加藤常太郎衆議院議員 33期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


衆議院本会議(33期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

  第71回国会(特別:1972/12/22-1973/09/27) 11回発言  12036文字発言
  第72回国会(通常:1973/12/01-1974/06/03)  0回発言      0文字発言
  第73回国会(臨時:1974/07/24-1974/07/31)  0回発言      0文字発言
  第74回国会(臨時:1974/12/09-1974/12/25)  1回発言    464文字発言
  第75回国会(通常:1974/12/27-1975/07/04)  0回発言      0文字発言
  第76回国会(臨時:1975/09/11-1975/12/25)  0回発言      0文字発言
  第77回国会(通常:1975/12/27-1976/05/24)  0回発言      0文字発言
  第78回国会(臨時:1976/09/16-1976/11/04)  0回発言      0文字発言

       33期通算   (1972/12/10-1976/12/04) 12回発言  12500文字発言

本会議発言一覧

第71回国会 衆議院 本会議 第4号(1973/01/29、33期)

私の場合も、総理からお答えいたしましたILO並びに基本権の問題は省略いたしますが、国内問題を御説明いたします。定年と年金の問題でありますが、定年年齢と年金の受給開始年齢が接続していることが望ましいのでありますが、このような観点から、現在定年が五十五歳でありますが、これを六十歳に延長いたしまして、定年………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第6号(1973/02/14、33期)

総理より答弁がありましたが、私より補足の答弁をいたしたいと思います。賃金の引き上げについては、労使が自主的に国民経済的見地から、良識をもって取り組むことを期待いたすものであります。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第12号(1973/03/01、33期)

週休二日制の問題は、総理からもお答えいたしましたが、この問題は労働省としても従来から、労働者の福祉の向上のためにこの推進に大いに努力してきました。そのために特に関係閣僚懇談会も設けまして、これにほんとうに熱意をもって取り組んでおります。この問題は世界の趨勢でもありますし、私としては、労使がよく話し合………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第13号(1973/03/02、33期)

少年の勧誘問題につきましては、増原長官からお答えしたとおりでありますが、労働省の立場としてお答えいたします。お尋ねの自衛隊の募集、すなわち入隊勧告でありますが、この問題程度では、職業安定法に触れることはありません。しかし、年少者の就職問題は、その御本人の将来を左右する重要な問題でありますので、慎重に………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第14号(1973/03/08、33期)

江藤議員の御質問の一点は、争議が違法であるかないか、第二点は、公制審に圧力をかけるような争議行為に対して所見いかん。お答えいたします。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第21号(1973/04/03、33期)

労働者災害補償保険法の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明します。近年、わが国における交通事情等の変化に伴い、労働者が通勤の途上においてこうむる災害もまた多くなってきております。こうした情勢を背景に、通勤災害についても、より手厚い保護を行なうべきであるとの声が関係者の間で強くなってまいりました。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第26号(1973/04/13、33期)

お答えいたします。出かせぎ労働者の多くは建設業を中心に就労いたしております。建設業は、その業態からいたしまして労働災害、賃金の不払い、寄宿舎の問題、留守家族の問題等に関して大いに改善を要する問題が少なくありません。このため、労働省としては、職業安定所の利用促進によりまして、この種の問題を極力防止、改………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第27号(1973/04/17、33期)

ただいま通産大臣から休日に関しての御答弁がありましたが、私からも補足いたしましてお答えをいたします。お尋ねのとおり、外国には休日や労働時間を商店法によって規制している例も見られます。わが国は、御承知のように、労働者の労働時間並びに休日については、労働基準法によって統一的に規制いたしているところであります。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第29号(1973/04/24、33期)

竹内議員から私に対する質問は二件あったと思いますが、まず、林業の労働力の確保の問題についてお答えいたします。林業労働者につきましては、御承知のように、当該産業の特殊性にかんがみまして、どうも労働災害の発生率が高いことは御承知のとおりであります。また、一般的に労務管理の近化代がおくれている現状でありま………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第30号(1973/04/26、33期)

山中議員の、三月の順法闘争についての御質問に対しまして、お答えをいたします。三月の国労及び動労の順法闘争に対しまして、私としては二度にわたり労使双方を招致いたしました。国鉄側に対しては、事の重大性を考えて、労使がよく話してやれ、また組合に対しましては、国民あっての組合である、そして、迷惑するのはほん………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第52号(1973/07/19、33期)

中小企業の労働面について加藤議員にお答えいたします。御質問は、私と総理に対する御質問でありましたが、私から総理の分までも含めてお答えをいたしたいと思います。中小企業におきましては、一般的に労働能力の開発とか労働福祉の問題が大企業に比べて劣っておることは、これはいなめない事実であります。これを改善して………会議録へ(外部リンク)

第74回国会 衆議院 本会議 第1号(1974/12/09、33期)

ただいま、私が国会議員在職二十五年に及びましたことに対し、院議をもって御丁重なる表彰の御決議を賜わりました。まことに身に余る光栄と存じ、感謝にたえません。(拍手)二十五年の長きにわたって、しかも党派を越えて御指導をいただきました先輩、同僚各位の御厚情に対し、深く感謝申し上げる次第であります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(33期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第72回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員  0)  1回発言   1059文字発言
 第73回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第74回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第75回国会 25回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 24 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第76回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第77回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 13 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第78回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)  0回発言      0文字発言

  33期通算  68回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 67 委員  0)  1回発言   1059文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 逓信委員会
            68回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 67 委員  0)  1回発言   1059文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 逓信委員会理事(第72回国会)
 逓信委員会理事(第73回国会)
 逓信委員会理事(第74回国会)
 逓信委員会理事(第75回国会)
 逓信委員会理事(第76回国会)
 逓信委員会理事(第77回国会)
 逓信委員会理事(第78回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第72回国会 衆議院 逓信委員会 第11号(1974/03/13、33期)

提案者を代表いたしまして、ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。まず案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(33期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22