柴田睦夫衆議院議員 35期国会活動まとめ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
35期在籍の他の議員はこちら→35期衆議院統計 35期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(35期)

33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第89回国会(特別:1979/10/30-1979/11/16)  0回発言      0文字発言
  第90回国会(臨時:1979/11/26-1979/12/11)  0回発言      0文字発言
  第91回国会(通常:1979/12/21-1980/05/19)  0回発言      0文字発言

       35期通算   (1979/10/07-1980/06/21)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(35期)

33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第89回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   4253文字発言
 第90回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   3841文字発言
 第91回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員  3) 12回発言  69571文字発言

  35期通算  31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 28 委員  3) 14回発言  77665文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

法務委員会
            28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 28 委員  0)  14回発言  77665文字発言

予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   0回発言      0文字発言

外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

法務委員会理事(第89回国会)
法務委員会理事(第90回国会)
法務委員会理事(第91回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第89回国会 衆議院 法務委員会 第1号(1979/11/15、35期)

法務大臣に質問をする前に、やはり私もこの委員会の運営の問題について一言申し上げたいと思います。というのは、日本共産党としては、法務大臣の今回のこの発言につきまして、これは法務大臣にあるまじき発言であ…会議録へ(外部リンク)

第90回国会 衆議院 法務委員会 第1号(1979/12/07、35期)

ただいま倉石法務大臣より提案理由の説明を聴取いたしましたが、法務大臣としては、ロッキード被告の青天白日になることを求めるという発言について、これが問題となって、昨日本会議において釈明、陳謝、発言の取り…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1980/02/20、35期)

法務大臣は所信表明の中で、国民の権利の保全だとか厳正な検察権の行使だとか人権尊重の思想普及、こうした問題について言及されました。しかし、現実の世の中を見てみますと、不当な検察権の行使によって国民の権利…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1980/03/04、35期)

まず定員法に関連いたしましての質問ですが、今回認められました定員は判事二十二名、書記官十六名、それから事務官の方は純減一名ということになっております。最高裁当局の当初要求を見ますと、判事が二十三名、書…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 法務委員会 第7号(1980/03/18、35期)

沖本委員の配慮によりまして本会議前に質問ができるようになりましたが、時間が三十分でありますので、やはり私の質問も残るかと思いますので、最初にあらかじめお断りしておきたいと思います。最初に、贈収賄に関…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1980/03/21、35期)

刑法の百九十七条の法定刑、これはいままで基本刑で三年以下ということになっているわけですが、刑法全体を見てみますと、法定刑三年以下というのは比較的軽い法定刑であるというふうに思われるわけです。窃盗だとか…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 法務委員会 第11号(1980/04/01、35期)

今回の改正案は補償額の上限を引き上げるものであって、それはそれとして一定の意味を持っているわけですが、すでにわが党の木下委員が指摘しましたように、刑事補償というのはさらに拡大されなければならないと考え…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 法務委員会 第13号(1980/04/08、35期)

参考人の方には貴重な御意見をいただきましてありがとうございました。最初に鯉渕参考人にお伺いしたいと思いますが、御意見を聞いておりますと、妻に代襲権を認めよという要求がある、それから寄与分を認めよとい…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 法務委員会 第14号(1980/04/09、35期)

まずKDDの問題について若干伺いますが、昨日、松井元郵政省電気通信監理官、日高元同参事官が収賄で起訴されて身柄が釈放されたわけですが、身柄を釈放したということは、これはこの二人に対する収賄の容疑につい…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 法務委員会 第15号(1980/04/15、35期)

今回の民法改正案は、法務省民事局参事官室の「相続に関する民法改正要綱試案」これが基礎になってつくられたわけですが、この試案は五十四年七月十七日に法制審議会の民法部会身分法小委員会の議論を取りまとめたも…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 法務委員会 第17号(1980/04/18、35期)

一番最初に刑事局長に伺います。先ほどK・ハマダ問題の答弁をされておられましたが、結局、小佐野賢治の事件に関しまして浜田幸一、K・ハマダは証人に出ることになるのですかどうなんですか。会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 法務委員会 第20号(1980/04/25、35期)

国際捜査共助法案の審議でありますが、いま問題になっておりますKDD事件については、外国からの資料を日本がいただく、そういうことは必要があるのかないのかお伺いします。会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 法務委員会 第21号(1980/05/07、35期)

初めにKDD事件についてお伺いします。午前中法務省の方からお話がありまして、KDD事件につきましては一つの山を越えたという感想を述べておられましたが、第一線で捜査しておられます警察庁の方にお伺いいた…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 法務委員会 第22号(1980/05/09、35期)

法律案についての質問ですけれども、現行法、現在施行されている法律のもとであっても、滞納処分がされております金銭債権に対して一般債権者が差押えをするということは許されていると思うのですが、この場合の債権…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(35期)

33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
35期在籍の他の議員はこちら→35期衆議院統計 35期衆議院議員
データ更新日:2019/02/20