角屋堅次郎衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  2回発言   3276文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   3276文字発言

本会議発言一覧

第104回国会 衆議院 本会議 第9号(1986/02/25、37期)

ただいま議題となりました昭和五十七年度決算外二件につきまして、決算委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。初めに、各件の概要を申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第23号(1986/04/22、37期)

ただいま議題となりました予備費等各件について、決算委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。これらは、財政法の規定に基づき、国会の事後承諾を求めるため提出されたものであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  3回発言  57000文字発言
第102回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  2回発言  28741文字発言
第103回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  1回発言  20552文字発言
第104回国会 10回出席(長  9 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  37期通算  67回出席(長  9 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 58)  6回発言 106293文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 内閣委員会
            45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 45)  5回発言  85741文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
            13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  1回発言  20552文字発言

 決算委員会
             9回出席(長  9 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 決算委員会委員長(第104回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第9号(1984/04/19、37期)

私は、ただいま中西総務長官から提案理由の説明がございました恩給法等の一部を改正する法律案、この改正問題、あるいはそれに関係する諸問題について政府にお尋ねをいたしたいと思います。きょうは藤波内閣官房長…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1984/05/19、37期)

中曽根総理、ロンドン・サミット、大変御苦労さまでございました。サミットからお帰りになりましたちょうどその時期に、無謀な国会の会期延長問題について与野党の話し合いがついて、国会が再開をされたわけでござい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1984/06/22、37期)

一昨日、中曽根総理の出席を求め、私を初め各党から、常任委員会としては異例の総理由席のもとでの審議が開始されたわけでございます。私、二日間にわたって質問するというのは初めての経験でございまして、第一日目…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1985/02/26、37期)

ただいま御提案に相なりました国家公務員等退職手当法の一部を改正する法律案について、まず質疑を展開いたしたいと思います。国家公務員等の退職手当はもちろんでありますけれども、給与あるいは年金、これは国家…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 内閣委員会 第8号(1985/03/28、37期)

ただいま安倍外務大臣から提案理由の御説明のございました在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、法律改正の内容にも後段もちろん触れて…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1985/12/03、37期)

午前の西山委員の質問に引き続きまして、当面の重要な政治課題であります衆議院の定数是正問題、この点については自由民主党からも提案があり、また野党四党の統一の提案があり、これを中心に全般的な問題も含めて議…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22