大久保直彦衆議院議員 32期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


衆議院本会議(32期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第63回国会(特別:1970/01/14-1970/05/13)  0回発言      0文字発言
  第64回国会(臨時:1970/11/24-1970/12/18)  0回発言      0文字発言
  第65回国会(通常:1970/12/26-1971/05/24)  1回発言   4258文字発言
  第66回国会(臨時:1971/07/14-1971/07/24)  0回発言      0文字発言
  第67回国会(臨時:1971/10/16-1971/12/27)  1回発言   3337文字発言
  第68回国会(通常:1971/12/29-1972/06/16)  0回発言      0文字発言
  第69回国会(臨時:1972/07/06-1972/07/12)  0回発言      0文字発言
  第70回国会(臨時:1972/10/27-1972/11/13)  0回発言      0文字発言

       32期通算   (1969/12/27-1972/12/09)  2回発言   7595文字発言

本会議発言一覧

第65回国会 衆議院 本会議 第11号(1971/02/25、32期)

私は、公明党を代表いたしまして、ただいま趣旨説明のありました環境庁設置法案に対し、佐藤総理並びに関係大臣に質問を行ないたいと思います。環境保全政策の本質は、単に被害が発生してから対策を講ずることにとどまらず、自然科学、社会科学及び生態学の見地から、自然環境の復元とその人為的環境づくり、また、歴史的、………会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 本会議 第6号(1971/10/26、32期)

本日は、歴代政府・自民党の中国政策が根底から瓦解した記念すべき日でございます。(拍手)私は、公明党を代表いたしまして、中華人民共和国の国連における正当な権利を回復し、台湾追放を求めるアルバニア決議案が圧倒的多数をもって採択されるというまさに歴史的な事態に対し、佐藤総理に対し、その所信と政治責任につい………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(32期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第63回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員 15) 14回発言  55648文字発言
 第64回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  1)  3回発言  14073文字発言
 第65回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員  2)  7回発言  43815文字発言
 第66回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   5824文字発言
 第67回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第68回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  2回発言  18543文字発言

  32期通算  75回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 41 委員 34) 27回発言 137903文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 41 委員  1) 22回発言  90713文字発言

 予算委員会
            15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  3回発言  36451文字発言

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  2回発言  10739文字発言

 沖縄返還協定特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 災害対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 外務委員会理事(第63回国会)
 外務委員会理事(第64回国会)
 外務委員会理事(第65回国会)
 外務委員会理事(第66回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第63回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第10号(1970/04/07、32期)

対策庁の設置の法案の内容につきましては、かなり審議も進んでおりますので、私は、その対策庁がこれから具体的な作業に入りますその基本的な沖繩復帰に対する姿勢といいますか、今後の具体的なビジョンの問題につい…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第19号(1970/09/12、32期)

初めに尖閣列島のことについてお伺いしたいと思います。去る十日の外務委員会におきましても、外務大臣は尖閣列島の領有権を宣言をされましたし、またアメリカの国務省においても明らかに米政権下にあることは言明…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1970/03/06、32期)

舞台が変わりまして恐縮でございますけれども、中国問題につきまして、大臣の所信をお伺いしたいと思います。時間がございませんので、端的に伺いますので、ひとつ結論だけでけっこうでございますが、よろしくお願い…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1970/03/18、32期)

きょうは、外務大臣に、核防条約について御質問させていただきたいと思います。この核拡散防止条約につきましては、いままで国会にもたびたび論議がございましたのですが、いわゆる核爆発の平和利用の問題、また核…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1970/03/27、32期)

旅券法の一部を改正する法律案につきまして、二、三大臣の所見をお伺いいたしたいと思います。関連いたしまして、ただいま戸叶委員から御質問があったようでございますが、万博の参観について未承認国からかなりの…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1970/04/03、32期)

前回に引き続き旅券法の質疑を続行させていただきます。いままでの質疑の結果、今回の改正案を一括いたしますと、手続面ではかなり緩和しているけれども、国民の海外渡航の権利という質的な内容面においてはかえっ…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1970/04/08、32期)

旅券法の質疑を続行しているわけでございますが、きょう二、三お伺いして私の質問を終わらせたいと思います。旅券の発給申請に伴う返事の問題でございますが、十三条で発給しないということが決定した場合に、十四…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1970/04/10、32期)

外務大臣にお尋ね申し上げますが、このたびの日航のハイジャック事件の勃発によりまして、このたびハイジャック防止についての対策として、政府も特別立法を考え、厳重にこれを規制しようとしているわけでございます…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1970/04/23、32期)

通商航海条約のほうでございますけれども、特にブルガリアでございますが、ブルガリアとの通商航海条約を批准しようということでございますけれども、最近ブルガリア国内におきまして、外国企業の商業活動に対する規…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1970/05/06、32期)

この東京条約ずっと見てまいりますと、先ほど大臣の御答弁にもございましたけれども、むしろハイジャック防止ということは第二義的な感じがいたしまして、機内の犯罪及び乗っ取りに対する事後処理の面がかなり表に出…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1970/05/08、32期)

限られた時間でございますけれども、日中問題、カンボジア情勢、沖繩返還問題、国防会議の問題、それから安保の問題、何せ一人なものですから、いろいろお伺いしたいと思いますが、総理並びに関係大臣に質問さしてい…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1970/06/10、32期)

時間がないので一言だけお願いしたいと思います。先月末に発生をいたしましたペルーの大地震についてまとめてお伺いをしますので、まとめて御答弁を願いたいと思うのです。発生後のニュースはいろいろ伝わってきて…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1970/07/15、32期)

時間がございませんので、はしょってお伺いをいたしますが、最近海洋開発の研究の進展に伴いまして大陸だなの問題が脚光を浴びているわけでございますけれども、大陸だなの問題は、日本のみならず国際的にいろいろ紛…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1970/11/17、32期)

私は外務大臣に対しまして、ただいま同僚議員からいろいろ質疑がございました中国問題並びに、もし時間がありましたら大陸だなの問題について御質問申し上げたい。具体的な問題に入ります前に、基本的な政府の姿勢…会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1970/12/04、32期)

私は、きょうはおもに日中問題についてお尋ねをいたしたいと思いますが、その前に二、三繊維問題についてお伺いをいたしたいと思います。現在、日米繊維交渉が非常に難航を続けているわけでございますけれども、そ…会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1970/12/17、32期)

国民各位からは、今臨時国会が公害、日中、繊維の問題を多く取り扱うということで期待をされておったわけでございますが、公害以外の日中、繊維につきましては前進のあとといいますか、発展の状態にありませんで、私…会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1970/12/24、32期)

同僚委員から種々御質問がございましたので、重複を避けたいと思いますが、ただいま問題になりました、今回のコザ市の事件の背景となっております、いわゆる裁判の不公正の問題について、私も触れておきたいと思いま…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1971/02/15、32期)

私はラオス及び中国問題についてお尋ねをいたしたいと思いますが、先ほどからの答弁をいろいろ伺っておりますと、ラオスの件につきましてはジュネーブ協定に基づいた平和的措置を意図しておるということはよくわかっ…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1971/03/19、32期)

コンテナ輸送の国際的増加ということにつきましては、近年大きな話題になっておるわけでありますけれども、この条約にわが国が参加するということになりますと、このコンテナ輸送を円滑にするのみならず、かなりコン…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1971/04/14、32期)

総理の口から国際信義ということばをたびたびお伺いしているわけでございますが、私は、わが国は蒋政権の代表者といくさをしたわけではないし、数億という国民を相手にいくさをした、そういう立場から考えますと、む…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1971/05/12、32期)

核丘器その他の海底における設置の禁止に関する条約について若干質問をいたしたいと思います。本条約は、一九六七年にアルタの国連代表が事務総長あて口上書、要請書を出しまして以来、同年の総会において初めて、…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1971/05/19、32期)

ただいまの「海底」の解釈につきまして、私も質問をいたしたいと思いますが、現在まで外務省が公表しておる文書で、領海及び接続水域に関する条約、この第二条では、沿岸国の主権は領海上の空間並びに海底及びその地…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1971/05/24、32期)

去る十五日に沖繩返還協定の中間報告かなされまして、本委員会並びに沖特との連合審査において、その中間報告の内容が審議されたわけでございますが、以来一週間を経過しまして、具体的な問題についてはかなり前進が…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1971/02/01、32期)

私は、本日、公害問題並びに外交問題につきまして、総理並びに各関係大臣に御質問申し上げたいと思います。初めに公害問題でございますが、公害につきましては、わが党が昨年来公害総点検を全国的に行ないまして、…会議録へ(外部リンク)

第66回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1971/07/20、32期)

選挙中ではございましたけれども、私ども公明党が訪中代表団を北京に派遣をいたしまして、日中国交回復の具体的な五項目を織り込んだ共同声明を出しましたことは、大臣も御承知のことと存じますが、あの五項目、実は…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1972/02/29、32期)

私は当面、国際問題として大きくクローズアップされております日中問題並びに日朝問題、そして日ソ、最後に繊維問題について、総理並びに政府の見解をお伺いしたいと思っております。初めに、昨日の予算委員会以来…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 予算委員会 第10号(1972/03/06、32期)

私は、二十九日に留保いたしました質問を続行いたしたいと思います。去る二十八日の矢野質問に対します総理の御答弁並びに外務大臣の答弁に食い違いがございまして、その統一見解を要求しましたところ、ただいま外…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(32期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22