたいと思います。
【次の発言】 静粛に願います。
【次の発言】 松岡君に申し上げますが、午後の始まりのときに総理も出られましようから、むしろその方があなたの御趣意も達せられるであろうと思います。  暫時休憩いたしまして、午後二……

第15回国会 予算委員会 第19号(1953/02/09、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  昭和二十八年度一般会計予算外二案を一括議題として質問を継続いたします。北ヤ吉君。
【次の発言】 よろしゆうございます。その旨を伝えまして極力出るようにいたします。
【次の発言】 暫時休憩いたします。午後一時半から始めます。     午前十一時四十九分休憩
【次の発言】 休憩前に引続き会議を開きます。  この際社会党西村榮一委員の要求にかかる資料を政府において整えてもらいたいのです。手持ち外貨の残高、その内訳、昭和二十七年におけるその保管並びに活用の状況、これを予算審議の上に必要と認めますから、なるべく早く御調整を願いたいと思います。  質問を継続いたし……

第15回国会 予算委員会 第20号(1953/02/10、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  昭和二十八年度一般会計予算外二件を一括して質問を継続いたします。北吟吉君。
【次の発言】 川島金次君。
【次の発言】 伊藤好道君。
【次の発言】 成田君、かねて理事会でお約束した時間がごくわずかしか残つておりませんから、その範囲内で簡単に……。
【次の発言】 成田君、今のお話は外務大臣の言われたように、速記を見て判断されるべき問題だと思いますから、この辺にとどめていただきたいと思います。  これにて休憩します。午後一時半より再開いたします。     午後零時二十九分休憩
【次の発言】 休憩前に引続き会議を開きます。  質疑を継続いたします。早川崇君。

第15回国会 予算委員会 第21号(1953/02/11、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  昭和二十八年度一般会計予算外二案を一括議題として質疑を継続いたします。櫻内義雄君。
【次の発言】 この際古井君から政府に対して資料の要求があります。
【次の発言】 古井君の言われるごとく、予算審議に必要なる資料と思いますから、至急提出してもらいたいと思います。西村君からも同様の資料の要求がございます。
【次の発言】 ちよつと西村君に申しますが、予算書の四ページにもそのことが載つておりますので、今のことは政府によく伝えますがどうぞよろしくお願いします。
【次の発言】 これにて休憩いたします。午後は一時から再開いたします。     午後零時一分休憩

第15回国会 予算委員会 第22号(1953/02/12、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  この際御報告申します。先般私に御一任願いました公聴会の公述人は、次の通り選定いたしましたから、御了承を願います。朝日新聞論説委員土屋溝君、日本鋼管会長林甚之亟君、日本労働組合総評議会組織部長石黒溝君、自由人クラブ事務局長林正夫君、日本中・小企業団体連盟常務理事山本義夫君、日本貿易会専務理事猪谷善一君、第一銀行頭取、全国銀行協会連合会会長酒井杏之助君、日本海員組合長蔭山壽君、経団連副会長植村甲午郎君、評論家富岡定俊君、紅陵大学総長、経済学博士鈴木憲久君、以上であります。  この際私から一言申し上げたいのは、従来の公聴会におきまして、とかく委員の御出席の乏……

第15回国会 予算委員会 第23号(1953/02/16、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  この際お諮りいたします。昭和二十八年度一般会計予算外二案の審議のために分科会を設置いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よつてさよう決しました。  なお分科会の区分、主査の選定及び分科員の配置につきましては、先例によつて私に御一任を願いたいと思いますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よつて決しました。  昭和二十八年度一般会計予算ほか二案を一括議題として質問を継続いたします。松浦周太郎君。
【次の発言】 松浦さん、通産大臣がおられます。

第15回国会 予算委員会 第24号(1953/02/17、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  昭和二十八年度一般会計予算外二案を一括議題として質疑を継続いたします。和田博雄君。
【次の発言】 ちよつと和田さんに申し上げますが、先ほど理事会でいろいろな時間の問題が出まして、大体一時間見当ということで進めて行くことになつておりますからそのお含みで、また政府の答弁を聞いておりますと、少し長いような場合もありますので、さりとてむやみに端折つて、禅問答のようなことでも困りますので、その点をよく御注意の上、議事の進行を円満にさしていただきたいと存じます。
【次の発言】 休憩前に引続き会議を開きます。小島徹三君。

第15回国会 予算委員会 第25号(1953/02/19、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  昭和二十八年度一般会計予算案外二案を一括議題といたします。  この際一昨日の本委員会において、委員より質疑のありました予算案における警察費の問題について、政府より本日新しい資料の提出がありました。これに関し政府より発言を求めています。法務大臣犬養健君。
【次の発言】 大蔵大臣向井忠晴君。
【次の発言】 本問題につきまして質疑の通告があります。私から事あらためて申すまでもなく、警察法案の改正の問題につきましては、他の常任委員会において審議せられることは言うまでもありません。本委員会におきましては、予算審議を中心といたしまして、その範囲を逸脱せざるよう御注……

第15回国会 予算委員会 第26号(1953/02/20、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  昭和二十八年度一般会計予算外二件を一括議題といたします。一般質疑を継続いたします。永田亮一君。
【次の発言】 本日はこの程度にいたします。次会は明二十一日午前十時より開会いたします。  これにて散会いたします。     午後四時五十六分散会

第15回国会 予算委員会 第27号(1953/02/21、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  この際、私より一言申し上げます。先日来の本委員会の状態はまことに遺憾でありました。今後は諸君の御協力によつて、審議が円滑に進められることを希望いたします。  それでは昭和二十八年度一般会計予算外二件を一括議題といたします。  内閣総理大臣より発言を求められております。これを許します。吉田茂君。
【次の発言】 それでは質疑を継続いたします。中曽根康弘君。
【次の発言】 静粛にお願いします。
【次の発言】 すでにお手元に行つたことと思いますが、恩給法の一部を改正する法律案要綱、戦傷病者戦残者遺族等援護法の一部を改正する法律案要綱、未帰還者留守家族等援護法案……

第15回国会 予算委員会 第28号(1953/02/23、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  昭和二十八年度一般会計予算外二案を一括議題とし、質疑を継続いたします。足鹿寛君。
【次の発言】 足鹿君に申し上げます。御要求の緒方国務大臣だけまだ参りませんが、お申出のことをすぐ伝えます。
【次の発言】 官房長官は二時過ぎまで参議院の方の答弁に出ておつてそれまではむずかしいそうですから。……大分時間も過ぎましたので、しかるべくどうぞ。
【次の発言】 休憩前に引続き会議を開きます。  質問を継続いたします。古井喜實君。
【次の発言】 静粛に。
【次の発言】 古井君に申し上げます。ただいま言われたことは当然なことでございまして、あなたの御質問はりつぱで間違……

第15回国会 予算委員会 第29号(1953/02/24、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  この際お諮りいたします。理事本間俊一君及び川島金次君が昨二十三日委員を辞任されまして、理事二名欠員となりました。つきましては、この補欠は先例によりまして、委員長において指名いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よつて委員長は西川貞一君及び西村榮一君を理事に指名いたします。
【次の発言】 昭和二十八年度一般会計予算外二案を一括議題とし、質疑を継続いたします。西村榮一君。
【次の発言】 外務大臣は今宮中へ参りまして、三時まで出られないとのことでございます。総理大臣は今不在でございます。その他のは今交渉しております……

第15回国会 予算委員会 第30号(1953/02/27、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  昭和二十八年度一般会計予算外二案を一括議題といたします。  この際各分科会の主査より、それぞれその審査の結果について、委員長まで御報告がありましたから、これより順次各主査の報告を求めることにいたします。第一分科会主査塚田十一郎君。
【次の発言】 次に第二分科会主査橋本龍伍君。
【次の発言】 第三分科会主査西川貞一君。
【次の発言】 第四分科会主査尾崎末吉君。
【次の発言】 以上をもつて第一、第二、第三、第四各分科主査の御報告は終りました。  お聞き及びの通り、予算三案に対する討論採決は、いずれも総会に譲るとの御報告であります。  暫時休憩いたしまして、……

第15回国会 予算委員会 第31号(1953/02/28、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  昭和二十八年度一般会計予算外二案を一括議題といたします。  昨日の理事会の申合せによりまして、引続き本日は特に警察法等重要法案に関する問題について質疑を行います。
【次の発言】 成田君の御趣意のほどは承知いたしました。政府にこれを申しまして、総理大臣が適当の機会になるべく早く出席して、御趣意に沿ういうにいたしたいと思います。  中曽根康弘君。
【次の発言】 午前中の会議はこの辺にいたしまして、午後一時から再開いたします。暫時休憩いたします。     午前十一時四十五分休憩
【次の発言】 休憩前に引続き会議を開きます。  質疑を継続いたします。門司亮君。

第15回国会 予算委員会 第32号(1953/03/01、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより会議を開きます。  昭和二十八年度一般会計予算外二案を一括議題といたします。これより総括質疑に入ります。西川君。
【次の発言】 すぐ見えます。――西川君の御質問は大蔵大臣を主としております。それに総理大臣のお考えも加えておることと存じます。食事の関係もありますから、三十分休みまして、十二時半に開会することにいたします。  休憩いたします。     午前十一時五十九分休憩
【次の発言】 休憩前に引続き会議を開きます。  総括質疑に入ります。西川貞一君。
【次の発言】 尾崎末吉君。
【次の発言】 ただいまの塚田君の動議に賛成の諸君の起立を求めます。


太田正孝[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|25期|-27期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院25期)

太田正孝[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|25期|-27期
第15回国会(1952/10/24〜1953/03/14)

第15回国会 予算委員会公聴会 第1号(1953/02/13、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより昭和二十八年度総予算につきまして公聴会を開催いたします。  この際申し上げます。昨日御報告いたしました公述人のうち、自由人クラブ事務局長林正夫君を同クラブ常任理事直井武夫君に変更いたしました。御了承を願います。  開会にあたりまして本日御出席の公述人各位にごあいさつを申し上げます。申すまでもなく、目下本予算委員会において審議中の昭和二十八年度総予算は、今国会中における重要な案件であります。よつて委員会におきましては、広く各界の学識経験者各位の御意見を聞きまして、本案の審査を一層権威あらしめようとするものであります。各位の豊富なる御意見を承ることができますれば、本委員会の今……

第15回国会 予算委員会公聴会 第2号(1953/02/14、25期、自由党)【議会役職】

○太田委員長 これより昭和二十八年度総予算について、昨日に引続き公聴会を開会いたします。  開会にあたりまして、御出席の公述人各位にごあいさつ申し上げます。申すまでもなく、目下本委員会において審査中の昭和二十八年度総予算は、今国会における重大な案件であります。よつて委員会におきましては、広く各界の学識経験者各位の御意見を聞きまして、本案の審査を一層権威あらしめようとするものであります。各位の豊富なる御意見を承ることができますれば、本委員会の今後の審査に多大の参考となるものと期待いたす次第であります。各位におかれましては、そのお立場お立場より、腹蔵なく御意見の御開陳をお願いいたします。本日は御多……



太田正孝[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|25期|-27期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

太田正孝[衆]在籍期 : |25期|-27期
太田正孝[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 25期在籍の他の議員はこちら→25期衆議院議員(五十音順) 25期衆議院議員(選挙区順) 25期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。