河野洋平衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(34期)

31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  1回発言   7541文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  1回発言   5283文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  1回発言   7623文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  1回発言   6171文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  1回発言   7515文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  1回発言   6268文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  6回発言  40401文字発言

本会議発言一覧

第80回国会 衆議院 本会議 第4号(1977/02/04、34期)

私たち新自由クラブは、昨年六月、かつてない政治不信の高まりの中で、新たな政治を創造する悲願を込めて、自由民主党を離脱し、選挙に臨みました。その後、総選挙を経て、われわれ新自由クラブは、国民の多くの共感と支持を得ることができたのであります。私は、この確信の上に立って、新自由クラブを代表して、福田内閣総………会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 本会議 第4号(1977/10/07、34期)

私は、新自由クラブを代表し、福田総理に対し、国政の当面する諸問題について、その所信を問いたいと思います。今日のわが国は、複雑かつ流動的な国際環境のもとで、いかに国際的政治責任を遂行していくかという問題と、経済を中心とする国内政治上の諸問題の解決という、二つの重要な課題に直面しております。私たちにいま………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第5号(1978/01/25、34期)

私は、新自由クラブを代表し、今日わが国は二十一世紀を生き抜くための重大な転機に立っているという認識に基づいて、福田総理に対し、国政の基本について質問をいたしたいと思います。総理、戦後三十年、わが国は幾たびも大きな転機に直面してまいりました。しかし、そうした転機をわれわれは国民すべての英知と活力によっ………会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 本会議 第4号(1978/09/29、34期)

私は、新自由クラブを代表し、今日の政府の施策全般について福田総理の所信を問うものであります。まず、政策運営の基本についてお伺いをいたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第4号(1979/01/30、34期)

私は、新自由クラブを代表し、大平総理に対し、施政方針演説と当面する諸問題について、若干の質問を行いたいと思います。今日、国民は、急速に訪れつつある高齢化社会や、転換を迫られている経済など、不安と混迷の時代から一日も早く抜け出して、健康と公正が保証される社会の実現を望んでいます。いまこそ、政治は未来へ………会議録へ(外部リンク)

第88回国会 衆議院 本会議 第4号(1979/09/06、34期)

私は、新自由クラブを代表して、大平総理に若干の質問をいたします。けさの新聞を見ますと、七日解散、そしてあなたの私的諮問機関、航空機疑惑防止対策協は政治倫理の確立など十四項目の提言をした、そう大見出しが出ております。これらの提言のうちで、たとえば、すでに国会に出されて継続審議になっている賄賂罪の刑の加………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第79回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第80回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第84回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  34期通算   4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

懲罰委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   0回発言      0文字発言

公害対策並びに環境保全特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12