白石洋一 衆議院議員
48期国会活動統計

白石洋一[衆]在籍期 : 45期-|48期| 今期は集計中です。
白石洋一[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは白石洋一衆議院議員の48期(2017/10/22〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は48期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院48期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第195回国会
(特別:2017/11/01-2017/12/09)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2018/01/22-2018/07/22)
3回
8791文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第197回国会
(臨時:2018/10/24-2018/12/10)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2019/01/28-2019/06/26)
1回
3058文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第199回国会
(臨時:2019/08/01-2019/08/05)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第200回国会
(臨時:2019/10/04-2019/12/09)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第201回国会
(通常:2020/01/20-2020/06/17)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第202回国会
(臨時:2020/09/16-2020/09/18)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



48期通算
(2017/10/22-2021/10/21)
4回
11849文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


白石洋一[衆]本会議発言(全期間)
45期-|48期|

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院48期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


7回
(0回)
1回
(0回
0回)
6346文字
(0文字
0文字)

41回
(0回)
10回
(0回
0回)
45250文字
(0文字
0文字)

10回
(2回)
2回
(0回
0回)
5992文字
(0文字
0文字)

34回
(7回)
7回
(0回
0回)
28245文字
(0文字
0文字)

第199回国会
3回
(2回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

13回
(6回)
4回
(0回
0回)
17886文字
(0文字
0文字)

12回
(5回)
3回
(0回
0回)
16989文字
(0文字
0文字)


48期通算
120回
(22回)
27回
(0回
0回)
120708文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


1回
(0回)
1回
(0回
0回)
4812文字
(0文字
0文字)

2回
(0回)
1回
(0回
0回)
4697文字
(0文字
0文字)

1回
(0回)
1回
(0回
0回)
5490文字
(0文字
0文字)


48期通算
4回
(0回)
3回
(0回
0回)
14999文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
77回
(0回)
17回
(0回
0回)
厚生労働委員会

2位
32回
(22回)
8回
(0回
0回)
地方創生に関する特別委員会

3位
3回
(0回)
1回
(0回
0回)
災害対策特別委員会

3位
3回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会

5位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
文部科学委員会

5位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
内閣委員会

5位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
決算行政監視委員会

5位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
安全保障委員会

5位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
東日本大震災復興特別委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第八分科会

1位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第七分科会

1位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第四分科会

1位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
予算委員会公聴会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

地方創生に関する特別委員会(第197回国会)
地方創生に関する特別委員会(第198回国会)
地方創生に関する特別委員会(第199回国会)
地方創生に関する特別委員会(第200回国会)
地方創生に関する特別委員会(第201回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

白石洋一[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
45期-|48期|

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院48期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第195回国会(特別:2017/11/01-2017/12/09)0本
第196回国会(通常:2018/01/22-2018/07/22)3本
第197回国会(臨時:2018/10/24-2018/12/10)4本
第198回国会(通常:2019/01/28-2019/06/26)0本
第199回国会(臨時:2019/08/01-2019/08/05)0本
第200回国会(臨時:2019/10/04-2019/12/09)0本
第201回国会(通常:2020/01/20-2020/06/17)0本
第202回国会(臨時:2020/09/16-2020/09/18)0本


48期通算(2017/10/22-2021/10/21)7本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

首相官邸の面会記録に関する質問主意書

第196回国会 衆議院 質問主意書 第281号(2018/05/10提出、48期、国民民主党・無所属クラブ)
質問内容
首相官邸での面会記録について、次の通り質問する。
一 首相官邸にて外部の一般の者が面会を希望し入室する際は、セキュリティ上入室する者の身分証の確認や、面会を受ける者の確認等が記録されていると思われるが、それぞれどのような確認がなされているのか説明ありたい。
二 柳瀬唯夫元首相秘書官が、首相官邸にて愛媛県関係者と面会していたかどうかは、入室記録で判断できるのではないか。
三 もし記録されておら…
答弁内容
一から三までについて
お尋ねの「入室」の具体的に意味するところが必ずしも明らかではないが、内閣総理大臣官邸への入邸に当たっては、訪問予定者に対し、訪問先への総理大臣官邸訪問予約届(以下「訪問予約届」という。)の事前提出を求め、入邸時にこれに記載されている内容と訪問予定者の身分証明書を照合し、本人確認を行っている。
訪問予約届は、訪問予定者の入邸確認後、その使用目的を終えることに加え、これを全て…

内閣人事局の人事権の対象範囲に関する質問主意書

第196回国会 衆議院 質問主意書 第409号(2018/06/26提出、48期、国民民主党・無所属クラブ)
質問内容
内閣人事局は国家公務員の幹部職員人事を行っているが、憲法上の要請である、三権分立、司法権の独立、また検察公訴権や会計検査権の行使に対する不当な政治的介入を防止する観点から、自ずからその人事権の行使には限界や制限があるべきものと思慮される。これを踏まえ、以下質問する。
一 最高裁判所(裁判部門だけでなく司法行政部門も含めて、以下同様)において内閣人事局が人事権を行使する官職名を列挙頂きたい。
二…
答弁内容
一から十までについて
お尋ねの「内閣人事局が人事権を行使する」及び「内閣人事局の人事権の行使」の意味するところが明らかではないため、お答えすることは困難である。

内閣人事局の人事権の対象範囲に関する再質問主意書

第196回国会 衆議院 質問主意書 第429号(2018/07/06提出、48期、国民民主党・無所属クラブ)
質問内容
平成三十年七月六日答弁書(内閣衆質一九六第四〇九号)を踏まえて以下再質問する。
内閣人事局は国家公務員の幹部職員人事を行っている。この幹部職員の範囲は、国家公務員法第六十一条の四第一項の規定により任用等に当たり内閣総理大臣及び内閣官房長官に協議が必要な幹部職員であり、具体的には国家公務員法第三十四条第一項第六号や幹部職員の任用等に関する政令第二条など(以下「幹部職員を定める規定」という。)で定め…
答弁内容
一から十一までについて
お尋ねの趣旨が必ずしも明らかではないが、内閣官房内閣人事局は、「幹部職員人事の一元管理」として、国家公務員法(昭和二十二年法律第百二十号)第六十一条の二の規定による適格性審査に関する事務、同法第六十一条の四の規定による内閣総理大臣及び内閣官房長官との協議に関する事務等をつかさどることとされているところ、特別職である裁判官及びその他の裁判所職員の職並びに検査官等の職には、同…

■ページ上部へ

第197回国会(2018/10/24〜2018/12/10)

国道十一号バイパス新居浜市部分(新居浜バイパス)の整備進捗状況に関する質問主意書

第197回国会 衆議院 質問主意書 第88号(2018/11/28提出、48期、国民民主党・無所属クラブ)
質問内容
国道十一号は四国北部の瀬戸内海に沿い、愛媛県東予地域のモノづくりを中心とする産業を支える大動脈であり、かつ生活道路や、四国八十八か所巡りで歩き遍路でも使われる重要な幹線道路である。しかしながら新居浜市内の現国道十一号は平均道路幅員が八.五mの二車線道路であり、近年の増加する交通量が交通容量に対して大きく上回っているため、慢性的な交通渋滞を引き起こし、第三次救急医療施設である県立新居浜病院への救急搬…
答弁内容
一について
お尋ねの一般国道十一号新居浜バイパス(以下「新居浜バイパス」という。)は、一般国道十一号を始めとする新居浜市内における交通渋滞の緩和及び交通安全の確保とともに、東予救命救急センターへの所要時間の短縮、周辺観光地へのアクセス向上、物流交通の効率化による地域経済の発展等に資する重要な道路であると認識している。
二について
新居浜バイパスのうち、新居浜市東田から新居浜市西喜光地町までの…

三島川之江港ガントリークレーンの整備進捗状況に関する質問主意書

第197回国会 衆議院 質問主意書 第89号(2018/11/28提出、48期、国民民主党・無所属クラブ)
質問内容
三島川之江港は、四国中央市の基幹産業である製紙産業にとって物流の重要な社会インフラであり、特に国施工の水深十四m岸壁を中心とした金子地区国際物流ターミナルでは紙製品等の貨物は大きな伸びを示しており、地元と愛媛県では当該ターミナルへのガントリークレーンの早期整備が切望されているところである。これを踏まえ、以下質問する。
一 国際フィーダーの増加など海外との国際取引の推進を図るうえで、金子地区国際物…
答弁内容
一について
三島川之江港の御指摘の「金子地区国際物流ターミナル」については、国際コンテナ戦略港湾である阪神港との間の国際フィーダー航路における貨物輸送の需要等に適切に対応するため、ガントリークレーンを含む荷役機械の整備が重要と認識している。
二について
お尋ねのガントリークレーンの今後の整備については、三島川之江港の港湾管理者である愛媛県において検討が進められていると承知しており、政府として…

東予港の港湾整備に関する質問主意書

第197回国会 衆議院 質問主意書 第90号(2018/11/28提出、48期、国民民主党・無所属クラブ)
質問内容
東予港は昭和三十九年の東予新産業都市指定以来、地域の産業活動や人的交流を支える重要な拠点となっている。そのような中、東予港の中央地区に、船舶の大型化に対応できる耐震機能を備えた水深七.五mの岸壁「複合一貫輸送ターミナル整備事業」が完成され、地域経済や防災の拠点としても大いに期待されるところである。さらに、東予港においては港湾計画策定から十年以上が経過し、目標年次である平成二十年度後半が過ぎており、…
答弁内容
一について
東予港は、臨海部に立地する企業が生産する製品等の輸送及び愛媛県と阪神地域とを結ぶフェリーによる輸送を中心に、産業活動及び地域の物流を支える港湾として重要な役割を果たしており、需要に対応した港湾整備は重要と認識している。
二について
御指摘の「今後必要とされる岸壁、防波堤、航路泊地等の整備」、「浚渫土砂等の処分」、「埋立地」及び「整備計画の立案が必要となる」の具体的に意味するところ…

農業委員会の法的位置づけと予算確保に関する質問主意書

第197回国会 衆議院 質問主意書 第96号(2018/11/30提出、48期、国民民主党・無所属クラブ)
質問内容
農業委員会組織は平成二十八年四月施行の新たな農業委員会制度のもと、本年十月には千七百三の全農業委員会が新体制へ移行し、中山間の大規模化の難しい農地の多い愛媛県でも「農地利用の最適化」への取り組みを積極的に推進しているところである。これを踏まえ、以下質問する。
一 農地中間管理事業による農地の利用集積のためにも、農業委員会の役割は零細農家の多い愛媛県等では、特に重要である。例えば、農業委員会が行う…
答弁内容
一について
お尋ねの「コーディネーターとしての役割」については、平成三十年十一月二十七日に改訂された「農林水産業・地域の活力創造プラン」(平成二十五年十二月十日農林水産業・地域の活力創造本部決定)において、「農地中間管理機構がその本来の機能を発揮するため、農地中間管理事業の五年後見直しにおいて、地域の特性に応じて、市町村、農業委員会、JA、土地改良区等のコーディネーター役を担う組織と農地中間管理…

白石洋一[衆]質問主意書(全期間)
45期-|48期|
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院48期 ※参考情報)

希望の党・無所属クラブ (第195回国会、初出日付:2017/11/24、会議録より)
希望の党・無所属クラブ (第196回国会、初出日付:2018/02/15、会議録より)
国民民主党・無所属クラブ (第196回国会、初出日付:2018/05/09、会議録より)
国民民主党・無所属クラブ (第197回国会、初出日付:2018/11/21、会議録より)
国民民主党・無所属クラブ (第198回国会、初出日付:2019/02/27、会議録より)
立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム (第200回国会、初出日付:2019/10/30、会議録より)
立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム (第201回国会、初出日付:2020/02/25、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院48期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/10/21

白石洋一[衆]在籍期 : 45期-|48期| 今期は集計中です。
白石洋一[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 48期在籍の他の議員はこちら→48期衆議院議員(五十音順) 48期衆議院議員(選挙区順) 48期衆議院統計


■著書
2020年10月新刊