勝間田清一衆議院議員 28期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


衆議院本会議(28期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

  第29回国会(特別:1958/06/10-1958/07/08)  0回発言      0文字発言
  第30回国会(臨時:1958/09/29-1958/12/07)  1回発言   9258文字発言
  第31回国会(通常:1958/12/10-1959/05/02)  0回発言      0文字発言
  第32回国会(臨時:1959/06/22-1959/07/03)  0回発言      0文字発言
  第33回国会(臨時:1959/10/26-1959/12/27)  1回発言   3837文字発言
  第34回国会(通常:1959/12/29-1960/07/15)  0回発言      0文字発言
  第35回国会(臨時:1960/07/18-1960/07/22)  0回発言      0文字発言
  第36回国会(臨時:1960/10/17-1960/10/24)  0回発言      0文字発言

       28期通算   (1958/05/22-1960/11/19)  2回発言  13095文字発言

本会議発言一覧

第30回国会 衆議院 本会議 第3号(1958/10/01、28期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、昨日行われた岸総理並びに藤山外務大臣の演説に関連いたしまして、経済並びに外交の当面の重要課題について、浅沼書記長に引き続いて質問をいたさんとするものであります。(拍手)岸内閣が政権を担当して以来今日に至るまで、政府の経済情勢の見通しは常に作為的であり、しかも、情勢………会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 本会議 第12号(1959/11/27、28期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま上程されたベトナムに対する賠償に関する協定等に対して、絶対に反対の態度を表明いたしたいと考えるのであります。(拍手)しかも、ただいまわが党の議員が質問したのに対して、岸総理大臣並びに藤山外務大臣がきわめて傲慢なる態度であったことは、きわめて遺憾にたえないと………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(28期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第29回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第31回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  3回発言  40639文字発言
 第32回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第33回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  2回発言  20011文字発言
 第34回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   3315文字発言
 第35回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

  28期通算  32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 32)  6回発言  63965文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)  2回発言  20011文字発言

 文教委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言  28086文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 運輸委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  12553文字発言

 商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 日米安全保障条約等特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   3315文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第31回国会 衆議院 運輸委員会 第23号(1959/04/28、28期)

ここで前運輸大臣が重宗新大臣にかわられましたし、また重要な志免の払い下げ問正題等についての労使ともどもの対立が実はございますので、まず新大臣に対してお伺いをしておきたいと思うのであります。御案内の通…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1959/02/02、28期)

私は日本社会党を代表いたしまして、過般提案されました予算案を中心といたしまして、経済、財政、外交あるいは政治にわたっての総括質問をいたしたいと思うのであります。まず、外交について御質問をいたします。…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1959/02/10、28期)

私は日本社会党を代表いたしまして、この際に岸総理の決意と責任を問いたいと思うのであります。去る二月の二日にこの会場を通じて、私は岸総理に対して、非核武装宣言を日本が単独に行うことに対して、国会が、こ…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1959/11/18、28期)

まず、最近の情報によれば、安保条約改定の調印を来春の一月十日ないし十五日の間にやりたいということを伝えられておるのでありますけれども、政府はどう考えておられますか、明らかにいたしていただきたいと思いま…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1959/11/24、28期)

私は賠償の性格が非常に長い間に変わってきたと実は考えるのでありまして、三千九百万ドルのうちで七百五十万ドルに相当する部分を消費財で出そう、こういうことの考え方の中には、ただいま質問のあったように、現金…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 日米安全保障条約等特別委員会 第37号(1960/05/19、28期)

横路委員の御質問に関連しまして、この際若干御質問をいたしておきたいと思うのであります。まず第一に、調達庁長官にお尋ねをいたしますが、地元のいわゆる民有地あるいは公有地を持っておる諸君と、それから、ア…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(28期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 28期(1958/05/22〜)  1本提出

質問主意書一覧

東富士演習場転換期における土地返還等に関する質問主意書
第29回国会 衆議院 質問主意書 第3号(1958/06/26提出、28期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22