岡崎勝男衆議院議員 25期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-)
25期在籍の他の議員はこちら→25期衆議院統計 25期衆議院議員


衆議院本会議(25期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議

本会議発言統計

  第15回国会(特別:1952/10/24-1953/03/14) 13回発言  24059文字発言

       25期通算   (1952/10/01-1953/04/18) 13回発言  24059文字発言

本会議発言一覧

第15回国会 衆議院 本会議 第22号(1953/01/30、25期)

先般、本国会の冒頭、外交方針一般について所信を明らかにいたしました。すなわち、わが国の外交政策の基調は、国際連合と協力し、自由民主主義諸国と提携し、もつて世界の平和と繁栄に寄与し、かつ自国の安全をはかるにある旨を申し述べたのであります。爾来、世界情勢を観察いたしますのに、世界戦争の危険は一応遠のいた………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第23号(1953/01/31、25期)

ただいまの御質問は、中立という点についてと考えますが、その際、スエーデン、フィンランド、インド、ビルマ等の例をあげまして、ああいう国は現に中立をいたしておるじやないかというお話でありました。そこで、少し説明をいたしたいと考えるのでありますが、おつしやる通り、スエーデン等は中立政策をとつております。こ………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第24号(1953/02/02、25期)

お答えをいたします。ただいま総理が申された通り、日本の外交は、自由主義国家の間で不信を買つているとはとうてい考えられないのでありまして、たとえば国連加盟資格承認の決議案等も、国連で圧倒的多数で可決されております。もちろん、こく一部には、国内にも反米思想等のこともありましようけれども、これはほんのごく………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第25号(1953/02/03、25期)

日米通商条約については、外国人の事業活動及び財産取得の程度が問題でありますが、これは、アメリカ人が日本におけると同様、日本人がアメリカにおける活動にも関連するものでありますので、目下研究中でありましてまたいろいろ折衝中であります。まだ成案を得ておりません。なお既得権については、占領中に得たものが含ま………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第29号(1953/02/21、25期)

ただいまの暴行事件につきましては、通報は受けております。ただいま厳重に調査中の由でありますので、その調査をまつて適当の措置を講じます。また、駐留軍兵士の犯罪防止に関しましては、駐留軍当局の最も関心を払つておるところでありまして、日米間に随時協議をいたし、その防止に努力をいたしております。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第38号(1953/03/10、25期)

東南アジアの諸国との関係はますます親善を加えつつありまして、日本がアジアの孤児でないということは事実が示じております。本問題について、外国がわが国に干渉したような事実は全然なく、またそのようなことを許すわけがないのであります。外務省は、いまだかつて要望事項などを新聞に発表したことはありません。また、………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第39号(1953/03/12、25期)

お答えをいたします。稲村君が私の速記をよくお読みになれば、ここで御説明の必要もないのでありまするが、念のため申します。第一、私は委員の一人から質問があつたからこれに答えたのであつて、自分から述べたのではありません。速記には、私が、理論としてはいろいろの財源が考えられるであろうけれども、現実には対日援………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第5号(1952/11/24、25期)

本日ここに外交方針について所信を明らかにする機会を与えられましたことは、私の最も欣快とするところであります。四月二十八日平和条約が発効してよりすでに半歳を経過し、その間、共産圏の諸国を除き、世界の大部分の国々との国交を回復いたしました。わが大公使等、在外使臣もほぼ任命を了し、それぞれ任地にあつて活動………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第6号(1952/11/26、25期)

アジアの孤児だというお話でありますが、われわれは決してそうは考えておりません。決して韓国、国府あるいはフィリピンと特別に関係をとつておるのではなくて、インドとも、インドネシアとも、ビルマとも、いろいろの国と、できるだけの密接な連絡をとるように努力しております。ただ中央につきましては先般の外交演説で申………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第7号(1952/11/27、25期)

国連軍との間の協定につきましては、お話のように、今一番問題となつておりますのは、差別待遇でないようにしてくれという先方の要求であります。この先方の立場等はよくわかるのでありまするけれども、私は、この協定にあたりましては、日本の国民がこぞつて国連に最大の協力をするような態勢を持ち来したいと考えておるの………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第9号(1952/11/29、25期)

お答えいたします。アリソン国務次官補とか、マーフイー大使とかいうものについて、再軍備や賠償についていろいろ要請があつたかというお話でありますが、そういうことはありません。これはもちろん日本自身の問題、または日本と関係諸国との間の問題でありますので、われわれはさように取扱つております。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第17号(1952/12/20、25期)

政府といたしましては、ただいま採択されました決議の趣旨に沿つて一層の努力をいたします。なお、政府としてできるだけ多くの移民を送出いたしたいことは申すまでもありませんが、それは、わが国人口問題の解決というような一方的目的のためばかりでなく、相手国の産業開発に貢献することによつて、われも利益を受けるとい………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第21号(1952/12/25、25期)

平和条約第三条に規定する奄美大島、沖縄、小笠原等の地域に関する国民一般、ことに現地住民の熱望は、よく承知しております。また、かねてより、これに関する本院の決議の次第もありますので、政府としましては、鋭意本土とこれら地域との関係の解決に努力をいたしており、現に南西諸島在住同胞の本土への渡航制限の撤廃、………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(25期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(25期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-)
25期在籍の他の議員はこちら→25期衆議院統計 25期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22