菊池義郎衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

23期本会議 - 24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  1回発言   4396文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  0回発言      0文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  0回発言      0文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  0回発言      0文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  0回発言      0文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  2回発言   3305文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30)  3回発言   7701文字発言

本会議発言一覧

第5回国会 衆議院 本会議 第4号(1949/03/25、24期)

世界連邦建設運動と日本国会の参加と題しまして自分の卑見を披瀝し、議員各位に訴えるとともに、大臣はおられませんが、大臣諸公の御答弁を願いたいと思うのであります。世界連邦建設運動と日本国会の参加協力世界連邦建設の運動は、今や欧州を中心として全世界を風靡しております。すでに英国を初めフランス、イタリア、ル………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第57号(1952/06/19、24期)

ただいま議題となりました国立国会図書館法第二十條の規定により行政各部門に置かれる支部図書館及びその職員に関する法律の一部を改正する法律案について、その提案の理由を簡單に御説明申し上げます。行政各部門の二十支部図書館の設置の確認と、これらの支部図書館に専任の職員を置くため、昭和二十四年法律第百一号とし………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第63号(1952/06/30、24期)

至つて重要な問題であり、しかも興味しんしんたる報告でございまするから、漏れなく御清聴をお願い申し上げます。(「ヒヤヒヤ」)国立国会図書館法の規定によつて、図書館運営委員会における審査の結果を御報告申し上げます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

23期委員会 - 24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  2回発言   1391文字発言
  第6回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  3)  7回発言  13075文字発言
  第7回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員  2) 11回発言  15163文字発言
  第8回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  6回発言  12598文字発言
  第9回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  4回発言   3921文字発言
 第10回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27) 15回発言  23994文字発言
 第11回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第12回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)  7回発言  10626文字発言
 第13回国会 38回出席(長  4 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34) 16回発言  18277文字発言
 第14回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言    671文字発言

  24期通算 138回出席(長  4 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員114) 69回発言  99716文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            99回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員 79) 59回発言  84594文字発言

 海外同胞引揚に関する特別委員会
            24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  6回発言   8139文字発言

 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  3回発言   6740文字発言

 図書館運営委員会
             4回出席(長  4 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

 地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 懲罰委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言    243文字発言


委員会委員長経験

 図書館運営委員会委員長(第13回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 外務委員会理事(第6回国会)
 外務委員会理事(第7回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1949/03/30、24期)

賠償に関することではありませんが、この次の報告のついでにお願いしたいのは、日本が戰時中拿捕した商船がまだたいへんにある。それを中国や南方諸国でもつてみな返せという要求をしておる。しかもそれは元通りに修…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1949/04/20、24期)

私の希望は、世界の文明国の国会と同じように、日本の国会に世界連邦建設のための委員会を設けるために、お骨折を願いたい、あるいは御配慮を願いたい、この点でございます。ただいま英国を初めフランス、イタリア、…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第2号(1949/11/11、24期)

議事進行について――横田君は大分峻烈なお話があるようですが、私はさつきから政府委員のお話のように、これは司令部の発表であつて、日本政府はいかんともしがたい、こういつたお話のように聞きますが、私もこの抑…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1949/10/29、24期)

理事の互選は、その数を十名といたしまして、委員長において指名せられんことを望みます。菊池 義郎君 近藤 鶴代君会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1949/11/09、24期)

講和の問題につきまして先ほどから同僚委員諸君からいろいろと御意見がありましたので、大体において私の言わんとする点は盡きておるのでありますが、ただ仮定のもとに今日からこまかい議論をいたしましてもあまり価…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1949/11/19、24期)

総理は最近講和問題について今日から論議することは外国の疑いを招くおそれがある、疑惑を招くおそれがあるということを言つておりますが、われわれといたしましては今日より十分にこれを論議し、検討いたしまして、…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1949/11/21、24期)

最初賠償に指定された工場機械、それから打切られた機械、それを比べましておよそどのくらいの差がありますか。金額にしておよそどのくらいのものか、大体の御見当を承つておきたいと思います。それから梱包に要し…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1949/11/29、24期)

この問題については前の委員会においてもちよつと触れたのでございますが、小笠原から内地に引揚げて参りました住民は約六千人でございます。向うには現在米英系の住民が百三十何名しか残つておりません。アメリカ軍…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 懲罰委員会 第2号(1949/12/03、24期)

私も簡単に一言申します。侵略戦争のためだということを言つておられますが、侵略戦争を起したのはこの政府ではなく、前の政府である。どういうわけでもつてこの引揚げの賛成に、何も関係のないこういうことをおつし…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1949/12/21、24期)

昨日衆参議院のわれわれの世界連邦の同志が集まりまして、プライベートな委員会をつくり上げました。これはまことにこの時節柄ふさわしいことであると考えます。またそうなければならぬと考えておるのでありますが、…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1950/02/01、24期)

共産党の諸君は、ソ連在留同胞三十七万というのは全然うそである、捏造であるということを言つておられます。それで外務省はこのソ連在留同胞の数字に関する書類を焼いてしまつたのだという宣伝をしておるのでありま…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1950/02/08、24期)

最初のこの委員会におきまして、ソ連が講和條約を阻止しようとしている資料があるかないかということをお伺いしましたところが、島津局長がそれについてはないと答えられましたが、それではまことに政府の言動の上に…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1950/02/15、24期)

海上保安庁にお伺いしたいと思います。日本の漁船を脅かしておる海賊船というのはどんなものですか。大規模なものですか。それは貿易に関する見返り資金の問題でございます。見返り資金は御承知のように、将来これ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1950/02/22、24期)

質問応答の時間が十分間でございますので、私の質問に対しましてはほんの一分か二分でけつこうでございます。中ソ同盟條約に関しまして外国の新聞も言つておりますし、アチソン国務長官あたりも、これには條文のほか…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1950/03/01、24期)

川村次官と西村局長にお伺いしたいと思います。この中ソ同盟條約は、日本にとりまして重大な関係を有するものでありますから、国会においては大いにこれを検討論議いたしまして、最善の方策を立て、これに善処せんけ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1950/03/08、24期)

台湾の民族独立自決運動が今日盛んに行われておりまして、これは英米に呼びかけているばかりでなく、日本にもこの運動の首脳者が入り込んで参りまして、働きかけているようなわけなのであります。彼らは中共にも反対…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1950/03/22、24期)

先ほどの沖縄の軍事基節について、関連してひとつお尋ねします。大体軍事基地のスケールはどのくらいのものでありましようか。それから人数はどのくらいいるのですか。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1950/04/05、24期)

これを拝見しますと、仕事が非常に多岐多様にわたつております。仕事の多い割合に人員が非常に少いと思うのでありますが、これをどうお考えになりますか。これだけの仕事を担当するならば、少くともこの五倍くらいの…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1950/04/19、24期)

関連して……。私はいやしくも事外交に関することをみだりに公開の席上において発表することは、嚴に禁ずべきであると考えるのであります。古今東西を通じて秘密のない外交というものはあり得ない。また祕密を伴うこ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1950/04/26、24期)

ただいま並木君の御質問でありますが、要はマッカーサ元帥の意見と総理の意見とが違うということでありますが、違つたところでそんなことはちつともさしつかえない。どうせ見解の相違でありますから、一体これに何の…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第8号(1950/10/04、24期)

東北へ参りましたのは、最初三人ばかりの予定でありましたが結局私一人になつてしまいまして、随員の鎌田君と二人でまわつて参りました。結論において一番痛感いたしましたことは職業のないこと、収入のないこと。収…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1950/07/21、24期)

質問と申しますよりも、教えを受けたいのでございますが、私は今度の朝鮮の南北戰争を、国際法規に照しまして、はつきりした戰争であると解しておりますけれども、アメリカその他の国連参加の国々は、匪賊の侵入に対…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1950/07/26、24期)

これは損害賠償でなく、見舞金でありますから、その点は截然と区別して考えなければならぬと思うのでありますが、遺族の人たち、あるいは郵船会社は、お打合せもあつたでありましようが、大体これでもつて快く承知し…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1950/07/29、24期)

私は具体的の話ですが、先ほどの小笠原の行政権の停止を解除してもらう。その点について外務省のお骨折りを願いたいと思いますが、小笠原島につきましては私は数回論じております。アメリカが今日あすこを占拠してお…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1950/10/04、24期)

ただいま日本の再武装の問題についての情報をお聞かせくださいましたか、吉田総理も再武装はしたくないということを言つておられます。またわが自由党の国際問題調査会の意見といたしましても、あくまで憲法の精神を…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1950/11/01、24期)

私、西村局長その他外務省一連の官僚政治家諸君に対して、国際連合協力協会に所属しておられる方方にお伺いたしたいと思うのであります。この協会の会長である参議院議長の佐藤尚武氏、この方が方々で国際連合協力協…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第1号(1950/11/30、24期)

それではこれから会議を開きます。私が最年長者のゆえをもちまして、委員長が互選されるまで委員長の職務を行います。ただいまから委員長の互選を行いますが、その方法についてお諮りいたします。会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1950/11/29、24期)

マツカーサー元帥が前線から国連に提訴しております。今度は今までと違つて中共二十万の新たなる軍隊がわれわれの敵としてまわつているというわけで、現在この二十万の中共軍と戰つているのであります。簡單に御答弁…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1950/12/02、24期)

ただいまの質問に関連して、まず法務総裁にお伺いいたします。かくのごとき国内の暴動の前哨線とも認むべき騒擾が勃発いたしました、こういうときにこそ、警察予備隊を動員、投入すべきだと思いますが、動員したかど…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1950/12/06、24期)

日本の再軍備につきまして総理はしばしばお答えになつて、たとい許されても再軍備はせぬ方がよろしいということをおつしやられましたが、再軍備というような大げさなことでなぐ、今までのような軍備を持てば当然日本…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第7号(1951/03/20、24期)

大陸方面におりました同胞の引揚げに関しましては、大分今まで論議が続けられておつたのでありますが、南方、特に裏南洋方面、昔日本の委任統治になつておつたサイパン、テニアン、ロタ、ヤツプ、ポナペ、ヤルート、…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1950/12/13、24期)

西村局長にお尋ねいたします。台湾の問題につきまして、私が数箇月前に、台湾を国連の信託統治にすべく、領土権の現在の保有国たる日本が、イギリスかアメリカに折衝、陳情してもいいのではないかということを申しま…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1951/01/31、24期)

先ほど北沢君から、ほとんど一人でもつてしやべつてしまつて、ワン・マンぶりを完全に発揮され、われわれの発言を封ぜられたかつこうでありますが、(笑声)ただいま仲内君からもユネスコの運動で話があつた。日本の…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1951/02/06、24期)

政務局長にお伺いいたしますが、ダレス特使は日本に再武装を強制しないと言われる、また日本が希望するならば、講和後にも軍隊を日本本土と周辺に駐留せしめていいと言つておる。希望するならばというコンデイシヨナ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1951/02/14、24期)

この前島津さんが答えてくださらなかつたので、質問に先だつてちよつとお伺いしたいことは、ダレス特使と総理との間における会談の内容、つまり具体的な内容について、外務当局の方々は、総理からよく聞かされておら…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1951/02/20、24期)

今までの各委員の質問に関連して、二、三お伺いいたしたいと存じます。米国が日本に軍隊をとどめるといたしまして、その経費までも向うで持つてくれるということになりますると、日本もこれに対して何かの反対給付…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1951/02/21、24期)

西村局長にお伺いいたしたいと思いますが、アメリカ軍隊が日本に駐留する場合、ただ漫然ととどまつておつても、第三国の侵入を受けました場合に、アメリカ軍隊はこれに対して戰うところの法的根拠がないわけでありま…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1951/02/28、24期)

日本の漁船が東支那海におきまして、しかもマツカーサー・ラインの圏内において中共の軍隊につかまつているということが、二十七日の水産委員会でも大分問題になつておるのでありますが、沿岸三海里以内に乗り込んだ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1951/03/07、24期)

採決を急ぐために私は質問をやめます。討論に移ります。討論の通告がありますので、これを許します。北沢君。会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1951/03/14、24期)

條約局長にひとつお伺いしたいのでありますが、日本にもし軍事基地が設定される場合に、法理論を離れて実際的の御答弁を願いたいと思います。軍事基地と申しますと、その範囲はおよそどれくらいのものであるか、たと…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1951/03/24、24期)

先ほど山本君のお説がありましたが、私も非常に共鳴いたします。草葉次官のお話では、民間人を採用することは、公務員法の関係上だめだということでありましたが、公務員法の関係で、民間の有能な貿易に通暁している…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1951/03/26、24期)

ただいま移民の問題が出ましたが、倭島管理局長にお伺いいたしますが、イタリアは終戰後において、かれこれ十万ばかりもう海外に移民を送つております。同じ戰敗国である日本といたしましても、やはりこの移民の問題…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1951/05/23、24期)

私の話はこれはちともうかる話でありますが、南洋群島のサイパン、テニヤン、ロタボナペ、ヤツプ、パラオ、そういう所に沈められておりまする軍艦、商船八十八隻の引揚げに参加するように日本が許可されたとのことで…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1951/05/25、24期)

小笠原島が信託統治になりそうであるというので、六千の島民がみな心配しておるわけであります。この小笠原島は講和条約の草案の中にも信託統治にせられるようにも何か現われておるのであります。それはどうも日本政…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1951/06/21、24期)

この前調査をお願いしておきましたところの南洋群島における軍艦、商船の引揚げに日本が参加することができたという経緯及びこれまでのその仕事の状態をお伺いしたいと思うのです。通産省からお見えになつております…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第1号(1951/10/17、24期)

委員長の互選は、投票を用いないで、若林義孝君を委員長に推薦いたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第4号(1951/11/28、24期)

中共地区の抑留同胞から日本に手紙が参りまして、自分たちは戰線にかり出されて働いておるのだという日本の看護婦からの手紙、あるいはまた日本の軍人からの手紙、向うの軍隊に入つて従軍しておるのだというような手…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1951/11/02、24期)

厚生省としては実際それをやるつもりでおられるのですか、どうですか。それから遺骨で、よく二度同じ遺骨が届いたとか、あるいは遺骨が来てから本人が生きて帰つたとか、ずいぶんいろいろな悲劇が起つているようで…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1951/11/27、24期)

草葉次官にお伺いいたします。賠償工場からの施設使用許可申請が、最近非常に争つて出ておるということでありますが、御承知のように、指定工場の施設は、国有財産となつて管理されておる。それは三月あるいは七月ご…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会 第5号(1951/10/20、24期)

今回の対日平和條約は世界の外交史上かつて類例を見ないところの異例の成功を示すものであつて、かくのごとき友愛と信義に満ちたところの條約の結ばれまする陰には、米国の絶大なる好意と、わが全権御一行の涙ぐまし…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会 第6号(1951/10/22、24期)

西村局長にお伺いいたします。この信託統治の問題ですが、内地にも軍事基地を設けながら、島だけを信託統治にするという理由が何であるかということが、さつぱり国民にわからないのです。これは何人も不審に思つてい…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会 第7号(1951/10/23、24期)

この安全保障條約が世界の最大強国であるアメリカと日本とで締結されましたことは、何と申しましても日本外交の一大成果であると考えておる次第でございます。過般同僚黒田君が指摘せられたように、日本と韓国との併…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1952/01/30、24期)

委員長に一任したいと思います。小川原政信君  近藤 鶴代君会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1952/02/06、24期)

政府は日本の独立と同時に、国連加入と同様の効果を生ずるような方法と手段について、研究しておられるはずでありますが、さしあたりどういう構想を持つておられますか、お伺いいたしたいと思うのであります。日本…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1952/02/13、24期)

今林君の聞こうとしたことを私も実は聞こうと思つているのですが、つまり駐留軍と日本の予備隊とは、大規模な内乱、騒擾の場合には、必ず協力、連繋しなければならない場合が生ずるわけでありますが、そういう場合の…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1952/02/20、24期)

私ども理解のできぬことが一つあるのであります。フイリピンが日本に対して賠償を要求し得るところの法的根拠は一体どこにあるか、これをお伺いしたいと思います。それからフイリピンの賠償に対しまして、日本政府…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1952/02/27、24期)

行政協定の大体の概要が発表されたのでありますが、米軍のための施設、地域は大体何箇所ぐらいになる見込みでございましようか。はつきりわかつておりますか、まだ決定されておりませんか、もしできるならば具体的に…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1952/03/05、24期)

石原政務次官にお伺いいたします。朝鮮事変が今後継続するといたしますと、米軍は今まで通り旦本を基地として爆撃機を日本から飛ばすでありましようが、安全保障條約の発効後も、これは国連軍の活動と見るべきである…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1952/04/11、24期)

文部省側にお伺いしたいのでありますが、この国際計数センターの設立に関する條約に日本が加盟することによりまして、どういう利益がありましようか。またこれに伴ういろいろの日本の義務といつたようなことにつきま…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第22号(1952/04/30、24期)

私は主として世界各国から外務省に集まつて参ります情報についての質問をいたしたいと思うのであります。米国を初め国連各国でもつて、日本に軍備を要望している国と、また反対している国がありますが、その軍備の要…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第24号(1952/05/14、24期)

大臣にお伺いしたいのですが、日本の再軍備については、国民が非常に心配しております。一方に再軍備論があるかと思うと、一方では軍備の必要がないと言う。また再軍備して中立を守れという議論もありまして、区々ま…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第29号(1952/06/04、24期)

小笠原島の問題であります。今まで十数回にわたつて小笠原島民の帰還をお願いしておるのでありますが、まだ外務省の態度がはつきりしないので困つております。まずお伺いしたい第一点は、昭和二十一年の四月に、日本…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第31号(1952/06/11、24期)

関連して。この旅券法の違反行為をいたしまして、そうして国際的のちんどん屋みたいなことをやられた、これはまことに国会議員として恥ずべき行動でございます。われわれも同僚議員として、国民に対してこういうこと…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第33号(1952/06/13、24期)

この目印條約第三條でございます。「公海における漁猟の規制又は制限並びに漁業の保存及び発展を規定する協定を締結するために、インドが希望するときは、インドと交渉を開始することに同意する。」というのでありま…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第34号(1952/06/14、24期)

私、外交文書に日本の国号をいつも「日本国」と書いておるのは不満であります。日本の憲法でもいつの間にか、突如として「大日本帝国」を「日本国」と書いた。大日本帝国が日本国とかわるには、そごに法的根拠がなけ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第36号(1952/06/18、24期)

日華條約を取結ぶ場合に、條文には書いてありませんが、台湾の方は日本の領土をどういうふうに考えておるか、それから千鳥、樺太あたりは、向うの方では日本の領土と考えておつたかあるいは考えないか、そういう点に…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第37号(1952/06/25、24期)

私はあとから参りまして、質問が重複するかもしれませんが、今月十七日にアメリカの下院の軍事委員会で、日本にフリゲート艦十八隻、その他小型の上陸用舟艇五十隻を貸興する法案を可決したということでありますが、…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第38号(1952/07/02、24期)

保安庁にお伺いいたしたいと思います。一日に外務省で開かれました外人記者会見で、外務大臣が発言されたことが新聞に載つておりまして、非公式に米国に駆逐艦の貸與を要望しておると言われておるのでありますが、こ…会議録へ(外部リンク)

第14回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1952/08/28、24期)

野党の諸君の質問はあげ足とりばかりですが、私の質問はいつも建設的な質問です。艦艇貸與のことについてアメリカの議会で決定しておりますが、この艦艇を日本でアメリカから借りるについては、国会の承認を求める…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22