楯兼次郎衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  1回発言   4541文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   4541文字発言

本会議発言一覧

第18回国会 衆議院 本会議 第4号(1953/12/07、26期)

私は、公共企業体等労働関係法第十六条第二項の規定に基き、国会の議決を求めるの件につき、日本社会党を代表し、委員長報告の議決に反対し、矢尾喜三郎君外七名提出の修正動議に賛成の討論を行わんとするものであります。(拍手)そもそも公共企業体等労働関係法は、占領治下のいわば超憲法下に制定された遺物であり、講和………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  7) 12回発言  32192文字発言
 第17回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  2回発言   4574文字発言
 第18回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  1)  3回発言  15515文字発言
 第19回国会 47回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 47) 16回発言  65317文字発言
 第20回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言   2457文字発言
 第21回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言   3456文字発言

  26期通算  90回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 30 委員 60) 37回発言 123511文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 運輸委員会
            77回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 30 委員 47) 31回発言  98866文字発言

 補助金等の臨時特例等に関する法律案特別委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  3回発言   8764文字発言

 労働委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  3回発言  15881文字発言

 大蔵委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 運輸委員会理事(第16回国会)
 運輸委員会理事(第17回国会)
 運輸委員会理事(第18回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1953/06/26、26期)

これは質問ではございませんが、先ほど夏季手当の問題が出ましたので、大臣に希望を一つ申し上げておきたいと思います。これは過日運輸省の職員組合の方から聞いたのでありますが、吉田第五次内閣ができましてからす…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1953/06/27、26期)

その前に議事進行について……。第二点の改良についてどういう考えを持つておるかという御質問でございますが、この点は何分にも長い間、戦争中と戦後の五箇年間、前後を通じまして約十年間は非常に改良、改善に手…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第8号(1953/07/01、26期)

それでは臨時船舶建造調整法案でひとつ御質問申し上げたいと思います。この話を今出すことはどうかと思いますが、過日五百総トンでありますか、五百総トン以上の外航船舶について適用をして行くというようなことを聞…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第10号(1953/07/07、26期)

政府吟委員にお尋ねしたいのですが、二十四条の四項です。これは十五国会のときに私が質問いたしましたところが、提案者は新たにできる新線建設は政府の命令である、こういうふうに断定をされました。その線に沿つて…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第13号(1953/07/10、26期)

私しろうとでわかりが悪いのでありますが、どうも私たちがこの条文を見ますると、きわめて重複をした感じがあるわけであります。ただいま第六条の第一項につきましては、岡田委員からいろいろ御質問がございましたが…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第15号(1953/07/14、26期)

ただいま議題となりました日本国有鉄道法の一部を改正する法律案につき、提案者を代表いたしまして提案理由を簡単に御説明申し上げます。現行日本国有鉄道法におきましては、国有鉄道の職員は、地方公共団体の議会…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第16号(1953/07/15、26期)

数日来本問題についての質疑が行われましたが、質疑というより私は討論の意味の方が多かつたというふうに考えております。なおこれを拝聴いたしておりますわれわれは、議論をすればするほど疑惑が高まつて来たという…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第18号(1953/07/17、26期)

それではこの修正案に対して二、三お尋ねしたいと思いますが、きのうの大臣のお話では、現在の日航の経営の面において赤字が出ておらないというようなことを私ども聞いたのでございますが、現在の経営状態を簡単に御…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第21号(1953/07/21、26期)

先ほど徳安委員から四十四条についての御質疑がありましたので、それに関連して大臣にぜひお聞きいたしたいという建前から、質問を申し上げたいのであります。私は徳安委員とは立場がかわりまして、四十四条の第二項…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第22号(1953/07/22、26期)

まず冒頭に一つお伺いいたしたいのは、この改正案を見ますと、将来国鉄は独算制でやつて行こうということが見受けられます。そういう前提に立つて私が心配をいたしますのは、昨正も少し触れたのであります。か、現在…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第28号(1953/07/29、26期)

いろいろむずかしいいきさつはわかるのでありますが、ただいまの近城線の団貸の問題につきましては、この近城の沿線に位する町村民が特に交通機関かほかにないので、ぜひ貸切輸送をやつてもらいたい、こういうことを…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第32号(1953/08/03、26期)

鉄道会館につきましてはあとで質問をいたしたいと思いますが、その前にきわめて似たような問題がありますので、何か航空局長が忙がしそうでありますから、前にひとつお尋ねしたいと思います。私がお尋ねをいたそうと…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1953/11/02、26期)

運輸大臣並びに総裁にお伺いしたいと思います。昨日、水害によるところの国鉄の被害状況の説明を受けたのでありますが、大体損害の総額が百五億円、ところが本年度は八十九億円の支出をして応急措置をしよう。残は二…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1953/11/04、26期)

緊急動議を提出いたします。ただいま労働委員会において、公共企事業体等労働関係法第十六条第二項の規定に基き、国会の議決を求めるの件が提出をされておりますが、当運輸委員会においても、きわめて重大な関係があ…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1953/12/02、26期)

大臣に御質問いたしたいと思います。過日国鉄の仲裁裁定をめぐつてわれわれは連合審査会を開催いたしたのでありますが、いろいろな所用のために大臣が御出席にならなかつたので、この委員会において質問をいたしたい…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1953/12/03、26期)

簡単に二点お伺いいたしたいと思いますが、ただいま総裁と山口君とのいろいろな質疑応答を聞いておりますと、われわれちよつと不可解に思う点があるのであります。それは何か年末手当の団体交渉が、国会とあるいは政…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 運輸委員会 第4号(1953/12/05、26期)

原委員の質問に関連いたしまして、二、三御質問をいたしたいと思います。今私どもが聞いておりますと、当局といいますが、一方の側に立つた見解が述べられたのでありますが、私どもはやはり組合が今日の段階に入つ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第10号(1954/02/11、26期)

関連して……。さらに総裁にお尋ねしたいことは、今日の国鉄が発行しております無料乗車券の枚数と、それから発行する対象、あるいは条件、こういうものについてちよつと数字をお知らせ願いたいと思うのでございま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第13号(1954/02/18、26期)

二、三ほかの委員の質問に対しての政府の答弁を聞いておりまして、疑惑がありますので、簡潔にお聞きしておきたいと思います。今次の汚職問題に対しては、ことしの四月から新しい十次計画というものが待つておると…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第17号(1954/02/23、26期)

一つ事故のことで、お尋ねしたいと思いますが、十四日に米子管理局の境線の大篠津駅で、米軍機が構内にとまつている機関車に当つて、そのまま飛び去つたというような事件があつたということをちよつと新聞で見たので…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第21号(1954/03/04、26期)

委員長の許可を得ましたので、陸運関係について二、三御質問を申し上げたいと思います。いやなことを言うようでありますが、本国会で運輸委員会をめぐりまして、非常に不明朗な空気が出ておるわけであります。造船関…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第29号(1954/03/30、26期)

先ほど天野委員から連帯運輸についての御質問がありましたが、私もこの点に関して二、三お伺いしたいと思います。本年度の決算期におきまして、連帯運輸としての延納金額はどのくらいになる予定であるか、まず最初に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第30号(1954/04/08、26期)

先ほどの館委員の質問に関連して二、三お聞きしたいと思いますが、一体旅客、公衆が死傷を受けた場合、これに対する補償並びに慰籍についての規定といいますか、法の定めというものが全国的に一貫をしておるのか、あ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第34号(1954/04/23、26期)

今の竹谷委員の質問に関連して、私からも御質問をいたしたいと思います。今度の経営委員会になりまして、重要事項を決定するということになつております。ねらいとしては資金計画がうたわれており、条文の中にその他…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第36号(1954/05/07、26期)

わが党は日米笈全保障条約行政協定に対し、日本の完全独立を侵害し、日本の平和を危うくするものであるとの考えから、絶対反対の立場をとつて参りました。従つてただいま議題となつております国際連合軍に対し、米合…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第40号(1954/09/29、26期)

二、三質問をいたしたいと思います。現地調査もここで決定をいたしましたので、現地調査をいたしまして、全般にわたつて、詳細なる資料に基いて質問をするのが至当だと思いまするか、われわれ国民の一人といたしまし…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第45号(1954/10/21、26期)

私は重複をなるべく避ける意味において、調査団の一人に加わりまして今日まだ疑問に思つておりまする点が二、三ございまするので、簡潔に質問を申し上げたいと思います。これは私の個人の考え方でありますが、まず…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 補助金等の臨時特例等に関する法律案特別委員会 第8号(1954/03/19、26期)

運輸省関係について御質問をいたしたいと思うのであります。まず、この法案の第十九条でございますが、これを見ますると、何を削除されようとしておるのか。資料としていただきましたこの予算関係を見ますると、十九…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 補助金等の臨時特例等に関する法律案特別委員会 第10号(1954/03/23、26期)

この前二、三保留をしておきましたので、質問いたしたいと思います。大蔵省の方は来ていませんか。それからもう一つの点は、補償打切りであります。八〇%という設備が失われた。これはほかの産業に比べて一番ひど…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 補助金等の臨時特例等に関する法律案特別委員会 第11号(1954/03/24、26期)

ちよつとこの前の保留を、簡単に済みますから……。ことに、現状においては、この程度の措置では中央の行政力が地方の末端にまで浸透することはできないと思う。大臣は御案内かもしれませんけれども、地方は直接事…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第13号(1954/03/17、26期)

ただいま概略の説明を承つたわけでありますが、井堀委員からも御要求がありましたように、各地方本部の詳細な資料が提出されましてから総括的に質問をするのが、妥当と考えまするが、特に大阪の資料が出ておりますの…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第14号(1954/03/24、26期)

前回の委員会で、大体大阪管理局の地方組合職員の解雇問題についての中心をなしておりました第二信号扱所の問題につきましては、大体事情をわれわれ聴取をいたしましたので、次に有力な中心をなしておりますいわゆる…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第48号(1954/11/27、26期)

国鉄の問題について二、三お尋ねをいたします。時間がございませんから、簡単にひとつお答えを願いたいと思います。鉄道の公安職員でありますが、ただいままで参考人のお話を聞きますと、国鉄の年末闘争でやつており…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1954/12/03、26期)

この法案は兼職を許すかどうかという法案でございまして、たとえば今私が国鉄職員で国会議員に当選いたします。そうすると職員をやめるか、あるいは当選を辞退するかというところに、この法案の意味があるわけであり…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1954/12/06、26期)

関連質問……。今自動車の問題が出ましたので関連をいたしまして、二、三お聞きしたいと思います。今高橋委員から二年になんなんとする月日がたつても新路線の問題が解決しない、こういうことをおつしやいましたが…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1954/12/17、26期)

ただいまの中居委員の質問に関連をいたしまして一点、それから私、新たに簡単にひとつほかの問題について御質問いたしたいと思います。、ただいま各委員から申されました新線建設でありますが、新しい運輸大臣になら…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1955/01/23、26期)

この飯田線の事故につきまして簡単にお伺いをしたいと思いますが、私どもこの線の事故が多いということは、過去においてちょいちょい聞いておるわけであります。特に落石に対する対策をどのようにやられておるかとい…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22