菊池義郎衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

23期本会議 - 24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  2回発言   3379文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  0回発言      0文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  2回発言   3379文字発言

本会議発言一覧

第22回国会 衆議院 本会議 第26号(1955/06/09、27期)

簡単に御報告申し上げます。ただいま上程せられました千九百三十六年の危険薬品の不正取引の防止に関する条約の批准について承認を求めるの件につきまして、外務委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。本件は、国際連盟主催のもとに一九三六年にジュネーヴで開催せられました麻薬不正取引防止会議において作………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第34号(1955/06/28、27期)

ただいま議長において読み上げました八つの案件につきまして、外務委員会における審議の経過と結果を御報告申し上げるのでありまするが、一々詳しく申しますると、一昼夜かかりましてもまだ足らないくらいでございますので、急所々々を押えて、要点をつまみまして、手ぎわよく簡単に御報告申し上げたいと存じます。まず第一………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

23期委員会 - 24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 32 委員 10) 16回発言  27671文字発言
 第23回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員 13) 10回発言  15836文字発言
 第24回国会 56回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 56) 15回発言  22880文字発言
 第25回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  0回発言      0文字発言
 第26回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 12)  6回発言  22324文字発言
 第27回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  1回発言    202文字発言
 第28回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員  0)  6回発言  11689文字発言

  27期通算 171回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 70 委員101) 54回発言 100602文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
           159回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 70 委員 89) 52回発言  99874文字発言

 行政監察特別委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  2回発言    728文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 外務委員会理事(第22回国会)
 外務委員会理事(第23回国会)
 外務委員会理事(第26回国会)
 外務委員会理事(第27回国会)
 外務委員会理事(第28回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1955/03/31、27期)

ただいま日本とフィリピンとの交渉が続けられておるのでありますが、私は南方の賠償問題について、至って実際的に、しかも実行可能な事項についてお伺いしてみたいと思うのでございます。まず最初に、賠償実行につ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1955/05/18、27期)

私はきょうはやりません。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1955/05/25、27期)

この受け入れについての意見がいろいろあるようでございますが、私は向うが貸すと言っても、くれると言っても、どっちでもよいからとにかく早くこれを受けるべきであると考えておるのです。もしそれに悪いひもがつい…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1955/05/30、27期)

ソ連は日ソ交渉を利用して日本の中立化をはかるだろうということを外国の新聞がしきりに言っておりますが、鳩山先生が本会議においても宣明されました通り――日米安全保障条約は絶対に破棄しないということをおっし…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1955/06/04、27期)

今の戸叶さんの御質問に関連してでありますが、そうしますと大使館に昇格した場合、今までの経費と、昇格後の経費は、大体どのくらいの違いがあるのですか。一々でなく全体の総額です。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1955/06/08、27期)

アメリカの上院の外務委員長でありますジョージが、過般新聞記者団に意見を発表しておるところを見ますと、アメリカは欧州からは絶対に撤兵しないということを言っております。ところが過般こちらで条約局長は、アメ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1955/06/13、27期)

日ソ交渉の方式についてお伺いしたいと思いますが、松本全権は、日本政府からの訓令を待って交渉をやるのでありますか。また、全権の方から請訓が来て、それに対して政府が訓令を与えるという方式ですか。どういう方…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1955/06/15、27期)

関連して。向うのまとまった話の内容を新聞で見ますと、サンフランシスコ条約に全く反するような、たとえば現金の賠償が含まれておる。それから物質賠償が非常に多く入っている。役務賠償は非常に少い。そういうわれ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1955/06/16、27期)

外務大臣にお伺いしたいと思いますが、ただいま日本政府がソ連との交渉において解決に向って努力しておりますところのいわゆる五つの懸案のうちで、国連加盟の問題をソ連に交渉するということは、どうもちょっと筋違…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第23号(1955/06/22、27期)

私はフィリピンの賠償問題に非常な関心を持っておりますが、外務大臣の各委員会における答弁を聞いてみても、四億ドル以上出てもいいのか、四億ドルにとどめたいのか、その辺政府の意向がまださっぱりわからぬのです…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第27号(1955/07/06、27期)

防衛長官にお伺いしますが、アメリカの軍事基地が日本の方々にありまして、ソ連とか中共とか、そういう日本を敵国なりと友好同盟条約に明記しておる国々は、日本にある軍事基地にアメリカの原爆が持ち込まれておらな…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第28号(1955/07/09、27期)

議事進行。岡田君の質問は、経審長官と法務大臣に限られてやったはずでありますが、外務大臣に対しては許していないと思います。時間の制限をして下さらぬと困ります。外務大臣に伺いたいのですが、そうするとこの…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第30号(1955/07/14、27期)

この運動のことについてちょっと関連質問があるのです。代議士やなんか呼べということはありませんか。先ほど関係の議員の方にというお尋ねもあったようでございますが、地元の人間といたしましては、われわれが選…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第35号(1955/07/23、27期)

私は日ソ交渉の場所について大臣に再検討願いたいと思うのであります。最初ソ連の方より東京でもよし、モスクワでもよしということを申し込んできたのに対して、日本はニューヨークということだった。松本全権は今ま…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第39号(1955/07/30、27期)

政府は原爆問題についてしばしば一貫して同じことを言っておられます。アメリカが持ち込もうとする場合はこれを拒否するということを言っておりますが、私は戦争なんというものは、原爆時代、水爆時代にはあり得ない…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第4号(1955/06/24、27期)

教科書が地方ごとにばらばらになっていて、全国共通の要求に応ずる教科書が少いというようなことは、国民の思想を統一する上において非常に欠陥があると考えるのであります。さらに、国民が一致団結せんければ、なら…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1955/11/30、27期)

重ねて領土問題で伺いますが、松本全権が日本にお帰りになって、某新聞の座談会において発表した話を見ますと、最初歯舞、色丹だけの交渉を自分に指図をしていて、あとで南千島の交渉もくっつけられた、それでは交渉…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1955/12/03、27期)

政務次官にお伺いいたしますが、韓国のああしたような暴虐非道な声明に対しまして、われわれは黙っておるわけにはいかない。しかも年額二百億に上るところの漁場を放棄することはできぬのであります。韓国はもともと…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1955/12/05、27期)

まず外務大臣にお伺いしたいのでありますが、過般われわれの代議士会でもって、地方財政の赤字を埋めるために賠償関係の方からも金を捻出するということが発表されました。それは重光先生多分御承知だろうと思うので…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1955/12/08、27期)

条約局長にお伺いしますが、外務当局から昨日の予算委員会でありましたか、李ラインに日本の漁船が入っても砲撃をしないだろうという見通しがついておるというようなことを表明せられておるのでありますが、それは米…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1955/12/09、27期)

アジア局長にお伺いしたいと思いますが、李ライン内で日本の漁船が漁撈に従事しても、これを射撃しないという言質がどこかで得られたようなことを外務大臣が話しておられます。それはどこと折衝され、だれからその話…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1955/12/10、27期)

関連して。われわれがイワノーヴォの戦犯のところに参りましたときに、向うの軍人はわれわれにどういうことを言ったかといいますと、われわれは決して戦犯でも何でもない、しかるに戦犯だといって人質に抑留しておる…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1955/12/14、27期)

内輪の与党の質問でありますから、簡単に答えていただきたい。この六十億円内外ではほんの試験的な、研究的なことしかできないわけでございましょうが、これが一応の研究、試験を終りますと、その後どういうように原…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1955/12/15、27期)

関連して。カンボジアは北海道ぐらいしか面積がないということでありますが、そういうところですらも一カ年に一万人、五年間に五万人という日本の移民を歓迎しているのです。大南方、東南アジア諸国は日本の何十倍も…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1955/12/16、27期)

外務省に入りました情報をちょっと聞かしていただきたいのでありますが、ソ連の方は日本の国連加盟は次の機会に支持しようというような言明をしておりますが、その後台湾の方を打診せられたでしょうか、あるいは米国…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第1号(1955/12/07、27期)

では、これから会議を開きます。以外にも私が最年長者でありますそうで、委員長が選任されるまで、規則第百一条第四項によりまして、委員長の職務をとり行います。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1956/02/03、27期)

法務大臣がいらっしゃいますので、ちょっとお伺いいたしますが、韓国の凶悪な者を大村に収容して、これを日本の抑留同胞と交換に釈放するという新聞記事がきょう出ておりますが、これはどういうふうになっておるので…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1956/02/11、27期)

外務当局にちょつと伺いたいと思います。松木全権の最近の交渉のしぶりはわれわれの満足するところでございますが、日ソ交渉に当りまして日本が国際連合に加盟することをソ連が支持するということを条文の中にわれわ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1956/02/23、27期)

最近新聞の伝うるところによりますと、伊丹の飛行場に韓国の飛行機が入ってきた、それからさらにまた韓国の母艦が横須賀に入ってきている事実もあります。そういう事態に対しまして、防衛庁といたしまして、これらの…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1956/02/29、27期)

カンボジアの経済協力に要する日本の資金は大体どのくらいに見通しをつけておられますか、お伺いしたいと思います。どなたでもけっこうです。それからちょっと政務次官にお尋ねします。第二条の第二項であります。…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1956/03/01、27期)

関税のことで大蔵省の方にお伺いいたします。密輸入がこれまでもたびたびあり、これからも多くあることばどうしても免れないと思う。貿易港以外のところから陸揚げする。この間も中国人の縁の下に時計が二千個あった…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第26号(1956/03/31、27期)

日ソの国交回復の交渉が一時停頓いたしまして、それでもその交渉の圏外に残されましたたとえば漁業の問題、あるいは抑留邦人の問題は無関係に交渉ができるわけでございますが、新聞の伝うるところによりますと、この…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第31号(1956/04/11、27期)

大臣にお伺いいたしますが、こういつたような機会において、この漁業問題についての交渉に先だちまして、とくと米国と協議してやった方がいいと思うのであります。こういうときにこそ米国を百パーセント利用すべき絶…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第41号(1956/05/09、27期)

先ほど北沢君も言われましたが、交渉はどこまでも議論によって決すべきで、いたずらに媚態を呈しても向うは言うことを聞く連中でないということを、私はソ連へ参りましてから痛感したのでございます。われわれがモス…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第45号(1956/05/18、27期)

国際情勢について一、二伺いたいと思います。皆さん大臣にばかり質問をしたがりますが、私は、政務次官であろうが局長であろうが、その見識において大臣と何ら変るものではないと考えております。ことに皆さんは絶え…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第46号(1956/05/19、27期)

関連して。昨日政務次官や局長にもお伺いいたしまして御答弁を得ませんでございましたが、河野全権は与えられた権限の範囲を逸脱したといいますか、一般の平和交渉に関することをかれこれ一時間半にわたってブルガー…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第49号(1956/05/24、27期)

関連して大臣にちょっとお伺いしたいと思いますが、ソ連の方でああいうふうに一方的に、南千島は当然にソ連の領土であるということを言って放送をしておりますが、それに対しましては、日本といたしまして当然反駁の…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第57号(1956/06/03、27期)

条約局長にお伺いします。鳩山総理が過般の本会議において、ソ連との平和回復を普通の平和方式によって進めたいという希望をちょっと披瀝いたしましたが、まだはっきりした決意は言っていない。アデナウアー方式によ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第59号(1956/07/12、27期)

野党の諸君がまだ二人控えておられますので、私は簡単に申し上げますが、外務大臣の答弁が長過ぎるんです。話はさかさまにしっぽから答えるように気をきかしていただきたい。総理大臣がいつも沖繩のことについて、か…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第61号(1956/07/28、27期)

至って具体的に簡単に御質問申し上げたいと思います。高碕大臣、外務大臣も兼任せられて大へん御苦労に存じます。先ほど松本君の質問に対しまして、インドネシアの賠償解決は早期にこれをやりたいという御意見を漏…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第63号(1956/08/30、27期)

まずまっ先にお伺いしたいことは、去る二十七日の本委員会におきまして、わが党の植原長老が発言された中に、西村条約局長の答弁として、南千島は千島列島の中に含んでおるということを局長が言っておる、であるから…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1957/02/12、27期)

現在の第三次日中貿易協定が五月三日で期限が切れまして、それで日中貿易促進の三つばかりの団体が今までの第三次協定改訂について四月中に中共と交渉する方針をきめておるのでございます。ところが中共との取引では…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1957/04/12、27期)

政務次官にお伺いいたします。松下特使が英国を離れてから、あとは特使の資格をとってしようというようなことが新聞に出ておりますがそれは米国に行ってもやっぱり特使の資格でもってアイゼンハワーやその他に会った…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1957/04/19、27期)

ソ連や中共からの赤化工作がだんだんひどくなってきている。昨年、赤化工作のために日本に入ってきた金が、かれこれ百本の金にして七百二十億となっているという。三月ごろのニッポン・タイムスに、それはどこから出…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 外務委員会 第22号(1957/05/02、27期)

簡単に、あっさりとお伺いいたしておきます。中共の通商代表部の問題でございますが、日本は吉田内閣の時代からしてまだどこの国とも国交が回復しないサンフランシスコ条約締結以前において、いろいろの協定を諸国と…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 外務委員会 第26号(1957/07/31、27期)

先ほど外務大臣から就任のごあいさつがございましたが、大臣が百五十に余るところの会社、その他の団体等の社長、重役その他の役職を放棄して、外務相を担当されました御勇断に対しまして敬意を表する次第であります…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 外務委員会 第28号(1957/10/15、27期)

ただいま大臣の御報告を承わりまして、まことに欣快にたえません。日本が国連の安保理事国に当選いたしましたのは、大臣御一行の並々ならぬ御努力と卓越せる政治力のたまものでございまして、われわれ深甚なる敬意と…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1957/11/11、27期)

理由を説明いたします。私たちは、日本政府が、世界各国、特にアジア・アフリカ諸国と共同して、原水爆実験の即時無条件禁止協定締結を国連総会に提案することを要求します。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1958/02/12、27期)

日ソの漁業交渉が行き詰まっておって遺憾でありますが、新聞を見ますと、わが方の北洋安全操業の問題の交渉提案に対しまして、ソ連側から回答があって、領土問題とこの問題とは不可分である、従って平和条約交渉の開…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1958/02/17、27期)

ちょっと関連質問。この前英国がクリスマス島で実験をやりましたときに、民間の団体が船団を組みましてすわり込みをやろうという計画をしました。その計画が腰が折れてしまったのは、政府がこれに反対したからであっ…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1958/02/27、27期)

防衛庁長官にお越しを願いましたのは、新島に防衛庁でもって誘導弾の試射場を設ける、これにつきまして新島の人々は絶対反対を唱えて、村の決議でもってこの計画を返上するなんという騒ぎになっておるのでございます…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1958/03/07、27期)

このインドネシアに限らず、南方の賠償が、日本側が南方諸国との経済交流に資したいという考えで交流するのと方向が違って、それらが往々他の方面に乱用される。極端に言うならば、向うの一党一派のための選挙費用に…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1958/04/02、27期)

岸総理の親書が、台湾政権の蒋介石総統にもたらされたそうでありますが、これに対する総統の意見が、各新聞にまちまちに載っております。あるいは了解したといい、あるいはまだ怒っておるといい、まちまちであります…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1958/04/23、27期)

日ソ漁業交渉の結果が、公海自由の原則をくずしておらぬということはよくかわりました。オホーツク海の出漁は、日本ばかりでなく、ソ連側もやらないということですか、ソ連側はやって日本側がやらぬという約束ですか…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22