国会議員白書トップ衆議院議員馬淵澄夫>質問主意書(全期間)

馬淵澄夫 衆議院議員
「質問主意書」(全期間)

馬淵澄夫[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧 | 質問主意書

このページでは、馬淵澄夫衆議院議員が提出した質問主意書に関する情報をまとめています。質問主意書の提出数、質問主意書の件名、質問と政府からの答弁の冒頭部分を一覧にしています。質問と答弁については衆議院ウェブサイトの本文に飛ぶことができます。


質問主意書提出本数(衆議院)




質問主意書・政府答弁書一覧(衆議院)

44期(2005/09/11〜)

耐震偽装問題に関連した産業再生機構の業務に関する質問主意書

第164回国会 衆議院 質問主意書 第75号(2006/02/15提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
耐震偽装問題については、偽装の行われたマンションの建築主である株式会社ヒューザーの小嶋氏と伊藤公介衆議院議員との関係が問題とされているが、兵庫県神戸市中央区京町及び浪花町に所在する旧オリエンタルホテル跡物件をめぐって伊藤公介衆議院議員がヒューザー小嶋社長を産業再生機構に紹介したとの情報がある。右事実関係を確認することは耐震偽装問題の全体像を明らかにするために重要であると考える。
従って、次の事項…
答弁内容
一について
株式会社産業再生機構(以下「機構」という。)によると、お尋ねの兵庫県神戸市中央区京町及び浪花町に所在する旧オリエンタルホテル跡物件(以下「ホテル跡物件」という。)に関し、伊藤公介衆議院議員から機構に対して電話はなかったとのことである。
二について
機構によると、ホテル跡物件に関し、株式会社ヒューザーの小嶋進代表取締役と機構の職員との面談は行われていないとのことである。
三につい…

耐震偽装問題に関連した産業再生機構の業務に関する再質問主意書

第164回国会 衆議院 質問主意書 第104号(2006/02/24提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
本件については前回質問を行ったところであるが、該当物件に食い違いがあったため再度質問する。耐震偽装問題については、偽装の行われたマンションの建築主である株式会社ヒューザーの小嶋氏と伊藤公介衆議院議員との関係が問題とされているが、西神オリエンタルホテルをめぐって伊藤公介衆議院議員がヒューザー小嶋社長を産業再生機構に紹介したことが明らかになっている。右事実関係を確認することは耐震偽装問題の全体像を明ら…
答弁内容
一の1について
株式会社産業再生機構(以下「機構」という。)によると、兵庫県神戸市西区に所在する西神オリエンタルホテル(以下「ホテル」という。)に関し、伊藤公介衆議院議員から機構に対して電話があったとのことである。
一の2について
機構によると、伊藤公介衆議院議員からの電話は二回あり、一回目は平成十七年六月ころに入札窓口等について、二回目は同年八月ころに入札結果がいつ出るかという点について、…

簡素で効率的な政府を実現するための行政改革の推進に関する法律案(第百六十四回国会、内閣提出第七四号)に関する質問主意書

第164回国会 衆議院 質問主意書 第156号(2006/03/16提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
質問情報無し
答弁内容
答弁情報無し
撤回のため答弁なし

インテリジェンス・諜報業務に従事する政府職員の研修・教育体制に関する質問主意書

第165回国会 衆議院 質問主意書 第30号(2006/10/02提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
米国同時多発テロ事件以降、政府の情報機能の強化は重要な課題となっている。そこで、インテリジェンス・諜報業務に従事する政府職員の研修・教育体制について質問する。問題の性質上明らかにすることができない部分がある一方で、インテリジェンス・諜報業務といえども民主的なコントロールの下に置かれるべきことは言うまでもなく、また、政府の情報機能強化のためにも右内容を検証することは不可欠であると考える。
従って、…
答弁内容
一について
お尋ねの「インテリジェンス・諜報業務に従事する政府職員の研修・教育体制」の意味するところが必ずしも明らかではないが、お尋ねの行政機関においては、次のような研修を行っている。
外務省では、外務省研修所等において、職員に対し、国際情勢についての情報の収集及び分析等に関する研修を行っている。
警察庁では、警察大学校等において、テロ対策及び対日有害活動対策の中核となる幹部警察官等に対し、…

不適当な登記識別情報の発行に関する質問主意書

第165回国会 衆議院 質問主意書 第31号(2006/10/02提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
登記識別情報の一部について、要求される不規則性を十分備えていない不適当な登記識別情報が作成され、通知された。このような事態が生じたことは、権利の安全を脅かし、登記識別情報制度の根幹を揺るがすものであり極めて遺憾である。従って、次の事項について質問する。
一 政府のとった対応
1 不適当な登記識別情報が発行、通知されている状況について具体的にどのような調査を行った結果、本件に関して権利者の権利が…
答弁内容
一の1について
登記識別情報については、その内容が第三者に知られた場合には不正な登記の申請に悪用されるおそれがあるので、秘匿性が保持されなければならないものであるところ、今般、一定の条件の下、三人以上の共有の登記名義人中に互いに極めて類似した不適当な登記識別情報(以下「本件登記識別情報」という。)が発行された場合があったことが判明した。
適法に登記の申請を行うには、登記識別情報以外にも様々な情…

不動産登記オンライン指定再開に関する質問主意書

第165回国会 衆議院 質問主意書 第162号(2006/11/16提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
登記識別情報については、政府は、質問に対する答弁書(内閣衆質一六五第三一号)の中で「その廃止等を含め見直しの必要性を指摘する意見が寄せられているところ、現在、法務省において、有識者による登記識別情報制度についての研究会(以下「研究会」という。)を開催するなどしているところであり、その結果をも踏まえた検討を行うこととしている」と答えている。しかし、研究会での検討が行われている中、法務省は、七月に指定…
答弁内容
一から三までについて
御指摘の不動産登記法(平成十六年法律第百二十三号)附則第六条の規定による法務大臣の指定(以下「指定」という。)の「再開」については、不動産登記制度の信頼性をより高める観点から行った登記識別情報に関するシステム上の改善が完了したことから、指定の告示(平成十八年十一月九日法務省告示第五百十三号。以下「今回の指定」という。)を行ったものである。
法務省において開催している有識者…

秋田県警本部の連続児童殺害事件への対応に関する質問主意書

第165回国会 衆議院 質問主意書 第174号(2006/11/24提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
本年四月一〇日、畠山彩香さんが遺体で発見され、続いて、近所に住む米山豪憲さんが同じく遺体で発見された事件に関する秋田県警の対応については、豪憲さんの父である米山勝弘氏が秋田県公安委員会に苦情申立てを行い、去る一一月九日、秋田県公安委員会より苦情処理結果通知書(秋公委総第二八号)が回答されているところである。しかし、その中身を見ると、看過することができない捜査のミス、職務懈怠が散見される。
本件に…
答弁内容
一について
警察庁においては、秋田県公安委員会が作成した「苦情処理結果通知(回答)書」(平成十八年十一月九日付け秋公委総第二十八号)に記載された内容について、秋田県警察から報告を受けて承知している。畠山彩香さんの遺体の状況については、畠山彩香さんが殺害された事件の公判の開廷前であることから、その詳細を明らかにすることはできないが、警察庁としては、秋田県警察において、検視及び司法解剖を適正に実施し…

再就職等監視委員会に関する質問主意書

第169回国会 衆議院 質問主意書 第427号(2008/05/26提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
一 国家公務員法等の一部を改正する法律(平成十九年法律第百八号)附則第五条第二項に規定する内閣総理大臣が承認する権限について、内閣総理大臣は再就職等監視委員会に委任することなく行使できるか。
二 前記改正法により新設された国家公務員法第百六条の七に定める再就職等監視委員会委員長及び委員が、同法第百六条の八による任命が行われず、欠いたままで各府省職員は離職後の職員等の再就職のあっせんを行うことがで…
答弁内容
一について
国家公務員法等の一部を改正する法律(平成十九年法律第百八号。以下「改正法」という。)附則第五条第一項に規定する内閣総理大臣の承認権限は、同条第二項の規定により再就職等監視委員会に委任されていることから、再就職等監視委員会が専らこれを行使することが予定されていると考える。
二及び三について
再就職等監視委員会の委員長及び委員については、改正法による改正後の国家公務員法(昭和二十二年…

新たな交通需要推計等に関する質問主意書

第170回国会 衆議院 質問主意書 第114号(2008/10/15提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
一 平成二十年十月八日、衆議院予算委員会において、金子国土交通大臣は、「予算編成に必要なマクロについては、申し上げましたように、十一月中に必ず公表させていただく」と答弁している。ここで「予算編成に必要なマクロ」とは具体的に何を意味するのか。
二 同日の予算委員会において、同大臣は、「その後、個別の、ミクロのものは、今度は予算策定と、財務と個別にやっていきますので、これは少しずれ込むことになると思…
答弁内容
一及び二について
道路の将来交通需要推計については、将来の人口やGDP等の推計値を基に全国交通量を推計した後、更に路線別交通量を推計するものであるが、お尋ねの「予算編成に必要なマクロ」とは全国交通量の推計値のことを、「ミクロのもの」とは路線別交通量の推計値のことをそれぞれ意味している。
三について
お尋ねの「将来OD表」の作成については、全国交通量の推計値を用いた一定の作業に時間を要するため…

46期(2012/12/16〜)

機能強化型在宅療養支援診療所・病院についての在宅看取り実績要件に関する質問主意書

第186回国会 衆議院 質問主意書 第229号(2014/06/17提出、46期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
平成二十六年診療報酬改定において、機能強化型在宅療養支援診療所・病院についての在宅看取り実績要件の引き上げが行われ、それまで過去一年間の在宅看取りの実績「二件以上」とされていた要件が、「四件以上」に引き上げられた。加えて、複数の医療機関が連携して要件を満たす場合について、それぞれの医療機関が、過去一年間の看取りの実績二件以上という要件を満たしていることが必要とされることとなった。 この点について、…
答弁内容
衆議院議員馬淵澄夫君提出機能強化型在宅療養支援診療所・病院についての在宅看取り実績要件に関する質問に対する答弁書一について
御指摘の「機能強化型在宅療養支援診療所・病院」(以下「機能強化型診療所等」という。)については、診療報酬において、緊急の往診及び在宅における看取りの実績等の要件を満たす医療機関について評価を行うものであり、在宅医療を担う医療機関の機能強化等を図ることを目的としている。 また…

※このページのデータは衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/11/15

馬淵澄夫[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧 | 質問主意書



■著書
2020年10月新刊