中村英男 衆議院議員
26期国会発言一覧

中村英男[衆]在籍期 : 25期-|26期|-27期-28期-29期
中村英男[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは中村英男衆議院議員の26期(1953/04/19〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は26期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院26期)

中村英男[衆]本会議発言(全期間)
25期-|26期|-27期-28期-29期
第19回国会(1953/12/10〜1954/06/15)

第19回国会 衆議院本会議 第18号(1954/03/11、26期、小会派クラブ)

○中村英男君 私は、ただいま議題になつておりますMSA協定その他の三協定について、同僚議員諸君の質問との重複を避けながら、二、三の重要な点について政府の見解をお伺いしたいと思います。  第一に質問したいことは、MSAをめぐる日本とアメリカとの関係についてであります。MSAによつて日本は自衛力の増強を約束されたのでありますが、アメリカは中古のボロ兵器で最大の雇い軍隊をつくるという目的を達したのでありますから、日本軍隊はアメリカ製の武器を持ち、アメリカの顧問団に指揮される植民地土民軍であり、何ら自主性もなく、従つて戦つても強くない軍隊でありますが、政府は外国の指揮による国防軍がものの役に立つとお考……

中村英男[衆]本会議発言(全期間)
25期-|26期|-27期-28期-29期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院26期)

中村英男[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
25期-|26期|-27期-28期-29期
第16回国会(1953/05/18〜1953/08/10)

第16回国会 議院運営委員会 第4号(1953/06/13、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 そうきつちりした話でなく、皆さんの良識に合うようなきめ方をして来るから、そういう点でひとつ御了解を願いたい。
【次の発言】 小会派は一名。

第16回国会 議院運営委員会 第23号(1953/07/21、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 各派といいますと、小会派クラブも入つておるのですか。九州のときは各派の中に加わつておりました。行く人はないかもしれませんが、行く行かぬは別として、できれば一応入れておいていただきたい。
【次の発言】 当該委員が欠席しておつたようだが……。

第16回国会 議院運営委員会 第25号(1953/07/23、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 私の方はこういう党ですから、全部というわけには行かないのですが、大体いいだろうと思います。
【次の発言】 まあ、さつきのようなことで……。

第16回国会 議院運営委員会 第26号(1953/07/25、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 小会派がまとまつた場合許すということに原則を立てられると、今までの前例と大分違うと思う。御承知のように、小会派は全部まとまるということはあり得ない。そこで、小会派の中で賛否両論あつて、賛成者なり反対者なり、多い方の人が討論なり、質問をすること、そういう程度で御了解を願つてやつておつたわけです。
【次の発言】 そこで本来から言うと、全部一致しなければならぬはずで、問題によつては、同じ党で反対討論して、賛成投票をされたという経験もあるが、そういうことは別としても、私のところはああいう性格ですから、賛成意見を述べて、反対の態度をとつた人が、かりに二人、三人ある、そういう場合があり得……

第16回国会 議院運営委員会 第27号(1953/07/27、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 その後一昨日、小会派で代議士会を開きまして、その理由を申し述べて相談をしたのですが、岡田君が小会派の意見を述べるはずですから、その取扱いをお願いいたしたい。
【次の発言】 川上君は、委員会では小会派として発言しておるそうです。その点を相談したのですけれども、川上君が反対討論をするについては、全部賛成です。ぜひひとつやらしてもらいたい。
【次の発言】 大体そういうことはないだろうと思うのです。
【次の発言】 岡田君の場合はいつですか。
【次の発言】 この前の委員会で、小会派としてまとまつた意見でないとできない、こういう原則を言われたものですから、その点を相談したわけです。そこで……

第16回国会 議院運営委員会 第31号(1953/07/31、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 この問題については、二つの意味から申し述べたい。一つは、まだ十二時まで相当時間がある。参議院の審議経過が判断できない。そういう点からも、私はあとにすべきだと思う。いま一つは、水害対策その他の委員会の審議経過を見ても、非常に審議を遅らしておる。そういうことを片方でしながらこの問題を先議するというようなことは、政治道徳上からも少しおもしろくないというような考えから、会期の延長問題はあとに審議したい。

第16回国会 議院運営委員会 第32号(1953/08/01、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 私のところは、大多数は賛成です。
【次の発言】 私の申し上げたのは、岡崎外務大臣不信任の問題が統一されていないということを申し上げたのでありまして、議長の方は統一されております。
【次の発言】 賛成です。

第16回国会 議院運営委員会 第35号(1953/08/06、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 私の方は質疑はできますか。

第16回国会 議院運営委員会 第36号(1953/08/07、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 小会派は、意見の一致を見ておりません。いろいろ議論はあります。ただ、この問題を通じてこの機会にひとつ御考慮願いだいのは、この問題については、私ども理事会にも出ておりませんので、十分な説明を承つておりませんから、皆さんに納得の行く説明は、私十分しておりません。そこで私の党は、ああいう形態の党ですから、取扱いの点においても、皆さんの御考慮を願つて今日まで来たわけであります。やはりこういう問題を通して見ても、議員が自分の職責を十分全うするためには、いろいろ理事会に出るとか、あるいはそういう会合に出ていないと、いろいろな経過がわかりません。従つて、今後とも理事会あたりにオブザーヴアー……

第16回国会 水害地緊急対策特別委員会 第2号(1953/07/01、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 この委員会は西日本の災害その他不時の災害等を含めての特別委員会だと思います。そこで、過般の水害につきましては、全国の関係地区の協議会ができまして、私ども議院におきましても関係地区の選出議員が議員連盟をつくりまして、昨日まで西日本災害について資料を集めて検討して参つたのであります。大体数字は、皆様のお手元に届けましたような議員連盟としての数字はまとまつて来たのでございます。そこでそれを作業している途中でこのたびの水害が起きましたので、大多数の人が九州に見舞に行かれまして、残つた者で委員も交代しまして農林省なり大蔵省に折衝して来たわけですが、議員連盟としましては、このたびの災害と……

第16回国会 水害地緊急対策特別委員会 第9号(1953/07/14、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 今三十億の指定預金のことを説明されましたが、これは西日本の第二号台風を含めての概算払いの指定預金でございますか。
【次の発言】 今私が聞いたのは、この三十億の指定預金は、つなぎ融資でなくして、共済の概算払い、過払いにお充てになつておるのですか、これは西日本の災害とこのたびの九州の災害を含めての金かということを聞いておるのです。そうなると今あなたの説明されたことに関連して質問したいことがあるのです。

第16回国会 水害地緊急対策特別委員会 第10号(1953/07/15、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 私も一、二点お伺いしたいと思います。  私はこの間二日から各党代表で調査に参つた者の一人でございますが、現地に行つてみまして、保安隊の若い諸君が、災害直後、災害救助あるいはその後における復旧工事を非常に熱心にやつておられる。私どもはまつたく地元民同様非常に感激しております。これはおそらく、あれだけの広汎な災害については、地元の人は、自分たちの家が災害をこうむつておりますから、あれだけの復旧工事はできない。そういう点で、今度の災害では非常に大きな役割を果したものと思つております。しかし、現地に行つていろいろな作業の状態を見ますと、やはり保安隊がこのたびの九州災害に対して非常に仕……

第16回国会 水害地緊急対策特別委員会 第11号(1953/07/16、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 私も三点ほどお伺いしたいと思つておりましたが、すでに第一点は赤澤員員から質問されましたので、重ねては質問いたしません。また梅雨前線の移動によつて起つた地域についても、つなぎ融資その他についても同様に取扱うという非常に御同情ある御答弁をいただきましたので、その問題もお尋ねいたしません、ただ一点お願いをいたしておきたい点は、事務当局の方でつなぎ融資の問題をかれこれ計つておられる点があるそうですからその点につきましては、大臣から事務当局の方へ御伝達を顔いたいと思います。  次に伺いたい点はは過年度災害が毎年異積しまして、今度の災害を大きくしておる点も見逃のがすわけには行きません。そ……

第16回国会 水害地緊急対策特別委員会 第21号(1953/07/30、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 ちよつと質問申し上げますが十三、十四の条項の削除について、何ゆえに削除されたかという説明がなされませんが、これは農民に非常に影響が大きいし、広いですから、この点は十分この委員会でも審議されて、復活すべきではないかと私は考えております。
【次の発言】 それで皆さんに御異議がないようでしたら、これは非常に大きいですから、ひとつ復活するようにとりはからつてもらいたいという希望を私は申し上げておきます。

第16回国会 水産委員会 第23号(1953/08/04、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 ちよつと簡単に竹島の問題をお伺いしたいのです。それは小高委員と大臣との間に述べられましたような点でありますが、これは日本海の漁業にとりまして、御承知のように竹島を含めた李承晩ライン、そういうことで、竹島事件が起る前から拿捕もあり、いろいろ問題を起して来たのでありますが、今日まではつきりとして解決がとられていないのに非常に不柄を感じております。ことにこの問題では、単に漁民がその漁場を非常に制約州されたということだけではなくして、今外相が説明されましたように、無人島である、人間が住んでいない島であるというふうな一つの物の考え方で日本の領土が侵されたときに、日本政府のとつた態度は、……


■ページ上部へ

第17回国会(1953/10/29〜1953/11/07)

第17回国会 議院運営委員会 第1号(1953/10/29、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 私の方はできますか。今まで一般質問はやらしていただいておりましたが……。
【次の発言】 それじや、二十分で一人ですね。

第17回国会 議院運営委員会 第4号(1953/11/02、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 小会派は賛成です。
【次の発言】 これは非常に重大な問題です。私の方は、案文がわかりませんから相談してみませんが、議会内においては小会派も党ですから、今後はわれわれの方一もひとつお願いします。

第17回国会 議院運営委員会 第6号(1953/11/04、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 私の方は、最初出先機関は一箇月の延長に同調したものであります。これは異常な災害があつて、目下非常に重要な問題もあるので、一週間では無理だという意見だつたと思います。それで今日こういう事態になつたところから考えると、これは一週間でもともと無理をやつたという点においては、少し不見識なところもあり、無理もあつたかと思いますが、ここまで来れば、私の党の事情はそういう事情ですから、最小限度にしておきたいというわけです。
【次の発言】 いや、あります。
【次の発言】 大体皆さんの御意向のほどは、私はきのうの本会議の事情はよくわかりませんでしたが、委員長のお話を伺いまして、大体事情を了解し……


■ページ上部へ

第18回国会(1953/11/30〜1953/12/08)

第18回国会 議院運営委員会 第1号(1953/11/30、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 質問ですから、やらせてください。
【次の発言】 この前問題が出たのは、討論だと思います。

第18回国会 議院運営委員会 第4号(1953/12/05、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 私のところでも、こういう委員に公正でなければいかぬというので、ただいま土井さんから言われましたような意見が出ておりました。ただ、その意見は強かつたのですが、これに反対だということでもございませんので、皆さんの御意見に従つて行くということです。
【次の発言】 今度の国会は、第十八国会ですから、ひとつお願いをいたします。
【次の発言】 原則的には私どもの方は統一されないのですが、従来討論をしていたわけです。私の方の希望としては、予算委員会でどちらに賛成するか、反り対するか、それと同じような態度を本会議でもとりたい、従つて、そういう討論をしたいというのが私どもの希望です。御承知のよ……

第18回国会 議院運営委員会 第5号(1953/12/07、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 一致しておりません。
【次の発言】 きようでなくてもいいのですが、この問題は、また理事の諸君で御検討を願いたいと思つております。


■ページ上部へ

第19回国会(1953/12/10〜1954/06/15)

第19回国会 議院運営委員会 第1号(1953/12/10、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 私の方から自由党へ二人入るということで、すでに電話で一人は確実に話があつたのですが、この表には載りませんね。
【次の発言】 外務です。福田君が大蔵と予算の両方をやつております。

第19回国会 議院運営委員会 第12号(1954/02/16、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 それでは申し上げます。私のところは御承知のような党ですが、代議士会を開いて正式にきめたので、お許し願いたいと思います。

第19回国会 議院運営委員会 第16号(1954/02/22、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 小会派は小林信一君。
【次の発言】 これは重要法案でもあるから、ひとつやらしていただきたい。

第19回国会 議院運営委員会 第21号(1954/03/03、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 大体法案が提出された経過を見ても、いろいろ事例があればこそ、こういう法案も提案するようなことになつたと思う。そういう点から言うと、当然日にちをかけても調査しなければならぬ。ことに自由党、改進党の方々の、ことに椎熊さんあたりから重要な時期であるからというような御意見も出ましたが、しかし予算は四日には上ると思う。文部委員会としては、四日であつても、五日であつても、この法案を提案された一つの根拠は、こういう事例があればこそ提案されたのでありますから、十分調査しなければならぬ。むしろ私は、池田君の言うように、自由党の方々も、政府の立場でなく議員という立場において、この問題を審議する一……

第19回国会 議院運営委員会 第26号(1954/03/12、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 関連して委員長にお伺いしておきたいと思います。きのうは、きようと同じように重要法案で、当然総理大臣は御出席願えるとわれわれは理解しておつた。私は、今の社会党両派の御意見はごもつともだと思います。おそらく委員長は、総理は出席できないということを報告、されたおつもりでおられたでありましようが、出席されない大臣の名前はおつしやつたが、総理のことは触れなかつた。理事会の報告になかつた。従つて私どもは、当然総理は欠席する大臣の中に入つていないから出席されるものだと思つておつた。これは理事会ではそういう話はあつたかもわからぬが、とにかくこの委員会では、総理が出席されないということの報告は……

第19回国会 議院運営委員会 第30号(1954/03/18、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 人事委員会に付託してけつこうです。

第19回国会 議院運営委員会 第31号(1954/03/20、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 場内交渉のときに、今までよく理事だけでお話をされて、私のところに連絡をとられない場合がありますから……。

第19回国会 議院運営委員会 第35号(1954/03/27、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 二十一と二十二は、労農党の方が出席されていなかつたそうで、労農党は反対らしいのです。今そんな連絡がありました。

第19回国会 議院運営委員会 第45号(1954/04/13、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 私の方も許諾に賛成です。

第19回国会 議院運営委員会 第50号(1954/04/24、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 私の方も許諾を与えることに賛成でございます。
【次の発言】 小会派の発言のことは、雑然として聞えなかつたが、さしてもらえるのですか、もらえないのですか。
【次の発言】 聞こえなかつたのであります。

第19回国会 議院運営委員会 第54号(1954/05/07、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 これは理事会でも非常に問題があつたようですが、私のところは、従来意見が統一されないということで討論ができなかつた。そういう扱いを受けて参つたわけでありますが、今度の場合は意見が統一しておるのです。ですから、いろいろ御議論もおありだろうと思いますが、意見が統一しておる上に、辻君は専門家として相当な一つの考え方を持つておるわけでございますし、しかも内閣委員会に所属しておるわけでありますから、ぜひひとつ反対討論をさしていただきたいと思います。
【次の発言】 私どもは、この討論を必ずしも前例として考えるわけでもないし、従来もしばしば、そういう意見の統一した場合には取上げられて来たので……

第19回国会 議院運営委員会 第63号(1954/05/22、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 異議ないという御意見が自由党の方から出ておるが、私は、この前に申し上げましたけれども、全会一致だからといつて必ずしも全部討論をすべきだという考えはないわけです。それで遠慮しておりますが、十ぺんに一ぺんくらいはやらしてもらいたいという程度の要求ですから、ぜひ御賛同を願いたい。

第19回国会 議院運営委員会 第66号(1954/05/29、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 私のところは、参議院修正案をのむということになつております。
【次の発言】 小会派は結論が出ておりません。
【次の発言】 満場一致ではない。反対です。
【次の発言】 参議院の回付案について、小会派の意見を先ほど申し上げましたが、ちよつと御訂正申し上げます。御承知のように、私のところは労農党、共産党がございまして、原案並びに修正案について、反動立法であるから反対であるという議論がある。それで修正案について同意すると言いましたが、御訂正願います。後ほど連絡いたします。

第19回国会 議院運営委員会 第67号(1954/05/30、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 私どもは、会期延長反対であります。

第19回国会 議院運営委員会 第68号(1954/05/31、26期、日本社会党(左))

○中村(英)委員 まとまつておりません。

第19回国会 議院運営委員会 第70号(1954/06/03、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 私も、委員長の今日の扱いは、従来の行き方から見ますと、十分質疑を許して、しかる後討論というのが議運の今までの行き方です。しかし今日私見ておりますと、十分質疑を許されずに討論を委員長が許したいということは、今までの委員会の行き方と比べてきわめて変則です。そういう意味で、私はもう少し質疑を許して、しかる後――そう時間はかからぬと思いますから、しかる後質疑が尽きたならば討論すべきである。私はそれまで保留します。

第19回国会 水産委員会 第4号(1953/12/14、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 ちよつと関連して……。私大蔵大臣の答弁は全然腹入りしないのですが、政府は最善を尽しておる、こういう御説明ですが、もちろん大臣はさいふを握つておられるのですから、ひもを締められることはわかるし、二十九年度予算に関連してインフレを起さぬような予算構成の上からお考えになる点はわかるが、私どもの考えは根本が違うのです。これは椎熊氏も言われたように、この問題は単に李承晩だけの問題でなくして、政府が責任を負わなければならぬ面が大分あると思う。そこで先ほど参考人の方が言われたように、まつたく漁師そのものは何も知らずに出ているのです。しかも拿捕された船は、ある意味では補償の意味で李承晩がとつ……

第19回国会 水産委員会 第20号(1954/03/26、26期、小会派クラブ)

○中村(英)委員 私もこれは横山さんへの希望ですが、きわめて強い希望ですからお聞き取りを願いたい。いろいろお話をお伺いしますと、関係団体はデモでもやつてもらいたいというような御意向もあつたが、いろいろ政治的な事情等も考慮されておるようです。一つは試験区域を狭めてもらいたいという考え方がある。もう一つは静岡県なり、あるいは今度の直接の関係者である静岡の組合がこの問題を担当しておる、こういうものの考え方から推して、この問題の取上げ方が非常に、何といいますか従来のものの考え方で取上げられておるように考えます。私どもは、これは今日いろいろ政治的な問題もあるし、政治的な角度もあると思います。ございますが……


中村英男[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
25期-|26期|-27期-28期-29期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院26期)

 期間中、各種会議での発言なし。

中村英男[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
25期-|26期|-27期-28期-29期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

中村英男[衆]在籍期 : 25期-|26期|-27期-28期-29期
中村英男[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院議員(五十音順) 26期衆議院議員(選挙区順) 26期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。