国会議員白書トップ衆議院議員館俊三>26期国会活動まとめ

館俊三衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 28期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  2回発言   3112文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  2回発言   3112文字発言

本会議発言一覧

第17回国会 衆議院 本会議 第1号(1953/10/29、26期)

ただいま議長から御報告のありました通り、本院議員田中元君は去る八月二十八日にわかに逝去せられました。前会期中きわめて元気旺盛に活躍せられました同君の訃報は、まことに思いがけない驚きであるとともに、切々胸に迫る感慨を覚えるのであります。この際、私は、諸君の御同意を得て、議員一同を代表いたし、つつしんで………会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 本会議 第6号(1953/11/03、26期)

ただいま議題になりました二十八年度補正予算の政府原案並びに両社会党の同組みかえ案の双方に対し、私どもは反対をいたすものであります。私どもは、国民各層の現在望んでいる緊急諸要求をあくまで守り、これを貫徹することを私どもの基本態度といたしております。すなわち、災害、冷害緊急対策費三千億円、米の二重価格に………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 28期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 28) 10回発言  32138文字発言
 第17回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言   8360文字発言
 第18回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言   9995文字発言
 第19回国会 39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 39) 12回発言  59664文字発言
 第20回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言    148文字発言
 第21回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

  26期通算  78回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 78) 27回発言 110305文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 運輸委員会
            60回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 60) 19回発言  93415文字発言

 議院運営委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  3回発言    942文字発言

 予算委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  2回発言   8336文字発言

 労働委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  2回発言   2834文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   4778文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第13号(1953/07/10、26期)

私も今川島委員が言われたような条件付の賛成でありますが、言われなかつた点についてちよつと申し上げておきます。鉄道だとか軌道だとか、あるいは自動車路線の新設の要望というものが非常に国民から多いのであり…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第16号(1953/07/15、26期)

ここで道路運送法の審議を見ておりますと、こういうことが概念的に感ぜられるのであります。終戦以来自動車に困つておつたのでありますが、近ごろ自動車の数量が非常に多くなりまして、それに圧倒された形で、いろい…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第18号(1953/07/17、26期)

関連質問……。今大臣のざつくばらんなお話を聞いたのですが、法案の第二条の第三項で読みますと、航空法第四条第一項によつて、そういうことが禁止されている形にはなつておりますけれども、しかし 「二分の一以上…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第19号(1953/07/18、26期)

関連して伺いますが、今のローカル線を将来やるかやらないかという質問に対してのお答えでは、やらないつもりであるということでありましたが、法文の八条に「政府は、会社に対し、その行う定期航空運送事業のうち当…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第26号(1953/07/27、26期)

私は労働省農民党を代表いたしまして、政府原案及び修正案いずれにも反対するものであります。政府が保護政策をとりながら、日本の海運、ことに外航海運を伸ばして行とうということは、当然国民として考えなければ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第33号(1953/08/04、26期)

鉄道会館の問題が非常に社会の疑惑を招いておつて、事のいかんにかかわらず、連日この委員会で論難きれておるのを見ますと、長年前歴として鉄道に勤務しておつた私にとつては、非常にいやな気持がいたします。これで…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第14号(1953/07/02、26期)

どうも、ちよつと聞きとれなかつたのですが、先ほどの感謝決議案の提出者として、本運営委員会に出ている者は全部なるというお話ですか。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第19号(1953/07/11、26期)

小会派クラブとしては、中原健次君を出すことにきめておるのです。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第21号(1953/07/16、26期)

尾崎さんの顕彰の仕方について、小会派クラブでいろいろ話がありまして、大体においてよろしいだろうということでしたけれども、話の持ち寄りを一日、二日あれ以来繰延べておりますので、あらためてお知らせする時間…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第5号(1953/07/01、26期)

関連質問です。今こういう変則的な労働条件の中に立つている労働者が非常に多いので、そういうところで労働三法が正確に守られているかどうかということについての疑念が山ほど出たのですが、私たちもそれについて非…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1953/11/03、26期)

ちようど大臣がお見えになりましたので、大臣にお尋ねをいたします。法務委員会は私初めてですし、法律はわかりません。それで大臣の顔だけしか、あとの方は覚えがありませんが、幸いに出ていらしたので、ほんの少し…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1953/11/03、26期)

私はただいま議題となりました昭和二十八年度の政府の補正予算原案並びに両社会党の提出した組みかえ案に対しては、双方に対し反対をいたすものであります。私どもは国民各層の現在望んでおる次のごとき緊急諸要求…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1953/12/02、26期)

年末手当のことに関連してですが、さつき石井国務大臣は、国家公務員の場合には一・二五箇月、ところが公企体の場合には一箇月ということはふしぎだということを楯兼次郎君が尋ねたのに対して、国家公務員の場合には…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1953/12/04、26期)

御質問を申し上げますが、すでに各回僚委員からいろいろの点にわたつて質問が続けられておりますので、それと重複するかもしれませんし、あるいは別な話になるかもしれませんが、総裁がいらしておるので、ちよつとお…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1953/12/22、26期)

もうほとんど同僚委員がお話になつたので、一帯最後ですから申し上げることはございませんけれども、さつきここで気象台長さんに対して、非常に力が弱いという皆さんのお話でしたが、そういうことのために、かえつて…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第15号(1954/02/20、26期)

石井運輸大臣が見えないので、質問のほこ先の向け方があるいは大臣にわたることがありましても、長い間の経験を持たれる海運局長がおられるから、海運局長から大臣にかわつて答弁していただくようなことになるかもし…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第17号(1954/02/23、26期)

関連して……。私この間久し振りで発言をいたしました最後に、海運造船議員連盟対にして、巷間伝うるところによると、トン当り十円なり百円なりの資金が舞い込んでおるのだといううわさがある、そういうことは非常に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第28号(1954/03/27、26期)

さつき中川アジア局長の御答弁の中に、使用水面が非常に大きくなつたというお話がありましたが、どう考えてもこれは委任統治領の範囲を越えた広い海域をアメリカが専断に使うのでありますが、こういうことに対しては…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第30号(1954/04/08、26期)

実はさつきも五箇年計画をお話になる際に、その計画の中に公共の福祉に関する件として、踏切りの問題その他を整備しなければならぬというお話がありましたが、私の緊急質問というのは、実は請願書が出ておるのであり…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第37号(1954/05/14、26期)

このごたごたきたない問題が起きた時分に私が聞いたのですが、やはり海運政策全般についてのいろいろの何箇年計画というものがあつたのでしようけれども、それを根本的に考え直すべき必要があるということを言うて、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第40号(1954/09/29、26期)

私が発言を求めましたのは、現地におつて二十七日朝から夜おそくまでかけまわつておつたときの状況を聞いてもらいたい、そういう意味で発言を求めたわけであります。その中でなお当局の人から御返事いただくことがあ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第42号(1954/10/01、26期)

関連して……。今国鉄のこれからの状態についての話が出ましたが、私は少くとも連絡船五はいについては、その当時の洞爺丸が二億五千八百万円で二十二年に竣工した。私考えますと、当時のベースが千五百円くらいのも…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第45号(1954/10/21、26期)

今度の九月二十六日の遭難に対しましては、私三十年近くあの駅で勤務しておつた関係で、非常に大きなシヨツクを受けました。従いましてここで質問をする場合にも、実にいやな気持がするのであります。考えますると、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第47号(1954/10/25、26期)

関連して……。正木委員の荷物に対する運賃の加重が、北海道に非常に負担をかけるという問題、これは非常に重大な問題なんでありまして、私二十六日の惨害が起きた翌日の二十七日の夜の十時に、営業局長さんに現地で…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第26号(1954/03/19、26期)

ビキニの原爆問題について少し吟味をしたいと思つておりましたが、ここで関係省がほとんどどなたもと申し上げていいほどいらしやらぬ。外務省は政務次官が来ておるが……。けれどもまあ吟味の点が残るのでありますか…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第2号(1953/12/15、26期)

私、ここで今質問するつもりはなかつたのですけれども、外務省の方がいますので、ちよつとお聞きしたいのですが、MSA法の中の五百十六条の第三項の中に、自由な労働運動云々ということがありますが、今度MSA交…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1954/12/03、26期)

実際問題として鉄道職員が立候補しようとする場合には、自分の位置を考えて、常識の上に立つて、議員になつての兼職でさしつかえないかどうかという理解の上に立候補することでございますから、あとで総裁がそれにつ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 28期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22