西銘順治 衆議院議員
32期国会発言一覧

西銘順治[衆]在籍期 : |32期|-33期-34期-40期
西銘順治[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは西銘順治衆議院議員の32期(1969/12/27〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は32期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院32期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
西銘順治[衆]本会議発言(全期間)
|32期|-33期-34期-40期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院32期)

西銘順治[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|32期|-33期-34期-40期
第64回国会(1970/11/24〜1970/12/18)

第64回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(1970/12/03、32期、自由民主党)

○西銘委員 初めに、沖繩県民多年の悲願でございました沖繩の国政参加につきましては、まれに見る全会一致の採択となりまして、国政参加がここに実現されました。このことに対しまして、各政党並びに議員各位、一億国民に対しまして深甚なる敬意を表するものであります。  次に、本臨時国会の劈頭のこの特別委員会の冒頭におきまして質問の機会を与えてくださいましたことに対し、委員長をはじめ自民党、各党の議員の方々に敬意と感謝を申し上げるものであります。  わが日本は、戦後、国民の努力と政府の施策と相まって、すばらしい経済成長を遂げまして、まさに昭和元禄ともいうべき時代を迎えたと思っております。しかしながら、この繁栄……

第64回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(1970/12/08、32期、自由民主党)

○西銘委員 対策庁長官にお尋ねしたいのですが、質問の第一点は、先ほどの農林省当局の説明によりましても、奄美粗糖の買い上げ価格は、従来どおりですと一円であります。この一円にプラス四円、四円は暴風雨災害対策として考慮された額でありますので、奄美の暴風雨対策に相当するのがいわゆる宮古台風を契機として、従来総理府から出されておりますところの臨時糖業助成費であります。この臨時糖業助成費を産糖量に換算いたしますと、一九六六年から六七年までが、トンに換算いたしまして奄美の四千円に対しまして千五百三十九円、一九六七年から六八年、これが千八百十三円、それから一九六八年から六九年、これがようやく二千円を突破いたし……

第64回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号(1970/12/17、32期、自由民主党)

○西銘委員 ただいま議題となりました沖繩における米軍毒ガス兵器の撤去に関する件につきまして、自由民主党、日本社会党、公明党及び民社党の四党並びに安里積千代君、瀬長亀次郎君、以上の提出者を代表して、その提案の趣旨を御説明申し上げます。  まず、案文を朗読いたします。     沖繩における米軍毒ガス兵器の撤去に関する件(案)   沖繩における米軍毒ガス兵器については、本年六月十八日本委員会が行なった決議のとおり、そのすみやかな撤去と移送の安全性の確保が熱望されてきた。   先般、米国政府は沖繩の毒ガス兵器の撤去を公表したが、具体的には一万三千トンのうちわずか百五十トンにすぎず、残余については、一九……

第64回国会 外務委員会 第1号(1970/12/04、32期、自由民主党)

○西銘委員 初めに、本委員会の劈頭におきまして、冒頭に発言の機会を与えてくださいましたことにつきまして、各党並びに各議員の方々に対しまして、衷心より御礼を申し上げるものであります。  私たち沖繩県民は、今次大戦によりまして本土から切り離されまして、二十五年間米国の統治下に置かれてまいりました。その間、百万県民の復帰についての悲願がいやが上にも盛り上がりまして、ここに七二年核抜き本土並みの機会を得たのであります。  特にこのたびの沖繩の施政権返還につきまして、佐藤総理をはじめ、特に愛知外務大臣におかれましては、百万県民の心を心とされまして、七二年返還までこぎつけられたなみなみならぬ御労苦に対しま……

第64回国会 外務委員会 第3号(1970/12/24、32期、自由民主党)

○西銘委員 沖繩の施政権返還は御承知のとおりすでに進められておりまして、きわめて複雑かつ膨大な返還準備を伴う大事業であると思っております。この施政権返還の大事業をわれわれはでき得る限り混乱を起こさぬよう配慮して完成することに努力をしなければならないと考えております。そのためには、日米両国政府はもちろんのこと、両国国民特に沖繩住民相互の深い理解と協力が必要欠くべからざるものであると考えております。したがって、この相互理解と協力をつくり出すためには、関係者はあらゆる努力を惜しんではならないと思っておるのであります。  去る二十日、コザ市に発生し、ついに嘉手納の基地にまで及んだ不祥事件は返す返すも遺……


■ページ上部へ

第65回国会(1970/12/26〜1971/05/24)

第65回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号(1971/03/11、32期、自由民主党)

○西銘委員 復帰対策要綱について長官の見解をお聞きしたいのでありますが、御案内のとおり返還協定の内容についても、いまだに公表されておりません。ただ私たちは新聞紙等によってその内容を知っておるだけでございまするが、県民は、返還協定の柱が幾つになるのか、特に対米請求権の問題についてどう処理されるのか、非常な関心を持っておるわけであります。この返還協定が表といたしますと、復帰対策要綱が裏ということになるわけでございまして、復帰対策要綱の第一次案は昨年の十一月二十日に閣議決定を見ております。この内容は、各面についてきわめて良心的に作業が進められて、りっぱな成案を得ているわけでございまするけれども、言う……

第65回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第5号(1971/03/16、32期、自由民主党)

○西銘委員 きのう、第二次の復帰対策要綱が発表になっておりますが、この要綱案の中で、沖繩県及び市町村の取り扱いにつきましては、沖繩県の知事といたしましては、復帰後沖繩県の知事が選挙されるまでの間は、復帰の際琉球政府の行政主席である者を知事とみなすこととする、また、沖繩県の議会議員の取り扱いにつきまして、立法院議員の取り扱いにつきましては、同様、県議会議員が選挙されるまでの間は、復帰の時点で琉球政府の立法院の議員である者を沖繩県の議会議員とみなすということになっております。そういたしますと、これは初代知事ということになりますが、自治法の規定によりますと、知事が欠けたとき、または事故あるときは、順……

第65回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第7号(1971/03/23、32期、自由民主党)

○西銘委員 沖繩復帰対策要綱も、第一次の分に引き続きまして第二次案が発表になっております。その間の関係各省庁の労苦を多とするものでありますが、第一次、第二次の復帰対策要綱を見まして、制度と人の面において本土と一体化するという基本線に沿って、各項目にわたって並列的に列記されているわけでございます。その中で、私たちが当然どの項目を重点としてこれを取り上げていくか、まだ明確な線が出ておりません。ただ、そこで私たちが重要な施策として取り上げたいことは、第二次案の中に盛られました新全国総合開発計画の中で、また新経済社会開発の中で、沖繩を九州ブロックと引き離しましてワンブロックとして取り扱うに至った経過と……

第65回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第11号(1971/04/27、32期、自由民主党)

○西銘委員 最初に、資産引き継ぎと琉球政府の財政逼迫について大臣の御見解をお聞きしたいと思うのであります。  御案内のとおり、日米返還交渉にあたりまして、琉球における開発公社、電力公社、水道公社、三公社を中心といたしまして、目下日米間で資産の引き継ぎが交渉されている最中であり、しかも返還交渉は大詰めの段階を迎えているわけであります。この資産評価につきまして、また引き継ぎにつきまして、琉球政府は、米国議会におけるいろいろな関係当事者の発言を引用いたしまして、さらに国会における関係大臣等の答弁を資料といたしまして、ガリオア資金等による見返り資金によってできた資産は、施政権者としての当然の義務として……

第65回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第13号(1971/05/20、32期、自由民主党)

○西銘委員 私は、防衛問題と関連いたしまして、長官の御意見をただしたいのであります。  御案内のとおり、沖繩は今次大戦の終えんの地でありました。祖国の勝利を信じ、祖国の栄光のために若い青年学徒が散ったところであります。また戦争当時は一億玉砕の気持ちで戦ったのでありますけれども、実際に玉砕したのは沖繩だけであります。三府四十三県の中で、郷土を戦場としたのはわが沖繩県だけであります。こういう過去の歴史を踏んまえまして、長官にまずお尋ねしたいことは、わが国防衛の一環として沖繩の地位というものをどうお考えになるか、これをただしたいのであります。


■ページ上部へ

第67回国会(1971/10/16〜1971/12/27)

第67回国会 沖縄返還協定特別委員会 第3号(1971/11/11、32期、自由民主党)

○西銘委員 沖繩の全県民が長年待ち望んでおりました祖国復帰を前にいたしまして、その最後の手続である返還協定の審議にあたりまして、自由民主党を代表いたしまして質問の機会が与えられましたことは、沖繩代表といたしましてまことに感無量であると同時に、その重責をひしひしと感ぜずにはおられないのであります。  そこで、これから具体的な問題に入りますが、沖繩県民が納得のいくような明快な御答弁をお願いいたします。  沖繩県民は、戦後一貫して復帰運動を推進してまいりました。顧みるに、サンフランシスコ平和条約が締結される前の昭和二十六年のことであります。私は、同志数名とともに、祖国復帰の署名運動を展開いたしました……


■ページ上部へ

第68回国会(1971/12/29〜1972/06/16)

第68回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(1972/03/08、32期、自由民主党)【議会役職】

○西銘委員長代理 國場幸昌君。

第68回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第9号(1972/04/19、32期、自由民主党)

○西銘委員 地方自治法第百五十六条六項の規定は、国の行政機関の設置については、国会の承認がなければこれを設置することができないという規定になっているわけでございますが、まずその趣旨をお伺いしたいのであります。つまり、地方自治の本旨にもとらないかどうか。または関与するものはあくまでも純然たる国政に限るものと考えているのでございますが、さらに、このことは沖繩県民にとって利益があるかどうか。まずこの三点をお伺いしたいのでございます。  一方、同条七項では、第六項の規定が除外されているのでございますが、この除外されている機関との関係について明確にしてもらいたいのであります。


■ページ上部へ

第69回国会(1972/07/06〜1972/07/12)

第69回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(1972/07/12、32期、自由民主党)

○西銘委員 動議を提出いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、正示啓次郎君を委員長に推薦いたします。


■ページ上部へ

第70回国会(1972/10/27〜1972/11/13)

第70回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(1972/10/27、32期、自由民主党)

○西銘委員 動議を提出いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、正示啓次郎君を委員長に推薦いたしたいと存じます。
【次の発言】 動議を提出いたします。  理事の員数は九名とし、委員長において指名せられんことを望みます。


西銘順治[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|32期|-33期-34期-40期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院32期)

西銘順治[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|32期|-33期-34期-40期
第65回国会(1970/12/26〜1971/05/24)

第65回国会 外務委員会沖縄及び北方問題に関する特別委員会連合審査会 第1号(1971/05/15、32期、自由民主党)

○西銘委員 思えば、沖繩の祖国復帰はわれわれ九十四万県民の多年の悲願でありました。日本の敗戦に伴う米軍の占領、サンフランシスコ講和条約による沖繩の法的地位の決定という悪い条件の中で、沖繩県民は祖国への復帰を叫び続けてまいったのであります。この声を受けまして、岸・アイク会談で初めて沖繩問題が日米間の重大な議題となり、公的な要求としてあらわれてきたのであります。自来日米会談のおもな経過をたどってみましても、一九六一年六月の池田・ケネディ会談、一九六五年一月の佐藤・ジョンソン会談、一九六七年十一月の佐藤・ジョンソン会談、一九六九年十一月の佐藤・ニクソン会談という長い経過を経まして、ここにいよいよ大詰……


■ページ上部へ

第66回国会(1971/07/14〜1971/07/24)

第66回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会公聴会 第3号(1971/08/16、32期、自由民主党)

○西銘委員 長官に対する質問を残しまして、対策庁長官に対策要綱を中心としてお聞きしたいのであります。  新聞報道によりますと、第三次の復帰対策要綱案と申しますか、その中で、国の行政機関の中で、管区的機能を有する機関を設置することになっておりますが、それは一体何をさしているのか。  第二点は、私立学校教職員共済組合、農林漁業団体職員共済組合、公務員等共済組合制度並びに恩給につきまして、沖繩の特殊性を考慮するか、さもなければ合理的な改善措置を講ずることになっておりますが、未払い掛け金についてどう救済されるのか、これが第二点であります。  第三点は、塩の専売制度を実施することにしておりますが、再製業……

第66回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会公聴会 第4号(1971/09/04、32期、自由民主党)

○西銘委員 ただいま、沖繩の立法院議長並びに祖国復帰協議会会長代理から、沖繩におけるドルと円の切りかえの問題について、切実な陳情がなされたのであります。政府は、第一次復帰対策要綱におきまして、沖繩のドル切りかえの基準といたしまして、一ドル三百六十円の公定レートを基準として切りかえるということがはっきり打ち出されておりまするし、外務大臣並びに主管大臣も、一ドル三百六十円を基準として、ドルと円の交換を行なうということをたびたび言っておられるのであります。私たちはこの点について一まつの不安を持ちながら、たとえ円の切り上げがあっても、沖繩に関する限り一ドル三百六十円の公定レートを基準として換算されるの……



西銘順治[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|32期|-33期-34期-40期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

西銘順治[衆]在籍期 : |32期|-33期-34期-40期
西銘順治[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院議員(五十音順) 32期衆議院議員(選挙区順) 32期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。