柴山昌彦 衆議院議員
45期国会発言一覧

柴山昌彦[衆]在籍期 : 43期-44期-|45期|-46期-47期-48期
柴山昌彦[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは柴山昌彦衆議院議員の45期(2009/08/30〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は45期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院45期)

柴山昌彦[衆]本会議発言(全期間)
43期-44期-|45期|-46期-47期-48期
第174回国会(2010/01/18〜2010/06/16)

第174回国会 衆議院本会議 第19号(2010/04/06、45期、自由民主党・改革クラブ)

○柴山昌彦君 高木議員に対してお答えを申し上げます。  まず、事務次官についてですが、平井議員の質問に対してお答えしたとおり、従来、実質的な省のトップであった事務次官ポストは、真の政治主導の実現のために、廃止するべきものといたしました。  確かに、公務員の士気を高めること、政策の効率性や専門性を高めること、これらはいずれも重要な課題です。しかし、これらは、事務次官ポストを初め旧来の体制を維持することによって達成されるものではなく、むしろ、優秀な若手や民間人を抜てき登用したり、頑張った人により大きなチャンスが大胆に与えられるような組織をつくることによってこそ達成されると考えます。  また、例えば……


■ページ上部へ

第180回国会(2012/01/24〜2012/09/08)

第180回国会 衆議院本会議 第22号(2012/05/29、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山昌彦君 私からは、今後の原子力規制の根幹を担う人材の育成、養成、訓練等についてお答えいたします。  原子力利用に関する国際的な動向に精通するとともに高い専門知識を有する優秀かつ意欲的な人材を養成し、継続的に確保することは、原子力規制の質的向上を図る上で、極めて重要であると認識しております。そのためには、政権の思惑や、経済、エネルギー政策や与党の政治圧力などから完全に独立し、原子力の安全性に対し科学的、客観的に責任を持つ体制として、原子力規制組織を構成する必要があります。  諸外国では、アメリカNRC、フランスASN、イギリスONRなど、いずれも独立組織であり、許認可や検査をみずから行い得……

柴山昌彦[衆]本会議発言(全期間)
43期-44期-|45期|-46期-47期-48期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院45期)

柴山昌彦[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-44期-|45期|-46期-47期-48期
第173回国会(2009/10/26〜2009/12/04)

第173回国会 予算委員会 第3号(2009/11/04、45期、自由民主党・改革クラブ)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  この財政難の折、十一月二日の報道によれば、総理が平成二十年に株を売って得た七千二百二十六万円余りもの所得を申告していないことが判明したということです。また、連日報道されている総理の献金問題についても、税法違反があるのではないかという疑問が出されています。  そもそも民主党は、企業・団体からの献金を禁止する方向を打ち出していますが、そうしたものを禁止しても、個人からの献金があったかのように巨額にわたって偽装することを認めれば、政治資金の適正化、透明化は図れません。また、結局は、企業・団体献金隠しに利用されるおそれもあります。  総理、この問題は重大です。……


■ページ上部へ

第174回国会(2010/01/18〜2010/06/16)

第174回国会 決算行政監視委員会 第3号(2010/05/11、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党、ネクスト・ジャパン無駄撲滅副担当の柴山昌彦です。  菅大臣にお伺いします。  私は、ことし一月二十一日に、予算委員会で、民主党の議員の方々が壮絶なやじを飛ばす中、プライマリーバランスについてお伺いしました。あのとき大臣は、プライマリーバランスを軽視するわけではないが、歳出の中身あるいは成長戦略、そういうものを組み立てる中から、ことしの五月、六月には中期財政フレームを出していただくことになっているので、その中で財政再建の道筋も打ち出していきたい、そう答弁されました。間違いありませんね。
【次の発言】 答弁は簡潔にお願いします。  複数の報道で、四月二十八日に財務省が民主党……

第174回国会 消費者問題に関する特別委員会 第3号(2010/03/25、45期、自由民主党・改革クラブ)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  大臣に、一般論としてお伺いしたいんですけれども、消費者被害などの企業不祥事が発生した場合に当該企業がしなければいけないこと、これは一体何だとお考えですか。
【次の発言】 刑事手続に任せ切ることない原因の究明、それから消費者への説明、そして、当然のことながら、再発防止ということではないかと思います。私も大臣と全く同じ意見であります。  ところで、今、与党にそれができているんでしょうか。鳩山総理や小沢幹事長の政治資金問題あるいは北教組の違法献金問題など、国民の大半が原因の究明また国民への説明が不十分と感じています。  大臣は、率直に言って、今の与党がこうし……

第174回国会 内閣委員会 第5号(2010/04/09、45期、自由民主党・改革クラブ)

○柴山議員 刑事罰新設のねらいについてでございます。  鳩山内閣発足以降、先ほど少しお話がありましたいわゆる裏下り、すなわち、表向きは、確かに役所はあっせんしていないですとかOBがあっせんしたんだというように言いながら、実は、事実上役所があっせんしているような事例がまだまだ横行しているという認識であります。  例えば、昨年の十一月、日本損害保険協会副会長のポストに財務省OBの後任として元国税庁の長官が就任をされました。このポストは代々、財務省OBの就任する、先ほど御議論があったいわゆる固定天下りポストでありましたけれども、鳩山内閣はOBのあっせんによるものとして容認をしたわけであります。  し……

第174回国会 内閣委員会 第6号(2010/04/14、45期、自由民主党・改革クラブ)

○柴山議員 小泉議員にお答えいたします。  今御指摘があったように、横異動については、仙谷大臣の見解ですと、ポストの横滑りあるいは民間出向、それから早期勧奨退職、この三つというような御指摘がありました。  まず、最初のポストのつけかえ、横異動ということは、これはとりもなおさず、給与を維持したままで、例えば局長ポストの人が名誉職ということで移転をするということで、まさに人件費の削減には一切役立たない、そういう話となるかと思います。  民間への出向、これは、明確な基準を設けた上で行うのであれば、官民人事交流として行う余地があるかなというように思います。  そして、まさに議員御指摘の早期勧奨退職、こ……

第174回国会 内閣委員会 第7号(2010/04/16、45期、自由民主党・改革クラブ)

○柴山議員 赤澤議員にお答えいたします。  今委員が問題意識を示されたように、そもそも立案のプロセスも、また担当政務三役がだれかも知らずに、国民から見ると、どういう問題点があって、だれが、立案過程でどのように結論を出したのかということが全く見えない、そういう状況だと感じております。  少なくとも、前政権、自公政権のときには、このような重要な法案を立案するときには、今御指摘のあったようなブラックボックスに陥ることがなるべくないように、国民に見える形で多くの方々の意見を聞いて、取り入れながら行っていくことが当然だったと思います。  例えば、今回の国家公務員制度改革基本法の立案に至るまでは、公務員制……

第174回国会 内閣委員会 第8号(2010/04/21、45期、自由民主党・改革クラブ)

○柴山議員 長島議員にお答えいたします。  長島議員から、今、なぜ内閣人事局に対して機能移管をしなければいけないかというお話がございました。  そもそも、先ほど来お話に出ております国家公務員制度改革基本法の中では、与野党合意のもとで、当該基本法施行後一年以内をめどとして措置を講じるということが定めてあります。そして、その内容としては、総務省、人事院その他の国の行政機関が国家公務員の人事行政に関して担っている機能について内閣官房に移管するということを定めておりまして、そしてその内閣官房に内閣人事局を設置するというように、明確に定めているわけであります。  そして、なぜそのようなことが必要かといえ……

第174回国会 内閣委員会 第10号(2010/04/23、45期、自由民主党・改革クラブ)

○柴山議員 お答えいたします。  分限免職時の再就職あっせんを行わないことの代替措置についてのお尋ねですが、民間企業ならば、整理解雇を回避するために、まず、判例上もこれは言われていることですが、役員報酬の削減などの努力を行うべきだというように考えられております。政府においても、まず、役員報酬の削減に相当する幹部職員給与改革を初めとした給与制度の抜本改革などに取り組むことが筋だというようには考えております。  その上で、やむを得ず整理解雇に相当する分限免職を行わざるを得ないという場合には、これも何度か答弁を申し上げているとおり、外部の、民間のアウトプレースメント会社の活用ですとか、また、大規模な……

第174回国会 内閣委員会 第12号(2010/05/12、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山議員 小泉議員にお答えいたします。  あのときに私が指摘をさせていただいたとおり、この、今回提示をされている高位のスタッフ職は、まさしく横異動、そして人件費の抑制に役立たない政策、そのとおりだというように認識をしております。

第174回国会 法務委員会 第3号(2010/03/09、45期、自由民主党・改革クラブ)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  本日は、まず検察捜査の公正性について伺います。  民主党石川知裕議員が政治資金規正法上の虚偽記載罪で起訴されたにもかかわらず、小沢幹事長は不起訴となっております。この理由につきまして東京地検はどのように説明しているのか、改めて伺います。事実関係の確認なので、当局に伺います。
【次の発言】 石川元秘書の行為を通じて虚偽記載罪を実行する意思、これが認められなかった、共謀を認定するに足る証拠が不十分だったというようなお答えであったのでしょうか。  共謀を認定するに足る証拠が不十分というのは、一体どういうことなんでしょうか。小沢氏は、当時の石川秘書が勝手にやっ……

第174回国会 法務委員会 第4号(2010/03/12、45期、自由民主党・改革クラブ)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  まず、千葉大臣にお伺いします。  大臣は、法曹人口の拡大についてどのような方針、御意見をお持ちでしょうか。
【次の発言】 なるべく御答弁は簡潔にお願いしたいと思います。  拡大の方向性というものは間違っていないというような御発言だったかと思います。  もちろん、今回の法案で取り上げる裁判官の定員をどうするかということは、裁判官とともに仕事をする検事や弁護士の定員をどうするかということに密接にかかわってくるわけです。  しかしながら、おととい三月十日、異例の再投票で、日本弁護士連合会会長に、法曹人口拡大の政府目標に正面から異論を唱えておられます宇都宮健児……

第174回国会 法務委員会 第8号(2010/04/20、45期、自由民主党・改革クラブ)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  まず、質問に先立ってお伺いしたいんですけれども、報道によりますと、民主党小沢幹事長の政治資金規正法違反に関する検察審査会の議決がきょう、あすじゅうにも出るのではないかということが言われておりますけれども、この検察審査会の議決におきまして、不起訴不当あるいは起訴相当の結論だった場合に、その結論というものは尊重されるんでしょうか。法務大臣にお伺いします。
【次の発言】 検察審査会の議決の効力に関しては改正も行われているところでもあります。しっかりと一般の方々の気持ちが刑事処分に反映されるようにという改正でございます。ぜひとも、検察当局あるいは法務省におかれ……

第174回国会 法務委員会 第13号(2010/05/21、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  法案質問に先立って、どうしてもお伺いしたいことがあります。  まず、前回の四月二十日のこの委員会での私の質疑に関することで一つお伺いします。  鳩山総理の公設秘書だった勝場啓二氏の判決公判を翌々日に控えた中で、私は、「鳩山総理が、以前おっしゃっていたように、最終処分が出た後に、検察庁に提出されている資料をしっかりと説明をする、あるいは国会の場に提出をするということがなされなかった場合に、それをするように閣僚として説得するかどうか」ということを質問させていただきました。  それに対する千葉大臣の御答弁は、「この間の総理の説明あるいは国会での答弁等を含めて……

第174回国会 予算委員会 第2号(2010/01/21、45期、自由民主党・改革クラブ)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  今回の二次補正予算において、実に九兆三千四百二十億円の公債の追加発行をすることとされています。それにより、平成二十一年度の公債発行額は五十三兆四千五百五十億円となり、公債依存度は実に五二・二%となるわけです。  無論、緊急の景気対策は必要です。しかし、現政権は、一度麻生内閣の緊急経済対策のための補正予算を一部執行停止した上でこの予算を組みました。この是非については後ほど同僚議員から質問していただくとして、私からは一点だけお伺いします。  これまで、自公政権では、プライマリーバランス、すなわち、一般会計における国債発行収入を差し引いた歳入と国債費を差し引……


■ページ上部へ

第175回国会(2010/07/30〜2010/08/06)

第175回国会 予算委員会 第1号(2010/08/02、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  まず、国民の安心の基礎となる法務行政についてお伺いします。  その前に、総理、今回の参議院選挙において議席を得られなかった千葉法務大臣を、引き続きその職にとどめておられることの理由を端的にお聞かせください。
【次の発言】 適任とおっしゃいましたけれども、今回の金賢姫元死刑囚の入国許可、これについては選挙後の話ですし、また、あした同僚議員から詳しく質問があると思いますが、さまざまな批判があります。そして、例えば、かつて拉致実行犯の辛光洙氏の釈放要望書に署名したり、在日外国人の地方参政権について大臣在任中にこれを支持する集会に祝電を送ったりする等々、法務大……


■ページ上部へ

第176回国会(2010/10/01〜2010/12/03)

第176回国会 法務委員会 第2号(2010/10/22、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  大臣に伺います。  今回の中国漁船衝突事故の船長釈放について、行政上の最終責任者はだれだとお考えですか。
【次の発言】 検察当局とおっしゃいながら、今大臣がおっしゃったように、指揮権を発動しなかったということで法務大臣の判断が介在した、そういう御答弁だったと理解をしております。指揮権を発動する必要はないというように、法務大臣は御報告を受けた後にそう判断をされたわけでございます。  ちなみに、何か修正があるんだったらお答えください。
【次の発言】 指揮権を発動する機会を与えられて、指揮権を発動しないという判断を大臣が行ったという理解だと私は受けとめており……

第176回国会 予算委員会 第9号(2010/11/15、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  馬淵大臣に、今回のビデオ流出問題についてお尋ねをいたします。先ほどのパネルを使わせていただきます。  大臣、馬淵大臣は、先ほどお話がありましたように、十月の十八日に、その指示において、映像管理について保管管理者を定めることということで各部局に対してお話をされています。既にこのビデオの情報の管理の重要性が議論をされているときに、この指示で十分だったとお考えだったのでしょうか。
【次の発言】 実は私は、この十一、十二両日に、実際に石垣島に飛んで、石垣海上保安部にヒアリング、聞き取り調査を行ってまいりました。今大臣の口からは、海上保安庁セキュリティーポリシー……


■ページ上部へ

第177回国会(2011/01/24〜2011/08/31)

第177回国会 法務委員会 第4号(2011/03/30、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  法案については後でお伺いします。  まず、きのうの報道によりますと、福島地検において、いわき支部が、逮捕、送検されていた容疑者を、東日本大震災の発生後、十数人釈放していたということであります。また、けさの報道ですと、十一日から十六日に、この福島地検、郡山、いわきの二支部を含めて、容疑者計三十一人が処分保留で釈放されていた。また、仙台地検でも、十二日から十六日にかけて、勾留中の容疑者二十七人を処分保留や起訴猶予で釈放したというように発表されているんですけれども、大臣、これは事実ですか。
【次の発言】 これはどういう根拠で釈放されたんでしょうか。超法規的な……

第177回国会 法務委員会 第11号(2011/05/17、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  昨日付で、中村明福島地検検事正を交代させるという人事が発表されました。これは、私が三月三十日に質問させていただいた、東日本大震災後、同地検が勾留中の容疑者を処分保留で釈放したことを問題とした更迭処分でしょうか。
【次の発言】 率直な御答弁、ありがとうございました。  続いて伺います。  釈放された被疑者については、その後、身柄の所在の把握や、捜査は進んでいるんでしょうか。
【次の発言】 とにかく、被災されている住民の方々に生じる不安というものをぜひ払拭していただきたいと思います。三十一名の方々の中には、私が前回のこの質疑で申し上げたように、住所不定の方……

第177回国会 法務委員会 第15号(2011/05/31、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  今も少し出ましたけれども、今回の、コンピューターウイルス作成段階で処罰可能とする法案は、私たちが前政権で治安確保のため必要だと考えて一体として提出した法案のうち、組織的な犯罪の共謀を処罰可能とする部分を落としたものです。  ともに、現行法の処罰範囲を、実害発生以前の行為という点で拡大することを内容としながらも、国会で承認した条約に基づく法整備であって、一方の共謀罪はあれだけ強硬に反対だとしておきまして、一方のコンピューターウイルス作成罪は結構ですという方針に、民主党との調整はきちんと済んでいるんでしょうか。

第177回国会 法務委員会 第16号(2011/06/15、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  今回、私たち自由民主党の第三次提言におきまして、相続の承認または放棄をすべき熟慮期間を延長してほしいという要望を出していたところでしたので、こうして対応していただいたことには率直に感謝を申し上げたいと思います。  ただ、先ほどもお話がございましたとおり、私どもの提言は五月中に既にされておりますので、時間的に大変時間がかかり過ぎているんじゃないかなということには不満を申し上げたいと思います。  さらに、幾つか伺いたい点がございます。  まず、今回の大震災で多数の相続が発生してしまって、その相続人の救済のために一律の熟慮期間延長処理をする必要性があることは……

第177回国会 予算委員会 第3号(2011/02/01、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  ぜひ御答弁は簡潔にお願いをしたいと思います。  民主党の小沢元代表ですけれども、きのうの強制起訴の手続を受けて、総理は、けさ、我が党の石原議員が今後の対応を質問した際に、基本的な方針として、国会での説明を求めると述べられました。しかし、期限も見通しもない方針は方針とは言いません。一体いつ国会での説明を実現させるおつもりなんでしょうか。
【次の発言】 問いに答えてくださっていないんですけれども、その手続はいつまでに終わるんでしょうか。
【次の発言】 一つの指標があります。折しも、小沢氏の秘書だった石川知裕議員の初公判が今度の二月七日に予定されています。そ……

第177回国会 予算委員会 第10号(2011/02/10、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  まず冒頭、枝野長官、今、平沢議員の質問にも触れられていましたけれども、革マル派との関係が政府の答弁書で指摘されたJR総連及びJR東労組からの献金について、今月一日、長官は、今後は、献金等の申し出について、李下に冠を正さずということでお断りするとおっしゃいました。  では、既に受け取られた七百九十四万円の献金を返すおつもりがあるのですか、ないのですか、明確にお答えください。
【次の発言】 問題のある団体からの受領でございます。ぜひ返還を検討していただきたいと思います。  さて、今月一日、私は、民主党の小沢元代表がかつて代表を務めておられた自由党の政党交付……

第177回国会 予算委員会 第15号(2011/02/21、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  きょうは、政治と金の問題の集中質疑ということになっています。  菅総理にまず伺います。  集中質疑ということなんですけれども、超党派の議員で、予算委員会とは別に、政治倫理を扱う中継入りの委員会を開催して、そこに証人や参考人を呼べるということを提言しているんですけれども、こうした考えについて総理はどのようにお感じでしょうか。
【次の発言】 ぜひ御検討いただきたいと思います。  続きまして、菅総理に伺います。  政治資金規正法違反で起訴されて、二月七日に初公判が開かれた石川知裕元民主党所属議員について、私は議員辞職を勧告せざるを得ないと考えますが、あなたは……


■ページ上部へ

第179回国会(2011/10/20〜2011/12/09)

第179回国会 法務委員会 第2号(2011/10/25、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 柴山昌彦です。  このたび、自由民主党、影の法務大臣を拝命しましたので、平岡大臣とはさまざまな議論をさせていただくことになろうかと思います。どうぞよろしくお願いいたします。  まず、米軍再編に絡み、大臣の政治姿勢についてお伺いします。  今の政権が厚木基地からの空母艦載機五十九機の御地元岩国基地への移設を進めている理由は何でしょうか。
【次の発言】 余り違いはないけれども、どちらかというとと。負担の違いということで岩国基地への移設を進めているというような御説明だったかと思います。  それで、ことし九月二十七日の衆議院予算委員会における我が党河井議員の質問に対して、大臣はこの件につい……

第179回国会 法務委員会 第3号(2011/12/02、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党、影の法務大臣の柴山昌彦でございます。  大臣に、先ほど大口理事から質問のあった大王製紙、オリンパス問題について、関連でお聞きしたいと思います。  この問題は、私ども自由民主党も、法務部会、財務金融部会、経済産業部会、合同で調査をしておりまして、この後も十一時から、私ども会議をすることとなっております。  先ほど大口理事から、企業はだれのものかという極めて重要な問題提起がありまして、これについて大臣が言いよどんだことは、わからなくはありません、いろいろな考え方はあると思います。しかし、極めて基本的、かつ古典的な疑問であって、先ほどおっしゃったように、所有について解釈すれば……


■ページ上部へ

第180回国会(2012/01/24〜2012/09/08)

第180回国会 環境委員会 第4号(2012/06/05、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山議員 ありがとうございます。  今、山花委員から御指摘になられているように、国会が閉会中ですとか、あるいは解散されている等の理由によりまして国会の同意を行うことができないという場合については、これは暫定的に政府の方で指名をするという規定がございます。  それで、国会開会中について、これまでも、国会の同意を得られずに、国会がいろいろ空転して、記憶に新しいところですと、日銀の総裁の同意人事で再三にわたりまして民主党の大反対によってポストがずっと決まらなかったということもありますけれども、また、そういう事実を踏まえて検討しなくてはいけないということはありますけれども、ただ、あのときと違って、や……

第180回国会 環境委員会 第5号(2012/06/08、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  参考人の皆様におかれましては、きょうは本当に御多用の中、ありがとうございました。  今御質問があったところと関係をいたしますけれども、民間事故調の報告書の中には、菅総理の緊急時の現場介入について非常に批判をされております。  「官邸による現場のアクシデント・マネジメントへの介入が事故対応として有効だった事例は少なく、ほとんどの場合、全く影響を与えていないか、無用な混乱やストレスにより状況を悪化させるリスクを高めていたものと考える。」「政府のトップが原子力災害の現場対応に介入することに伴うリスクについては、今回の福島原発事故の重い教訓として共有されるべき……

第180回国会 法務委員会 第3号(2012/03/16、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党、影の法務大臣柴山昌彦です。  今の河井委員からの広島刑務所についての質問に関連して続けさせていただきます。  大臣は、所信表明の冒頭で、今の広島刑務所の受刑者逃走事件について、心よりおわび申し上げますと謝罪された上、原因の究明に努めるとともに、講じるべきと認められた再発防止策については既に講じてきたところですが、今後とも、このような事件の絶無を期すべく、取り組みを進めてまいる所存ですと高らかに宣言されました。三月二日、わずか二週間前です。しかし、一昨日、十四日午後、愛媛県松山市の少年院にて、十五歳の少年が逃走する事件が発生してしまいました。  大臣、再発防止は、同じ矯正……

第180回国会 法務委員会 第4号(2012/03/23、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  先週に引き続き、ホテルあたみ百万石の件についてお伺いします。  このホテルの運営会社で、大臣に代理人弁護士となるよう依頼していたファーイースト・キャピタルマネジメント株式会社は、K2キャピタル、現ウィング・プランニングですけれども、K2キャピタルという株式会社の傘下にありましたね。
【次の発言】 報道によりますと、蓮村不動産とファーイースト・キャピタル、これが兄弟関係に立ち、そしてK2の傘下にあるというような事実があるというふうにされております。そして、このK2キャピタルは、企業再生をうたい文句に、グループ会社としてあたみ百万石に入ってきたものの、結局……

第180回国会 法務委員会 第8号(2012/06/15、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  滝大臣、このたびは御就任おめでとうございます。  まず、オウム真理教の現状について伺います。  昨年末の平田信、今月の菊地直子と、立て続けに指名手配犯の逮捕が続き、つい先ほど、高橋克也容疑者についても東京都大田区の路上で身柄が確保されたとのニュースが飛び込んできました。  まず、警察庁に事実関係の確認をしたいと思います。
【次の発言】 けさ方、情報がもたらされたということなんですけれども、差し支えない範囲で結構ですので、一体どういうソースの情報だったんでしょうか。
【次の発言】 今、舟本刑事局長の方からもお話があったとおり、あれほど映像あるいは足取りが……

第180回国会 法務委員会 第10号(2012/07/31、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  法案質疑に先立ちまして、二つほどお伺いしたいと思います。  まず、今月十八日に法制審議会の会社法制部会が提示した会社法改正の要綱原案についてです。  私たち自民党の法務部会、財務金融部会、経済産業部会、企業・資本市場法制プロジェクトチーム、企業会計小委員会の合同会議の方では、かねてから、企業ガバナンスの強化のため、上場会社における複数の社外取締役選任義務を上場規則で明示し、それができなければ法律で義務づけるべきだと主張してまいりましたけれども、この点、要綱ではどのようになったんでしょうか。
【次の発言】 結局、義務づけには至っていない。この要綱案におい……

第180回国会 法務委員会 第12号(2012/08/07、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  午前中の平沢勝栄議員の大津いじめ事件問題に関する質問に、ちょっと補足してお伺いしたいことがあります。  先ほど、事件当時の教師に対する処分がどのようになっているのかということが話題になりましたけれども、今回、被害届を受理しなかった警察当局の担当課の職員のその後の責任というのはどのようになっているんでしょうか。  先ほど御説明をいただいたように、三度にわたって被害者のお父さんが警察にこのいじめ自殺について相談に行かれている。担当課長は、三度目のその相談では、遺書もなく、被害者が亡くなられているので、被害者から、具体的な被害の状況やそのときの心境を初め、犯……

第180回国会 予算委員会 第13号(2012/02/21、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党、シャドーキャビネット法務大臣の柴山昌彦です。  小川法務大臣にお伺いします。  きのう、山口県光市の母子殺害事件で加害者の元少年に対する死刑判決が最高裁で確定しました。被害者の夫であり父親である本村洋さんは、十三年の長きにわたり苦しい日々を過ごしてきたわけですけれども、この判決を受けて、大臣、どのようにお感じでしょうか。
【次の発言】 もちろん、法務大臣として、判決の内容、その事実認定の経緯等について言及することができないのは当然でございます。  私は、やはり大臣から一言、この十三年の長きにわたって遺族として苦しい思いをしてこられた本村さんにねぎらいの言葉が欲しかったな……


柴山昌彦[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-44期-|45期|-46期-47期-48期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院45期)

柴山昌彦[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-44期-|45期|-46期-47期-48期
第174回国会(2010/01/18〜2010/06/16)

第174回国会 決算行政監視委員会第一分科会 第1号(2010/05/17、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山分科員 自由民主党の柴山昌彦です。  まず初めに、通告しておりませんけれども、新しい動きがありましたので、お伺いします。  北澤防衛大臣が、きのう、長野市内の記者会見で、米軍普天間飛行場の移設に関する政府の基本方針について、負担を一部沖縄にお願いせざるを得ないということを基本に、それをはるかにしのぐ形で負担を全国展開することの大枠を決定するのが五月末決着の大筋だと述べられました。  岡田大臣、こうした準備を政府で進めているというのは事実ですか。
【次の発言】 特に決まっていないということであれば、これは北澤防衛大臣の単独プレーということでよろしいんでしょうか。


■ページ上部へ

第177回国会(2011/01/24〜2011/08/31)

第177回国会 法務委員会青少年問題に関する特別委員会連合審査会 第1号(2011/04/20、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  今回提出されている親権についての民法改正案についてですが、二〇〇〇年、平成十二年に、実は民主党が議員立法案をまとめています。そこでは、子供に対する懲戒について定めた民法八百二十二条は削除することになっていましたが、江田大臣は当時、党内でどのようなお立場でしたか。
【次の発言】 そして、今回は、表の大臣として法案を提出されたんですけれども、この法案では、先般から出ているとおり、条文が削除されておりませんけれども、なぜでしょうか。端的にお答えください。
【次の発言】 長い御答弁でしたけれども、短くまとめると、いやいや、自分はネクスト大臣だけれども、実際にこ……

第177回国会 予算委員会第五分科会 第1号(2011/02/25、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山分科員 自由民主党の柴山昌彦でございます。  ニュージーランドの震災被害者の救助状況が大変気がかりなんですけれども、今、日本では地域医療の連携の必要性が叫ばれる中で、これをどのように考えたらいいんでしょうか。  細川大臣にお伺いします。国策として、中規模以上の災害や感染症が発生した場合の地域医療連携について、どのように充実させようとしているんですか。また、テロについては考えておられるんでしょうか。
【次の発言】 体制を整備しても、実際に一たび事が起きたときにきちんと機能しなければ、絵にかいたもちに終わってしまうわけですよ。  ですので、お伺いしたいのは、実際にそういった災害や感染症が発生……


■ページ上部へ

第179回国会(2011/10/20〜2011/12/09)

第179回国会 憲法審査会 第2号(2011/11/17、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  憲法調査会そして特別委員会でずっとお世話になってまいりました中山参考人、そして橘部長のお話を私も胸の詰まる思いで伺っておりました。  あれから四年間の空白期間がありまして、私は、その間、国民投票法そして憲法を取り巻く環境は、大きくむしろ審議が必要な事態になっているというように考えております。  この政権交代以後の、例えば普天間基地をめぐる問題等で、本当に日本がみずからの安全をみずから守れるようにしなくてよいのかという意見を私は地元で数多くの主婦の方からいただくようになりました。また、国民投票法の問題についても、原発立地の可否をどのように決めるか、あるい……

第179回国会 憲法審査会 第3号(2011/12/01、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 前回に引き続き発言の機会を与えていただきまして、ありがとうございます。  まず重要課題は、申し上げるまでもなく、国民投票法の三つの宿題、とりわけ、本法施行までの間に対応しなければいけない投票権の問題と公務員の政治的行為、これに関する法整備であろうかと思います。  そして、先ほど、選挙権の十八歳の実現のための法整備については閣法でというお話があったんですけれども、これについては、当然、民法等関連の法律が非常に多岐にわたるわけでもあります。ですので、国会が閣議における立案にしっかりとコミットすることが私は極めて重要だと思いますし、一度この審査会の場で、関連する、成人年齢というものがどの……


■ページ上部へ

第180回国会(2012/01/24〜2012/09/08)

第180回国会 環境委員会経済産業委員会連合審査会 第1号(2012/06/08、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山議員 お答え申し上げます。  私たちの議員立法案では、新しい原子力規制組織は、独立行政委員会、三条委員会となります。今、例えば公正取引委員会におきましては、不服申し立ては審判制度というものがありまして、そこで従前の裁判手続とは違った迅速、簡潔な処理をしているわけでありますけれども、もう既に御案内のとおり、この公正取引委員会の審判制度も今見直しの対象となっております。  そういうわけで、私たちの議員立法におきましても、原子力規制委員会による原子炉等規制法等に基づく処分についての不服申し立てについては、今、細野大臣がお答えになられたとおり、一般原則による行政不服審査法あるいは行政事件訴訟法に……

第180回国会 憲法審査会 第1号(2012/02/23、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  まず冒頭、意見を申し上げたいと思います。  先ほど橘部長の方からお話がございましたとおり、本来、必要な立法措置ができるまでの間の経過的な状態をどのように考えるかということは、御紹介いただいたとおり、この間の質疑でも話題にはなりました。ただし、それを書き込むことによって、結局、必要な立法措置そのものが遅くなってしまうということで、与野党の合意の中で、そういったおくれというものを想定しないということで、割と不完全な形でのこうした立法とならざるを得なかったということを、ぜひ与野党の議員の皆様に重く受けとめていただいて、それは、我々が必要な立法措置をとるという……

第180回国会 憲法審査会 第2号(2012/03/15、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 発言の機会をありがとうございます。  今のお話で非常に気になる部分がございます。制度設計として、本来、国家公務員よりも地方公務員の方が、その政治的な活動の自由というものは、権力性の薄さにより、より担保されなければならないにもかかわらず、国の公務員が公の投票における支持、反対が自由であるというふうになっているのに対して、地方の方ではそのようになっていない、いわば、本来の方向性とは逆の規定となっているところが非常に大きな問題であろうかと思います。  ただ、先ほど緒方委員の方からもあったように、国の方が本当に自由かというところを考えた場合に、やはり政党の支持と切っても切り離せない部分があ……

第180回国会 憲法審査会 第4号(2012/04/05、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 私は、現時点では、自民、公明の附則十二条の案を中心として、緩和をするにしてもぜひ検討をしてほしいというように思っております。  直接民主制については、今の御報告の中にはなかった視点として、リコールですとかあるいはカウンティー、シティーマネジャー、そういった形で、直接民主制を広く導入している地方の案件と国の案件を同一に扱ってよいのかという問題意識も必要ではないかなというように思っております。やはり国民は、自分から遠い、国の、特に、さっきイラクの問題についても言及がありましたけれども、専門的かつ非常に継続的に検討を加えなければいけない案件について、どうしても判断が十分できないのではない……

第180回国会 憲法審査会 第5号(2012/05/24、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 会長、御指名ありがとうございます。  まず、冒頭、この憲法審査会で各党の改正憲法草案を取り上げるべきかどうかということについては、山花幹事からは、そういった草案を出すよりは各党で議論をするべきだというお話がありました。また、赤松幹事からは、従として取り上げるのはよろしいのではないかという御説明がありました。  ただ、もし、こういった草案をこの場で提起することがなければ、やはり憲法の具体的な見直しというものにはドライブがかからないのではないかというように思います。現に、私たち自民党がこの改正憲法草案をこういう形でお示しすることによって、批判も含めて、議論がオープンに憲法審査会という形……

第180回国会 憲法審査会 第6号(2012/05/31、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 会長、御指名ありがとうございます。  九条の歴史的な意義は決して軽視することはできませんけれども、私は、先ほど来お話がありましたように、余りにも技巧的、芸術的な解釈によりまして、九条をかえって国民から遠ざける役割も一定程度果たしてしまったのではないかというように思っております。  例えば、自衛隊が戦力に当たらないということを解釈上主張しているわけですけれども、国際社会から見て、五兆円になんなんとする防衛費をつぎ込んでいる今の自衛隊が戦力ではない、あるいは軍隊ではないということは全く通用しませんし、これはまさしく自国民を欺いているとしか言いようがないというように思っております。  こ……

第180回国会 憲法審査会 第7号(2012/06/07、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 権利保障は、非常に現代社会において重要性が高い分野だと思っております。なかんずく、新しい人権の問題について、かつて想定されていた明文上の権利ではなかなか解釈が難しいものがあり、そういった分野の権利については、やはり私は明文を書き加えていくことが必要であるというように思っております。  しかし、過度に人権を尊重し過ぎるが余り、国民が義務あるいは責務について軽視をする風潮が近時見られることについては、やはり警鐘を鳴らさなくてはいけないというように感じております。  そこで、公共の福祉について取り上げなければいけません。  この公共の福祉は、人権を制約する原理として憲法十三条などに書かれ……

第180回国会 憲法審査会 第8号(2012/08/02、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山委員 自由民主党の柴山昌彦です。  日本国憲法第四章国会について、自由民主党を代表して見解を述べさせていただきます。  国会機能の充実については、中身もそうですけれども、憲法事項かどうかという議論も非常に大切だと思っております。私たちも、今お話があった国会の行政監視機能の充実に思いをいたしておりますけれども、例えば、福島原発の事故調の設置、あるいは行政仕分けについても、しっかりと国会で行うべきという提言をさせていただいております。  さて、現在、国会のあり方に関して最も根本的でかつ活発な議論が行われている問題として、一院制、二院制についての議論があります。  自民党の憲法改正草案の作成過……

第180回国会 予算委員会第五分科会 第1号(2012/03/05、45期、自由民主党・無所属の会)

○柴山分科員 自由民主党の柴山昌彦です。  きょうは、厚生労働省所管の第五分科会ですので、お茶の放射性セシウムについての質問を主にさせていただく予定ですが、その前に、去る二月二十三日に、FAC三〇四九所沢通信施設、いわゆる米軍通信施設の一部土地の返還について日米合同委員会で合意された件についてお伺いいたします。  平成十八年四月、すなわち自公政権時代に、所沢市から、今申し上げた通信施設内の東西連絡道路用地の返還の要請がなされました。その後、政権交代に至るまで、当時、私も外務大臣政務官としてかかわってまいりましたが、政権交代前までに、この所沢市からの要望に対して米側からどのような対応が引き出せた……



柴山昌彦[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-44期-|45期|-46期-47期-48期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/29

柴山昌彦[衆]在籍期 : 43期-44期-|45期|-46期-47期-48期
柴山昌彦[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 45期在籍の他の議員はこちら→45期衆議院議員(五十音順) 45期衆議院議員(選挙区順) 45期衆議院統計