高鳥修一 衆議院議員
47期国会発言一覧

高鳥修一[衆]在籍期 : 44期-46期-|47期|-48期
高鳥修一[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは高鳥修一衆議院議員の47期(2014/12/14〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は47期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院47期)

高鳥修一[衆]本会議発言(全期間)
44期-46期-|47期|-48期
第189回国会(2015/01/26〜2015/09/27)

第189回国会 衆議院本会議 第22号(2015/05/12、47期、自由民主党)

○高鳥修一君 自由民主党の高鳥修一でございます。  私は、自由民主党を代表し、ただいま議題となりました労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律等の一部を改正する法律案につきまして、質問をいたします。(拍手)  二年前に安倍政権が発足して以来、三本の矢の経済政策は確実に成果を積み重ね、我が国の経済は復活の兆しを見せ始めております。  安倍政権の成長戦略の柱の一つに、雇用制度改革があります。  日本が再び力強く成長するためにも、若者、女性、高齢者、障害者等の活躍の機会を確保し、あらゆる人が、働くことで生きがいを感じられる、柔軟かつ多様な働き方のできる社会の実現が求められて……

高鳥修一[衆]本会議発言(全期間)
44期-46期-|47期|-48期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院47期)

高鳥修一[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
44期-46期-|47期|-48期
第189回国会(2015/01/26〜2015/09/27)

第189回国会 厚生労働委員会 第3号(2015/03/20、47期、自由民主党)【議会役職】

○高鳥委員長代理 次に、井坂信彦君。

第189回国会 厚生労働委員会 第4号(2015/03/25、47期、自由民主党)

○高鳥委員 自由民主党の高鳥修一でございます。  前の質問者がおもしろ過ぎまして、若干やりづらい感じがいたしておりますが、よろしくお願いいたします。  北陸新幹線が開業いたしまして、きょうは私、ネクタイも新幹線の色に合わせて気合いを入れてきたところでございます。答弁の方も、できましたら新幹線並みのスピードでお願いできればありがたいなと思っております。また、政府・与党一体とよく申しますけれども、質問の方は是々非々でお願いしたいと思いますので、大臣、どうかよろしくお願いをいたします。  最初に、大臣にお聞きいたしますが、社会保障制度改革につきまして、今回の所信でもそうなんですけれども、よく、持続可……

第189回国会 厚生労働委員会 第12号(2015/04/24、47期、自由民主党)

○高鳥委員 ただいま議題となりました持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律案に対する修正案につきまして、自由民主党及び公明党を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。  修正の要旨は、協会けんぽに対する国庫補助に関する改正規定、後期高齢者支援金の額の算定に係る全面総報酬割の実施までの間の総報酬割部分の特例に関する改正規定等の施行期日を「平成二十七年四月一日」から「公布の日」に改めることであります。  何とぞ委員各位の御賛同をお願い申し上げます。

第189回国会 厚生労働委員会 第15号(2015/05/20、47期、自由民主党)【議会役職】

○高鳥委員長代理 速記をとめてください。
【次の発言】 速記を起こしてください。  塩崎厚生労働大臣。

第189回国会 厚生労働委員会 第22号(2015/06/10、47期、自由民主党)【議会役職】

○高鳥委員長代理 次に、古屋範子君。

第189回国会 厚生労働委員会 第26号(2015/06/19、47期、自由民主党)

○高鳥委員 ただいま議題となりました労働者の職務に応じた待遇の確保等のための施策の推進に関する法律案に対する修正案につきまして、自由民主党、維新の党及び公明党を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。  修正の要旨は、第一に、「正規労働者」を「通常の労働者」とすること。  第二に、調査研究の対象として、雇用形態による教育訓練の相違の実態が含まれることを明記すること。  第三に、派遣労働者について、賃金の決定、教育訓練の実施、福利厚生施設の利用その他の待遇についての規制等の措置を講ずることにより、派遣先に雇用される労働者との間においてその業務の内容及び責任の程度その他の事情に応じた均等な待遇及び……

第189回国会 農林水産委員会 第24号(2015/12/10、47期、自由民主党)【政府役職】

○高鳥副大臣 篠原委員にお答えをいたします。  日本がTPP交渉に参加した時点で、既に英語、フランス語及びスペイン語を正文とすることが決まっておりました。多数国間の通商関連条約では、英語以外ではフランス語、スペイン語が正文とされることが一般的であり、新たに日本語を正文として追加するよう交渉することは現実的ではなかったということでございます。  他方、委員御指摘のとおり、TPP協定の第三十章に最終規定がございまして、効力発生の規定は、協定の効果的な実施のため、効力の発生に当たっては、一定の経済規模を有する国及び交渉参加十二カ国の半数以上の参加が望ましいとの考えに基づき、要件が定められたものでござ……


■ページ上部へ

第190回国会(2016/01/04〜2016/06/01)

第190回国会 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 第3号(2016/04/07、47期、自由民主党)【政府役職】

○高鳥副大臣 お答えをいたします。  米国との間では、米に関するサイドレターを交わしてございます。
【次の発言】 今委員がお話しになられましたSBS米の枠、これが、三年間のうち二年それに達しないということがあった場合、マークアップを一五%引き下げるということだと思っております。
【次の発言】 御指摘をいただきましたとおり、私が署名をいたしております。署名する前には内容についての説明を受けてございます。
【次の発言】 お答えを申し上げます。  委員御指摘のとおり、私がかつて、TPP、それは関税を撤廃するということを前提にする限り、TPPに関しては断固反対と言ってきたことは事実でございます。これは……

第190回国会 厚生労働委員会 第3号(2016/03/09、47期、自由民主党)【政府役職】

○高鳥副大臣 西村委員にお答えをいたします。  まず、保育料が上がる要因でございますけれども、毎年九月に保育料が改定されるわけでありますが、過去の収入に基づいて算定をされるため、前年度の収入が上がれば保育料も上がるということがまず一つございます。  そして、今ほどお話がございましたけれども、昨年九月に年少扶養控除のみなし適用を行う経過措置を講ずることをやめた自治体があったということなど、複数の要因が考えられ、その要因ごとに影響の実態について把握することは困難であるわけであります。  年少扶養控除のみなし適用の廃止について申し上げれば、子供が三人以上いる世帯においては負担増となるケースがあり得る……

第190回国会 厚生労働委員会 第6号(2016/03/16、47期、自由民主党)【政府役職】

○高鳥副大臣 伊佐委員にお答えをいたします。  平成二十八年度予算案におきまして、消費税率が据え置かれる中で、厳しい財政状況にもかかわらず、〇・七兆円ベースの必要額をしっかりと確保したところでございます。  保育の受け皿につきましては、子ども・子育て支援新制度に基づく市町村の積極的な取り組みによりまして、平成二十九年度末までの整備量は約四十五・六万人分に達する見込みであることに加えまして、事業主拠出金制度を見直して、そして企業主導型保育事業により最大五万人程度の受け皿の拡大に取り組み、五十万人の受け皿を確保することといたしております。  政府といたしましては、平成二十七年度補正予算や平成二十八……

第190回国会 厚生労働委員会 第10号(2016/04/01、47期、自由民主党)【政府役職】

○高鳥副大臣 初鹿委員にお答えをいたします。  今御指摘いただきました難病に起因する障害のある方についてでございますが、障害者差別解消法の国会審議におきまして、同法案の障害者に係る定義規定、こちらにおける「その他の心身の機能の障害がある者」に含まれるという旨を政府から答弁いたしまして、その中身は確認をされております。  今回つくらせていただきましたリーフレットにつきましては、差別解消法の趣旨、内容について広く国民に御理解いただくために作成をしたものでございます。  御指摘の、本リーフレットにおける箇所でございますが、障害者差別解消法の障害者の定義を明らかにするものでございまして、同法の規定ぶり……

第190回国会 災害対策特別委員会 第2号(2016/03/10、47期、自由民主党)【政府役職】

○高鳥副大臣 おはようございます。国土強靱化担当副大臣の高鳥修一でございます。よろしくお願いいたします。  本年で発災から五年を迎えます東日本大震災を初め、昨年の関東・東北豪雨などの災害によりお亡くなりになられた方々と御遺族に対しまして深く哀悼の意を表しますとともに、被災者の方々に心からお見舞いを申し上げます。  自然的条件によりさまざまな災害が発生しやすい我が国において、強靱な国づくりは喫緊の課題であります。国土強靱化担当副大臣として、高木政務官とともに、加藤大臣を補佐し、強さとしなやかさを持った安全、安心な国土、地域、経済社会の構築に向け、全力で取り組んでまいります。  野田委員長初め理事……

第190回国会 財務金融委員会 第2号(2016/02/12、47期、自由民主党)【政府役職】

○高鳥副大臣 落合委員にお答えをいたします。  三世代同居に対応いたしました住宅リフォームに係る特例でございますが、家族において世代間で助け合いながら子や孫を育てることができるようにするため、三世代同居を希望する方がその希望を実現できるように、三世代同居を支援するものでございます。  この特例によりまして、三世代同居を希望する子育て世代が、祖父母による育児や家事の支援を受けつつ子育てを行うことが可能となり、子育てへの不安や負担が緩和されることから、少子化対策にも効果があるものと考えられております。  実際、国立社会保障・人口問題研究所の出生動向基本調査によれば、親との居住距離が近い夫婦ほど出生……

第190回国会 財務金融委員会 第17号(2016/05/10、47期、自由民主党)【政府役職】

○高鳥副大臣 宮崎委員にお答えをいたします。  産業競争力会議の民間議員につきましては、産業競争力の強化及び国際展開戦略に関しすぐれた識見を有する方にお願いをいたしております。  御指摘の三木谷議員でございますが、ITやベンチャー等の分野に造詣が深く、これまでも積極的に議論に御参加をいただきまして、積極的に御発言をいただいております。  三木谷議員に関する報道があることは承知いたしておりますが、引き続き産業競争力会議の民間議員として御活躍をいただけるものと考えておりますし、特別な調査をすることは考えておりません。
【次の発言】 個別の案件については差し控えさせていただきたいと思いますが、現時点……

第190回国会 財務金融委員会 第19号(2016/05/25、47期、自由民主党)【政府役職】

○高鳥副大臣 前原委員にお答えをいたします。  個人消費の動向でございますけれども、おおむね横ばいで推移をしております。ただし、消費税引き上げ以降の回復は、総じて力強さを欠いていることは事実でございます。この背景には、以下のような要因が関係していると考えております。  まずは実質賃金。二〇一四年度は、消費税率引き上げや輸入物価の上昇がございまして、実質賃金を押し下げました。ただし、二〇一五年春以降、マクロ全体で見た総雇用者所得は、名目、実質で増加傾向となっております。  また、消費者マインド。これは、デフレマインドの払拭に時間を要する中、子育て世代や低所得者を中心に、先行き不透明感等から消費を……

第190回国会 総務委員会 第12号(2016/04/07、47期、自由民主党)【政府役職】

○高鳥副大臣 高井委員にお答えをさせていただきます。  大変貴重な御指摘をいただいたと受けとめさせていただきます。  現在、成長戦略の進化に向けまして、生産性向上を実現するための規制改革、それから成長を支える人材の創出、そして成長市場の拡大、これは農業とか観光、ヘルスケア産業等でございますけれども、これについて、産業競争力会議や官民対話において検討や議論を行っているところでございます。  本格的な人口減少社会の突入を前に、日本経済が持続的に発展をする、これを実現するために、議員御指摘のとおり、生産性の向上は必須であると考えております。そうした観点からも、ITあるいはICTの活用は大変重要である……

第190回国会 内閣委員会 第2号(2016/02/19、47期、自由民主党)【政府役職】

○高鳥副大臣 内閣府副大臣の高鳥修一でございます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。  経済再生、社会保障・税一体改革、一億総活躍、女性活躍、再チャレンジ、経済財政政策、少子化対策、男女共同参画等を担当いたしております。  関係大臣を支え、力を尽くしてまいりたいと考えておりますので、西村委員長を初め理事、委員各位の御指導と御協力をよろしくお願いいたします。

第190回国会 農林水産委員会 第2号(2016/03/09、47期、自由民主党)【政府役職】

○高鳥副大臣 畠山委員にお答えをいたします。  交換公文でございますが、TPP協定とは別個の国際約束であるために、TPP協定の規定の対象とはならず、再協議の対象とはなりません。
【次の発言】 お答えいたします。  我が国といたしましては、交換公文の再交渉に応じる考えはございません。
【次の発言】 お答えいたします。  相手国との関係もございまして、交渉経緯の詳細については申し上げられませんけれども、全体の分野を通じたバランスに配慮したぎりぎりの交渉の結果、相互主義のもとで、相手国からの要請に基づき協議を行うとの規定を、当該内容に合意した国との間で相互に設けることにしたということでございます。

第190回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2016/03/30、47期、自由民主党)【政府役職】

○高鳥副大臣 内閣府副大臣の高鳥修一でございます。  先ほど加藤大臣からお話がありましたように、拉致問題は我が国の国家主権及び国民の生命と安全にかかわる重大な問題であります。全ての拉致被害者の一刻も早い帰国を実現すべく、高木政務官とともに加藤大臣を補佐し、全力で取り組んでまいる所存です。  今津委員長を初め理事、委員の皆様の御指導をよろしくお願い申し上げます。

第190回国会 予算委員会 第5号(2016/02/02、47期、自由民主党)【政府役職】

○高鳥副大臣 予算の参考資料としてお手元にお配りしてございます「平成二十八年度の経済見通しと経済財政運営の基本的態度」について御説明いたします。  これは、去る一月二十二日に閣議決定したものでございます。  政府は、これまでのアベノミクスの成果の上に、デフレ脱却・経済再生と財政健全化を双方ともにさらに前進させてまいります。名目GDP六百兆円の達成を目標とし、これまでの三本の矢を束ねて一層強化した新たな第一の矢である希望を生み出す強い経済の推進に取り組むとともに、その果実を第二、第三の矢である夢を紡ぐ子育て支援、安心につながる社会保障にもつなげることで、新三本の矢が一体となって成長と分配の好循環……

第190回国会 予算委員会 第9号(2016/02/08、47期、自由民主党)【政府役職】

○高鳥副大臣 玉木委員にお答えをさせていただきます。  確かに、私、最近二回、この金融政策決定会合に出席をいたしておりますが、もちろん、入る前に外部との接触は一切禁止をされまして、携帯もお預けするということでございます。  議決をする前に日銀の執行部の方からの御提案をお聞きしまして、それについて内閣府としてどういうコメントといいますか意見を申し上げるかということについては、直前に内閣府の担当者と確認をするということになっております。それ以外に、一切、どこかと連絡をとるということは不可能でございます。  以上でございます。
【次の発言】 控室に専用の電話がございまして、それは、ほかには恐らくかけ……


■ページ上部へ

第192回国会(2016/09/26〜2016/12/17)

第192回国会 厚生労働委員会 第2号(2016/10/21、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○高鳥委員長代理 速記をとめてください。
【次の発言】 速記を起こしてください。  塩崎厚生労働大臣。

第192回国会 厚生労働委員会 第3号(2016/10/26、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○高鳥委員長代理 次に、柚木道義君。

第192回国会 厚生労働委員会 第5号(2016/11/02、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○高鳥委員長代理 次に、桝屋敬悟君。

第192回国会 厚生労働委員会 第6号(2016/11/04、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○高鳥委員長代理 次に、村井英樹君。

第192回国会 厚生労働委員会 第7号(2016/11/16、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○高鳥委員長代理 次に、長妻昭君。
【次の発言】 後ほど理事会で協議いたします。

第192回国会 厚生労働委員会 第9号(2016/11/25、47期、自由民主党・無所属の会)

○高鳥委員 自由民主党の高鳥修一でございます。  安倍総理におかれましては、内外ともに大変タイトなスケジュールの中、当委員会にお越しをいただきましたことを、まずもって心から敬意と感謝を申し上げます。  早速、質問に入らせていただきます。  年金制度は老後の生活の一助と言われておりますが、国民生活に直結をするものであり、皆さんの関心も非常に高いと思います。  今回の改正は、私たちはそう考えておりませんけれども、年金カット法案といった、その趣旨と違ったレッテル張りがされております。  この法案によって直ちに年金が下がることはないわけでございます。  少子高齢化が進む中で、将来の負担増を考えて、保険……


■ページ上部へ

第193回国会(2017/01/20〜2017/06/18)

第193回国会 厚生労働委員会 第4号(2017/03/10、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○高鳥委員長代理 次に、高橋千鶴子君。

第193回国会 厚生労働委員会 第27号(2017/06/07、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○高鳥委員長代理 次に、岡本充功君。

第193回国会 厚生労働委員会 第28号(2017/06/09、47期、自由民主党・無所属の会)

○高鳥委員 おはようございます。自由民主党の高鳥修一でございます。  質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  きょうは、一般質疑ではありますが、国会日程上、衆議院で審議入りができていない精神保健福祉法の一部改正について質問をさせていただきます。  まず初めに、改正の趣旨についてでありますが、この点をはっきりさせておきたいと思います。  改正法で新たに設けられた第二条第二項の趣旨は、医療の役割は患者の治療、健康維持、推進を図るものであって、犯罪の防止は直接的には医療の役割ではないということを明確にするものと考えてよろしいか。確認であります。

第193回国会 予算委員会 第2号(2017/01/26、47期、自由民主党・無所属の会)

○高鳥委員 自由民主党の高鳥修一でございます。  本日は、質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  今回の補正予算には熊本や東北の災害復旧の予算が含まれておりますが、それは後ほど質問いたしますけれども、本日は、まず、糸魚川市駅北大火の対応と政府の災害対策について質問をいたします。  まず、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。火災はどこでも起こり得るものであり、今回の教訓を共有していただき、今後に生かしていくことが大切だと思います。  事実関係をまず簡潔に振り返ります。  昨年十二月二十二日木曜日午前十時二十分ころ出火、出火に気づいたのが八分後、さらに七分後の十時三十五分に……


高鳥修一[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
44期-46期-|47期|-48期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院47期)

 期間中、各種会議での発言なし。

高鳥修一[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
44期-46期-|47期|-48期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/09/17

高鳥修一[衆]在籍期 : 44期-46期-|47期|-48期
高鳥修一[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 47期在籍の他の議員はこちら→47期衆議院議員(五十音順) 47期衆議院議員(選挙区順) 47期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊