三谷秀治衆議院議員 33期国会活動まとめ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


衆議院本会議(33期)

33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第71回国会(特別:1972/12/22-1973/09/27)  0回発言      0文字発言
  第72回国会(通常:1973/12/01-1974/06/03)  1回発言   4611文字発言
  第73回国会(臨時:1974/07/24-1974/07/31)  0回発言      0文字発言
  第74回国会(臨時:1974/12/09-1974/12/25)  0回発言      0文字発言
  第75回国会(通常:1974/12/27-1975/07/04)  1回発言   3813文字発言
  第76回国会(臨時:1975/09/11-1975/12/25)  0回発言      0文字発言
  第77回国会(通常:1975/12/27-1976/05/24)  0回発言      0文字発言
  第78回国会(臨時:1976/09/16-1976/11/04)  0回発言      0文字発言

       33期通算   (1972/12/10-1976/12/04)  2回発言   8424文字発言

本会議発言一覧

第72回国会 衆議院 本会議 第15号(1974/02/28、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表しまして、四十九年度地方財政計画、地方税法の一部を改正する法律案及び地方交付税法の一部を改正する法律案について、総理並びに関係大臣にお尋ねをいたします。地方自治体は、いま重大な危機に立っております。昨年来の物不足、事業費の高騰、政府の財政執行繰り延べ措置などが地方自治………会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 本会議 第33号(1975/07/01、33期)

私は、日本共産党・革新共同及び公明党を代表して、自治大臣福田一君に対する不信任決議案について、提案の趣旨を説明し、同僚諸君の御賛同を得たいと思います。(拍手)まず、決議案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(33期)

33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第71回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 35) 13回発言 125434文字発言
 第72回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員  7)  9回発言 126454文字発言
 第73回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  2回発言  20245文字発言
 第74回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  2回発言  16642文字発言
 第75回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員  1)  8回発言  90690文字発言
 第76回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  0)  4回発言  42460文字発言
 第77回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  1)  6回発言  51031文字発言
 第78回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  1回発言  10590文字発言

  33期通算 125回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 81 委員 44) 45回発言 483546文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 地方行政委員会
           118回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 81 委員 37) 41回発言 443879文字発言

 予算委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  3回発言  36887文字発言

 物価問題等に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2780文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 地方行政委員会理事(第72回国会)
 地方行政委員会理事(第73回国会)
 地方行政委員会理事(第74回国会)
 地方行政委員会理事(第75回国会)
 地方行政委員会理事(第76回国会)
 地方行政委員会理事(第77回国会)
 地方行政委員会理事(第78回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第71回国会 衆議院 地方行政委員会 第4号(1973/02/23、33期)

幾つかの問題についてお尋ねをします。質疑を承っておりますと、たてまえと実態が違うということをしみじみ感じるわけです。政府はいつもたてまえをおっしゃっております。ですから、政府のたてまえでいきますと、…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 地方行政委員会 第13号(1973/04/06、33期)

地方財源が枯渇して、地方行政の困難が非常に深まってきておりますが、私は、現行の地方税法におきましても、重大な財源が、課税、徴税の面におきまして欠落をしておるという点についてお尋ねをしたいと思います。…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 地方行政委員会 第17号(1973/04/18、33期)

いわゆる宅地並み課税についてお尋ねします。これは、抽象議論をしておりますと総体論になりますから、少し具体についてお尋ねをしたいと思います。宅地並み課税など、単純に考えて実施しようとしますと、いろいろ…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 地方行政委員会 第23号(1973/05/10、33期)

初めにお聞きしたいのは、地財法の二条ですが、「地方公共団体に負担を転嫁するような施策を行つてはならない。」という規定があります。それから、十八条の「国の支出金」ですが、「充分な金額を基礎として、これを…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 地方行政委員会 第24号(1973/05/11、33期)

続いてお尋ねしますが、地財法の二条、十八条の規定に反して、地方自治体に負担を転嫁した金額について、地方自治体の請求があれば、それは支弁するのかどうか。きのうの摂津市のような例ですね。こういう請求がなさ…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 地方行政委員会 第26号(1973/06/01、33期)

私は、日本共産党・革新共同議員団を代表して、地方交付税法の一部を改正する法律案に反対するものであります。地方財政の破綻と窮乏が年を追って深刻となり、赤字団体が累増しつつあることは、地方財政白書におい…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 地方行政委員会 第29号(1973/06/12、33期)

午前中から適切な質問がありました。そこで、できるだけ重複を避けたいと思いますが、しかし、この問題につきましては幾つか焦点がありまして、その焦点は避けがたいわけであります。初めに聞きたいのは、昭和四十…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 地方行政委員会 第43号(1973/07/12、33期)

先ほど佐々木税務局長が答えておりましたが、農業奨励金、緑地保全補助金などを出しております自治体がある、しかし、これは、この宅地並み課税方式に反対する性質のものではない、こういうことをおっしゃったが、そ…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 地方行政委員会 第45号(1973/07/17、33期)

私は、消防力と国の財政措置についてお尋ねしたいと思っておりますが、大蔵省も見えておりますから、先に、丸の内消防署の移転計画をめぐる問題についてお尋ねしたいと思う。東京都丸の内消防署の移転計画によりま…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 地方行政委員会 第50号(1973/08/31、33期)

大臣に対する質問と、長官に対する質問と、どこで区別していいか、よくわかりません。ですから、特に、大臣が御承知ないような点について、ついていきたいと思います。いま、大臣が、明年度の予算の問題を言われま…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 地方行政委員会 第53号(1973/09/18、33期)

先ほど、大阪府の摂津市長が地方財政法第二十条の二の規定によりまして意見書を提出いたしましたことに対する内閣の意見が発表されております。この意見書を読んでみますと、概括的で非常に抽象的です。摂津市があげ…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 地方行政委員会 第54号(1973/09/21、33期)

先日に続きまして、摂津市の超過負担に関する意見書に対する内閣の意見、超過負担の実態につきましてお尋ねします。いま、翁児童家庭局長が、定額打ち切りの根拠、それから補助対象の選別の根拠として児童福祉法の…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第5号(1973/04/05、33期)

郡司さんがソ連材にたいへん詳しいようですから、北洋材に限って私はお尋ねしたいと思いますが、北洋材の商社の輸入価格は幾らになっておりますか、お伺いしたいと思います。北洋材はまた別に日本北洋材輸入協会と…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 地方行政委員会 第2号(1973/12/13、33期)

大洋デパートの火災につきまして、消防庁の「検討事項」という文書が出ております。この文書を見ますと行政における反省が足りないということですね。たとえば消火設備、警報設備、避難設備が不十分であったというふ…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 地方行政委員会 第4号(1973/12/17、33期)

地方交付税の特例法案についてお尋ねします。この法案によりますと、地方交付税の増額分四千二百四十億円のうち、四七%に当たる千九百九十六億円を地方自治体に交付をしない、そして資金運用部資金への繰り上げ償…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 地方行政委員会 第6号(1974/02/14、33期)

物不足、物価の高騰が地方自治体の事業に非常に大きな影響を与えておりますが、この実態をどのように認識されておりますか。これに対する対策はどのようなものをお持ちですか。これをまずお尋ねしたいと思います。…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 地方行政委員会 第17号(1974/03/22、33期)

初めにお尋ねしたいのは、政府のほうでは減税の宣伝を盛んになさっております。そこで、この地方税法の一部改正案を見ましても、減税の根拠がどこにあるのか、インフレ対策は税の面でどう生かされておるのか、この…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 地方行政委員会 第23号(1974/04/04、33期)

先般の本会議で地方財政、地方交付税等についてお尋ねをしましたが、そのときの大臣の答弁につきまして私はなお納得しがたい点がありますので、その点からお尋ねしたいと思うのです。一つは、今回の地方交付税の削…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 地方行政委員会 第24号(1974/04/05、33期)

交付税についてお尋ねします。この地方交付税の審議をしておりますと、実にむなしい感じがします。単位費用を検討しましても、補正係数によりましてその実態が全然変質してくる。きのうも質問がありました大阪府の…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 地方行政委員会 第29号(1974/04/25、33期)

地方公務員等共済組合法の年金の額の改定等に関する法律等の一部を改正する法律案についてお尋ねをします。総理府統計局発表の本年二月の全国消費者物価指数は、前年同月比二六・三%となっております。この異常な…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 地方行政委員会 第37号(1974/05/23、33期)

公選法の解釈についてお尋ねしますが、百三十六条の二の「公務員等の地位利用による選挙運動の禁止」という項目がありますが、地位利用というのは、公職の候補者となろうとする者のためにやることも含むという解釈は…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1974/02/23、33期)

私は地方行財政の問題に関してお尋ねをします。いま、深刻な財政危機に対応するために地方財源の強化が必要であり、地方制度調査会中間答申などでもこのことが強調されております。ところが、政府の措置はきわめて…会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 地方行政委員会 第2号(1974/09/02、33期)

時間が制限されておりますから、簡潔にお尋ねをしますから、要を得た御返答をお願いしたいと思うのです。いま人勧のほぼ完全実施をするんだというお答えがありましたが、これはいつの時期にこれを実施されますのか…会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 地方行政委員会 第3号(1974/11/12、33期)

午前中の質問に関連をしますが、昨年の十二月から本年夏にかけまして兵庫県の日高、養父、朝来郡など但馬一帯で、行政点検と称して部落解放同盟と名のる集団が、町長、町の幹部、校長、教師、一般住民などを長時間に…会議録へ(外部リンク)

第74回国会 衆議院 地方行政委員会 第2号(1974/12/19、33期)

交付税が地方税とともに地方財源の根幹をなすものでありますから、単に人勧財源としてのみでなしに、今日の地方財政の実態から見てどうかという検討が必要だと思っております。そこで、今回の交付税の特例法案です…会議録へ(外部リンク)

第74回国会 衆議院 地方行政委員会 第3号(1974/12/20、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表しまして、政府提案にかかります地方交付税の特例に関する法律案に反対をし、共産党・革新共同提案にかかる修正案に賛成の意見を述べます。第一に、政府提案の法律案は、今日の地…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 地方行政委員会 第4号(1975/02/26、33期)

大臣の所信を拝見しますと、大変りっぱな所信になっております。しかし、これは具体的にはどうするのかという問題が明らかになっておりません。たとえば「高度成長とそれがもたらした国民生活の繁栄とひずみに対する…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 地方行政委員会 第9号(1975/03/14、33期)

最初にお尋ねをしておきたいのは、来年度、固定資産税の評価がえの年でありますが、これに対してどのような方針で臨まれますか、お聞きしておきたいと思います。それから、家屋につきましては四十八年度に一応算定…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 地方行政委員会 第10号(1975/03/18、33期)

私は日本共産党・革新共同を代表して、政府提案に係ります地方税法の一部を改正する法律案に反対の意見を述べます。改正案は第一に、インフレと不況に苦しむ国民に対してますます多くの税負担を求めようとしておる…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 地方行政委員会 第12号(1975/03/26、33期)

町村合併について関係町村の住民が、その必要性、利害得失、合併計画、その手続等について十分に納得しないままで、また関係者が、それらについて周知徹底させる努力をしないままで合併を進める事例が少なくないので…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 地方行政委員会 第19号(1975/05/07、33期)

時間がありませんから各論にすぐに入りますが、地方交付税率の引き上げは四十年以来十年間にわたりまして行われておりません。その間、不交付団体などは年々減少しております。四十年の百八十五団体から四十九年末に…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 地方行政委員会 第20号(1975/05/22、33期)

社会党の改正案と次官通達に関係をして一、二お尋ねをしたいと思います。自治省は、地方公営企業の経営の合理化と料金の引き上げの方針で地方自治体を指導する、こういう態度のようであります。会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 地方行政委員会 第29号(1975/06/25、33期)

この法案についてはいろいろな角度から質問がなされましたので、新しい問題というのはありませんが、少し問題を深めていきたいと思うのが二、三あります。私が特にお聞きしたいのは、防災緑地に係る費用負担につい…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1975/02/13、33期)

八鹿高校で大変な事態が発生しております。これは、地方自治体、学校などの公的な機関が、部落解放同盟朝田派によりましておどかされて屈服をして、手下になって暴行に加わるという異常な事態が発生しております。国…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 地方行政委員会 第1号(1975/10/30、33期)

地方公務員共済組合法の年金改定法、前国会で審議したものと全く同一の内容のものであります。前国会の最終日に、この法案は全会一致のものでありましたから、年金額改定法の成立を主張しましたが、公選法の強行採決…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 地方行政委員会 第5号(1975/11/08、33期)

この交付税の特例法の第一の問題点というのは、これだけの深刻な膨大な財政欠陥に対して、すべて地方自治体の借金で賄うという構想にとどまっておる点であります。こういう姿勢で今日の地方自治体の財政対策というも…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 地方行政委員会 第6号(1975/11/10、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、ただいま議題となりました昭和五十年度における地方交付税及び地方債の特例に関する法律案に対する修正案につきまして、提案理由及びその概要を御説明申し上げます。今日、…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 地方行政委員会 第8号(1975/12/11、33期)

地方税法の附則によりますと、五十年度末までに三大都市圏以外の市街化区域農地についての宅地並み課税について検討して課税の適正化を図るとされておりますが、これに対する自治省の基本的な方針をお聞きしたい。会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 地方行政委員会 第3号(1976/03/05、33期)

ことしの地方財政計画を見ますと、交付税計算に算入すべき費目を地方債に振りかえる処置がとられております。これは総額にしますと、一兆二千五百億に上りますが、このうち一般経費分の四千五百億円は、交付税法十二…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 地方行政委員会 第4号(1976/03/29、33期)

最初にお尋ねしたいのですが、外形標準という概念ですね、これの具体な内容について自治省の見解をお聞きしたいと思うのです。いま申しましたように、各般の外形基準が外形標準課税を考えます場合には検討に値する…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 地方行政委員会 第6号(1976/04/27、33期)

交付税の構造上の問題については、先般の大臣所信に対する質問でお尋ねをしましたが、きょうは交付税の総額に大きな影響を持ちます国庫支出金の問題についてお尋ねしたいと思います。その一つは、屎尿のたれ流しの…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 地方行政委員会 第10号(1976/05/11、33期)

あらかじめ配付した提案理由説明について、字句の修正をしておきます。本文十二行目の「論外だと言わなければなりません。」を削除して「本末転倒と言わなければなりません。」を挿入します。会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 地方行政委員会 第13号(1976/05/20、33期)

地方制度調査会の委員の選考の基準と委嘱の手続、それを最初にお尋ねしたいのです。そこで、それでありますならば、私の見たところでは財界代表というのが七名おります。古手の官僚が六人おりますが、これは大体意…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1976/02/14、33期)

先ほどからの質疑を聞いておりますと、地方債について大蔵と自治が全く見解が隔たっております。たとえば大蔵の方では、適格担保にする意思はない、買いオペの対象にはする意思はない、こうおっしゃっております。と…会議録へ(外部リンク)

第78回国会 衆議院 地方行政委員会 第1号(1976/10/14、33期)

首都圏及び近畿圏等のいわゆる人口急増地域におきまして、公債費比率が起債制限処置に該当するところまで膨張してきております。この実情について、政府はどのように把握されておりますか。あるいはこれについての対…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(33期)

33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22