輿水恵一 衆議院議員
46期国会発言一覧

輿水恵一[衆]在籍期 : |46期|-47期
輿水恵一[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは輿水恵一衆議院議員の46期(2012/12/16〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は46期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院46期)

輿水恵一[衆]本会議発言(全期間)
|46期|-47期
第185回国会(2013/10/15〜2013/12/08)

第185回国会 衆議院本会議 第11号(2013/11/19、46期、公明党)

○輿水恵一君 公明党の輿水恵一でございます。  私は、自由民主党並びに公明党を代表して、ただいま議題となりました持続可能な社会保障制度の確立を図るための改革の推進に関する法律案について、賛成の立場から討論を行います。(拍手)  安倍内閣のもと、三本の矢の経済政策を初め、新たな成長戦略の策定、実行などにより、日本経済は力強さを取り戻しつつあります。  先日発表されたGDP速報値によって、四半期連続でプラスの経済成長を続けていることが示されました。いよいよ、ここからが勝負であります。決して現状に甘んじることなく、さらに、日本の潜在的な力を引き出す改革、広く国民が実感し、具体的に成長の成果を享受でき……


■ページ上部へ

第186回国会(2014/01/24〜2014/06/22)

第186回国会 衆議院本会議 第24号(2014/05/15、46期、公明党)

○輿水恵一君 公明党の輿水恵一でございます。  私は、地域の医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律案に賛成の立場で討論を行います。(拍手)  我が国の高齢化は、二〇二五年には、六十五歳以上の人口は三千六百万人、七十五歳以上の人口は二千百万人を超えると推計されております。本法律案は、こうした超高齢化の中、急速に増加する医療と介護の需要に的確に対応するための体制の整備を目指すものであります。  本法律案に対し賛成する第一の理由は、効率的かつ質の高い医療提供への改革が行われる点であります。  限られた医療機関の中で、急性期、回復期、慢性期の医療の需要と供給の最適化と同……

輿水恵一[衆]本会議発言(全期間)
|46期|-47期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院46期)

輿水恵一[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|46期|-47期
第183回国会(2013/01/28〜2013/06/26)

第183回国会 厚生労働委員会 第6号(2013/04/03、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  私も、昨年、初当選をさせていただいて以来、初めてこの厚生労働委員会の質問となります。きょうの最後の質問となりまして、大変お疲れのところかと思いますが、最後まで元気いっぱいに質問をさせていただきますので、よろしくお願いを申し上げます。  さて、この委員会、一人一人が健康で安心して働ける社会環境を創造するという、日本の将来の繁栄と発展を大きく左右する課題を抱えている大事な委員会である、このような思いでいっぱいでございます。  そして、このような中で、政府の支出において大きなウエートを占めている、午前中の議論でもございましたが、社会保障関係費は増加の一途……

第183回国会 厚生労働委員会 第12号(2013/05/17、46期、公明党)

○輿水委員 おはようございます。公明党の輿水恵一でございます。  本日は、質問の機会を与えていただきまして、心より感謝を申し上げます。  時間も限られておりますので、早速質問に入らせていただきます。  厚生年金基金は、厚生年金の一部を国にかわって支給するいわゆる代行部分とともに、企業の実情に合わせて上乗せをするプラスアルファ部分から成り、この代行部分の給付に必要な保険料を国に納めることを免除され、その分をプラスアルファ部分とあわせて基金の掛金として運用し、従業員に、より手厚い老後所得を保障しよう、そういったものでございました。  基金の制度の発足以降、資金運用に代行部分を生かしたスケールメリッ……

第183回国会 厚生労働委員会 第16号(2013/05/31、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  本日は、現場の視点での貴重な参考人の皆様の御意見、本当にありがとうございました。  先ほどの遺児と母親の全国大会実行委員長の緑川さん、すばらしいですね、その若さで落ちついた答弁、本当に感動いたしました。どうもありがとうございます。  さて、現在、生活保護の受給者は年々増加をしている。さらに、非正規雇用労働者や年収二百万円以下の世帯も増加をしている。先ほどの緑川さんのこの資料からも、まさに、一九九八年、遺児の母親の年収が二百一万円だったものが、二〇一〇年には百十三万円と、非常に厳しい状況。それと並行してというか、この状況の中で、就学援助、いわゆる給食……

第183回国会 厚生労働委員会 第18号(2013/06/07、46期、公明党)

○輿水委員 おはようございます。公明党の輿水恵一でございます。  本日、質問の機会を与えていただきまして、心より感謝を申し上げます。  私の方からは、初めに、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の一部を改正する法律案について、質問をさせていただきます。  この精神保健及び精神障害者福祉において、やはり家族が精神障害者の保護をしっかりやっていく、面倒を見ていく、そういったことは当然、言うまでもございませんが、最近やはりどこの地域もそうだと思うんですけれども、高齢化してしまって、なかなかそこの負担が大き過ぎて、保護し切れないというか、対応し切れない、そういったケースもふえております。  そのよう……

第183回国会 青少年問題に関する特別委員会 第3号(2013/04/25、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  私の方からは、学校のいじめの撲滅の対策の推進について伺わせていただきます。よろしくお願いいたします。  全ての子どもにとって、学校は、安心で安全で楽しい、こんな場でなければいけない、このように思います。保護者にとっても、学校において子どもの心身が守られ、笑顔で元気に子どもが学校に通うことが何よりもの喜びである、このように思います。  その学校にあって、いじめは、あってはならない問題であります。いじめの撲滅対策は、全ての学校教職員らが、みずからの責任、みずからの問題として真剣に受けとめ、徹底的に取り組むべき課題であります。  いじめを撲滅するためには……

第183回国会 青少年問題に関する特別委員会 第5号(2013/06/20、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  本日は、それぞれの皆様から現場からの貴重な御意見をいただきまして、心より感謝を申し上げます。  もう誰もが共通の認識かと思いますけれども、青少年の健全な育成というのは、やはり日本の繁栄と発展の基盤になってくる。そんな中で、その青少年をスポーツの現場あるいは学校教育の現場で育成していく指導者のあり方、また、指導者へどういった教育というか、その質を高めていくのかということも非常に大事ではないかな、このように考えております。  そして、本日は、体罰等を切り口に、生徒指導等で日々悪戦苦闘している教員の皆様を初め、青少年を育成する立場で働く皆様が、その現場で……

第183回国会 内閣委員会 第3号(2013/03/15、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  国会議員として初めての質問でございます。とにかく一生懸命にやらせていただきますので、よろしくお願いを申し上げます。(発言する者あり)ありがとうございます。  今、日本は、経済の再生、外交の立て直し、社会保障制度改革、教育の再生など、早急に解決への道を開かなければならない課題が山積みであります。これらの問題を解決するためには、日本の有する人や物、さらにお金を最大限に活用することが基本であると思います。  あれがだめ、これがだめではなく、できること、やるべきことを具体的に提案し、実行していくことが必要であります。その先駆けとして、安倍総理は経済再生へ三……

第183回国会 内閣委員会 第6号(2013/04/05、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一と申します。  本日は、貴重なお話をどうもありがとうございました。  私の方からは、個人情報の保護のあり方につきまして、堀部先生の方にまず伺いたいと思います。  公明党は、番号制度による情報ネットワークが、将来にわたり有効に活用され、我が国の新たな繁栄と発展の基盤となるためには、番号制度を進めると同時に、国民から信頼される個人情報保護体制を構築することが必要である、そのような考えのもと、本法案の附則にもその趣旨を盛り込ませていただきました。  法案における税と社会保障にかかわるマイナンバーの利用に際して個人情報の取り扱いを監視する特定個人情報保護委員会の権限は、特定……


■ページ上部へ

第185回国会(2013/10/15〜2013/12/08)

第185回国会 厚生労働委員会 第2号(2013/11/01、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  私も、再生医療等の安全性の確保等に関する法律案、そして薬事法等の一部を改正する法律案について、再生医療を中心に聞かせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。  この再生医療、非常に回復が難しい、そういった難病の治療法として大変大きな期待を持たれているわけでございますが、この医療、人から取り出した細胞に、遺伝子の挿入、あるいは加工、培養等を加えながら、それを人の体に移植をして機能の回復を図っていく、そういったものでございます。現在、大臣の承認のもと、八十四件もの臨床研究が進められていると同時に、自由診療という形で、確認がされないまま、いろ……

第185回国会 厚生労働委員会 第5号(2013/11/12、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  本日は、参考人の皆様、貴重な御意見、まことにありがとうございます。  渡邉さん、本当に長時間こちらの御出席を賜り、本当にありがとうございます。  先ほどお話をいただきました介護の現場、もしかしたらヘルパーさんがお手伝いさん的な状況になっているのかなと思っていたんですけれども、実際、歩けなかった渡邉さんが、プロのヘルパーさんの助けにより歩けるようになった、そういった一つ一つ改善に向けてのプロとしての仕事のあり方の大切さ、よくわかりました。本当にありがとうございました。  さて、今、社会保障制度、大きく見直しの時期が来ていると思います。いわゆる医療、年……

第185回国会 内閣委員会 第2号(2013/11/06、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  本日は、質問の機会を与えていただきまして、心より感謝を申し上げます。  まず、早速質問に入らせていただきます。  私からは、日本における個人情報の保護体制の整備について聞かせていただきます。  今日、日本、このIT社会の中にあって、ビッグデータあるいはパーソナルデータをいかに有効に活用していくか、それが国家の繁栄と発展の大きな鍵を握ると言ってもいいのかな、このように感じております。その上で、データを活用するためには、個人情報の保護体制をしっかりと整えた上でなければ、それがなかなか思うように進まない、そういった現実があると思います。  残念ながら、先……

第185回国会 内閣委員会 第5号(2013/11/14、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  本日は、参考人の先生方、貴重なお話を聞かせていただきまして、まことにありがとうございます。また、質問の機会を与えていただいたことに心より感謝を申し上げます。  初めに、きょう、参考人の先生方のお話をいただき、一つ反省しているところがございます。それは、今回の特区制度、やはりちょっと小粒なのかなと実は私も内心思っていました。国家戦略にしては余りにも、そういう思いがありましたが、八代先生の話も聞かせていただき、この規制改革を進めることがどれだけ今まで大変だったのか、ここまで具体的な項目を明記して、こうやって法案として今進もうとしていること、その御苦労と……

第185回国会 内閣委員会 第10号(2013/11/28、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  本日は、参考人の皆様、貴重な御意見をいただき、まことにありがとうございます。また、質問の機会を与えていただきまして、心より感謝申し上げます。  さて、今回の国家公務員制度等の一部の改正、内閣人事局にしっかりと集中をさせていく、私は、この制度自体、非常に大事なことだと思っています。その上で、これがどのように活用されて運用されていくか。これは今、私たち、我が国が抱えているさまざまな課題に対して、各省庁がどう連携をしながら機能的に働くか、大事な改革だと思っております。そういった意味では、これがしっかりと動くように、皆様方から御指導いただきながらも進めてい……


■ページ上部へ

第186回国会(2014/01/24〜2014/06/22)

第186回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号(2014/04/08、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  本日は、質問の機会を与えていただきまして、心より感謝を申し上げます。  私は、本日は、大臣所信に対しましての、総合科学技術会議を中心とした日本のイノベーション、その取り組みのあり方について確認をさせていただきたい。また、そういったものを踏まえての、個人情報は保護しつつも、パーソナルデータ、これをいかに活用して、そのイノベーションに追い風を送っていくのか。そういった視点で質問をさせていただきたいと思います。  日本は、どう考えても、エネルギーあるいは資源を輸入して、そして製品を、またサービスをどう展開していくか、やはりここに成長の鍵がある、これは昔か……

第186回国会 厚生労働委員会 第2号(2014/02/21、46期、公明党)

○輿水委員 おはようございます。公明党の輿水恵一でございます。  本日は、このような質問の機会を与えていただきまして、心より感謝を申し上げます。本当にありがとうございます。  また、先日の大雪、まだまだ被害、被災者の皆様も非常に苦しんでいる状況でございます。私も現地を見せていただきまして、せっかく軌道に乗ってきた、それが突然の雪で、何でこんなになってしまったんだ、現場の皆様の思いを一緒に感じながら、何とかこういったものを未然に防げれば、そんな思いに駆られているところでございます。  まずはとにかく、亡くなられた方にお悔やみを申し上げるとともに、被災者の皆様に心よりお見舞いを申し上げたいと思いま……

第186回国会 厚生労働委員会 第8号(2014/04/04、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  本日は、質問の機会を与えていただきまして、まことにありがとうございます。  早速でありますが、質問に入らせていただきたいと思います。  昨日より、健康・医療戦略推進本部、また日本医療研究開発機構についての議論がなされてまいりました。  日本は世界に誇る長寿の国、その中にあって、健康は非常に重要な課題であると思います。そして、それを支えていく上で、食と薬、これはまたそこに重要な要素があるのだろうと私は考えております。  そんな中で、例えば創薬という分野におきますと、当然、基礎研究から治験、また実用化という流れの中で、基礎研究の部分では、理化学研究所等……

第186回国会 厚生労働委員会 第16号(2014/05/07、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  本日、質問の機会を与えていただきましたことに、心より感謝を申し上げます。本当にありがとうございます。  現在上がっております、地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律案。いろいろなことがまざっているんですけれども、私の中で私なりに整理をさせていただきますと、まず医療機関。今、高度医療に集中している、しかも急性期に集中している医療機関を、回復期から慢性期、満遍なく地域の方に行き渡るような形で、まず再編成をしていきましょう。その上で、治り切らない方は慢性期病院に入る方もいらっしゃる、また、やはり施設での介護が必……

第186回国会 厚生労働委員会 第18号(2014/05/13、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  本日は、本当に貴重な御意見をいただきまして、また、現場でお一人お一人のために、さまざまな視点から全力を尽くしていただいている、本当に貴重なお話をいただきまして、ありがとうございます。  私たち公明党は、今日まで五十年間、福祉の党、そういった旗を掲げて走り抜いてまいりました。そんな中で、今の予防給付、地域支援事業、皆様がいろいろな形で御懸念されている点、私たち、三千名の地方議員さんと一体となって、そこをどう、そういったものがなく、一人一人が本当に安心して、またさらにその効果が出るような事業になるのか、していくのか、今必死に取り組んでいるところでござい……

第186回国会 厚生労働委員会 第25号(2014/06/04、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  本日は、質問の機会を与えていただきまして、心より感謝を申し上げます。私も、きょうは労働行政全般について、広くいろいろな形で聞かせていただきたいと思っております。  そもそも、日本の労働力需要、これは、バブル崩壊後一九九二年あたりをピークに徐々には落ちてきているんですけれども、最近、二〇一〇年あたりからもう平行線で、需要はある程度安定をしている。  一方、生産労働人口なんですけれども、ほぼ一九九〇年代の半ばあたりがピークで、それから徐々に落ちて、最近、団塊の世代の方が退職になってきた二〇一二年、そのときに、ついに労働力の需要と労働力人口のカーブが、人……

第186回国会 内閣委員会 第2号(2014/02/21、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  本日は、質問の機会を与えていただいたことに対しまして、心より感謝を申し上げます。  また、先ほど来、今回の大雪のそういった被害、本当に、お亡くなりになられた方に対しまして心からお悔やみを申し上げるとともに、被災者の皆様にもお見舞いを申し上げる次第でございます。  私も埼玉に住んでおりまして、本当に現場のハウス、施設園芸の皆様、さあ、今から、若手がこれから頑張ろう、そんなときにこの被害ということで、一日も早い再建を心からお祈りし、また、できる限りの支援をしてまいりたい、このように決意をさせていただいているところでございます。  それでは、質問に入らせ……

第186回国会 内閣委員会 第9号(2014/04/02、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  それでは、豊田委員に引き続きまして、私の方からも、今回の健康・医療戦略推進本部、さらに機構の機能と、また今後の役割について御質問をさせていただきたいと思います。  日本はいよいよ超高齢化社会に突入をしていく、そういった中にあって、健康あるいは医療、この技術の研究開発は大変重要であると同時に、これから新しいサービスや商品を生み出さなければ成長はあり得ない。その新しい産業を生み出すという意味でも、この医療・健康の分野は大変重要であるというふうに考えているところでございます。まさに、そこにあって、今回の機構また体制の整備というのは本当に大事であると私も認……

第186回国会 内閣委員会 第18号(2014/05/16、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  本日は、参考人の先生方、大変にお忙しい中を、貴重な御意見を賜り、心より感謝を申し上げます。  本当に、さまざま多種多様な、そういった法人が、今までは一律の独立行政法人という形で縛られて、なかなか自由な、そういった活動も制限をされていた。今回、三類型に分かれて一歩前進というか、しかし、宇賀先生もおっしゃられていましたが、やはり、目標の設定とか評価のあり方、同じ類型の中にあってもまだまださまざまな法人がある中で、そういったものをいかにきちっと適切に進めていくか、これがまた大事になってくる、そんな御指摘もいただきました。  また、樫谷先生からも、企画と立……


■ページ上部へ

第187回国会(2014/09/29〜2014/11/21)

第187回国会 厚生労働委員会 第3号(2014/10/17、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  本日は、質問の機会を与えていただきまして、まことにありがとうございます。  また、参考人の先生方からは、先ほど来、貴重な御意見を賜り、お忙しい中を本当にありがとうございます。  それでは、早速ですが、質問をさせていただきます。  まず、飯泉参考人、先ほど、使わせない環境づくり、使わない人づくり、まさにこれが一番大事かなと私も思います。その中で、やはり国としてやるべきことも当然ありますが、知事が本当にこの危険ドラッグに対して深い認識と、また、それと徹底して戦っていこう、こんな姿勢の中で、先ほどの広域連合の提言にも、「その「真の危険性」を強く訴える「効……

第187回国会 厚生労働委員会 第7号(2014/11/13、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  本日は、質問の機会を与えていただきまして、感謝を申し上げます。  先ほど来委員の方から質問がございましたように、感染症は、発生してから慌てて対策をとるのでは遅過ぎるということで、事前にスタッフから体制をどのようにきちっと整えた上で、適切な対応をしてその拡大を抑えるか、これが大変に重要な課題であると考えているわけでございます。  先ほど来さまざま質問がありましたが、私の方からも、もう一度その点につきまして。  今、エボラ出血熱が発生をしている中で、もう今はグローバル社会でございますので、世界のどこで発生しても、この危険性というのは私たち日本にもあるわ……

第187回国会 内閣委員会 第7号(2014/10/31、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  本日は、質問の機会を与えていただきまして、心より感謝を申し上げます。  まず初めに、私は、国家公務員制度全体について、大臣に質問をさせていただきたいと思います。  このたび、内閣の人事局が立ち上がりました。この内閣の人事局、今、やはり一つ一つの政策が一つの省庁だけではなかなかおさまらない、全体が連携をしながら、省益よりは国益という視点を持った、また、そういったコーディネートができる人材の登用が非常に大事になっている。そのような中で、内閣人事局におきまして人事の一元化をしながら、そういった全体観に立って人材を育成しながら登用を図っていこう、こんな取り……

第187回国会 内閣委員会 第11号(2014/11/13、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  本日は、参考人の先生方に貴重な御意見を賜り、心より感謝を申し上げます。  初めに、小室参考人の方に質問させていただきたいと思います。  まさに人口ボーナス期から人口オーナス期ということで、本当に、現在、私たち、二〇一五年、超高齢化社会を迎えるに当たって、どういう地域社会をつくっていくのか、大変大きな課題であると思うわけでございます。  そして、今回、女性の職業生活における活躍、確かに、女性は、子育てとかそういった部分との両立するものが非常に多かった。しかし、これから高齢化社会になってきますと、私たち男性も、介護とか、また地域でのさまざまな活動が必要……


輿水恵一[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|46期|-47期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院46期)

輿水恵一[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|46期|-47期
第183回国会(2013/01/28〜2013/06/26)

第183回国会 予算委員会第二分科会 第2号(2013/04/15、46期、公明党)

○輿水分科員 公明党の輿水恵一でございます。  私は、地域の防災力の強化、そういった視点で、総務省関連の予算について質問をさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。  初めに、消防防災体制の強化について、大規模災害発生時の救急消防援助隊の災害対応力を強化するための消防救急デジタル無線の整備について伺います。  消防救急無線は、消防救急活動の高度化及び電波の有効利用の観点から、平成二十八年の五月までにアナログ方式からデジタル方式に移行するとされております。この消防救急無線のデジタル化は、音声の情報の伝達だけではなく、データ、文字情報や位置情報など、さまざまなデータの活用を可能……

第183回国会 予算委員会第六分科会 第2号(2013/04/15、46期、公明党)

○輿水分科員 公明党の輿水恵一でございます。  私、昨年の総選挙で初当選をさせていただいて以来、地域の農業者の方からさまざまなお声を伺ってまいりました。  そのような中で、きょうは、何点か現場の声を伝えさせていただきながら、今後の取り組みについて確認をさせていただきたいと思いますので、どうかよろしくお願いを申し上げます。  初めに、東日本大震災により被害を受けた水産業の復旧について、ワカメやカキのがんばる養殖復興支援事業の推進について伺います。  日本人は、平均して、一年間に約二キログラムのワカメを食べると言われております。肉厚でうまみが強く、味や品質の点でも高い評価を受け、日本一の収穫を誇っ……


■ページ上部へ

第186回国会(2014/01/24〜2014/06/22)

第186回国会 内閣委員会厚生労働委員会連合審査会 第1号(2014/04/03、46期、公明党)

○輿水委員 公明党の輿水恵一でございます。  本日は、このような質問の機会を与えていただきまして、心より感謝を申し上げます。  私も、日本における世界最高水準の医療提供に資する研究開発について質問をさせていただきたいと思います。  まず、きのうに引き続きの質問でございますが、健康・医療戦略のあり方について確認をさせていただきたいと思います。  先ほど来、委員の皆様からありましたとおり、日本は、医療機器や薬などが、輸出に対して輸入が約二兆円超過をしている、こういった現実がある。まず、この現実についてどのような分析がなされているのか、お聞かせ願えますでしょうか。

第186回国会 予算委員会第七分科会 第1号(2014/02/26、46期、公明党)

○輿水分科員 公明党の輿水恵一でございます。  本日は、このような質問の機会を与えていただきまして、心より感謝を申し上げます。  また、冒頭、先日の大雪で亡くなられた方に対しましてのお悔やみと、被害に遭われた方に対しましてのお見舞いを心より申し上げます。  さて、きょうは私は、国際競争力のある製品やサービスの創出支援について、こういったテーマを持って質問をさせていただきたいと思います。  アベノミクス、三本の矢、金融緩和、財政出動、そして成長戦略。では、この成長戦略は、一体、具体的にどのように推進をしていけばいいのか。  さっきの委員の御質問にもありました、昔の基幹産業であった自動車産業あるい……

第186回国会 予算委員会第二分科会 第1号(2014/02/26、46期、公明党)

○輿水分科員 公明党の輿水恵一でございます。  本日は、このような質問の機会を与えていただきまして、心より感謝を申し上げます。  また、先日の大雪の被害、本当に、亡くなられた方に対しましてのお悔やみと、被害に遭われました方へ心よりお見舞いを申し上げます。  私も、現地を回らせていただきました。農家のお宅に行くと、そこの地域の市長さんなんかも一緒に現場におられて、やはり大事な、例えば施設園芸なんかは、収益が上がってきて、今まで外に行っていた若者が戻ってきて、そして、いよいよ仕事を始めようか、そんな状況の中でこういった被害に遭われた。一日も早く復旧をしながら、戻ってきた若い世代のメンバーにこの地域……



輿水恵一[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|46期|-47期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/09

輿水恵一[衆]在籍期 : |46期|-47期
輿水恵一[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 46期在籍の他の議員はこちら→46期衆議院議員(五十音順) 46期衆議院議員(選挙区順) 46期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊