国会議員白書トップ衆議院議員井手以誠>質問主意書(全期間)

井手以誠 衆議院議員
「質問主意書」(全期間)

井手以誠[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧 | 質問主意書

このページでは、井手以誠衆議院議員が提出した質問主意書に関する情報をまとめています。質問主意書の提出数、質問主意書の件名、質問と政府からの答弁の冒頭部分を一覧にしています。質問と答弁については衆議院ウェブサイトの本文に飛ぶことができます。


質問主意書提出本数(衆議院)




質問主意書・政府答弁書一覧(衆議院)

27期(1955/02/27〜)

お年玉つき郵便葉書の寄附金に関する質問主意書

第22回国会 衆議院 質問主意書 第27号(1955/07/23提出、27期、会派情報無し)
質問内容
一 お年玉つき郵便葉書の寄附金の交付を受けた団体における寄附金の配分方法、使途及びその結末等に関しては、種々問題があるようであるが、その実情いかん。
二 前項に関連し、従来なんらかの欠陥弊害を生じていたとすれば、その状況及び発生理由いかん。また、これに対して関係省としては、どのような是正方法を講じようとしているか。
三 本件に関連して、お年玉つき郵便葉書等の発売に関する法律を改正する意思がある…
答弁内容
第一項について
お年玉つき郵便葉書の寄附金の配分団体としては、過去六箇年、郵政大臣より中央共同募金会および日本赤十字社が指定をうけてきた。その配分方法は昨年までは両者とも地方共同募金会および地方日赤支部に全額が還元され、その使途についても無条件に委任されてきた。
ところが、中央共同募金会は形式的にも実質的にも地方の単なる連絡機関に過ぎず、寄附金の地方への配分の媒介を行うにとどまり、その具体的な…

日本中央競馬会の国庫納付金の諸経費充当に関する質問主意書

第22回国会 衆議院 質問主意書 第28号(1955/07/25提出、27期、会派情報無し)
質問内容
一 日本中央競馬会は、日本中央競馬会法第二十七条の規定に基き昨年度分約六億一千六百万円を国庫に納付したといわれているので、同法第三十六条の規定により畜産振興費等への事業別配分額の概略を伺いたい。
二 日本中央競馬会法第三十六条は、国庫納付金のおおむね四分の一に相当する金額は民間の社会福祉事業に充てることを規定し、その充当先は提案説明に明示されているが、その金額並びに使途先が明らかでないので、事業…
答弁内容
1 昭和二十九年度予算における畜産業振興のための計上額の明細は、別紙甲のとおりであります。
日本中央競馬会の昭和二十九年度の国庫納付金のうち畜産振興のための経費に充当されることとなる金額は、おおむね四億五千万円で、その使途は特定いたしがたいが、別紙甲に掲げる経費の一部に充てられているのであります。
2 昭和二十九年度予算における民間の社会福祉事業の振興のための経費の計上額の明細は、別紙乙のとお…

※このページのデータは衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

井手以誠[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧 | 質問主意書



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。