国会議員白書トップ衆議院議員曽祢益>32期国会活動まとめ

曽祢益衆議院議員 32期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


衆議院本会議(32期)

31期本会議 - 32期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

  第63回国会(特別:1970/01/14-1970/05/13)  1回発言   5746文字発言
  第64回国会(臨時:1970/11/24-1970/12/18)  0回発言      0文字発言
  第65回国会(通常:1970/12/26-1971/05/24)  0回発言      0文字発言
  第66回国会(臨時:1971/07/14-1971/07/24)  0回発言      0文字発言
  第67回国会(臨時:1971/10/16-1971/12/27)  1回発言   4934文字発言
  第68回国会(通常:1971/12/29-1972/06/16)  0回発言      0文字発言
  第69回国会(臨時:1972/07/06-1972/07/12)  0回発言      0文字発言
  第70回国会(臨時:1972/10/27-1972/11/13)  0回発言      0文字発言

       32期通算   (1969/12/27-1972/12/09)  2回発言  10680文字発言

本会議発言一覧

第63回国会 衆議院 本会議 第24号(1970/05/07、32期)

私は、民社党を代表して、当面の国際情勢に関し、主として総理大臣並びに外相に対しまして質問を試みんとするものであります。(拍手)まず、来たる六月二十二日をもって十年の固定期限を終了する日米安全保障条約について質問いたします。会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 本会議 第27号(1971/12/24、32期)

私は、民社党を代表して、ただいま議題になりました、社会、公明、民社三党共同提案にかかる佐藤内閣不信任決議案に対し、賛成の討論を行なわんとするものであります。(拍手)不信任の第一の理由は、本年夏以来の二つのニクソン・ショック並びに中国の国連参加及び年末のドル切り下げ、円切り上げ等に象徴される、戦後体制………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(32期)

31期委員会 - 32期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第63回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員  0) 12回発言  62101文字発言
 第64回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  3回発言  18075文字発言
 第65回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員  1) 17回発言  73060文字発言
 第66回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  3回発言  16542文字発言
 第67回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  7)  3回発言  21067文字発言
 第68回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員  0) 14回発言  64941文字発言
 第69回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   4988文字発言
 第70回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  1回発言   7455文字発言

  32期通算  81回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 73 委員  8) 54回発言 268229文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            73回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 73 委員  0) 51回発言 249906文字発言

 沖縄返還協定特別委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  2回発言  15267文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   3056文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 外務委員会理事(第63回国会)
 外務委員会理事(第64回国会)
 外務委員会理事(第65回国会)
 外務委員会理事(第66回国会)
 外務委員会理事(第67回国会)
 外務委員会理事(第68回国会)
 外務委員会理事(第69回国会)
 外務委員会理事(第70回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第63回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1970/03/06、32期)

核拡散防止条約が昨日からけさにかけて核保有国、イギリス、アメリカ、ソ連を含めた三国の批准書寄託と四十カ国以上の他の国の批准書寄託が終わっていよいよ効力を発生したわけでありますが、これからの一番大きな課…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1970/03/18、32期)

まず日米繊維自主規制問題について伺います。私はこの交渉を見ておりますと、どうも初めから日本とアメリカの間の態度あるいは思惑が非常に食い違っているような気がいたします。まずアメリカは非常に政治的に取り…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1970/04/03、32期)

この旅券法の改正の問題の焦点の一つ。おそらくこれが最大の焦点と思われる北鮮に対する邦人の渡航に関する問題があるわけでありますが、こういう問題は、いま外務大臣から報告がありました、日航機乗っ取り事件もす…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1970/04/08、32期)

ちょっと伺いますが、従来の慣例からいえば反対、賛成、反対、賛成という順序でやるのじゃないですか。私は賛成ですよ。釈明を求めます。前国会からわが党は賛成にきまっているじゃないですか。賛成の第一の基本的…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1970/04/24、32期)

議事進行について。こういったような各条約適用区域における日本の漁獲の実績、そのぐらいのものは、要求しなくたって当然出しておくべきだと思う。この条約地域の略図もきょうになって出しておりますね。これはもう…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1970/04/27、32期)

昨日、中国が人工衛星を打ち上げるのに成功したわけでございますが、私ども本年二月のアメリカのレアード国防長官の議会に対する報告、これは相当信頼できる情報に基づくものと思うのでありますが、それによりまする…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1970/05/06、32期)

初めに外務大臣に伺いますが、この東京条約を今日まで批准しなかった理由でありますが、一つ考えられることは、日本側がこれをやっても、あとでも御質問申し上げたいと思うのですが、いろいろ政治犯罪人の庇護権の問…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1970/05/07、32期)

私は、私自身が当外務委員会を通じまして、かねてから、日本の国際軍縮への熱意の一環として、いわゆるBC兵器を、単に戦時の使用だけでなくて、完全に、実験、製造、保有及び使用、こういうものを全般的に禁止する…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1970/06/10、32期)

最初に、外務大臣に安保問題について伺いたいと思います。戸叶委員が御指摘になったように、二十二日にはいよいよ安保条約の固定期限が一応切れるわけで、以後はいわゆる一年間の予告で、これがやめようと思えばや…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1970/07/15、32期)

非常に短い時間しかないのは非常に遺憾ですけれども、外務大臣にぜひ、一月に一ぺんくらいしかできない外務委員会でありまするから、時間を差し繰っていただいて、少なくとも重要案件山積のときに一時間しか出られな…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1970/09/10、32期)

今度のアメリカ上院の外交委員会小委員会の記録をきのう午後、だいぶおそくなってからもらったので、一夜づけでもなるべく勉強して、日本の共同通信が報道した重要な点については一応見たつもりであります。私がこ…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1970/11/17、32期)

議事進行に協力する意味で、本日の質問は取りやめます。――――◇―――――会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1970/12/04、32期)

去る十一月十七日の本委員会におきまして、もう迫り来る国連総会における中国代表権問題の表決等のことも踏まえながら私の意見も申し上げ、また外務大臣の御見解を伺ったのでありますが、きょうまず最初に伺いたいの…会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1970/12/17、32期)

きょうは実は日米繊維交渉についてお伺いするつもりでしたけれども、先ほど戸叶、大久保両委員が触れられた日中問題についても、ごく重要な二、三のポイントだけを外務大臣から伺いたいと思います。私は、この十一…会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1970/12/24、32期)

私は去る十六日の本委員会における質問の問題である米軍の大量削減の問題について御質問申し上げるつもりでございますが、その前に、ただいま同僚委員から御質問がありましたコザ問題について、二点だけ伺います。…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第9号(1971/03/24、32期)

六九年度のベストセラーの一つであったドラッガーのいわゆる「断絶の時代」と訳されておる本に書いてありますように、ドラッガーは、産業革命以来産業の体系なり技術が最近に至るまで本質的には変わってない。しかし…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1971/02/15、32期)

私は、沖繩返還協定並びに中国問題について御質問したいんですけれども、その前にちょっとけさの神奈川県におけるローカル問題ですけれども、非常に重大な問題が起こっておるので、それは、旧臘の日米合同委員会にお…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1971/02/19、32期)

私も同僚委員に続いて国際原子力機関の憲章改正に関連いたしまして外務大臣にお尋ねいたしたいのですけれども、政府の説明書によりますと、今度の改正の一番大きなねらいの一つが、要するに理事国の数をふやす、特に…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1971/02/24、32期)

先ほど戸叶委員が触れられた台湾の帰属に関連して、ちょっと外務大臣に伺っておきたいと思うのですけれども、先ほどの御答弁によりますと、台湾の帰属はまだ最終的にはきまっておらないが、わが国はサンフランシスコ…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1971/02/26、32期)

最初に、先回の委員会で外務大臣に御質問いたしました国際原子力機関に関連して、いわゆる平和的施設の査察の問題で、国際原子力機関の会議における日本の主張がかなり通った、こういうお話でございました。具体的に…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1971/03/05、32期)

去る二月十五日の本委員会におきまして、私、外務大臣に対しまして、アメリカ軍の在日兵力の縮小に伴い十二月二十一日の日米安保協議委員会におきまして合意いたしました駐留軍の従業員の解雇等の問題について御質問…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1971/03/11、32期)

まず最初に、外務大臣に先般の三月五日の当委員会におきまして御質問申し上げました駐留軍の解雇の問題、特に横須賀における解雇の予告のあった者が、その予告の期限到来の三月五日の二日前になりまして、前からいろ…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1971/03/12、32期)

この条約に関連して最初にお伺いしたいのですけれども、よど号事件以来東京条約並びに航空機の強取等の処罰に関する法律の制定等によって、自後少なくとも国内的にいろいろなハイジャック防止に関する警備措置と申し…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1971/03/18、32期)

最初に日米繊維交渉に関連いたしまして、大臣に伺いたいと思います。実は繊維交渉が最終段階に至りまして、日本の繊維産業連盟、業界の決意と、またアメリカの下院の歳出委員長のミルズ氏のサゼスチョン等がありま…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1971/03/19、32期)

最初に二つの条約の関係といいますか、違いといいますか、これをひとつお伺いしたいのです。私の見るところでは、コンテナ条約のほうは、陸送ばかりでなくて海の輸送と両方含んでいる条約だ。それから国際道路輸送…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1971/03/24、32期)

私は、このILO関係三条約について、明日の本委員会でわが党の専門家である西田八郎君が私にかわって詳しく御質問することになっておりますので、細目は西田君の質問にゆだねまして、いま主として労働大臣並びに外…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1971/04/14、32期)

まず中国問題について総理大臣に伺います。先ほど来の青木委員の御発言等に関連いたしまして、この四月五日の福岡談話等によって、北京政府との接触についても何か打開の道を探ろうというお気持ちはあるようでござ…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1971/05/07、32期)

私は、よくいわれるアメリカと中国との関係が非常に雪解けが速くて、日本がむしろあっと言わされるように米中関係が非常に改善のスピードが速くて、日本のほうがむしろおくれている、一般的にそれほど現時点において…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1971/05/10、32期)

まずチューインガムの輸入自由化とこれに伴う輸入税の増徴と、それからこれに関連いたしまして、代償としての他の数品目に対する輸入税の軽減の問題について、御質問をいたします。原則としては、日本の自由化を既…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1971/05/12、32期)

最初に、けさの委員会におきまして大久保委員の御質問に対する御答弁で、大体条約が成立するといいますか、締結されるまでのいろいろな経緯について概要のお話があったので、それは大体それで了承いたしたのですけれ…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1971/05/19、32期)

去る五月十二日の本委員会におきまして、私は、本条約において締約国が禁止される内容というものが、核兵器及びその他の大量破壊兵器を距岸十二海里以内に置かない、並びにそれらの兵器を貯蔵し、実験しまたは使用す…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1971/05/24、32期)

きょうは本国会の終わりの外務委員会ですから、私は外務委員会で、だいぶきょうもそれに触れられておるような中国問題について、ひとつ御見解をお聞きしたいと思うのです。先ほど来本委員会における発言を聞いてお…会議録へ(外部リンク)

第66回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1971/07/20、32期)

去る前国会のちょうど末期の五月二十四日の当委員会で、私は、前外務大臣にこういう趣旨の御質問をしたのです。それは、日華平和条約の、われわれから見て正しい解釈は、やはりだいぶ前ですけれども、十九年前に私自…会議録へ(外部リンク)

第66回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1971/08/10、32期)

お三人の方にそれぞれ伺いたいのですが、最初に高野教授については、二つに分けて、初め中国代表権の問題、それから第二に日華平和条約について述べられたわけですね。その第一の中国代表権の問題の最後の項といいま…会議録へ(外部リンク)

第66回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1971/09/01、32期)

外務大臣に三つばかり御質問したいと思います。第一は、ワシントンに行かれまして、国務長官あるいは場合によっては大統領にお会いになるであろう、そういう場合に、最近の国際情勢の変化等から、沖繩協定の内容に…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 沖縄返還協定特別委員会 第3号(1971/11/11、32期)

けさ早く、アメリカの上院におきまして沖繩返還協定が通過いたしました。これで百万の県民、一億の同胞の悲願であった沖繩復帰実現に関するアメリカ側の障害がなくなったようであります。三年以前から、いまはなき…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 沖縄返還協定特別委員会 第8号(1971/11/22、32期)

総理に伺いますが、きょうの河村委員に対する御答弁で、第一に朝鮮の問題ですね、これについては、はっきりと、いわゆる前向き、つまりイエスですね、ポジティブリー――事前協議の場合にイエスと言うという印象を与…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1971/10/22、32期)

去る九月一日の当委員会におきまして、外務大臣がアメリカに行かれる際に、特にニクソン大統領との会見も予想されるのであるから三つばかりの問題について御質問をいたしました。その中で、一つは、言うならばニク…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1972/03/10、32期)

仮定の議論みたいなことで恐縮ですけれども、これはやはり政府の態度を明確にする意味で、ぜひその点を聞きたかったわけです。そこで当然に領土の問題は、領土の主張のほかに、日本の立場としてはアメリカも言ってい…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1972/03/15、32期)

質問の最初に、同僚議員が質問せられた点ですから、イギリスと中国の共同声明ですかそれについて一点だけ伺いたいのですが、ちょうどこの前の外務委員会で私が米中共同コミュニケについて、その訳文について伺いまし…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1972/03/17、32期)

最初に、この間の当委員会で私が質問いたしました中英共同声明ですか、あの中に、これは同僚委員からもきょうもあげられた点ですけれども、英語で見ると、中華人民共和国の台湾は一省であるというその立場に対して、…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1972/04/07、32期)

税関における物品の評価に関する条約、これに関連してちょっと伺いたいと思います。税関に関してこういう条約ができ、あるいは関税協力理事会にわが国が加わっている、このメリットというのはいろいろあると思うの…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1972/04/12、32期)

私は明日の連合審査会におきまして、外務省の機密漏洩問題について、言うならば本格的な論議、質疑を行ないたいと思いますので、きょうはその問題に深く触れるつもりはございませんが、ただ昨日の参議院の段階でござ…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1972/04/26、32期)

きょうは国際情勢に関する質問を申し上げるつもりだったのですけれども、はからずも青木さんから海軍長官あての電報並びにその返事、アメリカのいわゆる極秘電報に関する問題が提起され、また楢崎委員からもそれに対…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1972/04/28、32期)

実は秘密会であったらむしろ御質問しなくてゆっくり伺っているだけにしようと思ったのですけれども、公開のあれで、三木さんが重要な使命を果たして帰ってこられて、われわれ外務委員の、人としては、御質問しないほ…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1972/05/10、32期)

前回のこの委員会における、いわゆるアメリカ海軍長官から来たといわれる電報の事件について私の見解を申し上げながら政府に質問したわけですが、それをきわめて簡単に要約いたしますると、少なくとも一九六七年以降…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1972/05/12、32期)

科学の進歩とまた二面では人類というか人間の欲望が無制限だというようなことから、もはや環境保全は全地球的なレベルでこれは人類共通の生存の問題だという意味から取り上げなければならない、こういうことで、六月…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1972/05/17、32期)

それもいいですけれども、きょうの議論を伺っていると、何ゆえに秘密会なのか全然わからない。私はしろうとだから、戦略見積もりということばは何かえらい、どういう兵器がどれだけ要るかということかと思ったら、そ…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1972/05/24、32期)

きょうはおそらく総理と国会の当委員会における少なくとも最後の質疑応答になるのではないかと思います。そこで、時間が非常に短いので残念ですけれども、日本の当面する外交、この外交はどなたが衝に当たられるにい…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1972/05/31、32期)

私は、この原子力の平和利用における、日仏、日本・オーストラリア各国とのそれぞれの協定に関連いたしまして、若干の質問をいたしたいと思います。大綱において外務大臣からお答え願えればいいんじゃないかと思う…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1972/06/02、32期)

私、きょうは安保条約それから基地の問題、自衛力の問題等にも触れた御質問をする予定でございますが、高見文部大臣に非常に無理をして御出席いただいたので、先に御質問申し上げます。テルアビブにおける例のパレ…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1972/06/07、32期)

私はかねて本委員会あるいは予算委員会で、私が問題にいたしました横須賀における米軍の基地の日本に返還の問題、なかんずく艦船修理部門の日本返還の問題について、この際外務大臣並びに防衛庁長官及び運輸大臣のか…会議録へ(外部リンク)

第69回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1972/08/10、32期)

田中内閣ができてから、日中問題が非常なスピードで、中国側のきわめて弾力的な態度も出てまいりまして進行している。私は、これは歴史的に非常に重要でかつ好ましい傾向だと思うのです。ただ問題は、田中内閣でも特…会議録へ(外部リンク)

第70回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1972/11/06、32期)

まず最初に、同僚委員からも御質問がありましたソ連関係について伺いたいと思います。私も福田使節団の一員としてソ連に参りまして、ソ連のいわゆる最高会議外務委員のメンバーと、特にこの問題でも相当思い切った…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(32期)

31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22