加賀田進衆議院議員 28期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


衆議院本会議(28期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第29回国会(特別:1958/06/10-1958/07/08)  0回発言      0文字発言
  第30回国会(臨時:1958/09/29-1958/12/07)  0回発言      0文字発言
  第31回国会(通常:1958/12/10-1959/05/02)  0回発言      0文字発言
  第32回国会(臨時:1959/06/22-1959/07/03)  0回発言      0文字発言
  第33回国会(臨時:1959/10/26-1959/12/27)  0回発言      0文字発言
  第34回国会(通常:1959/12/29-1960/07/15)  1回発言   4493文字発言
  第35回国会(臨時:1960/07/18-1960/07/22)  0回発言      0文字発言
  第36回国会(臨時:1960/10/17-1960/10/24)  0回発言      0文字発言

       28期通算   (1958/05/22-1960/11/19)  1回発言   4493文字発言

本会議発言一覧

第34回国会 衆議院 本会議 第16号(1960/03/29、28期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま議題となりました地方税法の一部を改正する法律案に対しまして反対の討論を行なわんとするものであります。まず、反対理由の重要な一つといたしまして、この地方税の改正案の中には、国民や地方自治体が長年にわたって政府に要請し続けて参りました地方税の負担の均衡と適正化の内容が………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(28期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第29回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  2回発言   4146文字発言
 第30回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  2回発言  12566文字発言
 第31回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  2回発言   2052文字発言
 第32回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  2回発言  10985文字発言
 第33回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  3回発言   8121文字発言
 第34回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 28 委員  0) 14回発言  56400文字発言
 第35回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  1回発言   1396文字発言
 第36回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

  28期通算  82回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 32 委員 50) 26回発言  95666文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 地方行政委員会
            82回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 32 委員 50) 26回発言  95666文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 地方行政委員会理事(第34回国会)
 地方行政委員会理事(第35回国会)
 地方行政委員会理事(第36回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第29回国会 衆議院 地方行政委員会 第7号(1958/07/03、28期)

関連質問したいのですが、大体一昨日から三日間にわたって、九団体に与えられた利子補給停止ということで、自治庁の今まで行なってきた態度に対して質問が集中されたのです。これは過去行なってきた問題であって、結…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 地方行政委員会 第9号(1958/07/09、28期)

昨日の委員会でもちょっと質問が出たわけですが、公務員課長が内容が明確でないというので、行政局長が見えてからという話できょうに延びたのでありますが、実はすでに御承知のことと思いますが、山口市長の長井市長…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 地方行政委員会 第9号(1958/10/28、28期)

私は、まず青木国務大臣にお尋ねをいたしたいのですが、先般来大臣は、この警職法の改正に基いて、警察官が従来とも行き過ぎのないように善処すると同時に、その行き過ぎのない大きな理由として、従来いわゆる不偏不…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 地方行政委員会 第10号(1958/10/29、28期)

どうもおかしいのです。今の凶器というのはわかっています。銃砲刀剣類等所持取締法にちゃんと、刀とは刃渡り十五センチメートル以上の刀、飛び出しナイフは五・五センチメートル以上、こうなっておるのですから、凶…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 地方行政委員会 第6号(1959/01/30、28期)

お二人の参考人に経過等の御報告を伺ったのでありますが、今御報告いただきました田崎さんにちょっとお尋ねいたしたいと思います。深夜喫茶の規制をするための大体の条件として、時間は午前一時まで、以後は禁止して…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 地方行政委員会 第9号(1959/02/13、28期)

関連して。警察が科学的な力を持つということに対してもいろいろ質問があったようですが、質問の中で、警察官の拷問問題とかいろいろな問題は、やはり警察全般の非科学的な要素が原因をなしておると思うのであります…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 地方行政委員会 第4号(1959/08/10、28期)

阪上君と同じ質問になるのですが、刑事局長の知っている範囲で御答弁願いたいと思います。ことに二年来、暴力取締りに対して警察が相当力を入れて、現在でも各署では暴力取締本部というものを設定して、取締りを強力…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 地方行政委員会 第5号(1959/09/10、28期)

まず長官にお尋ねいたしたいと思いますが、実は先般の当委員会で、各同僚も私も、最近中小企業の争議に対して非常に流血事件あるいは暴力的な事件等が起って、しかもその間における警察の介入というものが非常に一方…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 地方行政委員会 第6号(1959/12/01、28期)

関連して。今の構内に乱入した団体の名前を発表してもらいたいということでありますが、それに関連して、ただいまの柏村長官の説明の中で、この計画は事前に不穏な状態のあるような動きを察知した、こういう発言があ…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 地方行政委員会 第7号(1959/12/03、28期)

ちょっと関連してお尋ねしたいのですが、まず競輪というものが戦後作り上げられた大きな原因、社会的背景というものはなくなっておるのじゃないかと私は思うのです。今のお話では機械産業振興費として九億ですか、こ…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 地方行政委員会 第12号(1959/12/24、28期)

関連。今の問題に関して、警察庁としてはまだ明確な態度は発表されておりませんけれども、国家賠償法に基づいても、やはり国または公共団体が損害を与えた場合には賠償をする義務がちゃんと規定してある。しかもそれ…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 地方行政委員会 第5号(1960/02/24、28期)

私は、先般説明のありました三十五年度地方財政の全般的な質問に入る前に、先日、十九日だったと記憶しておりますが、当委員会において渡海委員から、いわゆる全国的に波及いたしておりまする地方議員の歳費の値上げ…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 地方行政委員会 第7号(1960/03/01、28期)

関連して。交付税に関係した財源調整の問題で非常に大蔵省として考え方の相違があると思うのです。財政問題を一応調整する云々と言っておりますけれども、この財政を調整する重要な役割をしているのは交付税ですから…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 地方行政委員会 第8号(1960/03/02、28期)

大蔵省と自治庁の政務次官が仲よく並んでおられますので一点だけ質問しておきたいと思います。予算も大体明日衆議院を通過するということで、予算に関係した当委員会関係の法律案は、大体出そろったと思いますが、そ…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 地方行政委員会 第9号(1960/03/04、28期)

どうも長官の話を聞いてみると、警察のとった処置というものは、そう指摘されるような問題ではなくて、適正な処置をとった、こういうお話でありますが、一応それは正常な秩序ある集団行動が継続されておったら、そん…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 地方行政委員会 第11号(1960/03/09、28期)

関連。ちょっと大臣にお尋ねしますが、委員会ではどうももやもやとはっきりした答弁をしないのですが、きのうの新聞記者会淡では、相当明快な自治庁長官としての見解を述べられておるのですが、いわゆるILO八十七…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 地方行政委員会 第12号(1960/03/11、28期)

関連して。今遊興飲食税の問題で、大臣は、伊勢湾台風等で必要財源がふえたので云々ということを言っておりましたが、実はこの遊興飲食税の問題は、昨年突如として起こった問題ではなくして、長年にわたってこの問題…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 地方行政委員会 第13号(1960/03/15、28期)

関連して。そうすると特別態容補正の問題はどうなったんですか。――――◇―――――会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 地方行政委員会 第14号(1960/03/18、28期)

関連して質問いたします。これは市町村間あるいは府県と市町村間の人事交流が非常に困難だ、そういうような趣旨からいろいろ論議されておりますが、今問題になっておるのは、既存の組織と、条件の低下を非常に来たす…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 地方行政委員会 第17号(1960/03/29、28期)

本年の財政計画の中で最も大きく地方団体の関心を引かれているのは、地方交付税に対する措置だと私は思うのであります。従って本年度は、国税三法の自然増収並びに今度地方交付税の中であらためて基準財政収入額の中…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 地方行政委員会 第18号(1960/03/30、28期)

関連して。あなたの答弁の中で、説明を聞いておりますと、百名ほどのいわゆる山代組が町を歩いておったのを、三十名ほどの警官があとについて警備しておった。トラックに相当人を乗せて歩いているのに、事前にこれを…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 地方行政委員会 第20号(1960/04/05、28期)

大臣に二、三点お伺いしたいと思うのです。まず根本的な問題として、いつも国で減税を行なうと、それの影響で、地方の財政の問題で翌年度の地方行政委員会でいろいろ論議されるわけです。従って国の財政計画と地方…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 地方行政委員会 第21号(1960/04/06、28期)

関連して。今長官の説明の中で、組合間の良識に基づいて平和的に解決がするだろうという楽観的な希望のようであったのですが、組合間の問題は別としても、それと同時に、今第三者として山代組という暴力団がそういう…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 地方行政委員会 第25号(1960/04/19、28期)

地方公営企業法の一部改正案に対しまして、二、三の点に対して質問をいたしたいと思います。まず、この地方公営企業は、第三条にも規定している通りに、企業の経済性というものももちろん維持しなければなりません…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 地方行政委員会 第32号(1960/05/18、28期)

ちょっと関連して。この改正は、従来の市町村の消防が、その組織あるいは管理等について市町村の条例でほとんどが生かされていたのが、今度政令という一つの拘束力を持つ形になると思うのです。従って従来の市町村単…会議録へ(外部リンク)

第35回国会 衆議院 地方行政委員会 第3号(1960/09/10、28期)

ちょっと関連してお尋ねいたしますが、人事院勧告が行なわれてからもう一カ月になるわけです。大体人事院勧告は従来政府としては相当尊重して実施する、こういう形で、政府として特に考慮しなければならぬのは、予算…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(28期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22