国会議員白書トップ衆議院議員矢上雅義>質問主意書(全期間)

矢上雅義 衆議院議員
「質問主意書」(全期間)

矢上雅義[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧 | 質問主意書


質問主意書提出本数(衆議院)

在籍期提出数


40期(1993/07/18〜)0本
41期(1996/10/20〜)0本
48期(2017/10/22〜)3本


衆議院在籍時通算3本



質問主意書・政府答弁書一覧(衆議院)

48期(2017/10/22〜)

精神保健医療福祉の充実に関する質問主意書

第197回国会 衆議院 質問主意書 第87号(2018/11/28提出、48期、立憲民主党・市民クラブ)
質問内容
近年、精神疾患や認知症が増加し、精神保健医療福祉の充実は、国民的な課題となっている。しかし日本の精神科医療は一般科病院に比べて低医療費に抑えられ、医療スタッフの人員配置も少ない状況となっている。社会防衛的な誤った観点が精神疾患に対する差別・偏見を助長し、世界的にも例を見ない、長期に渡る社会的入院や隔離・身体拘束による人権侵害が社会問題になっている。精神科病床の人員配置を引き上げ、精神保健医療福祉の…
答弁内容
一について
お尋ねの「五疾病」に係る「患者数」については、厚生労働省が平成二十六年十月に実施した患者調査において、精神及び行動の障害は約三百十七万五千人、悪性新生物は約百六十二万六千人、脳血管疾患は約百十七万九千人、急性心筋梗塞は約三万三千人、糖尿病は約三百十六万六千人とそれぞれの傷病の「総患者数」が推計されているところであり、精神及び行動の障害、悪性新生物及び糖尿病の患者数は増加傾向、脳血管疾…

再審請求における証拠開示制度の法制化に関する質問主意書

第197回国会 衆議院 質問主意書 第108号(2018/12/04提出、48期、立憲民主党・市民クラブ)
質問内容
かつては「開かずの扉」と言われていた再審の状況に変化が生じている。二〇〇五年以降、日弁連が支援する著名再審事件だけでも一一件で再審開始決定が出され、うち四件で再審無罪が確定した。地元熊本の松橋事件でも本年一〇月一〇日に再審開始が確定し、同事件に続くべく、鹿児島の大崎事件、滋賀の湖東事件など、高裁で再審開始が認められた事件が続々と最高裁での確定を待っている状況である。
これらの中には、捜査機関の手…
答弁内容
一について
刑事訴訟法(昭和二十三年法律第百三十一号)第四編の再審に関する規定については、一般に、適切に運用されているものと認識している。
二及び三について
御指摘の「「再審格差」の問題」及び「裁判官がまったく証拠開示に向けた訴訟指揮をしない」の意味するところが明らかではない上、お尋ねは、裁判所の実務運用及びその評価に関わるものであり、政府としてお答えする立場にないが、一般に、裁判所において…

新型肺炎対策に係る特別定額給付金に関する質問主意書

第201回国会 衆議院 質問主意書 第214号(2020/05/29提出、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
質問内容
新型肺炎対策に係る特別定額給付金の支給対象が、令和二年四月二十七日を基準日として住民基本台帳に記載されている者に限定された結果、日本国籍を有する在外日本人が支給対象から除外とされたことから、以下、質問する。
一 新型肺炎に係る緊急経済対策を受けて行われる、特別定額給付金の支給対象者から、在外日本人を除外するのは、いかなる理由か。
二 特別定額給付金の支給対象者を検討する時に、在外日本人を含める…
答弁内容
一から四までについて
特別定額給付金については、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和二年四月二十日閣議決定)において、「新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の下、生活の維持に必要な場合を除き、外出を自粛し、人と人との接触を最大限削減する必要がある。医療現場をはじめとして全国各地のあらゆる現場で取り組んでおられる方々への敬意と感謝の気持ちを持ち、人々が連帯して、一致団結…

※このページのデータは衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/10/21

矢上雅義[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧 | 質問主意書


■著書
2020年10月新刊