下川儀太郎衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  1回発言   3645文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  2回発言   6329文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  3回発言   9974文字発言

本会議発言一覧

第17回国会 衆議院 本会議 第9号(1953/11/07、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、今日政府の意図しつつあるは行政機構改革について、いささか所管大臣に質問をいたすものでございます。さきに、吉田総理は、新聞紙上において、断固行政整理をやると公言しておられるようでありまするが、いやしくも一国の総理大臣が、人間の犠牲と不幸の上に行われようとする行政整理………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第20号(1954/03/13、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、自衛隊並びに防衛庁設置法案に対して、いささか質問を試みるものでございます。かつて、漫画家の近藤日出造君が吉田内閣を諷して、かえるががまになり、がまが戦車となつて、その上に吉田総理が指揮をとつているの図が描かれておりましたが、まことに描き得で妙、この法案こそその露骨………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第33号(1954/04/03、26期)

ただいま議題となりました統計法の一部を改正する法律案について、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。現行統計法に基く国勢調査は五年ごとに行うことになつておりますが、今日では終戦直後のようなはげしい人口の移動もなく、かつ尾大な国費を要しますので、これを十年ごとに行うことに改めると………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  6回発言  11963文字発言
 第17回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第18回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言   2066文字発言
 第19回国会 43回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 36 委員  5) 17回発言  75103文字発言
 第20回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  1回発言    503文字発言
 第21回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  2回発言   7443文字発言

  26期通算  76回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 42 委員 32) 28回発言  97078文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 内閣委員会
            56回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 42 委員 12) 22回発言  85115文字発言

 通商産業委員会
            19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)  5回発言   8351文字発言

 文部委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   3612文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 内閣委員会理事(第19回国会)
 内閣委員会理事(第20回国会)
 内閣委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第14号(1953/07/08、26期)

この際九州の水害対策に関連しまして、緊急を要する件がございますので、とりあえず中間報告として、石炭小委員会の協議の模様を御説明申し上げます。石炭小委員会は、去る六月二十六日第一回を開催し、まず運営方…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第18号(1953/07/16、26期)

ただいま伊藤委員から強い要望がございましたが、私も同感でございます。ところで先般わが党の加藤委員から、九州の水害に関連して、中部並びに関西地方の業者が盂蘭盆を控えて弱つておる、その被害も非常に甚大でご…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第22号(1953/07/22、26期)

石炭小委員会の国政調査に関する第二回中間報告を申し上げます。すでに御承知のごとく、去る八日本委員会におきまして西日本水害に関連する石炭小委員会の中間報告を申しましたが、本問題は一刻を争う焦眉の急であ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第24号(1953/07/24、26期)

大分時間がおそくなりましたので、簡単に二、三質問を申し上げたいと思います。先ほどの川上君の質問を聞いておりますと、あなた方の答弁の中でいろいろ苛酷な制約を業者が受けている。しかも労働者側も非常に悪い…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第31号(1953/08/06、26期)

本小委員会はさきに中間報告を行つた水害復旧対策に関する国政調査の一段落を待つて、当初の予定通り石炭鉱業の合理化その他に関する諸般の問題についてしさいに検討した結果、次のごとき施策を政府に要望すべきであ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第16号(1953/07/22、26期)

文部委員会の問題ではないというようなことを言つておりますけれども、これは明らかに文部委員会の問題として取上げていただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 内閣委員会 第1号(1953/12/04、26期)

塚田長官にお伺いいたしますが、きのうの予算委員会においても問題になつておつたようでありますが、大体一割程度人員整理をなさる、その一割程度の数字によつてどの程度の経費が節約できるのか、それをまずお聞きし…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1953/12/05、26期)

簡単に質問申し上げます。地方公務員と国家公務員の給与の調整の問題でありますが、これはどのように調整されますか。その点をちよつと御説明願いたいと思います。それから局で従来あつたもののうちで、過去の幾た…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第1号(1953/12/11、26期)

同僚議員の稲村順造氏は、われわれ社会党の代議士会にも出ておりませんので、何か不祥なことがあつたのか、あるいはそうしたことは今までなかつた人でございますので、おそらく不慮の何かあつたと思います。その点一…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1953/12/17、26期)

まずお聞きいたしたいことは、先ほど来保安隊の不祥事件が次次と指摘されております。しかし長官としては、単に部下に対する処罰だけでなくて、どうして隊員諸君がそういう結果を生んだか、その根本理由を追究しなけ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1953/12/23、26期)

前回の内閣委員会におきまして練馬の事件が追及された際に、制服の指導者並びに増原次長から遺憾の意を表された。同時にその際に今後は愛情を持つて部下たちに接するということを申し述べた。ところがそういう愛情を…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1953/12/24、26期)

先般の新聞紙上によりますと、塚田長官が警察制度の改革についていろいろ発表されおりました。その中で自治体警察並びに国家警察を含めて約三万人程度の整理をやるということを発表されております。同時にそれに対し…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1953/12/25、26期)

まだ最終的なプランでないようですから、いずれ検討して質問を申し上げますが、ただここで一言お聞きしておきたいことは、いわゆる能率化、あるいは簡素化と言つておられる。しかし現実的にどうしてもはずされない、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(1954/02/24、26期)

ただいま塚田長官の報告を受けますと、何ら中間報告になつておらない、それほどまでに行つていないように思われますけれども、この私の手元に、これは労働組合関係からいただいた案のプリントのものですが、これによ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第7号(1954/02/25、26期)

昨年の暮れ、監察部に保安庁の監察を依頼したのですが、さきごろ中間報告が参つております。それによりますと、はなはだ簡単な報告でありますが、かような報告が来ております。一が繰越金を調整のための調達面の無理…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第11号(1954/03/18、26期)

せつかくいい法案が現実化されようとするのに、あまりお説教が多いように考えます。(「当然だ」と呼ぶ者あり)当然のように思えまするが、それは表面の事象だけをとらえておつて、その根本を追究しておらない。もち…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1954/03/22、26期)

関連して。ただいま水道に対して厚生省と建設省の両省にまたがつての問題がございましたが、これは厚生関係の委員も強く厚生省がやるべきだということを主張しております。世界各国の情勢を見て参りましても、やはり…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1954/03/24、26期)

先ほど来の質疑を聞いておると、文部行政がほとんど学校行政だけにとらわれておるように聞えます。おそらく文部当局も御承知かもしれませんが、文部行政は単に学校行政だけではない。いわゆる一般文化行政もこの中に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第16号(1954/03/25、26期)

先ほど高瀬君から、今度の整理は天引き整理の疑いが多いという話がありました。ところであなたの御答弁によると、どうも政府の指令で協力しなければならない、しかも減らされた員数でも十分努力すればできるというふ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第20号(1954/04/06、26期)

先ほど来から大久保元海上保安庁長官と木村長官との日露戦争を思わすような質疑応答がありまして、はなはだ愉快に聞いたのであります。ところでこの質疑中に、自衛隊の指導現念の問題が出て参りました。しかもその答…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第26号(1954/04/19、26期)

きようは私の当番ではありませんけれども、せつかく長官がおいでになつたので、長官に二、三、今度の法案に関連して質問いたします。実は先般保安庁の方から保安庁の直轄工事に関する資料をいただきました。その資料…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第27号(1954/04/20、26期)

昨日、質問申し上げました保安庁の直轄工事についての疑問点につきまして、当局の答弁を求めます。なお副総理は所用のため十一時二十分に退席されるとのことでありますので、その旨お含みの上御質疑願います。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第31号(1954/05/06、26期)

今日までの論争を聞いていますと、最初の論争よりかなり飛躍して来ていることが明らかになつております。その一つは自衛隊の性格。これは最初木村長官に質問したときに、自衛隊は軍隊ではない、あるいは警察ではない…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第42号(1954/09/29、26期)

ただいま中村君から質問がございましたけれども、私は今度の災害の根本をなしているのはやはり予報の問題じやないかと思います。ということは、おそらく洞爺丸のあの遭難も、予報が的確であつたならば避けられたので…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第46号(1954/10/07、26期)

前会から各委員によつて、反民主主義対策協議会の質疑が出されております。その中で私は、この反民主主義対策協議会の性格というものが、答弁によりますると、まだはなはだあいまいのように考えております。基本的に…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1954/12/06、26期)

社会党左派を代表しまして簡単に討論をします。自衛隊法の一部改正につきましては、御承知の通り、わが党は党の性格の上から平和憲法擁護あるいは再軍備反対を主張しております。従つてこの管区の問題、あるいはま…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 内閣委員会 第1号(1954/12/16、26期)

新しい防衛庁長官が参りましたので、一応お祝いを申し上げておきます。なお今度の鳩山内閣がいろいろと新聞紙上において防衛問題あるいはまた外交問題、あるいは内政の問題等々におきまして意見を発表しておる。しか…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1954/12/17、26期)

ただいま委員長からお話がありました調達庁の行政整理に関する問題であります。この問題につきまして、この陳情書を見て参りますると、かつて一万一千五百六十七名、この人数が、現実的には三千七百四十八名になつて…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22