移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計*
 2期参議院議員活動統計*
 3期参議院議員活動統計*
 4期参議院議員活動統計
 5期参議院議員活動統計*
 6期参議院議員活動統計*
 7期参議院議員活動統計*
 8期参議院議員活動統計*
 9期参議院議員活動統計
 10期参議院議員活動統計
 11期参議院議員活動統計
 12期参議院議員活動統計
 13期参議院議員活動統計
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

木村禧八郎参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

  1期(1947/04/20〜)   16回   76471文字
  2期(1950/06/04〜)   19回  118540文字
  3期(1953/04/24〜)   21回   76403文字
  5期(1959/06/02〜)    2回   10208文字
  6期(1962/07/01〜)   10回   33948文字
  7期(1965/07/04〜)    1回   13237文字
  8期(1968/07/07〜)    1回    3931文字




参議院本会議発言一覧

第1回国会 参議院 本会議 第11号(1947/07/04、1期)

私は日本社会党参議院議員團を代表いたしまして、片山総理大臣の施政方針演説並びに和田国務大臣の経済緊急対策基本理念に関する演説に対しまして、財政、金融、経済の側面から大別三つの質問をいたしたいと思うのであります。質問の第一点は当面の経済危機の突破、並びに日本経済再建に関しまする基本問題についてでござい………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第37号(1947/10/13、1期)

私は論点を三つに分けてこの問題を討議いたしたいと思うのであります。その第一点は租税問題の現段階における在り方であります。第二点は第一点と関連いたしまする税務機構と租税制度の問題であります。第三点は対策の問題であります。そこで先ず第一点から所見を開陳いたしたいと思います。我々が今当面いたしておりまする………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第59号(1947/11/29、1期)

私は日本社会党を代表いたしまして、本追加予算案に対しまして賛成をするものであります。実は賛成せざるを得ないものであります。(拍手)併しながら我々がこの追加予算を承認すると申しましても、この予算が政府が言つておりまするように、名実共に健全予算であるという意味合において我々は承認するのではないのでありま………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第7号(1948/01/26、1期)

私は日本社会党参議院團を代表いたしまして、片山首相の施策方針演説に対しまして、大別三つの質問をいたしたいのであります。その第一は、日本経済危機の現段階がどういう段階にあるかという点と、その性質がどういうものであるかという点に関する質問であります。今後のあらゆる経済政策は現在の日本のこの経済危機がどう………会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第18号(1948/11/30、1期)

私は本案に対しまして、労働者農民党結成準備会を含む無所属懇談会を代表いたしまして(笑声)反対をいたすものであります。その反対の論拠の要点について簡單に明らかにいたしたいのであります。反対論拠は、二つであります。第一点は財政に関する点でありまして、この法案を通しましたならば、専賣益金が日本の財政上非常………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第19号(1948/12/22、1期)

私は無所属懇談会を代表いたしまして、非常に遺憾ではありますが、今上程されております一般会計及び特別会計の補正予算に対して反対せざるを得ない次第であります。反対理由は四つでございます。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第17号(1949/04/20、1期)

私は無所族懇断会を代表いたしまして、政府提出、衆議送付のこの予算原案に反対し、全面的な組替を要求するものであります。(拍手)その主なる理由は四点でございます。その第一点は、この予算案は非常に過大な、強制的な資本の蓄積を計画しているという点でございます。その内容は、米国の対日援助見返り資金特別会計にお………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第36号(1949/05/27、1期)

私は無所属懇談会を代表いたしまして、本法案に反対いたすものであります。国立病院の経理を特別会計に移した場合の影響につきまして、先程天田委員も申述べましたように、公聴会を開きまして愼重に檢討いたしました結果、戰災者とか引揚者、元の傷痍軍人、或いは生活保護法の適用を受けておるところの困窮者などの医療に対………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第37号(1949/05/28、1期)

私は無所属懇談会を代表いたしまして、本案に反対いたします。反対の理由は二つあります。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第15号(1949/11/19、1期)

私は無所属懇談会を代表いたしまして質問いたします。第一に、いわゆる十五ケ月予算編成の基本になつております三つの問題について御質問申上げたいと思うのであります。その第一は、我が国経済の現状に対する政府の認識、第二は、我が国経済の見通し、第三は、政府施策の根本方針、この三つについて先ずお尋ねいたしたいと………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第19号(1949/11/25、1期)

私は日本経済再建の基本的構想につきまして卑見を述べまして、皆様方の御批判に訴えたいと思うのであります。先ず日本経済再建の意味でありますが、これには狹義の意味と広義の意味と二つあると思うのです。狹義の意味は、この間、経済安定本部で復興五ケ年計画というものを立案したときに、そこの復旧建設部会でとり上げた………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第23号(1949/12/01、1期)

私は無所属墾談会を会表いたしまして本予算案に反対するものであります。反対の理由は四つでございます。その第一は、この補正予算案編成の基礎となりました我が国経済の現状と見通しに対する認識が、独断的で、全く間違つていることであります、即ち我が国経済の現状は、インフレの一挙政策の措置と強制的な資本畜積方策と………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第13号(1950/01/28、1期)

私は先ず講和問題につきまして、二つの点を吉田首相に御質問いたしたいのであります。第一は、首相は我が国の政治経済の現状について、現実の不安定を無視されまして極端な楽観論を述べておられますが、これは早期單独講和の実現を希望するための外交的ゼスチユアではないでしようか。実際には周知の通り、政治経済は安定し………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第35号(1950/03/31、1期)

私は労働者農民党を代表いたしまして、目下審議中の二十五年度のデフレ、不景気、失業、倒産、自殺強化の予算の有力な裏付けをなしておりますこれら諸法案に対しまして反対するものであります。反対論拠を要約いたしますと三つであります。第一は、これらの諸法案と重要且つ密接な関係にある地方財政平衡交付金法案が未だに………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第37号(1950/04/03、1期)

私は労働者農民党を代表いたしまして本予算案に反対するものであります。只今自由党の石坂議員から、野党は徒らに政府の政策を攻撃しているに過ぎないということを言われましたが、(「その通りだ」と呼ぶ者あり)福沢諭吉先生は「学問のすすめ」という本の中でこういうことを言つております。政治が正しければ議論はおのず………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第49号(1950/05/01、1期)

私は労働者農民党を代表いたしまして、地方税法案等に反対いたすものであります。反対の理由は三つであります。会議録へ(外部リンク)

第8回国会 参議院 本会議 第12号(1950/07/31、2期)

私は労働者農民党を代表いたしまして、地方税法案に再び反対せざるを得ないことを非常に遺憾に思います。(拍手)反対の具体的論拠といたしましては沢山あるのでありますが、要するに政府が今回再び地方税法案を提出するに当りまして、前の第七国会におきまして、なぜ参議院において地方税法案が否決されまして遂に不成立に………会議録へ(外部リンク)

第9回国会 参議院 本会議 第5号(1950/11/28、2期)

私は労働者農民党を代表いたしまして、専ら財政経済の側面から首相の施政演説及び蔵相の財政演説に対して質問いたしたいのであります。同僚諸君の質問との重複を避け、又細かい点については予算委員会その他各委員会において質問するといたしまして、先ず私は昭和二十五年度補正予算及びこれと一体となつて編成されつつあり………会議録へ(外部リンク)

第9回国会 参議院 本会議 第10号(1950/12/09、2期)

只今上程されました所得税法の改正案に対して遺憾ながら反対をするものであります。反対理由の第一は、この臨時措置を我々ここで容認しますと、二十六年度、来年度におきまして我々が税制改革を考える場合に拘束されぬという点であります。これにつきましては、社会党の森下委員その他の委員から、これは臨時措置である、で………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第6号(1951/01/29、2期)

私は労働者農民党を代表いたしまして、吉田首相の施政方針演説及び池田大蔵大臣、周東安本長官の経済演説に対しまして、御質問をいたしたいと思うのであります。先ず第一に吉田総理に対しまして、朝鮮動乱及び国際情勢の見通しにつきましてお伺いしたいのであります。と申しますのは、インターナショナル・エコノミツク・サ………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第28号(1951/03/23、2期)

私は労働者農民党を代表いたしまして、只今上程になりました所得税法の一部を改正する法律案、それから注入税法、それから租税特別措置法の一部を改正する法律案に対して反対をするものであります。反対の理由につきましては、細部に亘りましてはたくさんあるのでございますが、これを要約すれば二つの点に帰着できると思う………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第32号(1951/03/28、2期)

私は労働者農民党を代表いたしまして昭和二十六年度予算各案に反対いたすものであります。反対理由はたくさんございますが、その主なる点を要約いたしますれば二つであります会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第35号(1951/03/31、2期)

私は労働農民党を代表いたしまして只今上程されました補正第一号に反対するものであります。只今佐多君から説明がございましたように、この日本開発銀行は、長期資金の供給を行うことによつて経済の再建及び産業の開発を促進するため、一般の金融機関が行う金融を補完し又は奨励することを目的とするということになつており………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第2号(1950/12/16、2期)

私は労働者農民党を代表いたしまして本案に反対いたすものであります。反対理由の第一は、この法律案が貿易特別会計の尻拭いの法案であるということであります。政府が提出いたしましたこの補正予算の説明書によりますれば、外国為替特別会計へ一般会計から百億繰入れることになつた理由として、こういうように説明しており………会議録へ(外部リンク)

第12回国会 参議院 本会議 第9号(1951/10/23、2期)

私は労働者農民党を代表いたしまして質問いたします。池田大蔵大臣は財政演説の中で、今回の補正予算は明年度以降における講和條約並びに安全保障條約関係費を考慮に入れて編成したのでありますと、こういうように述べておるわけです。成るほど今度の補正予算を見ますと、今度の補正予算の中に含まれておるいわゆるインベン………会議録へ(外部リンク)

第12回国会 参議院 本会議 第24号(1951/11/28、2期)

私は只今上程されました所得税法の改正法律案に対しまして、三つの点から反対いたすものであります。その反対の第一の理由は、この所得税法改正案の基礎になつております千五百六十八億円の自然増收に対しまして、政府側の意見と我々の意見とは根本的に違うという点にあるわけであります。この千五百六十八億のいわゆる自然………会議録へ(外部リンク)

第12回国会 参議院 本会議 第26号(1951/11/30、2期)

私は労働者農民党を代表いたしまして、今上程中の二十六年度予算補正に関する三案に対しまして反対をいたすものであります。反対の論拠を要約すれば三つに帰着せしめることができます。第一の論点は歳出面であります。歳出面の問題は二つあると思うのでありますが、その第一はこの補正予算が一体何を補正するかという点であ………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第20号(1952/03/07、2期)

私は本案に反対するものであります。反対の第一の理由は、この法案が企業を合理化するという政策から見て、本末を顛倒しておるという点にあるのであります。この企業合理化促進法案の提案理由を見ますと、こう書いてあります。「講和條約の成立によりまして、我が国は近く完全に独立することとなるわけであるが、これに伴い………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第25号(1952/03/27、2期)

私は労働者農民党を代表いたしまして、二十七年度予算案に反対をいたします。反対理由の第一は、この予算案が(「何でも反対だな」と呼ぶ者あり)憲法に違反し、財政法の精神に違反しているということであります。即ち憲法につきましては、九條、七十三條三項、十四條に違反しております。財政法につきましては、予算総則の………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第56号(1952/06/27、2期)

只今の赤木さんの御答弁は少しあいまいになつたようでございます。(「極めて明瞭だ」と呼ぶ者あり)もう少し、これは時間がございませんので、委員会ならばもつと十分に、速記録を見ながら、また明日はつきりした責任ある御答弁を見て質問いたしたいのでありますが、その暇がありませんから、(「誠意がないのだ」と呼ぶ者………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 参議院 本会議 第21号(1953/02/03、2期)

労働者農民党を代表いたしまして質問いたします。我が国ばかりでなく、世界的に非常に注目されておりましたアイゼンハワー・アメリカ新大統領の一般教書が発表されたことは、御承知の通りでございます。この一般教書の対外政策に関する部分は、去る十二月十六日のUSニューズに掲載されました、アイゼンハワー元帥のいわゆ………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 参議院 本会議 第29号(1953/03/02、2期)

割当時間が五分しかございませんので、旧軍人恩給復活の基本的な考え方、根本理念につきまして御質問をいたしたいのであります。繊細は予算委員会その他において質問いたしたいと思います。私は、この軍人恩給の復活の問題は、戦争犠牲の衡平化の一環である。そういう点から、これの問題を見なければならないと信じておりま………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 参議院 本会議 第30号(1953/03/04、2期)

私は波多野議員が通産大臣に、この私的独占禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正した場合に、こういう弊害が起るじやないか、そういう質問に対して、通産大臣は、そういう弊害は起らない、こういう答弁をしているのですが、私は実に奇異に感じたのです。現在すでに、紡績、鉄鋼、石炭、硫安、或いは過燐酸、砂糖………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 参議院 本会議 第6号(1952/11/27、2期)

私は労働者農民党を代表して質問いたします。吉田首相の施政方針演説、岡崎外相の外交方針演説及び向井蔵相の財政演説を伺いまして、私は演説で述べられたことよりも、演説の中で除外されている問題のほうに、我々日本民族、我々の経済、我々の生活に重大な関係があると思われますので、むしろそういう演説から除外されてい………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 参議院 本会議 第16号(1952/12/24、2期)

私は労働者農民党を代表いたしまして、昭和二十七年度補正、政府提出の三案に反対いたします。又野党三派の修正案にも遺憾ながら反対いたします。政府が、今度国会に提出いたしました二十七年度予算補正案の特徴は、向井大蔵大臣が財政演説で明らかに述べております通り、二つの点にあると思います。その第一は、補正予算編………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第16号(1953/06/30、3期)

私はMSA援助が日本の運命に対して重大な影響を及ぼすものであるという観点に立つて質問をいたします。この日本の運命にとつて重大なる影響をもたらすMSAの問題に対して、質疑をする時間が僅かに十分であり、而も総理が十一時までここにおられるという議院運営委員会の約束にもかかわらず退席しておられる。こういう状………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第19号(1953/07/08、3期)

私は、三月四日にこの問題について一度質問いたしました。そのときには、私は質問をしつ放し、総理初め各大臣は答弁のしつ放しで、要領を得ませんでしたから、重ねて質問いたしたいと思います。私は、この前、私的独占禁止法は経済の民主化の基本法であつて、経済憲法とも言うべきものであるから、この改正については、いわ………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第21号(1953/07/13、3期)

この法案は、只今委員長から報告がありましたように、道路五カ年計画の財源千七百億円を五ヵ年間に一千二百八十億、これだけをガソリン税によつて確保しようという目的税的な法案であります。で、私は道路計画を促進しなければならんということについては、決して反対ではございませんが、この財源措置については重大な疑義………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第30号(1953/07/31、3期)

私は、只今亀田君が説明されました青木予算委員長解任の提案の理由に対して質疑をいたしたいと思います。その第一は、青木委員長は、あとで恐らくこの予算案に対する報告をされると思うのであります。併しこの報告は、我々予算委員がいないところでこの報告に対する承認を求めたのでありまして我々は参加しておらない。(「………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第32号(1953/08/03、3期)

私は只今上程されました外航船舶建造融資利子補給法の一部改正案に反対いたすものであります。私は、先に二十八年度予算の討論のときも反対の意見を述べたのであります。再び私は、ここで、この反対の意見を強調せざるを得ないのを非常に遺憾に存ずる次第であります。只今、委員長から御説明もございましたが、この法律案は………会議録へ(外部リンク)

第17回国会 参議院 本会議 第6号(1953/11/07、3期)

私はこのいわゆる災害予算に反対いたすものであります。私は日中貿易促進議員連盟の派遣議員といたしまして、約一カ月新らしい中国の偉大なる建設の実情を視察いたしまして、去る三日帰つて参りました。そうしてこのいわゆる災害予算と取組んだのであります。私たち議員団一行は、中国の非常に大きな建設の一つである、永定………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第8号(1954/02/10、3期)

私は、矢嶋君提案の綱紀粛正特別委員会設置に双手を挙げて賛成するものであります。(拍手)政府は、いわゆる一兆円予算を組んで国民に耐乏生活を要求しています。必ずしも一兆円緊縮予算の下に限りませんが、予算執行の前提は、政治が清潔でなければならんということであります。(「その通り」と呼ぶ者あり)如何に予算が………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第21号(1954/03/19、3期)

私は、国民がMSA協定に関して一番関心を持ち、聞きたいと思つている点についてお伺いしたいと思いますが、その第一は、MSA協定の本当の目的は何であるか。真の目的が私は隠されているのではないかと思うのであります。そこで本当の目当はどこにあるかということを第一にお伺いしいた。それから第二には、この際、現在………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第28号(1954/04/02、3期)

私は政府に対しまして、この二日間の予算の空白期間を生ぜしめた責任について質問いたしたいのであります。只今大蔵大臣は、二つの理由を挙げて、この空白期間を生ぜしめたことに対して責任ないこと及びそれに対して措置をしたから影響はないということを言われました。併しながら大蔵大臣も御承知のように、この歳出は歳入………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第40号(1954/04/28、3期)

私は無所属クラブを代表いたしまして、只今上程されております昭和二十九年度特別会計予算補正(特第1号)に反対するものであります。この補正予算の金額は三十六億で少額でありますけれども、その内容を見ますると、日本の憲法上或いは又財政法上或いは又外交上、政治上或いは又国民生活の上にとつて、重大な意味を持つて………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第57号(1954/06/02、3期)

私は無所属クラブを代表いたしまして只今上程の防衛関係二法案に反対するものであります。只今賛成論者の御議論を聞いておりますと、御議論の筋よりも、吼えるがごとく大声疾呼して、そうして内容の空虚を補わんとしておる。曽つて私は、一度ここで述べたことがありますが、福沢諭吉先生も、「空樽の音は高し」と、空樽の音………会議録へ(外部リンク)

第20回国会 参議院 本会議 第5号(1954/12/06、3期)

私は、二つの点から本補正予算案に反対するものであります。その第一は、この補正予算の背景をなしているところの政府の基本的な財政経済政策に対する反対であります。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 本会議 第7号(1955/03/31、3期)

私は、ただいま上程されました三十年度暫定予算に対しまして、反対するものであります。反対の論拠は、一語に要約すれば、この予算が憲法に違反するMSA再軍備を行なってそのために民生を非常に犠牲にし、そうして日本経済の自立を妨げるという、この予算の根本的な性格にあるわけでございます。要するに、これは二十九年………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 本会議 第22号(1955/06/10、3期)

私は本協定をいい悪いという立場をきめる前に、まずこの協定がほんとうに日本の経済のためになるのか、ならないのかということをはっきりさせたい。そういう点から質問いたしたいのであります。その前提に立ってまず大蔵大臣に、今、日本の外貨の事情、外貨ポジション、日本はどのくらいの外貨を持っておるか、そうしてその………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 本会議 第29号(1955/06/29、3期)

私は無所属クラブを代表いたしまして、ただいま上程の三税法改正法案に反対をいたすものであります。今回の税制改正は、税負担の軽減と資本蓄積を促進するということが主眼になっておりますが、しかし、その内容はきわめて不完全であると思う。一番問題になる点は、この減税の財源をいわゆる自然増収、われわれはこれを自然………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 本会議 第31号(1955/07/01、3期)

私は、ただいま上程の三十年度予算三案に対しまして反対いたすものであります。対外的にも対内的にも全く自主性を失ったこの三十年度の予算が、いかに不健全であるかということは、両派社会党の代表の方々、あるいはただいま立たれました緑風会の豊田雅孝氏によっても、詳細にこれは指摘されたところでありますので、私は重………会議録へ(外部リンク)

第23回国会 参議院 本会議 第8号(1955/12/16、3期)

私は四つの理由から、ただいま上程の昭和三十年度特別会計予算補正に反対いたすものであります。第一の理由は、先ほど社会党の森崎君も指摘されましたが、鳩山内閣はこの予算補正を出す資格がないわけであります。六月の十日及び十一日のあの予算委員会におきまして、念を入れて、何回も、私はあの修正予算が出ましたときに………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第7号(1956/02/02、3期)

私は、第一に憲法改正に関する鳩山首相の真意について、質問いたしたいのであります。憲法改正の中心が、再軍備を可能ならしめようとすることにあることは言うまでもないのですが、この現憲法と再軍備との関係についての鳩山首相の解釈は支離滅裂であります。この間は、陸軍あるいは軍艦、飛行機を持つことを現憲法は禁じて………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第26号(1956/03/27、3期)

私は、ただいま上程の昭和三十一年度関係予算三案に反対いたすものであります。反対理由のおもなる点については、すでに予算委員会の討論において申しましたので、ここに繰り返すことを避けます。しかし、ただこの際反対理由の最大のものとして、どうしても強調しておかなければならない点は、防衛費の膨張のために、いかに………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第58号(1956/06/01、3期)

江田さんよろしゅうございますか、これから質問しますが。事務総長の芥川治君が不信任をされた、不信任案を出されたことについて、これまで提案者の江田氏から、るる提案理由の御説明がございました。しかしその御説明が非常に不十分で、それは時間の関係上不十分でありました。つまり次に質問者に立ちました羽仁さんが指摘………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第60号(1956/06/03、3期)

私はいただいま上程になりました日比賠償協定に反対するものであります。もとより、日本軍がかって侵略した国に対して、その復興に対し、誠心誠意賠償に努めることは、われわれの義務でもあり、責任であります。しかしながら、今度調印されました日比賠償を見ますと、その調印の経緯及びその結果から見まして、これは鳩山内………会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第16号(1962/04/02、5期)

私は日本社会党を代表いたしまして、ただいま上程されました国税通則法案並びに国税通則法の施行等に伴う関係法令の整備等に関する法律案に対して反対するものであります。反対理由の第一は、先ほど大蔵委員長からも説明がございましたように、政府の提案理由は、税法が複雑であるからこれを統一する。各税法に共通な部分を………会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第18号(1962/04/23、5期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、最近の経済情勢の推移並びに今後の経済の見通し、それと関連していわゆる藤山発言に関する質問をいたしたいと思います。総理、経済企画庁長官、通産大臣に質問をいたしたいと思うのであります。第一の質問は、三十七年度の予算の編成の前提になりました経済の見通しが、その後非常に大………会議録へ(外部リンク)

第41回国会 参議院 本会議 第9号(1962/09/01、6期)

ただいま議題となりました請願十件につきまして、建設委員会における審査の経過並びに結果について御報告申し上げます。これらの請願は、いずれも国土の開発及び保全に関するものであり、願意おおむね妥当と認め、議院の会議に付し、内閣に送付すべきものと決定いたした次第であります。会議録へ(外部リンク)

第42回国会 参議院 本会議 第8号(1962/12/23、6期)

ただいま議題になりました請願十一件につきまして、建設委員会における審議の経過並びに結果について御報告申し上げます。積雪寒冷地帯における補助事業の早期着工に関する請願の他十件でございまして、道路の整備、河川の改修等、いずれも国土の開発及び保全に関するものであります。本委員会は願意おおむね妥当と認め、こ………会議録へ(外部リンク)

第43回国会 参議院 本会議 第14号(1963/03/20、6期)

ただいま議題となりました屋外広告物法の一部を改正する法律案について、建設委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。本改正案は、いわゆるビラ・ポスター等で、屋外広告物法に基づく条例に違反したものを、行政代執行の手続によらないで、都道府県知事みずからまたはその命じた者もしくは委任した者が、………会議録へ(外部リンク)

第43回国会 参議院 本会議 第16号(1963/03/29、6期)

ただいま議題となりました三案につきまして、建設委員会における審議の経過並びに結果について御報告いたします。まず、土地区画整理法の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第43回国会 参議院 本会議 第23号(1963/06/05、6期)

ただいま議題となりました建築基準法の一部を改正する法律案につきまして、建設委員会の審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、最近における都市の発展並びに建築技術の進歩に伴い、適正な建築物の規模を確保するため、現行法の高さの制限にかえ、容積地区の制度を設けて、土地の合理的かつ効率的な利用をはか………会議録へ(外部リンク)

第44回国会 参議院 本会議 第5号(1963/10/22、6期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、池田首相の所信表明に対しまして、主として経済政策を中心といたしまして若干の質疑をこれから行ないたいと思います。経済政策の質問に入る前に、池田首相に一つただしておきたいことがございます。それは、昨日衆議院におきまして、わが党の河上委員長が、今国会召集の趣旨、目的から………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 参議院 本会議 第7号(1964/02/14、6期)

日本社会党を代表いたしまして、ただいま上程されました対外取引に関する法律の改正案につきまして、六点質問をいたしたいと思います。その第一点は、日本がIMFの十四条国から八条国に移行するということは、かつての金解禁にも比すべき重大な問題であるといわれております。このような八条国の義務を受諾するということ………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 参議院 本会議 第10号(1965/03/19、6期)

ただいま上程されました国税三法の改正案に対しまして、日本社会党を代表いたしまして質問をいたすものであります。この国税三法の改正を中心とする四十年度の税制改正は、戦後最悪の改正であると思います。その理由は三つございます。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 参議院 本会議 第12号(1965/03/31、6期)

ただいま提案の所得税法案に対する修正案は、配偶者控除を基礎控除と同額にするための修正案でございます。まず、修正案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 参議院 本会議 第16号(1965/04/23、6期)

ただいま提案理由説明の行なわれました農地被買収者等に対する給付金の支給に関する法律案に対しまして、日本社会党を代表いたしまして質問をいたします。質問に先立ち、私は、政府がこのような不条理きわまる、そうしてわが国の財政の将来に重大な影響をもたらすこの重要法案を、しかも会期の少なくなった本国会に、再び突………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 参議院 本会議 第2号(1965/12/21、7期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、現在提案されております四十年度補正予算及び福田大蔵大臣の財政演説につきまして、質問をいたします。質問に入るに先立ちまして、今回の補正予算に対する佐藤内閣の政治的責任を追及しなければならないと思うのであります。(拍手)すなわち、わが社会党は、前回の第五十国会におきま………会議録へ(外部リンク)

第63回国会 参議院 本会議 第1号(1970/01/14、8期)

私は、ただいま野党五派によって共同提案されました重宗議長不信任案に対しまして、日本社会党、公明党、民社党、日本共産党、第二院クラブを代表し、賛成の討論を行ないたいと思います。(拍手)重宗参議院議長が、不信任に値すると私が考えます最大の理由は、第六十一国会におきまして、健保特例法及び大学法に関し、衆議………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11