石橋政嗣衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(30期)

27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  1回発言   3736文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  0回発言      0文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  0回発言      0文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  0回発言      0文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  1回発言   3736文字発言

本会議発言一覧

第46回国会 衆議院 本会議 第26号(1964/04/24、30期)

私は、日本社会党を代表し、政府が近日中に行なわんとしております生存者叙勲がいかに不法なものであり、かつ、不当、不純なものであるかを明らかにしながら、総理の所信をたださんとするものであります。(拍手)申し上げるまでもなく、生存者叙勲がきまりましたのは昨年七月十二日、第四十三通常国会閉会の直後、内閣改造………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  1回発言   1422文字発言
 第46回国会 52回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 52 委員  0) 12回発言 119679文字発言
 第47回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  2回発言   5423文字発言
 第48回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  2回発言  42933文字発言
 第49回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言  18801文字発言
 第50回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  4回発言  55510文字発言
 第51回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  1回発言  22593文字発言
 第52回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  30期通算 119回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 61 委員 58) 23回発言 266361文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

内閣委員会
            61回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 61 委員  0)  15回発言 126524文字発言

予算委員会
            24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)   4回発言  84327文字発言

社会労働委員会
            16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)   0回発言      0文字発言

日本国と大韓民国との間の条約及び協定等に関する特別委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)   4回発言  55510文字発言

外務委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

内閣委員会理事(第45回国会)
内閣委員会理事(第46回国会)
内閣委員会理事(第47回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第45回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1963/12/14、30期)

最後に一点だけ、駐留軍労務者の給与のベースアップ、これの実施期日についてお尋ねをしておきたいと思います。担当大臣にはあとでお答え願うことにして、直接軍と交渉をしておられる防衛施設庁長官にまずお尋ねを…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1964/02/20、30期)

ただいま提案の理由が説明されたわけでございますが、この法案の内容についてお尋ねをするのではなくて、若干手続問題その他で質問しておきたいと思います。その一つは、今度の総理府設置法等の一部改正は、従来の…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 内閣委員会 第8号(1964/03/12、30期)

文部省設置法の一部改正案につきまして、最後に、若干事務当局と大臣にお尋ねをいたしておきたいと思います。この法案によりますと、文化財保護委員会の関係において、七十一人の職員の定員減が行なわれることにな…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 内閣委員会 第10号(1964/03/17、30期)

国事行為の臨時代行に関する法律案について、いろいろとお尋ねをしたいわけでございますが、最初に、この法案でいう国事行為というのは、憲法上で規定されております天皇の国事に関するすべての行為ということになる…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1964/03/26、30期)

臨時行政調査会の設置の期間を半年延長したいという法案が出されておるわけでございますが、これに関連していろいろとお尋ねをしてみたいと思っております。この調査会が何のためにつくられたかということは、いま…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1964/03/28、30期)

最後に、一点だけお尋ねをしておきたいと思います。これは産業立地部に関連するわけですが、いま受田委員からもお話ございました、なぜ産業立地部を設けるかということの説明の中に、「わが国経済の高度かつ均衡あ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 内閣委員会 第16号(1964/03/31、30期)

先週若干お尋ねをしたわけでございますけれども、時間の制約を受けておりました関係もございまして、十分に意を尽くさない点が多々ございますので、あらためて若干御質問してみたいと思っております。この間私申し…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 内閣委員会 第21号(1964/04/10、30期)

本件に関していろいろ山内委員から御質問がございましたので、私、なるべく簡単に疑問の点を解明してみたいと思います。今度の事件で一番国民が不満を持っております点は、何といってもパイロットの脱出時期が早か…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 内閣委員会 第25号(1964/04/23、30期)

政府は、四月の二十九日を期して生存者叙勲を行なおうとしておるわけです。これに対する社会党の態度は、さきに声明も出しておりますし、私も本委員会の質問の中で明らかにしておりますから、すでに御承知だと思うの…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 内閣委員会 第47号(1964/06/20、30期)

審議に入ります前に、一言だけお尋ねをしておきたいと思います。わが党といたしまして、審議に臨む基本的な態度を明確にする必要がありますので、お尋ねするわけでございますが、問題は、防衛庁の昇格問題であります…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 内閣委員会 第48号(1964/06/22、30期)

本日は、大きく分けまして、二つの問題についてお伺いをしたいと思うわけです。一つは、最近李ライン問題に関連いたしまして、いわゆる怪船事件以来、政府が非常に刺激的な放棄をとっております。これに関連する諸問…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 内閣委員会 第49号(1964/06/25、30期)

ちょっと関連してお尋ねしたいと思うのですが、いわゆる怪船事件というのが起きて、総理の指示で非常に強硬な態度が打ち出されておるわけですけれども、それ以後新しい事実が次々に出てきていることを総理は御承知か…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 内閣委員会 第52号(1964/09/01、30期)

今回政府が全く抜き打ち的に原子力潜水艦の寄港受け入れをアメリカ側に通告いたしました点につきまして、若干のお尋ねをしてみたいと思います。われわれはもちろんのことでございますが、国民一般が今回の政府の措置…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1964/12/17、30期)

大臣も参議院の本会議のほうの出席の都合があるということですから、簡単に御質問したいと思うのですが、これは法案に関したものではなくて、昨日の毎日新聞の夕刊に出ておりました記事を読んでおりますうちに、ぜひ…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1964/12/18、30期)

時間もだいぶんおそくなっておりましす、あとにまだ質問される委員もおられますので、なるべく簡潔にお尋ねをしたいと思いますから、ひとつ皆さん方も要領よくお答えを願いたいと思います。私が本日お尋ねをしたい…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1965/02/08、30期)

私は、主として外交、防衛に関して、佐藤総理並びに関係閣僚にいろいろとお尋ねをいたしたいと思います。まず最初にお尋ねしたいと思いますのは、ベトナムの問題でございます。アメリカは現在ベトナムにおいて全く…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1965/05/31、30期)

私は、本日、三矢研究を中心にいろいろお尋ねをしたいと思っておりましたが、先ほど勝間田議員の質問に答えられて総理がおっしゃったことの中に、非常に重要な問題がございますので、最初にその点についてあらためて…会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1965/08/06、30期)

引き続いて、関係閣僚に御質問をいたしたいと思います。現在日本の国民が一番関心を持っておりますものは何かといえば、やはり国内問題としては不況下における物価高、国外的な問題においてはベトナムの戦争とその…会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 日本国と大韓民国との間の条約及び協定等に関する特別委員会 第2号(1965/10/25、30期)

非常に重要な問題でございますので、私もお尋ねをしておきたいと思うのです。結局、いま問題になっておりますのは、大きく分けまして二つあるわけですが、まず最初の点です。結局今度の場合に六つの条約、協定、交…会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 日本国と大韓民国との間の条約及び協定等に関する特別委員会 第5号(1965/10/28、30期)

当時の私と総理との質疑応答が問題になっておりますので、若干解明をしておきたいと思うわけです。私が、本年二月八日に総理にお奪ねいたしましたのは、まず最初に官房長官との食い違いをお尋ねしたわけです。とい…会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 日本国と大韓民国との間の条約及び協定等に関する特別委員会 第8号(1965/11/01、30期)

いろいろとお尋ねをいたしたいわけでございますが、従来の質疑を通じましてお聞きいたしておりますと、政府としては、今回の日韓条約諸案件に対してわれわれが反対するのは全く理由のないことだという、そういうこと…会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 日本国と大韓民国との間の条約及び協定等に関する特別委員会 第10号(1965/11/05、30期)

前回三点ばかりについて質問をいたしたあと、不当な中断を受けたわけでございますが、引き続いていろいろとお尋ねをいたしたいと思います。問題は、まず無効となる条約、協定、議定書といったようなものが何件ある…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1966/02/17、30期)

最初に、近く日本寄港がうわさされておりますエンタープライズの問題について、若干お尋ねをしてみたいと思います。聞くところによりますと、すでに政府側は、このエンタープライズが日本の港に入りたいということ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12