田口長治郎衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  0回発言      0文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  0回発言      0文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  1回発言   2211文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  0回発言      0文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  0回発言      0文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  1回発言   1438文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30)  2回発言   3649文字発言

本会議発言一覧

第7回国会 衆議院 本会議 第44号(1950/04/29、24期)

私は、ただいま上程になつております水産資源枯渇防止法案に対しまして、自由党を代表して賛成の異を表したいと考えるものであります。先般、アメリカから漁業の視察団としてアレン氏が参られました。その後カナダの漁業大臣が日本に来られまして、日本の漁業をつぶさにごらんになつて最も奇異に感じられたことは、日本の各………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第51号(1952/06/07、24期)

ただいま議題となりました漁船乗組員給與保険法案につきまして、水産委員会における審議の経過並びに結果を御報告いたします。終戰以来、支那東海及び黄海あるいは北海道近海等の諸海域におきましては、日本漁船約四百隻が拿捕され、四千三百名以上の乗組員とともに抑留をされておるのであります。しかも、これらの海域は、………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 26)  8回発言  23916文字発言
  第6回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  3回発言   6014文字発言
  第7回国会 45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 45) 16回発言  32670文字発言
  第8回国会 17回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 13 委員  2)  8回発言  14289文字発言
  第9回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  0)  6回発言  15535文字発言
 第10回国会 44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員 43) 21回発言  35407文字発言
 第11回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第12回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  8回発言  23689文字発言
 第13回国会 72回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 47 委員 25) 23回発言  53829文字発言
 第14回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

  24期通算 254回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 72 委員180) 93回発言 205349文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 水産委員会
           217回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 72 委員143) 92回発言 202820文字発言

 予算委員会
            32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 32)  0回発言      0文字発言

 海外同胞引揚に関する特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2529文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 水産委員会理事(第8回国会)
 水産委員会理事(第9回国会)
 水産委員会理事(第10回国会)
 水産委員会理事(第13回国会)
 水産委員会理事(第14回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1949/04/02、24期)

先ほど小松委員の質問に対して、野菜の統制を撤廃し、魚類の統制は強化しろというような指示があつたという安本副長官の御答弁でございますが、その際何か魚の統制についてどうするということを伺い立てられて、それ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 水産委員会 第7号(1949/04/14、24期)

水産の資材問題につきましては、輸入物資が非常に多いのでございます。綿糸にいたしましても、マニラにいたしましても、あるいはゴム製品にいたしましても、油にいたしましても、染料にいたしましても、あらゆる資材…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 水産委員会 第9号(1949/04/28、24期)

補給金の問題につきましては、鈴木委員、松田委員の質疑によりまして、大体了承いたしたのでございますが、なお一、二伺いたいと思います。まず第一に食糧、肥料、石炭に対しては一年を通じて出す。工業原材料に対…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 水産委員会 第14号(1949/05/16、24期)

ただいままでの各委員と政府委員の間に交換されました質疑應答及び意見の交換によりまして、大体の御意向が判明したものと思うのでございますが、私はこの間に最も大きな問題が一つ取残されておると考えるのでありま…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 水産委員会 第16号(1949/05/20、24期)

水産金融問題につきまして、愛知銀行局長が常に多大の御配慮にあずかつておりますことにつきましては、私厚く敬意を表したいのであります。長期資金も短期資金も非常な低迷状態にありまして、水産業者としては非常に…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 水産委員会 第24号(1949/09/08、24期)

今回の改正法案で、私らが考えて最も重要な点に二つあるように考えるのでございます。その一つは、昨日から質疑あるいは議論がありました漁業権の所属の問題であります。御承知の通り、日本の漁村は大部分漁業権とい…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 水産委員会 第25号(1949/09/09、24期)

第三章を通じまして、一、二の点につきましてお伺いいたしたいと思うのでございます。この第五十六條の二号、このうちに「不当な集中に至る虞がある場合」これは定置の場合その他にもあるのでございますが、定世その…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 水産委員会 第29号(1949/09/28、24期)

今までいろいろ御意見の発表がございましたが、どうも核心に触れていないような点があるので、その点ちよつとお伺いしたいと思うのでございます。専用漁業権がなくなつて、もし区画漁業権がそれにかわつて現在の専用…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1949/11/01、24期)

この魚の統制につきましては、いろいろな技術的な矛盾がありまして、早急に撤廃すべきものと考えておるのでございますが、いろいろな事情から、ごくわずかの種類だけ残して、大部分が撤廃された、こういうような事情…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1949/11/15、24期)

わが国の水産物輸出品として非常に重要な地位を持つておりますいわしのカン詰につきまして、委員長に要望したいと存ずるのであります。日本の輸出品の中、いわしカン詰の中でトマト・サージン事が相当重要な地位を占…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 水産委員会 第18号(1949/12/02、24期)

私は水産資源維持に関する小委員会の経過及び結果について簡單に御報告申し上げたいと思います。この問題は大体におきまして非常にむずかしい込み入つた仕事である。しかし日本の水産業の基礎を確立する重要問題であ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1949/12/21、24期)

漁業の短期資金につきましては、先ほどからお話がありましたように、漁業手形が非常な期待をもつて創始されたのでありますが、実施の結果は、先ほど夏堀委員からもお話がありましたように、多少消極的になつておる。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第6号(1950/01/25、24期)

支那東海の以西底びきでは、船員の素質の関係からいたしまして、天測によつて船の位置を出すというようなことのできる船舶はごくわずかでございまして、大部分のものは想定によつて、大体水深その他を考えて自分の船…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第7号(1950/01/26、24期)

この資源枯渇防止法を制定されるということは、現在の水産資源が漸次減少しつつあるという実況から考えまして、きわめて適切な施策と考えるのであります。ただしかしこの資源の培養ということは、ここに示されてあり…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1950/01/27、24期)

私この年末から年始にわたりまして、長崎県の漁村でございますが、おそらくこのことは長崎県ばかりでなしに、ほかの府県も同様と考えますが、水産の基本法でありまするところの漁業法改正が協同組合法設置に非常に遅…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第12号(1950/02/11、24期)

ただいまの問題は、相当重大な内容を持つているように考えるのでございますが、私らはただいま松田委員から初めて聞いた程度でございまして、願くは詳細に政府委員から事情を承つて、そして判断をしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第16号(1950/02/28、24期)

この附加価値税につきまして、最も重要な点は、採算が引合わない漁業に対して非常な増税になる、採算が引合つておるところの漁業に対しては割合に軽くなる、結局、成績が不幸にしてあまり上らなかつた、こういう漁業…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第17号(1950/03/04、24期)

水産長官問題について、小松委員その他からの申入れごもつともと思います。しかしながらこの問題は、行政府の人事問題に関連しております。従つてこれは一応委員会を散会いたしまして、あらためて懇談会を開かれて、…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第18号(1950/03/06、24期)

この資料につきまして、端的に表面から見ますると、いかにも今魚の統制を撤廃しては非常に値上りする、こういうような材料になつておるように考えるのでございます。御承知の通り魚の価格は、平常の年におきましては…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第24号(1950/03/25、24期)

水産業協同組合法の一部を改正する法律案の内容につきまして、三点だけ御質問したいと存ずるのであります。その第一は、法人の加入の問題でありますが、御承知の通り漁村に存在をしておるところの法人は、課税関係…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第26号(1950/04/01、24期)

第三條の基本施設の中で俊深ということが非常に重要だと思うのでございますが、そういう言葉がないようでございますが、どれかに包含してありますかどうか、お伺いいたします。それからこの施設でありますが、ここ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第27号(1950/04/03、24期)

先般荷受け機関が物価庁その他に対して、手数料値上げの猛運動をしたことがあります。その際、遂に実現しなかつた。その不足財源をどこに求めたかと申しますと、結局到着駅における荷卸貨を従来荷受け機関が負担して…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第30号(1950/04/11、24期)

私も、この機会に二、三の点について銀行局長の御意見を承りたいと思うのであります。この水産金融で特にお考え願わなければならない問題は、農村問題と多少趣きを異にしておりまして、小から大まで階段がある、こう…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第34号(1950/04/20、24期)

請願一九〇号は、すでに四月一日の統制撤廃によりまして、問題が解決いたしましたから省略いたしまして、請願第一三二八為石に避難港設置の請願の問題でございますが、この為石は熊本県、長崎県、鹿児島県、各県の漁…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第39号(1950/04/27、24期)

昨今日本のあらゆる漁業を見てみますのに、どの漁業も非常に危機に瀕しております。これは金融関係もありますけれども、一つは、ただいまのお話のように販売機構、これがはなはだ不合理にできておる。統制時代そのま…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第42号(1950/05/02、24期)

今回電波法及び電波管理委員会設置法が成立いたしまして、これは電波の管理上はなはだ喜ぶべきだと存ずるのでありますが、この電波の管理をいかなる組織によつてやるかということは、結局委員会の運用によつて、この…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第44号(1950/07/01、24期)

資源枯渇防止に関連いたしまして、以西底びき網漁業の問題について一つ二つお伺いしてみたいと思うのでございます。承るところによりますと、第七国会において通過いたしました資源枯渇防止法に基きまして、以西底…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1950/07/15、24期)

ただいま松田委員から、漁業の生産費を切り下げるという問題がございましたが、長崎でいわしのカン詰をつくつておりますが、あのいわしのカン詰は、原料がマル公九十三円六十銭した場合には絶対に輸出ができなかつた…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1950/07/17、24期)

本日舟山局長が御出席になつておられますから、水産金融について質問いたしたいと思うのでございますが、御承知の通り、ただいま水産界では、漁業も、加工も、あるいは流通部面も、金融の梗塞によりまして、ほとんど…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1950/07/19、24期)

本年の初めから、天候の関係だとかあるいは海変等によりまして、漁業が非常な苦況に陥つております。しかも漁業ばかりでなしに、加工業その他の方面も、漁業の関係からいたしまして、すべてが苦境に陷つた。その現在…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第7号(1950/07/24、24期)

ただいま鈴木委員から、農中の金融のわくを設定しないことは、今のような金融の対象にならない状態にある沿岸漁業者としては、非常に困る問題ではないか、こういう御意見がございましたが、私もまつたくその問題につ…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第9号(1950/07/28、24期)

漁船保険に関連いたしまして、私からも一言政府の御意見をお伺いしたいと思うのであります。ただいま御承知の通り、朝鮮動乱のために、東支那海から玄海灘にかけまして、国籍不明の潜水艦が出没しておる、あるいは漁…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第11号(1950/07/31、24期)

水産金融小委員会の審議の経過と結果を御報告申し上げます。水産金融につきましては、一般金融の梗塞関係ばかりでなしに、水産関係の事業全体が非常に困難なる状態に立ち至つております。かつての農林漁業復興資金と…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第12号(1950/08/03、24期)

安本の燃料課長、資源庁石油課長がおいでになつておりますからお伺いしたいのであります。今各委員は油の量という問題について論議をしているのでありますが、これは結局今の水産業は魚価の低下、その他今の操業状態…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第16号(1950/10/21、24期)

私は真珠の物品税に対しまして、大蔵当局の意見を伺いたいと思うのであります。わが国の真珠養殖業は戰時中禁止をされておりましたために、戰後になりましても復旧が遅々としておつたのでございますが、最近この事…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第1号(1950/11/24、24期)

私はただいま長官が出席になりましたから、ただいま重大問題になつておりまする市場の問題につきまして、政府の所見を伺いたいと思うのであります。今朝の新聞によりますと、市場の手数料が農林大臣のあつせんで六…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1950/11/28、24期)

日本の真珠養殖事業は、戦前輸出品としての花形であつたのでありますが、戦争中資材その他の関係及び坂路の実情からいたしまして非常な打撃を受けました。ほとんど窒息状態に陥つておつたのでございますが、戦後漸次…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1950/11/30、24期)

漁業用燃油につきましてお伺いいたしたいと思います。今月の全国水産業の実情は水産庁におきましてもよく御調査になつておることと思いますが、とにかく破産の一歩手前といいますか、それどころではない、もう日々つ…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第5号(1950/12/01、24期)

燃油の値上げ問題につきましては、ただいま陳情を受けたのでありますが、われわれから考えますと、昨日から申し上げておりますように、各産業に対する特殊性ということを全然考慮してないように考えるのでありますが…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第7号(1950/12/05、24期)

漁業用燃油の価格問題につきまして、先般来閣議におきまして一応延期をするということが決定されたようでございますが、その後の経過につきまして、当局から御説明を求めたいと思います。はないか、こういうふうに…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第10号(1950/12/09、24期)

私は先般本委員会におきまして、松田委員から提案された塩の問題につきまして、その後の経過、現状を御報告申し上げ、御承認を願い、あわせてこの問題に対しまして本委員会から大蔵大臣に対して要望書を提出したい、…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1951/01/26、24期)

私は昨今の石油の配給問題について、それから第二に漁業用燃油の見通しについて、この際資源庁の方に御質問いたしたいと思うのでございます。ちようどあらゆる漁業が漁期に入つておりまして、一年中で最も重大な時期…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第6号(1951/02/06、24期)

私は昭和二十四年度の生鮮水産物出荷に対する報奨物資配給の件につきまして、政府にお尋ねいたしたいと思うのであります。政府は昭和二十四年度の水産物出荷を確実ならしむるために、経済安定本部と御相談になりまし…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1951/02/10、24期)

ただいま委員長及び長官からの話によりますと、大体この漁業手形改善問題に対する、委員と政府側の意向が一致しておるように考えるのであります。われわれは水産金融につきましては、根本的の問題、応急の問題と二つ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第10号(1951/02/16、24期)

ただいま大蔵省説明員のお話を承りますと、今回の関税税率の改正は、主として内地石油の保護のためにやるのである、こういう御説明のように承るのであります。この点につきまして、多少私らは意見を異にするものであ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第11号(1951/02/17、24期)

この燃油の価格につきまして、われわれはガソリンのために重油が非常に価格が高くなつておる。こういうようなふうに考えるのでありますが、戰前のノーマルなときにおいてガソリンと重油の価格の比較、あるいはガソリ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第13号(1951/02/22、24期)

官房長官が御出席になつておりますから、ごく簡單に漁区問題についてお伺いいたしたいと思うのであります。官房長官はかつて外務次官のときに、東支那海の漁区問題につきましては、みずから陣頭に立つて非常に努力し…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第14号(1951/02/24、24期)

私は東支那海における以西底びき網及びトロール漁船が、中共政権によりまして多数拿捕されておる問題につきまして、水産庁長官に質問をいたしたいと思うのであります。従来この中共、朝鮮その他から東支那海に操業…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第15号(1951/02/27、24期)

総括的な問題でありますから、上田参考人にお伺いしたいと思います。中共では何と申しましても、やはり日本の漁船はマ・ライン以内で操業しておつた。この事実を確認することが非常に重大だと思いますから一、二お伺…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第16号(1951/03/01、24期)

ただいま次長からの御説明を承つておりますと、結局何もできない、そういうふうに受取れるのでありますが、この事件は毎日ただいま頻発しつつある非常に緊急な問題でございますから、いろいろ御苦心の点はあると思い…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第22号(1951/03/20、24期)

最近北海道及び東支那海におきまして、適正に日本の漁業者が仕事をしておるにもかかわらず、中国あるいはソ連から拿捕される船が年々多くなり、ことに二十四年、二十五年の情勢を見ますと、前の年に比べますと、相当…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第25号(1951/03/27、24期)

漁船法の一部を改正する法律案につきまして、一、二点質問をしたいと思うのであります。今回のこの漁船法の一部改正中、工事完成後の認定という事項が一つの重要なる内容になつているように考えるのであります。新…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第27号(1951/03/31、24期)

三月二十九日決定と思うのでございますが、原糸が十四万四千九百円、約七割値上げ、この数字につきましては、われわれはもう少し具体的に、綿花がこの程度上つた、単価がどういう状態であるというように、少くとも今…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第29号(1951/05/10、24期)

今日の以西底びき網漁業は漁区の関係からいたしまして、いずれの船主あるいは会社も、経営に非常に困つているような実情でございます。もし船の故障などによりまして一航海失敗しますと、次の航海の仕込みができない…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第32号(1951/05/17、24期)

私は中尾課長に一点だけ要望をしておきたいと思うのであります。海中における土木工事は、春をおいてほんとうに能率的にできる時期はないのでございます。御承知の通り、春は非常に干満の差が大きくて、大潮でぐんと…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第34号(1951/05/22、24期)

今回の漁業制度の改革資金というものは、先ほど来各委員からるる申されましたように、旧債の返還、この方向に一厘でも持つて行かれては困るのでございまして、結局新しく再出発をする完全なる資金でなければならぬ。会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第35号(1951/05/24、24期)

私が質問しようと思いますことも、前二委員で大体意を尽しておるように考えるのでございますが、この質疑応答の間におきまして、最も重大な問題が二つ残つているように考えるのでございます。それは先ほどから川村委…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第36号(1951/05/26、24期)

鴨居獺漁港修築に関する請願を御説明いたします。鴨居瀬は長崎県と朝鮮との間にあります対馬の東海岸の中央に位しておるのでありまして、ここには各県の漁船がたくさん集りまして、さば漁業なりあるいはかじき漁業な…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第38号(1951/05/31、24期)

漁業制度改革の資金につきまして、財政資金が必要であるということは、これは最も重大な問題でありますし、またこれなくしては、制度改革のほんとうの推進ができないわけでございます。ただいま官房長の話によりまし…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第40号(1951/06/05、24期)

ただいままでの本委員会の論議によつて、大体漁業協同組合関係の貴命化につきましては、ある程度端緒が見えたというふうに考えるのでございますが、現在の漁業権所有者及び漁業権行使者との関係を見ますと、大体漁業…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第42号(1951/08/13、24期)

ただいま二階堂委員から、今回の講和條約締結については、水産の諸問題について非常に広汎なる重要な問題がございますから、特別のオブザーヴアーの立場において、内地から人を派遣することが不可能な場合におきまし…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 大蔵委員会 第3号(1950/12/16、24期)

今日は農林大臣と大蔵大臣とがおそろいでございますから、この席で水産業がどういう状態になつておるかということをひとつよく認識していただきたいと思うのであります。それから第二に塩の問題を大蔵大臣は取上げ…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第1号(1951/10/12、24期)

ただいま森部長のお話で、統制撤廃ということは、政府としてまだそこまで話が進んでいないというようなことでございますが、私は結局事務当局においてほんとうに決心をされないために、政府が方針決定をしないという…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1951/10/16、24期)

関連して……。終戰後道徳が低下する、あるいは遵法精神が全然なくなる。これは陸上も海も同じことでございます。陸上の方はどうにか今日立ち直つておりますが、海の方はほとんど手がついていないというような状態で…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1951/10/18、24期)

ただいま石井さんのお話によりまして、鉄道の方の独立採算酬の赤字を補填する関係から、旅客及び貨物運賃値上げ約二割五分ないし三割を実行する、こういうような提案を怖くするというふうに承つておるわけであります…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1951/10/20、24期)

演習の補償問題につきまして、ちよつと関連してお尋ねいたします。大体石原次長のお話によりまして概略はわかつたのでありますが、まず第一に金額が非常に少い。私は長崎県でございますが、大村湾の中に一つの飛行機…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第5号(1951/10/25、24期)

私は中型旋網漁業につきまして一、二点お伺いしたいと思います。五トン以上六十トン未満の中型漁船を現状で押える。これは現在の状態から申しまして至当な考え方と思うのでございますが、現状で押えられる場合におき…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第10号(1951/11/08、24期)

演習地におきまする漁業者に対する補償の問題は、きわめて重要でございますが、先ほどから川村委員から、根本的の考え方についてお話があつたのでございますが、私大村湾の実態から申しまして、さような方向へ進まな…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第12号(1951/11/13、24期)

ただいままで松田委員と森部長との応答によりまして、大体油の統制は近いうちに撤廃になるだろう、そう長く継続すべきものではないというような御意向もあつたのでありますが、さような前提のもとに今回の値上げの問…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第13号(1951/11/15、24期)

小型機船底びき網の整理問題につきましては、これが零細漁業でありその日暮しの経営者である関係からして、整理のやり方によつては非常にたやすいことであり、またやり方によつては非常にむずかしいというように考え…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1951/12/13、24期)

ただいまお話がありました問題が、たまたま長崎県の三井楽に関連した問題でございます。しかもお話は大分事実と相反したことが多い。私は四、五日前まで長崎におりましたが、長崎地方を見ておりますと、日本共産党と…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1952/01/23、24期)

私は、この機会にマッカーサー・ラインの撤廃方法ということについて、政府の御意見をお伺いしたいと思うのでございます。今日東支那海で以西底びき網が盛んに拿捕されており、先方から帰りました漁夫の話によります…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第5号(1952/01/28、24期)

日米加漁業協定の仮調印がでまして、ようやくわれわれが待望しておりました北洋の出漁ができるようになりましたことは、まことに喜ばしい次第でございますが、私はこの北洋漁業に対しましては、ことに終戰後日本が置…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第7号(1952/02/07、24期)

今議題となつておりますポツダム宣言に基く政令によつて、現在問題となつております漁船、すなわち裁判中の漁船、そういつた漁船の数はどの程度にあるのでございますか。また問題にならないで本政令によつて処分され…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第9号(1952/02/13、24期)

北洋漁業ことにかに工船の問題について長官にちよつとお伺いしたいのであります。この四、五日以来、業界の一部には今年のかに工船の出濃いろいろ時期の関係その他からとりやめたらどうかというような御意見が相当有…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第11号(1952/02/18、24期)

ただいま議題となりました真珠養殖事業法案に対する修正案の趣旨弁明をいたします。御存じのように、本法は昨年の十一月二十六日、第十二回国会において提案され、水産委員会において審査を進めて参つたものであり…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第16号(1952/03/03、24期)

去る二月十八日本委員会におきまして、真珠養殖事業法案に対する修正案について御説明申し上げ、原案とともに修正案について御審議を願つておる次第でありますが、さきの修正案について一、二補足修正する必要を生じ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第17号(1952/03/05、24期)

きようは漁業取締りに関しまして、海上保安庁の長官にいろいろお伺いいたしたいことがあるのでございますけれども、時間がたいへんおそくなりましたから、ごく簡単にお伺いをいたしたいのであります。その第一点は…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第18号(1952/03/08、24期)

まき網漁業の問題につきましては、過般これに関する法律を通過させましたときにおきまして、小型底びきが非常に急ぐというような事情からいたしまして、実際の内容を盛りますところの省令が間に合わない。やむを得ず…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第19号(1952/03/10、24期)

ちようど農林大臣が御出席でございますから、真珠養殖に関しまして簡単に御質問いたしたいと思うのであります。大臣も御承知の通り、真珠養殖事業法は過般衆議院を通過いたしまして、ただいま参議院の万に送付して…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第24号(1952/03/29、24期)

たしか十日の小委員会と思うのでございますが、結局時間はわずかに一時間程度でございまして、委員長から水産庁がやらんとする内容について説明を求め、そして私から西日本海区全般にわたる事情について、一通り説明…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第27号(1952/04/03、24期)

私は従来から水産庁に対しましてはあまり発言をしませんで、ほかの官庁から当委員会に御出席になりましたときに、水産庁がなるべく仕事のしやすいように、そういう意味で主として発言しているのでございますが、まき…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第28号(1952/04/04、24期)

開発銀行の水産に関する金融に関しましては、水産業界が短期資金については何とかやつておりますが、長期資金についてはあらゆる面で非常に困つているような実情にありますから、開発銀行の長期資金ということについ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第29号(1952/04/12、24期)

水産金融に関しまして、われわれが最も重大視しておる問題は、長期資金の問題でありますが、現在の実情から申しまして、水産の長期資金は結局農林漁業融資特別会計とそれから開発銀行、この二つに期待するよりほかに…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第33号(1952/05/10、24期)

ただいまの永田委員の発言はきわめて重大であります。私らは、理事の関係もありますので、ただいまの問題につきましては、理事会を開催いたしまして、理事間において一通りの研究をして、しかる後に委員諸君と懇談を…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第34号(1952/05/13、24期)

去る五月十日の水産委員会における問題の処置につきまして理事に御一任を願つておりました次第でございますが、今日の委員会が済みましたら、関係委員だけ集まりまして懇談会を開くことになつておりますので、そうい…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第35号(1952/05/15、24期)

伊東漁政部長にお伺いいたします。先ほど現存しておる演習地が全国に四十二箇所、こういうようなお話でございましたが、地図か何かに記入をしていただきまして、コンクリートになつた部分、あるいはコンクリートにな…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第36号(1952/05/17、24期)

前委員会におきまして、日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障條約に基き駐留する合衆国軍隊に水面を使用させるための漁船の操業制限等に関する法律のちで、その水面の使用によつて直接に被害をこうむる者に対しま…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第37号(1952/05/20、24期)

水産物の輸出が振興しそうで、なかなか飛躍的に振興しない。こういつたような関係があるように考えるのでございますが、この原因につきまして、私静かに考えてみますのに今までのこの水産貿易品の金融の行き方が間違…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第39号(1952/05/31、24期)

ただいま議題となりました日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障條約に基き駐留する合衆国軍隊に水面を使用させるための漁船の操業制限等に関する法律案につきまして、小委員会の審議の結果に基いて簡單に御報告申…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第41号(1952/06/07、24期)

ただいま議題となりました漁船乗組員給與保険法案提案理由を御説明申し上げます。御承知の通り、日本漁船の拿捕抑留は、最初にその発生を見ましたのは、昭和二十一年の十月三日でございます。それ以来現在まで支那…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第44号(1952/06/14、24期)

水産長官にちよつとお伺いしておきますが、この定款の認可とただいまの事業の許可の関係は、定款の認可を受けても、事業を面接やる場合におきましては、事業そのものの許可を要することになると思うのですが、その辺…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第51号(1952/07/29、24期)

従来漁業用無電の周波数が非常に少かつたために十分なる機能を発揮することができなかつた、こういうことで非常に困つておつたのでございますが、ただいまのお話によりまして、長谷電波監理長官その他の御努力によつ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22