国会議員白書トップ衆議院議員岡島一正>質問主意書(全期間)

岡島一正 衆議院議員
「質問主意書」(全期間)

岡島一正[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧 | 質問主意書

このページでは、岡島一正衆議院議員が提出した質問主意書に関する情報をまとめています。質問主意書の提出数、質問主意書の件名、質問と政府からの答弁の冒頭部分を一覧にしています。質問と答弁については衆議院ウェブサイトの本文に飛ぶことができます。


質問主意書提出本数(衆議院)

在籍期提出数


43期(2003/11/09〜)0本
45期(2009/08/30〜)0本
48期(2017/10/22〜)1本


衆議院在籍時通算1本



質問主意書・政府答弁書一覧(衆議院)

48期(2017/10/22〜)

「不当景品類及び不当表示防止法」の運用状況に関する質問主意書

第198回国会 衆議院 質問主意書 第84号(2019/03/08提出、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)
質問内容
「不当景品類及び不当表示防止法」(以下、景表法と略す)の運用に関し、ある健康食品会社が行政処分の取り消しを求めて消費者庁を提訴したと業界紙が報じた。
それによれば、措置命令の対象とされた広告表現は「言葉狩り」であり、健康食品各社は基準の不明瞭な言葉狩りによって商行為が著しく萎縮させられるという。
広告表現の自由も憲法の保障する「表現の自由」に含まれることは確立した判例である。また、報じられたよ…
答弁内容
一について
不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号。以下「景品表示法」という。)は、景品表示法第一条に規定されているとおり、商品及び役務の取引に関連する不当な景品類及び表示による顧客の誘引を防止するため、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれのある行為の制限及び禁止について定めることにより、一般消費者の利益を保護することを目的としている。
二及び三について …

※このページのデータは衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

岡島一正[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧 | 質問主意書



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。