移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計
 2期参議院議員活動統計*
 3期参議院議員活動統計*
 4期参議院議員活動統計*
 5期参議院議員活動統計*
 6期参議院議員活動統計*
 7期参議院議員活動統計*
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計
 10期参議院議員活動統計
 11期参議院議員活動統計
 12期参議院議員活動統計
 13期参議院議員活動統計
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

曽祢益参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

  2期(1950/06/04〜)    8回   45180文字
  3期(1953/04/24〜)   10回   49772文字
  4期(1956/07/08〜)    1回   11991文字
  5期(1959/06/02〜)    7回   45447文字
  6期(1962/07/01〜)    1回    2387文字
  7期(1965/07/04〜)    1回    3338文字




参議院本会議発言一覧

第8回国会 参議院 本会議 第6号(1950/07/18、2期)

私は日本社会党を代表いたしまして、総理の施政方針演説に対しまして、特に国際問題に関連いたしまして若干の質問を申上げたいと存じます。第一は講和問題であります。会議録へ(外部リンク)

第12回国会 参議院 本会議 第20号(1951/11/18、2期)

私は日本社会党を代表いたしまして、ここに上程されました平和條約に賛成し、日米安全保障條約に反対するものであります。言うまでもなく、この両條約は、我が日本民族の運命を決する重大な意義を持つばかりでなく、極東及び世界の情勢に歴史的な一段階を画するものであります。そもそも講和は、過去の戰争の終結を法的に確………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第11号(1952/02/06、2期)

総理大臣の御答弁では、先ず日本の負担の全額がきまらなければ各国との間の全額がきまらないように承われるのでありまするが、さようなことをして行くのならば、いつまでたつてもそれぞれの各国に満足を與えることはできないのではないか。で、そういうやり方をするならば、むしろ正直に言うならば、国際会議を開いてそうし………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第34号(1952/04/28、2期)

私は日本社会党第二控室を代表いたしまして、只今提案されました二つの法案に対しまして反対の意見を述べるものでございます。すでに外務委員長から、相当詳細に亘りまして外務委員会におきまする両案の審議につきましての御報告がなされたのであります。これを要しまするに、問題点は、先ほど岡田君も御指摘になりましたよ………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第47号(1952/06/04、2期)

私は日本社会党第二控室を代表いたしまして、国際連合への加盟について承認を求めるの件に対しまして賛成の意向を表明するものでございます。国際連合は、すでに御承知のように、国際の平和及び安全を維持すること、更と経済的社会的国際問題の解決などの目的を以て作られましたところの機関でございまして(「看板倒れ」と………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第63号(1952/07/05、2期)

私は日本社会党第二控室を代表いたしまして只今議題となりました中華民国との平和條約の締結について承認を求めるの件に対しまして、反対の意向を表明するものであります。我が国はサンフランシスコ平和條約によつて独立を回復し、自由平等の立場において再び国際社会の平和的な一員となることができたのであります。会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第67号(1952/07/21、2期)

私は国連軍との協定に関しまして、政府に緊急質問をいたしたいと存ずるのであります。平和條約第六條(a)項によりますれば、すべての占領軍は、日米安全保障條約に基く駐留軍は別といたしまして、如何なる場合におきましても、平和條約の効力の発生後九十日以内に日本から撤退しなければならないのであります。安全保障條………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 参議院 本会議 第16号(1952/12/24、2期)

私は只今議題となりました日本国とアメリカ合衆国との間の船舶貸借協定の締結について承認を求めるの件に対しまして、日本社会党第二控室を代表して反対を表明するものであります。本協定に対する我が党の態度は、政府の自衛力漸増方策に対する我が党の態度と切離すことはできないのであります。政府は先に保安庁法を提案し………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第11号(1953/06/17、3期)

第五次吉田内閣が少数不安定内閣として成立し、前途暗澹たる折柄、スターリン死後における共産陣営の微笑外交は冷戦緩和の可能性をもたらし、国際情勢の推移如何は日本の平和と安全を大きく左右する複雑微妙なるものとなつて参り、国内的には、平和デフレに直面する大衆生活の窮乏、労資の対立の尖鋭化、反動逆コースと民主………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第21号(1954/03/19、3期)

私は日本社会党を代表いたしまして、MSA関係協定に対しまして、極く重要点だけを政府に伺いたいと存じます。日本社会党は、日本が自由世界、民主陣営に帰属することを肯定し、これとの団結と協力を是認するものでありまするが、同時に自主独立の外交によつて全世界と友好を求めることを我が国外交の本義と考えるものであ………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第40号(1954/04/28、3期)

本日は、丁度サンフランシスコ平和条約が発効いたしましてから二週年になるのでございます。私はこの際、政府の東南アジア政策、即ち日本と平和条約の未調印、国交の調整のできておらない国との外交等に関しまして、この記念すべき日に緊急質問をいたすことは甚だ遺憾に存ずるのでございます。先ず第一に日本とフイリピンと………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第2号(1953/12/24、3期)

岡崎外務大臣にもう一回伺いたいのでありまするが、私が先ほど御質問申上げました点で、このいわゆる奄美群島の有する特異関係というものが、果して奄美群島を特別に、何らか法律的に或いは軍事的に、何らか鷹殊の地帯にするという意味はないのか。勿論あなたの御説明のように、本協定によりましても、奄美が日本に返つて参………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 本会議 第5号(1955/03/25、3期)

私は日本社会党第四控室を代表いたしまして(「第二だよ」「右か左か」と呼ぶ者あり)第二次鳩山内閣組閣にあたりまして当面の外交問題に関する若干の御質問を申し上げたいと思います。第一に鳩山内閣は総選挙の前から、その外交方針は対米関係については吉田内閣の方針を踏襲する旨を言明して参りましたが、総選挙中におき………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 本会議 第16号(1955/05/27、3期)

私は、社会党第二控室を代表いたしまして、ただいまの重光外務大臣の御説明に対して、若干の御質問を申し上げたいと思います。まずわが党のこの日ソ国交調整問題に関する基本的な立場を申し上げたいのでございまするが、鳩山内閣成立以来、われわれは完全野党の立場に立って、公約の履行を監視するという立場にあるわけであ………会議録へ(外部リンク)

第23回国会 参議院 本会議 第5号(1955/12/09、3期)

私は日本社会党を代表いたしまして、ただいま重光外相から御説明がありました原子力の平和的利用に関する協力のための日米協定に関連して、本協定並びに原子力の平和利用に関する政府の所信をただしたいと存じます。そもそも原子力が大量殺戮兵器として使用されることなく、もっぱら新しい動力源その他の平和的な科学の目的………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第18号(1956/03/07、3期)

私は日本社会党を代表いたしまして、マーシャル群島における水爆実験に関する問題について、内閣総理大臣並びに外務大臣に対して質問をいたしたいと存じます。去る二月九日、本院において、原水爆の実験禁止に関する決議が満場一致をもって可決され、鳩山首相が特に発言を求められまして、この種実験が中止されるよう今後さ………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第24号(1956/03/23、3期)

私は日本社会党を代表いたしまして、ただいまの外務大臣の御説明に対しまして質問をいたしたいと存じます。ただいま外務大臣から、ロンドンにおける日ソ交渉の最近の情勢について御報告がなされました。それは交渉の技術上の点を中心とした通り一ぺんの説明であり、かつ巧みにソ連だけに交渉決裂の責任を帰しようとするもの………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第33号(1956/04/06、3期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、原子力研究所の敷地選定に関する政府の態度について質問いたしたいと存じます。政府は、四月三日の閣議において、原子力研究所は諸般の事情から武山に設置しないことに了解が成立し、正式決定は原子力担当の正力国務大臣の帰京の後に行うことになったようでありましたが、いよいよ今朝………会議録へ(外部リンク)

第29回国会 参議院 本会議 第6号(1958/06/18、4期)

私は、日本社会党を代表して、昨日、本院における岸首相の施政方針に関し、首相並びに関係閣僚に対して、以下若干の質問を行いたいと存じます。まずもって、総理の施政方針演説がまことに無内容、おざなりのものであって、国民の期待を大きく裏切ったことは、はなはだ遺憾に存じます。しかも一方においては、目に余るような………会議録へ(外部リンク)

第32回国会 参議院 本会議 第4号(1959/06/26、5期)

もう終了いたします。それから海外出動の問題あるいは共同防衛の問題についても、いろいろありまするが、私は幾ら質問しても、ほんとうにまじめな御答弁がいただけないのではないかということを非常に憂える。そこで、もう一点、二点に限ってだけ私の意見を申し上げたい。その点はです。なぜ十年のいわゆる安定期間になるの………会議録へ(外部リンク)

第33回国会 参議院 本会議 第5号(1959/10/30、5期)

いろいろまだ疑問だらけでございますが、ただ一点だけ総理にもう一ぺん、重要な問題ですから御質問申し上げたい。それは、総理は今の私に対する御答弁の中でも、安保体制はこれを維持していきたい。これは体制という言葉はいろいろあれがあると思いまするが、アメリカによる防衛協力といいますか、これは変えない。しかし問………会議録へ(外部リンク)

第33回国会 参議院 本会議 第18号(1959/12/23、5期)

私は、社会クラブを代表いたしましてただいま議題となっておりまするヴィエトナム国との賠償協定並びに借款協定について承認を求める件、両案件に対して、反対の討論を行ないたいと存じます。反対の第一の、そしておもなる理由は、この賠償が、南北二つの政権に分かれて相争うところのベトナム国の現状を無視して、事実上、………会議録へ(外部リンク)

第36回国会 参議院 本会議 第4号(1960/10/22、5期)

私は、民主社会党を代表して、首相並びに関係閣僚の施政演説に対して質問いたしたいと存じます。わが党は、わが国の民主主義、議会政治が、左右の暴力に脅かされていることを憂慮して、民主主義と議会政治の擁護を基本理念の一つとして立党したのであります。しかも、去る第三十四国会においては、安保条約改定をめぐって、………会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第4号(1961/01/31、5期)

私は民主社会党を代表いたしまして、昨日行なわれました政府の施政方針に対して若干の質問を試みたいと存じます。最初に、首相の国際情勢に関する認識と、わが国の外交について伺いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第39回国会 参議院 本会議 第12号(1961/10/27、5期)

私は、民主社会党を代表いたしまして、ただいま上程されました核実験禁止に関する決議案に対して、賛成の討論を行なおうとするものであります。(拍手)去る八月三十日に、ソ連は、ちょうど核実験禁止に関するジュネーヴ会議がまだ継続中であり、しかもこの会議にアメリカが新しい提案を出すことによってこの行き詰まりを打………会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第6号(1962/01/23、5期)

私は民主社会党を代表いたしまして、池田内閣の施政方針に対して質問いたしたいと存じます。まず、外交方針について総理の所信を伺います。私は一年前に、第三十八国会にあたっての代表質問の中で、総理が東西交渉が失敗した場合の情勢の急激な悪化を考慮に入れていない点に警告を発するとともに、一そうの切迫感をもって、………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 参議院 本会議 第24号(1964/05/25、6期)

私は民主社会党を代表して、わが国が部分的核停条約を締結することに賛成するものであります。わが党の綱領は、世界平和の達成について次のごとく述べております。「現在の世界平和は、世界の民衆の平和への熱望によることはもちろんのことであるが、東西両陣営の武力の均衡によってかろうじて維持されている事実は否定でき………会議録へ(外部リンク)

第50回国会 参議院 本会議 第6号(1965/10/18、7期)

私は、民主社会党を代表して、日韓問題を中心とする外交政策について、政府の所信をただしたいと存じます。われわれは、かねてから、わが国と最も近い隣国である朝鮮に対し、不幸なる過去を反省して、独立国としてこれとの友好を樹立することは、わが国平和外交の当然の帰結と主張してきました。しかして、南北両朝鮮の平和………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11