森三樹二衆議院議員 25期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
25期在籍の他の議員はこちら→25期衆議院統計 25期衆議院議員


衆議院本会議(25期)

23期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議

本会議発言統計

  第15回国会(特別:1952/10/24-1953/03/14)  2回発言   7066文字発言

       25期通算   (1952/10/01-1953/04/18)  2回発言   7066文字発言

本会議発言一覧

第15回国会 衆議院 本会議 第38号(1953/03/10、25期)

ただいま議題となりました公職選挙法改正案に対しまして、日本社会党を代表いたしまして、わが党島上善五郎君外二名より提出の修正案に養成し、この修正案に抵触する部分を除きましては原案に賛成の意を表するものであります。選挙法改正の問題は、前国会におきまして討議せられ、改正せられて参つておるのでありますが、今………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第18号(1952/12/22、25期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案及び特別職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案につきましては反対、別表第六の地域給の修正案に対しましては賛成の意見を述べんとするものでございます。(拍手)終戦後、わが国の経済は悪性インフレの継続であり、………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(25期)

23期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第15回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員 16) 16回発言  22556文字発言

  25期通算  32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員 16) 16回発言  22556文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 議院運営委員会
            15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  6回発言   1565文字発言

 人事委員会
            13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  1)  7回発言  15023文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  3回発言   5968文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 人事委員会理事(第15回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第15回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第15回国会 衆議院 議院運営委員会 第25号(1953/01/31、25期)

私らも、結論的には了解しますが、もう少し広範囲に、推薦した理由とか経過も書面で出していただきたいと思うのです。履歴書だけでは経歴とか職業はわかつても、それ以外に推薦した理由がわからない。それを明らかに…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 議院運営委員会 第28号(1953/02/05、25期)

それでいいのですが、おそくとも土曜日までに、地方公務員の年末給与のこの決議案を上程するということを一応申し合せてもらいたい。本日の議院運営委員会はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 議院運営委員会 第29号(1953/02/10、25期)

この提案理由の説明は、わが党の辻原弘市一君がやります。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 議院運営委員会 第31号(1953/02/21、25期)

そういうことを許して、各種の委員会から、当該法案については自分の方にまわせというような要求があつたら、てんやわんやになつてしまう。とてもやれるものじやない。ですから、私もその要求に対しては反対いたしま…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 議院運営委員会 第37号(1953/03/02、25期)

ただいま大野議長は、それが疑問だとおつしやいますけれども、それは私は逃げ口上だと思う。憲法六十七条に、総理大臣は国会議員のうちからこれを選ばなければならぬ、当然国会議員であるという身分が前提になつてお…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 議院運営委員会 第40号(1953/03/10、25期)

今官房長官の御答弁がありましたけれども、これは私は非常にデリケートな問題じやないかと思います。実際上予算の審議が今参議院で行われ、衆議院でも今重要法案が累積しております。この法案等について政府は会期内…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1953/01/31、25期)

先ほど前田種男君から要求されました、先般の衆議院選挙にあたりまして、相当大量な選挙違反が摘発された。ところがその処理にあたりまして、われわれは、検察当局の方針並びに起訴、不起訴の決定等に対しまして、選…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第6号(1953/03/06、25期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、先ほど島上委員から提案理由を説明いたしましたわが党の修正意見に賛成し、それと抵触しない改正案そのものには賛成したいと思います。私どもは長い間、各委員諸君とともに今…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第7号(1953/03/13、25期)

三浦さんにちよつとお伺いします。私どもこの前連座規定とか時効とかについて修正案を出しました。しかし通過した原案をここに引用するのですか。そうした部分は関係ないのですか。それではお諮りいたします。本案…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第2号(1952/11/11、25期)

人事院総裁にお尋ねいたします。八月一日に一万三千五百十五円の勧告をした、となつておりますが、その後いろいろ物価の面におきましても、相当変動があると思うのですが、人事院といたしましては、この勧告を改めて…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第3号(1952/11/28、25期)

議事進行について。竹尾さんは委員外なんですね。私は人事院の勧告、ことに地域給の勧告については、落選してからいないものですから、きよう初めてこの問題について出たのですが、前に参議院の修正が行われて、そ…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第8号(1952/12/12、25期)

先般来公聴会が開催されまして、十人に余る公述者の公述を私は聞いたのですが、その場合におきましても、現在の人事院の決定しました給与ベース、これは最低の線として妥当であるから、どうしても政府が責任を持つて…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第9号(1952/12/13、25期)

先般も私はこの委員会でお尋ねしたのですが、北海道の石炭手当の問題で、政府の支給する額を六千七百円トン当り要求しておるのに対して、まだ具体的にそこまで行つておらないようにお聞きしております。今年は寒さも…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第10号(1952/12/15、25期)

私はあなたが個人としてああいう文書をお出しになるならば、どういう文面でもいいと思うのです。しかしながらいやしくもあなたが人事委員長という肩書きをつけてああいうものをお出しになるとすれば、少くとも委員会…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第11号(1952/12/16、25期)

先ほど受田君からいろいろ質疑が行われましたが、私は結論的には大体受田君と同じ意見を持つておるのです。私はこれから裁判所、検察側に質問しようと思わないのです。先ほど菅野副長官から答弁がありましたが、もう…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第13号(1952/12/22、25期)

ただいま受田君からの御質問がありましたが、特別職の給与問題につきまして、一応御質問を行いたい。時間もありませんから、簡単にいたします。私どもは終戦後の第一回の国会から憲法改正に着手いたしまして、憲法の…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(25期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
25期在籍の他の議員はこちら→25期衆議院統計 25期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22