菊池義郎衆議院議員 28期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


衆議院本会議(28期)

23期本会議 - 24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議

本会議発言統計

  第29回国会(特別:1958/06/10-1958/07/08)  0回発言      0文字発言
  第30回国会(臨時:1958/09/29-1958/12/07)  0回発言      0文字発言
  第31回国会(通常:1958/12/10-1959/05/02)  0回発言      0文字発言
  第32回国会(臨時:1959/06/22-1959/07/03)  0回発言      0文字発言
  第33回国会(臨時:1959/10/26-1959/12/27)  0回発言      0文字発言
  第34回国会(通常:1959/12/29-1960/07/15)  0回発言      0文字発言
  第35回国会(臨時:1960/07/18-1960/07/22)  0回発言      0文字発言
  第36回国会(臨時:1960/10/17-1960/10/24)  0回発言      0文字発言

       28期通算   (1958/05/22-1960/11/19)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(28期)

23期委員会 - 24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第30回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  3回発言  11183文字発言
 第31回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  4回発言  12141文字発言
 第32回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  4回発言   8926文字発言
 第33回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  1回発言    328文字発言
 第34回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言
 第35回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   3039文字発言

  28期通算  46回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 46) 13回発言  35617文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 43) 12回発言  32041文字発言

 農林水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   3576文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第30回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1958/10/08、28期)

与党の議員が質問するのはおかしいのでございますが、大臣もお忙しゅうございますので、簡単に御質問申し上げたいと思います。新聞を見て気がついたことでございますが、岸総理が昨年二月ごろの内閣委員会で、沖縄…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1958/10/15、28期)

安全保障条約の改定につきまして、政府の御意見やら御見解やら四、五点についてお伺いをしたいと思うのでありますが、まず第一に、沖縄、小笠原は今日米国と韓国との条約、それから米国とフィリピン及び台湾政権との…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1958/10/27、28期)

外務大臣にお尋ねいたしますが、沖縄、小笠原、硫黄島、大鳥島、南鳥島、こういうところを安保条約の防衛範囲に入れますと、米国と相互防衛条約を結んでおります韓国、台湾、フィリピン等と他国との紛争に巻き込まれ…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1959/02/18、28期)

大臣にお伺いいたしますが、けさ日米安全保障条約に関し、総理と会見して協議されたようでありますが、その内容はすでに記者会見において発表されたことと存じますが、そのうち特に問題となった点あるいはまだ未定で…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1959/04/01、28期)

外務大臣にお伺いいたしますが、中共は以前には一応政治、経済を分離いたしまして、日本と貿易をやっておる。ところが最近それが一変して参りましたが、周恩来も、前には日台条約の存在は日中復交の妨げにならないと…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1959/04/27、28期)

先ほどから森島君は、日本が中共に敵視政策をとっておるということをしきりに言っておられますが、日本政府としては、中ソ友好同盟条約の中において日本と米国とを敵国扱いにしておる、この厳然たる文書を、これは全…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1959/02/06、28期)

宮内庁長官にお尋ねいたしますが、この皇太子殿下の御成婚につきまして諸説ふんぷんとして、国民はいろいろの誤解を抱いておるのでございます。私は、皇太子が平民の娘をそのきさきとして選ばれたことを非常に喜んで…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1959/07/03、28期)

社会党の諸君が時間を超過いたしまして、私の時間が十五分に削られてしまいました。社会党の諸君は考えていただきたいと思います。安保条約の批准を来春の通常国会まで引き延ばすという情報がしきりに飛んでおるの…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1959/07/10、28期)

外務大臣は三日ばかり前の閣議におきまして、日米防衛分担金は今後ゼロになるということをおっしゃられましたが、分担金がなくなることは、今後米軍が全額を負担するということでございましょうか。それとも日米双方…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1959/09/01、28期)

総理ももうお疲れのようでございますから、簡単に具体的に申し上げます。長たらしい質問をするようなやぼではございませんので御安心を願いたいと存じますが、まず期限の問題では、先ほど岩本委員もおっしゃいました…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1959/10/15、28期)

安保条約の改定について残された問題は、期限の問題だけですが、本日また首脳会談も自民党内において行われる模様でありますが、一般国民は、この問題について非常に疑問を抱いている。これくらい不可解な問題はない…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1959/11/07、28期)

南ベトナムを正統の政府として賠償を払うことは当然であると思いますが、もしこの国際法のルールをはずしてしまったならば、今日中共の要人は国際法を無視して、ショウカイセキが帳消しにした対日賠償を日本から七百…会議録へ(外部リンク)

第35回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1960/08/31、28期)

まず外務大臣にお伺いしたいと思いますが、新たに生まれました韓国の政権はその外交の原則といたしまして東北アジア条約機構、すなわちNEATOの体制を積極的に協力的に推進するということを発表しておりまするが…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(28期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22