青山二三 衆議院議員
41期国会発言一覧

青山二三[衆]在籍期 : 40期-|41期|-42期
青山二三[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは青山二三衆議院議員の41期(1996/10/20〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は41期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院41期)

青山二三[衆]本会議発言(全期間)
40期-|41期|-42期
第140回国会(1997/01/20〜1997/06/18)

第140回国会 衆議院本会議 第32号(1997/05/08、41期、新進党)

○青山二三君 私は、新進党を代表して、健康保険法等の一部を改正する法律案並びに自由民主党、社会民主党共同提出の同法律案に対する修正案につきまして、反対の討論を行います。(拍手)  まず初めに、このたびの同法案並びに修正案の審議に関する自民、社民両党の横暴きわまる厚生委員会の運営について断固抗議いたします。(拍手)  本改正案は、平成九年度予算関連であると同時に、医療保険構造改革の第一歩となる今国会における最重要法案の一つであることは言うまでもありません。また、介護保険法案と並んで、二十一世紀の社会保障制度全般のあり方をも大きく左右する極めて重大な法案であると認識をいたしております。さらに言えば……

青山二三[衆]本会議発言(全期間)
40期-|41期|-42期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院41期)

青山二三[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-|41期|-42期
第139回国会(1996/11/29〜1996/12/18)

第139回国会 厚生委員会 第1号(1996/12/17、41期、新進党)

○青山(二)委員 新進党の青山二三でございます。  今回の一連の不祥事は高齢化社会を控えての大変な犯罪でございまして、厚生省の信用は完全に失墜したと言えます。今回の事件で明らかになったのは、国民のための官僚ではなく、倫理観を失い私利私欲に走った驚くべき官僚の姿であります。国民の命と健康を守る厚生省は一体どこへ行ってしまったのでしょうか。  今回の一連の不祥事に対する綱紀粛正への決意をまず厚生大臣にお伺いしたいと思います。
【次の発言】 ペーパー一枚の通達で綱紀粛正ができるというようなことは絶対ございませんので、今後とも再発防止に向けて頑張っていただきたいと思います。  次に、岡光前次官は、薬害……


■ページ上部へ

第140回国会(1997/01/20〜1997/06/18)

第140回国会 厚生委員会 第4号(1997/02/28、41期、新進党)

○青山(二)委員 新進党の青山二三でございます。  厚生大臣には、大変お疲れのところ恐縮でございますが、引き続き、この委員会におきましても、ただいまのような元気いっぱいの御答弁を御期待いたしまして、質問に入らせていただきたいと思います。  公的介護保険の件でございますけれども、ドイツの介護保険制度は、十年かけて導入されました。大変な国民の議論を経て導入されたということでございます。我が国も介護の問題は緊急かつ最重要問題ととらえておりまして、私たち国民にとりましても、老後の不安は介護の問題でございます。ですから、介護の問題にかけては、時間をかけて、国民的な議論をもっともっと巻き起こして導入すべき……

第140回国会 厚生委員会 第6号(1997/03/19、41期、新進党)

○青山(二)委員 新進党の青山二三でございます。  ただいまいろいろ貴重な御意見をお聞かせいただきまして、大変ありがとうございます。私ども新進党といたしましても、高齢者の介護問題につきましてはずっと勉強してまいりました。今回介護保険が導入されるということで、果たして保険でいいものか税でいいものかという、そんな思いがいたしておりましたときに、千保市長さんのやはり税がいいんだというようなお話をお伺いしまして、大変いろいろな面で納得できる点がたくさんございます。ともかく徴収方法が大変複雑であり未納者をつくる可能性があって、全国の市町村長さんたちは第二の国保になるのではないかという心配をしている、こん……

第140回国会 厚生委員会 第13号(1997/04/08、41期、新進党)

○青山(二)委員 新進党の青山二三でございます。  本日は、五人の先生方、本当に貴重な意見をありがとうございました。  私は、簡潔に、山口先生にお尋ねをしたいと思います。  今までも議論が出ておりますように、脳死を人の死としていいのか、あるいは脳死を人の死とせずに臓器移植を行うべきだ、そういうお話がずっと続いておりまして、思い悩むところでございますが、先生のきょうのお話によりますと、そのような法律ができて摘出が可能となっても、今の日本の医学の現場では、その成功は大変難しい、一つに移植施設を絞るべきである、このようなお話でございました。  そして、その移植手術を一日千秋の思いで待っている患者さん……

第140回国会 厚生委員会 第14号(1997/04/09、41期、新進党)

○青山(二)委員 新進党の青山二三でございます。  今は、医者の立場ということで大変専門的なお話がございましたが、私は、国民を代弁して、また主婦を代弁して、ただいま上程されております健康保険法等の一部を改正する法律案について質問をさせていただきたいと思います。  二十一世紀の日本は、超高齢化社会を迎え、出生率の低下に伴い社会保障も深刻な事態にならざるを得なくなっております。当然、二十一世紀の医療保険制度は社会保障全体の改革の中で考えていくべきものでございます。問題は、どういう形の社会保障に改革するかということであろうかと思います。そして、その選択は国民自身の意思によるものでなければいけないと思……

第140回国会 厚生委員会 第22号(1997/04/30、41期、新進党)

○青山(二)委員 新進党の青山二三でございます。  早速、質問に入らせていただきます。  急速に少子・高齢化が進む中で、国民医療費が年々ふえ続け、二十七兆円にも上っております。国家予算の三分の一を超えるまでになってしまいました。これからの日本を考えましたときには、国として力を入れなければならないのは予防医学であり、病気にならないという健康対策を行う必要があると考えておりますので、今回は、予防という観点から質問をしてまいりたいと思っております。  現在、我が国の医療を見ますと、病気にさせない医療より、病気を治す医療に重点が置かれているように思います。予防医学ということが主流にはなっていないという……

第140回国会 厚生委員会 第23号(1997/05/06、41期、新進党)

○青山(二)委員 新進党の青山二三でございます。  昨年九月以降、日本にも上陸いたしました遺伝子組み換え食品についてお伺いをしたいと思います。  遺伝子組み換え作物について、厚生省は、昨年の八月、安全性に問題はないということで、大豆、ジャガイモ、トウモロコシ、菜種の四種類七品目を食品として認めました。これを受けて、遺伝子組み換えによる大豆、冷凍ポテトなど、昨年末から輸入が始まりまして、食用油やフライドポテトなど、既に商品となって出回っている現状でございます。  しかしながら、今の日本にとりまして、この遺伝子組み換え食品が本当に必要なのかどうか、まず農水省にお伺いをしたいと思います。

第140回国会 厚生委員会 第26号(1997/05/16、41期、新進党)

○青山(二)委員 新進党の青山二三でございます。  早速、質問に入らせていただきます。  ただいま国民は介護保険に対しまして大きな期待を持っております。と申しますのは、この保険ができれば望みどおりの介護が受けられる、そして介護保険証さえ持っていけば毎日でもホームヘルパーが来てくれる、そして、特別養護老人ホームにも入りたいと言えばすぐ入れてくれるというようなことを思っているからでございます。これは、厚生省の、介護サービスの自己決定、そして自己選択というPRが大変上手に行われておりまして、それを国民が信じ込んでいるからにほかならないと思うわけでございます。  しかしながら、こうして審議が進んでいく……

第140回国会 厚生委員会 第29号(1997/05/27、41期、新進党)

○青山(二)委員 本日は、大変いろいろと参考になる意見をありがとうございます。  私、連合の高島さんにお伺いをしたいと思うのでございます。  今、働くお母さんたちが大変苦労しながら子育てをしておられる、そういう姿が目の当たりに浮かんでくるわけでございますけれども、これからの少子化対策を考える上では、どうしても女性が仕事と子育てを両立できるような社会づくりが一番必要になってくるのではないかと思うわけでございます。  ゼロ歳保育、延長保育、いろいろな保育のそういう体制の確立は当然でございますけれども、もう一つ考えていただきたいのは、企業の意識改革と申しましょうか、意識の変革と申しましょうか、そうい……

第140回国会 厚生委員会 第31号(1997/05/30、41期、新進党)

○青山(二)委員 新進党の青山二三でございます。  皆様、おはようございます。きょうもよろしくお願いを申し上げます。  まず初めに、本格的な少子化対策についての大臣の決意をお聞きしたいと思います。  国立社会保障・人口問題研究所の「日本の将来推計人口」によりますと、少子・高齢化は一段と深刻になる見通しでございます。現在、合計特殊出生率は一・四二という史上最低を更新し、このまま低出生率が変わらない場合、百年間に何と人口が半減するという、そういう事態も予想されております。経済全般への影響が懸念されるところでございます。人口構造の推移はあらゆる施策の基盤でありまして、二十一世紀への社会づくりは少子・……

第140回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第3号(1997/04/17、41期、新進党)

○青山(二)委員 新進党の青山二三でございます。時間に制限がございますので、早速質問に入らせていただきます。  まず最初に、公共料金についてお尋ねをしたいと思います。  四月一日から消費税率が五%ということで引き上げられましたけれども、それに伴う五種類の公共料金の値上げが行われました。消費税のアップ分二%は軒並みに上乗せされまして、その上買い物のたびに支払う消費税もアップ、さらに二年間続きました所得税、住民税の特別減税の打ち切りなどで、家計の負担はずっしりと重くなってしまったわけでございます。  こうした公共料金の値上げたけで消費者物価が〇・二%ほど押し上げられると経済企画庁は試算しているよう……

第140回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第4号(1997/04/24、41期、新進党)

○青山(二)委員 新進党の青山二三でございます。新進党を代表いたしまして質問をしたいと思います、  きょうは、五人の参考人の皆様には、大変お忙しい中を本委員会に御出席をいただきまして、まことにありがとうございます。  昨年から、いろいろな消費者団体の皆様からこの遺伝子組み換え食品につきまして危険性を問題提起され、また要請を受けたりいたしておりまして、何とかこの問題を本委員会で取り上げてみたい、こんなことを常々考えておりましたところ、このような機会を持つことができまして、本当に心から感謝をしている次第でございます。  限られた時間でございますので、何点か、まず有馬参考人にお伺いをしたいと思います……

第140回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第5号(1997/06/10、41期、新進党)

○青山(二)委員 新進党の青山二三でございます。  きょうは、消費者保護の法整備ということについて質問をしたいと思います。  最近、クレジットカードの使い過ぎや消費者金融などからの借り入れで債務がかさみまして、多額の借金を抱えて返済ができなくなり、自己破産するケースが激増していると聞いております。各地方裁判所への申し立ては、昨年十二月では五千八百七十九件に達しまして、一カ月の申し立て件数としては過去三年間で最悪の数字となり、個人の自己破産が史上最悪のペースで激増いたしております。そして、九六年一年間の個人破産の申し立ては五万六千四百九十四件となり、前年より三〇・一%もふえて、過去最悪となってお……


■ページ上部へ

第141回国会(1997/09/29〜1997/12/12)

第141回国会 厚生委員会 第5号(1997/11/26、41期、新進党)

○青山(二)委員 新進党の青山二三でございます。  きょうは、私は、公的臍帯血バンクについてお伺いをしたいと思います。  日本人は古来よりへその緒というものを大変大切にしていると聞いております。現に産院では、新生児から取り出したへその緒を桐の箱に入れまして父兄に渡す、こんな習慣があるようでございます。大臣もそうだと思いますが、ほとんどの人が大切に桐の箱に入れたへその緒を持っている、このように認識をいたしておりますけれども、大臣はそのへその緒についてどのような御感想をお持ちでしょうか。まずその辺からお伺いしたいと思います。
【次の発言】 ただいま大臣から御答弁いただきましたように、へその緒が今、……

第141回国会 厚生委員会 第6号(1997/11/28、41期、新進党)

○青山(二)委員 私は、自由民主党、新進党、民主党、日本共産党、社会民主党・市民連合及び無所属クラブを代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。  案文を朗読して説明にかえさせていただきます。     精神保健福祉士法案に対する附帯決議(案)   政府は、次の事項につき、適切な措置を講ずべきである。  一 精神障害者の社会復帰、社会参加を推進するため、障害者プランの充実に努め、プランなどに沿った社会復帰施設等の着実な整備を図ること。  二 社会福祉士の受験資格を得るための実務経験施設に医療施設を追加することについて検討することとし、また、社会福祉士の養成カリキュラム及び実習内容につい……

第141回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第3号(1997/11/06、41期、新進党)

○青山(二)委員 新進党の青山二三でございます。  きょうは、私は、マルチ商法あるいはマルチまがい商法と言われておりますもので消費者が大変迷惑をこうむっている、多大な被害をこうむっているという点から、この商法についていろいろと質問をさせていただきたいと思っております。  本委員会は、物価問題等に関する特別委員会ということで、過去、国民に大きな被害を与えております悪徳商法問題につきまして再三再四取り上げまして、特にマルチ商法やネズミ講につきましては、その対策について集中審議とかあるいは参考人質疑を行った、そういう経緯がございます。  中でもネズミ講問題は、昭和五十三年、超党派の議員立法としてネズ……

第141回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第5号(1997/11/27、41期、新進党)

○青山(二)委員 新進党の青山二三でございます。  きょうは、三人の参考人の方々には、大変お忙しい中を当委員会にお出かけをいただきまして、今るる貴重な御意見をお伺いさせていただきまして、本当にありがとうございます。心から感謝をいたしております。  本委員会は消費者問題等に関する特別委員会ということでございますので、きょう、私は消費者の立場から、また中立的な立場からいろいろと質問をしてまいりたいと思っておりますので、どうかよろしくお願いをいたします。  そもそもこの再販制度が導入されました経緯でございますけれども、先ほど来お話がございましたように、昭和二十八年、独禁法改正のときに書籍、雑誌の再販……


■ページ上部へ

第142回国会(1998/01/12〜1998/06/18)

第142回国会 厚生委員会 第3号(1998/03/11、41期、平和・改革)

○青山(二)委員 平和・改革の青山二三でございます。  質問に入ります前に、前回私が質問いたしました、臍帯血移植に保険の適用をということで大臣にお願いいたしておりましたけれども、小泉厚生大臣の強いリーダーシップによりまして保険の適用ができることになったということでございまして、関係者が大変喜んでいるということを御報告を申し上げまして、次はいよいよ公的腰帯血バンクの設立に向けてさらに御努力いただきますようにお願いを申し上げて、質問に入らせていただきます。  まず初めに、新年度予算案についてお尋ねをしたいと思います。  平成十年度における厚生省予算は十四兆九千九百九十億円。これは一般歳出に占める割……

第142回国会 厚生委員会 第6号(1998/04/03、41期、平和・改革)

○青山(二)委員 平和・改革の青山二三でございます。  大臣におかれましては、昨日は風邪をこじらせてダウンをされたということでございましたけれども、もうおよろしいのでございましょうか。命と健康を守る厚生省の大臣として、これからもくれぐれも健康には留意をされて頑張っていただきたい、このように思う次第でございます。  それでは、早速質問に入らせていただきます。  今回提出されました国民健康保険法等の一部改正法案は、大変に財政対策色の濃いものとなっておりまして、厚生省が財政改革法の名のもとに大変苦労をされ節約に努め、四苦八苦をして予算編成に取り組んだ跡がうかがわれるわけでございます。  しかしながら……

第142回国会 厚生委員会 第8号(1998/04/14、41期、平和・改革)

○青山(二)委員 平和・改革の青山二三でございます。  本日は、五人の参考人の皆様には大変お忙しい中を私たちのためにおいでいただきまして、また、いろいろと参考になる御意見をお聞かせいただきまして、本当にありがとうございます。  今回の改正案でございますけれども、年々増加する医療費を何とか抑制しようというようなことで、病床規制をするというところが大きなポイントではなかろうかと思います。毎年一兆円も医療費がふえている。これは厚生省によりますと、病床数がふえると医療費がふえていく、このような前提のもとにいろいろと規制を加えていこうということではないかと思うのでございますけれども、ただいま、いろいろと……

第142回国会 厚生委員会 第10号(1998/04/24、41期、平和・改革)

○青山(二)委員 平和・改革の青山二三でございます。  大臣におかれましては、連日、本当にお疲れのことと思います。また、きょうは、早朝より御苦労さまでございました。  昨日来、テレビを通じてでございますけれども、大臣の行動と発言をじっと見守っておりましたが、本日、こうした結果を得ることができまして、私たちの切なる声を大臣が確信を持って行動に移していただいたものと思うわけでございます。今後とも、国民の福祉の向上や国民の幸せのためにお骨折りをいただきたい、このようにお願いをいたしたいと思います。  去る三月十一日、この委員会で要望いたしました児童扶養手当の件でございますが、未婚の母の子が認知を受け……

第142回国会 厚生委員会 第11号(1998/04/28、41期、平和・改革)

○青山(二)委員 平和・改革の青山二三でございます。  総理におかれましては、連日連夜、本当にお疲れさまでございます。  それでは早速、今回政府・与党が決めました財政構造改革法の改正案についてお伺いをしてまいりたいと思います。  ただいまも質問に出ましたけれども、財政構造改革法は、昨年暮れ、私たち野党の反対を押し切って成立させたものでございます。ところが、わずか五カ月で改正せざるを得ない状況になったわけであります。これは、政策に対する内外の信頼を大きく揺るがすものでありまして、橋本内閣の破綻を示す重大な失策であると言わざるを得ません。総理としての責任は重大であると考えますが、ただいまの御答弁を……

第142回国会 厚生委員会 第14号(1998/05/27、41期、平和・改革)

○青山(二)委員 平和・改革の青山二三でございます。早速質問に入らせていただきたいと思います。  明治三十年に制定されました伝染病予防法は、今日まで基本的に当初の形のまま百一年が経過をいたしました。その間、医学医療の進歩、そして国民の衛生意識の向上、人権の尊重などといった環境の変化に対応できないという視点から、ようやく今回の法律案、すなわち感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律案が提出されました。今までこのような状況の変化に目を閉ざして、一律に隔離を原則とした法律によってきたことは大きな問題であると言わざるを得ません。感染症対策の見直しは遅きに失した感がありますけれども、百年とい……

第142回国会 厚生委員会 第15号(1998/05/29、41期、平和・改革)

○青山(二)委員 青山二三でございます。  きょうは、大変お忙しい中を参考人の皆様には本当にありがとうございます。いろいろな貴重な御意見を拝聴することができまして、大変参考になりました。短い時間でございますので、端的に質問をさせていただきたいと思いますが、ただいま早川参考人のお話をお聞きいたしまして、本当に何か胸の熱くなる思いがいたしております。  私の知り合いの方で島田恵子さんという方がおります。この方の御主人の島田照国さんは血友病患者で、非加熱製剤によりましてHIVに感染をいたしました。島田さんは、HIV感染者を取り巻く社会環境から差別と偏見をなくしたいという強い思いから、そして家族全員が……

第142回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第3号(1998/05/15、41期、平和・改革)

○青山(二)委員 青山二三でございます。本日は、長官の所信に対する質疑ということでございまして、平和・改革を代表いたしまして質問をさせていただきます。  大臣の所信が表明されましたのは四月二日、桜の花がそろそろ咲くころかな、こういうときでございましたが、季節は変わって、青葉若葉の大変美しい季節になっております。しかしながら、日本は今や深刻な不況に陥っております。戦後最も深刻で、そして悪質であるとも言われております。  総務庁がさきに発表いたしました一九九七年度の家計調査によりますと、年平均の全世帯の月額の消費は、一世帯当たり三十三万九百八十七円になっております。これは前年度と比べて二・一%の減……


■ページ上部へ

第143回国会(1998/07/30〜1998/10/16)

第143回国会 厚生委員会 第3号(1998/09/08、41期、平和・改革)

○青山(二)委員 平和・改革の青山二三でございます。  宮下大臣におかれましては、厚生大臣御就任、本当におめでとうございます。国民の生命と健康を守る厚生省の大臣として国民の期待にこたえていただきたいと心からお願いを申し上げます。  きょうは、社会保障制度や少子化対策について質問をさせていただきますが、その前に、過日の集中豪雨で大変な災害が出ておりますので、その対策について、一、二点お伺いをしてまいりたいと思います。  先月の二十六日から東日本を襲った記録的な集中豪雨による水害から二週間余りがたちました。私の住んでおります栃木県でも、大変な被害を受けております。今、道路や電気など、寸断されたライ……

第143回国会 厚生委員会 第4号(1998/09/09、41期、平和・改革)

○青山(二)委員 平和・改革の青山二三でございます。大変短い時間でございますので、早速質問に入らせていただきますが、御答弁の方も明快に、簡潔にお願いしたいと思います。  この法案は、平成七年策定の障害者プランにおいて「「精神薄弱」用語の見直し」が明記されたことと、さらに、昨年の十二月、厚生省の身体障害者福祉審議会より出されました「今後の障害保健福祉施策の在り方について」の中間報告におきまして、「障害者は、様々な面で不利な条件下に置かれており、人権尊重の観点から、」「社会全体の取組が必要である。」との指摘から、その具体策の一つとして、このたび精神薄弱という言葉から知的障害へという用語の見直しが行……

第143回国会 厚生委員会 第5号(1998/09/16、41期、平和・改革)

○青山(二)委員 平和・改革の青山二三でございます。  法案に入ります前に、危機管理の観点からお伺いしておきたいことがございます。  去る七月、和歌山市内におきまして毒物カレー事件が起こり、その後新潟市ではアジ化ナトリウムがポットに入れられました事件、また東京都の中学生によるにせやせ薬事件、長野県の缶入りウーロン茶事件、奈良県では殺虫剤入り清涼飲料水が自動販売機の取り出し口に置かれるなど、連鎖的に毒物混入による事件が次々に起こっております。  こうした一連の毒物混入事件を受けまして、厚生省は、先日、全国の衛生担当課長らを集めた緊急会議を開いたということでございますけれども、その会議ではどのよう……

第143回国会 災害対策特別委員会 第3号(1998/09/25、41期、平和・改革)

○青山(二)委員 平和・改革の青山二三でございます。  私は栃木県内に住んでおりますけれども、比較的被害の少なかった県南の方に住んでおりますけれども、県内一帯に支持者もたくさんおりまして、被害もたくさん受けたということでございまして、こうして発言の機会をいただきました。心から感謝を申し上げて、質問をさせていただきたいと思います。  まず初めに、このたびの災害で亡くなられました方々に心から御冥福をお祈り申し上げますとともに、御遺族の方々、そして被害に遭われました方々に心からお見舞いを申し上げたいと思います。  今回の集中豪雨による災害は、先ほどもるるお話がありましたように、想像を超えたすごい災害……


■ページ上部へ

第144回国会(1998/11/27〜1998/12/14)

第144回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第3号(1998/12/09、41期、公明党・改革クラブ)

○青山(二)委員 公明党の青山二三でございます。  本日は、五人の参考人の皆様には大変お忙しい中をお越しいただきまして、ありがとうございます。  このたびの和歌山の保険金詐欺事件では、本当に多くの国民が、こうもやすやすと多額の保険金を手にすることができたのか、そして大変不思議に思いながら、また憤りを感じているのではないでしょうか。簡単に自分の知らないところで保険が掛けられて、そして殺人未遂事件まで起こす、こんなことが許されていいはずはないと私は思っております。  そこで私、過日、和歌山の、真須美容疑者が勤務しておりました日本生命の和歌山支社にお邪魔をいたしまして、いろいろとお話をお聞きいたしま……


■ページ上部へ

第145回国会(1999/01/19〜1999/08/13)

第145回国会 厚生委員会 第3号(1999/02/10、41期、公明党・改革クラブ)

○青山(二)委員 公明党の青山二三でございます。  本日は、子育て支援という観点から、短時間ではございますけれども、大臣の柔軟かつ明快な御答弁をいただきたい、このように思っております。  一九八九年に一・五七ショックという言葉が危機的に宣伝されまして、少子化の問題が一般的に社会問題として認識されるようになりまして、以来十年がたっております。その間、合計特殊出生率は下降線を描き、平成九年にはついに一・三九という過去最低にまで落ち込んでおります。こうした出生率の低下を招いている原因の一つといたしまして、子育てにかかる重い経済的な負担が指摘をされております。  児童手当制度は、児童手当法の第一条にご……

第145回国会 厚生委員会 第9号(1999/05/18、41期、公明党・改革クラブ)

○青山(二)委員 公明党の青山二三でございます。  きょうは、子供が健やかに生まれ育つための環境づくりを総合的に進めていく観点から、少子化対策について質問をしてまいりたいと思います。  これまで、我が国は、高齢者福祉に関心が集中をしておりまして、どちらかといいますと、福祉問題、児童福祉は後回しにされてきたように思われます。  急速な高齢化を迎えまして、高齢者福祉の重要性はもちろん否定できません。特に、介護、年金、高齢者医療など、目前に迫った重要な課題が山積をしている状況も理解をいたしておりますけれども、児童の福祉あるいは子育て支援にももっと目を向けるべきであると思います。  そして、最近になり……

第145回国会 厚生委員会 第10号(1999/05/19、41期、公明党・改革クラブ)

○青山(二)委員 公明党・改革クラブの青山二三でございます。  法案の質疑に入ります前に建設省さんにお聞きしたいことがございますので、よろしくお願いいたします。  急速に高齢化が進展しております今日、年をとっても、また障害を持つ身となっても、生き生きと暮らしていける、バリアフリー化された社会の実現が求められております。近年は、国や地方自治体の施策も進んできておりまして、いろいろと頑張ってはいただいておりますけれども、欧米に比べますと、高齢者や障害者への対応はまだまだ立ちおくれている感が否めません。  高齢者が住みなれた家で自立して暮らすには、危険な障害を取り除くバリアフリー化した建物が必要でご……

第145回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第2号(1999/03/04、41期、公明党・改革クラブ)

○青山(二)委員 公明党の青山二三でございます。大臣、連日連夜、本当にお疲れさまでございます。  昨年、小渕内閣は経済再生内閣として発足をされました。国民生活を守る上で極めて重要な位置を占める大臣として、また、この内閣の最大の目玉であり、また、国民が注目をしておりました堺屋大臣が就任をされ、七カ月余が過ぎたわけでございます。  この間の大臣の登壇回数は、過去の大臣と比べますと、経企庁長官としては断トツではないかと思います。大臣は大変ユニークなお考えを持っておられまして、大いに期待をしております。大変短い時間ではございますが、大臣のお考えを伺ってまいりたいと思います。  戦後最悪のマイナス成長の……

第145回国会 内閣委員会 第7号(1999/06/11、41期、公明党・改革クラブ)

○青山(二)委員 公明党・改革クラブの青山二三でございます。  男女共同参画社会基本法は、参議院におきまして、男女平等社会の実現を目指して多岐にわたりまして審議をされてまいりましたが、私は、きょうは、女性に対する暴力をなくさなければ真の男女平等社会の実現はあり得ない、そういう視点から、女性に対する暴力根絶への取り組みについて質問をしてまいりたいと思います。  女性に対する暴力につきましては、一九九三年、国連総会で、女性に対する暴力の撤廃に関する宣言が採択されましたのをきっかけに、夫や恋人から受ける暴力、すなわちドメスティックバイオレンスが注目され始めました。  我が国では、去る五月の二十七日に……


■ページ上部へ

第146回国会(1999/10/29〜1999/12/15)

第146回国会 厚生委員会 第2号(1999/11/09、41期、公明党・改革クラブ)

○青山(二)委員 公明党・改革クラブの青山二三でございます。  このたびは、丹羽厚生大臣におかれましては、大臣御就任、まことにおめでとうございます。  第二次小渕内閣が発足いたしましてもう一カ月がたちました。私ども公明党も、小渕総理の強い要請をいただきまして政権に参画することになりました。したがいまして、今回からこちらの席で質問をさせていただくということになりましたので、どうかよろしくお願いを申し上げます。  この十月五日でございますが、三党連立政権が誕生したわけでございますけれども、大臣、まず初めに、この三党連立政権に対する御意見、御感想、そして内閣の一員となりました御決意をお伺いしたいと思……

第146回国会 厚生委員会 第6号(1999/11/19、41期、公明党・改革クラブ)

○青山(二)委員 公明党・改革クラブの青山二三でございます。質問時間が大変短くなっておりますので、時間の範囲で質問をさせていただくことにいたします。  今回の改正案の中で注目されますことは、学生の納付特例の創設をしたこと、それから、育児休業中の事業主負担分の保険料の免除をしたこと、さらに、附則第二条に、平成十六年までに基礎年金について国庫負担の割合を二分の一へ引き上げることが明記されたわけでございまして、これは評価できると思っております。  しかし一方では、将来の給付水準の適正化、いわゆる引き下げでございます、また支給年齢の引き上げなどが盛り込まれておりまして、将来の年金受給者にとりましては厳……

第146回国会 厚生委員会 第7号(1999/11/24、41期、公明党・改革クラブ)

○青山(二)委員 皆様、おはようございます。公明党・改革クラブの青山二三でございます。  前回、時間の都合で質問が少々残りましたので、引き続きまして、無年金障害者問題について質問をさせていただきたいと思います。  平成六年の年金制度改正の際に、衆参両院の厚生委員会におきまして、「無年金障害者の所得保障については、福祉的措置による対応を含め速やかに検討する」との附帯決議がなされております。さらに、平成八年度から始まりました障害者プランにおきましても、「障害無年金の問題について、年金制度の在り方全体をにらみながら、年金制度の中で対応するか福祉的措置で対応するかを含め、幅広い観点から検討する。」こう……

第146回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第2号(1999/11/11、41期、公明党・改革クラブ)

○青山(二)委員 公明党の青山二三でございます。  昨年、小渕内閣が経済再生内閣として発足いたしました。戦後最悪のマイナス成長の中、日本経済の再生をかけまして努力されました堺屋大臣の御苦労は本当に大変なものと存じます。そして、十月の五日、新たに我が公明党を加えました三党連立政権が誕生いたしまして、引き続き第二次小渕内閣の一員として大臣の立場で御活躍されるわけでございますけれども、日本経済を本格的な回復軌道に乗せるとともに、二十一世紀の日本経済の発展基盤の構築に全力で取り組んでいただくことを心から期待しております。  そして、まず堺屋大臣に、三党連立政権に対する御感想と、引き続き内閣を担当される……


■ページ上部へ

第147回国会(2000/01/20〜2000/06/02)

第147回国会 決算行政監視委員会 第5号(2000/05/22、41期、公明党・改革クラブ)

○青山(二)委員 公明党・改革クラブの青山二三でございます。  まず初めに、先日、小渕前総理が御逝去されましたことに対しまして、心から御冥福をお祈り申し上げます。  小渕前総理は、景気回復を初め、日本の危機を克服されるために全力で疾走されてこられました。私は、二月の予算委員会で御質問させていただく機会がございましたので、小渕前総理に、新たな国民病とも言えるアレルギー性疾患対策について、国を挙げての取り組みをお願いいたしましたところ、前総理より、全力を挙げてアレルギー性疾患をなくす努力をしたい、このように力強い御決意をお伺いできましたことが、二カ月以上たった今でも鮮明に思い出されるわけでございま……

第147回国会 国会等の移転に関する特別委員会 第2号(2000/02/18、41期、公明党・改革クラブ)

○青山(二)委員 公明党・改革クラブの青山二三でございます。  森会長初め審議会の皆様には、三年間にわたる長い年月、本当に御苦労さまでございました。心から感謝を申し上げる次第でございます。  この移転候補地につきましては、一九九五年の審議会の前身に当たる国会移転調査会の報告書に基づきまして十地域が選考されまして、審議会ではその十地域の中から一つを選ぶということになっておりまして、大変難しい作業であったことと思います。結局、栃木・福島、岐阜・愛知、三重・畿央という三つのブロックがバランスよく選ばれる結果となったわけでございます。  これは、移転に最適な候補地を選定するという審議会の趣旨から離れた……

第147回国会 予算委員会 第14号(2000/02/29、41期、公明党・改革クラブ)

○青山(二)委員 公明党・改革クラブの青山二三でございます。  小渕総理に質問させていただきますのは初めてでございますので、特に、我が党で力を入れて取り組んでおりますアレルギー性疾患対策について質問してまいりたいと思いますが、私も十分という短い質問時間でございますので、御答弁の方は簡潔かつ明快にお願いしたいと思います。  近年、アトピー性皮膚炎や気管支炎、花粉症、じんま疹など、現代の難病とも言えますアレルギー性疾患に悩んでおります患者が年々増加の一途をたどっております。今や、国民の三分の一、三人に一人が何らかの症状に悩まされているというのが現状でございます。  こうしたアレルギー増加の原因には……


青山二三[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-|41期|-42期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院41期)

青山二三[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-|41期|-42期
第140回国会(1997/01/20〜1997/06/18)

第140回国会 消費者問題等に関する特別委員会遺伝子組換え食品の表示問題等に関する小委員会 第1号(1997/07/17、41期、新進党)

○青山(二)小委員 新進党の青山二三でございます。  それでは、ケント・ネルソンさんと日本モンサントの山根さんにお伺いしたいと思います。  今、ヨーロッパの表示の問題が出てまいりましたけれども、例えばオーストラリアとニュージーランドでは、組み換え食品は原則禁止というようなことで輸入禁止の動きが出ておりますけれども、アメリカとしては、ヨーロッパとかオーストラリア、ニュージーランドなどで輸入禁止の動きになりますとそういう組み換え食品が日本にどっと来るのではないか、こんな心配をするわけでございますけれども、いかがでしょうか。  それからもう一点は、日本の消費者の中には、どうしても組み換え食品は食べた……

第140回国会 消費者問題等に関する特別委員会遺伝子組換え食品の表示問題等に関する小委員会 第2号(1997/07/24、41期、新進党)

○青山(二)小委員 新進党の青山二三でございます。  それでは、浜島さんと石黒さんにお伺いしたいわけでございますが、先ほどのお話の中で、遺伝子組み換え食品によって農業が安定する、安定供給ができる、このようなお話がございました。また、石黒さんは農学博士という肩書がおありのようでございますから、そういう観点で、日本の農業についてこの遺伝子組み換え食品とどのようなかかわりがあるのかということでお聞きしたいのでございます。  今まで農作物というと、農家の方がつくって私たちがそれを食べるというようなことで進められてきましたけれども、遺伝子組み換え作物ができるようになりまして、何か農業政策というよりも企業……

第140回国会 消費者問題等に関する特別委員会遺伝子組換え食品の表示問題等に関する小委員会 第3号(1997/08/21、41期、新進党)

○青山(二)小委員 新進党の青山二三でございます。きょうはいろいろと参考になる意見を聞かせていただきまして、ありがとうございました。  今消費者がここまで大きく騒いでいるというその理由の一つに、厚生省が消費者に何にも知らせずに遺伝子組み換えのそういういろいろなものを輸入した、そして知らぬうちに出回って、もう食べているかもしれない、こういう不安だと思うんですね。ですから、表示をしてほしいというその願いは当然のことだと思うのです。  ただいまいろいろお話を聞かせていただいた中で、いろいろな売り場の中の製品は三分の一はもう既に入ってしまうのではないか、そういうことで、もうこれはどんなに食べたくないと……

第140回国会 消費者問題等に関する特別委員会遺伝子組換え食品の表示問題等に関する小委員会 第4号(1997/09/04、41期、新進党)

○青山(二)小委員 新進党の青山二三でございます。  先生には、二度までこちらの国会の方に足をお運びいただきまして、本当にありがとうございます。  いろいろなお話をお聞きしたわけでございますけれども、食べ物というのは本当に人が生きていく上に大切なものでございまして、健康になるのも、また健康を害するのも口から入れるものであるということを考えますときに、本当に、特に主婦、女性の主婦はいろいろとこれからもしっかりと食べ物に関しましては関心を持って勉強していかなければならないということを常々思っているわけでございます。  それで、一九八八年から一九八九年にかけまして、健康食品のトリプトファンですか、昭……


■ページ上部へ

第142回国会(1998/01/12〜1998/06/18)

第142回国会 消費者問題等に関する特別委員会遺伝子組換え食品の表示問題等に関する小委員会 第1号(1998/06/03、41期、平和・改革)

○青山(二)小委員 この委員会がこの日に行われるということはわかっておりましたし、十分報告を前もってペーパーなり何かでお知らせいただけるような日程を、あえて皆さんと協議してこの日を決めたわけでございます。何かペーパーのようなものをいただきたいと要求をさせていただきましたけれども、当日お話しする、それ一点張りでございまして、大変不親切と言おうか、私たちがこうやって大切な時間をとって、ましていろいろな方に傍聴いただいて審議をするということにおいて、資料もなく、その場で聞いて、耳というのはすぐ通り過ぎていくものですから、間違いがあっても困るわけですよ。そういうことで何か欲しいということで要求しました……

第142回国会 予算委員会第三分科会 第1号(1998/03/19、41期、平和・改革)

○青山(二)分科員 青山二三でございます。  大臣には、連日連夜、本当に御苦労さまでございます。私もきょうは教育問題について質問をさせていただきます。  もう既に何度も質問が出たかとは思いますけれども、去る一月二十八日、栃木県の黒磯市の中学校で、女性教師が一年生の男子生徒に刃物で刺されて死亡するという、大変痛ましい事件が起こりました。実は、私も栃木県民でございまして、それまでは、どこにあるのか栃木県と言われるほど目立たなかった栃木県が、一躍有名になってしまったほど、ショッキングな出来事でございました。  その後も、このナイフを使った事件が全国で続発いたしております。八カ月前の昨年五月には、神戸……


■ページ上部へ

第143回国会(1998/07/30〜1998/10/16)

第143回国会 消費者問題等に関する特別委員会遺伝子組換え食品の表示問題等に関する小委員会 第1号(1998/10/15、41期、平和・改革)

○青山(二)小委員 御答弁に対しまして申し上げたいのでございますけれども、これだけ多くの国民が本当に遺伝子組み換え食品には表示をしてほしい、そう願っているその大きな理由がやはり安全なのだろうかということなんですね。今は企業が、数週間ネズミにそういう遺伝子組み換え食品を食べさせて、ああ、これは安全だと企業がその安全を確認している、ここがやはり心配なんですね。それから、今お話のあった慢性毒性、長い間こういうものを食べ続けて本当に安全なのだろうか、こういうところが一番大きな消費者の皆さんが心配しているところなんですよ。そのあたりをやはりしっかりと厚生省は確認しておいていただきたいと思います。  とこ……


■ページ上部へ

第145回国会(1999/01/19〜1999/08/13)

第145回国会 消費者問題等に関する特別委員会遺伝子組換え食品の表示問題等に関する小委員会 第1号(1999/08/03、41期、公明党・改革クラブ)

○青山(二)小委員 公明党の青山二三でございます。  きょうは、懇談会の御努力に対しまして感謝申し上げますけれども、表示以前の問題として最初にお伺いしておきたいことがございます。  これは、過日七月三十日の朝日新聞、それから三十一日の日本農業新聞などにも出ておりまして、大変私もショックを受けているわけですけれども、市民団体の皆さんが独自の調査によりまして、国内で流通しているコーンスナック菓子から厚生省が安全確認していない遺伝子組み換え品種が検出されたという新聞発表がございました。この事実関係についてお伺いしたいことと、こういう件について農水省の御見解はいかがなものかということでお伺いしたい。 ……

第145回国会 予算委員会第五分科会 第1号(1999/02/17、41期、公明党・改革クラブ)

○青山(二)分科員 公明党・改革クラブの青山二三でございます。きょうは、野積みにされております廃タイヤの諸問題についてお伺いをしてまいりたいと思います。  本年の一月二日、栃木県の佐野市の山林に野積みされておりました約二十万本の廃タイヤに火がつきまして、一週間近くも燃え続けた事件がございました。佐野市は、私が住んでおります足利市に隣接をしておりまして、付近には煙と悪臭が立ち込めまして、国道二百九十三号線の越床トンネルが一時通行どめになるなど、環境や交通に大きな被害を与えました。さらに、今回の大規模な火災は、鎮火後も、有害物質の流出や水への影響など、地域住民に大きな不安を与えております。近隣住民……


■ページ上部へ

第146回国会(1999/10/29〜1999/12/15)

第146回国会 消費者問題等に関する特別委員会遺伝子組換え食品の表示問題等に関する小委員会 第1号(1999/12/14、41期、公明党・改革クラブ)

○青山(二)小委員 私は、きょうのこの小委員会ではここが一番大きな問題点になると思っておりました。案の定、たくさんの委員からお話が出ておりましたけれども、私は、この部分は、こういう言い方は申しわけないのですけれども、故意に企業へ抜け道をつくったんじゃないか。私たちは前委員会では、五%だと、五%でも多いな、そういう実感を持っておりまして、できるならEUに近いパーセントにしてほしい、そんな気持ちでおりましたけれども、上限を示さなかったということは大変大きな問題だと思います。  例えば、五%を少し超えて六%ぐらいなら許されるかなという範囲だと思うのですけれども、一〇%から二〇%入っていたときはどのよ……


■ページ上部へ

第147回国会(2000/01/20〜2000/06/02)

第147回国会 決算行政監視委員会第二分科会 第1号(2000/04/20、41期、公明党・改革クラブ)

○青山(二)分科員 公明党・改革クラブの青山二三でございます。  少子高齢化が急速に進展していることに加えまして、国の一般歳出に占める社会保障費の割合もだんだんふえ続けておりまして、厚生省も予算編成には大変御苦労されていることと思います。  その中で、本年度予算につきましては、今回審査の対象となっております平成八年度、九年度と比べてみますと、優先順位の低かった政策課題に光が当てられております。  そこで、さらに生活者に優しい政治、安心社会の構築のために予算を配分していただきたい、そんな思いで、きょうは質問してまいりたいと思います。  きょう質問させていただきますのは、アレルギー性疾患対策につい……

第147回国会 予算委員会公聴会 第1号(2000/02/24、41期、公明党・改革クラブ)

○青山(二)委員 公明党・改革クラブの青山二三でございます。  本日は、公述人の皆様には、大変お忙しい中をお出かけいただきましていろいろと貴重な御意見をお聞かせいただきまして、本当にありがとうございます。  私の与えられました時間も十分という短い時間でございますので、金森先生に限って質問をさせていただきたいと思います。  金森先生には、これまでに、「経済成長の話」とか「日本経済をどう見るか」「経済を見る目」など、数多くの経済関係の本をお書きになっておられまして、日本経済が抱える諸問題を明確に論じておられます。  平成八年に先生のお書きになりました「新入門日本経済」という本の中では、日本経済の課……

第147回国会 予算委員会第五分科会 第2号(2000/02/28、41期、公明党・改革クラブ)

○青山(二)分科員 公明党・改革クラブの青山二三でございます。  私の住んでおります栃木県で、このたび大変不名誉な、国際的にもひんしゅくを買うような、大変な事件が起こりましたので、きょうは、日本の産業廃棄物の適正処理への取り組みにつきまして、順次お伺いをしてまいりたいと思います。  昨年、フィリピンに輸出されましたコンテナから医療廃棄物が見つかりまして、本年一月十一日、日本に送り返されてまいりました。この廃棄物は、有害廃棄物の国境を越える移動や処分を規制するバーゼル条約に明らかに違反するものでございまして、国際的にも本当に不名誉きわまりないごみの強制送還となったわけでございまして、栃木県に住ん……

第147回国会 予算委員会第六分科会 第1号(2000/02/25、41期、公明党・改革クラブ)【議会役職】

○青山(二)主査代理 これにて石井郁子さんの質疑は終了いたしました。  次に、島聡君。
【次の発言】 これにて島聡君の質疑は終了いたしました。  次回は、来る二十八日月曜日午前十時から開会し、通商産業省所管及び総理府所管中経済企画庁について審査することとし、本日は、これにて散会いたします。     午後六時九分散会

第147回国会 予算委員会第六分科会 第2号(2000/02/28、41期、公明党・改革クラブ)【議会役職】

○青山(二)主査代理 これにて末松義規君の質疑は終了いたしました。  次に、大森猛君。
【次の発言】 これにて大森猛君の質疑は終了いたしました。  午後一時から再開することとし、この際、休憩いたします。     午後零時二分休憩
【次の発言】 休憩前に引き続き会議を開きます。  主査が所用のため、その指名により、私が主査の職務を行います。  通商産業省所管について質疑を行います。小沢鋭仁君。



青山二三[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-|41期|-42期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

青山二三[衆]在籍期 : 40期-|41期|-42期
青山二三[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 41期在籍の他の議員はこちら→41期衆議院議員(五十音順) 41期衆議院議員(選挙区順) 41期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。