佐野憲治衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  0回発言      0文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  1回発言   6332文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  0回発言      0文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  0回発言      0文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  1回発言   6332文字発言

本会議発言一覧

第48回国会 衆議院 本会議 第10号(1965/02/23、30期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま説明になりました地方財政計画につきまして、佐藤総理並びに関係大臣に質問をしたいと存ずるのであります。(拍手)まず第一にお尋ねしたいことは、地方財政計画の意義と役割りについてであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第46回国会 60回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 46 委員 14) 14回発言  73478文字発言
 第47回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  0)  2回発言   9826文字発言
 第48回国会 36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 36 委員  0)  6回発言  82060文字発言
 第49回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第51回国会 40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員 36)  3回発言  44371文字発言
 第52回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  0回発言      0文字発言

  30期通算 162回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事104 委員 58) 25回発言 209735文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 地方行政委員会
           115回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事102 委員 13) 21回発言 163612文字発言

 建設委員会
            35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 35)  4回発言  46123文字発言

 災害対策特別委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 10)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 災害対策特別委員会理事(第45回国会)
 地方行政委員会理事(第46回国会)
 地方行政委員会理事(第47回国会)
 地方行政委員会理事(第48回国会)
 地方行政委員会理事(第49回国会)
 地方行政委員会理事(第51回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第46回国会 衆議院 建設委員会 第14号(1964/03/24、30期)

ただいま議題になっております道路整備緊急措置法等の一部を改正する法律案につきまして、私、特に大臣に一地方行財政の立場から二、三お尋ねいたしたいと思います。その一つは、この建設委員会においてもしばしば…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 地方行政委員会 第9号(1964/02/14、30期)

ただいまの安井委員の質問に関連して、自治省にお聞きしておきたいと思うのです。大蔵省と法務省にもお願いいたします。というのは、四十三国会に建設省が土地鑑定士法の法案を提案して、四十三国会で通過いたしてお…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 地方行政委員会 第11号(1964/02/20、30期)

先般被害を見ております岩手県の北部海岸並びに青森県、それらの雪害対策についてお伺いいたしたいのです。一つ確かめておきたいのでまずお聞きいたしたい点は、三十八年度の普通交付税の総額が五千四百四十九億円、…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 地方行政委員会 第14号(1964/02/27、30期)

阪上委員の質疑に関連して二、三お伺いしておきたいと思うのですが、その一つは、全刑法犯の検挙率の推移についてなのですが、本委員会におきまして、一九三三年から三十五年の数字を一〇〇として、年次別に大体昭和…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 地方行政委員会 第19号(1964/03/10、30期)

ちょっと関連して。ただいまの川村委員の質疑に関連いたしますけれども、鹿児島県の県勢資料によりますと、たとえば河川の改修を要する護岸の延長が十八万三千六百三十九メートルで、復興事業では一八・五%の改修率…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 地方行政委員会 第22号(1964/03/16、30期)

非常に瞬間もおそくなっておりますし、松隈先生に非常に恐縮に存じております。また後ほど門司委員からも御質問があるそうなので、私は次の事項を一括申し上げますので、その点に対して先生の御見解をお伺いしたいと…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 地方行政委員会 第23号(1964/03/17、30期)

大臣の時間の関係もあって、非常に恐縮なのですけれども、二、三お尋ねしておきたいと思います。ただいま小委員長の報告の中で触れられておらない面について、特に大臣に考え方なり所信をお聞きしておきたいと思い…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 地方行政委員会 第26号(1964/03/26、30期)

ただいまの川村委員の発言に関連してお聞きしておきたいと思うのですが、実は交付税である程度の財政需要額を見ておる、こういう御発言もあったのでお聞きしておきたいと思うのです。現在交付税法によって見ておる財…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 地方行政委員会 第32号(1964/04/09、30期)

関連で大臣に一言お聞きしておきたいと思うのですが、地方財政計画が提出され、公表されましたのが二月十八日、今日いまだ交付税の審議を続けておるわけです。地方議会、喋議会は二月の半ばから予算審議を始めておる…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 地方行政委員会 第39号(1964/04/27、30期)

関連でありますが、いま曄峻先生が御指摘になりましたように、おとなの問題に対しましてはそう神経質になる必要はないんじゃないか、私もそれに同感なわけなんですけれども、たとえばヌードスタジオなりトルコぶろな…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 地方行政委員会 第47号(1964/05/21、30期)

長官にまずお尋ねいたしたいと思いますが、私は昭和三十三年に警察官職務執行法の改正案のときにも地方行政委員であったわけです。三十五年の新しい道路交通法が生まれるときもこの委員会で審議に当たったわけですが…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 地方行政委員会 第48号(1964/05/22、30期)

ただいま安井並びに細谷委員の質疑の中で、道路の付属物について、道路標識なりガードレー−ルの問題に触れられたのですが、これに関連いたしまして、街路付属物として街灯照明等に対して道路整備五ヶ年計画の中でど…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 地方行政委員会 第50号(1964/05/28、30期)

道路交通法の一部を改正する法律案の具体的内容は三点に分かれると思います。その第一点は、国際道路条約加入に基づいてキープレフト制度を採用するということ、それと関連して、国際運転免許証及び国外運転免許証…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 地方行政委員会 第53号(1964/06/05、30期)

まず最初に、この法案の立法過程におきまして社会保障制度審議会に意見を求められ、その答申を得ておられるわけでありますが、その答申の内容を見てまいりますと、第一項といたしまして、地方団体関係団体職員共済組…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 地方行政委員会 第1号(1964/11/18、30期)

先ほど来の川村委員の質疑に関連いたしまして、一応大臣並びに関係者に疑義をただしておきたい、こういう意味から質疑したいと思います。まず第一に、大臣は先ほど来、公共の安全と秩序を守るために当時における警…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 地方行政委員会 第5号(1964/12/03、30期)

ただいまの安井委員の質問に関連いたしますが、一言だけお尋ねし、公安委員長の所信を伺っておきたいと思うのです。と申し上げますのも、警察官の職務執行に関しまして、権利の乱用のおそれがあってはたいへんだ、…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 地方行政委員会 第2号(1965/02/04、30期)

ただいま議題となっております地方行政連絡会議法案につきまして非常に感慨深く思いますことは、昭和三十六年末にこの法案に対する構想並びに自治省原案なるものが発表されましてからすでに足かけ五年を経過いたして…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 地方行政委員会 第3号(1965/02/05、30期)

ただいま華山委員の質疑をいろいろお伺いしておったわけですけれども、率直に一、二点お尋ねしておきたいと思います。建設省のほうとしては、たとえば長期計画として道路五カ年計画、治水五カ年計画、そういう長期…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 地方行政委員会 第18号(1965/03/18、30期)

地方税法の一部を改正する法律案が本委員会に付託されましてから、連日熱心な質疑が続けられてまいっておりますし、特に改正法案の内容のみでなく、地方税の実態に対しましても、あるいはまたその運営の内容につきま…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 地方行政委員会 第21号(1965/03/25、30期)

私、次の二点に対して見解を伺っておきたいと思いますが、その一つは、自治省のほうから、この特例法をめぐりまして「町村合併の成果」という資料が出ておるわけですけれども、私は率直に申し上げまして、昔から功罪…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 地方行政委員会 第29号(1965/04/13、30期)

ただいま上程になっております新産業都市建設及び工業整備特別地域整備のための国の財政上の特別措置に関する法律案の質疑に入ります前に、この財政上の特別措置に関する前提となってまいります新産業都市法並びに工…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 地方行政委員会 第38号(1965/05/18、30期)

私、警察問題に対して質問いたしたいと思いますが、特に最近労働組合運動、あるいは労働争議に関しまして、警察権の発動がしばしば見られるわけですが、これらの最近の傾向に対しまして、労働法の関係学者並びに有識…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 建設委員会 第8号(1966/03/04、30期)

経済企画庁から、局長さんは帰られたけれども、参事官来ておられますか。――経済企画庁のほうにまずお尋ねしたかったのですけれども、おいでがないので、河川局長にお聞きしておきたいと思うのです。と申し上げます…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 建設委員会 第11号(1966/03/16、30期)

ただいま上程になっております法案に対しての質疑に入る前に、関連いたしますので、ちょうど大臣もお見えになっておりますので、一言見解をただしておきたいと思います。その一つは、この間の金曜日の本会議におき…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 建設委員会 第25号(1966/05/13、30期)

大臣に住宅建設計画法案をめぐっての基本的な考え方をまずただしておきたいと思うのです。私は、瀬戸山さんが建設大臣になられましてから、住宅あるいは宅地対策に対する瀬戸山構想を発表されて、内外に非常に大き…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22