移動
国会議員白書トップ
衆議院議員活動統計
 23期衆議院議員活動統計
 24期衆議院議員活動統計
 25期衆議院議員活動統計
 26期衆議院議員活動統計
 27期衆議院議員活動統計
 28期衆議院議員活動統計
 29期衆議院議員活動統計
 30期衆議院議員活動統計
 31期衆議院議員活動統計
 32期衆議院議員活動統計
 33期衆議院議員活動統計
 34期衆議院議員活動統計
 35期衆議院議員活動統計
*36期衆議院議員活動統計
*37期衆議院議員活動統計
*38期衆議院議員活動統計
*39期衆議院議員活動統計
*40期衆議院議員活動統計
*41期衆議院議員活動統計
*42期衆議院議員活動統計
*43期衆議院議員活動統計
*44期衆議院議員活動統計
*45期衆議院議員活動統計
*46期衆議院議員活動統計
衆議院議員一覧
参議院議員一覧
内閣総理大臣一覧

サイト内検索
■著書
世論の曲解
平成史
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治
選挙ポスターの研究

菅直人




衆議院本会議発言統計

36期(1980/06/22〜)    0回       0文字
37期(1983/12/18〜)    0回       0文字
38期(1986/07/06〜)    2回    6496文字
39期(1990/02/18〜)    4回   10381文字
40期(1993/07/18〜)    9回   24368文字
41期(1996/10/20〜)    7回   44531文字
42期(2000/06/25〜)    2回   15975文字
43期(2003/11/09〜)    1回    7979文字
44期(2005/09/11〜)    2回   17979文字
45期(2009/08/30〜)   33回  291802文字
46期(2012/12/16〜)    0回       0文字

衆議院本会議発言一覧

第107回国会衆議院本会議第12号(1986/11/06、38期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、ただいま議題となっております昭和六十一年度補正予算三案に対して、反対の立場から討論を行うものであります。(拍手)今回の補正予算は、対外経済摩擦の激化、そして、昨年来の急激な円高による景気の後退に対処するため、政府が九月十九日に決定した総合経済対策に基づいて提案されたものであると受けとめております。我々も、今日の経済状況において緊急に内需拡大につながる財政措置が………会議録へ(外部リンク)

第108回国会衆議院本会議第13号(1987/04/22、38期)

私は、社会党・護憲共同を代表いたしまして、予算委員長砂田重民君解任決議案に対し、全面的に賛成の立場から討論を行うものであります。(拍手)まず冒頭に、今の反対討論の中で吹田議員の方からいろいろと話がありましたけれども、もし自民党の皆さんに一片たりとも良識があるならば、この解任決議案ではなくて、売上税法案そのものを撤回をしてからこの議場に入っていただきたい、そのことをまずもって申し上げたいと思います。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第118回国会衆議院本会議第25号(1990/06/11、39期)

佐藤議員より物品税の問題などを含めた間接税のあり方についての御質問がございました。間接税問題が、この間、活発に論議をされ、国民の強い関心を集めております。政府や自民党の考え方は、簡単に申しますと、物品税などは時代おくれ、広く薄く課税する消費税の方がよい、このように言うものです。しかし、こうした独断専行こそが国民の反発を招いた最大の原因であります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第121回国会衆議院本会議第6号(1991/09/10、39期)

私は、進歩民主連合を代表いたしまして、ただいま議題となっております政治改革関連三法案について、論点を絞って質問をさせていただきます。今回の政治改革は、リクルート事件が直接の契機となり、政治浄化の徹底により政治への国民的会議録へ(外部リンク)

第123回国会衆議院本会議第31号(1992/06/13、39期)

私は、ただいま議題となりました議院運営委員長中西啓介君に対する解任決議案に対し、進歩民主連合を代表して、賛成の立場から討論を行うものであります。(拍手)国連平和維持活動等協力法案、いわゆるPKO法案は、昨年の臨時国会で自民、公明両党の賛成でこの衆議院を通過し、参議院に送られ、今、今回の通常国会で、公明党、民社党の要求を入れ大幅に修正をされ、衆議院に送付されてきたものであります。会議録へ(外部リンク)

第126回国会衆議院本会議第20号(1993/04/14、39期)

木島議員にお答えする前に、一言申し上げます。現在、社民連は、社会党との間で統一会派を形成しておりまして、また、小選挙区比例代表併用制など、社公案に近いものを従来より主張してきた立場より、社公両党の理解を得まして、今回、社公案に社民連の本院議員も提案者及び賛同者に加わった次第であります。こうした立場から、社公案の成立を通して今国会で抜本的な政治改革が実現するよう全力を尽くす覚悟であることをまず表明し………会議録へ(外部リンク)

第128回国会衆議院本会議第6号(1993/10/26、40期)

ただいま議題となりました三件につきまして、外務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。初めに、みなみまぐろ保存条約について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第129回国会衆議院本会議第8号(1994/03/07、40期)

ただいま議題となりました児童の権利に関する条約につきまして、外務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。児童の権利については昭和三十四年の第十四回国連総会において児童の権利に関する宣言が採択され、昭和五十三年に本条約の草案が国連人権委員会に提出され、十年間にわたって検討が行われてきました。会議録へ(外部リンク)

第129回国会衆議院本会議第25号(1994/06/08、40期)

ただいま議題となりました七件につきまして、外務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。まず、ブルネイ・ダルサラーム国との航空協定は、昭和六十二年以来ブルネイ側より累次にわたり我が国に対し定期航空路開設の希望が表明されておりましたが、平成五年九月に両国政府間で協定締結の交渉を行った結果、合意に達しましたので、同年十一月二十九日東京において署名が行われました。会議録へ(外部リンク)

第129回国会衆議院本会議第29号(1994/06/21、40期)

ただいま議題となりました四議定書につきまして、外務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。昭和四十四年十一月、政府間海事協議機関において、油タンカー等がもたらす油による汚染損害について適正な賠償を行うための「六十九年の民事条約」が作成され、さらに、補足的な補償を行うことを目的に、昭和四十六年十二月、「七十一年の基金条約」が作成されておりました。その後、昭和五十一年四月、国際通貨基金が………会議録へ(外部リンク)

第131回国会衆議院本会議第14号(1994/12/01、40期)

ただいま議題となりました四件につきまして、外務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。初めに、モントリオール議定書の改正につきまして申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第136回国会衆議院本会議第20号(1996/04/25、40期)

ただいま議題となりました厚生年金保険法等の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。公的年金制度の長期的安定と整合性ある発展を図るため、これまで逐次、全国民共通の基礎年金制度の導入、被用者年金制度の給付の公平化等の改革を進めてきたところでありますが、今後二十一世紀にかけて我が国の人口構造が急速に高齢化する中、被用者年金制度を公平で安定したものとするためには、被用者年金制度を再………会議録へ(外部リンク)

第136回国会衆議院本会議第25号(1996/05/17、40期)

血液製剤によるHIV感染問題につきまして御報告申し上げます。エイズは、HIV、ヒト免疫不全ウイルスの感染によって引き起こされ、細胞性免疫不全状態土主な病態とする重篤な疾患であり、現在に至るまでその根本的な治療法は研究段階にあります。会議録へ(外部リンク)

第136回国会衆議院本会議第27号(1996/05/23、40期)

ただいま議題となりました薬事法等の一部を改正する法律案にっきまして、その趣旨を御説明申し上げます。近年、科学技術の進歩により医薬品等の開発が進み、薬理作用の強い医薬品、使用方法の複雑な医薬品等が増加していることから、これによる健康被害を防止し、医薬品等の安全性を一層向上させる必要が高まっております。会議録へ(外部リンク)

第136回国会衆議院本会議第31号(1996/05/31、40期)

私への御質問は、派遣労働者の社会保険への加入についてでございます。いわゆる労働者派遣事業における健康保険及び厚生年金保険の適用については、派遣労働者の雇用形態や報酬の支払い等を踏まえ、派遣元事業所において行うこととされております。社会保険の適用に当たっては、届け出が適正に行われるよう、事業主に対し各種広報媒体や事業主説明会等を活用して制度の啓発指導を行っているところでありますが、労働者派遣事業を営………会議録へ(外部リンク)

第139回国会衆議院本会議第7号(1996/12/17、41期)

虎島先生から、行政改革の推進について吻強い決意の披瀝をいただきました。」また、あわせて行政の改革へ向け国会の機能強化が必要との旨の御意見をいただ。きました。私たちが本法案を提出いたしましたのも、国会が国民を代表する国権の最高機関としていかにすれば行政を監督できるかという観点からでありまして、虎島先生のお考えと全く同感だと申し上げたいと思います。また、虎島先生より、次期通常国会中に趣旨に合致する結論………会議録へ(外部リンク)

第140回国会衆議院本会議第2号(1997/01/22、41期)

私は、橋本内閣総理大臣の施政方針演説に対し、民主党を代表して質問を申し上げます。昨年末に発生した在ペルー日本大使公邸占拠事件は、一カ月以上を経過した今日もなお解決していません。人質とされている方々の御苦労と御家族の心配を思うとき、本当に心が痛みます。不法なテロ行為に屈することなく、人命尊重を第一に事件の平和的な解決を図り、人質の方々の一日も早い全面解放が実現することを願ってやみません。会議録へ(外部リンク)

第141回国会衆議院本会議第2号(1997/10/01、41期)

私は、民主党を代表し、橋本首相の所信表明演説に対して、第二次橋本改造内閣の政治姿勢と当面する諸課題について質問をいたします。本日、東京地裁において、中村喜四郎代議士に対し、あっせん収賄罪の罪で一年六カ月の実刑判決が言い渡されました。これは中村被告が自民党代議士であった当時、自民党内での影響力を使って公取委に働きかけを行い、それに対してわいろを受け取っていたとして有罪と判断されたもので、自民党として………会議録へ(外部リンク)

第142回国会衆議院本会議第2号(1998/01/13、41期)

私は、統一会派民主友愛太陽国民連合を代表し、平成九年度補正予算案などに関して、内閣総理大臣に対して質問をいたします。明治元年から数えてことしは百三十年目に当たります。この百三十年間、我が国は欧米に追いつくために開発独裁型の中央集権の国の形をとり、戦争を挟んだ今日まで基本的には官僚中心の政治を続けてきました。それが行き詰まっていることは、今だれの目にも明らかであります。会議録へ(外部リンク)

第143回国会衆議院本会議第8号(1998/09/04、41期)

私は、提案者を代表して、ただいま議題となりました民主党、平和・改革、自由党三会派提出の金融機能の再生のための緊急措置に関する法律案、預金保険法の一部を改正する法律案、金融再生委員会設置法案並びに金融再生委員会設置法の施行に伴う関係法律の整備に関する法律案の概要とその趣旨を御説明いたします。まず、金融機能の再生のための緊急措置に関する法律案について御説明します。会議録へ(外部リンク)

第144回国会衆議院本会議第2号(1998/11/30、41期)

私は、民主党を代表し、小渕総理の所信表明演説に関連し、総理並びに内閣法制局長官に質問いたします。質問に先立ちまして、この夏から秋にかけての豪雨や台風による災害でお亡くなりになられた方々と御家族や関係者の方々に深く哀悼の意を表明するとともに、被災地の皆様方に心よりお見舞いを申し上げます。民主党は、災害の復旧に向けて全力を傾注していく決意であります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第145回国会衆議院本会議第27号(1999/05/07、41期)

私は、民主党を代表し、ただいまの小渕総理の訪米報告に関連して、総理の外交姿勢と当面する政策課題について質問をいたします。総理の訪米と同じ時期に、私は、民主党代表団を率いて、中国の上海、西安、北京の三都市を訪問してまいりました。会議録へ(外部リンク)

第156回国会衆議院本会議第47号(2003/07/25、42期)

私は、民主党・無所属クラブ、自由党、日本共産党、社会民主党・市民連合を代表し、小泉内閣不信任決議案提案の趣旨弁明を行います。(拍手)まず、決議案を朗読します。会議録へ(外部リンク)

第157回国会衆議院本会議第2号(2003/09/29、42期)

まず、北海道十勝沖地震で被災された皆さんに心からお見舞い申し上げますと同時に、政府に対して、的確迅速な復旧活動に従事されるよう強く申し上げます。民主党と自由党が合併をいたしました。新しい民主党と無所属クラブを代表して、さきの小泉総理の所信表明演説に対して質問をいたします。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第159回国会衆議院本会議第2号(2004/01/21、43期)

民主党・無所属クラブを代表して、さらには今回我が民主党に支持をいただいた二千二百万人を超える国民の皆さんを代表して、そして五十八名の新しい議員を選出していただいた国民の皆さんを代表して、さらに言えば、さきの選挙では小泉総理の言葉を信じて投票はしたけれども、その後の小泉総理の行動に失望して怒りを感じている人の気持ちも体して、先日の小泉総理の施政方針演説に対して質問を申し上げます。(拍手)いよいよ陸上………会議録へ(外部リンク)

第165回国会衆議院本会議第23号(2006/12/15、44期)

私は、民主党の菅直人でございます。私は、民主党・無所属クラブ、日本共産党、社会民主党・市民連合、国民新党・無所属の会を代表し、安倍内閣に対する不信任決議案の提案の趣旨を説明いたします。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第166回国会衆議院本会議第49号(2007/06/29、44期)

民主党の菅直人です。趣旨説明に入ります前に、昨日亡くなられました宮沢元総理、戦後の日本の政治の中で大きな役割を果たされ、足跡を残されました。最近に至るまで、現状の日本の政治に対して大変な心配もされていたとお聞きをいたしておりますが、その宮沢先生が亡くなられたことに、心から哀悼の意をあらわし、御冥福をお祈り申し上げたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第173回国会衆議院本会議第2号(2009/10/28、45期)

予算編成の方針に関連して、国家戦略室と私にいろいろと御心配をいただきまして、ありがとうございました。多分、しばらくすると、心配して損をしたと思われるのではないかと思っております。もう総理からも触れていただきましたけれども、今進行していることについて西村議員の方に少し説明をさせていただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第173回国会衆議院本会議第4号(2009/11/17、45期)

竹内譲議員の質問にお答えいたします。新政権のマクロ経済政策、さらには中長期の経済成長戦略、財政再建計画についての御質問をいただきました。会議録へ(外部リンク)

第174回国会衆議院本会議第1号(2010/01/18、45期)

このたび財務大臣を拝命いたしました菅直人でございます。これまでも、副総理兼国家戦略担当大臣として、藤井前大臣とともに、予算編成及び税制改正を初めとする経済財政運営に携わってまいりましたが、引き続き鳩山内閣の一員として、政治主導、国民主導の新しい行政を実現し、国民生活に安心と活力をもたらすため、全力で………会議録へ(外部リンク)

第174回国会衆議院本会議第2号(2010/01/19、45期)

大島幹事長にお答えをいたします。まず、政治資金問題、脱税の疑いについての質問であります。会議録へ(外部リンク)

第174回国会衆議院本会議第4号(2010/01/29、45期)

平成二十二年度予算の御審議に当たり、財政政策等の基本的な考え方について所信を申し述べますとともに、予算の大要を御説明申し上げます。去る総選挙において国民の皆様から大いなる御支持を賜り、鳩山内閣が成立してから四カ月余りがたちました。今ここに、新政権として最初の本予算を提出するに至りましたことに対し、御………会議録へ(外部リンク)

第174回国会衆議院本会議第5号(2010/02/01、45期)

石原議員からの私への質問は一問でありまして、無駄遣いと天下りの根絶ではどのくらいの財源が捻出されたのか、また、国の総予算二百七兆円の組み替えにより実際に捻出されたのは幾らだったか、こういうことだったと思います。平成二十二年度予算においては、マニフェストの主要事項を実現するために、各省庁における概算要………会議録へ(外部リンク)

第174回国会衆議院本会議第6号(2010/02/02、45期)

井上議員からの御質問にお答えをいたします。まず、名目の経済成長についての御質問でありました。会議録へ(外部リンク)

第174回国会衆議院本会議第7号(2010/02/16、45期)

ただいま議題となりました平成二十二年度における財政運営のための公債の発行の特例等に関する法律案、所得税法等の一部を改正する法律案及び租税特別措置の適用状況の透明化等に関する法律案の趣旨を御説明申し上げます。まず、平成二十二年度における財政運営のための公債の発行の特例等に関する法律案について御説明申し………会議録へ(外部リンク)

第174回国会衆議院本会議第9号(2010/02/23、45期)

高橋千鶴子議員にお答えを申し上げます。まず、年少扶養控除の廃止による影響等についての御質問です。会議録へ(外部リンク)

第174回国会衆議院本会議第10号(2010/02/25、45期)

西博義議員にお答えを申し上げます。まず、民主党のマニフェストには高校生分の特定扶養控除廃止の記述がなかったのではないかという御指摘であります。会議録へ(外部リンク)

第174回国会衆議院本会議第12号(2010/03/09、45期)

金子恭之議員にお答えを申し上げます。私には、二十三年度以降の公共事業関係費を削減するつもりか、それを継続するつもりかという問いが一つであります。会議録へ(外部リンク)

第174回国会衆議院本会議第16号(2010/03/25、45期)

私には、B型肝炎訴訟に関する御質問であります。野党の時代にB型肝炎対策本部長をしていたそのころの考え方と変わりはないかという趣旨の御質問でありました。会議録へ(外部リンク)

第174回国会衆議院本会議第19号(2010/04/06、45期)

後藤祐一議員の、みずからの体験も踏まえた、提案を含めた御質問にお答えしたいと思います。まず、天下りについてでありますが、御指摘のとおり、天下りの場合には、秘書とか車ということもありますし、さらに言えば、その団体に過大な利益を確保させるために、談合とかあるいは随契による過大な費用がそこにかかっていると………会議録へ(外部リンク)

第174回国会衆議院本会議第28号(2010/05/13、45期)

遠山議員の方から、国家戦略局、財務省、税制調査会の権限と役割分担について、所掌事務が重複することになるのではないかという趣旨の御質問をいただきました。既に総理の方からも詳しく答弁をしていただいていますので、若干重なりますけれども、簡単に答弁をさせていただきます。会議録へ(外部リンク)

第174回国会衆議院本会議第32号(2010/05/27、45期)

三ッ矢議員の方から、日本航空経営再建問題に関連して、何点か御質問をいただいております。まず最初に申し上げておきたいのは、言うまでもありませんが、航空行政を所管するのは、第一義的には国土交通大臣であります。私は、企業再生機構を所管する経済財政担当大臣として、また政投銀及び国庫一般を担当する財務大臣とし………会議録へ(外部リンク)

第174回国会衆議院本会議第35号(2010/06/11、45期)

国民の皆様、国会議員の皆様、菅直人です。このたび、国会の指名により、内閣総理大臣の重責を担うこととなりました。国民の皆様の期待にこたえるべく、力の限りを尽くして頑張る覚悟です。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第174回国会衆議院本会議第36号(2010/06/14、45期)

谷垣総裁に誠実にお答えしたいと思いますが、質問をいただいたのがわずか二時間前、そして菅原議員に至っては、十二時四十五分という、わずか十五分前に質問通告をいただきました。そうした形で、誠実に精いっぱいお答えはさせていただきますけれども、そうした時間的制約をつくったのは質問者の谷垣総裁であることをまずも………会議録へ(外部リンク)

第176回国会衆議院本会議第1号(2010/10/01、45期)

国民の皆さん、国会議員の皆さん、菅直人です。六月に政権を担って四カ月、九月に民主党の代表に再選され、党と内閣の改造を行い、政権を本格稼働させる段階に入りました。有言実行内閣のスタートであります。会議録へ(外部リンク)

第176回国会衆議院本会議第2号(2010/10/06、45期)

谷垣総裁から多くの点について御質問をいただきました。私としては、真摯にお答えをしてまいりたいと思っております。まず最初に、小沢元幹事長の説明責任、また、鳩山前総理の資料提出に関する質問についてお答えを申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第176回国会衆議院本会議第3号(2010/10/07、45期)

答弁に入る前に一言申し上げます。昨日の本会議での私の発言に関し、不適切との御指摘をいただきました。御指摘を真摯に受けとめ、以後、与野党が十分議論に臨めるよう努めたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第176回国会衆議院本会議第6号(2010/11/04、45期)

伊吹議員にお答えを申し上げます。まず冒頭、宰相としての経綸を堂々と国民に向かって語ってほしいということでありますので、私も精いっぱい、私の言葉でできるだけ語ってまいりたいと思いますので、ぜひお聞きをいただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第176回国会衆議院本会議第9号(2010/11/16、45期)

APEC首脳会議に関する報告をさせていただきます。私は、十一月十三日から十四日まで、横浜で、第十八回アジア太平洋経済協力(APEC)首脳会議に出席し、議長を務めました。会議録へ(外部リンク)

第176回国会衆議院本会議第12号(2010/11/26、45期)

ただいまの御決議に対して、所信を申し述べます。今回の北朝鮮による砲撃は許しがたい暴挙であり、我が国は北朝鮮の行為を強く非難する旨表明いたしました。また、私は、一昨日、李明博大統領と電話会談を行い、韓国政府の立場への強い支持を伝えました。会議録へ(外部リンク)

第177回国会衆議院本会議第1号(2011/01/24、45期)

演説に先立ち、一言申し上げます。一昨日、宮崎県において高病原性鳥インフルエンザの発生が確認されました。政府は、当日中に鳥インフルエンザ対策本部を開催し、初動対応を行ったところです。本件も含め、感染拡大の防止など、対応には万全を期してまいります。会議録へ(外部リンク)

第177回国会衆議院本会議第2号(2011/01/26、45期)

谷垣総裁の御質問に、聞いておられる国民の皆さんにもわかりやすいように、私の考え方も紹介しながらしっかり答弁をさせていただきたいと思います。また、質問によっては、内容に応じてまとめてお答えさせていただくことを御了解いただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第177回国会衆議院本会議第3号(2011/01/27、45期)

昨日の小池百合子議員の質問において二つの答弁漏れがあったことをおわび申し上げ、改めて答弁させていただきます。またさらに、一層丁寧にお答えした方がよい質問が二問ありましたので、あわせて答弁をさせていただきます。まず、来年度の予算についての御質問がありました。会議録へ(外部リンク)

第177回国会衆議院本会議第4号(2011/02/15、45期)

岡田康裕議員にお答えをいたします。今、経済、財政、社会保障の一体的な強化といったことに真正面から取り組んでいくには、まず隗より始めよ、そういう覚悟で臨まなければならないという御指摘をいただきました。私も、そのとおりだ、このように考えております。会議録へ(外部リンク)

第177回国会衆議院本会議第5号(2011/02/24、45期)

郡議員にお答えを申し上げます。まず、ニュージーランドの地震についてのお尋ねです。会議録へ(外部リンク)

第177回国会衆議院本会議第16号(2011/04/22、45期)

今般の東日本大震災は、かつてない多くの犠牲者と甚大な被害をもたらしました。亡くなられた方々の御冥福をお祈りするとともに、御遺族や被災された方々に心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。また、福島での原子力発電所の事故により、多大の御不便をおかけし、農水産物などへの被害をもたらしたことに対し、深くおわ………会議録へ(外部リンク)

第177回国会衆議院本会議第17号(2011/04/28、45期)

石原伸晃議員にお答えを申し上げます。まず、冒頭、東日本大震災の対策については、自由民主党を初め各政党には、党首会談や実務者会合など熱心にお取り組みをいただき、建設的な御提案を賜り、さらに、国会審議においても御協力をいただいてきたことに心から感謝を申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第177回国会衆議院本会議第21号(2011/05/19、45期)

山口壯議員にお答えを申し上げます。まず、今回の内閣法の改正について、増員する国務大臣等についての御質問をいただきました。会議録へ(外部リンク)

第177回国会衆議院本会議第31号(2011/07/08、45期)

まず冒頭、高邑議員におかれましては、福島県南相馬を初め被災地に寄り添って、長く滞在をして支援を行っていただいていることに、心から敬意をあらわしたいと思います。大変御苦労さまです。まず、この法案が成立しなかった場合に予測される事態についての御質問をいただきました。会議録へ(外部リンク)

第177回国会衆議院本会議第33号(2011/07/15、45期)

山本公一議員にお答えを申し上げます。まず、補正予算の規模についての御質問をいただきました。会議録へ(外部リンク)