和田春生 衆議院議員
32期国会活動統計

和田春生[衆]在籍期 : |32期|
和田春生[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは和田春生衆議院議員の32期(1969/12/27〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は32期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院32期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



(特別:1970/01/14-1970/05/13)
1回
4220文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第64回国会
(臨時:1970/11/24-1970/12/18)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第65回国会
(通常:1970/12/26-1971/05/24)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第66回国会
(臨時:1971/07/14-1971/07/24)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第67回国会
(臨時:1971/10/16-1971/12/27)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:1971/12/29-1972/06/16)
2回
6589文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第69回国会
(臨時:1972/07/06-1972/07/12)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第70回国会
(臨時:1972/10/27-1972/11/13)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



32期通算
(1969/12/27-1972/12/09)
3回
10809文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


和田春生[衆]本会議発言(全期間)
|32期|

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院32期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


40回
(32回)
19回
(0回
0回)
111524文字
(0文字
0文字)

14回
(5回)
2回
(0回
0回)
9816文字
(0文字
0文字)

31回
(3回)
5回
(0回
0回)
67183文字
(0文字
0文字)

8回
(0回)
3回
(0回
0回)
38935文字
(0文字
0文字)

18回
(3回)
3回
(0回
0回)
32443文字
(0文字
0文字)

38回
(2回)
10回
(1回
0回)
73203文字
(4410文字
0文字)

第69回国会
4回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

9回
(0回)
2回
(0回
0回)
21716文字
(0文字
0文字)


32期通算
162回
(45回)
44回
(1回
0回)
354820文字
(4410文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


5回
(0回)
5回
(0回
0回)
43264文字
(0文字
0文字)

7回
(0回)
4回
(0回
0回)
23386文字
(0文字
0文字)

第66回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

10回
(0回)
5回
(0回
0回)
37448文字
(0文字
0文字)


32期通算
23回
(0回)
14回
(0回
0回)
104098文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
62回
(40回)
26回
(0回
0回)
運輸委員会

2位
59回
(0回)
1回
(0回
0回)
議院運営委員会

3位
32回
(2回)
12回
(1回
0回)
予算委員会

4位
4回
(3回)
1回
(0回
0回)
交通安全対策特別委員会

5位
2回
(0回)
2回
(0回
0回)
大蔵委員会

6位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
法務委員会

6位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
逓信委員会

6位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
社会労働委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
7回
(0回)
3回
(0回
0回)
予算委員会第一分科会

2位
4回
(0回)
1回
(0回
0回)
運輸委員会日本国有鉄道に関する小委員会

3位
3回
(0回)
3回
(0回
0回)
予算委員会第五分科会

3位
3回
(0回)
3回
(0回
0回)
運輸委員会海運に関する小委員会

5位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
議院運営委員会図書館運営小委員会

5位
2回
(0回)
2回
(0回
0回)
予算委員会第三分科会

7位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第四分科会

7位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会公聴会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

運輸委員会(第63回国会)
運輸委員会(第64回国会)
運輸委員会(第65回国会)
交通安全対策特別委員会(第67回国会)
予算委員会(第68回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

和田春生[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|32期|

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院32期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第63回国会(特別:1970/01/14-1970/05/13)0本
第64回国会(臨時:1970/11/24-1970/12/18)0本
第65回国会(通常:1970/12/26-1971/05/24)0本
第66回国会(臨時:1971/07/14-1971/07/24)0本
第67回国会(臨時:1971/10/16-1971/12/27)0本
第68回国会(通常:1971/12/29-1972/06/16)1本
第69回国会(臨時:1972/07/06-1972/07/12)0本
第70回国会(臨時:1972/10/27-1972/11/13)1本


32期通算(1969/12/27-1972/12/09)2本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第68回国会(1971/12/29〜1972/06/16)

団地における通勤対策および不良住宅対策に関する質問主意書

第68回国会 衆議院 質問主意書 第12号(1972/05/29提出、32期、会派情報無し)
質問内容
一 東京都下多摩ニュータウンにおける現在の交通条件は、その整備が著しくたち遅れ、すでに一部入居中の住民は、日常大きな不便に悩まされている。
左記について、政府の対策を問う。
(1) 鉄道乗入れ時期を予定の昭和四十九年より早める必要があると考えられるが、その見通しならびに政府の助成措置。
(2) 鉄道建設コストを民営にてカバーせんとする場合は、割高な運賃となり住民の生活を圧迫することになるが、…
答弁内容
一 (1)について
ニュータウン新線は住民の足の確保に支障のないよう入居計画に合わせて建設することとしている。多摩ニュータウンについては、鉄道が必要となるのは昭和四十九年以降であると考えられるので、当面はバス輸送によることとし、同年には、京王帝都電鉄のよみうりランドから、また、小田急電鉄の新百合ケ丘からそれぞれ多摩ニュータウン中央部まで開通できるよう建設を促進させることとしている。
なお、両線…

■ページ上部へ

第70回国会(1972/10/27〜1972/11/13)

はしけ・曵船船員の雇用政策に関する質問主意書

第70回国会 衆議院 質問主意書 第1号(1972/11/01提出、32期、会派情報無し)
質問内容
港湾運送部門においては、コンテナ船の就航、専用埠頭の増設、長距離カーフェリーの就航、ラッシュ船の出現と港湾荷役の機械化などによつて大きな変革をきたしつつある。そのため、港湾運送事業に従事する労働者、はしけ・曳船乗組船員の職場はしだいに縮小し、雇用不安が増大している。
このような輸送革新に対する港湾運送業界の対策として、現在、六大港(東京 横浜 名古屋 大阪 神戸 関門)において、現有はしけ・曳船…
答弁内容
二及び三について
はしけ運送事業者の保有するはしけ・曳船の船腹量及び常用乗組員数は、次のとおりである(昭和四十七年三月現在)。なお、港湾運送事業法上の所定の手続を受けていないはしけ(いわゆるヤミばしけ)については、実態の把握が困難である。
はしけ保有量
九、六九〇隻
二、二四三、八四七
積トン
曳 船 保 有 量
一、九八一隻
一九四、五八六
馬 力
常用乗組員数
一一、五五…

和田春生[衆]質問主意書(全期間)
|32期|
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院32期 ※参考情報)

民社党 (第63回国会、初出日付:1970/02/26、会議録より)
民社党 (第64回国会、初出日付:1970/12/05、会議録より)
民社党 (第65回国会、初出日付:1971/02/17、会議録より)
民社党 (第66回国会、初出日付:1971/07/23、会議録より)
民社党 (第67回国会、初出日付:1971/10/30、会議録より)
民社党 (第68回国会、初出日付:1972/02/04、会議録より)
民社党 (第70回国会、初出日付:1972/11/07、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院32期 ※参考情報)

第68回国会
予算委員長議会

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

和田春生[衆]在籍期 : |32期|
和田春生[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院議員(五十音順) 32期衆議院議員(選挙区順) 32期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。