橋本岳 衆議院議員
48期国会発言一覧

橋本岳[衆]在籍期 : 44期-46期-47期-|48期| 今期は集計中です。
橋本岳[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは橋本岳衆議院議員の48期(2017/10/22〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は48期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院48期)

橋本岳[衆]本会議発言(全期間)
44期-46期-47期-|48期|
第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 衆議院本会議 第29号(2018/05/24、48期、自由民主党)

○橋本岳君 自由民主党の橋本岳でございます。  私は、自由民主党及び公明党を代表し、ただいま議題となりました厚生労働委員長高鳥修一君解任決議案に断固反対する立場から討論を行います。(拍手)  この通常国会は働き方改革国会であります。安倍政権は、二年前に一億総活躍プランにおいて働き方改革の実行を力強く宣言をし、労使双方のトップを含めた働き方改革実現会議における議論などを積み重ねてきました。  この国会では、いよいよその中核となる関連法案を審議し結論を得ることが各界から強く期待をされております。また、そのほかにも国民生活にかかわる多数の法案が提出されており、それらについても速やかに審議を進めること……

第196回国会 衆議院本会議 第43号(2018/07/18、48期、自由民主党)

○橋本岳君 自由民主党の橋本岳でございます。(拍手)  討論に先立ちまして、このたびの西日本の豪雨災害において亡くなられた皆様の御冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、全ての被災者の皆様にお見舞いを申し上げます。  私が住んでおります岡山県倉敷市では、御承知のとおり、真備地区において、小田川等の堤防が決壊し、極めて大きな被害が生じました。しかし、すかさず、愛知県、奈良県、滋賀県、各県からの緊急消防援助隊や自衛隊が駆けつけ、現地の消防、警察とともに人命救助に当たっていただきました。本当に心強かったです。  さきの三連休には、倫選特の森山浩行野党筆頭理事を含め、全国から多くの方が災害ボランティア……

橋本岳[衆]本会議発言(全期間)
44期-46期-47期-|48期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院48期)

橋本岳[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
44期-46期-47期-|48期|
第195回国会(2017/11/01〜2017/12/09)

第195回国会 厚生労働委員会 第2号(2017/11/24、48期、自由民主党)

○橋本委員 皆さん、おはようございます。  さきの選挙が済みまして、特別国会最初の厚生労働委員会質疑でのトップバッターを務めさせていただくことになりました自由民主党の橋本岳でございます。どうぞよろしくお願いをいたします。  まず、本当に、選挙が済みまして、きょうこの場におられる先生方は皆さんその選挙を勝ち抜いてこられたというわけでございますから、まことにおめでとうございますとお祝いを申し上げたいと思います。とともに、やはり姿の見られなくなった先生方もおられるというのは残念なことでございますが、それも選挙の結果であるわけでございますが、ぜひ再起を期して頑張っていただきたいと思います。  私自身も……


■ページ上部へ

第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 厚生労働委員会 第6号(2018/03/30、48期、自由民主党)【議会役職】

○橋本委員長代理 長谷川君に申し上げます。  時間は参っておりますので。
【次の発言】 次に、西村智奈美君。

第196回国会 厚生労働委員会 第7号(2018/04/04、48期、自由民主党)【議会役職】

○橋本委員長代理 済みません、失礼します。  ちょっと質問の途中ですけれども、大臣が退席の時間なので、よろしいでしょうか。
【次の発言】 では、大臣、退席してください。  どうぞ続けてください。
【次の発言】 自由民主党の橋本岳でございます。  きょうは二十分時間をいただきまして、議員立法を提出いただきました、その議員立法、生活保護法等の一部を改正する法律案、通称子供の生活底上げ法案と呼ばれているようでございますが、こちらにつきまして質問をさせていただきたいと思います。  本来であれば二十分の持ち時間を私は持っているんですが、ちょっと、他委員会の採決に行かなければいけないために、二十分を自民党……

第196回国会 厚生労働委員会 第16号(2018/05/09、48期、自由民主党)【議会役職】

○橋本委員長代理 どなたが答弁されますか。(尾辻委員「とめてください。誰か答えられるまでとめてください」と呼ぶ)  速記をとめてください。
【次の発言】 速記を起こしてください。  山越労働基準局長、答弁をお願いします。(発言する者あり)御静粛にお願いします。
【次の発言】 それは、質問者の意図を尋ねていらっしゃるんですか。  ごめんなさい、もう一回質問してください。
【次の発言】 ごめんなさい、念のため確認しますが、いつの時点で知っていたのかということをちょっと問うてください。

第196回国会 厚生労働委員会 第17号(2018/05/11、48期、自由民主党)【議会役職】

○橋本委員長代理 次に、高橋千鶴子君。

第196回国会 厚生労働委員会 第18号(2018/05/15、48期、自由民主党)【議会役職】

○橋本委員長代理 通告されていますか。(岡本(充)委員「している」と呼ぶ)  では、とめてください。
【次の発言】 では、速記を起こしてください。  定塚社会・援護局長。

第196回国会 厚生労働委員会 第20号(2018/05/18、48期、自由民主党)【議会役職】

○橋本委員長代理 じゃ、時計をとめてください。
【次の発言】 じゃ、速記を起こしてください。  加藤厚生労働大臣。

第196回国会 厚生労働委員会 第22号(2018/05/23、48期、自由民主党)【議会役職】

○橋本委員長代理 速記をとめてください。
【次の発言】 速記を起こしてください。  まず、厚生労働省、きちんと通告を伺って、答弁を準備しておくようにしてください。  定塚社会・援護局長。
【次の発言】 質問は挙手をして言ってください。

第196回国会 厚生労働委員会 第23号(2018/05/25、48期、自由民主党)

○橋本委員 御質問ありがとうございます。  今回私どもが御提案をしております修正案では、高度プロフェッショナル制度の労使委員会の決議事項に、同意の撤回に関する手続を法定するということにしております。これによりまして、半数以上の労働者で構成する労使委員会の五分の四以上の多数による議決で同意の撤回に関する手続を定めなければ、高度プロフェッショナル制度は導入できないということになります。  御指摘の点につきましてですけれども、今回の高度プロフェッショナル制度におきましては、厚生労働省において、対象労働者の適正な労働条件を確保するため、労使委員会の決議事項に関する指針を策定するということになって、その……

第196回国会 厚生労働委員会 第26号(2018/06/06、48期、自由民主党)【議会役職】

○橋本委員長代理 申合せの時間が来ておりますので、簡潔に答弁をお願いします。
【次の発言】 次に、白須賀貴樹君。
【次の発言】 いや、どうぞどうぞ、続けてください。
【次の発言】 次に、伊佐進一君。
【次の発言】 次に、吉田統彦君。
【次の発言】 答弁者に申し上げますが、簡潔に答弁というのは、早口で読めということではなくて、ポイントを言えということですから、よろしくお願いいたします。
【次の発言】 次に、初鹿明博君。
【次の発言】 次に、西村智奈美君。
【次の発言】 委員長として一言申し上げます。(発言する者あり)済みません、委員長代理でございますけれども。  きょうの委員会につきましては、理……

第196回国会 厚生労働委員会 第27号(2018/06/08、48期、自由民主党)【議会役職】

○橋本委員長代理 時間が参っておりますので簡潔にお願いします。
【次の発言】 次に、高橋千鶴子君。
【次の発言】 ただいまの件につきましては、理事会で協議をいたします。
【次の発言】 山越労働基準局長。(高橋(千)委員「大臣に聞いています」と呼ぶ)  大臣は後で補足させます。
【次の発言】 高橋千鶴子君の残余の質疑は後刻行うことといたします。
【次の発言】 この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として警察庁長官官房審議官小田部耕治君、金融庁総務企画局参事官栗田照久君、厚生労働省大臣官房生活衛生・食品安全審議官宇都宮啓君、健康局長福田祐典君、職業安定局雇用開発部長坂根工博……

第196回国会 厚生労働委員会 第28号(2018/06/13、48期、自由民主党)【議会役職】

○橋本委員長代理 ただいまの件につきましては、後刻、理事会で協議をいたします。  質疑を続行してください。
【次の発言】 速記をとめてください。
【次の発言】 速記を起こしてください。  高木厚生労働副大臣。
【次の発言】 速記をとめてください。
【次の発言】 速記を起こしてください。  福田健康局長。
【次の発言】 速記をとめてください。
【次の発言】 速記を起こしてください。  福田健康局長。
【次の発言】 ただいまの件については、理事会で対応を協議させていただきたいと思います。(発言する者あり)
【次の発言】 答弁者に申しますが、その答弁をさっきからされていますけれども、成年年齢に達した……

第196回国会 厚生労働委員会 第29号(2018/06/15、48期、自由民主党)【議会役職】

○橋本委員長代理 次に、高橋千鶴子君。
【次の発言】 私は、自由民主党、立憲民主党・市民クラブ、国民民主党・無所属クラブ、公明党、日本共産党及び日本維新の会を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。  案文を朗読して説明にかえさせていただきます。     健康増進法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の事項について適切な措置を講ずるべきである。  一 既存特定飲食提供施設に係る特例措置については、法施行後できる限り速やかに、当該施設における受動喫煙防止措置の実施状況に関する実態調査等を行い、その結果に基づき、必要な措置を講ずること。  二……

第196回国会 厚生労働委員会 第32号(2018/07/04、48期、自由民主党)【議会役職】

○橋本委員長代理 速記をとめてください。
【次の発言】 速記を起こしてください。  宇都宮生活衛生・食品安全審議官。
【次の発言】 ただいまの件につきましては、理事会で協議をさせていただきます。  質疑を続けてください。
【次の発言】 次に、高橋千鶴子君。
【次の発言】 私は、自由民主党、立憲民主党・市民クラブ、国民民主党・無所属クラブ、公明党及び日本維新の会を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。  案文を朗読して説明にかえさせていただきます。     水道法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の事項について適切な措置を講ずるべきであ……

第196回国会 厚生労働委員会 第33号(2018/07/06、48期、自由民主党)【議会役職】

○橋本委員長代理 次に、伊佐進一君。
【次の発言】 高木厚生労働副大臣、時間が来ておりますので、手短にお願いします。
【次の発言】 次に、西村智奈美君。
【次の発言】 次に、白石洋一君。

第196回国会 厚生労働委員会 第35号(2018/07/11、48期、自由民主党)【議会役職】

○橋本委員長代理 鈴木保険局長、申合せの時間が経過をしておりますので、手短にお願いします。

第196回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第6号(2018/07/17、48期、自由民主党)【議会役職】

○橋本委員長代理 次に、浦野靖人君。

第196回国会 予算委員会 第17号(2018/02/26、48期、自由民主党)

○橋本委員 自由民主党の橋本岳でございます。  きょうは、二十五分の時間をいただきまして質問をさせていただきますが、余り時間がないので、簡潔な答弁をお願いしたいと思います。  さて、まず、裁量労働制に関して議論され、データについて撤回をされ、おわびをされるということがございました。(発言する者あり)データは撤回していないんですね、失礼をいたしました。  答弁を撤回したということがございました。そのことに対しましては、大変残念なことでございますし、非常に遺憾なことだと思っております。  ただ、私も、昨年まで厚生労働副大臣もしておりました。大臣政務官も以前しておりました。そういう意味でいえば、この……


■ページ上部へ

第197回国会(2018/10/24〜2018/12/10)

第197回国会 厚生労働委員会 第2号(2018/11/14、48期、自由民主党)【議会役職】

○橋本委員長代理 後刻、理事会でお諮りをいたします。

第197回国会 厚生労働委員会 第7号(2019/01/24、48期、自由民主党)

○橋本委員 皆さん、おはようございます。自由民主党の橋本岳でございます。  今回の件、私も、以前、大臣政務官や副大臣として厚労省にいた時分のことも入っておりますので、自分にも責任がかかるということは認識をしておりますが、きょうは、一人の議員としてただすことで、まずはその責任を果たしていきたいと思っておりますので、よろしくお願いをいたします。  先日二十二日に報告書が公表されました。迅速な対応をいただいたことに感謝を申し上げたいと思います。ただ、全てが納得できたわけではございません。そのことについて幾つかただしてまいりたいと思います。  まず、資料をお配りをしておりますので、委員の方はごらんをい……

第197回国会 予算委員会 第2号(2018/11/01、48期、自由民主党)

○橋本委員 おはようございます。自由民主党の橋本岳でございます。  きょうは、予算委員会で質疑の機会をいただきまして、まことにありがとうございます。補正予算の審議でございまして、災害対策が中心ということですから、これを中心に伺いたいと思います。  まずは、平成三十年七月の豪雨災害、あるいは、ことしはたくさんほかにもいろいろな災害がございまして、多くの方が亡くなられました。心から御冥福をお祈り申し上げますとともに、被害を受けられた皆様には心からのお見舞いを申し上げたいと思います。  私は、岡山県倉敷市というところに住んでおります。西日本豪雨災害におきまして倉敷市の真備町が大きな被害を受けた、もち……


■ページ上部へ

第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 厚生労働委員会 第3号(2019/03/13、48期、自由民主党)

○橋本委員 自由民主党の橋本でございます。  十五分時間をいただきましたので、質疑をさせていただきます。  資料がお手元に今配付されているかと思いますけれども、私は、この二月八日に医政局が出した医師法二十一条に関する通知について質問をしたいと思っております。  もともと医師法二十一条というのは、死体とか死産児を検案して異状があると認めたら、二十四時間以内に所轄警察署に届け出なければならない、こういう規定でございまして、厚労省の資料によれば、これは犯罪の痕跡をとどめている場合があるので、司法警察上の便宜のために届出の義務を規定したものである、こういうふうになっているわけでございます。  ただ、平……

第198回国会 厚生労働委員会 第6号(2019/04/03、48期、自由民主党)【議会役職】

○橋本委員長代理 恐れ入ります。速記をとめてください。

第198回国会 厚生労働委員会 第7号(2019/04/10、48期、自由民主党)【議会役職】

○橋本委員長代理 次に、白石洋一君。

第198回国会 厚生労働委員会 第9号(2019/04/16、48期、自由民主党)【議会役職】

○橋本委員長代理 次に、大西健介君。

第198回国会 厚生労働委員会 第13号(2019/04/26、48期、自由民主党)【議会役職】

○橋本委員長代理 答弁をお聞きください。
【次の発言】 では、もう一回答弁してもらいます。根本厚生労働大臣。

第198回国会 厚生労働委員会 第17号(2019/05/15、48期、自由民主党)【議会役職】

○橋本委員長代理 山井君に申し上げます。  根本大臣が答弁されているのは、政府としては消費税を上げるということを決めているということをお話しになっているんだと思います。(山井委員「そのことは聞いていません、だから。上げない場合、どうなんですかと聞いているんです。とめてください、答えられないんだったら。一旦とめてください。これは国民みんなが知りたがっている質問ですから」と呼ぶ)  もう一回答弁しますか。

第198回国会 厚生労働委員会 第21号(2019/05/24、48期、自由民主党)

○橋本委員 自由民主党の橋本岳でございます。  今回の児童福祉法改正両案に対する質疑というのは大変充実したものになっているな、大変勉強になったなというふうに思っております。感謝をしたいと思います。  その上で、私の方からも、二点ほどにちょっと注目をして質問したいと思っております。  まず、中核市の問題について。これも、いろいろな方からいろいろな御質疑がございました。私の方からは、中核市側の言い分についてちょっと掘り下げてみたいなと思っております。  お手元に資料をお配りしておりますので、ぜひごらんになりながら聞いていただければと思います。  まず、一枚目、中核市制度の概要等についての総務省の資……


■ページ上部へ

第200回国会(2019/10/04〜2019/12/09)

第200回国会 厚生労働委員会 第1号(2019/10/23、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○橋本副大臣 このたび厚生労働副大臣を拝命をいたしました橋本岳でございます。  主として、医療、福祉の分野を担当いたします。  急速に少子高齢化が進む中、社会保障制度をしっかりと次世代に引き渡し、生涯にわたって安心して暮らすことができるよう、誠実かつ積極的に取り組んでまいります。  厚生労働委員会の皆様方の御理解と御協力をいただきながら、稲津副大臣、両大臣政務官とともに全力で加藤大臣を補佐してまいる所存でございますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

第200回国会 厚生労働委員会 第2号(2019/10/30、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○橋本副大臣 お答えをいたします。  被災をした医療施設に対しましては、医療施設等災害復旧費補助金というものがございまして、建物の工事等の復旧に要する費用につきまして、公的医療機関及び特に優先度の高い救急医療や周産期医療等の政策医療を実施している民間医療機関に二分の一を補助しております。  今回、台風十九号が、昨日、激甚災害に指定をされました。それによりまして、今二分の一と申しましたが、公的医療機関に対しては二分の一から三分の二へ補助率の引上げを行うこと、また、政策医療を実施している民間医療機関に対しては補助額の上限を撤廃すること、そして、先ほどCT、MRI等々医療機器の話がございましたけれど……

第200回国会 厚生労働委員会 第4号(2019/11/08、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○橋本副大臣 先月、厚生労働省、法務省、文部科学省と原告団家族代表の皆様方などとの協議の場として、ハンセン病に係る偏見、差別の解消に向けた協議会を立ち上げ、御家族の方々から貴重なお話や御意見をお伺いしたところでございます。  そして、その中で、例えば、国というのは無らい県運動というのをやってきたわけですね。そうした大キャンペーンを張って患者の方を療養所の方に隔離するということを、ある意味で官民を挙げてという言い方もできるのではないかと思いますが、そういうのをやってきた歴史があったわけであります。例えばそうした勢いでなぜ普及啓発ができないのかということも問われましたし、一方で、そうしたことをこれ……

第200回国会 厚生労働委員会 第5号(2019/11/13、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○橋本副大臣 私も副大臣として、ないしは政務官のときに桜を見る会に行ったことはありますし、そのときにいろいろな方にお目にかかったことはございます。  また、これも大臣同様の答弁になろうと思いますが、取りまとめそのものは、内閣府ですかね、の方でされているというふうに承知をしております。  また、行きたいというお話そのものを伺ったこともあると思います。

第200回国会 消費者問題に関する特別委員会 第4号(2019/11/26、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○橋本副大臣 お答えをいたします。  確かに、今議員のお話しになったような事例というものについて、首をかしげたくなるなということは個人的な感想としては思いますが、ただ、当省として把握したものでもございませんので、個別の事案のよしあしについて決めつけるということは差し控えたいと思います。  ただ、御指摘のあった、ひきこもりの評価・支援に関するガイドラインでは、例えば、その支援者の基本的な態度として、当事者の緊張した居心地の悪さや心細さを最初の壁として認識した上で初回面談に臨む必要があること、また、その際には、当事者の方に対してねぎらいの言葉をかけるべきであることとか、当事者が訪問を拒否している場……

第200回国会 総務委員会 第3号(2019/11/19、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○橋本副大臣 今、地方議員の厚生年金の加入に関していろいろなお話があって、財政検証をすべきでは、こういうお尋ねをいただきましたが、ちょっと、一つ一つ申し上げてまいります。  まず、これは高市大臣が答弁されたとおりですが、厚生年金法上の適用というのは、被用者に該当するかどうかということによるのだ。そして、現状において、今、地方議員は、政府としては、使用される者には該当しない扱いとなっているというのが現状だということでございます。  その上で、まず、過去債務のお話がございました。  この話については、以前、被用者年金の一元化というものを厚生労働省で行ったときに、厚生年金に相当する部分のみは、要する……

第200回国会 内閣委員会 第2号(2019/10/23、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○橋本副大臣 御答弁申し上げますが、近視の要因は、今お話をいただきましたように、いろいろな要因が絡んでいる。遺伝要因のほか、物を近くで見るかどうかとか、屋外での活動時間の長短といった環境要因などが発症、進行に関与しているというふうに言われております。ただ、まだ正確なメカニズムはいまだ十分には解明されていないという状況であろうと承知をしております。  そして、今御指摘、お話をいただきましたように、発症、進行予防に、太陽光に豊富に含まれるバイオレットライトが関連をしているという報告があることも承知をしておるところでございます。  ただ、この答弁をすると何かお叱りをいただきそうな気がしますが、今後、……


■ページ上部へ

第201回国会(2020/01/20〜2020/06/17)

第201回国会 経済産業委員会 第3号(2020/03/18、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○橋本副大臣 まずは、対応につきまして、また、私に対しまして御苦労さまというお声をかけていただきまして、まことにありがとうございます。  対談というか何というか、政府において検証するということは、これは既に答弁をされておりますので、それはなされることだろうと思っておりますし、私もそれにはしっかり協力してまいりたいと思っております。  また、足立委員からの対談のお申出があれば、それはまた、スケジュールが合えばぜひさせていただきたいと思います。
【次の発言】 御期待に応えられるかどうかは自信がございませんが。  新型コロナウイルス感染症につきましては、三月九日の専門家会議におきまして、まず、一定程……

第201回国会 厚生労働委員会 第4号(2020/03/17、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○橋本副大臣 まずは、ねぎらいの言葉をいただきまして、まことにありがとうございます。これからもしっかり務めてまいりたいと思います。  さて、お尋ねの、御指摘のツイートでございますけれども、これは、ダイヤモンド・プリンセス船内における感染症予防の取組ということで、厚生労働省が発表した資料をまずはツイートをして、それに補足をさせるというような意図を持って、検体採取により乗客等と直接接する者が防護措置として着用していたマスクやガウン等を脱いでから通るルートと、そうした業務に従事していない者が通るルートというのを分けているということをお示ししようということを意図して投稿したものでございます。  ただ、……

第201回国会 厚生労働委員会 第6号(2020/04/03、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○橋本副大臣 お答えをいたします。  新谷委員また小川委員からもお話があったかと思いますが、患者の状況によって、今後、重症の方がどんどんふえていくという状況に仮になったときに、軽症の方あるいは無症状の方を自宅に、あるいは、自宅に例えば御高齢の方がいる、そういうような状況に応じて宿泊施設等に行っていただく、こういうようなことについては、累次、そうした方針というものをこれまでお示ししてきたところでございます。  例えば、三月二十八日に策定された基本的対処方針におきましては、患者が増加し重症者等に対する入院医療の提供に支障を来すおそれがあると判断する都道府県では、厚生労働省に相談の上、軽症者等は自宅……

第201回国会 財務金融委員会 第11号(2020/04/10、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○橋本副大臣 お答えをいたしますが、まず、その前に、委員から、今回の緊急宣言においても感染者数がウナギ登りになるのではないかというようなお話がございました。  御指摘いただきましたように、確かに強制力が余り強いものではありません。というか、ほぼ個人の行動についてはないと言っても差し支えはないぐらいの法的根拠しかございません。ただ、人と人との接触を八割方減らすということで感染を防げるというのは、数理的にそのように出ているものですから、そういうお呼びかけをしております。  その上で、罰則に頼るということではなく、国民の皆様の御協力をいただいて、その意識に頼ってそれを実現をするということが、もともと……

第201回国会 総務委員会 第1号(2020/01/28、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○橋本副大臣 お答えをいたします。  今お尋ねをいただきました東栄医療センターは、お話しいただきましたように、国民健康保険直営診療施設、こういうことになっております。  これはもともと、民間の医療機関の進出が期待できない地域や医療機関の整備が不十分な地域などにおいて、国保被保険者への保険給付を確保するため保険者が設置、運営を行うものということでございまして、こうした施設に対しましては、施設設備整備のほか、僻地運営費として、僻地に所在する国保直営診療所の不可避的な運営赤字に対し一定額の助成を行う、こういう仕組みでございます。  その東栄医療センターにつきましては、今お話しいただきましたように、ま……

第201回国会 農林水産委員会 第7号(2020/03/19、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○橋本副大臣 お答えをいたします。  先ほど審議官が申しましたとおり、まさに今その患者の方に御同意をいただいて投与をして研究を行っているところというところまでは申し上げております。  ただ、結局何のためにそれをやっているかというと、有効性及び安全性を確認するために実際に同意をいただいて検査、確認をしているというところでありまして、それこそ研究の結果がどうなるのかということを予断を与えるということも私どもは控えるべきだと思っております。  そのため、そうした具体的な人数でありますとかそうした経過でありますところを申し上げることは差し控えさせていただきたい、こう思っているところでございます。

第201回国会 予算委員会 第5号(2020/02/03、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○橋本副大臣 まず、御答弁を申し上げます前に、棚橋委員長、そして与野党の理事、委員の先生方におかれましては、加藤厚生労働大臣の本委員会の出席につきまして温かい御配慮をいただきました。厚く感謝を申し上げますとともに、しっかりと新型コロナウイルス対策に取り組んでまいる所存でございます。  さて、また、とかしき委員からは、先ほど冒頭に情報発信の仕方についての御指摘もいただきました。三点ございましたが、いずれも大事な御指摘であります。しっかり受けとめて今後に生かしてまいりたいと思っております。  そして、今、気候変動の適応政策の対象として厚生労働省が環境省と連携をすべきという、さきに環境副大臣そして厚……

第201回国会 予算委員会 第6号(2020/02/04、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○橋本副大臣 お答えをいたします。  仮定の話なので、ちょっとお答えをするのが困難に存じます。もちろん、今後の状況を見て、必要な対応を政府としてしっかりとってまいるというふうには考えております。
【次の発言】 まさに仮定の質問だとも思いますが、もちろん、それが必要な状況になったときに必要な指定を行うことは可能であろうと思います。

第201回国会 予算委員会 第7号(2020/02/05、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○橋本副大臣 お答えをいたします。  地域医療構想の実現に向けましては、骨太の方針二〇一九に即し、重点支援区域の設定を通じて国による助言や集中的な支援を行うため、都道府県の申請に基づきまして、今委員からお話ございましたように、本年一月三十一日に、三県五区域を重点支援区域として第一回目の選定を行ったところでございます。  ここにおきます具体的な支援といたしましては、地域の医療提供体制や医療機能再編等を検討する医療機関に関するデータの分析、また、都道府県と連携した関係者間の調整などの技術的な支援に加えまして、地域医療介護総合確保基金の優先配分や新たな病床ダウンサイジング支援の手厚い実施などの財政的……

第201回国会 予算委員会 第8号(2020/02/06、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○橋本副大臣 まず、お答えに入ります前に、お地元の方がクルーズ船の中におられるということで、大変御心痛のことであろうと思っております。私どもも、今中におられる方の健康状態あるいは感染防止などに対して万全を尽くしてまいりたいと考えております。  また、先ほどコロナウイルスがということでおっしゃっておりましたが、コロナウイルスというのは、既知のものが六種類、今回新型があるということで、新型のことが今問題になっているということで、そこは誤解を招かないように、一言申し添えさせていただきたいと思います。  そして、今お尋ねの話でございますけれども、国民健康保険は、日本国内に住所を有する者に適用することと……

第201回国会 予算委員会 第9号(2020/02/07、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○橋本副大臣 お答えをいたします。  我が国における新型コロナウイルス感染症の発生につきましては、現時点では、武漢市に滞在歴のある方による発症が多くなっております。  今、発症者という意味で申し上げますと、クルーズ船の方々をちょっと別にいたしまして、そうでない方々に関して申し上げれば、発症者二十一例中十七例が武漢市、武漢の滞在歴のある方でございます。  ただし、武漢市からのツアー客を乗せたバスの運転手の方、あるいはその運転手の方の運転するバスにガイドさんとして乗っていた方の症例があること、それからもう一つは、勤務先のお店で中国からの観光客の方の、お店で接客をしておられた方の発生がございます。 ……

第201回国会 予算委員会 第10号(2020/02/10、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○橋本副大臣 お答えをいたします。  クルーズ船について申し上げますけれども、現在、臨船検疫を行っているクルーズ船につきましては、これまで、乗員乗客全員に対して、体温計での測定による体温スクリーニングを行うとともに、PCRの検査を実施しているところでございます。  クルーズ船内でのPCRの検査については、検査キットの数や処理能力を踏まえ、まず優先度が高い方に検査を実施してきておりまして、呼吸器症状や発熱のある方、呼吸器症状や発熱のある方との濃厚接触者、そして、香港で下船した陽性患者との濃厚接触者のいずれかの方に対して実施をしているところでございます。  香港で下船した方の陽性患者との濃厚接触者……


橋本岳[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
44期-46期-47期-|48期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院48期)

橋本岳[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
44期-46期-47期-|48期|
第201回国会(2020/01/20〜2020/06/17)

第201回国会 決算行政監視委員会第一分科会 第1号(2020/04/06、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○橋本副大臣 お答えをいたします。  原則ということでおっしゃいましたので一般論として申し上げますが、新型コロナウイルス感染症の患者、そのほかいろいろな感染症の方もおられます、その方が指定医療機関に入院をされている、その指定医療機関に避難指示が出た場合ということで、そうした方については、適切な医療を提供する観点では、その関係者の方々の御協力を得て、感染を管理しながら転院をしていただく。すなわち、必要な防護等を行う、搬送の際などでですね、していただきながら、医療機関、あるいは場合によっては、軽症の方、無症状の方などは、例えばそれ以外の宿泊施設等も考えられるかと思いますが、そうしたことも含めて対応……

第201回国会 決算行政監視委員会第四分科会 第1号(2020/04/06、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○橋本副大臣 検疫を所管をしております厚生労働省の方からも答弁をいたします。  今法務省の方からお答えがあったことの裏返しということになりますが、空港における検疫所と出入国管理庁との連携につきまして、まず、検疫所において、入管法に基づく入国拒否対象地域への滞在歴を確認するための紙を配付をいたします。滞在歴や発熱等の疑いが確認された場合には詳細に症状等を確認をする、その上で、入国審査の際に、当該の紙を所持しているかどうか、あるいは所持している場合でも再度滞在歴を確認して、必要に応じて検疫所に乗客を差し戻していただく、そのような形での連携を行っていることでございまして、引き続き検疫所と出入国在留管……



橋本岳[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
44期-46期-47期-|48期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/10/21

橋本岳[衆]在籍期 : 44期-46期-47期-|48期| 今期は集計中です。
橋本岳[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 48期在籍の他の議員はこちら→48期衆議院議員(五十音順) 48期衆議院議員(選挙区順) 48期衆議院統計


■著書
2020年10月新刊