国会議員白書トップ衆議院議員原彪>26期国会活動まとめ

原彪衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 24期本会議 - 26期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  8回発言   4628文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  3回発言    622文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  3回発言   1806文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  8回発言  11555文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  2回発言   3983文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26) 24回発言  22594文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第1号(1953/05/18、26期)

不肖原彪、はからずも皆様の御推挙によりまして副議長に当選いたしましたが、もとより私はその任にないと存じます。しかし、現下の日本の政情はまことに憂慮にたえないものがございます。真に日本の民主主義政治の根幹を確立しなくてはならない重大な段階に立つておるものであると私は考えます。いたずらに口に民主主義を唱………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 本会議 第9号(1953/06/18、26期)

安平鹿一君。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 本会議 第10号(1953/06/19、26期)

内閣総理大臣は答弁がないそうでございます。(発言する者多し)岡良一君。――岡良一君。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 本会議 第15号(1953/06/30、26期)

両案を一括して採決いたします。両案は委員長報告の通り決するに御異議ありませんか。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 本会議 第18号(1953/07/07、26期)

両案を一括して採決いたします。両案は委員長報告の通り決するに御異議ありませんか。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 本会議 第30号(1953/07/28、26期)

討論の通告があります。これを許します。田中稔男君。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 本会議 第31号(1953/07/29、26期)

まず、日程第五及び第六の両案を一括して採決いたします。両案の委員長の報告はいずれも可決であります。両案を委員長報告の通り決するに養成の諸君の起立を求めます。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 本会議 第34号(1953/08/01、26期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 本会議 第2号(1953/10/30、26期)

勝間田清一君。会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 本会議 第3号(1953/10/31、26期)

須磨弥吉郎君。会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 本会議 第7号(1953/11/04、26期)

休憩前に引続き会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 本会議 第2号(1953/12/01、26期)

山手満男君。会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 本会議 第3号(1953/12/05、26期)

これより会議を開きます。第一 輪出入取引審議会委員任命につき国会法第三十九条但書の規定により議決を求めるの件会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 本会議 第4号(1953/12/07、26期)

採決いたします。本案の委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告の通り決するに賛成の諸君の起立を求めます。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第10号(1954/02/16、26期)

これよりただいまの趣旨説明に対する質疑に入ります。高橋禎一君。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第12号(1954/02/24、26期)

春日一幸君。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第42号(1954/04/27、26期)

両案を一括して採決いたします。両案の委員長の報告はいずれも修正であります。両案は委員長報告の通り決するに御異議ありませんか。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第43号(1954/04/30、26期)

これにて討論は終局いたしました。まず、日程第八及び第九の両件を一括して採決いたします。両件は委員長報告の通り承認するに賛成の諸君の起立を求めます。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第44号(1954/05/06、26期)

採決いたします。本案は委員長報告の通り決するに御異議ありませんか。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第45号(1954/05/07、26期)

討論の通告があります。これを許します。福田繁芳君、会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第54号(1954/05/22、26期)

両案中、農業協同組合法の一部を改正する法律案に対しては、芳賀貢君外四名から成規により修正案が提出されております。この際修正案の趣旨弁明を許します。芳賀貢君。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第57号(1954/05/29、26期)

投票漏れはありませんか。――投票漏れなしと認めます。投票箱閉鎖。開匣。閉鎖。投票を計算いたさせます。会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第1号(1954/12/10、26期)

諸君、第二十一回国会は本日をもつて召集せられました。これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第2号(1954/12/11、26期)

これより会議を開きます。第一 議長の選挙会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 24期委員会 - 26期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 30 委員  1) 18回発言  35555文字発言
 第17回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  1回発言   2949文字発言
 第18回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  1回発言   2564文字発言
 第19回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  5)  1回発言    531文字発言

  26期通算  47回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 41 委員  6) 21回発言  41599文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 運輸委員会
            42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 41 委員  1) 21回発言  41599文字発言

 郵政委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 運輸委員会理事(第16回国会)
 運輸委員会理事(第17回国会)
 運輸委員会理事(第18回国会)
 運輸委員会理事(第19回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1953/06/26、26期)

ただいま当局よりいろいろ御説明を承りましたが、総括的な質問はあとに譲りまして、きようは幸い中央気象台長がお見えになつておりまするので、気象台長に御見解を承りたいと思うのであります。磁気の研究所は現在…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第8号(1953/07/01、26期)

臨時船質等改善助成利子補給法案についてお伺いしたいのですが、第五条にある利子補給の率を二分にしたのは、どういう根拠でされたのか承りたい。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第9号(1953/07/06、26期)

この問題でちよつと関谷君にお尋ねしたいのですが、五トン未満の船に許可制を置いたということについて私ちよつと疑問があるので了。人命の安全性から五トン未満までに許可制をしいたというのですが、実際五トン未満…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第10号(1953/07/07、26期)

提案者に一つお伺いしたいのです。先ほども御質問がありましたが、明確な御答弁がないようでありますし、この点はこの法案の中心だと私は思いますので、明確にしていただきたいのは、第三条の第一項第三号の問題であ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第12号(1953/07/09、26期)

大臣がお見えになりませんので、政務次官にちよつと新線建設の問題でお聞きしたいのですが、今後この新線建設の問題を政府としてはどのような方向に持つて行くか。つまり鉄道公債を発行して新線建設の資金をこの方に…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第15号(1953/07/14、26期)

この法案に関連しまして、二、三少しばらばらでありますが質問したいと思います。自動車局長は一昨日、免許制撤廃の問題に対して、免許制の必要性を力説されたのであります。なるほど理想論としては、私も免許制の…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第17号(1953/07/16、26期)

大臣に御質問したいでありますが、お見えにならないので、あとまわしにいたします。これは大臣の質問とも関連するのですが、私は日本が独立してから後の現在の飛行場使用状況を見ますと、むしろ米軍の飛行場であり、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第20号(1953/07/20、26期)

私は改進党を代表いたしまして、日本航空株式会社法案に対して修正の動議を提出いたします。案文を朗読いたします。日本航空株式会社法案の一部を次のように修正する。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第23号(1953/07/23、26期)

議事進行について……。その問題は委員長において適当に処理されるので満足ではありませんが、われわれも小委員会の一員として、昼飯も食わずに、雨の中を秋葉原、池袋等を視察して来た一人でありますが’どうもはな…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第24号(1953/07/24、26期)

大分時間がおそくなりまして、どうも答弁される当局にもお気の毒ですが、暫時御了承いただきたい。私は歴代の運輸大臣にお尋ねして参つたのでありますが、それは国鉄に対する運輸大臣の監督権の問題であります。国鉄…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第25号(1953/07/25、26期)

修正案提案者としてでなく、原案を書いた運輸省にお尋ねしたい。金利の問題はいずれ大蔵省の方にお尋ねしたいと思いますが。まずこの法律案を見ますと、利子の補給の対象となる順位というものは、第六次造船の貨物船…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第27号(1953/07/28、26期)

私はこの問題と、関連があるといえばあるのですが、これは私的なことのようですけれども、実は私的ではないのです。けさ私は七時五分の通勤列車に土浦から乗つた。満員で立錐の余地もありません。そこでデツキのとこ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第28号(1953/07/29、26期)

日程第七六、常盤線電化の請願でありますが、この常盤線電化の請願につきましては、終戦後第一国会以来、毎国会請願書を欠かさず出し、いつも委員各位の絶大なる御支援によつて可決されて参つたのでありまするか、終…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第29号(1953/07/30、26期)

関連して……。ただいま世界に恥じないようなりつぱな駅をつくろうという御答弁でありまするが、私の考えでは、数日前にも私申し上げたのですが、後藤新平きんがおつくりになつたと称せられる古い駅は全然別に、新し…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第30号(1953/07/31、26期)

関連して……。ただいま東北本線の電化について御答弁があつたのでありますが、ひとつお聞きしたい点は、鉄道の新線建設こついては新線建設審議会があります。電化もまた地方民の熱烈な要望のある全国的な問題であり…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第31号(1953/08/01、26期)

私は資料がまだ全部そろいませんので、本格的な質問はあとに譲りたいと思うのですが、この際私は「言委員各位に御了承をいただきたいことがあるのでございます。それは私の党の改進党の立場からして、一言申し上げな…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第32号(1953/08/03、26期)

いろいろ運輸大臣に御質問申し上げたいのですが、おいでにならぬようでありますから、担当局長から大臣にお伝えいただいて、あとでけつこうですから御答弁いただきたいと思います。それは国有財産を使用する場合の大…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第33号(1953/08/04、26期)

昨日の私の質問に時間が足りませんでしたので、これを二、三追加して御質問申し上げたいと存じます。家賃地代統制令という法律がいまだにあつて、ただ一般民間は米のみやみをやつていると同じように、この法律があ…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1953/11/04、26期)

大臣は参議院があつてお忙しいようですから、簡潔に御質問申し上げます。災害予算がすでに昨日衆議院を通過したので、今ここで災害関係の予算について御質問申し上げることは、何だか気の抜けたビールのような気がし…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 運輸委員会 第4号(1953/12/05、26期)

一昨日来仲裁裁定及び年末給与の問題について、おもに社会党の諸君より質疑が続行されておりました。その質疑内容を承りますと、このたびの三割休暇ストに対する原因の追究のみに急であつて、このたびのストライキが…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1953/12/11、26期)

大分時期遅れでありますけれども、私が一応当局の見解をはつさりしておいてもらいと思いますのは、日本航空の社長推薦にあたつて、新聞紙上によると、稲垣平太郎氏が内定しているという話がありました、それに対して…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 26期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22