藤田スミ衆議院議員 35期国会活動まとめ



在籍期:35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
35期在籍の他の議員はこちら→35期衆議院統計 35期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(35期)

35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

  第89回国会(特別:1979/10/30-1979/11/16)  0回発言      0文字発言
  第90回国会(臨時:1979/11/26-1979/12/11)  0回発言      0文字発言
  第91回国会(通常:1979/12/21-1980/05/19)  1回発言   3843文字発言

       35期通算   (1979/10/07-1980/06/21)  1回発言   3843文字発言

本会議発言一覧

第91回国会 衆議院 本会議 第11号(1980/03/18、35期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、五十五年度地方財政計画及び地方交付税の一部改正について総理並びに関係大臣にお尋ねをいたします。今年度の地方財政計画は、財政の簡素化、効率化を口実に、人件費の大幅削減と福祉の切り捨て、さらには各種使用料、手数料の大幅引き上げなど、新たな犠牲と負担を住民に強制してい………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(35期)

35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第89回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第90回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言   3462文字発言
 第91回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  3回発言  18619文字発言

  35期通算  22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  4回発言  22081文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

文教委員会
            21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)   4回発言  22081文字発言

予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第90回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1979/12/07、35期)

私は、学級編制基準の改善についてお尋ねをしたいと思います。予算の編成の大詰めを迎えた非常に大事な時期になっておりますので、短時間ではありますけれども大臣にお尋ねをしたいと思うのです。午前中も出ており…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 文教委員会 第1号(1979/12/21、35期)

私学共済組合年金改定法案につきまして、日本共産党・革新共同を代表して反対の討論をいたします。本法案は、年金額の改善など不十分ながら国民の要求に一定こたえた内容も一部分含まれており、わが党は従来よりこ…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1980/03/28、35期)

ことしは障害児の教育が義務化されましてちょうど一年目を迎えるわけです。ちょうど心身障害者対策基本法、これも十年目を迎える年になっております。この心身障害者対策基本法の中には、改めて言う必要もありません…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 文教委員会 第11号(1980/04/16、35期)

この法案では、学級編制、教職員の定数については、昭和六十六年の三月末日までの間は、児童生徒の数の推移及び学校施設の整備状況を考慮し、標準に漸次近づけるというふうにありますけれども、これでいくと人口急増…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(35期)

35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 35期(1979/10/07〜)  1本提出

質問主意書一覧

生食用冷凍鯨肉への着色料使用に関する質問主意書
第90回国会 衆議院 質問主意書 第4号(1979/12/07提出、35期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
35期在籍の他の議員はこちら→35期衆議院統計 35期衆議院議員
データ更新日:2019/02/20