金子満広衆議院議員 33期国会活動まとめ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 41期(1996/10/20-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


衆議院本会議(33期)

33期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

  第71回国会(特別:1972/12/22-1973/09/27)  3回発言   7989文字発言
  第72回国会(通常:1973/12/01-1974/06/03)  1回発言  10479文字発言
  第73回国会(臨時:1974/07/24-1974/07/31)  0回発言      0文字発言
  第74回国会(臨時:1974/12/09-1974/12/25)  1回発言   7973文字発言
  第75回国会(通常:1974/12/27-1975/07/04)  0回発言      0文字発言
  第76回国会(臨時:1975/09/11-1975/12/25)  1回発言   8299文字発言
  第77回国会(通常:1975/12/27-1976/05/24)  0回発言      0文字発言
  第78回国会(臨時:1976/09/16-1976/11/04)  1回発言   8040文字発言

       33期通算   (1972/12/10-1976/12/04)  7回発言  42780文字発言

本会議発言一覧

第71回国会 衆議院 本会議 第14号(1973/03/08、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、国鉄運賃法等改正案について、総理並びに関係閣僚に質問いたします。言うまでもないことでありますが、この法案は、今年度の大幅な運賃値上げを手始めに、今後十年間に四回にわたって、相次ぎ値上げを行なおうとするものであります。物価高に苦しむ国民への新たな重大な挑戦といわな………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第49号(1973/07/03、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、自由民主党など四党提案の、中国の核実験に抗議し、フランスの核実験に反対する決議案に、遺憾ながら賛成できない理由を述べるとともに、われわれが核兵器の全面禁止の決議案を提案してきたことについて、その理由を明らかにしたいと思います。(拍手)そもそも、天下周知のように、………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第62号(1973/09/22、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、田中内閣不信任決議案に対して、賛成の討論を行ないます。(拍手)田中内閣が成立して十四カ月、いまや庶民政治、庶民内閣などの宣伝は完全に消え去り、そこにあらわれたものは、国民生活を破壊し、国の現在と未来をますます危険に導く、おそるべき田中内閣の素顔であります。会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第10号(1974/01/24、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、田中内閣の内外政策に対し、総理並びに関係閣僚に質問いたします。今日、内には異常な物価高と国民生活の困難、外にはインドネシアをはじめ東南アジア諸国の反日抗議行動に見られるように、田中内閣の政治はいまや内外ともに重大な破局に直面し、国民の不安と怒りは全国に広がってお………会議録へ(外部リンク)

第74回国会 衆議院 本会議 第4号(1974/12/17、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、三木内閣の政治姿勢と内外政策に対して、総理並びに関係閣僚に質問をいたします。金権、腐敗政治に対する国民のきびしい追及の中で退陣した田中総理にかわって、新しく登場した三木総理が、はたして、就任前公言してきた事柄を、真に、ことばどおり実行するのかどうか、いま国民は、………会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 本会議 第5号(1975/09/19、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、当面の緊急問題について、総理並びに関係閣僚に質問をいたします。御承知のように、今年は第二次世界大戦後三十年目に当たります。三十年前、多くの国民は、再びこのような惨禍を繰り返してはならないと心に誓い、そこから平和と民主主義、豊かな日本の建設を心から願ったのであります。会議録へ(外部リンク)

第78回国会 衆議院 本会議 第5号(1976/09/28、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、いま緊急に解明が求められているロッキード事件並びに国民生活防衛、平和の問題について、総理並びに関係閣僚に質問をいたします。まず第一に、ロッキード問題の解明についてただします。この問題で最も重要なことは、この事件がどのような本質を持ったものであるかということであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(33期)

33期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第71回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員  2) 12回発言  52575文字発言
 第72回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  7)  3回発言  35645文字発言
 第73回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言  18319文字発言
 第75回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  4回発言  47555文字発言
 第76回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2775文字発言
 第78回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

  33期通算  45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員 20) 22回発言 156869文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員 13) 16回発言  79019文字発言

 予算委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  5回発言  66029文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  11821文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 外務委員会理事(第71回国会)
 外務委員会理事(第72回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第71回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1973/02/28、33期)

沖繩海洋博をやるということと、どんな方向でやるかということは、もちろん関連はありますが、別の問題であります。どんな方法でもやりさえすればいいものだということでないことは明らかだと思うのであります。そこ…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1973/03/27、33期)

簡潔に質問いたします。南ベトナムの臨時革命政府の要人、つまり南ベトナム臨時革命政府のパスポートを持参した人が日本国に入国を希望された場合、入国ビザを発行するかどうか、こういうことになろうと思いますが…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1973/03/30、33期)

アフリカ開発基金の問題について政府の考えていることを伺いたいと思います。政府のいういわゆる海外援助、私は援助ということばはあまり好きなことばじゃありません。正確にいえば海外に対する経済協力というほう…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1973/04/06、33期)

先週の委員会で政府側に質問をしましたが、大臣が出席されておりませんから、若干ダブる点があると思いますけれども、最初にアフリカ基金の問題についてただしたいと思うのです。当然のことだと思いますけれども、…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1973/04/13、33期)

国連問題に入る前に、一つの問題について緊急に質問をしたいと思います。御承知のように、沖繩で米軍戦車によって日本の婦人が引き殺された事件が昨日午後起こりました。沖繩本島の金武村のアメリカの海兵隊訓練場…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1973/04/25、33期)

私は、まず最初に国連世界保健機構いわゆるWHOの問題について、朝鮮民主主義人民共和国の加盟の問題について質問したいと思います。もうこれで三回の委員会を経てきているわけですが、返ってくることばはいつも…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1973/05/30、33期)

時間がたいへんありませんから、ベトナムに関係する問題について大臣に質問したいと思います。先ほども質問があったようでありますが、ベトナム人民支援日本委員会と日本ベトナム友好協会の招待でベトナム民主共和…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1973/06/13、33期)

私は、きょうは、懸案になっているベトナム民主共和国及び南ベトナムの臨時革命政府の統治下にある社会団体の代表の日本への入国問題について質問をしたいと思います。特にきょうは主管大臣である田中法務大臣の出席…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 外務委員会 第26号(1973/06/29、33期)

総理の訪米の日程、そしてまた田中・ニクソン会談の日程、これもきまったようでありますから、そこで最初に、端的に伺いたいのですが、総理が考えている田中・ニクソン会談で何を話し合うかという課題について、ひと…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 外務委員会 第38号(1973/10/19、33期)

最初に、ベトナムの関係で質問したいと思います。御承知のように今年九月二十一日に、日本国とベトナム民主共和国の間には、交換公文と共同声明で国交樹立についての合意がなされたわけであります。その共同声明で…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 外務委員会 第39号(1973/11/08、33期)

金大中氏事件問題について、外務大臣に単刀直入に質問をしたいと思います。今月の一日に大臣は、この件については、主権侵害が最大の問題であることは承知しているが、いまのところ日本側のきめ手になる証拠がなく…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1973/02/12、33期)

今回の通貨危機の問題、そして円対策の問題は、直接国民の生活そのものに重大な影響を与えるものであることは言うまでもないわけであります。市場が閉鎖されている、あらゆる徴候から見て、再び円の切り上げが行なわ…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1973/12/18、33期)

大平外務大臣に中東問題、石油問題について質問したいと思います。御承知のように、あすは十九日でありますが、リビアの原油の取引問題で国際入札があす行なわれる予定になっております。すでに、リビアの政府が日…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 外務委員会 第23号(1974/05/08、33期)

私の前に二人の委員からもう質問があったわけですが、韓国における日本人の二人の留学生の問題について、家族の方、親戚の方、友人の方々がたいへん心配されております。したがって私は、具体的な問題について最初に…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 予算委員会 第30号(1974/03/11、33期)

私は、まず日本分析化学研究所事件と、これに関連する一連の問題について質問をしたいと思います。御承知のように、この事件は一研究所、あるいはまた、だれかの一部のミスであった、こういうような性質の事件では…会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1974/12/04、33期)

簡単に御質問をしたいと思いますが、核兵器の積載艦船や航空機が日本の領域を通過する場合、または核兵器を一時持ち込む場合のことについては、これまで十数年の間政府側の見解がまちまちであった、これは国会のいろ…会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 決算委員会 第4号(1974/10/16、33期)

最初に、領海問題について一言質問しておきたいと思います。領海問題と非核三原則の問題は大きな問題であるという大臣の答弁ですが、私はその点はそうだと思うのです。そこで、新しく生まれる国際法、それを見ない…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1975/05/07、33期)

最初に、外務大臣に沖繩問題で一言だけ質問しておきたいと思います。本日、沖繩県議会の代表が県議会の総意として意見書を持ってまいりました。ここに四項目出ております。米兵による女子中学生暴行傷害事件に関す…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1975/03/03、33期)

これから、沖繩基地の問題、政治資金の問題、そして最後にコンビナート災害の三つの問題について質問をいたします。最後のコンビナート災害は、関連質問で紺野委員にお願いをしたいと考えています。では最初に、沖…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第23号(1975/06/09、33期)

私は、政府の外交姿勢、外交政策について、若干の問題で質問をしたいと思います。御承知のように、四月三十日にサイゴンが解放されました。ベトナムが完全に解放された。そうして民族の自決という大きな、偉大な事…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第24号(1975/06/10、33期)

私は昨日の質問で、いわゆる覇権問題について質問をいたしました。そこで、三木総理と宮沢外務大臣との答弁の中で、あいまいであり、食い違っている問題もあるので、委員長に要請して、政府の統一した見解を求めまし…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1975/12/10、33期)

パレスチナ解放機構、PLOの東京事務所の設置の問題についてお伺いしたいと思います。実は、私は八月の上旬にPLOの招待でレバノンを訪れて、アラファト議長やカドミ政治局長といろいろ会談、懇談もいたしまし…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(33期)

33期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 33期(1972/12/10〜)  1本提出

質問主意書一覧

寝たきり老人に対する訪問看護の実施に関する質問主意書
第77回国会 衆議院 質問主意書 第28号(1976/05/20提出、33期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 41期(1996/10/20-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22