移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計*
 2期参議院議員活動統計*
 3期参議院議員活動統計*
 4期参議院議員活動統計*
 5期参議院議員活動統計*
 6期参議院議員活動統計
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計
 10期参議院議員活動統計
 11期参議院議員活動統計
 12期参議院議員活動統計
 13期参議院議員活動統計
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

内村清次参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

  1期(1947/04/20〜)   19回   63297文字
  2期(1950/06/04〜)    4回   25784文字
  3期(1953/04/24〜)   19回   56168文字
  4期(1956/07/08〜)    0回       0文字
  5期(1959/06/02〜)    0回       0文字




参議院本会議発言一覧

第1回国会 参議院 本会議 第14号(1947/07/09、1期)

政府が発表しました経済緊急対策と並びに経済白書におきまして、賃金と物價の安定対策に関しまして、労働者の立場から所見を申述べたいと存じます。と申しますのは、賃金物價の安定の仕方は、言うまでもなく勤労階級にとつて最も切実なる問題である。若しこの安定対策が当を得ないとなれば、労働者の勤労意欲を沈滯させるば………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第64号(1947/12/07、1期)

只今の鈴木君の動議に賛成をいたします。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第10号(1948/11/12、1期)

私外十七名の発議者を以ちりしてて、官公吏給與改善に伴い速かに補正予算を本国会へ提出することに関する決議案を提出いたしまして、皆さんの御賛同を得たいと思う者でございます。(「賛成を呼ぶ者あり)先ず決議案を朗読いたします。官公吏給與改善に伴い速かに補正会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第18号(1948/11/30、1期)

私は日本社会党を代表いたしまして、只今議題になつておりまする政府提出の日本国有鉄道法案に反対を表明いたす者であります。本法案は、厖大なる日本国有鉄道の複雑なる機構を公共企業体といたしまして円滑に能率的に運営するものといたしましては、余り粗雑なものであり且つ非民主的で、特にその法案の作成経過から見まし………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第5号(1948/12/07、1期)

只今の首相及び経済安定本部長官へ又労働大臣の御答弁は、私が答弁をお願いしました項目の中一には、まだ答弁をしておられない点がありますのと同時に、その内容において不明確な点が沢山あります。私はその点に対して不満の意を表明します。同時に重大でありますことは、首相の答弁の中に不穏当な言辞が、ありました。これ………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第4号(1949/03/26、1期)

日本社会党を代表いたしまして、曽て我が党の顧問であり、前参議院副議長でありました松本治一郎氏の公職追放資格審査の問題につきまして、重大なる疑義を持ち、ここに緊急質問をいたしたいのであります。(拍手)それと申しまするのは、今回の松本氏の公職追放問題に関する政府の態度でございまするが、本日、指名した吉田………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第7号(1949/04/01、1期)

日本社会党は小の三つの理由を以ちまして反対を表明いたします。第一点は、この暫定予算案は、衆議院におきまして、その手続上の違法行為によつて、成立した予算であるからであります。この暫定予算案は一昨日、即ち三十日の日に衆議院予算委員会を通過するに際しまして、その手続上の違法行為について野党側から警告を受け………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第20号(1949/04/28、1期)

私は日本会社党を代表いたしまして、只今議題となりました国有鉄道運賃法の一部を改正する法律案に対しまして反対を表明するものであります。理由の第一点は、本改正案がただ一方的に国民大衆の負担を重加するものであるという点であります。政府の説明によりますると、国鉄特別会計の独立採算を二十四年度において強行する………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第29号(1949/05/18、1期)

私は本決議案に対しまして賛成をするものであります。敗戰以後、日本民族の自信が青少年層に失われておりまする傾向がややもすれば見受けられまして、且つ又軍国主義の除去という大手術の反動といたしまして、却つて青少年層の間に文弱的文化の醜い傾向を助長さしておりますることは、その將來につきまして職者のひとしく憂………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第36号(1949/05/27、1期)

私は只今議題となつておりまする行政機関職員定員法案につきまして、最終段階であり、且つ重大なる時機でありまするからして、更に政府の所信を質しまして、ここに明確にせんとするものであります。終戰後我が国は戰災のどん底から立上りまして、乏しい資材の中で、困難なるインフレ下にありまして、経済復與に努力し、今日………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第2号(1949/10/26、1期)

私は公務員給與ベースの改訂及び定員法の問題につきまして、関係各大臣に緊急の質問をいたしたいと思うのであります。現下の経済情勢は、生産も漸く戰前の七十%に達しまして、インフレも安定の方向に向いつつありまするが、併しながらこの好転した情勢の裏面におきましては、労働者を初め公務員に至る勤働階級に取りまして………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第3号(1949/10/28、1期)

先程の吉田総理大臣の御答弁の中に、私が質問いたしました最も重要な点に対しての御答弁が外れております。この点は只今国鉄労働組合がいわゆる給與ベースの問題につきまして調停委員会にかけておりまするが、これは公労法に從つて調停委員会にかけております。調停委員会のいわゆるその調停に対しまして、労働組合はこれを………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第20号(1949/11/28、1期)

私は只今問題となりました日本国有鉄道法の一部を改正する法律案に対しまして、日本社会党を代表いたしまして反対の意見を申述べたいのであります。反対理由の第一点は、大蔵大臣の権限についてであります。この改正法案におきましては、公共企業体としての経理の重要なる部分の大半の権限が大蔵大臣に握られておるのであり………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第22号(1949/11/30、1期)

私は日本社会党を、代表いたしまして、只今議題となつておりまする通運事業法案に対しまして反対の意見を申述べたいのであります。日本社会党は、本来日本通運株式会社といたしましての独占企業体を解体して民主化することには賛成するものでありまするが、併しそれには三つの條件を基礎とするものでなければなりません。即………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第23号(1949/12/01、1期)

日本社会党は、政府の提出いたしました国有鉄道運賃法の一部を改正する法律案に対しまして反対を表明するものであります。理由の第一は、国有鉄道及び海運事業は公共企業としての特性を持つものでありまして、運賃は物価政策の重要なる基礎となるものであります。そうでありまするから、貨物運賃は十分に経済政策、物価との………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第25号(1949/12/03、1期)

昨十二月二日発表されました国鉄公社職員の給與改訂に対する公共企業体仲裁委員会の裁定につきまして、特にこの際、大蔵大臣、運輸大臣、労働大臣の所信をお伺いしたいと思います。即ち裁定の結論は次のごとくであります。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第20号(1950/02/27、1期)

国鉄裁定問題につきましての東京地方裁判所の判決の誠に我が国の合法的な労働運動に及ぼす影響の重大性に鑑みまして、政府の責任者である吉田総理及び関係大臣に質問したのでありまするが、吉田総理の出席を見ず、又先程の答弁の中におきまして、増田官房長官は、みずからのこの違法行為を反省せずして、上訴すると明言され………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第32号(1950/03/24、1期)

国鉄に対する仲裁委員会第二次裁定を含めまして、裁定制度そのものにつきましての政府の態度についてお聞きしたてのであります。既ち政府が第一次国鉄裁定の拒否、更に東京地方裁判所判決の上訴、及び今回の専売公社裁定の承認など、そのとつて参りました態度につきましては、全くそこには理論的な一貫性が欠除いたしており………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第5号(1949/12/17、1期)

私は国鉄仲裁裁定に関しまして関係大臣の所信をお伺いしたいのであります。去る十二月二日発表せられました国鉄公社紛争に関する仲裁委員会の裁定を中心といたしまして、政府の無理解、無誠意の態度に対しまして、全国の民主的労働組合は、政府みずから法を破るがごとき暴挙に対しまして、挙げて隠忍自重の限界に達し、合法………会議録へ(外部リンク)

第9回国会 参議院 本会議 第7号(1950/12/06、2期)

只今議題となりました未復員者給與法の一部を改正する法律案につきまして、発議者を代表いたしまして簡單に提案の趣旨を説明申上げます。未復員者給與法は、未復員者を対象といたしまして必要なる給與を行い得まするように、昭和二十二年十二月に制定公布せられたものでございます。その後、主といたしまして経済事情の変化………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第46号(1951/05/25、2期)

終戰以来、漸次国民生活の回復に伴いまして、一般に戰争で受けた痛手も漸く忘れかけて来まして、特に朝鮮事変以来特需景気の影響を受けました一部には、誠に健全ならざる廃頽たる享楽部面が股賑いたしておりますることは誠に遺憾に堪えないところでございます。然るにその半面におきまして、未だに戰争の傷痕が癒えずに、経………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第25号(1952/03/27、2期)

私は日本社会党第四控室を代表いたしまして二十七年度予算案に反対をいたします。而うしてその根本的な組替を要求するものであります。反対理由といたしまして次の三点に集約し論述いたします。即ちその第一点は、本予算案は再軍備予算であり、日本国憲法に違反する予算であります。第二点は、本予算は非生産的な純軍事予算………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第59号(1952/07/01、2期)

曽つて大正十四年の二月に、天下の悪法と言われました治安維持法が、時の憲政会内閣、加藤高明総理大臣、若槻禮次郎内務大臣、小川平吉司法大臣のこの内閣によりまして審議せられ、且つ二方月に亘る審査の結果、これが可決をされたのでありましたが、その後三回に亘つてこの治安維持法が改正せられた。我々は、この改正は決………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第23号(1953/07/17、3期)

只今議題となりました消防施設強化促進法案について、地方行政委員会における審議の経過並びに結果について御報告いたします。本法案は、市町村の消防施設の強化を促進するために、市町村が消防施設を購入又は設置しようとする場合に、国は予算の範囲内で基準額の三分の一以内を補助することを大体の内容といたしておりまし………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第24号(1953/07/20、3期)

只今議題となりました町村の警察維持に関する責任転移の時期の特例に関する法律案について、地方行政委員会における審査の経過並びに結果の概要を御報告いたします。本法案は衆議院提出にかかるものであります。御承知の通り、警察法第四十条の三第八項の規定によりますると、毎年十月三十一日までに所定の手続を経て警察を………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第25号(1953/07/22、3期)

只今議題となりました町村合併促進法案につきまして、委員会における審議の経過並びに結果について御報告申上げます。現行地方制度が憲法にいう地方自治の本旨の実現を旨として構成せられておることは申すまでもないところであります。これにつきましては、数次に亘る関係法令の改正によりまして、おおむね一応はその基礎を………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第26号(1953/07/24、3期)

只今、議題となりました自治大学校設置法案につきまして、地方行政委員会における審議の経過並びに結果を御報告申上げます。今回、政府が本法案を提出いたしました理由は、地方公務員の資質を向上し、勤務能率の発揮及び増進を図り、以て地方公共団体の行政の民主的且つ能率的な運営を期するため、地方公務員に対する高度の………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第27号(1953/07/27、3期)

只今議題となりました地方財政法の一部を改正する法律案の委員会における審議の経過並びに結果について、御報告申上げます。本法律案は、第一に学校、河川、道路、港湾等の公共施設のほか、直接行政目的の利用に供する庁舎等の公共施設の建設につきましても、地方債を以てその財源とすることができるものとすることでありま………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第28号(1953/07/29、3期)

只今議題となりました公職選挙法の一部を改正する法律案について、地方行政委員会における審査の経過並びに結果を御報告いたします。本法案は衆議院提出にかかわるものであります。法案の内容は、選挙の一部が無効となり、その一部の区域のみで再選挙が行われることになりました場合、現行の公職選挙法の規定によりますと、………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第29号(1953/07/30、3期)

只今、議題となりました道路交通取締法の一部を改正する法律案につきまして、地方行政委員会における審査の経過並びに結果を御報告いたします。本法案は、現行規定により公安委員会が行う自動車運転免許の消取又は停止の行政処分が、ややもすれば一方的に過ぎ、不当に苛酷な処分になるという実情に鑑みまして、その公正を期………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第36号(1953/08/07、3期)

只今議題となりました地方自治法の一部を改正する法律案の地方行政委員会における審議の経過並びに結果について御報告申上げます。本法律案は、昨年末までに成立いたしました他の法律の制定及び改廃に伴い、地方自治法の別表を整備すると共に、当面技術的な整備を必要とする若干の規定を改正せんとするものでありますが、衆………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第37号(1953/08/08、3期)

只今議題となりました地方税法の一部を改正する法律案の地方行政委員会における審議の経過並びに結果について御報告申上げます。本法律案は、政府において現行税法に差当り必要最小限度の改正を行う必要を認めて提案したものでありまして、その要点は左の通りであります。会議録へ(外部リンク)

第17回国会 参議院 本会議 第6号(1953/11/07、3期)

只今議題となりました奄美群島の復帰に伴う法令の適用の暫定措置等に関する法律案の地方行政委員会における審議の経過並びに結果について御報告申上げます。奄美群島は、昭和二十一年一月二十九日付連合軍最高司令官総司令部覚書により、日本政府の行政権行使が禁止せられ、米国の単独占領下に置かれ、昭和二十七年四月二十………会議録へ(外部リンク)

第18回国会 参議院 本会議 第5号(1953/12/07、3期)

只今議題となりました町村合併促進法の一部を改正する法律案につきまして、地方行政委員会における審議の経過並びに結果について御報告申上げます。町村合併は各方面一致の要望でありまして、地方行政上は勿論、国政上もこれに期待するところ多大なるものがあります。而して本委員会の全委員の共同提案による町村合併促進法………会議録へ(外部リンク)

第18回国会 参議院 本会議 第6号(1953/12/08、3期)

只今議題となりました町村の警察維持に関する責任転移の時期の特例に関する法律案につきまして、委員会における審査の経過並びに結果の概要について御報告いたします。本法案は衆議院提出にかかるものであります。御承知の通り、警察を維持する町村は、住民投票によつて警察維持の責任を転移することができるのでありますが………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第28号(1954/04/02、3期)

私は、昭和二十九年度予算に関連いたしまして政府の政治責任について緊急質問をいたしたいのでございます。(拍手)参議院は、昭和二十九年度予算案に対しまして、三月三十一日以来自由党、改進党、この両党の不合理にして不法なる、強引なる審議打切りを排除いたしまして、緑風会及びその他野党各派と共に、議会運営の常道………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第37号(1954/04/22、3期)

只今議題となりました町村合併促進法の一部を改正する法律案につきまして、地方行政委員会における審議の経過並びに結果について申上げます。昨年八月第十六国会におきまして、本委員会の全委員の共同提案による町村合併促進法が成立いたしまして以来、町村合併の機運は全国的に高揚し、同法が施行せられました十月一日から………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第41号(1954/05/06、3期)

只今議題となりました地方税法の一部を改正する法律案につきまして、地方行政委員会における審議の経過並びに結果の概要を御報告申上げます。現行地方税制はシヤウプ勧告を基礎として、昭和二十五年に制定されたものでありまして、一応理論的にはすぐれた税体系として高く評価せらるべき面もあるのでありますが、我が国の現………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第44号(1954/05/10、3期)

只今議題となりました地方財政平衡交付金法の一部を改正する法律案につきまして地方行政委員会における審議の経過並びに結果の概要を御報告申上げます。本法案の要旨は、現行の平衡交付金制度は、昭和二十五年シヤウプ勧告に基く地方税財政制度改革の一環として創設せられたものでありますが、地方財政の窮乏とも相待ちまし………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第48号(1954/05/19、3期)

只今議題となりました衆第三十一号公職選挙法の一部を改正する法律案につきまして地方行政委員会における審査の経過並びに結果を御報告申上げます。本法案は、衆議院提出にかかるものでありまして、その提案理由といたしましては、いわゆる公明選挙運動をこの際強力に推進してこれを全国民に滲透せしめるためには、常時且つ………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第51号(1954/05/26、3期)

只今議題となりました閣法第七五号、公職選挙法の一部を改正する法律案につきまして、地方行政委員会における審査の経過の概要並びに結果について御報告申上げます。本法案の提案理由は、教育委員会制度発足以来の経験、現行地方公共団体の他の選挙制度の事例、地方財政上の負担の軽減等、諸般の事情を考慮いたしまして、教………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第2号(1953/12/24、3期)

私は日本社会党第四控室を代表いたしまして、奄美群島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定案及び交換公文案につきまして、政府に対して質疑をいたしたいのでございます。奄美群島民の絶大な歓喜のうちに、全国民待望の奄美群島の復帰がいよいよ明二十五日を期して実現せられますことは、誠に喜びに堪えない次第であ………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11